オピネル

覚えておきたい!定番ナイフ「オピネル」を賢く使う4つの注意点

アイキャッチ画像撮影:編集部

アウトドアナイフの定番「オピネル」

10636241_735368043206854_4911312904950732429_n

アウトドアナイフとしておなじみのフランス製ナイフ「オピネル」。ビギナーにも扱いやすく”最初の一本”としても人気です。そんなオピネルのナイフには、かしこく扱うために知っておきたいいくつかの注意点が。

ブレード(刃)の種類や定番サイズなどの基本から、4つの注意点、オリジナリティを楽しむ”Myオピネル”までをチェック!

オピネルはハイカーボンスチールとステンレスの二種類

ハイカーボンスチール製

cabon

出典:Amazon

ハイカーボンスチール製は切れ味が鋭く、肉や魚の断面も崩れずスッと切ることができます。その反面ハイカーボンスチール(炭素鋼)という素材の特性上錆びやすく、念入りな手入れが必要になります。

ITEM

オピネル No.9 カーボン
●ブレードサイズ:9cm
●重量:59g
●材質:ブレード/ハイカーボンスチール、ハンドル/ブナ


切れ味が落ちても簡単に研げる。研げば恐ろしく鋭利になる。ただし錆びやすい。使ったら必ず洗う。洗ったらしっかり乾かす。まあ、ダメになっても元が安いのでそれほど苦にならない。
出典:Amazon


ITEM

オピネル No.10 カーボン
●ブレードサイズ:10cm
●重量:82g
●材質:ブレード/ハイカーボンスチール、ハンドル/ブナ


届いた状態では、機械で研いだ刃や、開きにくい刃は、手が汚れた状態では使いにくいです。しっかり分解して、振ったら刃が出るぐらいにして、刃もしっかり研いで使えば最高のアイテムになります。加工するのも、また楽しいです。
出典:Amazon

ステンレス製

stenreru

撮影:編集部

一方のステンレス製は、錆びに強くビギナーにも扱いやすいのがメリット。その分切れ味はハイカーボンスチール製に比べてやや劣り、定期的に研いでフォローする必要があります。

ITEM

オピネル No.9 ステンレス
●ブレードサイズ:9cm
●重量:65g
●材質:ブレード/ステンレス鋼、ハンドル/ブナ


料理に使うには、このナイフです。幅が薄く軽いので食べ物を切るのに丁度良い感じです。ピクニックなんかにちょっと持って行くのに良いのでは
出典:Amazon


ITEM

オピネル No.10 ステンレス
●ブレードサイズ:10cm
●重量:69g
●材質:ブレード/ステンレススチール、ハンドル/ブナ


6と8を持っていましたが、アウトドア等で大きな肉やチーズを切るのには不便でしたので購入しました。ちょいとごついですが、便利です。
出典:Amazon

オピネル注意点1:使う前に刃付けをしよう

togu

出典:goldwin blog

まずは最も重要な、切れ味にまつわる注意点。新品のオピネルは刃が研がれていないので切れ味はいまいち。オピネルを買ったら、まず研いで刃付けをしましょう。砥ぎ石の他に、綿をちぎって磨く金属みがきも使いやすいですよ。

ITEM

金属みがき ピカピカン
●適応材質:金、銀、胴、真ちゅう、ブリキ、鉄、ステンレス、アルミ、ホーローなどの金属


魔法の綿!こりゃ無理かなという錆びもきれいに落ちる優れものでした。何より傷もつけずに錆を落としてくれます。
出典:Amazon

オピネル注意点2:しっかりロックをかける

open

撮影:編集部

オピネルにはNo.6からロック機構が付いています。「ヴィロブロック(Virobloc)」というロータリー式のセーフティーリングを回すと、起こしたブレードが意図せずたたまれることがないようにロックが掛かる仕組みです。

lock

撮影:編集部

リングをクルッと半回転させれば、ブレードがロックされます。使用時に急に刃が折り畳まれる心配がなく安心です。

tatami-lock

撮影:編集部

ロックは畳んだ状態でも機能します。ロックをかけない状態で子供がうっかり持ってしまうと危険なので、使用後は必ずセーフティリングを回しておきましょう。

オピネル注意点3:持ち手の水濡れを放置しない!

dashidurai

撮影:編集部

持ち手の木材・ブナは吸収性に富んでいるため、水を含むと膨らんでしまう習性があります。これによってブレードが挟まれ、出し入れがしづらくなる場合が。濡れたまま使っているといつの間にかガチガチになってしまい、非常に出しづらい事態に。

img_7977

撮影:編集部

無理やり引き出すのは危険なので、基本は洗った後にしっかり乾燥させること。また接合部分の汚れ詰まりもその原因となるので、取り除いておきましょう。

ブレードを出しづらくなったときの対処法

Ohnita NEGIさん(@negibow)がシェアした投稿 – 2017 3月 22 11:34午後 PDT

出典:goldwin blog

どうしても出し入れがスムーズにいかなくなった場合は、オイルに漬けるというメンテナンス方を試してみましょう。ジップロックに入れたオイルの中に丸一日漬けて、取り出してまた一日乾かします。

水分の浸入を防ぐ目的のため、オリーブオイルより乾性油の亜麻仁油や胡桃油が適しています。この作業は使用前にもやっておくと◎。

オピネル注意点4:カーボンは特に錆に注意

赤錆が発生しやすいハイカーボンスチール製は、対処法としてブレードの黒錆加工がおすすめ。折り畳んだ状態でロックをかけたまま刃をゆっくりと引き出し、柄から外します。濃い目の紅茶や醸造酢に漬けると徐々に変色していき、一時間ほどで真っ黒に。黒錆加工について詳しくはこちらの記事を。

個性が光る!インスタで見つけた″Myオピネル″たち

柄がマーブル

アウトドアユースはシンプルな木目のオピネルが多い中、こんなおしゃれなマーブル柄のオピネルも。レアです。

グラデーション塗装

レトロな飴色が素敵なグラデーション塗装。グリップエンドにナットと丸カンも付けられ、ビジュアル使い勝手とも格段にアップしています!

紛失対策に

こちらは番外編。コンパクトに畳めるがゆえに失くしがちという声もチラホラ聞こえるオピネルナイフ。こんなかわいい寝袋にくるんで、守ってあげませんか?

ITEM

モチーフ スリーピングシェイプペンケース
●サイズ:8×5×20cm
●素材:ポリエステル


オピネルを育てよう

matome

オピネルの本場フランスでは、刃物を扱える年頃になった子供に”ファーストナイフ”としてオピネルを贈る習慣があるそうです。思い出の一本を永く大切に使えるよう、しっかりとメンテナンスをして自分色に育てあげましょう!

Source: CAMP HACK

チーズ愛好家に!オピネルのチーズ専用ナイフ・フォークセット登場【アウトドア通信.057】

オピネル「チーズセット」新発売

bdopinel_fromagethierryvallier-9

アウトドア用ナイフが人気の「オピネル」からチーズ専用ナイフとフォークがセットになった「チーズセット」が新発売。キャンプでワインを嗜んでいる方、チーズ愛好家の方必見のアイテムです!

メンテナンスしやすいステンレススチール製

bdopinel_fromagethierryvallier-23

120年以上もの歴史を誇るフランスの刃物ブランド「オピネル」。もう既にオピネルのナイフを愛用している方も多いのでは?

数ある製品の中でも、錆びにくく耐久性の良いステンレススチール素材のナイフは多くのキャンパーに支持されています。

今回発売のチーズセットのナイフもステンレススチールを採用しており、そのメンテナンスのし易さは折り紙つき!

チーズ専用のフォーク付き

%e3%82%aa%e3%83%94%e3%83%8d%e3%83%ab12x

また今回の新製品は” チーズ専用 “。切り分けに便利なフォークも付いています。実はこのフォークが優れものなんです。どんな使用方法ができるのかチェックしていきましょう!

ナイフスタンドにもなる万能フォーク

bdopinel_fromagethierryvallier-35

セットのフォークは切り分け時のフォークとして、使用しない時には便利なナイフスタンドとしても使えます。もうナイフの置き場に困る心配もいりませんね。ブナ材を使用しているハンドルも温かみがあり、見た目もGOODなアイテムです。

キャンプで一般的なナイフや包丁を使って思うようにチーズが切り分けできずモヤモヤした方、是非導入してみてはいかがですか?

【チーズセット】
サイズ:ブレード/約125mm、ハンドル/約120mm、フォーク/約170×20×20mm
重量:約105g
材質:ブレード/ステンレススチール、ハンドル/ブナ材
価格:,400(税抜)
発売時期は、11月末予定。(※予告なく変更になる可能性がございます。ご了承ください。)

【お問い合わせ先】
株式会社ハイマウント
TEL:03-3667-4545
公式WEBサイトはこちら

アイテム情報も満載!CAMP HACKトップはこちらCAMP HACKトップページではアウトドアアイテム情報も満載! ぜひチェックしてみてください。

Source: CAMP HACK