さすがゴードンミラー、キャンパー好みなルーフボックスのツボを分かってらっしゃる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事中画像撮影:すべて筆者

ゴードンミラーからルーフボックス出た!


レトロなSUVにもマッチする、ありそうでなかった直線的デザインのルーフコンテナボックスがデビューしました。

「ゴードンミラー」って何?


リリースしたのは、カー用品のショップチェーンとして国内最大級の「オートバックス」がプロデュースするブランド「ゴードンミラー」。

カーライフを前提とした機能的デザインのファニチャー、アウトドアギア、ツール、カーインテリア、カーウォッシュなどを展開しています。

待望のルーフボックスが初登場



そんな、個性的あふれる「ゴードンミラー」のラインナップに、このたび新たにルーフコンテナボックスが加わったのです!

ボックスをクルマにつけてみた



それでは、実際にボックスをクルマに装着してみることに。

付属するのは、さまざまなタイプのキャリアバーへの装着を可能にする取り付けキット、ルーフコンテナボックス本体、そしてキーです。ここには映っていませんが荷物固定用の専用ベルトも付属します。

手順①:ベースキャリアに載せる



ルーフコンテナボックスをベースキャリアに載せます。18.5㎏と重量があるので、2人での作業をオススメします。

手順②:取り付けキットで固定



キャリアバーにルーフコンテナボックスを合わせたら、4箇所を取り付けキットで固定します。工具などは必要ない設計なのがありがたいですね。



取り付けキットのネジを、それぞれしっかりと締めつけていきます。

手順③:高さを調節



キャリアバーの太さや形状により、取り付けキットの樹脂パーツを回転させ、取り付けステーの支点の高さを変更して対応します。

ちなみに真ん中にある出っ張りは、荷物固定ベルト用のフックです。

取付完了!



最初に一度、キャリアバーの取り付け幅を調整したり、各種セッティングができてしまえば、以降はものの10分でボックス装着可能です。

ルックスがたまらない!



次に見た目をチェックしてみましょう。ゴードンミラーのルーフコンテナボックスは、主流である流線型のエアロスタイルにあえてこだわらないのが特徴。

実用的なシンプルデザインに加え、コヨーテとブラックのツートンカラーも魅力です。

クラシックな雰囲気が漂う



ちなみに今回装着したクルマは1995年式の日産テラノ。ワイルドなSUVの車体に、クラシカルなルーフボックスがジャストフィットしています。色もぴったり。

直線的で武骨なデザイン



コンテナを思わせる、直線的で角ばったシェイプです。レトロ感ある角ばったクルマとも相性がいいですね。ヘビーデューティーな雰囲気を醸し出してくれます。

キャンプで使ってみた!



それではいよいよルーフコンテナボックスに、キャンプアイテムを収納してみます!

直線的な設計により荷室の高さがほぼ一定なので、レイアウトをあまり気にせずバンバン収納することが可能です。これは大きなメリット。

こんなに入る、320Ⅼの大容量



高さを抑えたデザインで「容量少なめかな」と思いきや、なんと320Lの大容量を実現しています。ご覧の通りテントやタープ、テーブル、チェア、マット、三脚などたっぷり収納できました。

またスキーなら6~8セットスノーボードなら4~5セットが難なく収まります。

開閉しやすいオートストッパー



フタの開口時には、樹脂アームで自動的にストッパーがかかります。

締めるときは、フタを動かせば自動的にロックが外れる設計で、使い勝手も抜群なんです。

剛性の高いヒンジ(蝶番)



幅広で剛性の高いヒンジ(蝶番)により、安定したフタの開閉を実現。長く使ってみていないので未知数ではありますが、見たところ耐久性も高そうな印象です。

キーでロックが可能



今やキャンプ場での防犯対策は不可欠。こちらはオリジナルカバー付きのキーでボックスをロックできるので駐車時も安心です。ロック解除は横のプッシュボタンのみでOK。

いろんな車種にハマる



2006年式のボルボXC70に付け替えてみました。こちらもなかなかイイ感じ。ボックス自体がベーシックなので合わせるクルマを選びません。



こんなウイングタイプのキャリアにも装着可能です。今回はサンルーフの後端から、キャリア間の幅を約100cmにセットしました。



テールゲートに干渉しない位置にジャストフィット。ボックスの下部分の色がブラックなので、黒い車体とのマッチングも違和感ありません。

ゴードンミラー「ルーフコンテナボックス」の詳細はこちら

これがあるとさらに便利!



ルーフボックスからのスムーズな荷物の出し入れを可能にする、便利なオプションアイテムを紹介します。

出し入れを助ける「ドアステップ」



ループタイプのドアストライカーに装着する、アルミダイキャスト製のドアステップです。

けっこう高い位置になるルーフコンテナボックスのアクセス時のステップとして、かなりの威力を発揮します。



このように片足をドアステップに乗せ、体を安定させてからルーフコンテナボックスへアクセスします。

視点が高くなり、作業効率が格段にアップしますよ。

ITEM



carrep 車用ドアステップ
■重量:381g
■サイズ:15.3 x 7.5 x 3.4cm

<!–

–>

脚立なしでOKの「タイヤステップ」



こちらはタイヤに引っ掛けるタイプのステップ。1BOXタイプのクルマでも威力を発揮します。

これにより脚立などを使用しなくてもルーフコンテナボックスに楽々アクセスすることができるんです。

ITEM



エスコ ホイールステップ
■重量:4.4kg
■サイズ:550×180mm

<!–

–>

ルーフボックスの新たな選択肢!



アウトドアにぴったりマッチするデザインの、ゴードンミラーのルーフコンテナボックス。

キャンプで何かと多くなりがちな荷物をボックスに収納すれば、車内空間を広く活用することが可能になります。この機会に購入を検討してみてはいかがでしょうか。

Source: CAMP HACK

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*