男前キャンプに欠かせない!5つのおすすめアイテムと積載術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男前なサイトを実現する5つの最新ギアをご紹介

エブリイワゴン

子どもの頃に秘密基地を作ったように、自分好みの空間を手軽に作れるのがキャンプの魅力。なかでも最近人気を集めているキャンプスタイルの一つが、無骨さを前面に出した「男前スタイル」です。

今回は、そんな男前なキャンプサイトを実現するのに欠かせない、見た目も機能もイケてる最新ギア5つをピックアップしてご紹介していきます!

エブリイワゴン

さらに記事の後半では、4人乗車時でも驚きの積載力を誇る「スズキ エブリイワゴン」の魅力についても深掘りしていきます!

コレが使いたい5つの男前アイテム!

ニーモ「ヘキサライトエレメント6P」

エブリイワゴン

男前なキャンプのベースとして欠かせないのが、焚き火に強く、時にワイルドに自然と向き合えるテント。そんな男前スタイルにオススメなのが、アメリカの新進気鋭ブランド「ニーモ」の「ヘキサライトエレメント6P」。人気の2ポールシェルターにTC(ポリコットン)素材を使用した2019年ニューモデルです。

TC素材なのでヴィンテージのような質感で、火の粉や結露にも強く、カラーも「スターカー」というカーキ系の落ち着いた色。フルオープンにすれば外と土間をシームレスにつなげて、まるでタープ泊のようにワイルドに使うこともできますよ!

ペトロマックス「ファイヤーブリッジ」

ペトロマックス

焚き火でワイルドに野外料理を楽しみたい。そんな男前なキャンパーにオススメしたいのが、ペトロマックスの「ファイヤーブリッジ」。ペトロマックスは、石油ランタンをはじめ男前なギアを数多く取り揃えるドイツの質実剛健ブランド。

野外料理に使うダッチオーブンやスキレットから、ただ飾っておきたいだけの男前ギアまでいろいろなアイテムをハンギング可能! 焚き火周りに自分だけの基地を作る感じが男心をくすぐるアイテムですね!

ペリカンプロダクツ「クーラーボックス」

エブリイワゴン

男前なブランドとして2019年に目が離せないのが「ペリカンプロダクツ」。ペリカンプロダクツは、米軍から警察、消防、レスキューまで、さまざまなスペシャリストたちから絶対的な信頼を得る防水防塵ケースのリーディングブランド。そのペリカンプロダクツのハードクーラーが2019年に日本に上陸しました!

ペリカン クーラー
頑丈なだけでなく、手袋をはめたままでも片手でラクラク開閉できるラッチシステムなど使い勝手も抜群。極厚のポリウレタンフォームを使用し、高い断熱性を発揮。32℃の環境下でも最大5日間保冷力をキープします。クーラー戦国時代に登場した新たな選択肢から目が離せません!

サンゾクマウンテン「shock」

サンゾクマウンテン

インスタグラムで話題となり人気に火が付いたガレージブランド「サンゾクマウンテン」は男前を地で行くブランド。なかでもブランドを象徴するアイテムがランタンハンガー「ショック」。

ヴェイパラックスやペトロマックスHK500といった灯油ランタンとも相性抜群で、合わせて使うことでサイトをワンランクもツーランクも男前にしてくれます。

サンゾクマウンテン
素材は無骨な黒皮仕様・無塗装の鉄材。特徴的なフォルムは、ランタンをかけた時にポールの直線上にランタンがスッと立っているように見えるデザインに作られています。さらに、フックは鉤爪のような形状で、まるで男前の塊といってもいいアイテムです。

ゴードンミラー「ペール缶スツール」

ゴードンミラー

オートバックスのプライベートブランド「ゴードンミラー」は、男の夢が詰まった「ガレージライフ」をコンセプトにしたブランドで、ミリタリー風でヴィンテージ感のあるギアがキャンパーにも人気を集めています。

なかでも本物のオイル用ペール缶をベースに、ミリタリーテイストなルックスに仕上げた「ペール缶スツール」は、キャンプで使うなら薪をカッコよくストックしておくのに最適。

ゴードンミラー

耐荷重は100㎏で、リッドにはクッションがついているのでスツールとしても使えます。リーズナブルな価格も魅力!

積載量が増えがち……でも「エブリイワゴン」なら余裕!

エブリイワゴン

今回紹介したような男前ギアは、コンパクトさよりもタフさや機能、無骨さを重視したアイテムがズラリ。かさ張りがちで、収納スペースもとってしまいます。今回、男前なキャンプサイトに使った4人分のギアを並べてみるとこの通り。これほどのギアを収納するとなると積載量の多いクルマが必要となりますね。

エブリイワゴン

なんと驚くことに軽自動車でもスズキの「エブリイワゴン」なら、大人が4人乗ってもこの量のギアを載せられるということ! その詳細をチェックしていきますよ!

大人4人のキャンプでも余裕の積載!

エブリイワゴン

エブリイワゴンは、軽キャブワゴン(ワンボックス型軽乗用車)でNo.1の室内サイズ(※2019年6月現在、スズキ調べ)で、なんと4人乗車でも最大1,123Lとゆとりのラゲッジ容量。

リヤシートを前にスライドすることなく、さきほどの4人分の男前キャンプギアを収納することができました。

エブリイワゴン

リヤシートの足元のスペースは十分なゆとりがあって、男性が足を組んでもまだ余裕があるほど!

シートアレンジで活用シーンは広がる!

エブリイワゴン

写真のように、後部座席を前に倒せば容量はさらにアップ! グループキャンプ時、荷物専用の車両としても重宝しそうです。

エブリイワゴン

また、フルフラットにすれば車中泊も可能。大人がラクラク寝られるスペースを確保できます。キャンプ中に思いがけず悪天候になった場合などにも、車中泊という選択肢があるのは嬉しいところですね。

使い勝手の良い「ラゲッジトノボード」

エブリイワゴン

※最大耐荷重:10kg

さらに、荷室をもっと使いやすくする多彩なアクセサリー(オプション)も充実。ラゲッジトノボードは、荷室を2段に分けられるボード。

エブリイワゴン

ラゲッジトノボードを使えば、下の方にしまった荷物を取り出すのも楽。例えば、スーパーで食材の買い出しをしたときなど、クーラーボックスをすぐに取り出せるのでとても便利です。高さは上下2段から選ぶことができます。

ちなみに、下段にするとスノーピークのシェルフコンテナ50がシンデレラフィットします!

「ユーティリティカラーリングフック」で活用イメージが広がる!

エブリイワゴン

ルーフ左右に各3ヶ所、ラゲッジ左右に各2ヶ所の合計10ヶ所にあるユーティリティーナットには、ユーティリティカラーリングフック(オプション)を取り付けることができます。

エブリイワゴン

ユーティリティカラーリングフックを使えば、写真のようにライトや虫よけスプレーなどキャンプ中すぐに使いたいギアをおしゃれにぶら下げておくことができますね。

頭上も活用!「ルーフパッキングネット」

エブリイワゴン

マルチルーフバー(サイド・センター)は、頭上空間を有効活用できるオプション装備。センターのバーは好きな位置に移動することができるので、使い勝手も抜群。

荷物の固定に使ったり、キャンプ中に上着や着替えをかけておいたり、ロッドホルダーやルーフパッキングネットと組み合わせることもできちゃいます。

エブリイワゴン

マルチルーフバーにルーフパッキングネット(オプション)を組み合わせることで、天井の空間を収納スペースとして有効活用。今回は4人分の夏用シュラフを楽々収納することができましたよ!

エブリイワゴンはもともと頭上の空間が広いので、荷物を入れても圧迫感はほとんどありません。

「エブリイワゴン」で男前キャンプへ!

エブリイワゴン

重くてもかさばっても、好きなギアをたくさん積んで、無骨なサイトを作りたい。そんな男前キャンプスタイルには、積載量が多くて荷室アレンジも豊富なスズキ「エブリイワゴン」がぴったり!

エブリイワゴンで男前キャンプに出掛けましょう!

エブリイワゴンのより詳しい情報はこちら!

撮影協力:かずさオートキャンプ場

Sponsored by スズキ株式会社

Source: CAMP HACK

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*