アイキャッチ画像出典:Instagram by @ 317happycamper

秋はカーサイドタープの出番!

gaiyou

出典:Amazon

そろそろ秋。場所によっては早くもテント泊が気温的に厳しくなってきますが、アウトドアを休むなんて残念すぎる……そんな方におすすめしたいのが「カーサイドタープ」。

設営撤収が楽で車中泊も可能、より気軽にアウトドアを楽しめるというカーサイドタープの魅力に注目してみましょう!

カーサイドオーニングとカーサイドタープ、違いは?

ooning

「カーサイドタープ」と聞くと、このように車体備え付けの巻上げ式を想像される方も多いのではないでしょうか。上の写真はカーサイドオーニングとも言い、バンコンやキャンピングカーに取り付けられるタープです。

tsukekata

今回はそれとは少し違い、フレームを通して設営・連結させる普通のテントに近いタイプをカーサイドタープとして紹介します。

logos

出典:LOGOS

オーニングと比べると風に強く、移動もできるのが大きなメリット。また、オーニングをオプションでつけるとなると相場10万円近くかかるところ、タープなら素材にもよりますが価格は1~2万円前後。かなりお手頃です。

naibu

スクリーンタープの一部が切り取られたような形で、開放式のオーニングよりも風や日差しをしっかりガード。車中泊キャンプや、近場でのデイキャンプも過ごしやすくなりますよ!

カーサイドタープは、アウトドアメーカーにもいくつかラインアップされています。テントに近いものや、カーテン付でプライバシーに配慮できるものなど種類は様々!

ITEM

キングキャンプ カーサイドタープ
●サイズ:215×315cm
●収納時サイズ:65×15×15cm
●重量:4kg
●材質:210Tポリエステル
●耐水圧:1500mm


文句なし。コストパフォーマンスが高い。収納もコンパクトで,設営も簡単。車への固定が吸盤式でなく,伸び縮みするロープで行うのでサイズを気にすることなく使えます。お勧めします。
出典:Amazon


ITEM

小川キャンパル カーサイドタープAL
●サイズ:250×250cm
●収納時サイズ:58×12×12cm
●重量:2.5kg
●素材:ポリエステル75D
●耐水圧:1,000mm


こう言うテント・タープ類は初めて買いましたが、超初心者の私でも余裕で設置でき満足です。色合いもいいです。大きさは、大人二名がやっとかな。私的には単独の時使うつもりだったのでばっちりでしたが。一人用とするなら、絶妙の快適空間になります。これとスノーピークのチェアワイドで落ち着ける空間になります。
出典:Amazon


ITEM

ロゴス neos カーサイドオーニング
●サイズ:320×250×190cm
●収納時サイズ:20×20×63cm
●重量:4.9kg
●材質:難燃性ポリエステルタフタ
●耐水圧:2,000mm


値段も手頃で機能的にも充分です。設営も楽なので私の様な1~2泊の単発キャンパーには使い勝手良好です。キャノピーを張り出ししない時は車内の目隠しにもなり、車中泊仕様の車にはベストマッチですね。(ハイエースのワゴンGLで使用)
出典:Amazon


ITEM

ロゴス neos パネルカーテン
●サイズ:195×205cm
●収納時サイズ:19×28×26cm
●素材:難燃性ポリエステルタフタ
●耐水圧:2,000mm


DAYキャンプに使ってます。風よけに便利です。もう少し、生地が、厚ければ、いいかな。
出典:Amazon

普通のタープでもOK!「カーサイド張り」

tarp

カーサイドタープはフレーム・ポールを通して、車体と連結させロープで固定するわけですが……これってほとんど普通のタープと同じでは? ということで、手持ちのタープを車体に連結させる「カーサイド張り」をされている方も。

おすすめは四角形で張りやすいレクタタープ!

タトンカ タープ Tarp 2 TC

ITEM

タトンカ タープ Tarp 2 TC
●サイズ:300×285cm
●重量:1.35kg
●素材:ポリエステル65%、コットン35%


小さいサイズですが・・・いつもタープの下にいる訳ではありませんので、少人数であれば手頃な大きさだと思います。
出典:Amazon


ITEM

スノーピーク ライトタープ ポンタ シールド
●サイズ:250×200cm
●収納時サイズ:35×18cm
●重量:900g
●素材:75Dポリエステルタフタ
●耐水圧:1,800mm


車を買い換えたら、車の後ろがハッチバックからドア式になってしまいました。雨が降るごとに気になっていました。そこで、何とか小さなタープを買って、車の後ろの方に張ればと思って探した結果このタープにたどり着きました。最近では、車のルーフレールに一方を縛って、車のサイドで使用するようになりました。大変扱いやすいサイズで重宝しています!
出典:Amazon


ITEM

キャプテンスタッグ オルディナ スクエアタープセットM
●サイズ:400×300cm
●収納時サイズ:82×17×17cm
●重量:5.5kg
●素材:ポリエステル70D
●耐水圧:1,000mm


大サイズでコンパクトに収納できるのには大満足。このタイプは四隅をポールで立ち上げるので、ヘキサのポール無しより広い居住スペースが確保できます。二家族ぐらいでのバーベキューでゆったり使えるサイズ。
出典:Amazon

レクタタープの魅力についてはこちらの記事からチェック!

吸盤で接続

kyuuban

出典:楽天

車体側に専用の吸盤を取り付け、フックにタープを引っ掛けて固定。穏やかな天候で数時間、日よけの為にタープ下で過ごすなら充分です。

ITEM

光 スーパーホワイトタコ
●サイズ:縦95mm、横66mm
●耐荷重:8kg


車の屋根に小型タープを取付けるのに使用しています。流石に強風時には厳しいですが、多少の風でならきちんと役に立ってくれてます。春〜夏場のキャンプでは基本的にテントを張らずにタープの下で蚊帳を吊ってコット寝しますが、夜中に雨が降っても安心して朝まで寝られるくらいの対荷重があります。
出典:Amazon

お次は、テントではなく車×タープの組み合わせにどうもピンと来ない……という方の先入観を変える、車メインのカッコいいキャンプシーンをご紹介!

車×タープで作るカッコいい「カーサイドタープシーン」

レクタタープの縦幅が車体にジャストサイズ! 広々とした屋根がしっかりと日陰を作り出しています。

ヘキサを持っているのにカーサイド張りのためにレクタを買うのも……という方。ヘキサならこんな張り方もできますよ!

shuya0917さん(@shuya0917)がシェアした投稿 – 2017 9月 18 3:16午後 PDT

sunsetclimaxのtarp02と78プラド! 日陰面積は少なそうですが、圧巻のカッコよさで問題なし!

@yuji_hayacがシェアした投稿 – 2017 9月 13 6:07午後 PDT

バックドアに取り付けて、日よけバッチリ。フレーム構造で安心感があるのが、れっきとしたカーサイドタープのメリットです。

@norihiko1978がシェアした投稿 – 2016 10月 29 6:34午後 PDT

少人数のキャンプでは、タトンカやスノーピークのポンタシールドなど、小さめサイズのタープを連結している方が多いようです。

晴れた日に海沿いでデイキャンプ、カーサイドタープなら気軽にできそうですね!

100均やホームセンターで材料を調達して、自作されている方もたくさんいましたよ! こちらは3,000円以内で自作されたんだとか。

カーサイドタープで秋もアウトドアを楽しもう

まとめ

出典:楽天

日が短くなる秋冬は、外で過ごせる時間も限られます。設営撤収の手間が少なく身軽にアウトドアを楽しむなら、カーサイドタープがおすすめ! 試しに、手持ちのタープを「カーサイド張り」してみることから始めてみてはいかがでしょうか?

「スランバージャック」もカッコいいぞ

見た目も重視した連結スタイルを楽しみたいなら、無骨でミリタリーライクなコレがおすすめ!

Car Side Tarp Would Be Nice!

カーサイドタープ、いいかも!

Source: CAMP HACK