キャンプ入門

念願の北海道ロードトリップその①〜星に手の届く丘キャンプ場にて〜【YURIEの”ゆるっと”バンライフ#5】

憧れの北海道でバンライフ



ヤッホー! YURIEのゆるっとバンライフです。

今回は何と皆さんお待ちかね(?)の北海道ロードトリップ!! バンライファーの先輩方に会う度、高確率で「北海道は最高だよ〜」と言われ続け、憧れだった北海道。ついにサンシー号とともに行くことができました。

ボリュームたっぷりなので何回かに分けてお送りしていきます。

それでは、レッツゴー。

最初に向かうは函館



まず今回のルートです。青森の津軽海峡フェリーを利用して函館へと向かいます。



都心から自動車東北道をひたすら降ること8時間。途中、仙台で休憩をしつつようやくフェリー乗り場に到着です。

フェリーの中はこんな感じ



車に乗ったままフェリーに入ります。こちらがフェリーの中の駐車場です。

最大で乗用車230台を積載できるそうです。



フェリーの中は、想像以上にきれいでした。ここは共有スペースです。ホテルっぽい雰囲気。シャワールームも完備。函館まで3時間40分の船旅です。

北海道に到着!まずは…



ついに函館に到着。

早速、ずっと食べてみたかったハセガワストアーのやきとり弁当を購入。車で食べながら今日のキャンプ場に向かいます。ちなみにやきとり弁当に使っているお肉は鶏ではなく豚肉です。北海道の道南エリアでは一般的にやきとりというと、豚肉のことを指すみたいです。



函館から車を走らせること5時間。富良野の「星に手の届く丘キャンプ場」に到着です。こちら併設している (ひつじの丘)にてジンギスカンが楽しめます。

キャンプ場にチェックインして、さっそくひつじの丘へ。

運転で疲れて腹ペコなので、早く食べたくて食べたくて。しかもなにやらこちらのジンギスカン屋さん、ミシュランガイドに掲載されているとのこと。期待が高まります!

北海道切ってのジンギスカンをいただきます!



名物のサフォークジンギスカンです。サフォークという羊の種類は顔と足が黒いのが特徴。

北海道や信州の限られた地域でしか飼育されていないので、希少度の高い最高種の羊生肉と言われています。ラムの王様や〜。

羊独特の臭みは全くなく、とっても柔らかくてジューシー。美味しすぎます。



ご褒美ビールとともに、ふたりで3人前をあっという間に平らげてしまいました。テラス席のみなので、旦那は700FPの厚手のダウンを着て食べています。

夜の星空のきれいさたるや…



ふぅー。美味しかった。おなかも満たされたので、日が落ちる前に急いでテントを張ります。



一仕事終えて、夜食タイム。今夜はチーズに赤ワインです。

焚き火で暖をとりながら、至福の時間。



そろそろ就寝です。星が夜空一面に。

キャンプ場の名前通り、手が届きそうなくらいの180度星空ビュー。写真ではなかなか伝わりにくいですが、目が慣れてくると星屑まで見えます。天然のプラネタリウムや〜。

北海道でのキャンプを大満喫



おはようございます。

雲ひとつない快晴で最高のロケーション! 雪化粧した山々をバックに朝食タイムです。



北海道産の玉子で目玉焼きを作ります。



丘の駅で、珍しいな〜と思って買った「ほおずきのジャム」。甘酸っぱくて美味しかった。これにして大正解。



テントから十勝岳連峰を眺めます。名残惜しいですが、そろそろ出発です。



昨日お世話になった羊さんたちにも別れを告げます。このキャンプ場では、朝の時間に羊を放牧しているので運が良ければサイトに遊びに来てくれます。



最後に記念撮影をして、次の目的地へ。次回は旭川編です。乞うご期待!

~第6回に続く~

YURIEさんの過去連載はこちら!

Source: CAMP HACK

【ファミリーキャンパー相談室】家族で今よりもっとキャンプを楽しむにはどうすればいいの?

アイキャッチ画像出典:PIXTA

できるだけストレスフリーなファミリーキャンプを楽しみたい

出典:PIXTA

「キャンプ自体は好きだけど、いつも喧嘩がつきもので気疲れしちゃう」。そんなご夫婦は少なくないようです。とかく相手を責めてしまいがちですが、要因は必ずしも相手側にあるわけではないかも?

能動的にできる改善策があるとしたら知っておきたいものですが、それって一体……?

そうだ、先輩キャンパーに聞いてみよう!

撮影:編集部

解決策を知るべく、三名のファミリーキャンパーにお集まりいただきました。いずれも妻であり母であり、自ら率先してアウトドアに出かける意欲的で知識豊富な方々です。

先輩キャンパーによる「お悩み相談室」を開室!

Yさん

キャンプ歴約40年。夫と子供を巻き込んで、キャンプを始めました。これから免許を取って、ソロキャンプにも行きますよ~!

Sさん

キャンプ歴40年超え。ソロ・デュオ・グループ・ファミリー、どんなスタイルもドンと来い! 200%楽しみます!

Fさん

キャンプ歴4年。キャンプは専ら自分主導ですが、家族全員が楽しめることがモットーです!

……大ベテランにビギナーに近い視点をお持ちの方というこの三名をアドバイザーに迎え、さっそく妻・夫双方のお悩み解決と参りましょう!

ファミリーキャンプ相談室スタート!

ケース1:旦那が何にもしなくて不満が募る

妻1

設営も料理も子供の相手も、わたしばっかり。少しは動いて欲しい!!

撮影:編集部

まずは、妻側から発せられる不満としてよく聞かれるこの問題です。

Fさん

イライラすると場の雰囲気も悪くなって、いいことないですよね。改善策として、分担制を提案してみたらどうでしょう?

Yさん

まずは得意なことを相手に選んでもらうといいですよね。

撮影:編集部
Sさん

遊びの延長という感覚で、アウトドアだからこそできる簡単なこととか。

Fさん

たしかにアレもコレもやって欲しいって一気に求め過ぎるのも、イライラの原因かも。キャンプの前に、よく話してみるといいんじゃないでしょうか。

せっかくなら一緒に楽しみたいキャンプ。理想を押し付けず、相手の興味を少しずつ引き出してみると変わるかもしれません。

ケース2:妻がキャンプに乗り気じゃない

夫1

家族みんなでキャンプに行きたいけど、妻にいつも断られるんです……。

出典:PIXTA

続いては、家族を愛する夫側に多いお悩みです。

Yさん

これは心が折れちゃいそうですね。ん~、誘い文句を変えてみるといいかも!

Sさん

ご主人からのキャンプの魅力の伝え方が「絶対楽しいから!」っていう、主観になってるって話も聞きますね。

出典:PIXTA
Fさん

奥さん側にメリットがあることを伝えると、変わるかも。座ってるだけでいいよ~とか。

Yさん

どんなキャンプにしたら奥さんがリラックスできるかを、考えてみることからですね!

「何か家にいるよりキャンプに来たほうが楽かも?」ここまで思わせられたら、状況は変わるかもしれません!

ケース3:いつも積載で揉める

妻2

夫の積載へのこだわりが強すぎて。キャンプに行く前からケンカです。

撮影:編集部

これはまた、夫婦双方からもめ事のタネとして聞かれるトピックスですね。

Sさん

わかります! うちの夫も「きっちりテトリスできないと嫌だ」って、買うギアの形も基本四角って指定してきますよ(笑)。

Fさん

そ、そこまで!? でも口出しちゃうと余計険悪になっちゃいそうですね。

撮影:編集部
Sさん

そうなんです。だからここは夫の領域としておまかせしちゃいます。その分他の事で自由に立ち回ればいいって、気持ち切り替えて。

Yさん

たしかに、ムキになって固執しちゃうと余計ギスギスしますよね。これは、自分の問題でもあるのかも。

出発前の険悪ムードをキャンプに引きずらないよう、”気にしない精神”を養っておくのも得策です。

相談室は、まだまだ続きます。次は夫婦にありがちな「すれ違いパターン」。

ケース4:キャンプでどう動けばいいかわからない

夫2

キャンプに行っても何をすればいいかわからなくて。妻をひたすらイライラさせちゃうんです。

出典:PIXTA

これは”思い違い”から起こりがちなトラブル……!?

Fさん

これ、奥さん主体でキャンプを始めたファミリーに意外と多いようですね。

Yさん

「何お茶とか飲んでのんびりしてんの?」って言われるけど、旦那さんからするとただ動き方がわからないだけっていう。

出典:PIXTA
Sさん

キャンプが好きな奥さんなら、こだわりや理想があるはず。その夫として、スーパーサブに徹しましょう! 子供と遊んだり、洗い物を手伝ったり。

Fさん

同じようにやらなきゃと思うと、不安で何もできないのかも。自分にできそうなことを探すといいですね。

主導権は夫婦どちらにあってもいい。ただ、パワーバランスの均衡はキャンプに限らず家庭円満の必須条件ではないでしょうか。

ケース5:「理想的なキャンプの過ごし方」が違う

妻3

夫はアクティビティメインのキャンプが好きなんですけど、わたしはのんびりしたい派。

出典:PIXTA

次は、妻と夫とで食い違いが見られるケースです。

Fさん

現地での理想の過ごし方が違うパターンですね。

Yさん

家族みんなで来てるんだからって合わせても、本音としては楽しめないですよね……。

出典:PIXTA
Sさん

無理に合わせることはないですよ! うちはファミリーキャンプでも、”乗り鉄”の夫が鉄道に乗っている間にわたしはトレッキング。夜になってサイトに集合なんてこともありますよ。

Fさん

いいですね、それ! 自分なりの楽しみ方をしてもいいんですよね。

楽しくなければ、せっかくのキャンプも嫌な思い出に。家族間でも自由行動があってもいいですね。

ケース6:家族に一体感がない

夫3

設営はいつもボクが完璧にこなしてます! なのに妻と子供は不満気……なぜ?

出典:PIXTA

最後は、理想のあまり突っ走ってしまうお父さんの話。

Sさん

すごい気合入ってる風なお父さん、いますよね。

Yさん

お父さんがピリピリしながら設営しているサイトも、たまに隣合わせます。ママと子供は所在なさげでちょっと可哀想……。

出典:PIXTA
Fさん

これは、家族を置いてきぼりにしているパターンかも。加わりたくても言い出せない可能性がありますね。

Sさん

この場合、一人で仕切るんじゃなく家族に歩み寄るのが正解かもしれません

いいことばかりでなく、苦労を共有するのもキャンプの醍醐味。家族みんなで成長体験を共有したいですね!

【総括】先輩キャンパー的「ストレスフリーなキャンプの楽しみ方」

出典:PIXTA

家族間トラブルの解決策を考えていくなかで、みなさん共通して頷いていたことがあります。それは「ファミリーキャンプでも、お互いを縛らない」ということ。

価値観を押し付け合わず、それぞれの得意なことを活かしてパワーバランスを保つ。それがストレスフリーなファミリーキャンプの秘訣のようです!

Source: CAMP HACK

キャンプスタイルも車もケタ違いのビッグスケール!【@__good.day__shizu__さんをウラ側HACK!】

アイキャッチ・記事中写真提供:__good.day__shizu__さん

とあるキャンパーに徹底フォーカス!



インスタグラムに寄せられた『#camphack取材』タグがついた投稿の中から、気になるキャンパーを取材する企画『あのキャンパーのウラ側HACK!』。

今回は、キャンプスタイルと愛車から並みならぬキャンプへの情熱を感じる@__good.day__shizu__さんの登場です!

プロフィール



お名前:シズ  さん
Instagramアカウント名:@__good.day__shizu__
お住まい:静岡県
ご家族構成:6人+ワンちゃん1匹
ご職業:自営業
キャンプ歴:2年
キャンプスタイル:ソロキャンプ・グループキャンプ



まずはキャンプを始めたきっかけから。

インドアな仕事なので、昔から好きだった外遊びをしたかったんです。

家族を持って「これならみんなで楽しめる!」という言い訳ができたことで、自分がやりたかったキャンプを始められたのかもしれません(笑)。

当初はソロキャンプがメインだったというシズさん。

今ではインスタグラムを通じて知り合った仲間と行ったり父子キャンプなど、スタイルも変化しているようです。



始めたのは、約二年前。新星アウトドアブランドが次々と立ち上げられた頃ですね。

ブームに乗るようにキャンプを始めたおかげで、こだわり抜かれたガレージブランドのギアや数々の素晴らしいテントに出会えました。

キャンプではそれらに囲まれ、贅沢な時間を過ごしています。

その時の気分に合わせて”キャンプスタイルを変えながら雰囲気を楽しむ”という、シズさん。

当然テントやギアもスタイルに合わせて取り揃えられているのですが、そのラインナップが半端じゃないんです!

シズさんの愛用テント

シズさんのキャンプスタイルは、男前系の渋い雰囲気からビンテージテイストまで多種多様。ギアまで変化するスタイルは圧巻で、合わせるテントは計30幕以上。

中でも特にお気に入りの3大ブランドが、こちら!

1. ヒルバーグ

キャンプを始めて最初に買ったのが、ヒルバーグの「サイタリス」でした。

2回目のキャンプの時に嵐のような強風に遭いましたが、その時家族をしっかり守ってくれた強靭さに魅了され、ヒルバーグのファンになりました。

その体験のせいか、ヒルバーグの使用回数は今でも1番多いのだとか。

その後革タグや廃盤モデルにハマり、旧サンドカラーの「スタイカ」は特に気に入っています

長男と父子で行く回数が多いので、2人用として使うお気に入りの幕です。

現行品よりやや黄色味の強いマスタードイエローの旧サンドは、今ではかなりレアなモデルです!

2. MOSS(モス)

アメリカ発祥のテントメーカーで、ブランド自体は消滅してしまいましたが「トリトン」や「デルトイド」「リトルディッパー」などを所有しています。

MOSSは、フレームのなめらかな曲線が独特の美しさを放つヴィンテージテント。あまり見かけませんが、使い勝手は……?

中でも「アンコール」というテントは背が高く、出入りがとても楽です。ポールも4本のみで設営が簡単、おかげで帰ってから腰が痛くなりません(笑)。

内部は子供と一緒に4人位まで悠々と寝られる広さです。

ヴィンテージであることやフライシートの裾が短く雨に弱いというネックはあるものの、とても使いやすく重宝しているのだそう。

3. MSR

「バックカントリーバーン」に「モールーム3」などグリーンやクリームカラーも好きですが、廃盤のタンカラーのシリーズが特に好きです。



MSRの中で1番使用頻度が高いのは、大型シェルターの「パビリオン」だそう。

大型なのに設営がとても簡単なんです。カンガルースタイルでもリビングが広く取れますし、跳ね上げてタープ代わりに使用したりと自由度も高い。特に雨の日や冬に大活躍しています。

風が強い日は注意が必要ですが、迷った時はパビリオンを持って行けば間違いないというお気に入りのシェルターです。

シズさんのインスタグラムには、この他にも数々のレアテントがズラリと並んでいます。アウトドアショップでもちょっと見かけないこういったテントは、一体どこで入手されているのでしょうか?

テントの購入経路と狙っているアイテム

現行で販売している物は店舗で購入しますが、廃盤品などで店舗に取り扱いのない物は、オークションやフリマアプリなどを活用しています。

さらに中々出回らない物は、eBayなど海外サイトで購入しますね。

やはり、そうですよね。でもレアな海外幕に興味はあっても、不安で躊躇してしまう方も多いのでは。そこで、アドバイスをいただきました。

海外サイトでテントを買う時に、気をつけると良いこと

ヴィンテージテントは玉数が少なく、欲しくても手に入れらないことが多いと思います。なので本当に欲しいものなら見つけた時は、早めの決断も必要になるかと思います。

一点モノですから、迷っているうちに他の人に渡ってしまう可能性大です。しかし、即決は危険!

しっかり質問などをして状態を確認すること。

それでも到着してみたら思っていたより状態が……なんていう事もありうるので、リスクも視野に入れた判断が一番大切かと思っています。

僕自身も経験や知識がまだまだ浅いので正解はわかりませんが、海外サイトを利用するなら詳しい先輩方に相談しつつ、ある程度の知識を得た上で始めることをおすすめします。

下調べと慎重さも必要ですね。おすすめのサイトを伺うと……

国内のオークションサイトやeBayなどの海外サイトですね。このあたりから購入するのが、1番賢く失敗しない方法かと思います。

テントの個人輸入を考えている方、ぜひ参考にしてみてください!

ちなみに、これから欲しいギアは?

オリジナルのアウトドアギアを展開する@axisaxisbeautifuldeerの「gyokuza(玉座)」というチェアです。細かな部分まで本当に計算されて作られていて、座り心地が抜群!

自分の体格とのフィット感も最高で、座った時のあの感覚は今でも忘れられません。

名前に違わぬ貫禄のあるチェア。シズさんの所有ギアにも、バッチリ似合いそうです。

そしてシズさんはキャンプスタイルがスゴいだけでなく、車もビッグスケール!

愛車は「シェビーバン」



キャンプ場でも圧倒的存在感の、シェビーバン。元祖アメ車といったルックスは、ただならぬオーラを感じます。

乗り始めて1年半位ですね。私たち家族は6人+トイプードル1匹で、家族旅行でさえも荷物が多く困っている状態です……。

さらにキャンプ道具の積載は厳しく、それならばとキャンプの為に車の購入を決断しました!

選べる車はかなり限られていて、ハイエースなども検討したものの最終的にはシズさんの独断でこちらに決まったのだそう。

車中泊もできるように内装を少し変えてあるので、帰りの日が雨でも前日に撤収してしまい、車で寝ることで雨撤収を回避できたりと何かと助かっています。

全長5mにも及ぶフルサイズバンということで、当然積載量もアップしたのでは?

何でも飲み込む積載量は凄いと思います。逆にいくらでも載るのでギアが増えちゃいます(笑)。

よく言う大きさについては慣れればなんてことないかと思いますが、古い車なので不具合はやはり起こります。

頻発することはないのですが、いつ起こるかという慢性的な不安はついて回り、新しい車にはない苦労かと思います。

しかしそれが逆に、愛着が沸いてより好きになっていくのだとか。

何より1番は、古いアメ車特有の雰囲気とカッコよさ。デメリットを全て帳消しにするメリットです!

積載量とルックス、その両面において満足の行く愛車のようです。

さあ、続いてはこの企画恒例の「ウラ事情」に移りましょう!

シズさんの「ウラ事情」

キャンプが原因で、ご家族ともめたことはありますか?



キャンプに費やす月間の金額は「考えないことにしている」と答えられたシズさん。

2018年1月の時点でこれだけのキャンプギアが揃っていたようで、収納問題などで問題は無かったのでしょうか?

特にありませんが、ギアが邪魔だから片付けろと言われてます。車と同じように、家も広くできたらよいのですが……(笑)。



と言うシズさん、まだまだギアは増えそうです。

ただキャンプギアは仕事場でも使われている模様。せっかくのお宝ギア、キャンプ以外でも活用すればより実用性が上がりますね!

お気に入りのキャンプ場

ふもとっぱらキャンプ場(静岡県)

家からも富士山が見える所に住んでいますが、ふもとっぱらの広大な草原から見える大きな富士山は別物で、よく行く大好きなキャンプ場です。

あと夏になると水質の綺麗な本栖湖へ、SUPやシュノーケリングをしに行きます。

ふもとっぱらキャンプ場について、詳しくはこち

最後に、シズさん的「キャンプの魅力」とは?

冬の極寒の中でのテント泊や、オイルランプの優しい光。焚き火の揺らめく炎を眺めて過す夜。そして童心に戻って非日常的な空間を過ごせることが、何より大きな魅力だと思います。

シズさん、ご協力ありがとうございました!! 

あなたのキャンプスタイルをCAMP HACKが記事にします!



みなさんのこだわりのキャンプサイトを、CAMP HACKで紹介しませんか? インスタグラムでCAMP HACK公式アカウント(@camp_hack)をフォロー、そしてハッシュタグ『#camphack取材』を付けて投稿するだけでOK!  私たちが取材し、あなたのキャンプスタイルを記事にします!

過去の取材記事はこちら

Source: CAMP HACK

リップクリームが火起こしに役立つ?と聞いて、光の速さで試してみた!

記事中画像撮影:すべて筆者

リップクリームってくちびる専用じゃない!



カサカサのくちびるに潤いをもたらす「リップクリーム」。必需品として毎日持ち歩いている方も多いと思います。

もちろんくちびるにも塗るけれど……



冬だけでなく、大量の紫外線を浴びる夏もくちびるケアはしっかりしておきたいものですが、リップの用途はそれだけじゃありません。

じつは、リップクリームは火起こしに一役やってくれるのです。

なんと、火起こしに効く!

出典:PIXTA

調理、焚き火……キャンプでは火起こしするシーンがたくさん。市販の着火剤を忘れたときなんかに「リップクリーム」が重宝するんです!

そのままでは着火できない



ただ、そのまま直接リップに火をつけても溶けるだけ。心強いアシスト役と心得ましょう。ロウソクのロウ部分に直接火をつけてもつかないのと一緒で、ちょっとした工夫が必要なんです。

コットンをアルミホイルで包めば即席着火剤が完成!



それではまず、自作の着火剤を作ってみましょう。作り方はいたって簡単。

用意したのはコットン。化粧水などを肌になじませるのに使うものです。たまたまこれがあったので使いましたが、コットンでなくても包めて燃えるものであれば何でもいいでしょう。



リップを5mmほどの厚さにカットします。



それをコットンで包んで、よく揉み込みます。



アルミホイルでさらに包んで、クルクル丸めます。



広げればハイ完成! リップがしっかり染み込んだコットンが着火剤代わりです。



いざ着火! さてさて……。



ご覧のとおり、かなりしっかり燃えてくれます! コットンだけならすぐ消えてしまうところですが、リップと混ぜ合わせたおかげで炎の持続力が大幅アップ。

包んだアルミホイルが風防の役割を果たしてくれますし、動かす際も便利なんです。

リップなしと比較してみる

ではここで「リップなしに比べてホントによく燃えるの?」というギモンを解消すべく、ふたたび実験してみます。

麻にもに塗り込んでみる



試してみるのは手軽な着火剤として知られる「麻ひも」。



同じ長さカットした麻ひもを2本用意しました。上は元の状態のまんまで、下がリップを塗り込んだものです。

同時に着火して燃焼時間を比較



それぞれの麻ひもに同時に火をつけてみて、どちらが長く燃えるかを比べてみたいと思います。では着火!

明らかに炎の持続力アップ!



リップなしの上の麻ひもは火はつくものの、あっという間に消えてしまいました。対してリップを塗り込んだ下の麻ひもはまだ燃え続けています。やはりリップを塗り込んだもののほうが炎が長持ちするようです。

理由は、リップクリームはおもにワセリンや蜜蝋といったものでできており、元はといえばオイルやロウだからです。

ローソク代わりにもなるのでは?

出典:PIXTA

リップがロウなら、きっとロウソクにもなるはず……ということでこちらも試してみます!

綿棒を用意



まずは綿棒を用意。これが芯代わりになります。ちょっと長すぎるので半分にカットします。

リップを塗り込んで



綿棒にリップクリームをしっかり塗り込んでいき、全体になじませます。

リップに差し込み



これをリップクリーム本体に差し込みます。何やらロウソクっぽくなってきましたよ。

火をつければ完成



おもむろに火をつけると……。



いい感じのロウソクになりました! 小さいのですごく明るいというわけにはいきませんが、緊急時には役立つかもしれませんね。

何かと役立つリップを常備しよう!



着火のアシストをしてくれるリップクリームが、いかに有能かお分かりいただけたかと思います。

くちびるケアにはもちろん、ナイフの可動部に塗って潤滑油にしたり、革製品を保湿したり、靴擦れを緩和したりと何かと役立つリップクリーム。

携帯しやすいのでポケットにしのばせたり、ファーストエイドキットに加えてみてはいかがでしょうか。

Source: CAMP HACK

理想のギアは自分で創る!超絶クリエイティブなキャンパー【@akatonbo516さんをウラ側HACK!】

アイキャッチ画像提供:akatonboさん

とあるキャンパーに徹底フォーカス!

Instagram Photoインスタグラムに寄せられた『#camphack取材』タグがついた投稿の中から、気になるキャンパーを取材する企画『あのキャンパーのウラ側HACK!』。

今回は@akatonbo516さんの登場です。物づくりを生業とする方ならではの、本格カスタムギアは必見!

プロフィール

提供:akatonbo516さん

お名前:akatonbo  さん
Instagramアカウント名:@akatonbo516
お住まい:神奈川県
ご家族構成:奥様・娘さんお二人
ご職業:プロダクトデザイナー
キャンプ歴:10年以上
キャンプスタイル:ファミキャン・グルキャン・ソロキャン

Instagram Photoキャンプを始められたきっかけは、幼少期のアウトドア体験なのだそう。

渓流釣りが好きな父親について行き、野営のようなキャンプをしていました。自然の中で遊ぶ楽しさに目覚めたことがきっかけです。

時は経ち、そのプリミティブな体験に独自の美的センスと技術が融合!

akatonboさんを最強にクリエイティブなキャンパーと呼ぶべき理由は後半でご紹介するとして、まずはため息モノのテントコレクションから見せていただきましょう。

レアものから憧れ幕まで!錚々たる所有テント

Instagram Photoいろいろなキャンプスタイルを楽しまれているakatonboさん。ネイバーフッド×ヘリノックスの「Eシェルター」にMSRの「ストームキング」など、所有テントも様々です。

Instagram Photoドイツのメーカー・VAUDE(ファウデ)の「エクスプローラー キャッスル」。こちらも珍しいですね。

いずれもレア度・価格的にも簡単には手に入らない幕ばかり! ソロ・グルキャンとスタイルに応じて取り揃えられている中から、お気に入りをセレクトしていただきました。

ソロ幕:LITEFIGHTER「シェルターシステムテント」

Instagram Photo

軽量なうえ設営が簡単なので、仕事終わりにキャンプへ行って暗い中でも簡単に建てられます。現在は廃盤なのですが……。

アメリカ軍にテントを納入しているLITEFIGHTER Systems社のテントは、日本ではかなりレア。同じく入手困難なWINDY AND RAINYの「スターライトタープ」とも、絶妙にマッチしていますね。

グルキャン幕:ogawa「アポロン」

Instagram Photo一方のグルキャン幕は、ogawaのアポロン。ものすごい広さであることが、写真からも想像がつきますね。

Instagram Photo

寝床を入れなければ、10人以上でも余裕で使える広さが気に入っています。何よりフルオープン時の解放感も良く、メッシュを閉めれば虫の多い夏でも快適です。

ロングスケールながら、独特のフレームワークと開放感たっぷりの窓で閉塞感は無し! これからの季節ますます活躍しそうな一幕です。

「無いなら創る」が、akatonboさん流!

Instagram Photoakatonboさんのインスタにはとにかくカッコいいアイテムばかりなのですが、ちょっと見かけないギアもチラホラ。

こんなカモ柄の炊飯器、どこに売ってるのかと思いきや……なんと、ご自身のカスタムアイテムなのだとか!

Instagram Photoご職業はプロダクトデザイナー。普段から物づくりに触れられているだけあり、ご友人作という木製カトラリーもakatonboさんの手にかかればこの通り! さらに芸術性が上がっています!

そんなカスタム品のうち、フォロワーさんから特に反響があったという自信作を伺いました。

1.  ウエットティッシュのキャップ

Instagram Photo

単純に見た目が良くなるというだけなんですが……。仕事柄自分で設計できるので、完全オリジナルというあたりに思い入れがあります。

2.  シェルコン用ラック

Instagram Photo

シェルコンって重ねて使うとどうしても下の段が取り出しにくくて。ただ棚に置くのも結局移動が面倒なので、シェルコン自体が構造の一部になるよう設計しました。

これによって下の段も使いやすく、設営後でも好きな場所に移動できます。撤収もそのままの状態で車に積めるので、片付け時間の短縮にもなりました。

3.  アイスランドクーラーボックスのカバー

Instagram Photo

オルカクーラー用のカバー(モールラップ)を改良して底面をつくり、アイスランドクーラー専用さながらの設計でフィット感を出しました。ヘリノックスのボックス「サイドストレージ」など、色々取りつけられるので便利ですね。

どうでしょう、この仕上がり。「こういうのがあったらいいな」と妄想はできても、実際ここまで完璧なものを創り上げられる方はそういないのではないでしょうか。

Instagram Photoちなみに次なるカスタムの構想は……

シェルコンの蓋なんですが、今までになかったものを考えてます(笑)。

シェルコンの天板といえば「#scスライドトップ」をはじめすでにいくつかありますが、それを凌ぐカッコいいアイテムが仲間入りする予感です!

キャンパー目線のアイディアと類まれなセンスと技術をお持ちのakatonboさんは、ご自身でブランドも立ち上げられています。

セルフプロデュースのガレージブランド「H&O」

Instagram Photo

10年以上キャンプをしているうちに、色々な道具を買いました。使ってみて気に入らないと買い替えていたんですが、そうするぐらいなら長く使える物を自分で作ってしまおう! と思ったのがきっかけです。

現在の会社に入られ、作る環境と時間ができたことも手伝って立ち上げに至ったのだとか。

Instagram Photo

コンセプトはブランドネームのとおり「H&O(ホーム&アウトドア)」です。キャンプ道具って意外と高いですよね。収納場所も問題です。

だったら家でも家具として使える商品をということで、見た目も良く機能もしっかりしたアイテムを考案しました。

H&Oの製品は、先ほどのシェルコン用ラックをはじめ機能的かつインテリアとしても成立するようなプロダクトばかり。

他のラインナップも気になる方は、akatonboさんのインスタをチェックしてみてくださいね!

akatonboさんの「ウラ事情」

これまで、ハプニングや失敗エピソードはありましたか?

Instagram Photoスタイリッシュなサイトからは失敗の「し」の字も見られないakatonboさんですが、この企画恒例の質問ということで一応伺ってみました。

前日に食材を買ってポータブル冷蔵庫に入れておいたのに、家の玄関に忘れてしまったことです。あとはキャンプ場について荷物を降ろしてテントの設営をしようとしたら、フレームを家に忘れてしまったり……。

ドジというか忘れっぽくて、ほんとまいっちゃいます。

……やっぱり忘れ物はありますよね。キャンパーあるあるな失敗談に、ちょっと親近感を覚えました!

お気に入りのキャンプ場

椿荘オートキャンプ場(山梨県)

Instagram Photo

道志方面のキャンプ場ですね。家から近いっていうのもありますが、芝生のような草原よりもアウトドアするなら森や川があって自然を感じられる場所が好きなんです。

椿荘オートキャンプ場について、詳しくはこちら

最後に、akatonboさん的「キャンプの魅力」とは?

Instagram Photo

ノースフェイスファンが集う「TNF club」をはじめ、好きなブランドの良さを共有できるオフミーティングにも参加しています。

キャンプはこうやって家族や仲間と仲良くなり自然と遊べる、本当に魅力的な趣味であり場所であると思います!

akatonboさん、ご協力ありがとうございました!! 

あなたのキャンプスタイルをCAMP HACKが記事にします!



みなさんのこだわりのキャンプサイトを、CAMP HACKで紹介しませんか? インスタグラムでCAMP HACK公式アカウント(@camp_hack)をフォロー、そしてハッシュタグ『#camphack取材』を付けて投稿するだけでOK!  私たちが取材し、あなたのキャンプスタイルを記事にします!

過去の取材記事はこちら

Source: CAMP HACK

ファミリーキャンプでの夫婦喧嘩の理由ランキング【3位忘れ物】、【2位パパ飲みすぎ】、では1位は??

アイキャッチ画像撮影:編集部

お宅のファミリーキャンプは平和?それとも……?

出典:PIXTA

過去にも特集している、キャンプにおける夫婦間トラブルについて。とりわけ反響が大きく、具体的な理由やシチュエーションが知りたいという声もいただいています。

編集部としてもこれは気になるところ……というわけで、読者の方々にアンケートを取ってみました!

インスタグラムでヒアリング

撮影:編集部

7月某日、CAMP HACK公式アカウントのストーリーズでアンケートを実施。投稿に気付きご回答くださった方々、ありがとうございました!

600人あまりの方から回答が

撮影:編集部

たくさんのエピソードが集まった中、特に多かった理由ベスト5をまとめてみました。小さなことから大問題まで、リアルすぎる内容に共感しながらお読みいただけると幸いです。

それでは、行ってみましょう~!

喧嘩の理由 第5位「キャンプスタイルの違い」

撮影:編集部

まずは「キャンプに行った先でどう過ごすか」。その価値観や意見の食い違いが、第5位です。

噛み合わないな……

出典:PIXTA

寒いわたし。楽しい夫。キャンプ場でのテンションがまるで違う。

「映え」にこだわりすぎて、延々写真撮ったりコメ返したり。ずっと携帯いじってる相手にイライラ。

手間暇を楽しみたい夫と、作業効率・安全重視の妻。当然スタイルが違って揉める

「テント張りは男・料理は女」っていう、旦那の訳の分からない思い込みに違和感。

「荷物多すぎじゃない?」「そっちこそ!」

演出用の荷物を大量に積みたいわたしと、軽量化したい派の旦那で対立。

持って行く服の量。わたしは最小限、旦那はコーデや万が一のために着替えが多い!

物が多すぎて設営に時間がかかり、結果お腹が空きすぎて喧嘩。

場所、どこがいい?

出典:PIXTA

フリーサイトの場所決めでいつも揉める。旦那は水はけ、わたしは景観を重視したい。

人気が無い場所がベストと思ってる夫。トイレや炊事場が遠くて不便すぎる!

一通り設営した後に「やっぱり移動したい」って言われた時。怒りが沸いてくる。

センスの違い

妻が買った赤いキャリーワゴンが気に入らず、同じ商品の緑色を再購入した時。

キャンプ道具におしゃれを求めない」と言われました……。

ジャブとして夫婦の価値観の違いが出たところで、第4位に進みます!

喧嘩の理由 第4位「キャンプギアの買いすぎ」

撮影:編集部

第4位は、キャンプへのハマり具合が浮き彫りになるギアの購入問題。次々と届くAmazonからの荷物……。家計だけでなく収納スペースにも関わってきますね。

まーた内緒で!

内緒で買っていたギアがバレて、怒られた。

相談なく旦那が買い物していつの間にかグッズが増えていき、結果うちにはイマイチ合わなかった。

内緒で買ったニューアイテムをキャンプで”ジャジャーン!”って出したら、自爆しました。

撮影:編集部

そんなに要る?

3人家族なのに14脚も椅子がある。買ったのは夫。

アウトドアに使えるからと、売るほどリュックを買ってくる。

夫はすぐ新作に食いついて欲しがる。似たようなの持ってるのに……。

ちょっとさみしい

出典:PIXTA

家族の楽しみとして始めたはずが、いつの間にかソロキャンプグッズが増えている。

キャンプ用品を買いすぎて車1台に入りきらず、2台で行くことに。家族バラバラでつまらない。

中でも多かったのが、相手に内緒で買っていたことが後々発覚するパターン。買ったという事実より内緒にされたというショックは、夫婦間に溝を作り兼ねません。

お次は、相手を責めてしまいがちなあの問題です!

喧嘩の理由 第3位「忘れ物」

撮影:編集部

初心者なら一度や二度、いやベテランでもこれだけはなくせないという人も多い「忘れ物」です。

え、誰のせい?

忘れ物を全部わたしのせいにする。幼児3人に犬2匹の荷物、人任せなのにキレないで!

ペグを忘れて嫁のせいにしてたら、自分のバッグに入ってた

戻ればいいんでしょ!(キレ気味に)

出典:PIXTA

キャンプ場に行く途中財布を忘れたことに気づき、Uターンで険悪に

防寒着を忘れて1時間言い争い。結果、取りに帰った。

楽しみにしてただけにショック

撮影:編集部

たこ焼きの材料を用意させたのに、たこ焼き器を積み忘れた

カレーの具材のじゃがいもを忘れ夫に注意され、逆ギレした

イカ飯の予定が、嫁がイカを忘れた

忘れちゃダメなやつほど、なぜか忘れちゃう

秋キャンプでシュラフを忘れられた時。寒い!!

インナーテントを忘れた夫に苛立ち。どうやって寝るの?

忘れ物は夫婦どちらに関わらず、身に覚えのある方も多いのではないでしょうか。

さて次は妻側から多く寄せられた、ほとんど”苦情”というべき事案です!

喧嘩の理由 第2位「パパ飲みすぎ」

撮影:編集部

飲みすぎて潰れる、これは本当に多かった意見です。はしゃぎすぎたり勝手な行動から喧嘩が勃発……!

ちなみに飲みすぎる側の9割は夫でしたが、1割程度で泥酔する妻も報告されていますよ。

まるで”いない人”

設営後の乾杯で潰れて朝まで寝てしまい、嫁に「何しに来たのかわからない」と言われた。

二日酔いで起きて来ず、片付けをしない。

危ない!!

撮影:編集部

酔っぱらってヘリノックスで爆睡。バランスを崩して、焚き火に倒れこみそうになった。

飲みすぎて草むらと一体化して寝てた旦那。1時間に渡り大捜索。

飲みすぎて酔っぱらった旦那が、テントの外で寝てた。

自由過ぎない?

撮影:編集部

食べたいものをリクエストするだけで、何もせず酒を飲んでばっかり。

買い出し前にビールを飲んでしまい、運転できず。

旦那の友達が一緒なのに旦那が先に寝てしまい、会話に困った

ファミキャンで旦那泥酔。子供を一人で見る羽目に……。

「いや~耳が痛い」という旦那さんも、多いのでは?

さあ、いよいよ第1位。おそらくほとんどの方が予想されるであろう、あのシチュエーションですよ!

喧嘩の理由 第1位「設営・撤収」

撮影:編集部

1位はぶっち切りで「設営・撤収」でした! 始まりと終わり、ここで波乱が起き気まずいままキャンプを終える夫婦も多いようです。

喧々諤々

まずテントを建てる場所でひと揉め。設営開始でふた揉め。あーでもないこーでもないと、説明書みながら2時間経過……。

西日の差し込むレイアウトに、文句言ってくる。

形が非対称で難しいテントやタープの畳み方で、毎回喧嘩になる。

ピシッと張りたい自分と、適当でいい嫁。設営のこだわりの差でいきなり険悪に。

「いつまでガイロープいじってんだ!」と怒られた。

+αの悪条件で、さらに険悪に

出典:PIXTA

設営中の暑さと空腹による苛立ちで喧嘩に。

腹ペコなうえに大雨。お互い八つ当たりしながらの設営は最悪だった。

設営で大喧嘩。お互いに日焼けで疲れていた。

新幕初張りで、説明書を見ずにやって全然建てられない。結果一からやり直し……。

設営撤収に含まれる「積載」も地雷

撮影:編集部

積載の仕方で喧嘩。こだわる私と、入れば何でもいい旦那。

積載を二人でやると喧嘩に。運ぶのはみんなで、積むのは一人で!

積み込む時「これはここじゃない」という嫁の細かい指示がイラつく。

のんびり派の夫とテキパキ派のわたし。片付けでいつも揉める。

これだけ設営撤収で揉める夫婦が多いとは……という結果でした。これこそが、不慣れなうちこそ喧嘩してしまうケースの一番の原因と言えそうです。

最後に、ランキング外ではありますが番外編をどうぞ!

【番外編】こんな喧嘩の種もある!

撮影:編集部

ローストビーフや手羽先など、肉の焼き加減で揉める。

帰りたくなくて喧嘩。

虫嫌いの妻が夜中「一緒にトイレに来て!」と起こしてくるのが面倒。

スキレットを洗剤で洗って怒られた。なら自分で洗ってくれ!

出典:PIXTA

双子座流星群か獅子座流星群かで、喧嘩。

自分だけ水を飲む。子供とか周りの人にも聞いて欲しい。

暗くなってきた所で前を歩かされた

夫婦喧嘩もキャンプの思い出に!?

撮影:編集部

今回じつに様々なエピソードをいただいた中で「逆にキャンプだと喧嘩しない。」「喧嘩をすると罰金システム導入。だから喧嘩しない。」という平和的(?)な回答も。

喧嘩も時が経てば思い出に……と言えるくらい、この際慣れてしまうほどぶつかり合うのもいいかもしれません!

Source: CAMP HACK

スイカ割り…だけじゃない!夏キャンプでやってみたい10のこと

アイキャッチ画像出典:Instagram by@tentyo_4915

120%満喫したい!夏キャンプこその楽しみ

出典:Instagarm by@ichums0309

いよいよ夏本番! 夏キャンプの楽しみといえば「花火」や「スイカ割り」。みんなで盛り上がれる夏キャンプの鉄板イベントですが、毎年同じイベントではやっぱり飽きてしまうもの。

出典:Instagram by@tatsuhito_sato

そこで今回は、120%夏キャンプを満喫できるクールなアイディアを集めてみましたよ! 夏キャンプでぜひやってみたい10のこと、一挙ご紹介していきます!

暑いからこそ美味しい!冷んやりグルメ編

その① キャンプ場だからこそ楽しめるフルーツポンチシャワー

出典:Instagram by@camp.m.i

インスタグラムでは夏シーズンになるとよく見かける、風物詩的な新定番。これの魅力は、ただのフルーツポンチではなく、理科の実験のようなイベント性があること。

サイダーなどの炭酸飲料にラムネをポンと入れるだけで、一気に泡が噴水のように湧き上がりフルーツに注がれる仕掛けなんです。室内だとやりづらいですが、キャンプだからこそ楽しめるメニューですよね! 思わず歓声の上がるサプライズスイーツ、ぜひお試しあれ。

その② 夏の風流なグルメといえば、ツルリと流しそうめん

出典:Instagram by @1nopperichan1

水の中をゆらりと流れるそうめんに夏の風流を感じる「流しそうめん」。乾電池式の流しそうめん器を持参すれば、キャンプでも手軽に流しそうめんが楽しめます。お箸でうまくキャッチするのもゲーム感覚で楽しそう!

出典:Instagram by @0891_of_play

本格的な“THE流しそうめん”を全力で体験できるのも、夏キャンプの醍醐味。長い竹が必要な分、事前準備は大変ですが夏の一大イベントになってくれるはずです!

その③ キーンとくるのもまた一興!かき氷

出典:Instagram by@mukitomo

とにかく猛暑のキャンプでは、やっぱりうれしいのが「かき氷」! 高性能なクーラーBOXや零度以下を保つ保冷剤など続々ラインナップされているので、うまく活用すれば夏キャンプでもかき氷が楽しめますよ。

出典:Instagram by@shige_circle

こちらは、さらに進化型。氷ではなく、凍ったイチゴをそのままかき氷器に入れて削ったフルーツかき氷。

フルーツの自然な美味しさが味わえるグッドアイディアですね。バナナなど他のフルーツでも楽しめそうです。

その④ ビジュアルから涼しさ全開!冷やし野菜&果物

出典:Instagram by@nabecamp

たっぷりの氷水に浮かぶ夏野菜と果物。ビジュアルからも涼しさを醸し出していますね。真夏でも冷たい川の水に直接浸せば、氷も不要。

自分の足も小川で冷やしながら、キンキンに冷えたキュウリに丸ごとかじりつきたい……! こういったベタな夏をキャンプで味わえたら、いい思い出になりそうですよね。

その⑤ 夏こそビール!キャンプで本格生ビールのススメ!

出典:Instagram by@tentyo_4915

そしてやっぱり暑い夏こそウマイといえば……そう、ビールです! 冷えた缶ビールももちろん美味しいのですが、キャンプで本格生ビールが飲めたら最高ですよね。そんな時におすすめなのが、コンパクトサイズのビールサーバー!

出典:Instagram by@doshisha_docooking

じつは、ジャグタイプのものから、缶ビールに直接取り付けるタイプまで今はさまざまなラインアップが。こちらは、ビールの泡を超音波振動でクリーミーにする「ドウシンシャ 絹泡ミニ」。コンパクトな上に乾電池式だからアウトドアにピッタリです。

ITEM



ドウシンシャ 絹泡ミニ
●サイズ(mm):88*70*37
●重量:(約)49g
●素材:(本体)ABS樹脂、(ロック)PP、(接続アタッチメント)PE
●消費電力:3W、単四アルカリ乾電池2本使用
●カラー:ネイビー、ピンク

<!–

–>

出典:Instagram by@mea2387

さらに、こちらは缶ビールを蓋裏のチューブと接続して、左側の突起部分からサービングできる「GREEN HOUSE パーティービールサーバー」。超音波式&乾電池式で、クーラーBOXとしての保冷機能まであるからキャンプにイチオシです。

冷えた生ビールを思えば、汗だくの設営も何のその! 

ITEM



GREEN HOUSE パーティー ビールサーバー
●最大容量:3リットル(クーラーボックス構造)
●サイズ:W202 D296 H270(mm)
●重量:<本体>約2kg、<保冷剤>約573g、<キャリングベルト>約110g
●電源:単3形アルカリ乾電池 3本(別売り)
●電池持続時間目安:約6時間
●付属品:保冷剤、キャリングベルト、取扱説明書、保証書

<!–

–>

その⑥ 定番の花火も「変わり種アイテム」で盛り上がろう!

出典:PIXTA

花火といえばもはや夏キャンプの定番ですが、変わり種花火の投入でマンネリ打破しちゃいましょう! 最近SNSなどでも話題なのが、煙が少なく写真がキレイに撮れるタイプ。この夏、インスタ映えする1枚をバッチリおさめてみませんか?

出典:楽天
こちらはその名も「レーザー光線」! まぶしいほどの光量で、フラッシュ無しでもキレイに花火の写真が撮れるという優れもの。
じっと見つめていると目がチカチカしそうな明るさで、いつもの花火に驚きを加えるなら面白い1本になってくれるはず。
ITEM



三洲火工 レーザー光線
●対象:大人向け
●商品サイズ:4cmx46cmxD1cm
●火薬量約 15g

<!–

–>

出典:楽天
そしてさらに変わり種のこちらは、なんとおみくじシステム! 火をつけるまで炎の色が分からず、「金大吉、銀中吉、緑中吉、赤凶」と炎の色によって運勢が占えるんです。ただ花火がキレイなだけでなく、占いの結果に一喜一憂して盛り上がれるおもしろ花火。
ITEM



おみくじスパーク
●対象:お子様〜大人向け
●商品サイズ:35cmX5cmX0.7cm
●火薬量:10g

<!–

–>

その⑦ 夏の夜のロマンチックなひとときを演出。レインボーフレーム

出典:Instagarm by@y.k.310

静かに楽しみたい方は、花火ではなくこちらもおすすめ。焚き火に入れて燃やせば、レインボーカラーの炎が楽しめる「レインボーフレームスティック」です。

いつまでも眺めてしまう美しい炎が、夏の夜をロマンチックに彩ってくれますよ。黙って入れておいてサプライズを演出する、なんて使い方もできるかもしれませんね。

ITEM



ラトランド レインボーフレームスティック
●容量:1.45オンス(約41g)入

<!–

–>

夏キャンプを全力で楽しむ!過ごし方編

その⑧ 大自然と一つになって涼を感じる「足水」

出典:Instagram by@galbo.camp

眼前にはただただ静かな大自然のみ。思い切って水中へチェアを置いて素足を水に浸せば、そこには緑と水と自分が一体化した世界が広がります。

夏キャンプでしかできない本当の贅沢、ぜひ味わってみてください。

その⑨ クセになる開放感!タープ&蚊帳キャンプ

出典:Instagram by@y.h0510

夏キャンプでおすすめしたいイチオシスタイルが「タープ泊」! テント無しだからこその開放感と涼しさはケタ違い。こちらはタープ下に蚊帳付きのDDハンモックをセットしたスタイルです。

大自然に抱かれながらハンモックの心地よい揺れで眠るキャンプ、一度味わったらクセになりそうですね。

その⑩ コードレス扇風機で快適レベルをアップ!

撮影提供:fujii mio

ここ数年で一気にラインアップが増えたコードレス扇風機。今まで「夏キャンプ=暑くてツラい」というイメージを持っていたキャンパーも、最近の高機能なコードレス扇風機を使えばそのイメージも払拭されること間違いなし!

例えば、LEDランタンで爆発的な人気を博した「ルーメナー」から発売されている扇風機は、フル充電の状態でなんと最大20時間も稼働してくれる頼もしさ(風量1の場合)。複数台使えばファミリーキャンプでも暑苦しい夜を改善できますよ。

このコードレス扇風機の進化は、夏キャンプをもっと楽しくしてくれるはずです!

夏の暑さも、キャンプなら楽しさに変えてくれる!

出典:Instagram by@galbo.camp

ひたすら不快な夏の暑さも、こんな風に「やりたいこと=楽しみ」へと変えてくれるのがキャンプ。水のアクティビティだけじゃなく、さまざまな夏の楽しみを盛り込んで夏キャンプを120%満喫してくださいね。

Source: CAMP HACK

【混ぜるな危険?】『重量級キャンパー』と『軽キャンパー』が一緒にキャンプしてみると……?

記事中撮影画像すべて:三輪友紀(STUDIO DUNK)

重量級と軽量級のキャンパーが、まさかの一緒にキャンプ



キャンプスタイルは人それぞれ。こちらの画像、かなり対照的なキャンパーがお隣同士になったようです。

左に見えるのが、遠目に見てもアイテム数の多い重量キャンパーさん。そして、右の省スペースで展開しているのが軽量キャンパーさん。今回は、まったく異なるスタイルを持つキャンパー同士の会話から、それぞれの持ち物楽しみ方など、気になる違いについて探っていきたいと思います!

WKC

こんにちは〜、すごい豪華ですね〜。

Hitoc

こんにちは〜、すみません物が多いもので(笑)。そちらはコンパクトですが、今日は泊まりなんですか……?

WKC

はい、これで泊まります(笑)突然声かけてすみません。アウトドアライターのWKCといいます。よろしくお願いします。

Hitoc

あっ、Hitocです。よろしくお願いします。


WKC

とても立派なキャンプスタイルで、あまりの自分との違いに気になっちゃって。よかったら詳しく見せてもらっていいですか?

Hitoc

もちろん、どうぞ! WKCさんもびっくりするくらいミニマムなキャンプスタイルですよね。そちらもとても気になるので、是非いろいろ教えてください。

偶然となり同士になった、快適で充実した装備のキャンパーと、不安を感じるほどミニマムなスタイルのキャンパー。この真逆のキャンプスタイルの2組が、お互いの装備を比べてみることに。

やっぱりクルマが違うよね



キャンプのスタイルを大きく左右する要素は、クルマかもしれませんね。まずはそれぞれの愛車について見ていきましょう。



Hitocさんのクルマは4代目ジープ「チェロキー」。ジープらしいクラシカルなスタイルを維持しながら、ボリューム感のあるデサインにメッキパーツのシャープな印象がかっこいいです。

WKC

やっぱりクルマ大きいですね!

Hitoc

ジープの中ではそんなに大きくないんですが、セカンドシートにも荷物を入れていますし、ルーフラックを使うんで荷物はたくさん積めますね。

WKC

なるほど! 運転席と助手席以外はもうすべて荷物スペースなんですね。



WKCさんのクルマはダイハツ「ハイゼットカーゴ ハイルーフ」。配達用のクルマと間違えられることも多いとか。

Hitoc

いつもこのハイゼットなんですか?

WKC

そうですね、これでどこでも行っちゃいます。もともと貨物運搬なんで荷物はたくさん詰めるんですが、パワー不足なので極力荷物は減らしていますね。

no name

たしかに荷物が少ないですよねー。その分うしろは広々してていいですね。

それぞれ持参のキャンプ道具は……?

クルマが違えば、持ってきているキャンプ道具も違うはず。それぞれ、こだわりのアイテムをチェック!

重量級キャンパーはたっぷり装備!



Hitocさんのサイトでとくに目立っているのは、2ルームテント。ogawaのアポロンは、トンネル型の中でもポール本数が多い頑丈なテント。まさに重量級キャンパーの代表的なテントと言っても過言ではありません。

標準装備のインナーテントを張らず、ヒルバーグのスタイカを入れて寝室にしているようです。各ジャンルでも一級品のテントの共演、まさに贅沢な組み合わせです。



フロアレスで内部はとても広々。側面はすべてメッシュにできるので、夏場も涼しく快適に過ごせるとのこと。



WKC

アポロンだけでも十分に快適そうですが、その中にテントも入れちゃうんですか!

Hitoc

コットもあるのでアポロンだけでもいいんですが、なるべく快適にしたいんですよね~。

WKC

それは寒い時期も意識して?

Hitoc

そうですそうです。奥さんが寒がりなんで、なるべく快適に過ごしてもらえるようにと整えていったら、こんなに荷物が増えちゃいましたね(笑)。

WKC

愛妻家、故に重量キャンパーになったんですね(笑)。

軽量級キャンパーはミニマム装備!



WKCさんのサイトはシンプルの極み。タープはクルマからガーデン用シェードを張り出して利用。テントはアライテントのトレックライズ0です。

Hitoc

設営、一瞬でしたね!(笑)

WKC

面倒なのがとにかく嫌いなんです(笑)。タープもペグ1本で設営できるタイプを使っています。

Hitoc

いつもこのスタイルでキャンプを?

WKC

そうですね。“何もしない”時間を作りたいので。雨が降ったらテントすら出さず、車中泊にしちゃいます。

Hitoc

これならすぐに設営も撤収もできるので、思い立ったらすぐにキャンプに行けていいですね!

アイテムを比較してみた!

サイト全体の印象が大きく違いますが、ひとつひとつのアイテムもかなり違いました。両キャンパーの持ってきたこだわりのアイテムを、ジャンルごとにチェックしてみます!

ランタン



WKC

ランタンはLEDだけです。小型で光量が控えめなタイプなので、そんなに明るくありません。でもガス式などの燃焼系と比べてすぐに使えるから楽ですよ。



Hitoc

僕はサイト全体を照らす用に、コールマン ワンマントルランタン(燃料はホワイトガソリン)とかを使っていますよ。

WKC

やっぱりこの手のランタンはいいですねぇ。ポンピング、時々やりたくなります。

Hitoc

面倒ではありますが、僕は非日常感を楽しみたいので雰囲気づくりを重視していますね。

WKC

であれば、テーブル周りも雰囲気重視で?

Hitoc

はい、テーブル用にはロウソクのような炎で、明るさをグッと抑えたお気に入りのランプ・コールマン ルミエールランタン(ガス式)を置いています!

サイトの広さが違う分、必要な明るさや台数はやはり差が出るようです。LEDやホワイトガソリンのポンプ式といったランタンごとの特徴を、お互いうまく活用していますね。

小物収納&ボックス



WKC

クルマとの距離が近いので、小物はだいたいクルマの中に置いちゃってますね。



Hitoc

僕は、小物類はなるべく手の届く範囲にセットしています。クーラーボックスや調理系アイテムの入ったボックスはラックの上に置いて、調理時の作業効率が良くなればなと。

荷物量の違いが、配置する場所の違いに表れていますね。Hitocさんは荷物を取り出す機会が多いので、外にずらっと。WKCさんは逆に「何もしない」がテーマなのでなるべく外に出さないようにしています。



WKC

クーラーボックスはイエティのローディ20qt。ここは保冷力重視で選びました。



Hitoc

あ、クーラーは一緒ですね! サイズはちょっとだけこちらが大きいですが。やっぱり保冷力は安心できるものがいいですよね。

ここでまさかの同一アイテムが登場。お二人とも保冷力を考えた末のチョイスのようで、イエティの不動の人気が伺えます。

バーナー&カトラリー



WKC

いろいろ悩んでいたのですが、今はアルコールタイプのバーナーに落ち着いています。軽量だし静かでいいんですよね。

普段はトランギアのストームクッカーを使っています。



Hitoc

僕は2バーナーでプリムスのオンジャです。料理をたくさんするので2バーナーのタイプが都合良くて。

初めて買ってからずっと重宝している相棒です。

アルコールバーナーはまさにソロキャンプといった雰囲気で、WKCさんらしさが全開です。Hitocさんのオンジャは、2バーナーの中でも独特なデザインで見栄えも抜群。バーナー類でも個性が光っています。



WKC

カトラリーと食器は山用のアイテムが多いですね。やっぱり軽いのが好きなのでチタン縛りで揃えています。



Hitoc

カトラリーや食器はデザインで選んだものが多いですが、実用性も高くて気に入っています。天然繊維複合素材で作られたクピルカ(KUPILKA)とか、とくにお気に入り。耐熱性があって、電子レンジも使えるので家でも愛用しているんです。

ここでも重さが違うカトラリー類。こういった細かいアイテムからも、目的が違うことが見て取れます。

チェア&テーブル



WKC

このチェアは自作で、テーブルも兼ねています。そもそもそんなに使わないので出番は少な目。どうしても必要なときに使っています。



Hitoc

チェアはヘリノックスのものを使っています。マナスタッシュの25周年を記念したコラボモデルですね。テーブルはThe Arth(ざぁ〜ッス)のヘキサテーブルです。

WKCさんはまさかのチェアとテーブルの兼用! Hitocさんは記念モデルのチェアとヘキサテーブルのコンボ。見た目も機能も妥協がありません。

アイテムを見比べてみると、両者の特徴がより顕著にわかりました。お互いのスタイルを知ることができて大満足の様子です。

WKC

いや~全部こだわりのあるいいアイテムですね! 私もアイテムを増やしたくなってきましたよ。

Hitoc

僕は、WKCさんのアイテムセレクトのストイックな姿勢にすごく興味が湧きました! すぐにキャンプに行ける状態というのもいいですよねぇ……(遠い目)。

WKC

ちなみに、こんなにアイテムが豊富ですけど、使わないものがあったりはしないんですか?

Hitoc

防寒のためにストーブなどもあるんですが、焚き火をするので使わないこともありますね。WKCさんは使わないものは徹底的に減らしていったんですよね?

WKC

そうですね。Hitocさんがお持ちの焚き火道具と2バーナーも最初はあったのですが、見事に消えていきました(笑)。

重量級と軽量級で過ごし方も違う!



アイテムが違うとキャンプサイトでの過ごし方がここまで違う! 料理をメインに詳しく見てみましょう。



WKC

やっぱりダッチオーブンやスキレットを使った焚き火料理が多いんですか?

Hitoc

焚き火料理はしますが、単純に焚き火で「火を操っている感覚」が楽しくて好きなので、その延長でという感じですね。



Hitoc

今日は野菜を大量にいれて煮込んだトマトベースのポトフと、冷凍のエビ、イカ、アサリをつかった簡単アヒージョにしてみました。

基本的に家で下準備をして、キャンプ場では火にかけるだけくらいにしています。WKCさんは?



WKC

私は火を使うのは肉を焼く程度ですね。今回は下味に軽く塩コショウだけして、中に火は通してある牛の塊肉を焼きます。



WKC

あとはインスタント食品をよく活用していますよ。これはインスタントスープのお湯を、規定の分量よりもあえて少なく入れてソース代わりにしています。

Hitoc

インスタントとは思えないくらい美味しそう! アイデアが多くて本当すごい……。

WKC

いやいや。でもHitocさんの方がやっぱり豪華で美味しそう。視覚的にも楽しめる料理ですね!

Hitocさんの焚き火料理は、一見豪勢に見えるものの、現地ではなるべく手間を減らす工夫がちゃんとしてあるんですね。

WKCさんはインスタント食品を使いつつも、決して寂しそうには見えない技ありの一品。両者のテクを合わせれば、効率的かつワイルドな料理が作れそうです!

結局のところ、どっちのスタイルも魅力的



WKC

今回は突然おじゃましてすみませんでした。最初は大変そうだなと思って見ていましたが、やっぱり快適そうでうらやましいです。私も、ちょっと快適アイテムを探してみようと思います。

Hitoc

いやいや、こちらこそとても楽しかったです。サイト設営の速さには驚きました。ミニマムなキャンプもいいかもしれませんね。もう一台クルマ買ったら真似しようかな(笑)。



WKC

やっぱりどんなキャンプスタイルでも、こうやってアウトドアをするだけで気持ちいいですよね。

Hitoc

そうですね。自分のお気に入りのスタイルであれば、さらに楽しくなりますし。

WKC

結局のところ、キャンプってやっぱ最高ということですね(笑)!

Hitoc

そう! キャンプって最高なんです(笑)!

WKC

これからも、お互いのキャンプスタイルで楽しんでいきましょう! ありがとうございました!

真逆のキャンプスタイルを楽しむ2組の対談、いかがだったでしょうか? クルマの種類から細かいアイテムの違いなど、それぞれの過ごし方があって興味深い比較になりましたね。

キャンプスタイルは人それぞれ。自分の好きなスタイルを探して最高な時間を過ごしてください。

Source: CAMP HACK

次のキャンプで試してみたい!#camphack取材で見つけたノウハウ特集!第10弾

アイキャッチ画像出典:Instagram by @insta_bae3

キャンパーたちの天才的アイディアを拝見!

出典:instagram by @inaeight

「その手があったか!」と感心しきりな、キャンパーたちのナイスアイディア。すぐに取り入れられる簡単なものから、写真のように完成度の高い自作ハンガーまで、その技は多岐に渡ります。

出典:instagram by @yami_black_sun

キャンプで取り入れたいノウハウ特集としてお届けしてきたこの企画も、はや10回目。今回もキャンプを快適化してくれるアイディアが揃いましたよ。

同じアイテムを持っていなくても、その発想は刺激になること間違いなし。そんなアイディア集をさっそくチェックしていきましょう!

先輩キャンパーのお手本ノウハウ10連発

1.  セリアの”あのケース”に入るもの

出典:instagram by @___bucci_camp

アウトドアで使えるアイテムも充実している、100円ショップ「セリア」。中でもこのケースは卵をキャンプに持って行くのにピッタリという、意外な使われ方をしていることで有名です。

撮影:編集部

撮影:編集部

それだけに留まらず、最近SOTOから発売されたシングルバーナー「フュージョン」を収納してもこの通りジャストフィット! もちろん、ちゃんとフタも締まります。

撮影:編集部

ちなみにメスティンなら「専用ケースか!」というほど、より高いフィット感を見せてくれます。いずれも収納すると多少のガタつきはあるので、破損や傷対策として布を敷くことをおすすめします。

ITEM



SOTO レギュレーターストーブ フュージョン
●サイズ:幅410×奥行120×高さ90mm
●収納時サイズ:幅110×奥行75×高さ90mm
●ゴトク径:165mm
●重量:250g
●発熱量 2.6kW(2,200kcal/h)
●使用時間 約1.5時間(ST-760 1本使用時)

<!–

–>

ITEM



トランギア メスティン
●サイズ:16.5×9.0×6.5cm
●重量:160g

<!–

–>

2.  洗剤はボトルに詰め替えてスリム化

出典:instagram by @takahaco

ハンドソープや食器用洗剤は、ボトルでそのまま持って行くとかさばりますよね。そこで、トラベルサイズの容器に詰め替えるというアイディア。これなら一回のキャンプに必要な量だけを持ち運べます。

種類ごとにステッカーを貼り付ければ、何が入っているかのマーキングにも。

3.  数種類のスパイスを、ワンケースに

出典:instagram by @mogura

調味料も然り、少量でもたくさんの種類を持って行くなら詰め替えがおすすめです! なかには食品の充填に対応していないケースもありますが、こちらはダイソーの調味料ケースなどが売られている場所にあったのだそう。

外箱も見事にシンデレラフィット、これならこだわりのスパイスを手軽に持って行けますね。

4.  ペグの紛失と無縁になれる

出典:instagram by @nekosensei0221

たくさんペグを持っている方。「そもそも何本持ってたっけ」と、わからなくなってしまうことはありませんか? そんな時もすぐに気付くように、数字やアルファベットでナンバリングをしておくというナイスアイディアです。

レザーにインクで印字されていて、見た目もおしゃれですね!

ITEM



スノーピーク ソリッドステーク30 6本セット
●サイズ:30cm(ヘッド部/φ15mm、打込み部/φ8mm)
●重量:180g(1本)
●素材:スチール(S55C、黒電着塗装)

<!–

–>

5.  んっ?ルーメナーにスタンドが…?

instagram by @bee_camp.ttr

こちらはキャンプ道具ではない「卓上マイクスタンド」なるものを、ランタンポールとして活用するアイディア。テーブルにグリップで固定し、本来マイクを置く位置にランタンを吊るしているようです。

アーム式で角度と高度も調整できるので、より理想的な位置から灯りを照らすことが可能。自由な発想が素晴らしい!

ITEM



ルーメナー7
●サイズ(約):92×92×28mm
●重量(約):220g
●明るさ:約260〜1300Lm
●バッテリー容量:Li-ion10000mAh
●連続点灯時間:約8時間(High)、約100時間(Low)
●充電時間:約5時間40分(5V 2A充電アダプターの場合

<!–

–>

6.  スモーカーは揚げ物もできる!

出典:instagram by @seiji.510

コンパクトスモーカー「キャメロンズ」は、その耐熱性から揚げ物にも使えるようです。少量を手軽に揚げるのに、ちょうどいいサイズ感ですね。

チップを置くトレイと食材をのせる網を油切りバットとして使うというのも、なるほどな活用法です。

ITEM



キャメロンズ ミニスモーカー
●サイズ:17.5×42.5×7cm
●収納時サイズ:17.5×30×7cm
●重量:約1265g
●材質:ステンレス

<!–

–>

7.  “濡れ撤収”時に試したい

出典:instagram by @naturallife0707

雨に降られた後の撤収で苦労するのが、「テント下が濡れている」問題。そこで、ワンポールテントなら裾をクルクルっと折り返して、下から空気を入れて乾燥させることができるようです。

設営が簡単というメリットは、撤収時にも発揮されますね!

ITEM



ogawa ピルツ9-DX
●重量:幕体/約6.1kg、ポール/約1.0kg
●素材:本体/ポリエステルリップストップ75d(耐水圧1500mm)、グランドシート/ポリエステル210d(耐水圧1500mm)、ポール/6061アルミ合金φ30mm(245cm〈4本継〉)
●収納時サイズ:78×22×22cm

<!–

–>

8. もうラグがズレない!IKEAの滑り止めシート

出典:Instagram by @nisidak

お座敷スタイルにつきもののラグの”ズレ”、イライラしたことありませんか? こちらは、IKEAのラグ用の滑り止めを導入してスッキリ解決!

出典:Instagram by @nisidak

こういう小物でキャンプの快適レベルはグンッと上がりますよね。インナーマットと一緒に収納できるよう、薄さまで考えて選んでいるところが秀逸ですね。

9. サーカスがレイサを食べちゃう?!

出典:Instagram by @uto327

イモムシのようなレイサ6が、まるでサーカスTCに食べられているかのようなビックリレイアウトのこちら。

より高さのあるサーカスTCに薪ストーブをセット、奥行きが広いレイサ6と組み合わせて暖かさも広さも確保した、実はクールなアイディア。でも、とりあえず二度見は必至のルックスですよね! 

10. カップヌードルと「スノピ極」の蓋がシンデレラフィット!

出典:Instagram by @insta_bae3

スノーピークならではのスタッキングシステムが便利な、チタンソロクッカーセット「極」。ポット内にガス缶とストーブが収納できるのが魅力ですが、なんと、蓋がカップヌードルの直径にジャストサイズ!

必要かどうかと言われればまったく必要ではありませんが、このフィット感を見ると一度はやってみたい! この画像は旧型サイズで、蓋の取っ手がシリコンになっている新型は少しサイズが大きくなっています。

ITEM



スノーピーク チタンクッカーソロセット 極 SCS-004TR
●サイズ:
ポット/φ109×H125mm
カップ/φ110×H71mm
フタ/φ104×H22mm
●重量:195g
●付属品:メッシュケース

<!–

–>

あなたの発見も、ぜひ教えてください!

出典:instagram by @ooosatomi

より多くの方が快適にキャンプを楽しめるよう、有益な情報をみんなで共有しませんか? もしとっておきの天才的発想をお持ちであれば、ぜひインスタグラムに「#camphack取材」のタグを付けて、投稿してください。

たくさんのナイスアイディア、お待ちしています!

Source: CAMP HACK

先輩キャンパーは知っていた!凹みがちな「雨キャンプ」を快適に過ごすマル秘テク

記事中写真撮影:全て岡村武夫

雨の日のキャンプテク、知ってる?

出典:PIXTA

雨の日のキャンプって設営や撤収が面倒だし、できる遊びも限られてしまうし、予期せぬ危険の可能性もあるのでなるべく避けたいもの。



でも、強風を伴う場合や豪雨の場合などはもちろんキャンセルですが、小雨程度だったり、キャンプ途中から軽く降るくらいなら工夫次第で意外と楽しめるものなんです。

というわけで、今回は2歳と3歳の子供たちを連れて、雨のファミリーキャンプに行ってきました。実際にいろいろなテクを試しながら紹介していきますよ!

雨の日に実践したい!マル秘テク7連発

【雨キャンテク①】雨の通る水路を作ってあげる



少しでも雨が降るかもしれないときは、テント設営時の雨対策を万全にしましょう。

水はけの良い場所を選び、テント下にはしっかりグランドシートを敷きます。



一晩中降りそうなときや、水はけが悪くて地面がびちゃびちゃになってしまいそうなときは、サイトの周りに水路を掘るのもおすすめ。

シャベルが無ければ枝やペグで、軽く雨水の道筋をつけるだけでも効果があります。もちろん帰るときにはしっかりと原状回復を心がけましょう。

【雨キャンプテク②】防水シートはアイデア次第でとにかく使える!



ホームセンターなどで簡単に入手できるおなじみのブルーシートですが、工夫次第で雨キャンプの強い味方になります!

大きさや厚みによって値段もピンキリですが、やや厚めのものだと破れにくいです。

どうも見た目がイヤという方は、アウトドアメーカーの防水シートがおすすめです。

大きめシートでドライなくつろぎスペース



2ルームテントを使用している我が家。いつもテントの下にはグランドシートの代わりにブルーシートを敷いていますが、これを土間として使えるよう長方形に変更!

濡らしたくない荷物を置いたり、泥で汚れた靴を脱いでくつろいだりと、これだけでとっても過ごしやすくなるんです!

タープや前室代わりに



防水シートは予備のタープとしても使えます。例えばテントの前室が狭い場合、こんな風に防水シートで屋根を作ると便利です。

四方に穴が開いているので、そこに細いロープなどを通せばOK!

外側のロープは、木に掛けるなど工夫しましょう。車を動かす予定がないなら、車と繋げてしまうのもアリ。



雨除けのシートは斜めに傾けましょう。まっすぐに張ると、真ん中に雨水が溜まってしまいます。

車内の汚れ防止に



撤収時には、クルマのトランクにブルーシートを敷けば、濡れ物を積んでも汚れませんね。

【雨キャンテク③】防水バッグは「モノを中に入れる」だけじゃない!


大きなものからお財布サイズまで、バリエーション豊富な防水バッグ。雨キャンプではこれらを徹底的に活用しましょう!


タオルや着替え、シュラフ、スマホなど濡らしたくない荷物は、出かける前に防水バッグに入れておけば安心です。

荷物置き場としても重宝



中身を出した後の防水バッグを地面に敷けば、ちょっとした荷物置き場に。タープ下の地面が濡れてきたときに重宝します。

枕代わりにもなる



タオルや着替えを入れた防水バッグは、枕にもなっちゃいます。頭を乗せる部分が肌触りのいい生地になっているものもありますよ。

濡れたテントを収納



濡れたテントを防水バッグへ入れてしまうのもアリでしょう。ただ注意点としては、テントは濡れるとかさばります! ちなみにうちの90Lの防水バッグには、2ルームテントのフライシートしか入りませんでした……。

帰宅後のテントの干し忘れにも十分注意してくださいね。

【雨キャンテク④】リアルタイムの天気予報アプリを活用

大雨の中テント撤収したら、直後に晴れてガッカリ……なんてこと、ありますよね。そうならないよう天気予報アプリを活用しましょう!



現在地情報を登録しておけば、雨雲の動きやリアルタイムの雨予報などを通知してくれます。これで雨が降り出す前に荷物を片づけたり、雨がおさまってから撤収するようにしたりと、事前対策ができますね。

この日は「Yahoo!天気」というアプリを使用。通知をオンにしておくと、雨が降りそうなときにアラートを鳴らしてくれて便利です。

【雨キャンテク⑤】梅雨こそ活用したい携帯用扇風機



雨の日は湿度が高く、テント内が蒸し暑くなりがち。そんなときは携帯用の扇風機を活用してみてはいかがでしょうか。

雨で濡れてしまった服などを乾かすときにも重宝します。電池式のコンパクトなタイプなら電源のないサイトでも使用できますよ。

【雨キャンテク⑥】燻製やピザ釜なら雨の日もアウトドア料理



雨の日はタープ下で調理する必要があるので、火の粉が飛ぶ焚き火やバーベキューはリスクを考慮すると避けたいですよね。

そんなときにおすすめなのが燻製です。炎や火の粉が外に出ないので、換気がしっかりできる場所ならばタープ下でも調理可能です。

今回初めて燻製に挑戦したのですが、温燻(スモークウッドを使い、チーズなど加熱しなくても食べられる食材を燻す)は加熱機器の準備が要らないのでお手軽で、初心者にもおすすめです。

調理中は煙が漂うのでくれぐれも十分に換気をしてください!

【雨キャンプテク⑦】室内でまったり映画鑑賞はいかが?



雨の日は外で満足に遊べないので、退屈しないよう室内遊びの準備をしていくと楽しめます。トランプやボードゲームなどを持っていくのもいいですが、今回はアウトドアシアターに挑戦してみました。

テント内にスクリーンを設置して、プロジェクターを持ち込めば気分は映画館! 子どもたちも大喜びでした。



今回は30インチほどの置き型スクリーンを使用しましたが、なければ白い模造紙や布を吊るすのでもOKです。

ただし音や光などで周囲に迷惑を掛けないように注意しましょう。キャンプ場によってはスピーカーなどの持ち込みが禁止されている場合もあるので、必ず使用条件の確認を。

雨キャンプで新たなキャンプの魅力発見!



こんなふうに、ベテランキャンパーさん達に教えてもらった雨キャンテクを実践しているうちに、あっという間に時間が経ってしまいました。いやー雨でも楽しめるんですね。

正直なところ出掛ける前はちょっと億劫だったのですが、いつもとは違った遊びに挑戦できて、新たなキャンプの魅力に気づいた2日間でした!

執筆:岡村朱万里

Source: CAMP HACK