アイキャッチ画像出典:TOYOTA

トヨタ待望のアウトドア系SUV「RAV4」登場

しばし空席だったトヨタのやんちゃ系クロカン

トヨタ発のSUVにはC-HRやハリアーなどがありますが、どちらかというと都会的なSUVとして浸透しています。

もちろんランクルはありますが、世代を重ねるごとにリッチな雰囲気になっていき、現行モデルはかなりラグジュアリーな雰囲気をまとっています。正直「ちょっと手が届かない……」と感じている人も多いのでは。

日産やスバルあたりが強めだったけれど……

出典:NISSAN

そうこうしているうちにキャンパーの主流は日産・エクストレイルや……。

出典:SUBARU

スバル・フォレスターあたりが定着してきた感もあります。が、ここにきてトヨタがついにアツい1台を投入してきましたよ!

ついにトヨタのあの名車が復活!

出典:TOYOTA

それが新型「RAV4」です。オッサン世代は若かりしキムタク登場のCMを思い出す人もいるんじゃないでしょうか。当時から外遊びゴコロ満載のクルマでした。

出典:TOYOTA

RAV4は1994年に初代が登場し、2016年に国内販売はいったん終了。22年の歴史に幕を下ろしましたが、このたび2019年に再デビューを果たしたのです!

積載ならまかせろ!

出典:TOYOTA

それでは、トヨタの新型RAV4がどれだけキャンパー向きかをチェックしてみましょう。まずはアウトドアでの死活問題「積載」から。

クラストップレベルのラゲッジ容量

出典:TOYOTA

特筆すべきはその積載量。なんと580Lを誇ります。

日産・エクストレイルで565L、スバル・フォレスターで520L、トヨタ・ハリアーで456L、マツダ・CX-5で505Lなので、ざっと見渡してもいかにRAV4の積載量が優れているかお分かりいただけるのではないでしょうか。

シートアレンジで長尺モノもOK

出典:TOYOTA

ただ容量が大きいだけではいろんな形状のキャンプギアを効率的に収納するには万全じゃありませんね。その点も安心。しっかりシートアレンジが効きます。

使いやすい6:4分割可倒式リアシートなのでテントやポールなどの長尺モノも思いのまま。SUPやサーフボードといったキャンプ+αの遊び道具も積載可能なんです。

両手がふさがっていてもリアゲート開閉

出典:TOYOTA

ランタンや食器などの細かなギア類はシェルコンなどにまとめて詰めていることが多いと思いますが、クルマに積み込む際いちいち地面におろして、ゲートを開けて、また荷物に手を伸ばして……みたいなのは面倒ですよね。

その点RAV4であれば足先を近づけるだけでリアゲートを開閉できるハンズフリー仕様。これで両手がふさがっていても楽勝です。

デザイン、色が選びホーダイ!

出典:TOYOTA

いくら積載力があっても、肝心のデザインがイケてないようじゃ本末転倒ですよね。でもご安心あれ。エクステリアもこれまた画期的なんです!

フロントデザインが2種類!

出典:TOYOTA

フロントマスクが2種類用意されているのもRAV4の特徴です。

「アドベンチャー」グレードはつや消しブラック主体の骨太デザイン。対して「G」「X」といったそれ以外のグレードは洗練されたメッシュグリルになっています。これは顔の好みで選ぶ人も出てくるかも?!

カラバリもなんと12色

出典:TOYOTA

色も豊富で、好みのカラーをチョイスできます。単色だと全8色、ツートーンで全4色というバリエーションの多さは圧巻。

これでキャンプ場でもなかなか人とかぶらずに済みそうです。

さらにココがキャンパー好み!

出典:TOYOTA

ここまで「積載力の高さ」「ルックスの良さ」をご紹介してきましたが、RAV4のスゴいところはまだまだあるんです!

電子レンジすら動かせる家庭用コンセント

出典:TOYOTA

ポータブル電源がすっかりキャンプギアとして定着しました。つまりは電気がいかにキャンプの可能性を広げるかという証拠ですよね。

その点、RAV4のハイブリッド車であればAC100V・1500Wのコンセントがオプションで装着OK。例えば車載電源で携帯を充電しながら電気ポットでお湯を沸かし、LEDランタンも点灯、みたいな至れり尽くせりも可能です!

滑りやすい路面でも安定走行

出典:TOYOTA

山深いキャンプ場にアクセスする場合、路面状況は決していいとはいえないでしょう。ましてや雪の時期にはスリップの危険も……。

そのあたりの不安を解消してくれる機構「マルチテレインセレクト」「SNOWモード」などを搭載し、オフロード走破性をより高めています。

開放感バツグンのサンルーフ

出典:TOYOTA

よく晴れた午後は、木漏れ日を感じながらドライブすれば往復のロングライドも気持ちのいい時間に早変わり。「ムーンルーフ」を搭載すればオープンカーのような開放感を得られるでしょう。

気になる点は……

かなり良さげなRAV4ですが、ここでちょっと気になる点にも目を向けてみます。

ガソリンモデルだとアイドリングストップ機能がない

出典:PIXTA

最近のクルマではもれなく標準装備されている印象のある停車時のアイドリングストップ機能ですが、RAV4のガソリンモデルにはついていません。

ただ「なくても気にならない」「むしろないほうが好き」という人もけっこういますので、好みの問題でもあるでしょう。

ヘッドライトウォッシャーは非搭載

出典:PIXTA

キャンプだと泥ハネや、降雪などでヘッドライトが汚れることも多々あります。そんなとき役立つのがヘッドライトにウォッシャー液を吹き付けてくれる「ヘッドライトウォッシャー」機能ですが、こちらは全グレードに非装備。

ただ、ハードな環境下での使用を想定していなければ、さほど問題はないかもしれませんね。

初心者も上級者もキャンパー大満足!

出典:TOYOTA

生まれ変わった新型RAV4、いかがでしょうか。気になるプライスレンジは260万~380万ほど。荷物がたっぷり載って走破性が高く、見た目もGOODとくれば、かなり「買い」なんじゃないでしょうか。

初めてクルマを購入するビギナーキャンパーも、乗り替えを検討しているベテランキャンパーも、ぜひ候補に加えてみてはいかがでしょうか。

スバルにも気になるモデルあり

フォレスター「X-BREAK」にはキャンパー好みのディテールが満載!

TOYOTA RAV4 amazes a lot of campers

トヨタ「RAV4」は多くのキャンパーを魅了する

Source: CAMP HACK