【スノーピーク2021年新作速報】2way仕様の「卓上バーナー」が登場!?厳選11アイテムをレポ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※掲載製品は、仕様変更や発売延期、中止になる場合があります。予めご了承ください。また記事内の価格は、全て税抜表示です。

ヒット候補が続々!発売が待ち遠しい期待のNEWモデルたち



待望の2021年発売予定のスノーピーク新製品がお披露目! 今年はシェルター 、焚き火台、バーナー、ランタン……と多岐に渡るカテゴリーで真新しい機能を備えたギアが揃う豊作っぷり。

 



さらにスノーピークの代表作である「焚火台」にも何やら動きが……! またインドア・アウトドアの垣根を超えて活躍するギアを展開する「HOME & CAMP」シリーズにも新作が追加。どれも早く実物を手に取りたいと感じさせるギミックが満載です。

20を越えるNEWモデルが発売を控えている中から、選りすぐりの11アイテムを詳しくご紹介します。

圧倒的な広さ!ロッジ型2ルームシェルター「グランベルク M / L」

上記写真はLサイズ

スノーピーク史上最大クラスの広さを誇る「グランベルク」は、他に類を見ない個性的なフォルムのインナーテント付きロッジ型シェルター。

全長最大約680×440cmのMサイズ(3〜5人用)、約860×520cmのLサイズ(5〜7人用)の2サイズで展開されます。

上記写真はMサイズ

生地には、コットンと見間違えるほどナチュラルな風合いのポリエステルを採用。初心者でも扱いやすく、耐水圧も2,000mmと雨の日も問題ありません。

大きく取られた出入り口の張り出し部分を巻き上げると、グランピングのような贅沢空間がお目見え。サイドウォールは、フルクローズ・メッシュ・フルオープンもでき、天候に合わせたサイトデザインも楽しめるのも嬉しいポイントです。

上記写真はLサイズ

また大きさ故に、気になるのが設営方法。ロッジ型で一見複雑そうですが、実はタープを張る要領と似ていて簡単!

ガイロープでテンションをかけ中央の3本のメインポールを立ち上げ、さらに6本のサブポールをプラスし圧迫感のない居住スペースを確保。この構造により大型ながら耐風性にも優れているというメリットも。

これまでにないクラシカルな見た目も合間って、一目置かれるキャンプサイトが演出できそうなNEWモデルです。

【グランベルク M】
●価格:¥188,000
●セット内容:本 体 、インナールーム、グランドシート、メインポール(×3)、サブポール(×6)、ジュラルミンペグ(21cm×10)、自在付ロープ(二又用10m×2、2.5m×6)、ループベルト、キャリーバッグ、インナールームケース、フレームケース、ペグケース
●材質:ルーフ・サイドウォール /300Dポリエステルオックス・PUコーティング耐水圧2,000mmミニマム・テフロン撥水加工・UVカット加工、インナーウォール/75Dポリエステルオックス・テフロン撥水加工、ボトム・グランドシ ート /210Dポリエステルオックス・PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム、メインポール/A6061(Φ30mm)、サブポール/A6061(Φ17.5mm)
●対応人数:3~5名
※基本的な設営には打ち込み長さ25cm以上のペグ×10本が別途必要です。

【グランベルク L】
●価格:¥238,000
●セット内 容:本 体 、インナールーム、グランドシート、メインポール(×3)、サブポール(×6)、ジュラルミンペグ(21cm×10)、自在付ロープ(二又用10m×2、2.5m×6)、ループベルト、キャリーバッグ、インナールームケース、フレームケース、ペグケース
●材質:ル ー フ・サ イド ウ ォ ー ル /300Dポリエステルオックス・PUコーティング耐水圧2,000mmミニマム・テフロン撥水加工・UVカット加工、インナーウォール/75Dポリエステルオックス・テフロン撥水加工、ボトム・グランドシ ート /210Dポリエステルオックス・PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム、メインポール/A6061(Φ30mm)、サブポール/A6061(Φ17.5mm)
●対応人数:5~7名
※基本的な設営には打ち込み長さ25cm以上のペグ×10本が別途必要です。

レクタとヘキサの良いとこ取り!「HDタープ“シールド”メーヴェL」



一般的なタープと言えば、テーブルを置くリビングの中央部分が最も高くなるようデザインされています。その引き換えに出入りに使う動線部分は、必然的に低くなりがち。これって実は非効率的とも取れますよね?

そこに着眼しデメリットとも取れる空間デザインを逆転させ、動線上の天井を高く確保したのが「HDタープ“シールド”メーヴェL」。



展開図を見てみると、レクタ型でもヘキサ型でもない不思議な構造をしています。この独自構造は、頂点の3か所をしっかり下げて設営するため日差しを遮り、居住スペースに雨が吹き込みにくいという利点も叶えてくれます。

【HDタープ“シールド”メーヴェL】
●価格:¥42,800
●セット内容:本体、自在付ロープ(二又用10m×3、二又用7m×1、3m×2)、キャリーバッグ、ポールケース 、ペグ ケ ー ス
●材質:本体/210Dポリエステルオックス・遮光ピグメントPUコーティング耐水圧3,000mmミニマム・テフロン撥水加工・UVカット加工
●キャリーバッグサイズ:78×18×21(h)cm
●重量:4.4kg
●対応人数:6名

2wayで使える「HOME & CAMP ランタン」



人気の「HOME & CAMP」シリーズには、吊り下げ・置き型設置の2way仕様で使えるランタンが仲間入り! 最大300ルーメンの明るさで、連続点灯は4時間と一晩活躍してくれるスペックです。

底部の円形プレートが充電台になっており、充電中もインテリアとして美しい佇まいになるようコダワリが詰まっています。



気の利いたギミックにも注目! 吊り下げ・置き型への切り替えは、傘から下の本体を上下逆転させるだけと簡単。ランタン形状にすることで、家でも必要に応じて灯を持ち運んで欲しいという思いが込められています。

吊り下げ型にすることで足元も明るく照らすことができるので、キャンプでも性能を発揮してくれますよ。

【HOME & CAMP ランタン】
●カラー展開:ブラック / アイボリー / カーキ
●価格:¥13,980
● セット内容:本体、充電台
● 材質:ABS樹脂、PC樹脂、ステンレス、シリコーン樹脂
●サイズ:Φ124×245mm(本体のみ )、Φ130×260mm(充電台込み)
● 重量:本体/500g、充電台/250g
● 使用電源:リチウムイオンポリマー電池
●連続点灯時間:4h(最大光量使用時)23h(100lm使用時)
●最大照度:300lm程度
● 防滴仕様:IPX4以上

ベランダや屋内でも使える!新発想の「火焔ストーブ サカン」



焚き火の揺らめく炎を眺める時間は、至極のひと時。そんな体験をより身近に、家のベランダや屋内でも楽しめるよう開発されたのが「火焔ストーブ サカン」です。

屋内で火を扱うとなると心配なのが、安全面。燃料には、一酸化炭素が発生しづらく環境に優しいバイオエタノールを使用します。また本体には高さのあるスタンドが付いているため、テーブルの上で使用しても輻射熱の心配はありません。

 



美しい炎を満喫できるだけに留まらず、調理もできる面白いポイントも! ガラスグローブを覆うように付属の五徳をセットすれば、鍋料理や焼き鳥のような炙り料理にまで対応できます。



もちろん全て分解できるので、調理で汚れてしまった場合水洗いも可能です。

写真のようにコンパクトにまとめて付属の収納ケースに入れれば、直径220×110mmサイズで持ち運びもでき好都合。火を楽しむ道具の新たな選択肢となるのではないでしょうか。

【火焔ストーブ サカン】
●価格:¥19,800
●セット内容:本体、収納ケース
●材 質:ステンレス鋼、アルミニウム、耐熱ガラス 収納ケース/ポリエステル
●サイズ:本体/φ200×140(h)mm、収納ケース/φ220×210(h)mm
●収納サイズ:φ220×110(h)mm

まるっと収納可能!「火焔(カエン)ストーブ コーエン クッカーセット」

slider image

slider image

{“pagination”:”true”,”pagination_type”:”bullets”,”autoplay”:”true”,”autoplay_speed”:”3000″,”direction”:”horizontal”,”auto_stop”:”false”,”speed”:”300″,”animation”:”slide”,”vertical_height”:””,”autoheight”:”false”,”space_between”:”0″,”loop”:”true”}


さらに2021年には、火力調整蓋付きのアルコールストーブもラインナップ! 本体は完全密閉できる仕様になっており、燃料を入れたまま携行できる手のかからなさも魅力です。

最大のメリットは、優れた収納性! クッカーセットの中に、五徳とストーブが全て収まるので、バックパックでの携行でもバラつく心配がありません。

【火焔ストーブ コーエン クッカーセット】
●価格:¥14,000
●セット内容:アルコールストーブ、五徳、クッカ ー 、収納 ケ ー ス
●材質:ステンレス鋼、アルミニウム
●サイズ:ストーブ/φ75×50(h)mm、五徳/130×125×90(h)mm、ポット/φ105×115(h)mm、カップ/Φ110×60(h)mm
●収納サイズ:Φ110×130(h)mm

クッカーが不要な方には「火焔ストーブ コーエン」

slider image

slider image

slider image

{“pagination”:”true”,”pagination_type”:”bullets”,”autoplay”:”true”,”autoplay_speed”:”3000″,”direction”:”horizontal”,”auto_stop”:”false”,”speed”:”300″,”animation”:”slide”,”vertical_height”:””,”autoheight”:”false”,”space_between”:”0″,”loop”:”true”}


またストーブと五徳のセット販売もあるので、手持ちのギアと相談して選んでくださいね。

【火焔ストーブ コーエン】
●価格:¥6,980
●セット内容:アルコールストーブ、五徳、収納ケース
●材質:ステンレス鋼、アルミニウム
●サイズ:スト ー ブ/φ75×50(h)mm、五徳/130×125×90(h)mm
●収納サイズ:ストーブ/φ75×50(h)mm、五徳/140×90×10mm

話題沸騰の予感「鉄板焼 エンバーナー」



自宅で使用するホットプレートのような見た目の「鉄板焼 エンバーナー」。特筆すべきポイントは、鋳鉄製の極厚鉄板をセットしていながら、スリムに設計された本体です。

使用時の本体高は、約9cm程度。卓上にバーナーを置いた状態でも、家族みんなが箸を伸ばしやすい低めの高さに設定されているので、団欒時間を遮りません。



おまけに鉄板は取り外しでき、卓上バーナーとしても使える万能仕様! OD缶を燃料に、火力2500kcal/hと申し分ありません。

輻射熱にも配慮されており、本体をダブルウォールマグのような二重構造にすることで熱の影響を大幅に軽減しています。そのため10インチのダッチオーブンを載せて、大胆なキャンプ料理を楽しむこともできるわけです。

無駄のないスタイリッシュなビジュアルながら、抜群の使い勝手を発揮してくれそうな「鉄板焼 エンバーナー」は、早く手に取りたい逸品です。

【鉄板焼 エンバーナー】
●価格:¥25,800
●セット内容:バーナー本体、グリドル、収納ケース
●材 質:ステンレス、鋳鉄(シリコン耐熱塗装)ブラス、アルミ、亜鉛ダイキャスト、樹脂
●本体サイズ:360×330×90(h)mm(ホース、器具栓を除く)
●出力:2500kcal/h

天板がスライドできるテーブル「エクステンションIGT」

slider image

slider image

slider image

{“pagination”:”true”,”pagination_type”:”bullets”,”autoplay”:”true”,”autoplay_speed”:”3000″,”direction”:”horizontal”,”auto_stop”:”false”,”speed”:”300″,”animation”:”slide”,”vertical_height”:””,”autoheight”:”false”,”space_between”:”0″,”loop”:”true”}


デュオキャンパーにとってテーブル選びの最適解となりそうな新作も見逃せません。「できるだけ道具を減らしてキャンプに行きたい」そんな要望を叶えるべく誕生したテーブルは、汎用性の高さがピカイチ。

2面に分かれている天板をスライドさせれば、レールが出現。スノーピークの定番IGTシリーズのアイテムを使って機能を拡張させることが可能に! 例えば「フラットバーナー」を設置すれば、メインダイニング兼調理台をコレ1台で賄える効率の良さを発揮してくれます。

【エクステンションIGT】
●価格:¥38,800
●セット内容:本体、収納ケース
●材質:竹集成材、スチール(カチオン電着塗装)、アルミニウム合金
●サイズ:840×498×400(h)mm
●収納サイズ:840×498×70(h)mm
●重量:10.4kg(収納ケースを含まない)

デ、デカイ!名品焚火台に新サイズ登場「焚火台 LL」



スノーピークの代表ギアの一つである「焚火台」には、「焚火台 L」の容積の2倍ほどのビッグサイズ「焚火台 LL」が加わりました。

使用サイズ633×633×440(h)mm、重量11kgというスペックから、そのダイナミックさが伝わってきますね! 一般的に販売されている30〜40cm程度の薪であれば易々と入り、流木などワイルドな燃料も放り込めますよ。

【焚火台 LL】
●価格:¥29,800
●セット内 容:本 体
●材 質:ステンレス 鋼
●サイズ:633×633×440(h)mm
●収納サイズ:882×810×42mm
●重量:11.0Kg
※TAKIBIタープオクタの下では使用しないでください 。
※ジカロテーブルには対応していません。

二次燃焼を「焚火台」でも楽しめる!「フローガ L」

slider image

slider image

slider image

{“pagination”:”true”,”pagination_type”:”bullets”,”autoplay”:”true”,”autoplay_speed”:”3000″,”direction”:”horizontal”,”auto_stop”:”false”,”speed”:”300″,”animation”:”slide”,”vertical_height”:””,”autoheight”:”false”,”space_between”:”0″,”loop”:”true”}


焚き火とともに服にまとわり付く匂いは、できれば避けたいもの。なんと「焚火台 L」専用で“二次燃焼”を促すオプションパーツが発売予定です。この二次燃焼とは、焚き火の煙や匂いの原因となる燃えている薪から発生する可燃性ガスを再燃焼することを指します。

つまりこの「フローガL」を装着するだけで燃焼効率が上がり、これまで当たり前だった煙や匂いを激減させることができるんです。匂いが不得意なお子さんにも優しい焚き火ができそうですね。

【フローガ L】
●価格:¥15,600
●材質:本体/ステンレス、収納ケース/ポリエステル
●サイズ:475×475×90(h)mm
●収 納ケースサイズ:195×395×180(h)mm
●重量:4.8kg
※TAKIBIタープオクタの下では使用しないでください 。

「フローガ L」専用収納ケースも!



「フローガL」と併せて手に入れたい収納ケースも発売予定です。

【フローガ L 収納ケース】
●価格:¥5,800
●材質:綿帆布(6号・パラフィン加工)、アクリルテープ(中芯:PP)
●サイズ:220×400×190(h)mm
●重量:390g

複数買い必至!あなたはどっち派?「サーモタンブラー470」「サーモジョッキ700」

ビールを嗜む大人には是非とも両方手に入れてもらいたい! ビールを楽しむために開発された、真空二重構造の保温保冷機能付きタンブラーとジョッキが誕生しました。

香りを楽しむエールにおすすめ「サーモタンブラー470」



ビールにはエールとラガーの2種類があり、それぞれの特徴を活かすべく開発されているこのアイテム。「サーモタンブラー470」は、温度変化による香りを楽しむエールタイプ向けに開口部を広くとり、少しずつ味わえるようワイングラスのように飲み口が薄くデザインされています。

スタッキング収納もできるため、ビールのみならずマイタンブラーとして家族分揃えるのもいいですね!

【サーモタンブラー470(ブラック / オリーブグリーン / サンド)】
●価格:¥3,980
●材質:本体(内側)/ステンレス(外側ポ リ エ ス テ ル 塗 装 )、ボト ム カ バ ー / シ リコンゴム
●本体サイズ:φ84×150mm
●重量:215g
●容量:470ml

【サーモタンブラー470(シルバー)】
●価格:¥3,980
●材質:本体/ステンレス、ボトムカバー/シリコンゴム
●本体サイズ:φ84×150mm
●重量:215g
●容量:470ml

【サーモタンブラー470 4色セット】
●価格:¥13,800
●材質:本体(内側)/ステンレス(外側ポリエステル塗装)、ボトムカバー/シリコンゴム
●本体サイズ:φ84×150mm
●重量:860g
●容量:470mメッシュケ ース 付き

喉越しを楽しむラガーにおすすめ「サーモジョッキ700」



一方ラガータイプは、ゴクゴクと喉越しで味わうのが乙。「サーモジョッキ700」は、中ジョッキのような5mmの肉厚ボディで豪快に一杯を楽しめるのが特徴。飲み口は、底面より狭めることで冷たさのキープにも一役買っているそうです。

【サーモジョッキ700】
●価格:¥4,980
●材質:本体/ステンレス、ボトムカバー/シリコンゴム
●本体サイズ:φ100×170mm
●重 量:415g
●容 量:700ml

発売が待ち遠しい!ユーザー視点の活きた新製品たち

写真左より、缶クーラー 350(¥3,480) 缶クーラー500(¥4,480)

野遊び好きの開発者たちが、ユーザー視点で「欲しい」と思うものを試行錯誤し作っているというだけあって、キャンプ特有の悩みを解決してくれる機能性ギアばかり。

こう言ったアイテムが誕生する背景には、自社のキャンプイベント「Snow Peak Way」で、製品を手にとったユーザーから直接フィードバックをもらうことで新たな製品作りへと活かしているそう。

2021年も幅広いラインナップでキャンプシーンを盛り上げてくれるスノーピーク。詳しい発売開始時期は、随時公式サイトにアップされるとのこと。気になる製品に目星をつけておいてくださいね!

スノーピーク公式サイトはこちら

 

The post 【スノーピーク2021年新作速報】2way仕様の「卓上バーナー」が登場!?厳選11アイテムをレポ first appeared on CAMP HACK[キャンプハック].
Source: CAMP HACK

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*