グループキャンプ

コツは「分担」にあり!グルキャン・ファミキャンを快適に過ごすための知恵

アイキャッチ画像撮影:編集部

【大人数キャンプの場合】準備や料理、分担してる?

Kotonaさん(@kotona_htm)がシェアした投稿 – 2017 9月 4 1:24午前 PDT

アウトドア好きの仲間と行く、グループキャンプ。ワイワイ楽しいものですが、人数が多い分最初は準備や食事面で大変な思いをすることも。

そこで、グループキャンプを成功に導くコツ「分担」について考えてみましょう!

企画段階から気をつけたい!「〇〇過ぎ」に注意

From PIXTA

出典:PIXTA

まずは、行く前の段階で注意しておきたい基本事項からチェック!

人数多過ぎ

あまりに大人数過ぎると、料理に子供の見守りにと何もかもが大変。リラックスして過ごすには、3グループ位がちょうど良いでしょう。

持って行き過ぎ

バーナーやコンロ、数台がかぶって結局使わずじまい……なんてことも。コットなどグループのサイトを占有しかねない大モノは、事前に確認するのもマナーです。

ざっくりし過ぎ

ゆる~く楽しむのもキャンプの醍醐味ですが、グルキャンの場合行き当たりばったり過ぎるのも非効率を招く原因に。出発3日前くらいから、必要最低限の確認は取り合っておくのが良いですね。

以上を踏まえ、3グループで行く一般的なファミリー・グループキャンプにおすすめの分担例をチェック!

大きいもの・重要なものこそ確認&分担を

1.コンロ・バーナー類

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

撮影:編集部

何台もいらないものは誰が持って行くか事前に確認すれば無駄が無く、積載に余裕も生まれます。

3グループならツーバーナーは一台、焚き火台はバーベキューと焚き火用と二台もあれば充分です。

2.タープ

tarp

撮影:編集部

メインリビングの大屋根となるタープ。結構大事なものに限って、誰かが持って来るだろうと気を抜いて結局誰も持って来ていない……となると大ダメージ。しっかり確認を!

3.テーブル

takasa

撮影:編集部

料理の作業用と団欒用などテーブルはいくつか必要なので、2グループくらいが持ち寄ると良いでしょう。並べて使う場合は、なるべく高さが合うものを持って行くのが◎。

ワンポイント:全体の成功に一役買う″気遣い″

SEIJIさん(@seichan1118)がシェアした投稿 – 2017 9月 18 3:38午前 PDT

誰かがハプニングに見舞われたら同行者がサポートできる、これはグルキャンならではの安心感。

たとえば折れたり足りなかった時のためにペグを多めに用意しておくなど、「誰かの万が一」にも備えておく気持ちが、全体の成功につながることも。

料理も分担すれば効率的&ストレスフリー!

昼・夜・朝の担当制

takuponさん(@tkpn_photo)がシェアした投稿 – 2017 9月 17 6:50午後 PDT

キャンプで料理をするのが楽しい!という方もいれば、キャンプに来てまでご飯作りたくないという方もいるはず。3グループなら昼・夜・翌朝など、分担制にするのもアリです。

「調味料」「おやつ」「炭」など係りを決める

たまさん(@takibi.camp)がシェアした投稿 – 2017 9月 16 6:34午前 PDT

調味料系の細々とした物も、かぶって出番がなかった……ということはよくありがち。場所を取る炭など、必要以上に持って行くこともない物こそ分担制で用意していきましょう。

ワンポイント:「買って行くもの」と「現地で買うもの」

kaimono

撮影:編集部

各家の飲み物やマスト食材や「残ったのをどう分ける問題」が発生しがちなお米などは、事前にそれぞれが準備して持って行くのが◎。

メイン食材は現地で買い物をするとダブり買いがなく、食べたいものと量も、確認しながら選べます。

一番大事!子供まわりも分担で見守りを

誰かしらが見守りを

asobimono

撮影:編集部

大人もついフルで楽しんでしまうキャンプですが、子供が小さかったり危険箇所があるほど見守りが手薄になるのは心配です。

設営・料理と何かしらにかかりっきりになりがちですが、子供の行動は保護者がチェックし、常に安全を確認するようにしましょう。

子供と楽しめる事をする

せっかくキャンプで子供と遊ぶなら、こんなふうに焚き火台でちょっとした料理をするなど、アウトドアでしかできない体験をするのもおすすめです!

ワンポイント:子供の飲食スペースをセッティング

kodomo

撮影:編集部

火の近くに小さい子供を座らせると危なかったり、全員が座りきれない場合も。

「子供はこっちのテーブルで」というように、メインテーブルの横にキッズスペースを設けるのも手です。自分たちだけのスペースに、子供たちの団結力も強まるかも!?

次のキャンプは「分担制」で!

keisukeさん(@bbksk)がシェアした投稿 – 2017 9月 10 3:07午後 PDT

事前準備も含めて、楽しみたいグループキャンプ。料理が得意・火おこし名人・仕切り上手など、適材適所で分担するとより効率が良いですね。

あれもこれも一人で準備して毎回ヘトヘトになっている方、次はみんなで分担するところからはじめませんか?

寝る前・起床後のTO DOリストも要チェック

キャンプでのアタフタ、ちょっとしたコツでなくせるかも!? できてるあなたはスマートキャンパー!

Share A Role To Let Camping Succeed!

キャンプ成功のコツは分担にあり!

Source: CAMP HACK

盛り上がること間違いなし!グループキャンプに持っていきたい「+α」な8つの道具

アイキャッチ画像出典:Instagram by @shuchan_0314

グループキャンプに何持っていく?

img_6672

提供:編集部

テント、タープ、チェア、寝袋、マット、カトラリー、共有のテーブルとツーバーナー……キャンプ道具一式を持って準備OK。準備ができたら次は「+α」で何を持って行くか考えませんか?

スラックライン ギボン 使用画像

出典:Amazon

このままでも十分ですが、全員が盛り上がる「何か」を持っていければ楽しさ100%が120%になるはず。今回はグループキャンプに持って行きたい道具とアイディアをご紹介!

持って行きたい8つの道具&アイディア

1.  新しい「カード・ボードゲーム」を試してみる

カードゲーム イメージ画像

提供:編集部

やっぱり定番なのがトランプ。『ババ抜き』『大富豪』『ポーカー』などは必ずと言っていいほど盛り上がりますよね。

「UNO」も人気ですが、その他にも「キャット&チョコレート」「ゴキブリポーカー」「ワードバスケット」「ひらがなポーカー」など大人から子どもまで楽しめる超人気のゲームもおすすめ。
クアルト イメージ画像

提供:編集部

また「オセロ」や「QUARTO(クアルト)」などのボードゲームも盛り上がること間違いなし。2人プレイのゲームも勝ち抜き選などの工夫で大人数でも楽しめますよ。

ITEM

メビウスゲームズ ワードバスケット
●サイズ:11.5×11.2×3.5cm
●内容:文字カード45枚、ワイルドカード15枚、日本語説明書付


旅をして、そこで出会った人たちと一緒に遊んでます。また、キャンプなどでも友達とワイワイやったり、子供たちとも遊べるので買ってよかったです。
出典:Amazon


ITEM

キャット&チョコレート 日常編
●対象性別:男女共用
●対象年齢:8歳から


使用するネタとお題が決められていると言う大喜利には無い不自由さがありますが、、そのおかげで答えやすさは抜群です!家族やお友達とやるのが良いと思います!
出典:Amazon


ITEM

ギガミック クアルト!
●本体サイズ : 幅26×奥行26cm
●対象年齢 : 6歳から、男女共用


非常にシンプルなルールながら奥が深く1回1回が短い時間で楽しめるので非常に気に入りました。おしゃれなデザインなので、そういった点もお気に入りポイントです。
出典:Amazon

2.  「ラジコン」をここぞとばかりに走らせる

ラジコン 使用イメージ画像

出典:Amazon

普段はなかなか全力で走らせられないラジコンたちも、キャンプ場でなら全快で操縦できます。オフロード仕様のラジコンや空撮ドローンなど、子どもから大人まで絶対盛り上がるはず!

もちろん操縦可能なキャンプ場で行うように注意し、周りにも声をかけるなどして、配慮しましょうね。

ITEM

R/C G-DRIVE ECOプラス ジープラングラー
●使用電池:単3電池8本使用
本体6本、コントローラー2本
●周波数:2.4GHz
●対象年齢:6才以上


5歳用に購入したのですが2歳の子供も操作に慣れて遊んでいます。たまに乗っかったりしていますが、頑丈ですね。水にも強くて満足です。
出典:Amazon


ITEM

GoolRC GC002 2.4G RCボート高速ラジコン船
●使用電池:7.4V 600mAh充電池(リモコン充電池は含まれていません)
●スペック:周波数/2.4GHz、制御距離約/100m、最高速度/約20km (h)


2台目購入です。大きさ、価格の割りにはダアナミックな操縦感もあり家族でミニレースをやろうと考えてます。意外とスピードが出て面白い。手軽に出来るラジコンでお得でした。
出典:Amazon


ITEM

SHIRUI 901HS ミニドローン
●サイズ:9.6*9.6*2.9cm
●重量:30g
●飛行時間:6〜8分
●送信機制御距離:50〜80m
●スマホ制御距離:30〜50m
●バッテリーの充電時間:40〜50分


ヘッドレスモードはどちらを向いていても操縦できるので満足しています。帰還モードは家の中での操作ですが、戻ってきますが、外で確認したいです。6畳の部屋の中でぶつからず、左右回転、360度回転ができるようになりました。
出典:Amazon

3.  「燻製」にチャレンジしてみる

無くても困りませんが、あるとやっぱり盛り上がるのが「燻製」。特に大人にとって燻製は、お酒と、夜の語らいの良き相棒となる存在です。

大きくて本格的なものから、コンパクトで少量作るのに適しているものまで大きさはさまざまです。中には一見コンパクトに見えて2段構造を採用し、グルキャンでもまかなえる量を作れるものまであります。

ITEM

ソト いぶし処 スモークスターターキット ST-124SK
●本体サイズ:幅22.2×奥行19.4×高さ41.5cm
●重量:2kg
●材質:フタ・チップ皿/スチール(メッキ鋼鈑)、網・フック/スチール(亜鉛メッキ)、つまみ/天然木
●セット内容:お手軽香房ST-124、チップ・スティック(4種)、フック、温度計


かなり前に買ったが全く壊れない。コスパ最強。温燻をするには別売りの温度計が必須!!
あとは100均のステンレス商品でなかの棚やフックは自由自在。
出典:Amazon


ITEM

コールマン コンパクトスモーカー
●サイズ:約直径23.5×20.5(h)cm
●重量:約835g
●材質:ステンレス、他
●付属品:網×2枚、収納ケース


コンパクトなのに中に2層あり、簡単においしい、燻製がたくさん作れます。何よりも丸みのある構造なので、角がなく、洗いやすいのが最高かな。
出典:Amazon


ITEM

キャメロンズ ミニスモーカー
●サイズ:使用時/17.5×42.5×7cm、収納時/17.5×30×7cm、網からフタまでの高さ/約4.5cm(ウッドチップを敷いてない状態)
●重量:1265g
●素材:ステンレス


底とチップの上に1枚ずつアルミ箔を敷いて置くと掃除が楽。なかなか使い易く、掃除、収納共に便利で満足しています。
出典:楽天

4.  いいお酒の「一升瓶」を持っていく

なにかとお祝い事に登場する一升瓶。キャンプの日に何かしらのお祝いごとがあれば、いいお酒の一升瓶を持っていってみては?

お酒好きのグループであれば歓声が沸くかもしれませんよね。このアイテムで盛り上がれるのは大人だけの特権ですね。

5.  「360度カメラ」の撮影をしてみる

360fly 4K VRアクションカメラ 撮影画像

出典:Amazon

最近登場してきた360度カメラなら、大人数のグループキャンプでも全員が写ることが可能。キャンプ場だからこそ撮影できる様子や、街中では撮れない思い出が残せます。

普段のカメラではなく、こういった特殊なカメラを使ってみるのも盛り上がるコツですね。

ITEM

リコー THETA S 360度 全天球カメラ
●レンズタイプ:全天球タイプ
●画素数:1200万画素
●内蔵メモリ:8GB
●SDカード対応:なし
●専用アプリ:THETA・THETA+・THETA+ Video
●耐環境性能:なし


デザインと使用方法はとてもシンプルなのでよいですね。解像度も悪くありません。動画が取れるのが気に入りました。
出典:楽天


ITEM

360fly 4K VRアクションカメラ
●レンズタイプ:半球タイプ
●画素数:1600万画素
●内蔵メモリ:64GB
●SDカード対応:なし
●専用アプリ:360fly
●耐環境性能:防水・防塵・耐衝撃・耐低温


この製品は1枚のワイドレンズで撮影する仕様となっており、2つのレンズを持つ他社製カメラでありがちな画像のステッチ(つなぎ目)がなくとても自然な動画が撮影できます。
出典:Amazon


ITEM

Haare 360度カメラ
●サイズ:127mm × 27mm × 44㎜
●重量:102g
●レンズ:210°魚眼レンズ×2
●メモリー:マイクロSDカード 128GB対応


日本語説明書が付属してるのと安い理由で購入。特に支障なくペアリングできた。
操作も特に不便なくできる。画像も思ってた以上にきれい。
出典:Amazon

6.  見よう見真似で「スラックライン」を練習する

スラックライン 使用イメージ画像

出典:Amazon

アウトドアイベントでよく目にするスラックライン体験ですが、なかなか難しいですよね。いっそのこと購入してしまって、みんなで練習するというのも面白いかもしれません。

「今日のキャンプではここまで歩く!」「今回はこの技にチャレンジする!」など、グループで協力して上達していくのも楽しいキャンプの形ですね。

ギボン CLASSIC LINE X13-TREEPRO SET

ITEM

ギボン CLASSIC LINE X13-TREEPRO SET
●長さ:15m(1.5m line x 2.5m ratchet strap)
●ライン幅:50mm
●重さ:2.65 kg/2.9 kg
●最大負荷:40kN
●色:イエロー
●付属品:ラチェットカバー、ツリーウエアー


バランスだけでなく、股関節強化、全身運動になります。使うたびに思うのは、強度や作りなど、大変よく出来た製品である、という事です。
出典:Amazon


ITEM

ドッペルギャンガー バランスウォーカー 15m DBW01
●サイズ:ライン本体:(約)5cm×15.0 m、ツリーウェア:(約)14×100cm
●重量:(約)2.6kg ※ツリーウェアを含まず
●材質:ベルト・ツリーウェア/ポリエステル、ラチェット/鉄
●耐荷重量:4t(垂直方向に静止状態で4tの重さに耐えることができます)
●カラー:イエロー
●付属品:ツリーウェア2枚、キャリーバッグ、取扱説明書


イベントで使ってみてはまってしまい購入しました。歩きやすいし丈夫にできているし、袋があるのが便利です。どれだけ歩いたかラインにローマ字が書いてあるので分かりやすいです。
出典:Amazon


ITEM

マカコ スラックライン
●サイズ:16m×5cm
●セット内容:ライン(緑色 16m×5cm)×1、ラチェット(巻取り器具)×1、ツリーウェア(木とラインを保護するパッド)×2、収納袋×1、日本語説明書×1


しっかりとした商品で全く問題なし!ロープの色もきれいで設置も簡単だったので満足。体重80kgほどあるが、問題なく使用できる。スラックライン難しいが楽しい!
出典:Amazon

7.  「任天堂 Switch」で勝負する

任天堂 ゲーム 使用イメージ画像

出典:Nintendo

本体の重さは400gほどで持ち運びも簡単、そして複数プレイが可能な「Switch」はキャンプシーンにピッタリ。パーティーゲームで家族対抗戦! なんてのも楽しいですよ。

自然を満喫するのがキャンプなのに外でゲーム? と思うかもしれませんが、全面的にデジタル禁止をするより、時間を決めて子どもが楽しんでくれればそれでいい、と思うキャンパーの方も多いようです。

8.  湖畔があればカヤック・SUPをレンタルしてみる

サップ(SUP) 使用イメージ画像

川遊びの定番とも言えるウォータースポーツのカヤックやサップ。受付で気軽にレンタルが可能なので、キャンプに慣れてきたら余った時間でウォータースポーツを楽しんでみるのはいかかでしょうか?

サップ(SUP)はハワイ発祥のマリンスポーツです。サーフボードよりも少し大きめの板の上に立ち、波乗りやエクササイズが楽しめるので、現在、女性にも人気のスポーツです。

「+α」な道具でグループキャンプを楽しもう

img_7236

提供:編集部

気の合う仲間とおしゃべりや、食事を楽しみ、子供達と大勢で一緒に遊んだり……とファミキャンとはまた違った楽しみ方があるグルキャン。大人だけの時間を楽しんだり、子ども達とのコミュニケーションを広げたりするのに「+α」な道具は一役買ってくれます。次回のキャンプに取り入れてみてはいかがですか!?

グループの次は、ファミリーキャンプの7つ道具

グループキャンプに持って行きたいモノの次は、ファミリーキャンプのアイディアを見てみませんか?

Let’s raise Group camp with “+ α” tool!
「+α」な道具でグループキャンプを盛り上げよう!

Source: CAMP HACK