【ユニフレーム2021年新作まとめ】ソロキャンプギアが超充実!フィールドラックにも何やら動きが…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※一部未発売のものは、予告なく仕様変更や発売延期・中止になることもあります。あらかじめご了承ください。

目次

キャンプの可能性を広げ続けるユニフレームの新作がアツい!



数多くの銘品を輩出し、長年キャンプ業界をリードしてきたアウトドア総合ブランド・ユニフレームから、2021年の新作情報が届きました。

名品「ファイアグリル」「フィールドラック」など人気アイテムにフィットする専用オプションや、ソロキャンプ向けアイテムが多数ラインナップ。



また調理シーンで活躍するアイテムが大豊作のため、すでにキャンプ道具を一式お持ちの方も買い足し候補としてぜひチェックを!

隅々まで使える快適リビング!「REVOタープ」シリーズのラインナップが充実

まずはリビングスペースをより快適な空間にしてくれるアイテムからご紹介。

シリーズ初のスクエア型が仲間入り「REVOスクエアタープ4×4 TAN」



ユニフレームの定番「REVOタープ」シリーズに、幕体サイズ430×400mの広々空間を確保するスクエアタープが登場しました。



四辺にはポールやロープを通すハトメを合計16カ所も配されており、天候やシチュエーションに合わせて自由にスタイリングすることが可能です。

設営に必要なポール、ペグ、ハンマーは付属されておらず、その分価格は15,900円と抑えられているのもポイント。すでにテントやタープを所有している方でも2張目として手に取りやすい価格設定が魅力的ですね。

「REVOスクエアタープ4×4 TAN」の詳細はこちら

ITEM



ユニフレーム REVOスクエアタープ4×4 TAN
●サイズ:(約)430×400cm
●収納サイズ : (約)18×73×(高さ)18cm
●材質:ポリエステルタフタ150D(耐水圧1,800mm以上)/UV-CUTコーティング( PUコート・テフロン撥水処理)
●重量:(約)2.6kg(※幕体のみ)

<!–

–>

シェルター 化できるオプション「REVOスクエアメッシュウォール4×4 TAN」

さらに「REVOスクエアタープ4×4 TAN」には、オプションのメッシュウォールも併せて使用することをおすすめ! タープからシェルターへのトランスフォームが可能になりますよ。



前後の出入り口、サイドパネルはフルメッシュ、フルクローズ、フルオープン仕様にアレンジ自由自在。サイドパネルは跳ね上げもできるため、天候にあわせて扱いやすいデザインです。

また地面に対しポールの立ち上がりが垂直なため、デッドスペースが生まれないというのも長所のひとつ! 隅々までスペースを有効活用でき、シェルターとしての使用サイズは約410×360×220cm(※240cmのポールでの設営時)と広々。

天井部分には、厄介な結露や、夏場の急な気温上昇を軽減するための吊り下げ式のベンチレーションカバーを配置。細部までこだわり抜かれた作りで、スクエアタープの活躍の場を広げてくれるでしょう。

「REVOスクエアメッシュウォール4×4 TAN」の詳細はこちら

最高にタフ!?卓上でしっかりBBQを楽しめる「UFタフグリル SUS-TG」



焚き火台やBBQグリルを数多く手がける同ブランドですが、期待の新作卓上グリルも2021年期中に発売予定! 画像は現在開発中のプロトタイプのものですが、本体の材質にステンレス鋼を採用しており、見た目からタフさを感じさせますね。



使用サイズは約40×37×16cmで、家族でゆっくり卓上を囲んでBBQを楽しめる大きさ。



卓上での使用を可能にしている秘密がこの遮熱板。本体下に取り付けられたこの遮熱板が作り出す空間により、熱を効率的に逃してくれます。

また本体の高さ16cmと、チェアに腰掛けたまま食材を扱いやすい、というロースタイルに適したサイズ感も嬉しいポイントです。

「UFタフグリル SUS-TG」の詳細はこちら

ジャストサイズの収納ケース「UFギアバッグ25」

slider image

slider image

{“pagination”:”true”,”pagination_type”:”bullets”,”autoplay”:”true”,”autoplay_speed”:”3000″,”direction”:”horizontal”,”auto_stop”:”false”,”speed”:”300″,”animation”:”slide”,”vertical_height”:””,”autoheight”:”false”,”space_between”:”0″,”loop”:”true”}


「UFタフグリル SUS-TG」がすっぽりと収まるギアバッグもラインナップ。耐久性のある厚手の6号帆布に、パラフィン加工を施しているため撥水効果にも期待できます。

ガバッと開けるスクエア型デザインで、サイズは約42×40×18cm。グリル以外の収納にも使い勝手の良いサイズ感で、一般的な一口タイプのカセットこんろ収納にも対応してくれそうです。

「UFギアバッグ25」の詳細はこちら

ソロキャンパー必見!お一人様特化型アイテム

ソロキャンプブームのますますの盛り上がりを受け、ソロで丁度いいサイズのアイテムも続々登場。

保温ができるソロ鉄板「ソロ鉄250」



ソロキャンパーに人気の鉄板アイテムは、様々なブランドが続々と新作を発表している注目ジャンル。ユニフレームからは、これまでにない2段構造のユニークなモデルが発売を控えています。

鉄板の大きさは約14.7×25cm。そして、サイドに取り付けられた網はどのように使用するかと言うと……



このように焼きあがった食材を避難させておける、保温スペースとして使えます!

例えば、最初に火の通りやすい野菜を焼いて、この網にのせて保温。鉄板部分でステーキにじっくり火を通すといったマルチな使い方が可能に。ソロでじっくりと調理を楽しむのに打ってつけのアイテムですね。

「ソロ鉄250」の詳細はこちら

ソロで豪快な焚き火料理を楽しみたい方に「焚き火ベースsolo」

slider image

slider image

{“pagination”:”true”,”pagination_type”:”bullets”,”autoplay”:”true”,”autoplay_speed”:”3000″,”direction”:”horizontal”,”auto_stop”:”false”,”speed”:”300″,”animation”:”slide”,”vertical_height”:””,”autoheight”:”false”,”space_between”:”0″,”loop”:”true”}


2018年に発売され話題を呼んだ「焚き火ベース450」に、ソロサイズが仲間入り! 焚き火ハンガーと焚き火台が一体になったデザインで「焚き火での調理がしやすい」と評判の構造はそのままに、コンパクトになりました。


コンパクトと言えど炉の長辺は49cmあり、市販の薪をくべるのにちょうどいいサイズ設計。付属のSカンを使って鍋を吊るせば焚き火料理もお手の物、一人でもしっかり豪快な焚き火を満喫できます。

重量は3.8kgあるので、車移動のソロキャンパーにおすすめですよ。

「焚き火ベースsolo」の詳細はこちら

「コレ使ってみたい!」料理の幅が広がる、調理器具アイテム

シンプルなBBQでも十分にアウトドア料理を楽しめますが、たまにはキャンプでもこだわった料理を作りたいもの。ここでは、そんな希望に応えてくれる調理器具をご紹介!

フタ付きデザイン「ラウンド鉄板&リッド」

厚さ4.5mmで蓄熱性抜群! 黒皮鉄板に専用フタ付きが嬉しい「ラウンド鉄板&リッド」は、餃子やパエリアなどの蒸し焼きに料理で活躍。サイズは約直径25×30×6cm。

「ラウンド鉄板&リッド」の詳細はこちら

ITEM



ユニフレーム ラウンド鉄板&リッド
●サイズ:(約)直径25×30×(高さ)6cm(鍋深2.5cm)
●材質: 鉄板/黒皮鉄板4.5mm厚加工 フタ/ステンレス鋼 ツマミ/フェノール樹脂
●重量:(約)2.1kg

<!–

–>

ビジュアルにそそられる!2サイズ展開「焚き火鍋18cm」「焚き火鍋26cm」



昔話にでてきそうな可愛らしい見た目が印象的! ツル付きのステンレス製鍋は、ソロ向けの直径18cmモデルとファミリー向けの直径26cmの2サイズ展開。風合いのある木ブタ付きです。



18cmモデルは、「薪グリル solo」「ファイアグリル solo」と既存アイテムとも相性抜群なサイズ設計になっています。

「焚き火鍋」の詳細はこちら

ITEM



ユニフレーム 焚き火鍋 18cm
●サイズ:最大約18×8(高さ)cm、ツル外寸幅約21cm
●重量:約540g
●満水容量:約1.7L

<!–

–>

ITEM



ユニフレーム 焚き火鍋 26cm
●サイズ:最大約直径26×12(高さ)cm、ツル外寸幅約28.5cm
●重量:950g
●満水容量:約4.5L

<!–

–>

卓上グリル界で一斉を風靡したユニセラ用オプション「ユニセラリッドⅡ」

ここからは、ユニフレームの人気定番アイテムのオプションとして発売される新作にフォーカス。

slider image

slider image

{“pagination”:”true”,”pagination_type”:”bullets”,”autoplay”:”true”,”autoplay_speed”:”3000″,”direction”:”horizontal”,”auto_stop”:”false”,”speed”:”300″,”animation”:”slide”,”vertical_height”:””,”autoheight”:”false”,”space_between”:”0″,”loop”:”true”}



A4サイズに収納ができる卓上グリル「ユニセラ」のフタが新登場! ユニセラの利点であるコンパクトさを邪魔しないよう、フタも折りたたみ収納可能。厚み2cmに収まるため、ユニセラと一緒に収納ケースに入れて持ち運べるよう配慮されています。

「ユニセラリッドⅡ」の詳細はこちら

弱火〜中火でじっくり焼きたい料理に最適「ファイアグリル フッ素鉄板」



ユニフレームの焚き火台「ファイアグリル」で炒め料理ができる専用鉄板のシリーズに、お手入れが簡単なフッ素加工モデルが追加されました。弱火〜中火でじっくり焼きたい料理に最適で、深さもあるため汁気のある料理にも適しています。

「ファイアグリル フッ素鉄板」の詳細はこちら

ITEM



ユニフレーム ファイアグリル フッ素鉄板
●サイズ:32×32.3×高さ2cm
●材質:鉄・フッ素樹脂加工
●重量:1.9kg

<!–

–>

名品「フィールドラック」に便利なハーフサイズ天板登場!



『ユニフレーム』の人気アイテムで忘れてはいけない商品に「フィールドラック」があります。クーラーボックスなどのスタンドやテーブルとしても使えるほか、積み重ねてシェルフとして使うなど抜群の汎用性で根強い人気を誇る名品です。

slider image

slider image

{“pagination”:”true”,”pagination_type”:”bullets”,”autoplay”:”true”,”autoplay_speed”:”3000″,”direction”:”horizontal”,”auto_stop”:”false”,”speed”:”300″,”animation”:”slide”,”vertical_height”:””,”autoheight”:”false”,”space_between”:”0″,”loop”:”true”}


そんなフィールドラックのオプションとしてラインナップしたのが、こちらの「フィールドラック WOOD天板ハーフ」と「フィールドラック ステンレス天板ハーフ」の2モデル。



これまでにも天板は販売されていましたが、今回発売されたのはいずれも現行品のハーフサイズ。



用途やシーンに応じて半分だけ天板で覆うパターンや、ステンレスとWOODでハーフ&ハーフにするなど、より自由度の高いアレンジが可能となりました。フィールドラックユーザーであれば、ひとつは持っておきたいアイテムです!

「フィールドラック ステンレス天板 ハーフ」の詳細はこちら
「フィールドラック WOOD天板 ハーフ」の詳細はこちら

環境にやさしい「UFペレットストーブ」





最後にご紹介するのは、ユニフレームから新提案の「UFペレットストーブ」。燃料に、倒木や間伐材などをもとに作られた木質ペレットを使う屋外専用のストーブです。ペレット燃料は、環境に優しく、燃焼時の煙も少なく灰も残りにくいといった特徴があります。



鉄製の本体が高い蓄熱性を発揮! 天面温度は最高で約350℃にもなるので、暖がとれるだけでなく鍋やフライパンを置いて調理や湯沸かしをすることも可能です。

「UFペレットストーブ」の詳細はこちら

ITEM



ユニフレーム UFペレットストーブ
●サイズ:24×55×高さ258cm
●収納サイズ:21×55×高さ37cm
●材質:
本体/鉄・ステンレス鋼
燃料タンク・煙突・排気トップ/ステンレス鋼
脚/鉄・クロームメッキ
●重量:9.1kg
●タンク容量:約1.8L(満タン状態で約2時間燃焼可能)
●付属品:灰かき棒、煙突固定用ロープ×3

<!–

–>

専用燃料「ペレット燃料 3.5kg」



「ペレット燃料が優秀なのは分かるけど、どこに売ってるか分からないし……」という方もいるかと思いますが、ご安心ください! 「UFペレットストーブ」で使える、純国産ペレット燃料も用意されています 。

ペレット燃料は木材を圧縮した燃料なので、火持ちが良いのもメリットのひとつ。3.5kgというこの容量で、なんと約4時間の連続燃焼が可能です。エコで扱いも簡単なペレットストーブを、はじめてみませんか?

「ペレット燃料 3.5kg」の詳細はこちら

ITEM



ユニフレーム ペレット燃料 3.5kg
●重量:約3.5kg

<!–

–>

発売中の2021年新作アイテムを一挙見!

 

ITEM



ユニフレーム スチームクッカー KOLME
●サイズ:直径11.5×12×15.5cm
●材質:蓋・内蓋・外鍋/アルミニウム、シリコーン蓋/シリコーンゴム(耐熱温度:約200度)、ハンドル/ステンレス鋼
●重量:310g

<!–

–>

ITEM



ユニフレーム ジュラパワーペグ 250
●サイズ:全長約25cm
●重量:約39g
●材質:直径8mm超超ジュラルミン(A7075)平打ち

<!–

–>

ITEM



ユニフレーム FDフォークTi フッ素
●サイズ:約16cm
●収納サイズ:約9.5cm
●重量:約17g
●材質:本体/チタニウム(黒色フッ素加工)、ハンドル/ステンレス鋼

<!–

–>

ITEM



ユニフレーム FDスプーンTi フッ素
●サイズ:約15.5cm
●収納サイズ:約9cm
●重量:約21g
●材質:本体/チタニウム(黒色フッ素加工)、ハンドル/ステンレス鋼

<!–

–>

ITEM



ユニフレーム UFロゴステッカー大トリオ
●サイズ:約14×1.5cm

<!–

–>

ITEM



ユニフレーム UFロゴステッカー小 トリオ 小
●サイズ:約7×0.8cm

<!–

–>

新アイテムの発売時期については続報を待て!



今回ご紹介したアイテムですが、なかにはすでに発売中のものもあれば、いまだに発売時期の詳細が発表されていないものもあります。気になるアイテムは、ぜひ公式のHPで発売時期についての詳細を随時ご確認ください!

ユニフレームの公式サイトはこちら

The post 【ユニフレーム2021年新作まとめ】ソロキャンプギアが超充実!フィールドラックにも何やら動きが… first appeared on CAMP HACK[キャンプハック].
Source: CAMP HACK

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*