カフェ

【家族&カップルで行ってほしい!】あの“ogawa”の直営カフェ「GRAND lodge CAFE」を潜入レポート

記事中画像撮影:筆者

行列必至!いま超話題のスポット

新青梅街道と小金井街道の曲がり角に建つ、大きなショーウィンドウのあるビル。ガラス越しには、大型のテントやタープがどーんと立ち並んでいます。

この場所の正体は、あの老舗アウトドアブランド「ogawa」の直営店……なのですが、ただの直営店じゃあありません。じつは、ogawaが運営する“キャンプスタイルカフェ”が併設されている店舗なのです!

カフェは2019年1月のオープン以来、SNSや口コミで評判がどんどん広まり、大勢のお客さんで賑わう話題のスポットになっています。

そんな話題のカフェを訪ねてきたので、店内を詳しくレポート! ここでしか食べられない絶品メニューや、狙い目の時間帯もあわせてご紹介します。

早速「ogawa GRAND lodge CAFE」に潜入


では早速店内に入ってみましょう。


1階は広々とした明るい店内で、ogawaの製品やセレクトアイテムを販売している直営店。


そして、レジカウンターの脇にある階段を上った先、2階がカフェスペースになっています。

「アウトドアに触れる機会を増やしたい」から生まれたカフェ


2階にあがると、そこは別世界。大型のテントがずらりと並び、タープを活用した巨大スクリーンには映像が流れ、唯一無二のおしゃれ空間になっていました。大通りの一角にあるとは思えない非日常空間です。

客席はもちろん、ogawaのテントの中。モデルの異なる10張りが建てられていました。ここまでズラっとラインナップを見れるだけでも、貴重な時間が過ごせそう!


1階の直営店がオープンしたのは、2018年3月。それまでこの2階部分は倉庫として使っていたそうです。1階のフロア同様、広々と開放感のある空間を贅沢に使っています。

今回、この「ogawa GRAND lodge CAFE」について色々と話をしてくれたマネージャーの小室徳之さんは、ogawaの社員でキャンプ歴20年のベテランキャンパー。

老舗アウトドアブランドであるogawaは、「キャンプ未経験の方にアウトドアと触れる機会をもっと作りたい。気軽に安心してキャンプを楽しめる場所を作りたい」との想いで、このカフェをオープンすることにしたそうです。

ogawaの直営店「GRAND lodge」は、新木場店、小平店、高尾店(東京)、柏の葉店(千葉)の計4店舗ありますが、現在(2019/7月時点)カフェが併設されているのはここ小平店のみ。

ちなみに、テーブルや店内の備品などはDIYが得意な小室さんがスタッフとともに制作したんだとか。なかなかの力作です。

アウトドアメーカーならではのワクワク&やさしい目線



飲料水カウンターは、実際にキャンプで使うウォータージャグやマグカップが配置されており、キャンプ感モリモリ! クーラーボックスには冷えた氷が入っていました。

なかでも一番ユニークだなと思ったのが、こちらのシステム。

各テント(客席)の入り口にランタンが掛けられているのですが、ただのインテリアじゃありません。じつはこれ、ランタンの明かりを点灯する=店員さんを呼ぶ合図。ランタンが“呼び鈴”の代わりになっているんです!

室内ながらも、アウトドア気分にしてくれる工夫はさすがアウトドアメーカーならでは。この空間にいるだけで、なんだかワクワクしてきます。

客席は、お座敷席やイス席。小さなお子さん連れでも快適に過ごせるよう、お座敷スタイルの席を作ったそう。
また、店内にお子さんが多いときはスクリーンでアニメを流すこともあるそうで、「ママ~、ごはん待てない!」「パパ~、飽きちゃった!」なんてことを回避するのに役立ちそうです。ファミリーにはとくに嬉しい配慮ですね。


キッズ用のチェアも用意されていました。こちらもファミリーの客層を意識した配慮ですね!

あの“名作テント”をモチーフにした●●も……!?


キャンプ場やショップさながらの充実具合ですが、ここはあくまでもカフェ。ということで、肝心の食事はどうでしょうか? 早速、おなかペコペコの取材班もおすすめのメニューを聞いて注文しました。


テントの中に置いてあったカタログを見ながら料理の到着を待ちます。に、にくい演出……!(笑)

メインディッシュ2品

カラフル野菜とジャンボソーセージのキャンプ風煮込み(ランチメニュー)単品,500/サラダ・スープ・ライス付,800

パエリア(ディナーメニュー),950

どちらも味がしっかりとついていて、お、美味しい……!! アツアツのスキレットでサーブしてくれました。ここだけ見ると、まるでキャンプのワンシーン。

アラカルト&ビール

牛ランプステーキBBQ串,100、クラフトビール各0

BBQ串も食べごたえ抜群でビールがよく合う! カッティングボードの上に置かれているのも、キャンプ気分が高まります!

デザート&コーヒー


ピルツアイス0、アイスチョコミントマキアート0

そして食後のデザートタイム。シェラカップに入ったこのスイーツ、きっとお分かりの方も多いでしょう。この正体、じつは……

じゃじゃーん! ogawaの名作テント“ピルツ”がモチーフなんです! どうです、色も形もそっくりでしょ?

最初はオムライスでピルツを作るという案もあったらしいのですが、「お蔵入りになったのはここだけの話です(笑)」と、小室さん。いつかオムライスピルツも食べてみたいですね。

食事メニューは、時間帯によってランチ、ティー、ディナーの3パターンがあります。メニュー内容は「何度来ても楽しんでもらえるように、頻繁に入れ替えしている」とのこと。

また、あえてアウトドアでトライできるようなメニューにすることで、「アウトドア料理を身近に感じてほしい。いずれはレシピも公開予定です」と小室さん。ここまで親身になってくれるアウトドアカフェ、前代未聞じゃないでしょうか?

同行した男性カメラマンは、「これなら男子でも大満足だわ!」と、味のクオリティもさることながら、料理のボリュームについても絶賛。どれも食べごたえ満点なので、ひとり1品頼んでシェアして食べる方も多いそう。

そのため、取り皿のシェラカップが大活躍! キャンプの時と一緒ですね。室内ですが、まるでキャンプを体験している気分になります。

狙い目はいつ?


営業時間は、平日・週末ともにランチタイム11:00~15:00、ティータイム15:00~17:00、ディナータイム17:00~21:00(LO20:15)。

小室さんいわく、比較的落ち着いている時間帯は14:30~17:00頃とのこと。「なるべく混雑を避けて食事をしたい!」という人は、遅めのランチ or 早めの夕食にするとスムーズに入店できそうです。

お店の混雑状況にもよりますが、案内の際に希望を伝えると好きなテントに案内することも可能だとのこと。「気になるテントがある!」という人は、事前に店員さんへ伝えておくといいですよ。

タイムリーな情報はInstagramをチェックすべし

テレビやラジオなどで取り上げられる機会も増え、ますます人気の「ogawa GRAND lodge CAFE」。

現在は時間制で、タイミングによっては混雑も予想されますが、1階の直営店で買い物をしたり、狙っているテントの建て方(予約制)を教わったりしながら待つもよし、何食べようかな~? と考えながら待つもよし。

混雑状況など、カフェの最新情報はInstagramでアップされているので、行かれる前に必ずチェックしてくださいね!

■ogawa「GRAND lodge CAFE」
営業時間/11:00~21:00(ラストオーダー:フード20:15、ドリンク20:30)
定休日/火曜日、年末年始
住所/東京都小平市花小金井4-34-6-2F(ogawa GRAND lodge 小平店2F)
TEL/042-452-5367
駐車場/11台
Instagramはこちら
公式サイトはこちら

Source: CAMP HACK

アウトドア好きなら訪れたい、アウトドア欲が高まるカフェ&施設10選!

アイキャッチ画像出典:instagram by @cafe_bungalow

「アウトドア」をコンセプトにしたカフェ&施設を紹介!

cafe_img_a_main

都内でもアウトドアの雰囲気を満喫できる、「アウトドア」をコンセプトにしたカフェや施設があるのはご存知ですか?

普段は忙しくてアウトドアに行きたくても行けない方、これからアウトドアに初挑戦しようと思っている方におすすめしたい、アウトドア欲を高めてくれるお店10店をご紹介します!

水道橋カフェ「BASE CAMP」

noname

出典:BASE CAMP

東京都千代田区、JR水道橋駅近くにあるアウトドアをコンセプトにしているCAMP HACKで連載しているA-sukeさんが経営するお店です。

キャンプ料理として定番のカレーやコーヒーなどメニューも豊富で、食事のみでもカフェとしての利用でもどちらでも自由。山小屋を意識した内装が都会での食事を一層おいしくしてくれます。
noname

出典:BASE CAMP

ランチタイムは、じっくり煮込んだ牛すじカレーやパスタなどのメニューが充実。ディナータイムは、自家製の燻製やダッチオーブン料理を提供、自家製ベーコンはおすすめメニューの一つです。アルコールも多数取り揃えているので都会の山小屋でゆっくり過ごせますよ。

高円寺「アウトドアスタイルキッチン松の木食堂」

12733401_1004767529590968_2860338705530278343_n

東京都杉並区、JR高円寺駅北口を降りて徒歩1分の立地にお店があります。キャンプに欠かすことのできないダッチオーブンを使った料理や燻製料理、バーべキュー料理が数多く楽しめるお店。

25名以上揃ったら貸し切りにもできるので結婚式の二次会など貸し切りパーティーにもおすすめ!
14469570_1178257702241949_6992910694298339791_n

松の木食堂はハンモックにのれるアウトドア料理の専門店。店内にはテーブル席、カウンター席のほかにハンモック席が。ハンモックに揺られてのんびりお酒を飲むのもいいですね!

おすすめ料理は天然ナラの木で調理されたBBQスタイルローストチキン。ジューシーで肉質ふっくらの一品です。

昭島「スノーピーク イート(Snow Peak Eat)」

eat_02

東京都昭島市、JR昭島駅から徒歩10分の立地にあるモリパークアウトドアヴィレッジ内のスノーピーク昭島アウトドアヴィレッジに併設されたレストラン。

都会に居ながらキャンプの楽しさを満喫できるレストランです。ランチタイムからカフェタイムを挟んでディナータイムまで利用可能です。
16252246_1783690655224967_3520014939388239051_o

店内ではスノーピークキャンプ用品を使用したキャンプ料理の数々を楽しむことができます。店外にはイートガーデンが広がっており、ここではピザ焼きなどのイベントを開催。

キャンプ料理作りを手軽に体験できるイベントが定期的に開催されています。

昭島「THE NORTH FACE 昭島アウトドアヴィレッジ店」

noname

東京都昭島市、JR昭島駅から徒歩10分のモリパーク昭島アウトドアヴィレッジ内のザ・ノース・フェイス店内に設置されたカフェスペース。

マウンテンからタウンカジュアルまで豊富に取り揃えられたアウトドアアパレルやアウトドアギアなどの買い物を楽しみながらコーヒーを楽しめます。
noname

カフェの定番メニューは人気ナンバーワンのこのトレイルバー。手軽に栄養分がとれるので行動食としても、おやつとしても食べてみたい一品。ザ・ノース・フェイスのロゴが入っているのも魅力ですよね。あまりの人気に入荷待ちになることもあるので見つけた時が買い時です!

仙台「コールマン・サテライトショップinしろくまコーヒー」

noname

宮城県仙台市、JR仙台駅前の複合商業施設EDENにテナントとして入居するしろくまコーヒー仙台店。コールマンのサテライトショップ併設という特徴があり、店内のファニチャーはコールマン製。

コールマンのチェアに座ってしろくまコーヒーを飲めばつかの間のアウトドア気分を満喫できます。
noname

キャンプというフィールドをリードするコールマンの世界観と北海道の大自然の中で店舗展開するしろくまコーヒーの世界観がマッチングしたことによってコラボレーションが成立。店内にはコールマンのランタン、テント、バックパック、トートなどの定番商品も販売されています。

新木場「GRAND lodge 新木場」

16683878_1844421375826166_112666178455614645_n

東京都江東区に所在する、メーカー直営の『ogawa』コンセプトストア。ogawaブランドの全ラインナップを見ることができます。特にテントについては、専門スタッフによる設営・撤収のレクチャーを受けることができ、購入前の確認にはもってこいの施設です。
16425855_1841800242754946_6603296190959052664_n

テント、ファニチャー、アクセサリーに加えてグランドロッジのオリジナルアイテムも商品ラインナップとして展示されており、キャンプシーンをイメージしたレイアウト展示がされているのでじっくり観察してイメージを体感しやすいのが特徴。カフェコーナーでコーヒーを飲んでくつろぐこともできます。

熊谷「おふろcafé bivouac(ビバーク)」

noname

埼玉県熊谷市に所在するお風呂、カフェ、食事を楽しむことができる施設。お風呂に入って疲れを癒したあとにはアウトドア気分に浸れるテントやランタン、キャンピングテーブルが用意されたレストラン&カフェ・バーで美味しい料理を楽しむこともできます。
noname

館内に展示されているキャンプ用品はすべてスノーピークブランドで統一されています。アウトドアでの快適な使い心地が追及されたこれらのギアは、おふろカフェビバークでの世界観を適切に表現するのに最適なギアとなっています。

上尾「アウトドアカフェ 山小屋」

10855090_334889233372303_1062617810071567811_o

埼玉県上尾市に所在する名前のとおり山小屋の雰囲気作りが行き届いたカフェ。店内でのアウトドアグッズの販売や店外での薪割りがアウトドア気分を高めてくれます。

メニューはコーヒー、チーズケーキ、コーヒーゼリーなど、雰囲気の良さでついつい長居してしまうかも!
12492058_432864266908132_8100921634467859549_o

オーナーご自慢の自家焙煎コーヒーは、味わい深いさまざまなカップで飲んでのんびり過ごすことができます。

また、独自に仕入れた益子焼のカップも販売されているのでお気に入りも見つけることができるかも知れません。パンのついたメニューを注文した方限定で、手作りバター体験が楽しめるという特典もあり。

秋田「BUNGALOW(バンガロー)」

秋田県美郷町に住むアウトドア好きの夫婦が自宅横の木造平屋を譲り受け改装してオープンさせたカフェ。

内装・インテリアは趣味のアウトドアグッズで統一。薪ストーブもあり寒い冬でも暖かく地域住民が憩うくつろぎの場所になっています。

提供されるメニューはコーヒー、自家製レモネードのほか、文旦やいちごなどの季節の素材を利用したデザートも豊富です。

デザートは数量限定での販売なのでお目当てのデザートは早めにお店にうかがっておくことをおすすめします。

カレーショップ「野菜を食べるカレーcamp」

12366489_1008827309173362_6049215512129739736_n

東京都渋谷区代々木の路地裏がルーツとなるカレー店。現在は、代々木本店のほか全国各地に20店舗以上を展開しています。

キャンプで仲間と一緒に作った野菜たっぷりのカレーの思い出が店名に反映されており、やさしくて力強いカレーを食べさせてくれるカレー店です。
noname

カレーはスキレットで提供され、コップも水の入っているボトルもアウトドア用で統一されています。店員さんの制服も今すぐキャンプができそうなアウトドアファッションで統一され、細々としたものから内装のいたるところにアウトドアを感じることのできるお店です。

もちろんカレーは絶品!挑戦的なメニューも豊富なので是非一度チェックしてみてください。

アウトドアコンセプトのカフェをステップにしてキャンプに出かけよう!

eat_01

これからキャンプをはじめようと考えてる方やなかなか出かけられないという方には、今回ご紹介したカフェや施設でアウトドアを疑似体験することがおすすめ!

キャンプ用品購入前に使い勝手が確認できるのもいいですし、なかなか出かけられない方にとっては気軽に雰囲気を満喫できるのがいいですね!

Let’s use the outdoor concept cafe!

アウトドアコンセプトのカフェを活用しよう!

Source: CAMP HACK