キャンピングトレーラー

夢の”キャンピングトレーラー購入”を果たした西野さんファミリーにいろいろ聞いてみた

アイキャッチ画像提供:西野さん

キャンピングトレーラーが気になる!

牽引

出典:PIXTA

季節や天候に左右されず一年中アウトドアが楽しめる、キャンピングトレーラー。エンジンが搭載されていないため初期費用・ランニングコストの面でも自走式のキャンピングカーに比べてお手頃という見方もありますが、実際の事情はどうなのでしょうか。

そこで、今年めでたくトレーラーを手に入れられた方から、購入の経緯をヒアリングしてみました!

キャンピングトレーラーのオーナーに聞いてみました

photo_17-09-09-10-32-04-959

提供:西野さん

2017年6月にキャンピングトレーラーのオーナーになられた西野さんファミリー。購入のきっかけやメリット、苦労した点をお伺いしました。

まず、キャンピングトレーラーを買って良かったことは?

気軽にキャンプに行けるところですね。週末にキャンプに行くとなると一泊になりますが、テントの設営や撤収が大変で、なかなか遠方まで行く勇気が持てませんでした。

今は、金曜の仕事終わりに出発して、土曜日丸一日をキャンプやアウトドアを楽しんだりしています。

設営&撤収の手間ナシという、この身軽さに魅力を感じる方も多いのでは? その分のんびり過ごすことができますね。

購入のきっかけは何ですか?

photo_17-09-09-10-34-04-077

提供:西野さん

キャンプ場でキャンピングカーを見かけて、単純にいいなぁと思いました。

秋冬もキャンプに行きたいのですが、2歳と5歳の子どもがいるので朝晩の寒さが気になっていたんです。キャンピングトレーラーがあれば、暖房もあって暖かい布団で寝かせられるのでいいなぁと。

とにかく寝心地がいいことを強調したい! という西野さん。全二重窓で遮熱性が高く結露もしにくいため、キャンピングトレーラーがあれば夏も真冬のアウトドアも難なく楽しめそうです。

購入された車種は?

photo_17-09-09-10-32-11-306

提供:西野さん

トリガノというフランスの会社の「スターデラックス」です。静岡のキャンピングカー専門店のハタナカで購入しました。とても親切にアドバイスをして下さって、購入後も色々と相談にのっていただいてます。

ネットで調べて、現地に見に行かれたという西野さん。実際のオーナーのブログなどで、メリット・デメリットを調べるという手もありますよ。

キャンピングトレーラーを買うという選択は我が家にとっては冒険だったので、上手く使いこなせないかもという不安もありました。なので、コスパ重視で中古車を選びました。

内部スペックを教えてください

photo_17-09-09-10-34-07-760

提供:西野さん

ソファとテーブルにもなるダブルベッドが2つ。システムキッチン、冷蔵庫、FFヒーター、トイレ兼洗面所があります。

photo_17-09-09-10-34-02-283

提供:西野さん

三ツ口コンロにシンク付き。家のキッチンさながらに、使い勝手が良さそうです。

photo_17-09-09-10-34-05-972

提供:西野さん

オプションは、送風口にファンをつけました。夏場も車内の熱気がこもりにくいです。

photo_17-09-09-10-32-59-970

提供:西野さん

それから、バックカメラをつけて牽引中に後ろの安全をチェックしやすくしました。あとは、様子を見ながらリフォームをしようと思っています。今は床のマットを張り替え中です。その次は、ソーラーパネルをつけたいなと思ってます。

トレーラーを牽引しながらの運転はバック操作が特に難しいそうですが、モニターがあると安心ですね。快適化のための工夫や、いろいろカスタムするのも楽しそうです!

キャンピングトレーラー購入にまつわるリアル事情

photo_17-09-09-10-32-07-473

提供:西野さん

費用について

軽自動車の購入費くらいですね。主に中古車の中から検討したので価格帯も幅広く、予算に合わせて選べました。

自走式の相場は軽でも200万円以上ですが、トレーラーなら同じ予算で500万円クラスの広くて快適なモデルが買えてしまいます。車検や税金、登録諸費用も半分以下。保険もヘッド車でまかなえるので、ランニングコストの負担は少なそうです。

牽引するヘッド車の車種は?

photo_17-09-09-10-32-16-453

提供:西野さん

トヨタのヴァンガードです。今のところ順調に牽引してくれています。七人乗りでファミリーカーっぽくない丈夫な車ということ、キャンプをすることを考えてSUVを選びました。

トレーラー自体の重さが750kg以下の場合、牽引免許は必要なし。牽引車は4WDの本格オフロード車でなくともOK、2000cc以上のミニバンでも可能です。

キャンピングトレーラーの納車までにやるべきこと

駐車スペースは?

photo_17-09-09-10-33-02-020

提供:西野さん

自宅近くの月極駐車場です。駐車場探しはちょっと大変でした。

月極駐車場は周辺にたくさんあるのですが、広さが足りなかったり出入口が狭かったりで、トレーラーに適した場所がなかなか見つかりませんでした。

自宅駐車場は、たて幅が足りずに入らなかったという西野さん。

購入を考えている方は、まずは駐車場の確保をするといいと思います。普通の乗用車より長さが1メートルほど長いトレーラーが多いので、敷地内に入るかどうかを確認してみてください。

photo_17-09-09-10-34-33-604

提供:西野さん

場所さえ確保できれば、乗らないときは荷物置きにもなるのもキャンピングトレーラーのメリット!

納期&必要な手続きは?

キャンピングカーの専門店で購入したので、手続きは簡単でした。車検や購入後のタイヤやトイレの交換など、素早く対応してもらえましたよ。

あとは陸運局への申請や車庫証明の手配は経験があったので、自分たちで行いましたね。

photo_17-09-09-10-34-35-450

提供:西野さん

納車は、中古車なのですぐでした。購入したあとに、いくつかメンテナンスをお願いして1ヶ月後に取りに行きました。

中古車を購入して気になるところは新品に交換。かしこい買い方をすれば、低予算で夢のトレーラーが手に入るかも!?

夢膨らむキャンピングトレーラー、よく下調べを!

photo_17-09-09-10-32-13-614

提供:西野さん

キャンピングトレーラーには、移動中は乗れないという規則立ち寄り地での駐車スペース問題など、あらかじめ考慮すべき点もたくさん。それだけに、購入をめぐって家族で対立するケースも少なからずあるようです。

はじめに購入したいと言い出したのは、夫です。趣味のものなので本当に買っていいのだろうかと心の葛藤がありました。

初期費用はもちろんですが、駐車場などランニングコストもかかるので、家族で何度も話し合いをしました。キャンピングカーのフェアや専門店に足を運んで、コツコツと貯金をして、じっくり検討しましたね。

きちんと調べて家族総意のもと、円満に購入された西野さん。これからの季節も、トレーラーで身軽な快適アウトドアを満喫されるそうです! さあ、あなたも夢のトレーラー生活、検討してみては?

西野さんに続こう!

中古でかしこくキャンピングトレーラーを買いたいとウズウズしてきた方、まずはこちらで下調べを!

Debut! Camping Trailer Life!

キャンピングトレーラー、デビューしちゃおう!

Source: CAMP HACK

購入前にチェック!中古キャンピングトレーラーの基礎知識&選び方

アイキャッチ出典:インディアナ・RV

探す前に知っておきたい!キャンピングトレーラーの車検について

キャンピングトレーラー 中古

キャンピングトレーラーも車両なので、自動車税も車検も必要不可欠です。一見、お金がものすごくかかりそうに見えますが、実はエンジンを持たないキャンピングトレーラーは意外にも維持費は高くつきません。まずはどれくらいの車検費用がかかるのかをチェックしておきましょう。

キャンピングトレーラーの車検(2年毎)は2万円程度!

トレーラーの車検にかかる費用は、「重量税」「自賠責保険」「検査手数料」主にこの3つです。普通自動車で牽引できるぐらいの重量であれば、車検は2万円程度で収まるので意外と維持費は安く済みます。キャンピングトレーラーは、2年ごとに車検が必要です。では、早速それぞれにかかる費用を細かく見ていきましょう。

自動車税は1万円代

自動車税は排気量で税額が決まります。キャンピングトレーラーはエンジンを持たない「被牽引自動車」に分類されます。「被牽引自動車」の税額は、大体の自治体が10,200円ぐらいで価格を定めています。

重量税は8,200円程度!

普通免許で牽引ができる750㎏以下の場合だと、重量税は8,200円程度になります。1t以上のトレーラーでも、だいたい2万円以下の価格で収まります。

自賠責保険料は4,650円(2年)

キャンピングトレーラーでも車両に属するので、自賠責保険は必須です。ただし、キャンピングカーと違って自走ができないので、保険料は4,650円と比較的安価に設定されています。

検査手数料は18,00円+書類代金100円程度

運輸支局に払う検査手数料。だいたいはこの金額です。また、車検に必要な申請書を購入する必要があり、書類代金は運輸支局によって異なります。(100円代を超えるところはありません)

中古キャンピングトレーラーを選ぶポイント1

キャンピングトレーラーはキャンプと生活に密着したもの。第二の家と言っても過言ではありません。このため、中古車が安く済むとはいっても居住性能や快適さは譲れませんよね。今回は「失敗しない」キャンピングトレーラーの中古車選びを重要な5つのポイントを紹介します!

どんなキャンピングトレーラーを求めているのか、考える

キャンピングトレーラー 中古

出典:PIXTA

中古車販売のホームページを見る前に、やることがあります。それは、「どんな使い方をしたいのか」「何を重視しているのか」という2点をハッキリさせること。中古車は安ければ安いほど、なにかしら弱点があります。その弱点を目の当たりにしたときに悩まないためにも、前もって考えるということが重要です。

中古キャンピングトレーラーを選ぶポイント2

キャンピングトレーラーの新車を見て、判断ポイントを決める

キャンピングトレーラー 中古

出典:romin

キャンピングトレーラーはさほど市場が大きくないため、数もあまり出回っていません。中古車であればなおさらです。したがって「お店に行っても比較ができない」場合があります。このような事態を避けるため、色々な中古車販売店に足を運ぶよりも、まずは一度新車を比較しましょう。

おすすめは全国各地で開催される展示会イベントです。ご自身が気に入ったポイントが、中古車を選ぶ際に重要な判断ポイントになります。
イベント情報は日本RV協会JRVAのHPで入手できます。

中古キャンピングトレーラーを選ぶポイント3

キャンピングトレーラーの中古車は商品の名前で検索!

キャンピングトレーラー  パソコン作業する手

出典:photoAC

インターネットで「キャンピングトレーラー」と検索するのは、実は効率がよくありません。なぜなら、よくヒットする大手中古車販売サイトに掲載するためには費用がかかるからです。

市場の大きくないキャンピングトレーラーですから、販売サイトよりもお店のサイトで掲載している場合がほとんどです。中古車を探す際には商品の名前で検索し、お店のホームページを探しましょう。

中古キャンピングトレーラーを選ぶポイント4

キャンピングカーの中古販売店に足を運ぼう!!

キャンピングトレーラー 中古

出典:goo-net

中古情報をキャッチしたら、中古車の在庫を持っているお店に行きましょう。写真では見つからなかったポイントがいくつも出てきます。主に「におい」「雨漏り状況」「塗装の剥がれ」「使用感」「快適さ」「きれいさ」が挙げられます。しかし、先に紹介した3つのポイントを押さえておけば、目をつむれるのか、そうでないのかがすぐに決めることができます!

キャンピングトレーラーを選ぶポイント5

ヤフオクは一見する価値あり!

ヤフオクロゴ ヤフーオークション

出典:Googleplay

ヤフオクの中には販売店が中古のキャンピングカーを出展しているケースもあるので、入札せずに購入できるケースも。しかし、あまりにも安いトレーラーは「車検書」「牽引車両の登録」が付いていない場合もあるので注意が必要です。そうなると陸運局に通わなくてはならなくなったり、最悪の場合公道を走れないトレーラーを購入する羽目になります。

キャンピングトレーラーを買うなら!おすすめ販売店を紹介

キャンピングトレーラー 中古

東和モーターズ

輸入キャンピングカーをはじめ、国産バスコン・バンコン、軽自動車キャンピングカーなど、は幅広いラインナップと、大手ならではの充実した商品数が魅力の新車・中古キャンピングトレーラーの販売店です。
【店舗情報】
東京本店、埼玉入間店、埼玉所沢店、埼玉本庄店、横浜店、千葉店、東京世田谷店、札幌スポット
詳細はこちら

デルタリンク

『キャンピングカーを通じて、お客様に素晴らしい人生を送ってもらう』を企業理念に国内外の様々なキャンピングカー・トレーラーを取り揃えており、自社でもオリジナル商品を開発。ヨーロッパ製品Adria-Mobil社の販売総代理店も務める新車・中古車の販売店です。
【店舗情報】
倉敷ベースキャンプ展示場、広島ポイント展示場、広島サービスファクトリー、千葉ポイント展示場、横浜ポイント展示場、横浜サービスファクトリー、新潟ポイント展示場、宮城ポイント展示場、デルタリンク韓国
詳細はこちら

RVランド

なんと常時50台以上のキャンピングカー・キャンピングトレーラーが見られる国内最大級の屋外キャンピングカー展示場を兼ね備えているRVランド。オーナー様向けのサービスで宿泊施設があるなどご購入後のアフターサービスに万全を期すことをモットーにしている新車・中古車販売店です。
【店舗情報】
本社、RVランド イオンモールつくば店、RVランド コンセプト(流山店)、RVランド 九州 -鳥栖展示場-、メンテナンス工場(ミツワカーデザイン)、RVランド メンテナンスファクトリー・エシマ自動車
詳細はこちら

キャンピングカーのフジ

全国でも最大級の在庫保有数を誇り、常時全国で700台以上の展示車があり、国内市場の約6割以上を占めている販売店。幅広いラインナップとサービスが魅力。全国納車も承っています。買取や委託販売にも力を入れている販売店です。
【店舗情報】
札幌店、仙台名取店、茨城中央店、柏店、新潟店、狭山店、厚木店、岐阜店、広島店、鳥栖店
詳細はこちら

移動するマイホーム!「キャンピングトレーラー」

キャンピングトレーラーの内装、外装、キッチン、寝室

欧米では高い普及率を誇るキャンピングトレーラー。その良さを知らないなんてもったいない!車両と居住部分が分かれているのが最大のポイント。レンタルや常設トレーラーでまずは体験してみるのもおススメ。あなたの愛車と共に活躍してくれる「相棒」を手に入れて、キャンピングトレーラーデビューしてみませんか?

Let’s get a new outdoor life with a camping trailer

キャンピングトレーラーで新たなアウトドアライフを手にいれよう!

Source: CAMP HACK