クーラーボックス

【もし奮発するなら】アイスランドのクーラーボックスの魅力まとめ

アイキャッチ画像出典:楽天市場

最長で5日間も氷が持つクーラーボックス

brandon-morgan-102110

出典:UNSPLASH

かっこいいクーラーボックスがほしい。けど周りと同じものは極力使いたくない……そんなことを思っている方にはICELAND(アイスランド)のクーラーボックスがおすすめ。

保冷力はなんと5日間も氷がもつレベルで(温度・フタの開閉・氷の量により変動)、見た目もバツグン。YETIやスノーピークの「ハードロッククーラー」で悩んでいる方には、もう1つの選択肢として提案したい、超高性能クーラーです。

アイスランド クーラーボックスの特徴

断熱材が充填された厚み約5cmのボディ

icebox

出典:楽天市場

最長5日間も氷をキープするヒミツ、それは断熱材が充填されたボディにあります。暑さは約5cmあり、その分厚いボディにより抜群の保冷力を発揮しています。

仕切りにもなるまな板

icebox2

出典:楽天市場

散らかりがちなクーラーボックスの中身も、1枚仕切りがあるだけで簡単に整理できます。さらにその仕切りがまな板としても使えるので一石二鳥!(まな板の大きさはクーラーボックス本体のサイズにより異なります)

食材整理に役立つバスケット

icebox3

出典:楽天市場

食材を分けておくことができるバスケット型シェルフ。下の方に埋もれがちな調味料などを入れておくと、取り出しやすく便利です。(大きさはクーラーボックス本体のサイズにより異なります)

あると嬉しいドリンクホルダー付き

icebox6

出典:楽天市場

蓋上部の両サイドに瓶や缶などを置けるくぼみが2箇所あり、テーブルとしても使用可能。

付属でサイドにかけられるカップホルダーも付いてくるので、開け閉めする際はそこに置けば邪魔になりません。

魚の大きさ等を測ることができるスケール付き

icebox7

出典:楽天市場

蓋上部にはインチ表示のスケールが付いているので、釣った魚の大きさ等を測ることができます。フィッシングやキャンプなどあらゆるシーンに対応できます。

栓抜き付き

imafさん(@imaf.5)がシェアした投稿 – 2017 6月 14 3:16午後 PDT

何かと探しがちなボトルオープナー。クーラーボックスに付いていることで探す手間が省けます。さらに取り出してすぐ開けることができるのでとても便利です。

【ICELAND クーラーボックス 20QT】

抜群の保冷力と機能性を兼ね揃えたアイスランドクーラーボックスは全部で3サイズあります。最小サイズの20QTは持ちやすいワンハンドルで、デイキャンプやピクニックなどにおすすめ。

ITEM

ICELAND クーラーボックス 20QT
●カラー:ホワイト、グレー、デザートカモ
●サイズ:(外寸約)幅53.6×奥行33.8×高さ36.3cm
●重さ:約6kg
●容量:18.9L
※カモ柄は大人気につき現在売れ切れ中!グレー、デザートカモ柄は在庫があるようです!


悩んだ挙句、白を購入しました。
車中泊で使用するため、冷却時間で決めました。
想像していた以上に、かっこよく気に入りました。
出典:楽天市場

【ICELAND クーラーボックス 45QT】

3サイズあるうちの45QTは、1泊2日のファミリーキャンプでも丁度良いサイズです。

ITEM

ICELAND クーラーボックス 45QT
●カラー:ホワイト、マーブル、デザートカモ
●サイズ:(外寸約)幅67.8×奥行42×高さ41.4cm
●重さ:約10.5kg
●容量:42.6L
※カモ柄は大人気につき現在売れ切れ中!グレー、デザートカモ柄は在庫があるようです!


他のキャンパーの方とカブリにくいオシャレ且つ機能もソコソコなハードクーラーを探して、アイスランドクーラーにたどり着きました。当初カモ柄を狙ってたのですが何処も完売。デザートカモの存在を知り、これもすぐ完売になると思い購入。到着して確認したところ、むしろカモ柄よりいいカモ笑
とってもかっこいい!
この三連休のキャンプに早速使います。
出典:楽天市場

2017年はOUTPUT LIFEとのコラボが人気

icebox8

出典:楽天市場

アウトドアとインテリアを融合したブランド「OUTPUT LIFE」とのコラボにより誕生したクーラーボックス。抜群の保冷力と便利な機能はそのままに、どんなシーンにも溶け込みやすいナチュラルカラーがおしゃれ、と人気を集めています。

ITEM

OUTPUT LIFE × ICELAND クーラーボックス 20QT
●カラー:サンド
●サイズ:約幅50×奥行32×高さ36.5cm
●重さ:約6kg
●容量:18.9L



ITEM

OUTPUT LIFE × ICELAND クーラーボックス 45QT
●カラー:サンド
●サイズ:約幅67.8×奥行42×高さ41.4cm
●重さ:10.5kg
●容量:42.6L



ITEM

OUTPUT LIFE × ICELAND クーラーボックス 75QT
●カラー:サンド
●サイズ:約幅85.1×奥行45.5×高さ45.5cm
●重さ:13.9kg
●容量:71.9L


見た目も中身もクール!アイスランドクーラーボックス

アイスランドクーラーボックス

出典:楽天市場

最長で5日間も氷がもち、便利な機能を兼ね揃えたアイスランドクーラーボックス。無駄のないクールなデザインが抜群の存在感を魅せてくれます。一般的なクーラーボックスとは別格!

1台あればあらゆるアウトドアシーンにおいて活躍できる強い味方です。スペックも見た目もこだわりたい方は是非チェックしてみて下さい。

ソフトクーラーも上手く併用しよう

大容量のハードタイプをひとつ持っているより、ほどよいサイズのクーラーをハードとソフトで2種持っていたほうが使い勝手がいいですよ。そのテクニックも要チェックです。

Super tough Iceland cooler box
スーパータフなアイスランドクーラーボックス

Source: CAMP HACK

失敗しないクーラーボックスの選び方&「保冷力」テクニック!厳選アイテム12選

アイキャッチ画像:Instagram by logernalu

食材管理の要・クーラーボックス!必要な保冷力を見極めよう

食材・飲み物の保管に欠かせないクーラーボックス。いざ購入しようと見てみても、サイズや形状・材質が様々で、クーラーボックスは選ぶのに一苦労ですよね。

特に最も大事なスペックである保冷力は、数値化もされていないのでわかりづらいですよね。今回は、そんなわかりづらいクーラーボックス選びを「保冷力」視点で徹底ガイド!理想のクーラーボックスを手に入れられるよう、まずは必要な保冷力を見極める基準からチェックしていきましょう!

クーラーボックス「保冷力」の判断基準は?

クーラーボックス「保冷力」の判断基準
出典:coleman

第一に、使用する季節が重要です。当たり前ですが、真夏と秋冬では気温は大きく違うので、どのシーズンにキャンプへ行くことが多いかは、ひとつの判断基準になります。また、食材の量や鮮度キープを左右する「人数」と「日数」も重要です。

そして購入した後に収納スペースが合わなかった…なんてことにならないよう、「サイズ」も要チェック。人数、使用日数、サイズ、これらを基準に、後は価格と相談して決めましょう。

クーラーボックスの保冷力を表す指標「保冷日数」とは?

クーラーボックスのカタログに書いてある項目に「保冷日数」というのがあります。クーラーボックスの保冷力を示す指標となる保冷日数ですが、「20℃前後の室温でクーラーボックス内に入れた氷が、溶けきっていない状態で残っている日数」のこと。

ですが環境によってこの結果は変動してしまうので、実際使用しながらの目安は、スペックに明記されている日数の50~60%と考えておくのがベター。表記されている保冷日数が5日間であれば、2~3日程度と思っておくと良いでしょう。

クーラーボックスの保冷力が違う2タイプ、どう使い分ける?

ハードクーラー

イグルー ハードクーラー マリーンウルトラ 54

出典:Amazon

中に入れるものが増えれば当然重量も増し、保冷力も必要となってきます。食材や飲み物が20Lを超える場合は、頑丈なボディに断熱材が詰まった、保冷力の高いハードクーラーがおすすめです。

ソフトクーラー

コールマン ソフトクーラー アルティメイトアイスクーラー/20L

出典:Amazon

スーパーへお買い物や、ピクニックの飲み物など気楽な移動にはソフトクーラーが便利です。使い終わればコンパクトにたためるので、サブのクーラーボックスにも最適。

クーラーボックスの容量はどれくらいが適当?

クーラーボックスの容量 車の荷台に詰め込まれたキャンプ用品

出典:Shiguma

一般的な目安としては、4人家族で1泊2日なら30~50Lサイズを、2泊3日ならさらにソフトクーラーもプラスすると安心でしょう。2人なら1泊2日で30L位が妥当なサイズ。

容量の大きいクーラーボックスほど、つい沢山のものを入れてしまいがち。それらを保冷するための保冷剤も必要になるとさらにスペースを取ってしまうので、中身をたくさん入れたい場合は大容量かつ保冷力も高いものを選ぶと良いでしょう。

「保冷剤選び」でクーラーボックスの保冷力を底上げ!

保冷剤選びでクーラーボックスの保冷力を底上げ

ビニールパックの保冷剤でもいいですが、保冷持続効果はイマイチ…。保冷力を確実に持続させたいなら、アウトドアブランドから発売されている保冷剤を購入するのが断然おすすめです!

氷を持っていく場合は、ロックアイスより大きい板氷のほうが溶けにくいので◎。

ITEM

ロゴス 保冷剤 氷点下パックGTマイナス16度ハード
●サイズ:19.5×25.5×3.5cm
●重量:1.2kg

表面温度-16℃。保冷能力8倍(一般保冷剤との比較)。通常の保冷剤と併用すると、より長く保冷できます。内容物は安全な植物性。


隣接させた飲料が凍ります。長持ちするかはクーラーボックスの性能次第。この冷却性能はちょっと感動した。
出典:amazon


ITEM

キャプテンスタッグ スーパーコールドパック M
●製品サイズ:17×19.5×3cm
●重量:750g

夏場の必需品で、繰り返し使えます。数個持っていても良いお手頃価格。


きちんと冷えている状態をキープしてくれたので、購入して良かったと思います。
出典:amazon

クーラーボックスの保冷力を長持ちさせる4つのコツ!

①直射日光に当てない

クーラーボックスの保冷力を長持ち 直射日光に当てない

出典:物欲至高

保冷力は地面からの放射熱や、直射日光によって失われてしまいます。クーラーボックスは、地面から離して日陰に置くようにしましょう。

②食材も保冷剤にする

クーラーボックスの保冷力を長持ち 食材も保冷剤にする

食材や飲み物をあらかじめ冷やしたり凍らせることで、保冷剤の代わりになります。予備の保冷剤があるなら隙間に入れてしまいましょう。

③二重構造にする

クーラーボックスの保冷力を長持ち 二重構造にする

キャンプ上級者の中には、保冷力を延ばす裏技を使っている方も!ハードクーラーの中にひと回り小さなソフトクーラーを仕込んで二重構造にしたり、開閉時に冷気を逃さないようにアルミレジャーマットを布いて2つに仕切ったり…工夫次第で、保冷力をさらにアップさせることができますよ!

④フタの開け閉めは最小限にする

保冷力を保つためには、必要以上に開閉しないことがポイント。食材とフタの間に銀マットやシートを被せて冷気を逃がさない工夫をすると、より安心ですね。

開閉の機会を少なくするためにも、飲み物類専用のクーラーボックスを用意するというのもアリです。

条件別!おすすめクーラーボックス12選

保冷力重視の高性能クーラーボックス

ITEM

イエティ タンドラ
●サイズ:53.3×40.6×39.4cm
●重量:8Kg
●容量:27L(目安:350ml缶 X 20本)
●材質:シェル/ポリエチレン、フォーム/ポリウレタン

プロのハンターやフィッシャーから厚い信頼を得た保冷力と耐久性が最強のギア。熊でも壊すことができないと言われるほどに頑丈です。


初使用は、カニを入れて保存しました。保冷剤も強力な奴と古い奴の計2個入れましたが、2日間保冷出来ました。重いのが携帯性に欠点かと思いますが、車に積載して使用するなら問題ありません。価格だけの価値が有ります。
出典:Amazon


ITEM

シマノ スペーザ ホエールリミテッド600
●サイズ:39.6×93.4×34 cm
●重量:9.8kg
●容量:60L(目安:500mlペットボトルX 52本)
●材質:PP樹脂+発泡ポリスチレン+3面真空パネル

真空パネル3面、キャスター付きで便利!言わずと知れたフィッシャーマン一押しの保冷力を誇り、大人二人が座れるタフボディ。


保冷力は十分です。買ってすぐに行った船釣りで80cm弱のワラサが釣れ、大活躍しました。高い買い物ですが、保冷力が良くないと氷の持ちも悪くなるので奮発して買いました。満足しています。
出典:Amazon

ITEM

ダイワ プロバイザー 27L
●サイズ:36×57.5×32.5 cm
●重量:4.5kg
●容量:27L
●材質:スーパースチロール

ワンタッチで開く、狭い場所での開閉も楽な両開き。軽量コンパクトのダイワのメジャー商品。裏底に滑り止めがついています。


真夏の炎天下でもしっかり保冷出来て重宝してます。ちょっと高いですが、ホームセンターで購入するくらいならこちらを買った方が良いと思います。
出典:Amazon

程よい保冷力!お手頃価格が優しいクーラーボックス

ITEM

キャプテンスタッグ シエロ クーラーボックス 35
●サイズ:59×37×29 cm
●重量:2.8kg
●容量:33L(目安:350ml缶 X 51本)
●材質:発泡スチロール

とにかくお手頃価格で、軽くてコンパクト。運動会やピクニック、デイキャンプにおすすめです。


ちょうど良い大きさで、使いやすいです。2Lのペットボトルが縦向きですっぽり収まるので夏場に重宝しました。
出典:amazon


ITEM

コールマン クーラーボックス テイク6
●サイズ:27×21×18 cm
●重量:0.8kg
●容量:4.7L
●材質:発泡ウレタン、ポリエチレン

350ml缶がちょうど6本入るサイズで、近くの公園へのピクニックや野球観戦、ソロキャンプにおすすめ。


弁当・おにぎり3ツ・500mlペットボトル1本・パウチ1個、小さい保冷剤なら入ります。8月、外使いならペットボトル・パウチ、必ず凍らせ+保冷剤もお勧めします。冷房の効いた体育館なら保冷剤のみで大丈夫でした。
出典:Amazon


ITEM

イグルー マリンクーラー 51L
●サイズ:38×64×35 cm
●重量:4.4kg
●容量:51L
●材質:発泡ポリウレタン断熱材

イグルー独自基準で4日間の保冷能力。フタには計測用メジャーが付いています!


51Lにしては軽いです。保冷力も十分です。釣り具メーカーのクーラーと違いコスパも優れています。デザインもシンプルで可愛いです。留め具関連が少しちゃちいのが残念ですが値段なりでしょう。
出典:Amazon

キャンプにちょうどいい!しっかり保冷力のあるクーラーボックス

ITEM

コールマン スチールベルトクーラー
●サイズ:60×42×41cm
●重量:約7.5kg
●容量:51L
●材質:スチール、ステンレス、発泡ウレタン、ポリエチレン

コールマンを代表する歴史あるハードクーラーで、なんといってもおしゃれで保冷力も抜群。キャンパーから「スチベル」と呼ばれ愛されています。


可愛くて、娘も喜んでます!今度の野外バーベキューで活躍してもらいます!
出典:amazon


ITEM

コールマン エクストリーム ホイールクーラー
●サイズ:58×46×45cm
●重量:約6kg
●容量:47L
●素材:スチール、ポリエチレン、ポリプロピレン、発泡ウレタン

保冷力5日、4人家族1泊2日のキャンプにぴったりなサイズ!中身が重くなっても、ホイールとハンドル付きで移動が便利なニューモデルクーラー。


2泊3日の夏のファミリーキャンプで使用しました。保冷効果はホームセンターで売っている保冷剤と500mLペットボトルを凍らせてもって行きましたが、3日たってもペットボトルの氷は残っており、保冷効果は申し分ないと思います。
出典:amazon


ITEM

イグルー ステンレスクーラー 51L
●サイズ:62×40×42cm
●重量:7.25kg
●容量:51L(目安:350ml缶×83本)
●材質:ステンレス、ポリプロピレン、ウレタンフォーム

断熱材は厚いウレタンで保冷力が抜群。ステンレス製でスタイリッシュなデザインです。


これにするかコールマンのスチールベルトか悩んだのですが、キャンプ場で他と被ることが少ないのでこちらで正解。マイナスポイントは、蓋のロックが甘いこと。
出典:Amazon

サブに最適!保冷力のあるソフトクーラーボックス

ITEM

コールマン アルティメイトアイス
●サイズ:42×32×38cm
●重量:1.4kg
●容量:35L(目安:2Lペットボトル×12本)
●材質:TPE加工ポリエステル、ポリエチレン(フォーム)

ファミリーでのキャンプやBBQに最適の35Lサイズ。ソフトクーラーでも保冷力は抜群。


家族3人で使用するには、十分な容量で満足しています。夏に1日使っても飲み物も冷えたままで助かります。日帰り旅行で、保冷が必要なものを持って帰ったりスーパーで買い物するのにも重宝します。ソフトタイプのため、使わない際は、コンパクトに折りたためるので助かります。
出典:Amazon


ITEM

スノーピーク ソフトクーラー18
●サイズ:34.3×24.1×22.9 cm
●重量:0.82kg
●容量:18L
●材質:TPVCナイロン

バッグ部分は摩擦や衝撃に強い素材で丈夫。軽量断熱材が使われ、携行性と保冷力が両立されています。


小さいFP-111を使っていますが、TPOに合わせて使うため、この商品を追加しました。2つあると便利です。次は一番大きいのも欲しくなりました。保冷性の高さとコンパクトに折りたためるのがいいですね。
出典:Amazon


ITEM

ロゴス ハイパー氷点下クーラーL
●サイズ:39×30×29cm
●重量:1.5kg
●容量:20L(目安:500mlペットボトルX16本)
●材質:EVA/PU/PE/PVC

保冷力が更に向上した新型ハイパークーラー!表面は太陽光を反射するメタルシルバーカラー。氷点下パックとなら、アイスクリームを最大11時間保存できます。


保冷剤を下と上にし、サンドイッチ状態にすればアイスクリームも4~5時間はカッチカチでしたよ!(真夏、クーラーなしの屋内)
出典:Amazon

キャンプスタイルに合ったクーラーボックスを選ぼう!

ロガァさん(@logernalu)が投稿した写真 – 2016 9月 17 2:55午前 PDT

形状・材質・容量など、色々なクーラーボックスがありましたね。一般的に保冷力の高いものは値段も張りますが、自分のキャンプスタイルを見つめなおしてみたら、そこまで保冷力は必要でなかったりもします。必要なスペックと予算を見極めて、適材適所なクーラーボックスを選んでくださいね。

 

cool, cooler, coolest!
クーラーボックスの保冷力は要チェック!

    Source: CAMP HACK