このサイズ感にハマる。スノーピーク「コンボダッチデュオ」の発想がまさに革新的

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アイキャッチ出典:スノーピーク

スノーピーク「コンボダッチデュオ」が便利

スノーピークのコンボダッチデュオ組み合わせ例

スノーピークが作った斬新なキッチンギアが人気です。それが「コンボダッチデュオ」。

この製品、《リッド×1、スキレット×1、ポット×1、プレート×2、ハンドル×2、収納ケース》がセットになっていて、コンボクッカーの機能性と収納性に加え、ダッチオーブンの調理性の良さを兼ね備えた調理器具なんです。

img_1492

また、2人用をベースとして作られているので、非常にコンパクトなサイズ感で扱いやすいのも魅力のひとつ。これさえあれば、一度にご飯とおかず3品を作ることも可能。今回は、アウトドアクッキングを120%楽しみたい人必見の「コンボダッチデュオ」を詳しくご紹介します。

こんな人におすすめ!

・1~2人のキャンプ料理を楽しみたい
・コンパクトで上質なキッチン道具がほしい
・家でも使えるキャンプ道具がほしい

“ダッチオーブン” と “コンパクトクッカー”が融合した魅力

軽くて薄い「燕三条極薄鋳鉄」

スノーピークの燕三条極薄鋳鉄構造説明

出典:楽天

燕三条極薄鋳物とは、蓄熱性の高い頑丈な鋳鉄製でありながら「薄く」て「軽い」性質を併せ持った鋳物。

このスノーピーク独自の技術があったからこそ「コンボダッチデュオ」というクッカーが誕生したとも言えます。

家でも・女性でも使いやすい大きさと重さ

スノーピークのコンボダッチデュオ積み重ね時

総重量3.9kg、一番重いパーツでポット/1.2kgとダッチオーブンに比べると軽く、サイズも直径約18㎝とコンパクト。

朝食の目玉焼きやおつまみなど、手軽に使えるサイズ感なのでご自宅との兼用もおすすめです。

シングルバーナー(分離型)にも乗せられるほどのコンパクト性

スノーピークのヤエンストーブ-ナギ

この「コンボダッチデュオ」は鋳鉄製でありながら軽いというのが特徴なので、安定性のいいバーナーであれば、シングルバーナーでも乗せることができます。特に分離型は五徳が低い位置にあって安定性が高いのでより安心して使うことができるでしょう。ただし、シングルバーナーの耐荷重には注意してくださいね。

鋳鉄製品なのでそのままサーブできる

From PIXTA

出典:PIXTA

「コンボダッチデュオ」なら、調理してそのままテーブルに出してもオシャレ。ハンドルが取り外し可能なので邪魔にもならず、洗い物も減るので、大助かり。

見栄えの良さもあって、食卓が一気に華やかになりますよ。

1~3合のおいしいご飯が炊ける

スノーピークのコンボダッチデュオでご飯を炊く

「リード+ポット」の組み合わせで、1~3合までご飯が炊けます。ポットの内側にメモリが付いているので、お米さえ計って持っていけば、簡単に美味しいご飯を炊けるので、もう水加減では悩みません!
愛用者の口コミで、炊飯のコツを発見!

はじめは強火で沸騰したら3分程完全に火を止めて余熱調理します。

その後弱火で10分程度待ち、火を止めて蓋を開けてフキンをかけて蓋をして、蒸らしを10分程度。主に熱源の安定しないアウトドアでの調理になるので、時間は目安ですが火を止めても充分調理出来るのでかなり焦げにくくなりました。

また、蓋がきっちり閉まるので蒸気が出ず蓋の内側に水滴がついて米が濡れてしまうのでフキンを挟むといい感じに仕上がりました。(出典:Amazon

芸が細かい……!「つる用ストッパー」

スノーピークのコンボダッチデュオのつる用ストッパー

調理中、持ち手のつる部分が熱源に落ちないようにと「つる用ストッパー」が付いています。この細やかな気配りこそ、スノーピークの真髄!

適度な空間があるので、取っ手をスムーズに掴めてストレスを感じません。

シーズニング不要で使える

スノーピークのコンボダッチデュオ

ダッチオーブンを欲しくても「シーズニング処理」が面倒で諦める人も……。でも、この「コンボダッチデュオ」はシーズニング不要で調理できちゃいます。だからこそ、「使いさすさ」で高評価を得ているのも納得です。

補助用のサブクッカーとしても便利

スノーピークのコンボダッチデュオ

「コンボダッチデュオ」はコンパクトなので、大人数の調理には不向き。でも、ご飯を炊いたり副菜を作ったりと「サブクッカー」として大活躍してくれるはず。いろんな使い方ができるのも「コンボダッチデュオ」の良いところです。

ITEM

スノーピーク  コンボダッチデュオ
●セット内容:リッド×1、スキレット×1、ポット×1、プレート×2、ハンドル×2、収納ケース
●材質:本体/ダクタイル鋳鉄(耐熱シリコン塗装)、ツル/ステンレス、収納ケース/10号帆布
●サイズ:リッド:φ164×H39mm、スキレット:W196×D168×H48mm、ポット:W188×D172×H101mm、プレート:W196×D168×H35mm、ハンドル:W30×D120×H9mm(突起含まず)
●満水容量:ポット/1.6L (3合炊)、スキレット/0.8L
●総重量:3.9kg(リッド/0.5kg、スキレット/0.7kg、ポット/1.2kg、プレート/0.6kg、ハンドル/0.1kg)
●レシピ付属


リッド(フタ)が1つしかなかったので蒸すのはちょっと苦手かなと思っていましたが、プレート、スキレットもフタの代用品になります。ピタッと密着しますので、蒸気を逃さず蒸し焼きにできます。
出典:amazon

口コミをチェック

ご飯も炊ける、ダッチオーブンとしても使えるし、焼き物、蒸し物にも使える。良い道具を一生使う、さらに子供達も引き継いで使って行くという感じでしょうか。(出典:Amazon

「コンボダッチデュオ」の気になる点

4人家族用には小ぶり、1人用としてはフライパン3つは多い?

スノーピークのコンボダッチデュオセット内容

2人用を想定しているので、人数によっては使い勝手が悪そうに思えるセット内容ですが、「サブクッカー」としては優秀ですし、一人で使うときには不要なパーツはあらかじめ自宅に置いておいてもOK。組み合わせ自由な「コンボダッチデュオ」だからこその使い方です。

餃子などを焼くには小さい直径

スノーピークのコンボダッチデュオ

餃子やお好み焼きを一品として調理するには、やはりちょっと小さいと感じるサイズです。

しかし、アヒージョや炒め物、目玉焼きなどには十分な大きさなので、「コンボダッチデュオ」の大きさにあったレシピをぜひ見つけてください!

3.9kgの重さは車移動がベスト

From PIXTA

出典:PIXTA

総重量3.9kgあり、軽いといっても「通常のダッチオーブンに比べたら」ということなので、リュックに入れて持ち運びするのはさすがに大変。車移動での持ち運びをお勧めします。

バランス力こそ最大の魅力!「コンボダッチデュオ」

スノーピークのコンボダッチデュオで調理中

「コンボダッチデュオ」は今まであった既存のギアの良いところを集結させて出来たバリエーションクッカーです。絶妙なバランス力で使い勝手も収納性も考えられています。

これがあれば、アウトドアでの食卓はガラリと変わります。MADE IN JAPANで安心のスノーピーク製「コンボダッチデュオ」で美味しいご飯作ってみませんか?

もっとスタイリッシュなダッチを求めている方はこちら

デザイン性のあるダッチがほしい方にはこちらのダッチオーブンがおすすめです。

Outdoor cooking changes with “Combo Dutch duo“!

コンボダッチデュオ」でアウトドア料理が変わる!

Source: CAMP HACK

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*