寒い冬でも身体の芯から温まるホットレシピ3選!【たけだバーベキューの“楽勝キャンプめし”#15】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寒い日本を脱出!真夏のカンボジアで“ボランティアバーべ”

寒い寒い寒い! 寒いぞ! テントで寝るときの防寒対策が大事な季節になりましたね。先月は冒頭でオーストラリアのことを書いたのですが、今回はカンボジアのことを。

★前回の記事はこちら

14年ぶりにカンボジアへ



今回の目的は、現地の小学校でのボランティア。カンボジアで日本の花火職人が花火を打ち上げて子供たちを喜ばせようというプロジェクトがあったのですが、そのお昼ご飯として僕がバーべキューを振舞うことになりました。


相手は子供とはいえ200人いるので、前日の買い出しからもう大変大変。勝手のわからない市場で交渉をして買い物をし、トングも網もないのでイチから全てをそろえました!

酷暑のなかバーベキュー!


そしていざ当日。学校の先生やボランティアの日本人の方と一緒に仕込みを行い、バーベキューの炉を作って火おこしをしたのですが、この時期のカンボジアは半端じゃく暑いのでめちゃくちゃハード!

こんなにもひーひー言いながらバーべキューをしたのは、初めての経験でした。



途中子供たちと触れ合う時間もあったので、僕は日本から持って行ったラグビーボールで、なんちゃってラグビーを伝授しました。言葉が通じないのでなんとなくしかわかっていないようでしたが、楽しんでくれていたので良かったです。ノーサイド!


そしてその後、200人分の鶏肉・豚肉・焼きバナナ・焼きそばを何とか焼き終えました。1年生なんかは体はまだめちゃくちゃ小さいのですがみんなペロッと食べてくれて、美味しそうな笑顔が印象的。日本風の味付けにしてみたのですが、好評で良かったです。

というのも、「少しでも癖のある味付けにしたら、子供たちは一切食べないんです」という前情報があったので内心冷や冷やでした!


その後は花火鑑賞。小学校の子供たちの「将来先生になりたいです」「警察官になりたいです」という願いとともに打ち上がる、メッセージ花火からスタート。規制のある日本では絶対に無理という近さで見られるので、日本から来た大人たちもめちゃくちゃ興奮していました。僕もその1人です。

にしても、素晴らしい経験ができました。また機会があればボランティアバーべで子供たちを笑顔にできたらなと思います!

そんなカンボジアは30度を超えるかなりの暑さでしたが、日本は寒いのなんの……。そこで今回は、寒さを吹き飛ばすホットな料理3選をお届けしましょう!

外でもじんわり身体が温まる!ホットレシピ3選

エビたっぷり彩りアヒージョ



まずはアヒージョ。簡単なので前菜感覚で作れちゃいますよ。作るときはスキレットでもシェラカップでもいいですが、今回は使い捨てできるアルミの器で作りました。

荷物が軽いし手に入れやすいので、キャンプやバーベキューのときにも便利ですよ。ちなみに、こちらのアルミの器は東洋アルミさんから近日発売予定です!

<材料>
・むきエビ 10尾
・プチトマト(赤、黄) 各5個
・マッシュルーム 4個
・アボカド 1/2個
・パセリ 適量
・鷹の爪 2本
・ニンニク 1片
・オリーブオイル 150cc
・塩 一つまみ
・バゲット 適量

<作り方>
(1)アルミの容器に、オリーブオイル・みじん切りにしたニンニク・鷹の爪を入れて火にかける。

(2)ニンニクから香りが出たら、エビ・1/4にカットしたマッシュルーム・プチトマト・角切りにしたアボカドを入れて煮込む。

(3)最後に塩で味を調えて、刻んだパセリを散らして完成。

同時にコンロでバゲットを炙って、具材を載せて食べるのがオススメ。プチトマトが熱すぎるので気を付けてください(僕はプチトマト爆弾と呼んでます)!

伊勢海老のお味噌汁



続いては味噌汁。家庭でも定番の汁物ですが、これは見た目も豪華でなんといっても温まります!

<材料>
・伊勢海老の頭 1尾分(なければエビ、またはカニでもOK)
・合わせ味噌 大さじ3
・水 600ml
・長ネギ 1/2本
・万能ネギ 適量

<作り方>
(1)鍋に水と伊勢海老を入れて火にかける(途中、伊勢海老をひっくり返すと出汁が出やすいです)。

(2)あくを取り、そこにカットした長ネギを入れ、味噌を溶く。

(3)最後にカットした万能ネギを散らして完成。

豪華な伊勢海老はなかなかのお値段なので、エビの頭やカニでも十分に美味しい出汁が出ます。甲殻類の香り高いお味噌汁で温まってみてください!

伊勢海老で作ったので具材はシンプルにしましたが、そのほか豆腐やわかめなどを入れても美味しいですよ。

土鍋ビーフシチュー



最後は視覚的にも温かさを与えてくれる、炭火と土鍋でつくるメニュー。やわらかく煮込まれたホロホロの牛肉がたまりません!

<材料>
・牛もも肉 400g
・玉ねぎ 2個
・にんじん 1本
・じゃがいも 4個
・赤ワイン 200ml
・デミグラスソース缶 1缶
・バター 20g
・水 300ml
・塩、胡椒 少々
・ケチャップ 大さじ3
・バゲット お好みで

<作り方>
(1)土鍋にバターを溶かして、大きめにカットした牛もも肉を塩胡椒で炒める。

(2)カットした玉ねぎ、にんじんを加えてさらに炒める。

(3)水と赤ワインを加えて、1時間から1時間半煮込む。そこにじゃがいもとデミグラスソース缶・ケチャップを加えて20分ほど煮込む。

(4)じゃがいもが柔らかくなったら完成。


これは煮込めば煮込むほど美味しいので、早めに仕込んでおいてキャンプの夕食に備えましょう。僕は水分が減ったら追い赤ワインで水分を足しています。


バゲットに載せて食べると格別です。こんな感じで熱々料理を楽しめるのは冬ならではだと思いますので、キャンプの寒い夜にぴったりのホットな料理をぜひ試してみてください!

ナイスバーべ!

たけだバーベキューさんの過去連載はこちら

Source: CAMP HACK

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*