アイキャッチ画像出典:Instagram by @sin956ws

ホットキャンディヒーターってなに?

76851971_o3

出典:GRiPS

ホットキャンディヒーターとは、トランギアやエスビットのアルコールバーナーの上に乗せて使用するコンパクトヒーター。

佐賀県の片田舎にアトリエをかまえるアウトドアブランド「Wabee-Sabee」によって開発され、UL(ウルトラライト)思考のハイカー達の中で人気のギアです。

SIN…さん(@sin956ws)が投稿した写真 – 2016 7月 23 7:42午後 PDT

一体この小型コイルの何が人気の秘訣かというと、それまでに無かった「アルコールバーナーで暖をとれる超軽量のヒーター」だということ。

1951年に誕生してから姿形を変えていないトランギアのアルコールバーナーに、たった38gのコイルを乗せて使うだけという非常にシンプルな方法でヒーターとしての活躍が望める画期的なギアなんです。

ホットキャンディヒーターの点火手順

■用意するもの

img_7231_2

提供:編集部

まず用意するものは画像のとおり。トランギアのアルコールバーナー、着火用ライター、アルコール燃料、この3つだけ。ライターは柄の長いものが便利ですよ。

■アルコールバーナーを点ける

img_7240_2

提供:編集部

アルコールバーナーに8分目までアルコールを入れます。

img_7243_2

提供:編集部

img_7275_2

提供:編集部

ライターでアルコール燃料に着火させ、火が青く安定するまで少し待ちます。安定する際、アルコールバーナーから「ポッ」という音がするので、それが一つの基準。

■プレヒートさせることが必要

img_7301_2

提供:編集部

ホットキャンディヒーター中のコイルをまずはプレヒートする必要があり、コイル部分に火が当たるよう熱します。

masaさん(@masa046421)が投稿した写真 – 2017 2月 4 5:17午前 PST

熱伝導性の低いチタン製の細いペグや、2~4mmの太さのある木の枝などを見つけ、輪っかに通して火元から程よい距離をとりましょう。十分にコイルが熱せられ、赤くなってきたら静かにホットキャンディヒーターを乗せます。

■ほどよい暖かさが広がる

Processed with VSCO with c1 preset

提供:編集部

安定するとアルコールバーナーからの火がホットキャンディヒーターのコイルへ伝わり、心地よい温かさが発せられます。実際の暖房性能として、さすがに広範囲までカバーはできないですが、1~3人用のシェルターであれば十分な温かさを感じられます。

■弱点は「風」

img_7315_2

当然と言えば当然ですが、コイルがむき出しの構造なので風には弱いです。実は野外でチャレンジした時は風の影響をモロに受けヒーターへの点火に失敗…、その後に室内で再チャレンジしました。

ウインドスクリーンを活用すれば風は防げますが、ウインドスクリーンとの距離が近すぎると熱暴走することがあるので十分注意しましょう。

■自前のアルコールバーナーをもっと楽しめる

実際に使用してみたこの日は大雪で気温も氷点下-10℃、極寒のキャンプ場で試してみたこのホットキャンディヒーターの温かさは、なんとも沁みるものがありました。プレヒートの行程も「暖を育てている」という感覚で楽しく、アルコールバーナーの面白さが拡張される、とても嗜好性のあるギアだなと実感。

SIN…さん(@sin956ws)が投稿した写真 – 2016 1月 25 2:08午前 PST

この軽量コンパクトさは、ソロキャンパーやツーリングキャンプ、そしてハイカーなどに実用的。また火が好きなキャンパーたちにはたまらない遊び道具かもしれません。

メンテナンス方法

ベストなパフォーマンスを発揮させるにはメンテナンスが必要。Atelier Wabee-Sabeeから伺ったメンテナンス方法をここでご紹介!

ポポポ…という音がしているまま使い続けたり、ススが出やすいアルコールを使っていると、コイルの下部にススが付着してしまうことがあります。コイルの下部にスス(カーボン)が付着し、それが塊になってしまうと正常な燃焼はのぞめません。

この状態で火を入れるとカーボン(スス)だけに火が入り、コイル全体が赤くならないという症状が出ます。カーボン(スス)が上に上がろうとする炎を遮っているため、非常に暗く、このまま待っていてもコイルは赤くなりません。この状態のとき、アルコール特有の刺激臭が強烈に出ると思います。そして、ポポポ…と、音が鳴り続けます。

SIN…さん(@sin956ws)が投稿した写真 – 2016 3月 27 3:34午前 PDT

一度、火を消し、ヒーターが冷めるのを待ちましょう。ヒーターが冷めたら、バラさずにつまようじ等でコイルに付着したカーボン(スス)を除去していきます。特に最下部のカーボン(スス)はしっかり落としてやります。この際、洗浄剤等は使用しないで下さい。面倒ですが、つまようじ等で少しずつ除去してください。

最後に燃料用アルコールの成分ですが、メタノール95%のアルコールでは不具合が発生する可能性が高くなります。推奨している高杉製薬の燃料用アルコール(エタノール30%メタノール70%)でマイルドな燃焼をお楽しみ下さい。

ホットキャンディヒーターの基本性能

img_7233_2

提供:編集部

【スペック】
・素材:STAINLESS STEEL
・サイズ:直径6.6cm、高さ:3.3cm
・重量:38g
・燃焼時間:50~80分(トランギアバーナー8分目)
※使用環境、外気温、ご使用のアルコールの混合比率によって異なります。

その他揃えておきたい道具「SOTO スライドガストーチ」

炎温度1300℃の強力耐風バーナー。火口が伸びるので使用時には伸ばして安全に着火でき、収納時には縮めてコンパトに収納出来ます。燃料は充てん式で繰り返し使え、とても経済的。カセットガスの他ライターガスも使用可能。

ITEM

ソト スライドガストーチ
●サイズ:W3.5×D1.8×H110~185cm
●重量:55g
●炎温度:1300度
●使用燃料:カセットガス、ライター用ガス


ロック機能もあり、カセットガスで補充でき、火口は伸びるし、これは本当に便利!
出典:楽天

トランギア アルコールバーナー

半世紀以上のロングセラーを誇るトランギアのアルコールバーナー。シンプルな構造ながら風や低温にも強く、小さいボディからは想像できないほどの火力と安定性が魅力です。約100ccのアルコールで約25分間燃焼します。

ITEM

トランギア アルコールバーナー
収納サイズ:径7.5cm×4.5cm
重量:110g
使用燃料:エチルアルコール/メチルアルコール


今回足を踏み入れるに当たって選んだ商品は定番のトランギア。第一印象が「意外と火力あるな~」迷ったらこの商品。間違いないです
出典:Amazon

トランギア トランギア フューエルボトル 0.5L

アルコールバーナーなど、アルコールを燃料とする道具を使う時に必要になってくるのがアルコール持ち運び専用ボトル。開閉は赤いツマミを回してボタンを押し下げることで弁が開くセーフティバルブを採用し、安全面にも配慮しています。

ITEM

トランギア フューエルボトル 0.5L
●重量: 115g
●燃料容量: 460ml
●素材:ポリエチレン製


安全性抜群でとても満足です。使用時にキャップをゆるめて必要量だけキャップを押すだけでいいのいは感心です。
出典:Amazon

バーゴ アルコールフューエルボトル 240ml

アルコールを持ち運ぶときの必需品、アルコール用燃料ボトルです。コンパクトな容器なので荷物を減らしたい時に便利。ただしパッキングの時に圧をかけてアルコールが漏れないように、細心の注意をはらってください。

ITEM

バーゴ アルコールフューエルボトル 240ml
●サイズ D51×H165mm
●容量 240ml
●重量 29g


その日使う分のアルコールを容器に入れて持ち歩いています。液漏れする方が居るようですが、私はそういうトラブルは全くありません。
出典:Amazon

高杉製薬 燃料用アルコール 500ml

チーズフォンデュ鍋等に使うアルコール燃料です。コーヒーサイフォン、アルコールランプ、フォンデュ用コンロなどに使用できます。引火性が高いものですので、使用上の注意をよく読み、取扱いには十分ご注意ください。また持ち運びの際には密封出来る専用の容器をご使用ください。

ITEM

高杉製薬 燃料用アルコール 500ml
●成分・含有量:エタノール30%、メタノール70%
●容量:500ml


アルミニウム ウインドスクリーン

アウトドアでバーナーを使用する時、横風などから炎を守るウィンドスクリーン。本体はアルミ板を扇状に畳めコンパクトに収納できます。アルミ板を接続するピンを外すことでパネルサイズをアレンジする事が出来ます。

ITEM

SUNNY 風除板 防風アルミ製 ウインドスクリーン
●サイズ:高さ約13.5cm×幅65cm
●折りたたみ時:13.5cm×7.5cm×1cm
●重量:約120g
●素材:アルミニウム


使いやすそうです。枚数を変えれるのもイイですね
出典:楽天

寒いからアウトドアしたくなるホットキャンディーヒーター

SIN…さん(@sin956ws)が投稿した写真 – 2015 2月 24 7:20午後 PST

バーナーに火を入れた時の音、プレヒートさせている時のワクワク感。そしてヒーターに火が入った時の美しい赤い炎と暖かさと満足感。寒い時期でなければ味わえない自分だけの嗜好の極み。

この楽しさを知ってしまったら、もう手放さずにはいられません。あなたもホットキャンディーヒーターの世界をのぞいてみませんか?

 

Let’s play with a hot candy heater!

ホットキャンディヒーターで遊ぼう!

Source: CAMP HACK