カスタム

ランクル天国との噂は本当か?確かめるべく「フレックスドリーム」現地取材を敢行!

記事中画像撮影:すべて筆者

ランクル花盛り「フレックスドリーム」へ潜入!



突然ですが皆さん、「フレックスドリーム」というクルマ屋さんをご存じでしょうか。

セレクトする車種やカスタムのセンスが秀逸で、今やクルマ好きキャンパーのあいだで絶大な人気を誇っているのです。

百聞は一見に如かず、で行ってきた!

関東最大級のランクル専門店へ



……と、ウワサは耳に入ってくるのですが実際のところ、ホントにそんなにスゴイお店なの?! ということで、実際に行って確かめてみることに!

フレックスドリームは各地に店舗があるのですが、中でも調布店はランクル専門店としてはかなりの老舗ということで、今回はコチラに狙いを定めました。いざ出陣!

魅力あふれる歴代ランクルがズラリ!



中央自動車道の調布インターからほど近い「フレックスドリーム調布店」に到着すると、主任を務める松本直樹さんが爽やかな笑顔で出迎えてくれました。

こんにちは、ランクルのことなら何でもお任せください!

なんとも頼もしいお言葉。さっそくイチオシを案内していただくことに。

「ランクル60」のレアカー発見!



希少なクルマが多数取り揃えてあるこちらのお店ですが、とりわけレアなのがこちら。

ランクル60(ロクマル)のGXガソリン、5速マニュアル車です! 何ともシブいレトロ感が漂います。

カクカクしたフェンダーミラーがイイ味出してますよね。今はほとんどドアミラーですから。



パワーウィンドウじゃなくて、グルグル回して窓を開閉するタイプ。クラシックなこのひと手間を楽しめる人にぜひ。



ランクルのリアゲートは上下分割が主流ですが、こちらは観音開きなんです。

レアポイント盛りだくさんなこちら。気になるお値段はだいたい300万~350万ほど(コンディションによって変動)。これはキャンプ場でも目を引きそうです!

1番人気は「ランクル80」



続いてはこちらのお店で一番人気の車種を紹介していただきましょう。松本さん、どれでしょうか!

やっぱり80(ハチマル)ですね。60の次世代なぶん、乗り心地がずっと良くなっています。でもルックスは60のほうが好みというお客様が多くて。

乗り心地を取るか、見た目を取るか……これは悩ましい。

そこでウチでは80をカスタムして、中身は有能な80のまま、見た目を角ばった60に近づけているんです。

まさにおいしいとこ取り、というわけですね。



その代表的な加工がプレスライン。本来の80はこんな感じでボンネット先端がツルっと曲線なのですが……。



このように折れ目を表現したオリジナルパーツへ変更しています。60を忠実にオマージュするためのこだわりポイントのひとつなのだそう。

本来80の上級グレードだとミラーやドアハンドルが同色だったり、車体サイドにモールが張り出してたりしています。

そこをあえてミラーやドアハンドルをメッキにしたり、モールを取っ払うことで、いい意味での素っ気なさ、クラシック感を演出しているんです。

ホイールもゴテゴテしていないシンプルなデザインのものに変更しています。

なるほど、これぞチープシック! 引き算の美学ですね。



外見はレトロでも中身はオートエアコンなどを完備しているので快適さはバッチリ。それでいてカスタム済みのクルマでも300万を切るプライスレンジは魅力的ですね。

お値段以上のハイクオリティ「ランクル100」



続いては、今が狙い目の”穴場的ランクル”を教えてもらいましょう。

今が狙い目……となると、こちらの「ランクル100」が候補になるかもしれません。

では、その注目のランクル100を詳しく見ていきます。



ライトを見てみると、フレックスドリームを代表する定番カスタム「丸目換装」が施されていますね。オリジナルのライト枠を開発し、ノーマルのヘッドライトを丸型タイプにチェンジしています。



カスタムしていない同型のこちらのライトと比べてみると、違いが一目瞭然。

どこか愛らしい雰囲気のフェイスになることで、クルマなのに”ペットのような愛着が湧く”と、大人気なのだそう。



ランクル100は60、80より車体も大きく、V8エンジン4700㏄と超パワフル。サスペンションの構造が旧モデルから変更となり、オンロードでの乗り心地がグッと向上しています。



インテリアはご覧の通りラグジュアリーそのもの。

まだタマ数も多く、相場が安定しているためお値段も旧モデルの80とほぼ同じくらいか、むしろ安いケースもあるのですから、まさに「買い」というわけです。

初心者なら「95プラド」



続いて、四駆ビギナーにもやさしいランクルはどれですか?という問いに対する松本さんの答えがこちらの「ランドクルーザー 95プラド」。

こちらもしっかり丸目換装が施されていてクラシックムードたっぷりな1台。キャンプシーンで映えること請け合いです。

95プラドは他のランクルに比べるとボディのサイズ感もコンパクトなので、細い道でも取り回しがしやすいのが特徴的です。

フレックスドリームのカスタムメニューでペンドルトン仕様のインテリアだったり、ポップなカラーが選べるので、喜んでくれる女性ドライバーの方も多いですね。

ビギナー向けとご紹介したものの、4WDとしての悪路走破性はそのへんのクルマには負けませんよ!



キャンプ場でも目を引くこと間違いなしのキュートなルックス。プライスレンジもカスタム済み車輌でも100万円台と手を出しやすいので、オフ車ビギナーは95プラドからはじめてみてはいかがでしょう。

キャンプ道具の積載テスト、緊急実施!



突然ですが、それではここでキャンパーなら誰もが気になる「積載力」テストを緊急実施してみたいと思います!



はたしてランクルがどれくらいキャンプ道具を積み込めるのか、チェックしてみましょう。

テスト車両はランクル80。オプションのベッドキット装着車輌です。セカンドシートは乗車可能な状態のまま、ラゲッジ部分のみ使用することに。



積み込んでみる荷物はこれくらい。ogawaの大型テント「ピルツ」にイエティのハードクーラー、インフレータブルSUPと……けっこうヘビーなアイテム量です。



さあ積載開始。あまり細かいことは考えず、どんどん載せていきますよ。



積載完了! この量ならはっきり言って余裕でした。ラゲッジスペースの構造上デッドスペースが少なく直線的なので、とても積み込みやすかったです。さすがはランクル!

松本さんが乗りたいランクルはコレ!



ところで松本さん、もし自腹でランクルを買って乗るとしたら、どれを選びますか?

うーん、そうですね……自分目線でいうと……。

僕、最近釣りを始めたんですよ。なので、こんな感じにバスボートをカートップ(車の上に固定)して、釣りキャンプ三昧といきたいですね。



ルーフラックにどーんと積み込んでも絵になるところは、まさにランクルの真骨頂。

移動や泊まりも快適なのがイイ

ランクルは目線も高いから、大きいわりに運転しやすいのがいいんですよね。



オプションのベッドキットでラゲッジはフルフラットになるから車中泊だってお手のもの。足もしっかり伸ばせます。

どうですか、これは快適ですよ。無理なく何泊もできちゃうから、もはやテント要らずですね。

そんなにお休みとれるなんて松本さん、羨ましすぎます!

……あ、現実に戻りました。

フレックスドリーム調布店に足を運んでみよう!

『フレックスドリーム調布店』
住所:東京都調布市国領町1-17-1
電話:042-486-8887
定休日:水曜日(水曜日が祝日の場合は営業)
営業時間:10:00~19:00
詳細はこちら

やっぱりフレックスドリームはスゴかった!



今回取材した結果、いい意味でランクルのイメージを覆されました。ランクルといえばゴリゴリ強めで「泥んこ」みたいな印象だったのですが、ここのランクルは足し算ではなく「引き算」が光る洗練ぶり。

「これに乗ってキャンプに出かけたら楽しいだろうな」と思わせてくれるクルマはそうそうありません。ぜひ一度現地に足を運んでみてはいかがでしょうか。アウトドア好きスタッフがお出迎えしてくれますよ!

Source: CAMP HACK

いま、クーラーボックスの”カスタム”が面白い!改造レベル初級~上級編【7つのアイディア】

アイキャッチ画像出典:Instagram by @ j.campstyle 

※クーラーボックスのカスタムについては、メーカーは推奨していません。行う場合は自己責任のもと、安全に配慮しましょう。

クーラーボックスの買い替え…ちょっと待った!

撮影:編集部

みなさんはキャンプで、どんなクーラーボックスを使っていますか? イベント時に間に合わせで買ったものを使い続けている方も、いるのではないでしょうか。

出典:YETI Facebook

もちろんそれなりの保冷力はあるはずですが、本格的なキャンプや釣りに特化したクーラーに比べると、効果は劣ります。

しかしこのランクに買い替えるとなると、かなりの資金を要するのが現実……。

出典:Amazon

そこで、少しでも理想に近づけるため試したいのが「カスタム」というアイディア! 買い替えるよりコストもおさえられるうえ、オリジナリティも楽しめます。

100均グッズを使った簡単なものから発明レベルの上級改造例まで、実際の方法を順に見ていきましょう。

クーラーボックスカスタム【初級編】

革の持ち手をつける

Instagram Photoまずは、持ち手に革を巻きつけての、ドレスアップ。

釣り具メーカー「シマノ」のクーラーボックスが一気にキャンプギアらしくなったという見た目の変化だけでなく、グリップも強化できそうです。

ドリンクホルダーをつける

Instagram Photoソロキャンプではクーラーボックスをミニテーブル代わりに使う方もいますよね。そんな時に便利そうなのが、ドリンクホルダーをつけるアイディア。

サイドに飲み物を置くことで、天板部分を広く使えますね。

小物入れをつける

Instagram Photo100均のガチャベルトをネジで固定し、小物入れを取りつけている方も。

バラつきがちなキッチンまわりのものを収納しておけるほか、カラビナでグローブを吊るすアイディアも参考になります。

お次は、ちょっと難易度は上がりますが確実に快適さがプラスされる中級カスタムテク!

クーラーボックスカスタム【中級編】

ミニテーブルを取りつける

出典:Amazon

素晴らしき発想の転換によるカスタム例が、こちら。もともとメッシュポケットつきだったこのタイプのクーラーボックスを……

Instagram Photo全体を塗装してネットがあった部分のネジを外し、ほぼ同サイズの木の板を取りつけて簡易ミニテーブルに!(画像をスライドして2、3枚目)

ドリンクやテーブルランプを置いたりと、便利そうですね。

フタ開き防止策

Instagram Photo中には、しっかり閉めているにもかかわらずちょっとした衝撃でフタが浮いてしまうクーラーボックスもあります。

そこで、留め金具を取りつけベルクロ式のベルトで密閉。不具合が解消されれば、買い替えも不要です!

最後はいよいよ、上級カスタム例が登場。素人目にはレベルが高く気軽にトライできないかもしれませんが、安価なクーラーボックスが見事に変身する様は圧巻ですよ!

クーラーボックスカスタム【上級編】

+銀マットで保冷力アップ

クーラーボックスの買い替えを検討する主な理由は、やはり保冷力ではないでしょうか。

買い替えずして保冷力を上げる策として、分解して断熱材の発泡スチロールに銀マットを巻くという方法を試している方もいるようです。

アルミシート・両面テープ・セロテープ、たったこの3つでできる手軽さはかなり魅力的! 入れるのは厚み1~2mmのアルミシート。

フタ部分も入れると、90×180cmほど使用したということです。

まずは、外側のプラスチックと断熱材として入っている発泡スチロール、さらに内側のプラスチックをすべて分解します。

シール裏のビスなど、全体をくまなく探してネジを抜いていきます。さらにフタと本体をつなぐ留め具に、水抜きドレンも外します。

熱反射効果を狙って、発泡スチロールにアルミ部分の外側が向くように両面テープで貼り付けていきます。

コツは、切り張りではなく一枚をくるっと張ること。隙間なく貼れば、それだけ外気を遮断する効果は高くなります。

シートが重なった部分は切り取るなど微調整をして、すべてのパーツがはまるよう組み立て直して完成!

フタ部分ほか詳しいやり方は、こちらのブログからチェックできますよ。

ドリンクサーバーに改造

Instagram Photoまさかのドリンクバーも夢じゃない!? 最後はビアサーバーに変身です。

クーラーボックスの保冷効果を利用して、氷冷式ドリンクサーバーに改造している方も。

用意するのは、飲み物を瞬時に冷却して送り出す役割のコールドプレートに、コック・ドレン・ホースなど。

イグルーの小型クーラー「アイスキューブ14」をベースに、水抜き穴とコックベースの取り付け穴・さらにホースを通す穴の三箇所を開けます。

配管し、コックとドレンを装着。冷却時に氷が溶けて水が出るため、ドリンクサーバーとして使うにも水抜き穴は必要になります。

内部の様子は、こんな感じ。後は氷をたっぷり入れれば、暑い季節でもキンキンに冷えたドリンクが飲めちゃいます!

肝心のコールドプレートは個人での入手は難しく誰にでもできるワザでは無さそうですが、上級カスタム例としてご紹介しました。

こちらのブログでは、詳しいやり方や別クーラーの改造例も見ることができますよ!

今あるクーラーを、どうカスタムできるか考えてみよう

Instagram Photo新しいクーラーボックスが登場するにつけつい買い替えに走りがちですが、ものはやりよう。

まずはカスタムすることで、手持ちのクーラーを快適化できる余地があるかを考えてみませんか?

"シェルコン"も、カスタムできる

積載の強い味方、置いておくだけでも絵になるスノーピークの人気アイテム「シェルフコンテナ」。収納ボックスに留まらない、多彩なカスタム例を特集!

Customize Your Cooler Box!

クーラーボックスカスタムしてみよう!

Source: CAMP HACK