アクティビティ

海に生きる八幡暁の”足元サバイバル”#1~人は、どうやって生きているのか?~

八幡暁(やはた さとる)という人物を紹介したい

CAMP HACK編集部の担当斉藤です。今回からプロライター連載として、八幡暁さんが加わりました! 全12回連載の予定で月に一度、配信をいたします。アウトドア業界では名が通っている方ですが、聞きなじみがない方も多いのではと思います。それもそのはず。八幡暁さんというリアルアウトドアマンは海に生息しているからです。

それは、誇張表現でもなく、オーストラリアから日本までの海域をシーカヤックで人力移動するような、神奈川県から沖縄県まで単独漕破してしまうような、パワフルな生き方をしている人。それがこの方です。

生きることについて考えている方、キャンプ、ひいてはアウトドアの本質に触れたい方、男の恰好よさを追求したい方、そんな方に、ぜひ読んでいただきたい連載です。まずは第一回ということで、イントロダクションからスタートです!

人は、どうやって生きているのか?

img_2398

僕は、20歳の頃、「人は、どうやって生きているのか?」という素朴な疑問を持つようになっていました。勉強で評価され、スポーツで評価され、競争は嫌いじゃないものの頑張ってみることに疲れていたのかもしれません。

そもそも、この競争自体が何のためにやっているのかが、わからない。ただ生まれてきて当然のあるものとして目の前に出された選択肢を選んでいたら、やっていたという気がしていました。

お金を稼ぐ為であれば、もっと多様なやり方があるでしょうし、生きる為であれば他にやることがあるはずです。新しく開発される技術や、便利グッツにばかりが目に入ってきますが、ピンときません。人って何してきたんだろう? 若気の至りともいうべき疑問。ただそこに答えを出せない自分もいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

八幡さんの遠征時の道具類。冒険に必要なだけの最小限にとどめている。

そんな折、新聞に海で魚を獲って生きる人の記事がありました。銛一本で、何でも獲ってくる男。船もいらない。足ひれとマスク、獲った魚を釣るしておく漁具を引っ張って泳ぐという。身体一つで海に出る。食べ物をお金で買うことが当たり前の世の中しか知らなかった僕は、完全に心を奪われました。

自分も、食べものを獲ることから始めよう。どんな人でも食べないと死ぬのだから。水を探そう。水が無いと死ぬのだから。そして海を潜る毎日が始まったのです。

潜って、捕って、食べるというシンプルな行動

2

「3分、30m」は誰でも出来る。文字通り、3分間息を止めて、30m潜れるようになるのは、たいしたことじゃない、つまり魚を獲ることは誰でも出来ると漁師が教えてくれました。それを信じて海へ向かっていたら、いつしか出来るようになっていました。

%e3%82%a4%e3%82%b7%e3%83%80%e3%82%a42004%e5%b9%b4%e8%91%89%e5%b1%b1%e3%81%8b%e3%82%89%e6%b2%96%e7%b8%84%e3%81%ae%e6%97%85%e3%81%ae%e9%80%94%e4%b8%ad

2004年神奈川県葉山町から沖縄の旅の途中にて、イシダイ

「潜れる海があれば生きられる」ことが腑に落ちただけでは飽き足らず、国内外の漁村を訪れ、そこの漁法を見たり、少しだけ一緒に暮らしをさせてもらうような旅を続けます。その流れで、海を自力で渡り歩く道具シーカヤックを学び、船の就航していない小さな漁村までも航海するようになったのです。

シーカヤックで、漁村を旅するようになって

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

何百もの漁村を見てきました。都市文明で生きている民から、電気、ガス、水道がない暮らしまで。お金さえあれば、教育の機会が増え、さらにお金が入りやすくなる暮らしがある一方、己を知り、己の土地を知ることで、はじめて生きられる自然と人が近い暮らしまで。

共通していたのは、子供たち。海岸線には子供が溢れ、遊び、よく食べ、お母さんは赤子を抱き、時には兄弟や近所の子供が、代わりに子供をあやしていた姿です。どこにでも苦労と笑いがありました。

しかし、文明の力で便利になったはずの都市生活では、逆に子供が見えなくなりました。時間に追われる大人と子供はどこにむかっているのでしょうか。

何が正解かわかりませんが、自分の感じた違和感。見ただけではダメ。わかったような口ぶりで話すだけでもダメ。『自分がそれを糧に実践すること』が重要。

どういう生き方をするにせよ、自分も楽しみながら、未来の主役である子供たちが楽しく過ごせる社会になって欲しい。その為の、小さな小さな楽しい革命を自分自身に起こしたいと思い、ここに綴りっていきたいと思います。

Source: CAMP HACK

これがキャンプ最前線!テントサウナにドラム缶風呂で“あ〜いい湯だな”

テントでサウナ、ドラム缶風呂!?キャンプ最前線の1日に密着

2017-10-27_0322_1

キャンプの楽しみといえば、温泉は欠かせないですよね。一方で、最近ではテントサウナなるものが登場。ドラム缶風呂もイメージを一新させる使い方で再注目されています! キャンプも日々進化しているんです。

それではキャンプの最前線に密着した模様をお届けします!

まずはテントやタープを張ってサイトを設営

2017-10-27_0026_1

キャンプ場へ到着して最初にすることは、サイト設営ですよね。いくら涼しくなったシーズンとはいえ、家族でキャンプともなれば大型テントにタープ、テーブルやチェアなど、サイズも量も多いと準備は大変です。

2017-10-27_0040_1

さあ完成! でも、気づいたら全身汗まみれ……。時間が経つと、衣服についた汗が体を冷やして風邪を引くこともありますので、とくにこれからの季節は注意が必要です。

そんなときには、じつは密かに注目を集めているテントサウナやドラム缶風呂を利用してみては?

この斬新な発想の魅力と、体験されたユーザーの声もあわせてお届けします。

大人数でワイワイ楽しめる!テントサウナを体験

2017-10-27_0151_1

サウナの本場はフィンランド。現地の言葉で”蒸し風呂”という意味だそうで、本国では屋内はもちろん、野外でもサウナを楽しんでいる人が多いんだとか。日本でテントサウナが注目されている理由は、水着や衣服を着てテントに入るので、男女混合でも気兼ねなく利用できるため。テントなのでキャンプ場内で利用できるのも魅力です。

難燃性コットンポリウレタンという丈夫な生地を使ったサウナ用テントで、室内の蒸気が漏れることがありません。こちらは『メリ』という八角形の大型テントですが、自立式のコンパクトなものもあって、参加人数に合ったテントで利用できますよ。(サウナテント業者談)

2017-10-27_0418_1

テントサウナの中はこのような様子。中央にサウナ専用の薪ストーブを置き、その上にサウナストーンをのせます。上から水をかけて蒸気をたてるとこの蒸気がテント内に充満し、サウナになるのです。

2017-10-27_0367_1

こちらは「ヴィヒタ」と呼ばれる白樺の若枝を束ねたもので、フィンランドのサウナでは欠かすことができないアイテム。これを体に当てることで、血行促進や保湿といった作用が働き、肌が引き締まる効果が期待できるようです。

2017-10-27_0389_1

充満した蒸気が体の芯から温めてくれて、思わず「ホッ」となりますね。家族や友だちと話しながら、ゆっくり過ごせそうです!

ちょうど良い温度のスチームが体全身にしみわたって、とっても気持ちよかったです。テントの外は寒いのに、なかに入って少し経っただけでこんなにポカポカになるとは思いませんでした。屋外でもサウナが楽しめるなんて幸せ! キャンプ場に常設していれば、1日に何度も入っちゃうかも。

と、実際に体験したユーザーさんが笑顔で話していました。

イメージ一新!絶景の中ドラム缶風呂を体験

2017-10-27_0105_1

ドラム缶風呂は、設営方法が簡単なのでどこでも利用できるのが特徴。コンクリートブロックをコの字型に置いて土台をつくり、その上にドラム缶を乗せて水を入れます。ある程度入れたら、その下に薪をくべます。火をつけてから最短で30分ほどで入浴できるそうですよ!

2017-10-27_0090_1

お湯の温度を一定にするために、薪は広葉樹を使用してとろ火にします。針葉樹だけだと、すぐに火が消えるうえに温度が急激に高くなってしまうんです。今後は、ドラム缶の外に白の塗装を施したので、利用してもらった人にサインやペイントをしてもらおうかと思っています。(テントサウナ業者談)

2017-10-27_0308_1

テントサウナに入って軽く汗を流したら、次はドラム缶風呂に入ってまったり。自然の風景を眼前に温泉が楽しめるなんて幸せですよね!

ドラム缶の縁がクッションで覆われていて火傷対策が万全だったり、階段が用意されていたりと、ここまで便利になったんですね。海を眺めながらお風呂を満喫できるシチュエーションなら最高です! ドラム缶風呂も常設していたら、キャンプで文句を言うことなしですね。(利用者より)

キャンプ場で体を洗うなら、アイテム選定が大切!

2017-10-27_0241_1

自然の中でいい風呂に入って、快適な時間を過ごすのも大切。その自然に対して配慮し、環境を守るために使用するものにもこだわりながら体も心も清々しくするのはさらに大事なことではないでしょうか? そんなときに、牛乳石鹸の「赤箱」が大活躍します。

牛乳石鹸の「赤箱」は、1928年からずっと変わらず国内生産を続け、約1週間かけてじっくりと熟成させる“釜だき製法”で製造する天然由来の石鹸なのです。89年もの間販売されているロングセラー製品でもあり、老若男女問わず幅広い人に親しまれています。

2017-10-27_0354_1

さらに、クリーミーな泡立ちでしっとりとした仕上がりになるのも人気の秘密。やさしいローズ調の香りです。いい風呂に入って、いい石鹸を使って体を洗い流しましょう!

自然の中でいい風呂に入って “あ〜いい湯だな”を体感しよう!

2017-10-27_0315_1

テントサウナやドラム缶風呂は、これからキャンプで流行ること間違いなしの快適な体験。それにくわえて、体にも環境にもやさしい牛乳石鹸の「赤箱」を使えば、文句なしのひと時を過ごすことができます。11月26日の「いい風呂の日」には、ぜひ牛乳石鹸「赤箱」とともに最高の風呂体験をしてはいかが?

いい風呂の日キャンペーン実施中

牛乳石鹸では26日(日)まで「いい風呂の日」にちなんで激レアアイテムが多数当たるプレゼントキャンペーンを実施中!

協力:白浜フラワーパーク

Sponsored by 牛乳石鹸共進社株式会社

Source: CAMP HACK

スリル満点、スマイル満開!アジア初上陸した「マッスルモンスター」が楽しそう!

アジア初上陸したマッスルモンスターが凄い

nkl

都心から約1時間、アウトドア施設と遊園地を組み合わせたレジャーエリア「さがみ湖プレジャーフォレスト」。その山頂に、アジア初となる巨大クライミングアトラクション”マッスルモンスター”が登場しました!

マッスルモンスターってどんな施設?

llkq

海外では欧米を中心とした9カ国で、すでに有名な人気のアトラクション。このマッスルモンスターの特徴、それはスリル感! 足場を外したら……と考えるとゾッとするような足場の狭さと、イヤでも感じてしまう標高の高さはスリル満点。

アジア初となる舞台は山頂の崖際。このスリル感を最大限発揮するための最高のロケーションです。

崖の上で92ものアクティビティが楽しめる

hjkqsd-2

標高370mの崖際に位置し、高さは16.1m、約3階層のアスレチックエリアと屋上展望台で構成される六角形のコロシアム。このコロシアムの中で92種類のアスレチックが体験できます。

動画で全貌をチェック

こちらは海外のマッスルモンスターをドローン撮影した動画。施設の構造がよくわかります。

マッスルモンスター利用の注意点

fghjkl

そのスリル感を味わうためにはある程度の制限があるのでご注意を。利用に関しての注意点は必ず目を通しておきましょう。

【利用に関しての注意点】
・120cm以上、120kg以下の方。
・利用時は同意書の記入が必要。
・18歳未満の方は、保護者の同意書が必要。
・小学生以下のお子様は、18歳以上の付き添いが必要。
・140cm未満の方は、ハーネスの操作が利用できないため、140cm以上の付き添いの方が必要。(※付き添いの方も料金が必要。)

スカートやヒールはNG

また、明記はされていませんがアスレチックなので当然スカートやヒールはNG。靴底が平らで滑りやすいものは避けたほうが楽しめますよ。

マッスルモンスターの利用料金は?

楽しそう!ってのは分かってきたけど、気になる料金はどれほどなんでしょう?

マッスルモンスターの利用料金

16819043_1795712827347448_3092908461686263008_o

■アスレチック
【フリーパス・宿泊のお客様】
大人1,000円、子供1,000円
【入園券のお客様】
大人1,500円、子供1,200円

■ジャイアントスイング
大人・子供400円(※フリーパスをお持ちのお客様も別途料金が必要。)

■展望台
大人・子供300円(※フリーパス利用可。3歳以上有料)

いざ、マッスルモンスターで絶景絶叫体験

xcghjk

アクティビティで思いっきりスリルな体験をしたり、展望台からの絶景を楽しんだり、色々な楽しみ方ができるマッスルモンスター。友達同士や家族で、ここでしか味わえない絶景、絶叫体験を是非楽しんで下さい!

公式サイトを見てみる

 

Screaming at a MUSCLEMONSTER
マッスルモンスターで絶叫体験

Source: CAMP HACK