ザ・ノース・フェイスの新作アウターは“行動派”なあなたをしっかりサポート【アウトドア通信.292】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ザ・ノース・フェイスから2着の新作アウターが登場

とどまることを知らないザ・ノース・フェイスの人気っぷり。頭のてっぺんから足先まで、どのアイテムにおいても抜かりないデザイン性と安心の機能性が魅力的ですよね。

そんな同ブランドが、この時期にさらなる新作アウターを投入しました。アウトドア好きな行動派の人にイチ押し! 早速どんなアウターなのか見ていきましょう。

アルピニストでも使える本格中わたパーカー

山の頂を目指して登るアルピニスト(=登山家)は、今の時期寒さとの戦いが中心となってきます。

そんな厳しい環境に立ち向かう人たちのために、ザ・ノース・フェイスが高機能パーカーを提案しました。それがこの「エクスペディショントランゴパーカ」です。

メイン素材には、高い防風性を持つ「GORE-TEX membrane WINDSTOPPER®インサレーション」を採用。冷たい風が中に入るのを防いでくれます。裏地はハーネス着用を考慮し、強度がある「パーテックス®カンタムダイアモンドフューズ」を使用しています。

肩まわりと袖はメイン素材とは違い「スペクトラ補強素材」をつけ、岩などの摩擦に耐えられるように工夫。中わたは高い保温性と撥水性を持つプリマロフト®を入れています。

とは言っても、プロだけでなく一般の人が街中でも着られるデザインに仕上げているのが同ブランドの特徴! スタッフサック付きで、コンパクトに収納でもできるので持ち運びも楽々。新しいパーカーをお探しの人はぜひチェックしてみてください。

ITEM



ザ・ノース・フェイス エクスペディショントランゴパーカー
●サイズ:S〜XL、WS〜WM
●重量:755g(サイズL)
●価格:73,440円(税込)
●カラー:ファイアリーレッド、ブラック

<!–

–>

生地だけでなく“中わた”も伸びて動きやすいインサレーション

こちらも行動派な人にピッタリなインサレーション(=中わたを使ったジャケット)。

「WPB ベントリックス フーディー」は、表地に防水透湿性機能をもつ2層構造の「ハイベント®」を採用。伸縮性にも優れている素材ですが、さらに無縫製の「シームシーリング加工」を施すことで、腕の機動力を妨げない工夫がなされています。

中わたには「ベントリックス™」を使用。こちらはシート状の化繊わたで、規則的に入れたスリットが体の動きに合わせて開閉してくれます。静止時には保温性、行動時は通気性が生まれる画期的な素材なんです。

その他にもハンドウォーマーを兼ねたベンチレーションポケットが両サイドに配備されていたりと、隅々まで寒さ対策が練られています。こちらもスタッフサックが付き。いつでもササッと羽織れるようにバッグに忍ばせておきたい1着です。

ITEM



ザ・ノース・フェイス WPB ベントリックス フーディ
●サイズ:S〜XL、WS〜WM
●重量:430g(サイズL)
●価格:34,560円(税込)
●カラー:ファイアリーレッド、ブラック、イノギュレーションブルー

<!–

–>

CAMP HACKトップはこちらCAMP HACKトップページではアウトドアアイテム情報も満載! ぜひチェックしてみてください。

Source: CAMP HACK

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*