キャンピングカー

念願の北海道ロードトリップその②〜富良野、旭川、三国峠、オンネトー〜【YURIEの“ゆるっと”バンライフ#6】

北海道ロードトリップはまだまだ続きます!



皆様いかがお過ごしでしょうか。YURIEのゆるっとバンライフです。

今回は前回に引き続き少し前に行った、北海道ロードトリップ編です。

素敵な星空に、雪化粧した山々。絶品ジンギスカンに舌鼓……と、富良野を堪能しました。今回も北海道の魅力を全開でお届けしていきます。

それでは、レッツゴー!

目的地のキャンプ場へ!とその前に…



次に向かう先は旭川方面です。旭川市から北東に1時間ほどの場所にある岩尾内湖白樺キャンプ場を目指します。



しかし、その前に……恒例の寄り道です。富良野にあるニングルテラスにやってまいりました。

15棟のログハウスがつらなる絵本の世界のようなショッピングエリアです。ここでは温かみのある手作りの様々なお土産を購入することができます。



「小さな家の家」に、「森のろうそく屋」。可愛い名前のお店です。他にも、森の鍛冶屋、風の家など気になるお店が沢山あります。



ここが、森のろうそく屋です。残念ながらお店の中は撮影禁止でした。

可愛いろうそくが沢山売られていて見ているだけで楽しい気分に。動物やニングルモチーフの作品が印象的です。ちなみにニングルとは、アイヌ語で小人という意味。

実際に使用した写真

私は切り株ろうそくを購入しました。キャンプにぴったりです。

北海道のランチといえばこれでしょ!



さぁ、お土産も買えたので改めて旭川に向かいます。

おなかが空いてきたので、今回はまた寄り道! 旭川市でランチをしてからキャンプ場を目指すことにしました。



旭川と言ったら、ラーメン! ということで旭川ラーメンの人気店にやってまいりました。

列ができており、20分ほど待ちました。正油ラーメンに玉子乗せを注文。スープは創業から継ぎ足しているそうです。

煮干しの優しい味わいのスープが、身体に染みわたります。最近あっさり系のラーメンにはまっていたので、大満足でした!

北海道は魚介の宝庫!?スーパーで買い出し



おなかが満たされたところで、スーパーでキャンプ用の食材を調達します。毛ガニに北寄貝。北海道ならではの食材。テンションが上がります!



ホタテ発見! まず大きさにびっくりです。

そして5枚でこの価格……。これはもう買うしかありません。今晩のメインディッシュにします。

目的地に到着



買い出しを済ませ、目的地の岩尾内湖白樺キャンプ場に到着しました。

ちょうど、日が暮れる頃。急いでテントを張ります。



湖が幻想的です。

ゆっくり眺めていたかったのですが、お腹も減ってきたので夕食の準備を開始します。



今日は地物食材BBQにします。

ホタテにアスパラ、ジャガイモ、つぶ貝と北海道食材のオンパレードです。つぶ貝は見たことない大きさで、食べ応えがありそう。



お米は、北海道産のゆめぴりかです。キャンプではお米を洗う手間が省けるので無洗米派。

ユニフレームのライスクッカーを使ってお米を炊きます。吹きこぼれもなく、お米のこびりつきもないので気に入っています。サイズ感も好き!



ホタテを炭火で焼きます。美味しすぎたので、「北海道ありがとう……」と思わず呟いてしまいました。

おなかが満たされたところで就寝です。

爽やかな日の出とともに起床



おはようございます!

快晴。とても清々しい朝。鳥のさえずりが心地いいです。


白樺の木と、湖を眺めながら朝食の準備をします。わたしの大好きな北海道の食材を使った料理です。


シェラカップいくら丼です! 見てください、この美しい色!!

北海道産のいくらは反則級の美味しさです。あっという間に食べ終わってしまいました。最高の朝食を食べ終えて、次の目的地へと出発します。



次は、阿寒湖方面へと向かいます。

4時間以上の長距離ドライブになるので、途中で休憩を挟みます。この辺りは標高が高いので雪が残っています。

私が気に入っているドライブコース



今回の北海道旅行の中でわたしの一番お気に入りのドライブコースとなりました。北海道の国道の中で最も高い『三国峠』です。

見渡す限りの樹海と山々、松見大橋。壮大な景色に運転の疲れも吹き飛ぶほど!



気持ちよすぎるドライブのおかげで、気がつけば目的地に到着です。阿寒国立公園内にある湖、オンネトー。

キャンプ場があるので、ここで1泊したかったのですが、残念なことにまだオープンしていませんでした。キャンプはまた次回の楽しみにとっておきましょう。

オンネトーは五色沼と呼ばれ、季節や天候によって色が変わると言われています。次に来た時の色も楽しみです。

それでは、今回はここまで。次回は釧路へ向かいます。

北海道ロードトリップ最終編にです、お楽しみに!

YURIEさんの過去連載はこちら!

Source: CAMP HACK

念願の北海道ロードトリップその③〜アイヌコタン、釧路湿原、ニセコ〜【YURIEの“ゆるっと”バンライフ#7】

北海道ロードトリップ完結編!

皆様いかがお過ごしでしょうか。YURIEのゆるっとバンライフです。

今回はいよいよ北海道ロードトリップ完結編。

大自然が魅せてくれる幻想的で力強い景色や野生動物との出会いなど、貴重な体験をしてきましたよ。

それでは、レッツゴー!

阿寒湖に到着



オンネトーを後にして車で走ること20分、阿寒湖アイヌコタンに到着しました。海外を訪れたような雰囲気のここには、北海道の先住民族であるアイヌの人々が暮らしています。

民芸品店や飲食店が立ち並び、アイヌ文化に触れることができるスポット。北海道旅行の際には必ず立ち寄りたいと思っていたので、テンションが高まります。



入り口の装飾がとても可愛らしい、お土産屋さん。そのお店オリジナルの様々な木彫りのお土産が売っています。



その中の『エポエポのお店』に入り、アイヌのしるしが彫られた木製ストラップを購入。旅の道しるべになって欲しいという思いを込めて“道しるべ”を選びました。

そしてここの店主に、アイヌの言い伝えや言葉の意味を教えてもらいました。

「アイヌでは、犬は熊の親戚のような存在で、熊は犬を絶対に襲わない」という迷信や「オンネトー湖は日本語で“年老いた湖”と訳されているが、アイヌでは”完成された湖”と訳す」など。

歳を重ねるほど経験を積むので、完成という意味で使うんですね。とっても勉強になりました。

ソウルフード「めふんのパスタ」を堪能



お腹が空いてきたので、アイヌ料理を食べることにします。お土産屋さんが立ち並ぶ通りにある『ボロンノ』というお店に入りました。注文したのは、めふんのパスタ。

“めふん”はオスのシャケの腎臓で、アイヌでは塩漬けにしたものが珍味として食されています。

初めて食べましたが、コクがあってとても“ヒンナヒンナ”(アイヌ語で美味しいという意味)。次に来た時もリピート確定です。

湖を目指し湿原を行くと…野生動物がお出迎え



アイヌコタンを後にし、車で1時間ほどかけて摩周湖へと向かいます。摩周湖は日本で1番、何と世界でも2番目に透明度が高いという貴重な湖。

湖ハンターのわたしとしては期待が高まります(湖ハンターだったっけ、わたし笑)。

しかし展望台に近づくと霧が……。無事に観ることができるか不安になってきました。



展望台に到着すると、霧が晴れました。観てください、この景色! とても綺麗なブルーです。

これは「摩周ブルー」と呼ばれていて、急激に深くなっていることと透明度の高さにより、この発色になるのだとか。湖好きは必見です。



摩周湖を後にして、次に向かう先は釧路湿原です。車を走らせること1時間半で到着。ここはサバンナ? と思わせるような景色です。

ここでは様々な動物が見られるということで、楽しみにしつつ向かいます。



道路を走っていても、左右見渡す限りの湿原。圧巻です。アイヌコタンに続き、本日2度目の海外旅行気分。

地面があまり整備されていないので、ゆっくりと進みます。

動物を発見!



あっ! エゾシカを発見しました。つぶらな瞳でこちらを見つめています。背景と同化しているので、気を抜くと見逃してしまいそう。



次はワシを発見。遠すぎて見えにくいですね……。釧路では、オジロワシやオオワシを見ることができます。これはおそらくオジロワシです。堂々と優雅に空を飛んでいました。

ちなみに写っている矢印は、「固定式視線誘導柱」(通称:矢羽根)です。北海道の道路でよく見かける矢羽根は、雪が積もった時に道路のセンターラインを見分けるために使われます。

吹雪の時は、矢羽根を頼りに運転するのだとか。YURIEのゆるっと豆知識です(笑)。



さらにオオハクチョウを発見。こちらも相当小さいですね(笑)。望遠レンズを持ってくればよかった……。優雅に湖を泳いでいました。今回、発見した動物は以上です。

釧路湿原には、他にキタキツネ・タンチョウ・エゾリス・エゾタヌキなどの動物が生息しています。個人的にはタンチョウを見たかった! また次回の楽しみにとっておきます。

さぁ、そろそろキャンプの準備の時間です!

塘路(とうろ)湖のほとりでキャンプ



今日は釧路湿原付近の「塘路元村キャンプ場」にチェックイン。塘路湖という湖のほとりにあるキャンプ場です。



テントはおなじみの愛用品「ペポ」を張ります。この日は空いていて、他に3グループくらいしかいませんでした。人気のキャンプ場はどこも混むようなので、プライベート感が欲しい人にはおすすめです。フリーサイトなのも魅力的。

オートキャンプ場ではありませんが、駐車場からの距離は200メートルほどなので荷物運びはそれほど苦労しませんでした。

夕焼けの中をドライブ!



設営を終え、再度湿原エリアまでドライブします。西日が当たり黄金色に輝く湿原。息を呑む美しさです。思わずぼーっと眺めてしまいました。

釧路湿原の夕焼けは、YURIE的北海道百景の一つに認定! このエリアに来たら、夕焼け時のドライブが絶対的におすすめです。



いい景色を見た後は、いいご飯を食べたくなります。夜は釧路市街に繰り出し、炉ばた焼きの名店へ。その名も「炉ばた」。炉ばた料理発祥のお店のようです。

地物の食材を使った炉ばた焼きは、格別な美味しさ。美味しいご飯でお腹を満たしてからキャンプ場に戻り、就寝。いい夢が見られそうです。

湖畔で迎える清々しい朝



おはようございます。特に夢を見ることなく、朝を迎えました(笑)。今日はロードトリップ最終日。ニセコ経由で函館を目指します。



撤収の前に朝コーヒーの時間。三国峠で買ったコーヒー豆を挽きます。写っているバンダナはアイヌコタンの熊の家で買いました。デザインがとてもお気に入り。

コーヒーを飲み干し、いざニセコへと向かいます。

ニセコに富士山が…!?



一緒に旅をしている夫と交代しながら、約5時間ほど車を走らせました。間も無くニセコに着きます。



あれ? 富士山?……ではなく「羊蹄山」でした。別名「蝦夷富士」とも呼ばれています。

富士山より標高は低いですが、街のバックに有然と佇むダイナミックな迫力は負けていません。これも、YURIE的北海道百景の一つに認定です。



羊蹄山があまりに気に入ったので、ビュースポットの駐車場で撮影会。タイトル「サンシー号と羊蹄山」。 どう? きまってる?



北海道の思い出のステッカーを貼りました。上部のクマはアイヌコタン、右部の丸はニセコで購入。

さて、間も無くタイムリミットです。帰りの船の時間が迫ってきました。名残惜しいですが、船が出港する函館へと向かいます。

無事に函館に到着!



以上で、北海道ロードトリップ編は終了です。ご愛読くださった皆さん、ありがとうございました。

北海道はその場所によって、様々な顔を見せてくれます。世界一周をした気分! というのは言い過ぎかもしれませんが、そのくらい異なる景色を見せてくれました。

原稿を書いている今、すでに北海道が恋しいです。北海道ロス、通称“ホカロス”です(笑)。早く北海道ロードトリップアゲインしたい!!

次回はどんなゆるっとバンライフになるのか、乞うご期待。

YURIEさんの過去連載はこちら!

Source: CAMP HACK

今年注目すべき車が集合!キャンピングカーショー2018で見つけた気になる車両5選

アイキャッチ画像撮影:筆者

今年もキャンピングカーの祭典シーズンがやってきた!

撮影:筆者

「クルマに、もっと物語を。」をモットーに、キャンピングカーを中心とした車を展開する国内最大級のキャンピングカー展示会、ジャパン キャンピングカーショー2018。

今年は2月2日(金)〜4日(日)の3日間行われ、360台以上もの車が集まりました。業界人だけでなく、一般の人も多く来場して会場は大盛況! キャンプブームやキャンピングカーの露出が増えていることもあり、注目されていることが改めて確認できました。

今回はジャパン トレーラーハウスショー2018と同時開催

撮影:筆者

キャンピングカーにはバンコン、キャブコン、バスコンなど数種類がありますが、ここ最近で人気を集めている車両のひとつが、キャンピングトレーラー。

今回は、キャンピングカーショーと同時に「ジャパン トレーラーハウスショー2018」も同じ幕張メッセにて合同で開催されたので見所も相当なものに。防災向けや研修向け、さらにはグランピングタイプなど、多種多様なトレーラーが集まりましたよ!

おもしろい…!イベントで見つけたイケてる5車両

それでは、今回の展示会で特におもしろいと感じたキャンピングカー・キャンピングトレーラーを5つご紹介します!

① カトーモーター<ビックボール>

撮影:筆者

まずご紹介するのは、牽引免許不要のキャンピングトレーラー。丸みのあるかわいらしいデザインが特徴のこちら。男性だけでなく女性の一般客の目を引いていました。

ちなみに、オレンジのライン塗装やポップアップルーフ、展示しているアウトドア用品は別売です。

撮影:筆者

特筆すべきは、室内にあるキッチンを外にスライドさせることができ、オープンキッチンにすることができるところ。

屋外で立ちながら調理し、完成したらそのまま外のテントやリビングへ料理を運ぶことができるのは秀逸です。奥のリビングも、レイアウトを変更してベッドにすることもできますよ!

② バンテック<V670>

撮影:筆者

こちらはキャンピングカーの製造・販売を行うバンテック。同社のブースで、とても人が集まる場所を発見。「V670 debut」を記載された看板の下には、数多くの照明に照らされた美しい佇まいの車がありました。

撮影:筆者

なぜこの車に注目が集まっていたのか? それは、架装するキャビンを自社工場で製造する“国産車”であること。

しかも、シャーシはフィアット・デュカトを採用しています。カムロードやボンゴ、ハイエースといった日本車をシャーシとして使っているのがほとんどですが、このような車両は日本初だとか!

③ メルセデス・ベンツ<V220 d Marco Polo HORIZON>

:筆者

続いては、あのメルセデス・ベンツが提案するキャンピングカー! Vクラスは日本でも人気が高い高級大型セダンですが、それにポップアップルーフや前席回転シートが盛り込み、快適なスタイルに仕上げています。

撮影:筆者

ハッチバックを開けるとこんな感じ。座席はフルフラットシートになり、寝袋を思いきり広げられます。下の段には荷物が収納できるスペースを確保。どんなものを詰め込んでキャンプをするか、楽しみになりますね!

  1. ④ M・Y・Sミスティック<J-cabinHN>

撮影:筆者

会場でひと際目立っていたキャンピングカーがこちら! 今年発売の注目ピックアップトレーラー、トヨタ・ハイラックスのデッキスペースに積載する専用キャンパーシェルです。

トラキャンではもやは定番となりつつある対座シートを採用し、食事や会話がしやすいスタイル。バンクベッドは1770mm×1900mmと広めで、家族4人がゆったり寝られるスペースがあります。

トレンドを意識した、まさに注目度No.1の車両といっても過言ではないでしょう!

⑤ トレーラーハウスデペロップメント<グランピングトレーラー>

撮影:筆者

最後にご紹介するのは、ジャパントレーラーハウスショー2018に展示されていたこちらのトレーラー。名称そのまま、グランピング仕様に設計された大型のトレーラーです。



リゾート気分を思わせる広々とした室内にくわえ、シャワー・トイレ・手洗いの3点ユニットバスがついているとのこと! トレーラーのイメージがさらに広がりますよね。なお、こちらは企業向けに展示されており、一般の人が購入するものではないようです。お値段も500万円以上! 一度はこの中で泊まってみたいですよね……。

今後は国産キャンピングカーを”輸出”する動きが進む!?

撮影:筆者

上記でご紹介したキャンピングカーやトレーラー以外にも、1,000万円を超える高級バスコンや内装を和式にしてコンセプト型のキャブコンなど、おもしろい車両が揃っていました。

しかし、今回はなにより海外メーカーのシャーシの上に日本の自社工場でキャビンを架装する「メイド・イン・ジャパン」の車両が登場したのは画期的。この動きが広まれば、将来は日本のキャンピングカーが海外へ輸出され、世界中で日本車が使われるのを目にするかもしれませんよ!

キャンピングカー市場はこれからも目が離せない!

撮影:筆者

ジャパン キャンピングカーショー2018は、毎年各社がしのぎを削って新しい車両を展示する日本最大規模のイベント。今回も興味深い車両が登場したので、これからどんなキャンピングカーが発売されるのか楽しみです!

CampingCar who wants to get someday!

いつか手に入れたい、キャンピングカー!

小川迪裕の他の記事はこちら

Source: CAMP HACK

バンコンの魅力・選び方まとめ!おすすめ12選は必見

※2017年7月26日から施行の法改正により、8ナンバー以外の車両の、横向きシートが製造禁止となりました。紹介しているキャンピングカーの中にも対象のものが含まれている場合がありますので、ご了承の上ご覧ください。

アイキャッチ画像出典:RVランド

バンコンって何?

バンコンって何?
『バンコン』とは、ハイエースやキャラバンなどのバンをコンバージョン(改造)したもの。おそらくみなさんがキャンピングカーと言われてはじめにイメージするであろうキャブコン(トラックの運転席部分(キャブ)をコンバージョンしたもの)とを比較しながらバンコンの魅力から種類や選び方に迫ります!

人気のキャンピングカー、キャブコンとバンコンの違いとは

キャンピングカー、キャブコンとバンコンの違い
一般的なキャンピングカーのイメージであろうキャブコン。その魅力は、なんと言っても室内の快適性につきます。大人が立って歩くことのできる広い室内や、夏場でも車内の温度が外気とさほど変わらないというボディの断熱性能の高さなど、まるで家がそのまま走っているような印象があるのがキャブコンです。

しかし、キャブコンはベース車がトラックであるため、どうしても高速道路での100km/h巡行が難しかったり、山道ではベタ踏みでも登坂車線がないと心配など「走行性能」に不安がある点があげられます。また他に街乗り用の車がない場合、日常生活すべてをこれ一台で網羅するのは気が引ける、駐車スペースを選ぶなどの「大きさ」にも弱点があるのが少々難点です。
キャンピングカー、キャブコンとバンコンの違い
それに対してこのようなバンコンは、一見するとキャンピングカーとは分からない見た目や安定した走りが魅力であり、立体駐車場にも入る高さのものもあるなど、日常生活でも無理なく使えるという点が最大の利点です。しかしその利点は裏を返せば居住空間が若干狭く、荷物の収納スペースに限りがあるなどの弱点ともなっています。

とはいえ、日常生活にも活用することを考えると使い勝手という点で、現在日本ではキャブコンよりもバンコンが人気となっているようです。

たくさんあるバンコンのオプション!何が必要?

バンコンのオプション
キャンピングカーの購入を考えたとき、一番気になるのはどのオプションが必要になるか。ビルダーによって標準装備されているものもまちまちなので、必要なものを挙げていくとオプションだけで100万円以上になるなんていうことも。

予算と欲しい機能を両立できるモデルを探すためにも、魅力を感じるモデルに何が標準装備されていて、何がオプションになるのかよく吟味することが大切です。
そこで、一般的に必要とされるであろう装備をいくつかご紹介します。

1.FFヒーター
少量の車の燃料と少量の電気を使用し、効率よく車内を暖めることができるヒーターです。
アイドリングせずに使用できるので、就寝中の使用にも場所を選びません。室内の空気を汚すことなく、一酸化炭素中毒の心配もないため、冬場の使用を考えている方には必須の装備と言えるでしょう。

2.サブバッテリー

その名の通り車のメインバッテリーの他に、キャンピングカーで使用する電気を供給してくれるサブのバッテリーです。
標準で2つのサブバッテリーを搭載しているモデルが多くなっているようですが、冷蔵庫や電子レンジなど電化製品が多くなりがちなフル装備タイプのキャンピングカーにはさらにオプションでバッテリーを追加しておくと安心でしょう。

3.走行充電
その名の通り、走行中にサブバッテリーに充電するための装置です。
本来車に搭載されている発電機がメインバッテリーに、充電した後の余った電気をサブバッテリーに蓄えるため新たに発電機を積み込むこともなく経済的。サブバッテリーを搭載する際には必須と言えるでしょう。

4.外部電源
こちらは外部のAC電源から電気を引いてサブバッテリーを充電するための装備です。出かける前に自宅駐車場の電源からサブバッテリーに充電しておけば安心。
また、クーラーや湯沸かしポット、電子レンジなど電力消費の大きい電化製品を使用する際には、外部から電源を確保できればバッテリーの残量を気にすることなく使えるため、備えておいて損のない装置といえるでしょう。

5.ベンチレーター
車内の空気を排出したり、外気を取り込んだりと活躍する換気扇です。
室温が上がると自動的にファンが回るタイプもあり、夏場の利用には必須装備と言えるでしょう。

6.インバーター
車で家庭用電気機器を使用するために電気を車のバッテリーの直流12Vから家庭用の交流100Vに変換するための装置です。
正弦波、疑似正弦波、矩形派と3種類ありますが、様々な家庭用電気機器に使用できる正弦波を選ぶといいでしょう。また、インバーターのサイズについては電子レンジを使うことなどを想定すると1500w位がいいようですが、サブバッテリーとの兼ね合いなどもあるため、各ビルダーに相談してみることをおすすめします。

7.サイドオーニング
タープを張るより簡単で手軽なため、あると便利なオーニング。
キャンプ場では活躍しますが、道の駅など場所によっては使用できないこともありますので、どんなシチュエーションでキャンピングカーを利用するかを考えて装備するかを決めるといいでしょう。

8.ソーラーパネル
普段停めている駐車場に電源を確保できない場合や、キャンプ場などの電源のある場所に宿泊する事が少ない場合に便利です。
最近では日中、畜電池に発電した電気を貯めそれを夜間に利用するなど、装備する利点も大きくなってきたソーラーパネル。災害時でも活躍すること間違いなしで、今後のキャンピングカーでは標準装備モデルも多くなってきそうです。

3ナンバーと8ナンバー、バンコンの登録ナンバーによる違いって?

8ナンバーのバンコン
写真:8ナンバー登録車車内

キャンピングカーと一概に言っても8ナンバーのものや3ナンバーのものなどナンバーによる違いがあるのをご存知でしょうか?

8ナンバーは特殊用途車両という扱いになり、
①登録のためには天井高1.6m以上のギャレー(キッチン)を装備していること
②乗車定員の1/3以上の就寝スペースを確保していること。
という構造要件を満たすことが必要となります。

3ナンバーのバンコン
写真:3ナンバー登録車車内

一方、3ナンバーにはそのような構造要件はありませんが、平成29年7月以降は法改正により横向きシートが座席として認められなくなります。

これにより、よく使用されている定員10名のワゴン車では横向きシートを使用すると定員10名分の座席を確保できなくなるため、人気のコの字型ダイネット(ダイニング)のレイアウトは新規登録できなくなり、今後各社のレイアウトに変更が出てくると思われます。

~まとめ~

8ナンバー:構造要件をクリアすれば座席などレイアウトの自由度が高い。税金面で3ナンバーよりも少しお得。任意保険が割高で利用できる保険会社も少な目。今回の法改正の対象とならないためコの字型ダイネットも引き続きレイアウト可能。
3ナンバー:平成29年7月の法改正で横向きシートの使用が不可となるため、今後レイアウトに制限がでるものと予想される。税金面での優遇はないものの、任意保険は通常の車と同じとなるので選択肢が広い。

キャンピングカーにはキッチンは必要ない。眠れればいい。という方は車中泊タイプの3ナンバーのものを、キャンピングカーだから装備は色々と。という方は8ナンバーのものを。というようにどんなキャンピングカーが自分の理想に合うかに応じて検討するといいでしょう。

おすすめバンコンの前に、ベース車を知ろう!

キャンピングカーを検討しようと展示会に行ったりカタログを見たりすると気になるのが「ハイエースSL」などと書かれたベース車についての情報です。これは「ハイエース スーパーロング」の略なのですが、じつはこれだけ見ればサイズが分かるため、目につく場所に記載されているのです。

駐車場のサイズや、求めるレイアウトなどから自分の欲しいキャンピングカーのサイズをイメージしたら、あとは以下のベース車のサイズをもとにふるいにかければ自分にあったキャンピングカーが見つけやすくなるはず。是非参考にしてみてください。

1.トヨタ ハイエース

バンコンのベース車で最も多く使用されているのがトヨタのハイエース。サイズにより展開は4種類。
① ロングバン 標準ボディ 標準ルーフ
全長:4695㎜ 全幅:1695㎜ 全高:1980㎜(ジャストロー使用は50㎜高め)
② ロングバン ワイドボディ ミドルルーフ
全長:4840㎜ 全幅:1880㎜ 全高:2105㎜
③ ロングバン 標準ボディ ハイルーフ
全長:4695㎜ 全幅:1695㎜ 全高:2240㎜(ジャストロー使用は50㎜高め)
④ スーパーロングバン ワイドボディ ハイルーフ
全長:5230㎜ 全幅:1880㎜ 全高:2285㎜

2.日産 キャラバン

最近ではエマージェンシーブレーキ搭載モデルが登場し、遠出の多いキャンパーにはうれしいところ。
① ロングボディ 標準ルーフ 標準幅
全長:4695㎜ 全幅:1695㎜ 全高:1990㎜(バン、ワゴン共通)
② スーパーロングボディ ハイルーフ 標準幅
全長:5080㎜ 全幅:1695㎜ 全高:2285㎜(バン、ワゴン共通)
③ スーパーロングボディ ハイルーフ ワイド幅
全長:5230㎜ 全幅:1880㎜ 全高:2285㎜(バン、マイクロバス共通)

3.トヨタ ライトエース

コンパクトなライトエースベースのキャンピングカーも最近増えており、取り回しが簡単な点が魅力です。
全長:4045㎜ 全幅:1665㎜ 全高:1900㎜

4.三菱 デリカD:5

三菱 デリカD:5
出典:Web Car Graphic

少し個性的なベース車であるデリカD:5の魅力は悪路での走破性の良さ。雪道でも安心です。
全長:4695㎜ 全幅:1695㎜ 全高:1990㎜

5.日産 バネット

ライトエースのライバル車。後輪駆動のライトエースに対し、バネットは前輪駆動であるのが特徴。燃費はバネットに軍配があがるものの、キャンピングカーのベース車としてはまだまだ珍しい。
全長:4400㎜ 全幅:1695㎜ 全高:1850㎜

以上が代表的なベース車のサイズとなりますが、各キャンピングカービルダーによる架装が施されることでサイズが変化してきますので駐車スペースを確保する際には完成後のサイズでのチェックが不可欠です。

タイプ別おすすめバンコン12選

1.夫婦2人におすすめタイプ
①【ランドワゴンセピア】~常設ベッドにL型ラウンジソファーで豪華な車旅を~


バンコン ランドワゴン 内装出典:RVランド

バンコン ハイエース 外装出典:RVランド

簡易トイレを置くこともできるマルチルームもあり、車とは思えない車内。夫婦2人の旅をラグジュアリーなものにしてくれる一台<ベース車:ハイエース スーパーロング>

②【ハウベル】~全長5m未満のコンパクトボディでシンプルな2人旅を~


ハウベル 内装出典:ビークル

ハイエース バンコン出典:RVランド

コンパクトなボディーで街乗りも楽々でありながら必要なものは備えているシンプルな一台<ベース車:ハイエース ロングバン標準ボディハイルーフ>

2.家族連れにおすすめタイプ

①【バーデン アルタモーダ】~常設ベッドの豪華キャンパー~

ダイネット後方に常設ベッドが設置されているため、子供が寝てしまった後もゆっくり夫婦の語らいの時間が持てる一台。三点シートベルトの座席があるため、チャイルドシートの装着が可能な点も家族連れに嬉しい。<ベース車:ハイエース スーパーロング>

②【コンパス】~全長5m以下、高さ2.1m以下のポップアップキャンパー~

後方に大人2人が眠れるベッド、ポップアップルーフにも大人2人の就寝に十分なベッドが配置されており、ダイネットを片付けることなく家族4人が就寝できるのが魅力。後方のベッドはマットを外すことで大容量の収納にもなり普段使いにも便利。<ベース車:ハイエース ロングバンワイドボディミドルルーフ>

③【ポシェット7days】~ハイエース中最小ボディの3人家族向けコンパクトキャンパー~


バンコン ポシェット7days 内装出典:レクビィ
ハイエース ロングバン バンコン
出典:レクビィ

街乗り用としても運転が気楽な標準ボディーに立体駐車場にも入る高さが嬉しい一台。コンパクトでありながら、収納も考えられているところが嬉しい。三点シートベルトの座席があるためチャイルドシートの装着が可能。<ベース車:ハイエース ロングバン標準ボディ標準ルーフ>

3.新規受注は来年1月までの3ナンバータイプ

①【リコルソ】~3ナンバーと思えない豪華設備の2人旅仕様~

ハイエース スーパーロング バンコン

充実のギャレー(キッチン)スペースが8ナンバー登録者を思わせる一台。ベッドメイクが簡単なのも嬉しい。<ベース車:ハイエース ロングバンワイドボディミドルルーフ又はハイエース スーパーロング>

②【リラックスワゴン1.5】~4人家族向け車中泊モデル~

 

純正セカンドシートをそのまま使用しているためチャイルドシートの装着が可能。ギャレーは設けずシンプルな車中泊タイプです。<ベース車:ハイエース ロングバンワイドボディミドルルーフ>

4.電装充実、ソーラーパネル標準装備タイプ

①【A.C.Sソラネル】~太陽光発電システムにより電装系装備が標準搭載~

IH調理器を採用し、車内のオール電化を実現。137リットルという大容量冷蔵庫も太陽光発電システムの賜物と言えるでしょう。また、オリジナルのジャンボハイルーフによりダイネットの上部にルーフベッドの展開が可能なほか、後方にはフリールームも完備、三点シートベルトの座席もあるなど家族でのお出かけに最適モデルです。<ベース車:キャラバン スーパーロングボディハイルーフワイド幅>

5.夏に嬉しい家庭用クーラー標準装備タイプ

①【rem Forest】~独自に電機メーカーと開発した車載用リチウム蓄電池で家電を稼働~

家族でのお出かけを前提に開発されたモデル。独自開発された車載用リチウム蓄電池は、従来の鉛バッテリーの8個分にも相当する蓄電量を誇るすぐれもの。走行充電や外部電源からリチウム蓄電池に充電するため、家庭用クーラーは外部電源の取れない場所でも稼働可能。<ベース車:ハイエース スーパーロング>

②【ファイブスターブリーズ】~常設二段ベッドにもなる横向きシートに完全防水ルーム完備の一台 

ファイブスターブリーズ バンコン 内装

出典:レクビィ
ハイエース スーパーロング バンコン
出典:RVランド

こちらのモデルは3個搭載されているサブバッテリー、または外部電源を利用してクーラーを起動させるタイプであるため、クーラーに関しては外部電源が取れる場所での利用が安心。後方の横向きシートは常設二段ベッドにもできるため子供がいつ眠くなっても安心で家族連れにはありがたい。<ベース車:ハイエース スーパーロング>

6.コンパクトキャンピングカー

①【HANA Eve】~ポップアップルーフでコンパクトでありながら4人分の就寝スペースを確保~


HANA Eve バンコン 内装出典:タコス

トヨタライトエース バンコン出典:タコス

全長約4mのコンパクトボディの中に必要な装備を入れ込むため、ギャレーは格納式にするなどアイディアいっぱい。車体の取り回しが楽なだけでなく、シンクの正面に鏡が設置されているのも女性にはうれしいところ。<ベース車:トヨタライトエース>

②【デリカD:5 D:POP】~悪路での走破性抜群のデリカD:5をベースとした3ナンバーモデル~

デリカ本来の堅牢なボディ骨格である「リブボーンフレーム」を残すように設計されたポップアップは秀逸。ダイネットはないものの、家族の団らんは車内でしっかり守られる車中泊モデルです。<ベース車:デリカD:5>

バンコンがあればどこでもキャンプ気分

バンコンでいつでもキャンプ気分
街乗りにも使えるバンコンなら、普段の買い物や送り迎えの日常すべてがちょっとしたキャンプ気分。車でおやつを食べたい子供たちや、お母さんの買い物中はのんびりしていたいお父さんにも嬉しいバンコン。つぎの車はキャンピングカーなんていかがでしょう?

Source: CAMP HACK

キャンピングカーのトイレ基礎知識!種類・処理方法を解説

アイキャッチ画像出典:Pixabay

必要?不要?キャンピングカーのトイレ事情

キャンピングカー
出典:PIXTA

トイレはキャンピングカーに必要でしょうか?キャンピングカーにトイレがあれば、どんなところでも気軽に車中泊がでちゃいます。行楽シーズンは、渋滞も付き物。そんなときも車にトイレがあれば焦ることがありません。いつでもキレイなトイレが傍にあれば安心ですね。

特に、女性や子どもが利用する場合は、そのニーズが高い傾向にあります。日本RV協会のアンケート調査によると、「女性がキャンピングカーに求める最優先事項は何か?」という質問に対し、2位に「トイレ機能が充実しているキャンピングカー」(15.5%)という声があがっています。(参考資料:日本RV協会

高速道路のSA・PA、道の駅など、トイレがある施設も充実している

あったら便利なトイレですが、デメリットもあるのが事実。トイレを設置するにはスペースが必要なので、車内の収納が減ってしまいます。後は、トイレの後始末……ちょっと大変そうですよね。

それに、行く先が温泉や行楽地、キャンプ場などであれば、その場にトイレがあることがほとんど。車にトイレがなくても困ることはなさそうです。キャンピングカーでどんなところに行きたいのかを考えて、トイレを設置するかどうか判断しましょう。

では、キャンピングカーのトイレにはどんな種類があるのでしょう。相性の良い車のタイプと合わせて見ていきます。

キャンピングカーのトイレの種類①ポータブル式トイレ

キャンピングカーのポータブルトイレ
出典:OMC

主にバン・ワゴンベースの「バンコン」タイプに使用されています。ポータブル式といっても、機能は充実。水洗式で清潔に保つことができます。固定しないので、気軽に外して置くことができます。

「バンコン」は、メインルームとは別に後部にフリースペースがあることが多く、そこにオプションでトイレを設置することができます。

ポータブル式だから後付けも可能。後々トイレを設置する可能性があならフリースペースがある車種を選んでおきましょう。

後始末について

一杯になったら、トイレにダンプしにいきます。家のトイレや浄化槽、もしくは公衆トイレで捨てることができます。水を入れて、何度かシャカシャカとすすぎます。それから、次に使うために専用の消臭剤と水を注いでセット完了。

【ドメティック ポータブル水洗トイレ Mタイプ】

9.8Lのタンクが付いたポータブルトイレ。加圧水洗方式を採用しており、強力な水流を実現。ハンドポンプで10回程度ポンピングし、蓄圧した水で洗浄する水洗式です。

ITEM

Dometic ポータブル水洗トイレ Mタイプ
●サイズ:387×333×317mm
●本体重量:約5.4kg
●素材・材質:ABS
アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン
樹脂
●タンク容量:汚物側/9.8L、水洗側/8.7L


釣りに行くときに大活躍です!ミニバンの三列目において使っています。大きさがGood!
三日間の釣行でも匂いは問題ありませんでした。(トイレ用消臭剤使用)
水洗トイレのように流せるので清潔感はあります。汚物を捨てる時に漏れたりしないか心配でしたが、ノズルがあるので楽に捨てられました。
出典:Amazon

【ドメティック ポータブル水洗トイレ Lタイプ】

ドメティックの水洗トイレの18.9Lタイプ。長期間の旅行が多いならこちらがおすすめ。仕様はMタイプと同じで、自動タンク排出口と長い排出管により、ハネなしで排出ができます。

ITEM

Dometic ポータブル水洗トイレ Lタイプ
●サイズ:387×333×387mm
●本体重量:約5.9kg
●素材:材質:ABS
アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン
樹脂
●タンク容量:汚物側/18.9L、水洗側/8.7L


キャンピングカーで使ってます。キャンプ場のトイレは虫が多くて、妻と子供達(みんな女性)はキャンプ場のトイレに行くのが大変でした(夜のトイレは必ず私は起こされます)。
このトイレを購入してからは、私は起こされなくなりました。
出典:Amazon

【セットフォード PPエクセレンス ポータブルトイレ】

便座高443mmと便座が高く快適に使える設計。手動タイプで、ポンプを上下に作動させ水を流します。清水タンクと汚水タンクが簡単に切り離せるため、水の補給や汚水タンクの処理や掃除が簡単です。

ITEM

Thetford PPエクセレンス ポータブルトイレ
●サイズ:448×388×450mm
●本体重量:約6kg
●タンク容量:汚物側/21L、水洗側/15L


・密閉性が高く、消臭剤の効力が無くなっても蓋を閉じていれば全く臭いが漏れない。
・便座の高さが丁度いい高さ。
・洗浄時の水勢を自由に調節できるのは、手動洗浄式ならでは。
出典:Amazon

【セットフォード PPQ335 ポータブルトイレ】

コンパクトで軽量なタイプ。手動ポンプ式を採用しています。汚水タンクにインジケーターがあるので、汚物の処理のタイミングが分かります。

ITEM

Thetford PPQ335 ポータブルトイレ
●サイズ:313×342×382mm
●本体重量:約3.3kg
●タンク容量:汚物側/10L、水洗側/10L


軽自動車にはこの大きさがぴったりです。家内のエヌボックスに積んでいます。
出典:Amazon

キャンピングカーのトイレの種類②カセット式トイレ

キャンピングカーのカセット式トイレ
出典:RV TRUST

固定するタイプのトイレ。主に「キャブコン」に設置されています。使用感はポータブル式とほぼ一緒。タンクが一杯になる前にランプやケージで知らせてくれます。

流す前に加圧用のポンプをシュポシュポと押して水に勢いをつけて洗浄力をアップさせます。

カセット式は容量が大きいタイプが多いので、長時間の旅行や使用頻度が高いならこちらがおすすめ。

キャンピングカーからトイレを出す女性
出典:PIXTA

後始末について

ダンプのやり方もポータブル式とほぼ同じですが、大きく違うのは、汚水タンクだけを車の外から取り出せるようになっている点です。
流す用の水もキッチンや洗面所と共用の給水タンクからとれるようになっていたりします。給水に何往復もする必要はありません。

キャンピングカーのトイレの種類③マリン式トイレ

キャンピングカーのマリン式トイレ

アメリカのキャンピングカーなどの輸入車に多いマリン式。船舶などに使われるものと同じトイレです。車内にある固定の汚物タンクにたまる仕組みになっています。キャンプ場によっては「ダンプステーション」という専用のトイレ施設があるので、そこに捨てに行きましょう。

後始末について

ホースを使って浄化槽に直接ダンプできます。タンクを移動させて洗う手間がないので、とっても楽ちん。ホースが届く範囲に自宅の浄化槽がない場合は、せっかくなので配管を増設して汚水処理用排水口を作りましょう。

キャンピングカ-のトイレに使用する薬剤について

キャンピングカーのトイレに使用する薬剤
出典:楽天

トイレは臭いが気になりますよね。掃除するときに臭うとやる気もダウンしちゃいます。誰が掃除するのかと家族で喧嘩になったりしては大変。家庭の平和のためにも、専用の薬剤を使用しましょう。

最もメジャーなのは「アクアケムグリーン」

定番のキャンピングカー用トイレ消臭剤。オランダ、ドイツで環境に配慮した製品に認められるエコラベルを取得しています。

ニオイ・ガスの発生を軽減し、汚物やトイレットペーパーの分解を促すしてくれるので、処理が楽になりますよ。

ITEM

THETFORD(セットフォード) アクアケムグリーン1.5L


簡易水洗に最適です。
少し匂いがキツいですが、トイレの匂いがすることを思うと、全然大丈夫です。
出典:楽天

消臭剤の使い方

使用方法はとっても簡単。薬剤をタンクに入れた後、適量の水を注ぐだけです。

キャンピングカーのトイレはいざという時に役立つ!

キャンピングカーとビーチ
出典:VANTECH

キャンピングカーにトイレがあれば、トイレに縛られずにアウトドアを楽しむことができます。大自然の中で釣りを楽しんだり、星空を眺めたり。

自分だけの世界を楽しむことができるんです。お気に入りの場所を見つけましょう。

 

If there is a toilet in RV,it’s very comfortable !

キャンピングカーにトイレがあれば、とっても快適!

Source: CAMP HACK

ルーフテントのおすすめはコレ!気になる価格&人気メーカー紹介

アイキャッチ画像出典:Easy Camper

ルーフテントってなに?

ルーフテントが設置されている車
出典:ZIFER JAPAN

ルーフテントは車上に設置するテントで、持っている車を小さなキャンピングカーに変身させるアイテムです。

ルーフテントは耐水性、耐風性に優れ、マットレスも置けるのでどこでも快適に睡眠をとることができます!設営も簡単で、手動から自動のタイプもあります。
ルーフテントが設置されている車

出典:Enjoy Camper

値段もキャンピングカーのおよそ10分の1以下。設置も簡単で、広々とした寝室部分を作ることができるのが魅力です。

ルーフテントはひそかにブーム!

実は、ルーフテントはインスタグラムで着々と投稿者数を伸ばしている車好き注目のアイテム。キャンパーに浸透してきた証ですね。ルーフテントを使いこなしているキャンパーの写真の中でも、厳選したものを3選紹介!

見てるだけでワクワクしてきます。車のトランク部分にキッチンツールを配置することで、雨でも気にせず料理と宿泊ができそう。まさにキャンピングカーと呼ぶに相応しい仕上がり!

こちらは海外ユーザーの投稿。砂漠風景に焚き火、ルーフテントの組み合わせは、雰囲気バツグン。日本で車のルーフに収まらないサイズのルーフテントはあまり見かけませんが、居住性が非常に高いので中古などで見かけたらチェックしてみては。

daichiさん(@daichi._.1990)が投稿した写真 – 2016 9月 16 3:29午後 PDT

また、展開が手軽で機動性が高いので、こんな感じで旅行先の素敵な景観で立ち止まって、ゆっくり休憩することもできますね。

国内、海外のルーフテントメーカー紹介!

実際に欲しくなった時に、何を買えばいいのか悩みますよね?
海外も含めると国内に流通しているメーカーは、多種多様です。もちろんそれぞれのメーカーに特徴があるので、購入するときの参考にしてみてください。

ZIFER JAPAN

ルーフテント ZIFER JAPAN ルーフテントの歴史

出典:ZIFER JAPAN

ルーフテントの元祖的な存在で、60年ほど前からイタリアで製造されてきました。世界中で使用されていて品質は保証されています。代表的なルーフテント「マジョリーナ」や「コロンブス」もこちらのメーカーになります。

ダイキ

ルーフテント ダイキ レンタルルーフテント

出典:ダイキ

愛知県に構えているルーフテントの発売元。購入を考えている人限定でレンタル制度を実施しているのが魅力で、月40000円+取り付け工賃10800円で購入前に使用感を確かめることができます。

フジカーズジャパン

キャンピングカー取扱い店として全国展開しています。メンテナンスショップが全国にあるので、アフターケアもすぐ持って行けるのが安心。近くにお店がある安心感は重要です。

ルーフテントジャパン

愛知県にあるルーフテントの販売元。軽量かつ合理的に設計されたルーフテントを扱っているのが特徴で、寝心地の良さと軽さが魅力的。取り外しの頻度が高い人には、軽いルーフテントはメリットがあります。

ルーフテントのアイテム徹底比較!

ルーフテントは大きく分けて「タワー型」「シェル型」「ルーフトップテント型」の3タイプがあります。タワー型の良さはなんといっても居住性!天井高がしっかりあるので広々過ごすことが出来ます。さらに、風通しも良く快適です。

シェル型の利点は開閉の簡単さ。ダンパーを使っての開閉は手軽で、後方からの出入りが出来るのも魅力です。ルーフトップテント型は、車の上にテントが乗ってるイメージです。

ルーフに収まるタイプとはみ出すタイプがありますが、日本での主流は収まるタイプです。タイプ別、価格順に並べてありますので、比較してみましょう!

ルーフテントの3タイプ「タワー型」

ルーフテント タワー型 フジ マグタワー

出典:フジカーズジャパン

フジ マグタワー

主要なメーカーの中では最安値です。四方にバグネットが付いていて風通しも抜群!付属品も豊富ですよ。
価格:198,000円(税込)
サイズ:213㎝×127㎝×29㎝(展開時90㎝)
重量:65kg(本体)

ルーフテント ダイキ Easycamper-Tower

出典:ダイキ

ダイキ Easycamper-Tower

価格は少し上がりますが、ダイキのHPを見てみるとアフターケアや設置の相談などに親身になってくれる様ですので、これなら安心して相談できますね。
価格:279,800円
サイズ:218㎝×128㎝×33㎝(展開時90㎝)
重量:60kg(本体)

今回ルーフテントで2泊しましたが、とっても快適で家で寝るよりもルーフテントのほうがよく寝れました。(笑)またテントが高い位置にあるので見晴らしが良く、いい気分になります。

ルーフテント ジファージャパンマジョリーナエアランダー ミディアム

ジファージャパンマジョリーナエアランダー ミディアム

色はブルーとグレーから選べます。横幅が前出の二つよりあるのでゆったり就寝できますね。
価格:421,200円(税込)
サイズ:210㎝×145㎝×30㎝(展開時92㎝)
重量:60kg(本体)

ルーフテントの3タイプ「シェル型」

ルーフテント シェル型 フジ マグシェル

フジ マグシェル

前出のタワー型と同額なので、タワーかシェルかお好みで。お子さんがいたりするとタワー型の方が広くて喜びそうですが、カップルやお一人様にはシェル型もマッチします。
価格:198,000円(税込)
サイズ:215㎝×127㎝×29㎝(展開時100㎝)
重量:65kg(本体)

ルーフテント ジファージャパン コロンブスヴァリアントミディアム

ジファージャパン コロンブスヴァリアントミディアム

生地色はグレー、サファリ、ワイルドグリーンの三色から選べます。後方にある大型窓は、好みの形に展開可能な点がいいですね。
価格:421,200円(税込)
サイズ:210㎝×145㎝×30㎝(展開時150㎝)
重量:57kg(本体)

ルーフテントの3タイプ「ルーフトップテント型」

ルーフトップテント型 ルーフテント ダイキ EasyCamper revolution

出典:ダイキ

ダイキ EasyCamper revolution

テントの開閉はリモコンで、室内は骨組みもなく快適さがアップしていますね。ひさしも大きく雨でも平気!
価格:380,000円(税込)
サイズ:210㎝×145㎝×30㎝(展開時150㎝)
重量:57kg(本体)

テントは網戸(メッシュ)があるので、思いのほか涼しく快適でした。テント設置の際の音も全く気にならなかったです。室内は大人2人が快適に過ごせます。テント内のフロアはフラットのためとても寝心地が良く、疲れませんでした。
朝方雨が降りましたが、防水がしっかりきいており、テントをしまう際も気になりませんでした。
一番の魅力は、通常の駐車スペースにボタン一つで設置できることです。

出典:Easy Camper

 

ルーフテント ダイキ薄型
出典:ダイキ

ダイキ薄型、軽量のお求めやすいルーフテント

他のものより5㎝ほど高さを抑えられるので、ルーフテントが欲しいけど駐車場の車高制限の関係で諦めてた方にはお勧め!
価格:250,020円(税込)
サイズ:225㎝×142㎝×25㎝(展開時75‐112㎝)
重量:44.5kg(本体)

ルーフテントジャパンAltair130

軽量でハンモックのようなしなやかな寝心地のテントです!写真は幅が130cmの大人二人向けですが、80cmのタイプもありますよ。
価格:149,900円(税込)
サイズ:140㎝(展開時230㎝)×130㎝×23㎝(展開時110㎝)
重量:26kg(本体)

オーナー様は元々キャンプがとても好きでアルトに用品を積んでのキャンプだったのですがルーフテントにしてからは設営が簡単になったと喜んで頂けました。

ルーフテント ジファージャパン エアーキャンピングミディアム

ジファージャパン エアーキャンピングミディアム

梯子を引くだけで設営できる優れもの!
価格:367,200円(税込)
サイズ:110㎝(展開時220㎝)×160㎝×30㎝(展開時125㎝)
重量:57kg(本体)

会社に問い合わせてみましたが、根強いファンがいらっしゃるとのこと。
タワー型やシェル型に押され気味ですが、本格派はやはりこのタイプです。

なんと、ルーフテントを自作!?

ルーフテント 自作ルーフテント
出典:工房

キャンピングカーより断然安いというのはありますが、値段は張ります。しかし、あきらめられない…という方に『自作』という道もありますよ!

ルーフキャリアを作って、その上にテントを乗せるという方法で、30,000円くらいから作れるようですので、出来上がりの写真をチェックしてみましょう。ルーフテントの自作なんて、上級キャンパーですよね!
ルーフテント自作

ルーフテント自作

なんと材料費計30,000円弱でルーフテント作成されてました。建築用のアルミ製の足場板で土台を作り、上にテントを載せるというシンプルな構造!コストも抑えて、DIY出来る人が身近にいれば作れるお手軽さが魅力です。

ルーフテント自作

ルーフテント 自作

出典:youtube

本格的な作り!木材とシートを組み合わせて作ってます。木材の加工も仕上がりがキレイになるように丁寧な仕事をしてますね。製作費50,000円程度だそうです。チャレンジしてみる価値はありです。

 

ソロキャンパーにファミリー・シニア夫婦、様々な家族にマッチするルーフテント

ルーフテント キャンプ

画像出典:Easy Camper

ルーフテント、種類も価格も様々でしたね。キャンピングカーよりも遭遇率が低いので、持っていたら間違いなく注目の的です。でも、それなりのお値段がしますから、材質や造り以上に修理や相談などのアフターフォローの面も勘案して慎重に選んでいきたいですね。

ただ、ファミリーや老後の楽しみの一環で実際に買われた方のレビューを拝見していると、みなさん大満足で次のキャンプを楽しみにされているご様子でした!

購入を決心すれば、心くすぐる「秘密基地感」!そして、トランクのスペースをより有効に活用できるなどの利点を享受できる上に、子供達のテンションは大人以上に急上昇間違いなしです。

 

A secret base just for me!

私だけの秘密基地

Source: CAMP HACK

夢の”キャンピングトレーラー購入”を果たした西野さんファミリーにいろいろ聞いてみた

アイキャッチ画像提供:西野さん

キャンピングトレーラーが気になる!

牽引

出典:PIXTA

季節や天候に左右されず一年中アウトドアが楽しめる、キャンピングトレーラー。エンジンが搭載されていないため初期費用・ランニングコストの面でも自走式のキャンピングカーに比べてお手頃という見方もありますが、実際の事情はどうなのでしょうか。

そこで、今年めでたくトレーラーを手に入れられた方から、購入の経緯をヒアリングしてみました!

キャンピングトレーラーのオーナーに聞いてみました

photo_17-09-09-10-32-04-959

提供:西野さん

2017年6月にキャンピングトレーラーのオーナーになられた西野さんファミリー。購入のきっかけやメリット、苦労した点をお伺いしました。

まず、キャンピングトレーラーを買って良かったことは?

気軽にキャンプに行けるところですね。週末にキャンプに行くとなると一泊になりますが、テントの設営や撤収が大変で、なかなか遠方まで行く勇気が持てませんでした。

今は、金曜の仕事終わりに出発して、土曜日丸一日をキャンプやアウトドアを楽しんだりしています。

設営&撤収の手間ナシという、この身軽さに魅力を感じる方も多いのでは? その分のんびり過ごすことができますね。

購入のきっかけは何ですか?

photo_17-09-09-10-34-04-077

提供:西野さん

キャンプ場でキャンピングカーを見かけて、単純にいいなぁと思いました。

秋冬もキャンプに行きたいのですが、2歳と5歳の子どもがいるので朝晩の寒さが気になっていたんです。キャンピングトレーラーがあれば、暖房もあって暖かい布団で寝かせられるのでいいなぁと。

とにかく寝心地がいいことを強調したい! という西野さん。全二重窓で遮熱性が高く結露もしにくいため、キャンピングトレーラーがあれば夏も真冬のアウトドアも難なく楽しめそうです。

購入された車種は?

photo_17-09-09-10-32-11-306

提供:西野さん

トリガノというフランスの会社の「スターデラックス」です。静岡のキャンピングカー専門店のハタナカで購入しました。とても親切にアドバイスをして下さって、購入後も色々と相談にのっていただいてます。

ネットで調べて、現地に見に行かれたという西野さん。実際のオーナーのブログなどで、メリット・デメリットを調べるという手もありますよ。

キャンピングトレーラーを買うという選択は我が家にとっては冒険だったので、上手く使いこなせないかもという不安もありました。なので、コスパ重視で中古車を選びました。

内部スペックを教えてください

photo_17-09-09-10-34-07-760

提供:西野さん

ソファとテーブルにもなるダブルベッドが2つ。システムキッチン、冷蔵庫、FFヒーター、トイレ兼洗面所があります。

photo_17-09-09-10-34-02-283

提供:西野さん

三ツ口コンロにシンク付き。家のキッチンさながらに、使い勝手が良さそうです。

photo_17-09-09-10-34-05-972

提供:西野さん

オプションは、送風口にファンをつけました。夏場も車内の熱気がこもりにくいです。

photo_17-09-09-10-32-59-970

提供:西野さん

それから、バックカメラをつけて牽引中に後ろの安全をチェックしやすくしました。あとは、様子を見ながらリフォームをしようと思っています。今は床のマットを張り替え中です。その次は、ソーラーパネルをつけたいなと思ってます。

トレーラーを牽引しながらの運転はバック操作が特に難しいそうですが、モニターがあると安心ですね。快適化のための工夫や、いろいろカスタムするのも楽しそうです!

キャンピングトレーラー購入にまつわるリアル事情

photo_17-09-09-10-32-07-473

提供:西野さん

費用について

軽自動車の購入費くらいですね。主に中古車の中から検討したので価格帯も幅広く、予算に合わせて選べました。

自走式の相場は軽でも200万円以上ですが、トレーラーなら同じ予算で500万円クラスの広くて快適なモデルが買えてしまいます。車検や税金、登録諸費用も半分以下。保険もヘッド車でまかなえるので、ランニングコストの負担は少なそうです。

牽引するヘッド車の車種は?

photo_17-09-09-10-32-16-453

提供:西野さん

トヨタのヴァンガードです。今のところ順調に牽引してくれています。七人乗りでファミリーカーっぽくない丈夫な車ということ、キャンプをすることを考えてSUVを選びました。

トレーラー自体の重さが750kg以下の場合、牽引免許は必要なし。牽引車は4WDの本格オフロード車でなくともOK、2000cc以上のミニバンでも可能です。

キャンピングトレーラーの納車までにやるべきこと

駐車スペースは?

photo_17-09-09-10-33-02-020

提供:西野さん

自宅近くの月極駐車場です。駐車場探しはちょっと大変でした。

月極駐車場は周辺にたくさんあるのですが、広さが足りなかったり出入口が狭かったりで、トレーラーに適した場所がなかなか見つかりませんでした。

自宅駐車場は、たて幅が足りずに入らなかったという西野さん。

購入を考えている方は、まずは駐車場の確保をするといいと思います。普通の乗用車より長さが1メートルほど長いトレーラーが多いので、敷地内に入るかどうかを確認してみてください。

photo_17-09-09-10-34-33-604

提供:西野さん

場所さえ確保できれば、乗らないときは荷物置きにもなるのもキャンピングトレーラーのメリット!

納期&必要な手続きは?

キャンピングカーの専門店で購入したので、手続きは簡単でした。車検や購入後のタイヤやトイレの交換など、素早く対応してもらえましたよ。

あとは陸運局への申請や車庫証明の手配は経験があったので、自分たちで行いましたね。

photo_17-09-09-10-34-35-450

提供:西野さん

納車は、中古車なのですぐでした。購入したあとに、いくつかメンテナンスをお願いして1ヶ月後に取りに行きました。

中古車を購入して気になるところは新品に交換。かしこい買い方をすれば、低予算で夢のトレーラーが手に入るかも!?

夢膨らむキャンピングトレーラー、よく下調べを!

photo_17-09-09-10-32-13-614

提供:西野さん

キャンピングトレーラーには、移動中は乗れないという規則立ち寄り地での駐車スペース問題など、あらかじめ考慮すべき点もたくさん。それだけに、購入をめぐって家族で対立するケースも少なからずあるようです。

はじめに購入したいと言い出したのは、夫です。趣味のものなので本当に買っていいのだろうかと心の葛藤がありました。

初期費用はもちろんですが、駐車場などランニングコストもかかるので、家族で何度も話し合いをしました。キャンピングカーのフェアや専門店に足を運んで、コツコツと貯金をして、じっくり検討しましたね。

きちんと調べて家族総意のもと、円満に購入された西野さん。これからの季節も、トレーラーで身軽な快適アウトドアを満喫されるそうです! さあ、あなたも夢のトレーラー生活、検討してみては?

西野さんに続こう!

中古でかしこくキャンピングトレーラーを買いたいとウズウズしてきた方、まずはこちらで下調べを!

Debut! Camping Trailer Life!

キャンピングトレーラー、デビューしちゃおう!

Source: CAMP HACK

思わず軽キャンパーになりたくなる!見た目&性能のいい4つのクルマ

アイキャッチ画像撮影:編集部

「軽」でキャンプへ行きたい!

17492290_675207562662355_4050348235861712181_o

軽自動車でキャンプに来ている方が急増中! 価格が手頃なことや、各メーカーが軽自動車に力を入れているので、魅力的な車種が多くなってきたことが大きな理由のひとつですね。また、少数精鋭のギアをコンパクトにまとめる佇まいも魅力的。

軽キャンパーになりたくなる4つのおすすめ車種

近年の軽自動車はラグジュアリーで機能的な車種が多く、税金なども安く維持しやすいことから、手が出やすい「大きなキャンプギア」のような存在になりつつあります。今回はそんなキャンプにオススメな軽自動車をご紹介します。

ダイハツ「WAKE/ウェイク」

10428625_330273867155728_6016647212670620482_n

pic2

pic3

オプションの一例ですが、車中泊を想定したプライバシーシェードをはじめ、ほぼフラットシートのようになるジョイントクッションなど、ユーザーの発想次第でアレンジ自由な広い空間が魅力。
pic9

pic5

ウェイクは、サイズが全長×全幅×全高は3395×1475×1835mm。いたるところに収納スペースや工夫を凝らしていて、趣味を持つ男性にはたまらない、いくつものギミックが施された車。

img_8587

撮影:編集部

収納性はもちろんのこと、男らしい顔面やカラーバリエーションも見逃せません。価格帯は新車で135万円~184.1万円。

NUTS RV「スピナ」

2017-04-27-5-44-15

出典:NUTS

interior_photo_001

出典:NUTS

galle_photo_b_003

出典:NUTS

ベースはスズキのエブリィ、日産クリッパーという軽キャンピングカーです。軽キャンではありながらも、対面ダイネット、ポップアップルーフ、フルフラットアレンジを魅力とし軽自動車とは思えない空間が広がります。
img_4909

提供:編集部
img_4911
提供:編集部

こちらは今年大注目の可愛いルックスが特徴のスピナ キャルルックverです。内装もオシャレにこだわりながらも広々としています。就寝人数は2人〜で価格は税抜き359万円。

BLAZE「ネクストキャンパー」

17310162_1314664248582638_6121029364802943527_o

17212224_1308794669169596_7238247157260006011_o

16807202_1292423137473416_8578644598643414350_n

キャンピングカー初心者でも戸惑不要の標準装備が特徴。特筆すべき点は、全て日本の職人の手で作り上げた最高級品質の家具やベッドマット。

新車本体、取り付け費用含めても200万円を切る価格が魅力です。
16864952_1295193953863001_8202937714057810108_n

13327386_1064926743556391_3247090627558892765_n

業界初180°回転するシンクや1.5m伸縮式シャワー、クルマのキャリア部分にルーフにテント(オプション)を取り付けることによって、税金・保険・車検などの面でも通常の4ナンバー軽自動車と同じなので経済的。

軽自動車でキャンプしたい!

17990231_690040724512372_778972201369459914_o

今や軽自動車は、車中泊を想定したり、趣味に拘れる収納や機能が満載です。軽自動車内での車中泊は、もはや「しょうがなく」ではなく「したい」に変わりますね。新しくスタイリッシュな「軽キャン」で快適にキャンプを楽しみましょう。

 

Let’s enjoy the camp with light car!
軽自動車でキャンプを楽しもう!

Source: CAMP HACK

体験レポ!キャンピングカーを借りてキャンプに行ってみた【キャブコン編】

キャンピングカーキャンプをレンタルで体験!


キャンピングカーって実際どんな使い心地なんだろう?展示会などで見る度に、キャンピングカーキャンプを体験してみたい!という思いが止まらなくなった筆者。思い立ったが吉日!キャンピングカーを借りてキャンプに行ってみよう!と思い立ち、茨城県にある大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラに2泊3日で行ってみました。

今回はキャンピングカーの代名詞とも言える”キャブコン”を借りてみましたので、その実際の使い心地をレポートします。

レンタル費用はいくらかかるの?


キャンピングカーを借りるにあたってお店をいくつか調べてみましたが、キャブコンのレンタル料金は土日祝日1日2万5千円前後が相場となっているようです。2泊3日のレンタルでは約5万円台~7万円台が相場となり、土日の1泊2日ならば4万円~5万円といったところが一般的のようです。

今回筆者がお世話になったレンタカーショップは、予約日の前日は一律6千円で借りることができたので土日の前日金曜日を含めた2泊3日でも比較的お安くレンタルできました。

というわけで、金曜から日曜までの2泊3日にクリーニング代を含めた今回のお値段は51,600円。普通にキャンプをするよりは当然お高めですが、それこそ非日常を味わえることを考えれば納得できるお値段でしょう。

キャンピングカーキャンプに必要なもの


眠るのはキャンピングカーの中なので、テントは不要。FFヒーターで車内は暖かく、寝袋も薄めのものもしくは毛布のみでもOK。普段キャンプに持って行っている暖房器具もいりません。今回借りた車はギャレー(キッチン)のコンロが使えない仕様になっていたためツーバーナーは必要でした。これは借りる際に確認が必要な事項になるでしょう。

ツーバーナーを使う関係でキッチンは車外としたため、タープやキッチンテーブルその他、普段テントの外で使う道具一式を持っていきました。例えば、焚き火台に囲炉裏テーブル、ダイニングテーブル、ライト類、薪、炭、椅子人数分、2泊3日分の食料、飲み水などです。

レンタル当日の流れ

23c66edba393f042172ac28147f7cdc2

レンタル当日は自家用車にキャンプ道具を積み込み出発。お店に着いたら、万が一事故を起こした時の対処方法や補償についての説明を受け自家用車から荷物をキャンピングカーに積め込みます。

ここで驚いたのは意外と荷物が入る、ということ。車体後方の収納スペースの他、走行中に使わないベッド部分やサービスルーム(簡易トイレの置き場としても使用可能)などに荷物が入るため、子供のストライダーまでしっかり入れても乗車スペースには荷物が出ませんでした。

荷物を積み込んだら、自家用車はお店に置いたままキーを預けます。お店に到着してからここまででほぼ1時間。時間には余裕を持って計画を立てた方がよさそうです。キャンピングカーに乗り込んだらいざ出発!

今回レンタルしたキャブコンはベース車がトヨタのカムロードということで、やはり運転手のパパ曰く「トラックを運転している」という感覚のようですが、後部座席の乗り心地は車内の広さ、天井の高さも相まってさほど悪くはありませんでした。
高速道路はタイヤのバーストなどの事故を防ぐために時速80キロ走行でのんびりキャンプ場へ。キャンプ場に到着したのは夕方4時。普段のキャンプで4時にチェックインしたのでは、あっという間に暗くなる秋キャンプでは時間的に厳しめですが、そこはキャンピングカーキャンプ。タープを建てればすぐに夕飯の支度も始められるので、時間的にも余裕があり気持ちも楽でした。

今回は車のガスコンロは使えないようになっていたので、ツーバーナーとキッチンテーブルをタープの下にセッティング。車のギャレーが使えればその手間さえないのでもっと夕飯の支度はスムースかもしれませんね。

80fb7059a696e4a60a6164f7a202f7b5

今回のキャンピングカー、レオバンクスはダイネットを残したまま4人就寝が可能なレイアウトなため、子供が寝た後でも夫婦でのんびりあたたかい車内で語らいながらコーヒーを。というゆとりの時間も持ててゆっくりと時間が過ぎていきました。

キャンピングカー車内で工夫したこと

キャンピングカーの車内は普段の車内とはひと味もふた味も違うもの。そこで筆者が工夫してみたことをいくつか挙げてみました。

①チャイルドシート


我が家にはチャイルドシートが必要な年齢の子供が一人いるのですが、キャンピングカーにチャイルドシートが付くのかどうか、が懸念材料でした。キャンピングカーのシートベルトは二点式のものが多いようですが、後ろ向きのシートにシートベルトの長さを調整すればしっかり固定されました。急ブレーキをかけたとしても、チャイルドシートが飛び出すこともなく安全です。実際山道でも左右のずれもなく、実際下の子は行きも帰りもこの椅子でよく眠っていました。

②カラビナ大活躍!


キャブコンは少しのカーブでも荷物が動きがちです。それが小物ならなおさらのこと。車内の小物を定位置に固定するのに活躍したのがこのS字型のカラビナ。これでぶら下げておけば荷物が動くこともなく安心です。カラビナは数種類のサイズのものをいくつか持っていくと、その用途によって使い分けできて便利かもしれませんね。

ITEM

ナイトアイズ エスビナーステンレス


③車内の乾燥に注意


FFヒーターをつけている車内は予想以上に乾燥します。寝る前に濡れタオルを掛けたりマスクをしたりといった工夫が必要でしょう。また、FFヒーターの吹き出し口やヒーターからの熱気が溜まるサービスルームは予想以上に高温になりますので注意が必要です。

④車内の棚をうまく使おう


キャンピングカーの車内には備え付けの棚も豊富なので手回り品はそこに収納することを考えて、折り畳みコンテナなどに小分けにして持っていくのがいいでしょう。車内に荷物を積み込んだらコンテナから手回り品を棚の中に収納しまいコンテナは折りたたんで収納します。一つ一つの荷物を小さな袋やコンテナに分けることがキャンピングカーの車内をスッキリさせるコツといえるでしょう。

キャンピングカーで注意したいこと

①カーテンなどの装備品はついているか事前に確認しよう

page
今回の車は出発前にブラインドについては確認しましたが、車体前面のカーテンが外されていたことには気づかずに出発。そのため、車の全面から電気を灯した車内が丸見えの状態に…。そこで急遽、上記で紹介したS字カラビナの一方を洗濯ばさみに付け、片方をカーテンレールのエンドストップに掛けて目隠しのためにショールを吊り下げました。

③駐車場のサイズや道幅を調べておこう


車内が広いことが魅力のキャブコンですが、それは車体の幅が広いが故。そこでキャブコンでの移動には、駐車場のサイズや道幅など、ある程度の事前の下調べが肝心です。キャンプ場までの道が狭い場合もありますので、心配な場合はキャンプ場に聞いてみることも必要でしょう。

また、キャンピングカーサイトを使用しない場合もサイトに車が入るかどうかの確認は必要となります。その他、立ち寄り温泉や地元のスーパーなどを利用する場合も駐車場の広さや高さなどについて確認しておけば安心です。
ちなみに高速道路のSAやPA、道の駅はどこも広めに駐車スペースが作られているためあまり心配なく気軽に立ち寄ることができました。

憧れのキャンピングカーキャンプはレンタルでお手軽に


憧れのキャンピングカーキャンプ。キャンピングカーの購入を検討している方もそうでない方も、キャンピングカーの使い心地を手軽に味わえるのがレンタルの魅力です。寒い冬やアクティビティが豊富なキャンプ場に行く際には暖かく、設営撤収の手間がかからないキャンピングカーがとっても便利。

みなさんもいつもとは一味違ったキャンプを体験してみるのはいかがでしょうか?

Source: CAMP HACK

『Happier Camper』~ライトウェイトキャンパーのススメ~

今回紹介するのは、『Happier Camper』というキャンパー(キャンピングトレーラー)メーカー

オシャレなカフェやショップがあり、LAのトレンドを発信する街シルバーレイクにあるオフィス。街中でキャンパーを引っ張ってるだけで質問攻めにある事も。
002
アウトドア業界にウルトラライトの概念が普及して久しいが、キャンパーに取り入れられたのはHappier Camperが初めてでは?

ウルトラライトなキャンパーを紹介

001_a
憧れのキャンピングカー。でも大きいし、重いし、置く場所もない。そんな悩みを一気に解決してくれるのが、このウルトラライトなキャンパーだ。

カナダ生まれのデリックは日本にも住んでいた事がある親日派。90年代には六本木のバーで夜働き、昼は子どもに英語を教えていたという。

その後はドイツのベルリンに拠点を移し、音楽レーベルを立ち上げたり、Xゲームのウェブグラフィックデザインを手掛けたりと様々な経歴を持つ。2004年からはアメリカに定住。その後もiPadケースを作ったりとビジネスの手を広げた。

デリックはある日、68年式のヴィンテージキャンパーを父から譲り受けた。彼はそれをリペイントし、ロゴを貼って展示会や販売会などに乗り付けては話題となった。と同時に、そのキャンパーでキャンプや旅行に行っていたが、自分の会社のロゴが入った車体がどうにも自然にマッチしない。そこで個人用に別のキャンパーを購入した。

しかし2台分の駐車スペースがなかったため、知り合いの空き地を借りることに。するとその場所が目立ったのか、毎日のように「このキャンパーを売ってください!」と手紙が挟まれるようになった。中には「今週末だけレンタルさせてください」というメッセージもあり、売るのはイヤだけど貸すならいいかと快諾。

するとその借りた相手がデリックのキャンパーを大いに気に入り、ネットで高評価のレビューを残してくれた。それからはレンタルサインを掲示し、毎週のように貸し出しを開始。そこで得たお金でキャンパーを増やし、気がつくと10台を所有するまでになっていた。

大都会に住む人達は大きなキャンパーを置く場所もない。でもテントよりも快適なキャンパーで旅をしたい。さらに、ハイパワーなSUVを持っているとも限らない――そんな状況を察したデリックは、コンパクトキャンパーの時代がやってくるとにらんだ。だが中古のキャンパーは5000~6000ドルで、レストア代を含めると結構な金額になってしまう。

それならばいっそのこと一からキャンパーを作ってしまおうと、3年間をデザインや強度などの設計に費やし、Happier Camperを設立。ヴィンテージキャンパーのキュートなデザインや細部の利点は生かしつつ、最新のテクノロジーを取り入れ、商業用に使っていた経験から得たノウハウも投入し、HC1が誕生した。

003

車重はボディのみで500kg弱と超軽量。V8を積んだ大型車だけじゃなく、プリウスやミニなどの小排気量車でも牽引できてしまうのが魅力。今後はHC1のオフロードバージョンも検討中だという。

HC1の機能面の一番の特徴は、ベッドもキッチンも気楽に変更、移動でき、荷物も積むカーゴトレーラーとしても使用できること。バイクや自転車を積める様に大きなドアを持ち、床には水抜きドレンが設置されており、中を丸ごと水洗いできるなど、とにかく機能的なのだ。またソーラーパネルや携帯トイレなど、あらゆるシチュエーションにも対応できる多彩なオプションも魅力的。

HC1はロス郊外の工場でボディがつくられ、細かいインテリア部品は手作業で組み込まれる。週に2台しかつくれないので、ウェイティングリストは増えるばかりだ。カラーは5色で価格は1万5千ドル。日本の様な狭い場所にはぴったりサイズのHC1。この夏に是非いかが?

005好青年がデリック。HC1には物品販売などを目的にする商業専用のバージョンも制作されており、サイドに折りたたみのテーブルが付き、窓が大きく開閉する。キッチンカーとしても便利だ。

気になるウルトラライトキャンパーの内装&外装は?

006
オリジナルテーブルやベッドに使うボックスは外して野外でも使える様にデザインされている。

007
ヴィンテージキャンパーのデザインを生かし、HC1にも丸窓を採用。特に若い女性から人気。

009
車体の名前HC1はHappier Camper 1の略。みんなが覚えやすい様、最初のモデルだからシンプルに。

010

ソーラーパワーを生かし、水はモーターを使って組み上げられる。ガスレンジはカートリッジ式。

HC1に影響を与えた可愛いヴィンテージキャンパーたち

011camper

012camper

bsasikae

014camper
現在でもHC1販売する傍ら、人気のヴィンテージキャンパーのレンタルも行っており、価格は1日約125ドルから。 ヴィンテージならではの色や形が可愛らしいが、インテリアの匂いもヴィンテージであった。

photo & text:Yas Tsuchiya
cooperation:Happier Camper
同記事掲載の号はこちら!テーマは「クルマとカメラ」

ITEM

HUNT Vol.12


最新号はこちら!テーマは「アーバン・アウトサイダーズ 五つの心得。」

Source: CAMP HACK