【税込み1,900円也】春夏ワークマンパンツは伸び伸びストレッチのコレで決まり!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事中撮影画像すべて:筆者

春夏に着たい!ワークマンのパンツ



すっかり認知も広がったワークマンのアウトドア系ブランド「フィールドコア」シリーズ。機能性、コスパに加えてファッション性も兼ね備えたアイテムが続々と登場しています。

そんな中、キャンパーの間でも「これはかなり良さげ!」と話題になっているパンツが発売されましたよ。

エアロストレッチ クライミングパンツ」が優秀すぎる!

その名も「エアロストレッチクライミングパンツ」。さっそく購入してきたのでレポートしちゃいます! さて実際に履いてみた結果はいかに……?!

え!? たったの1,900円!?



まず衝撃的なのはその価格。なんとたったの1,900円(税込)! あまりの安さに脱帽ですよね。

有名アウトドアブランドからリリースされているクライミングパンツはおおむね1~3万円くらいはするので、その10分の1程度で手に入るなんて恐るべし!

選べる4つのカラー



ブラック、サンド、ダークグリーン、ネイビーの4つのカラーから選ぶことができます。

どれも落ち着いたトーンのカラーバリエーションで、アウトドアのみならず街でのカジュアルコーデにも合わせやすいラインナップです。

細身のシルエットがスタイリッシュに



身長170㎝、体重65㎏ほどの筆者が実際に履いてみました。まずはMサイズのブラックから。スッキリしてイイ感じ。キレイなシルエットです。



次にSサイズのサンド。Mよりさらに細身でスキニ―のようなフォルムになります。丈の長さはまだまだ余裕がありますね。



こちらがLサイズのダークグリーン。多少ゆったりしてカジュアルに履けそうです。筆者は色合い的に一番好みかも。



最後にLLサイズのネイビーです。スケーターっぽく、ダボッと大きめに履くのもアリかもしれないと思えてきました。こなれた発色もいい感じです。

どのサイズもやや細めに作られているようですが、SとMサイズだとシルエットがだいぶシャープな印象。スタイリッシュに着こなしたい方にはオススメ。

最大130%伸縮の全方向ストレッチ



このクライミングパンツの生地は最大130%の伸縮性があります。しかも全方向にストレッチします!



ためしにいろんな体勢をとってみましたが、これはすごい! タイツのように伸びる伸びる。ストレスフリーな履き心地を実現してくれます。

さすがはクライミングパンツといったところ。キャンプではもちろん、ランニングやフィットネスといったシーンでのスポーツウェアとしても使えそうだと思いました。

夏の日差しから身を守るUVカット



さらに嬉しいポイントは90%のUVカットを実現しているところです。

この着心地に加えて夏のじりじりとした日差しから身を守ってくれるなんて、本当に優秀です。

しっかりとしたポケットの機能性



登山用に作られているパンツなので、ポケットの機能性にも確かなこだわりを感じます。

フロントにはファスナー付きのポケットを3つ実装。激しく動いてもポケットの中身が落ちない作りになっています。



右もも部のベロ付ポケットはペンを挿せるギミックあり。いちいちポケットを開かなくてもペンを出し入れできるこの仕様は、さすが作業着のノウハウが詰まったワークマンならでは。



右腰のベルトループ下にはカラビナ装着用のループがついています。こういうちょっとしたオプションが思いのほか役立つんですよね。

ITEM



ワークマン フィールドコア エアロストレッチクライミングパンツ
■紫外線を90%以上カット
■吸汗速乾機能
■最大伸縮率130%のストレッチ生地

<!–

–>

高価なクライミングパンツとの違いは!?

撮影:編集部

この安さで、優れたポイント満載のワークマン「エアロストレッチクライミングパンツ」の魅力に迫ってきました。

ちょっぴりフォルムが似ている16,200円(税込)のノースフェイスの名品「アルパインライトパンツ」の機能性との違いは一体どこにあるのでしょうか。

やはり値段に比例する機能性

撮影:編集部

ノースフェイスの「アルパインライトパンツ」は4方向に伸縮する「APEX  Aerobic Light(ナイロン90%、ポリウレタン10%)」という素材でできており、着心地とストレッチ性はもちろん、登山用だけあって防水・防風・防寒性能に優れています。

ワークマンの「エアロストレッチクライミングパンツ」との違いは、どのくらい過酷な状況を想定してつくられているかの違いだと思います。

夏キャンプやタウンユースならワークマンでOKかも!



やはり値段が高いだけあって、ノースフェイスのアルパインライトパンツはハイスペック。例えば優れた防寒性で山でも1年中通用しますが、ワークマンの「エアロストレッチクライミングパンツ」は冬だと厳しいかもしれません。

この差は、素材が違うの一言に尽きますが、使用シーンによって選ぶのがいいのかなと思います。

過酷な状況下での使用であれば本格クライミングパンツ。春夏キャンプやBBQ、タウンユースならワークマンの「エアロストレッチクライミングパンツ」などと、うまく使い分けてみてはいかがでしょうか。

ここまで優秀なら買いでしょ!



ともあれ、低価格でこのスペックを実現しているワークマンの「エアロストレッチクライミングパンツ」すごくないですか!? コスパ良すぎです。

BBQで汚れたり穴が空いてもそこまで気にしなくていいというのはキャンプではけっこう重要だったりします。今後もワークマンの「フィールドコア」シリーズから目が離せませんね!

イイ感じのキャンプパパに

これを機に、カッコよく変身してみてはいかがでしょうか。

Keep an eye on FieldCore!

フィールドコアから目が離せない!

Source: CAMP HACK

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*