~YURIEのわがままキャンプギア探し#07~キャンプで活躍するツーバーナーが欲しい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キャンプ熱が高まって、キッチンツールも新調したい…!

Y U R I Eさん(@yuriexx67)がシェアした投稿 – 2017 6月 26 5:00午後 PDT

梅雨の晴れ間は嬉しいですね! みなさま、どんなキャンプライフをお過ごしでしょうか? 私は最近ついに! 車を購入しましたーパチパチパチ

ということで、梅雨の時期を利用して、車内泊できるように改造しようかなぁなんてワクワクしています。キャンプ熱も加速しているところで今回は「ツーバーナーを新調したい!キッチンツールも充実させたい!」ということでイワタニ・プリムスの金牧さんにお伺いしました。

気になったのは、特別感のあるツーバーナー

img_6617
最近気になっていたシンプルでスタイリッシュなプリムスのツーバーナー、オンジャ。今までコンパクトなバーナーの比重が高かったように思えたプリムスですが、特別感のでるキャンプファイアシリーズも充実しています。

なんらかのアクティビティの時にとにかくお湯を沸かしてあげること。そこに重きを置いていたのですが、クライミングやってたりカヌーやってたり自転車好きだった方々も、家族ができ、子供が生まれ。そして、お父さんに。

環境が変わることでアクティビティが主体ではなく仲間や家族との時間が主体のキャンプスタイルがメインになっていく中で、キャンプをする時に特別感のあるアイテムで特別な時間を過ごそう。というのがキャンプファイアシリーズの誕生の背景にあったようです。

プリムスの”オンジャ”

img_6602
キャンプファイアシリーズのオンジャ。構造自体はとてもシンプルなツーバーナー。ガソリンバーナーのようにメンテナンスは必要ないメンテナンスはほぼフリー。

難しいことはなく、手軽に使えるのが女性キャンパーには嬉しいのではないでしょうか? 蓋の部分もウッドになっていて、かわいいです。
img_6604

鍋敷きには、コップなどを置いて使ってもいいですね!

img_6605

ポイントでレザーが使われていたり、バックルもスタイリッシュで素敵です。

img_6567
ショルダーバッグのようになるので、持ち運びにも便利そうです。細かい部分までこだわってデザインされているのが伝わってきます。

img_6606
コンロの部分は鍋底全体に火がわたるように(そうするとお湯もすぐにわきやすいです)少し大きめの2243バーナーのカタチを使用しています。

img_6615

ガス缶がつけやすいからといって、ガス缶を逆さにしながら装着したり、ガス缶を振ったりすることはNGです。缶の中のガスを不安定にしてしまうからです。

「不安定だと、火をつけたときにブワっと大きな火がついてしまうので注意してください」と金牧さん。
勉強になりました。

”オンジャ”をフィールドテスト!

Processed with VSCO with a6 preset

早速使ってみました! ガス缶は下に装着するので、置く場所に困らなくて便利。いつもよりもミニマムで使い勝手の良いキッチンになりました。

Processed with VSCO with a6 preset

フライパンでパエリアを作ります。

Processed with VSCO with a6 preset

オンジャ以外にもクッカーと調理器具セットも一緒に使ってみました! 素敵なアウトドアキッチン用品にお料理が楽しくなっちゃいます。

どうしてお料理が楽しくなっちゃうのか、その秘密はプリムスのスウェーデンのシェフも開発メンバーに加えて商品を作っているんだそうです。

Processed with VSCO with a6 preset

Processed with VSCO with a6 preset

パエリアが完成しました! とっても美味しくできましたよ!

6月から登場したツーバーナー”キンジャ”

camp_02_01

1個のガス缶で2口使用でき、さらに安定した火力を得られるようにレギュレーターという機能を搭載しています。1個のガス缶だけ先になくなってしまって途中で交換しなければならないということもなくなります。こちらのツーバーナーも要チェックです!

キャンプファイアシリーズの詳細はこちら

YURIEの他の記事はこちらから他の記事はこちらから

Source: CAMP HACK

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*