アイキャッチ画像提供:Instagram by @kazu_taka23

アウトドアなインテリア特集!参考にしたい@kazu_taka23さんの家をインタビュー

kazuyaさん(@kazu_taka23)がシェアした投稿 – 2016 11月 3 6:56午前 PDT

せっかくのキャンプ道具、家で使わない手はない!そんな気持ちにさせてくれる素敵なインテリアをご紹介します。今回は、兵庫県にお住まいの高橋さん(@kazu_taka23)のアウトドアなインテリアに注目!

1Kという限られた空間に詰め込まれた工夫とキャンプ道具たちをご覧ください。

@kazu_taka23さんプロフィール

●名前:高橋和哉
●年齢:29歳
●職業:会社員
●お住まい:兵庫県神戸市
●家賃:ヒミツ
●間取り:1K、35㎡

インテリアに採用した5つのキャンプ道具たち

①THE NORTH FACE STANDARDのライスクッカー

02

提供:@kazu_taka23

the-north-face-standard%e2%91%a0

提供:@kazu_taka23

5p1a8514

提供:@kazu_taka23

シーリングライトと並び、エアープランツと共に空中に浮かせたノースフェイスのライスクッカー。壁に面もディスプレイとして色違いを配置して存在感バツグンです。

②CAPTAIN STAG「CAMP OUT」シリーズの鹿ベンチ

captain-stag

提供:@kazu_taka23

L字型にソファが配置され、その一旦を任されているのが鹿ベンチ。革張りのカリモクソファの横に並ぶことで部屋の表現がとても豊かな印象に。また窓にはカーテンではなくブラインドを使用していることで、部屋の印象を大人らしい上品な雰囲気にしています。

ITEM

キャプテンスタッグ キャンプアウト アルミ背付きベンチ
●サイズ:幅1040×奥行560×高さ665mm、
●収納サイズ:1040×640×厚さ85mm
●重量:3.7kg
●耐荷重:140kg


カモフラ柄が気に入り、キャンプ用に購入!3家族でのキャンプ。子供が低さが座りやすいし2人で座れるのがいいようで、友達の子もみんな座ってました。
大人も子供と座れていいです。男2人は厳しいかも?でも夫婦では座れましたー。
出典:Amazon

③コールマンのリゾートチェア

kazuyaさん(@kazu_taka23)がシェアした投稿 – 2016 12月 11 12:44午前 PST

バルコニーに常設しているというコールマンの定番チェア。

ITEM

コールマン リゾートチェア
●使用サイズ:約83×51×高さ87cm、座面高/約43cm、座面幅/約53cm
●収納サイズ:約14×14×高さ87cm
●重量:約3.1kg
●材質:フレーム/スチール、シート/ポリエステル
●耐荷重:約80kg
●仕様:ドリンクホルダー×2、背面ポケット


BBQ道具にと買ったんですが色々と役立ちますよ~運動会に潮干狩り
出典:Amazon

④ヘリノックスチェア

kazuyaさん(@kazu_taka23)がシェアした投稿 – 2016 12月 2 5:03午後 PST

adovent-packable3

提供:@kazu_taka23

鹿ベンチと気分でレイアウトを変えているのがこのヘリノックスチェア。一脚あれば一気にインテリアの印象をアウトドアへ変えてくれる定番アイテムです。クッションとセットで撮ると上手く部屋感が演出できますね。

ITEM

ヘリノックス コンフォートチェア
●使用時サイズ:W520xD530xH57mm
●収納時サイズ:φ13xH400mm
●座面の高さ:250mm
●重量:900g
●対荷重:145kg
●フレーム素材:アルミニウム合金、樹脂
●張り材素材:ポリエステル


最高ですね。
色合いも生地も上質で、アウトドア以外に家の中でも使っています。
出典:amazon

⑤チャムスのマイクロチェア

5p1a8551

提供:@kazu_taka23

玄関にもキャンプ道具がこっそり役立っていました。ブーツなど靴を履くときにちょうどいい高さで腰掛けられるマイクロチェア。玄関の高さに差がないタイプの家では、是非真似したいテクニックです。

@kazu_taka23さんのこだわりポイント

室内にもグリーンを沢山!

%e3%81%93%e3%81%a0%e3%82%8f%e3%82%8a

提供:@kazu_taka23

こだわりとしては植物やグリーンを多用していることです。家の中でも自然を感じれるようにしたくて、そのためにグリーンを沢山育てるという方法を選びました。

家のいたるところに観葉植物を配置し、グリーンを意識している@kazu_taka23さん。

 グリーン類の世話などは、手間がかからない種類を選んでいたりしますか?

置きたい場所によって考えています。あまり日の当たらない場所には、比較的強い、手のかからない植物を置いていますし、日の当たる場所には、自分の好きな植物(多少手がかかっても)を置いています。
全体的に見ると、手のかからない植物が多くはなっています。(フェイクグリーンも活用しています)

バルコニーを最大限活用

kazuyaさん(@kazu_taka23)がシェアした投稿 – 2016 8月 15 6:17午前 PDT

%e3%81%93%e3%81%a0%e3%82%8f%e3%82%8a%e2%91%a1

提供:@kazu_taka23

バルコニーにしっかりチェアとテーブルを常設させ、いつでも「ソト」を感じられるようにしています。室外機にも木のカバーを装着させたり、徹底した美意識を感じられますね。

kazuyaさん(@kazu_taka23)がシェアした投稿 – 2017 2月 25 7:06午後 PST

 バルコニーではどんな時間を過ごしているんですか?

暖かくなったら、バルコニーで朝ごはんを食べたり、コーヒー飲んでまったりしたりが多いです。普段あまりコーヒーは飲まないのですが、このバルコニーでは飲みたくなります(笑)

@kazu_taka23さんに色々聞いてみた!

 インテリア全体像のイメージは?

%e5%85%a8%e4%bd%93%e5%83%8f%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8

提供:@kazu_taka23

アウトドア、アメリカン、ハワイアンなど、色々なテイストの詰まった雑貨屋のイメージです。

 タペストリーを自作されたようですが、その経緯について教えてください

kazuyaさん(@kazu_taka23)がシェアした投稿 – 2016 9月 22 8:15午前 PDT

知人に教えてもらい知ったのですが、楽しそうだし、何よりドイツでは子どもの知育教材だとのことで、子どもにできるなら自分にもできるのではないかと思いはじめてみました(笑)

kazuyaさん(@kazu_taka23)がシェアした投稿 – 2016 9月 25 3:44午前 PDT

自分で拾ってきた流木と組み合わせて、世界に一つしかないオリジナルの作品ができるのが楽しいです。

 ステッカーが沢山貼られていますが、どこで手に入れているんですか?

gallery_03

提供:@kazu_taka23

アウトドアショップで購入したり、オシャレなお店などはショップカードの代わりにステッカーを作っているところも結構あるので、置いていないかチェックしたりしています。

image2

提供:@kazu_taka23

お店に置いていなくても、スタッフさんに聞いてみると意外と奥から出してくれたりするので、気になったらとりあえず聞いてみます(笑)

 オススメしたい簡単なDIY術を教えてください

DIYと呼べるのかわからないですが、バルコニーに人工芝を敷くのはオススメです。ホームセンターにシート状の人工芝があるのですが、ハサミでカットもできて、加工が容易です。
1kだと部屋も狭くて、もちろんお庭もないですが、部屋が広く見える効果や、ちょっとした庭のように使えるので、オススメです。

まるで雑貨屋、小物を眺めたくなるインテリア

image001

提供:@kazu_taka23

1Kの空間に詰め込まれたキャンプ道具たちと工夫の数々は参考にできそうなものばかり。雑貨屋のような魅せることを意識したレイアウトは見事です。@kazu_taka23さんのように適度な植物と革、木、柄物の布、これらの素材感をうまく組み合わせて、部屋の印象を変えてみませんか?

@kazu_taka23さんのインスタをチェック!

Source: CAMP HACK