キャンプ収納

【どこまで収納できるんだ!?】サイトをスッキリ見せる秘密道具を見つけちゃいました

記事中撮影画像すべて:筆者

よく、小物が迷子になるんです……



今日も楽しいキャンプ! お気に入りのギアにかこまれて幸せだな〜。さて、そろそろ食事の準備にとりかかろうか……アレ? ガストーチはどこにしまったかな、あ~っ、見つからない!

と、みなさんもこんな経験ありませんか? 必要なときに必要なモノが見当たらない……。そんな不測の事態を回避すべく、今回は「意外なアレ」による、スマートな整理整頓法を紹介します。

サイトをスッキリ見せる仰天のアレとは?

「小物の定位置を決める」のがスッキリのポイントですが……



小物系は「どこに置いたかな?」ということになりがち。かと言って何でもひとまとめに収納ボックスに放り込んでおくと、必要なときにパッと出てこないので作業効率も悪くなります。

整理整頓されたサイトづくりのコツは、使用頻度が高いものの定位置を決め、どこに何があるのか把握することです。

コレで収納上手!grn outdoor「60/40クロス ツインソファーチェア」



そんな整理整頓の秘密道具、紹介するのはなんとチェア! grn outdoor(ジーアールエヌ アウトドア)の「60/40クロス ツインソファーチェア」です。

見た目はシンプルな2人掛けのアウトドアチェアですが、計算された収納の仕掛けがいっぱい!

ITEM



ジーアールエヌ アウトドア 60/40クロス フォールディング ツインソファチェア
●サイズ:
使用時:高さ98cm 幅137cm 奥行52cm
収納時:高さ98cm 幅27cm 奥行27cm

<!–

–>

チェアの背面に収納する工夫アリ!



その工夫はチェアの背面にあります。チェアにポケットが付いたとても斬新なフォルム!

上段左右それぞれに浅めの幅が広いポケット。さらに下段には、ボタン留めのフラップが付いた大き目のポケットが配置されています。



ここにサイトで必要な小物類を収納していくと……。チェアの背面というデッドスペースを使って、一気にこれだけのものが収納できてしまうんですね。



例えば、ガストーチやお箸、フォールディングナイフなどよく使うものは上段の浅めのポケットに。いざ食事の準備の際も、振り返って必要なものだけをサッと取り出せます。



暗くなってから使うLEDランタンも、昼間のうちに下段のポケットへ。こうして収納場所を決めて準備しておけば、使うタイミングになって荷物の中からゴソゴソと探す手間はありません。



また、上段の左右ポケット間にはデイジーチェーンを装備。カラビナやS字フックなどを使ってコップを吊り下げられ、ペグやハンマーなどは直接引っ掛けることも可能。

テントやタープの位置変更や急な雨などで追加ポールを立てるときも、ペグとハンマーの定位置を決めておけば、慌てることなくすぐに作業に取りかかれます。



夕暮れから急に肌寒くなるシチュエーションでは、とくにブランケット類が重宝されますよね。でも使わないときって意外と置き場所が決まらないもの。そこで便利なのがコチラ!

背面下段中央にはバックル付きのベルトが2本縫い付けられ、ブランケットなどを丸めて収納できちゃいます。かさばらず、汚れからも守れるので安心です。

肘掛けにはドリンクホルダー&ミニメッシュポケットが!



肘掛け部分には、ドリンクホルダーが両サイドに付いており、350ml缶、500ml缶はもちろん、タンブラーなども収まります!



また肘掛けの縦の部分にも網状のミニポケットがあり、スマホやクルマのキーなどを入れるのに便利。

生地は雨風に強く耐久性がある「60/40クロス」



素材は古くからアウトドアフリークに親しまれてきた「60/40クロス」を使用。マウンテンパーカーに代表されるコットンとナイロンの混紡素材で、表面にテフロン樹脂コーティングを施し、撥水性や防汚性をより強化しています。

飲み物などをこぼしてしまってもシミ汚れが付きにくく、雨風にも強い、キャンプに最適な生地ですよ!

座り心地もいい2人掛けサイズが重宝



展開サイズは幅約137×奥行き約52cm。大人2人で座れますが、ゆったりとはいきません。ひとり掛けでその隣にバッグなどを置いて活用するのもアリ。



座面は張りのある硬さではなく、座ると少し沈み込むタイプ。生地と骨組みに十分な強度が感じられるので不安定さはまったくなく、ソファのように包み込まれるような座り心地です。

収納は想像よりはコンパクト、しかし重さはそれなりにある……



収納時のサイズは、専用の収納ケースに入れて約27×27×98cm。身長175cmの男性が背負って半身以上です。2人掛けのチェアとしては、意外なほどコンパクトですが、重量は約5.5kgで肩にズッシリとくる重さ。

オートキャンプ以外で、長い時間背負って歩くのは厳しそうですね。



中央に収束するタイプなので、組み立ての手間はなし。キャンプ場に着いたら広げるだけで、瞬時に設営完了です。



このチェアは収束式のためクルマのラゲッジスペース内での収まりもスッキリ。他製品の折りたたみ式ベンチと比較すると、デッドスペースが少なく積み込めます。

欲張ってモノを入れすぎての転倒に注意



背面にモノを入れても耐えられるように、前後バランスも考慮された作りになっていますが、くれぐれも入れすぎには注意! 人が座っていないときは、風などで転倒しやすくなってしまいます。

「あ、入れっぱなしで収納しちゃった……」忘れ物にも注意!

あくまで一時的な収納スペース、当然入れたら出さなければなりません。最後の撤収時には出し忘れのないよう注意しておきましょう。

こんなアイテムまであるの……!?衝撃のサコッシュクーラー



grn outdoorでは、今回紹介したチェアのほかにも収納上手な商品を展開。手軽に飲み物を持ち運べる、便利なサコッシュクーラーが発売されています。

なんとこのサコッシュ、チェアの収納を更に拡張させるアイテムでもあるんです!

保冷シート付き!「TEBURA BAG WANCAN」



その名も手ぶらでお酒を楽しむための「TEBURA BAG WANCAN(テブラ バッグ ワンカン)」。正面の3つのポケットには、それぞれ350ml缶がピッタリ収まります。



また正面ポケットの内部には保冷シートを完備。保冷剤も一緒に収納できるので、暑い季節でも冷たいお酒をキープ可能!



さらに内部にファスナーが付いたミニポケットも。散らかりがちな小銭やお札などを入れておくのに便利です。



肩紐がループ付きになっているので、カラビナを使いポーチやデジカメなどを吊るすなど、拡張性も十分。



さらに、ストラップを外した状態で「60/40クロス ツインソファーチェア」のデイジーチェーン部に装着が可能なんです。座ったままチェアの背面に脱着できるから、ますますのんびり度が高まります。



素材は、チェアと同じ60/40クロスのテフロン加工。撥水性と防汚性があるので、汚れを気にせずガンガン使えてアウトドアで大活躍!

ITEM



ジーアールエヌ アウトドア TEBURA BAG (WANCAN) 2019年秋冬 カーキ
●素材:コットン60% ナイロン40%
●カラー:ベージュ、ブラック、オリーブグリーン
●サイズ:ONE SIZE 高さ約22cm x 横幅 約30cm

<!–

–>

ITEM



ジーアールエヌ アウトドア TEBURA BAG (WANCAN) 2019年秋冬 ベージュ
●素材:コットン60% ナイロン40%
●カラー:ベージュ、ブラック、オリーブグリーン
●サイズ:ONE SIZE 高さ約22cm x 横幅 約30cm

<!–

–>

ITEM



ジーアールエヌ アウトドア TEBURA BAG (WANCAN) 2019年秋冬 ブラック
●素材:コットン60% ナイロン40%
●カラー:ベージュ、ブラック、オリーブグリーン
●サイズ:ONE SIZE 高さ約22cm x 横幅 約30cm

<!–

–>

片付け上手になれば、キャンプがスマートになる!



今回は、ありそうでなかった便利な小物収納法を実現したチェアを紹介しました。ギアの定位置を決めて、見える収納を心がければモノが散らばらないし、スッキリとしたサイトを展開できますね。

「とにかくのんびりしたい」「料理にこだわりたい」「焚き火を楽しみたい」など、キャンプシーンに合わせて独自のカスタムを楽しめる「60/40クロス ツインソファーチェア」、スマートなキャンプを目指すならぜひ!

しまむらのコンテナランチBOXが「買い」!ビシバシ使える耐久性&見た目もGOOD

アイキャッチ画像出典:Instagram by @shimamurapicnic・記事中画像提供:デザインスタジオ アトリエばく

あのしまむらで発見、キャンプに超使えるコンテナをチェック!

Instagram Photoファッションセンターしまむらが、ついにアウトドアで使えるギアをリリース! ピクニック用品ブランド「しまピク」の中でも、「コンテナランチBOX」がキャンプに使えると大評判なんです。

サイズは小さめ、価格も小さめ

Instagram Photo上から見ると、ロゴがとてもスタイリッシュ。ピシッと積み重ねできて、色は思わず全色買いしたくなる、渋めの青、赤、緑の3色。大きさはMサイズ(600ml)とSサイズ(450ml)の2種。

・しまピク
コンテナランチBOX M【税込1,200円】 S【税込980円】

パッキン、留め具もバッチリ装備

しまむらコンテナ青、フタと本体アップ
シリコンゴムのパッキンと、無骨な極太ステンレスの留め具で、がっちりとフタをすることができます。本体の耐熱温度は140℃、フタは100℃で、家庭用の食器洗い機に対応していますから、普通のお皿と一緒に洗えます。フタを外せば電子レンジOK。

画像のものは「コンテナランチBOX S」。どちらのサイズも、取り外しできる仕切り付きです。

スタンダードなお弁当箱として

Instagram Photo天気の良い日は、お気に入りのレシピで手作りエスニックランチ。汁漏れしにくい構造で、持ち運びもラク。

小さいけど、この箱かなり使えそう!!

食品コンテナとしてピカイチ。「匂い」移りや「湿気」対策に

しまむらのコンテナ赤、ティーバッグ、ドリップコーヒー
キャンプの朝やティータイムに欠かせないコーヒー・紅茶類は香りが命。匂い移りしないよう、他のものと分けておきたいもの。「コンテナランチBOX M」に入れて持っていけば、湿気対策も万全です。

Seriaのヴィンテージライクなメタルステッカーで雰囲気アップ。

調味料の持ち運びに、万一こぼれても大丈夫

しまむらのコンテナ緑、お弁当用調味料、調味料小瓶
ソロキャンプや少人数のキャンプは、調味料もミニマムが◎。Mサイズには、醤油もソースもマヨネーズも一番小さいボトルを入れて。Sサイズにお弁当用のミニパックを詰めれば、さらなるコンパクト化が可能。

そして、万一調味料がこぼれても、他の荷物を汚しません。

小物入れとして、こんな使い方はいかが?

パーツのハードケースとして

しまむらのコンテナ赤、マントル、ライター、ペンチ、ヘッドライト、ガスランタン
頑丈な作りなので、ランタンのマントルやトーチライターなど、細々としたものをしっかり守ってくれます。

絶対濡らしたくない!バッテリーの持ち運びに

しまむらのコンテナ緑、スマホ用バッテリー、ケーブル、乾電池
濡れたらダメなものの典型、スマホ用の予備バッテリー。ケーブルも一緒に、安全に持ち運べます。

キャンプ場のランドリーにひょいと持っていける

しまむらのコンテナ赤、洗剤、ロープ、洗濯バサミ

キャンプ場のコインランドリーで、こんなボックス入りの洗濯セットを取り出したら、とってもスマートに映ることでしょう!

最後は、個人的におすすめの活用法

バッテリーや調味料もいいですが、こんな活用法はいかがでしょうか? パパママさんなら共感してくれるかも?

女子あるある!試供品の山をキャンプ仕様に

しまむらのコンテナ青、基礎化粧品の試供品、おとまりセット、シュシュ
コスメを買った時の試供品、溜まる一方……。それなら、必要な量をSサイズに入れて、キャンプ用の基礎化粧品セットにしちゃいましょう! お泊まりセットもコンテナにin。アウトドアではいつものポーチよりも断然見やすく、取り出しやすいです。

フタにはキャンプ柄のマスキングテープを飾って自分らしく。

ファーストエイドボックスにも最適

しまむらのコンテナ赤、絆創膏、ポイズンリムーバー、薬
ちょっとした切り傷や虫刺されに、手近に用意しておくと安心な救急セット。最重要品を選りすぐって入れておきましょう。赤のコンテナなら目立ちやすいですね。

薬局でもらった薬袋の「外用薬」の文字を切り抜き、上からセロハンテープで貼ったら、インパクト抜群の見た目になりました!

LOGOSとコラボ!こんなものも発見

しまむらのウエットティッシュホルダー、カップ、カトラリー
あのLOGOSとしまむらがコラボしたオリジナルブランド「LOGOS DAYS」の、ウェットティッシュホルダーです。1枚の布をボトルに巻き、面ファスナーで取り付ける仕組み。ポケットや取っ手もついて、使いやすさ抜群!

でかでかとした「除菌!」の文字が隠れるので、キャンプテーブルの雰囲気をオシャレに盛り上げてくれますね。

・LOGOS DAYS
ウェットティッシュホルダー ストライプ【税込580円】 (対応サイズ:直径29〜32cm、高さ17〜19cm)

しまむらで、心ときめくキャンプグッズをゲットしよう!

ウエットティッシュホルダー、コンテナ大小各色、ライター、ドライバーセット、ミニライト、コーヒー、紅茶
あなたの近所のしまむらで、スペックの高さとオシャレ度を兼ね備えたコンテナBOXが手に入ります。他にも、「しまピク」には、アパレルメーカーらしい綺麗なファブリックのレジャーシートやクーラーバッグなどが勢揃い。

キャンプ仲間よりも一足早く、しまむらで最旬アウトドアギアをゲットしましょう!

詳細はこちら

Get the coolest outdoor gear at SHIMAMURA-PICNIC!
しまピクでクールなアウトドアギアを手に入れよう!

関 美奈子の記事はこちら

Source: CAMP HACK