コスパ

【売り切れ必至】NICEプライスな「テントファクトリー」超人気テントは早めにGET!

アイキャッチ画像出典:ROBERTOHOUSE

今年も売り切れの予感!?

テントファクトリー

テントファクトリーという凄まじく良コスパのブランドはご存知でしょうか?

2017年にはリリースしたテントが夏ごろにソールドアウトするほど人気のブランド。

トンネル2ルーム

出典:naturum

そんなユーザーに望まれるけど買えないテントが、2018年に待望の復活! さらにNEWバージョンも登場。

売り切れる前にチェックしておくべきテントファクトリーの魅力をお届けします。

昨年夏には完売した「トンネル2ルームテント」に今年も注目!

昨年、夏ごろに完売してしまったテントファクトリーの「トンネル2ルームテント」。完売するほどの魅力とは一体……? その魅力に迫ります。

人気の理由① トンネル型2ルームテントである

トンネル2ルーム

出典:naturum

その魅力の一つに、まず近年人気のトンネル型の2ルームであるという要素があります。寝室とリビングが別々に設けられ、居住性の高いリビングを実現しています。

人気の理由② 4人家族でちょうど良いサイズ感である

テントファクトリー

出典:ROBERTOHOUSE

つづいて愛される理由に、「家族にちょうどいい」サイズ感があります。

トンネル型テントは他社からも数々リリースされていますが、テントファクトリーの2ルームはアベレージよりもやや小ぶり。 4人ファミリー程度にぴったりな扱いやすさも支持されています。

人気の理由③ コスパ最強である

そしてトドメ、他のトンネル型のテントに比べて格段にお安い。このサイズのテントで2万円台で買えるという驚異の良コスパなんです。

近いセグメントのテントでは通常5万円以上といった価格帯でしょう。

ITEM



テントファクトリー トンネル2ルームテント
●本体サイズ:幅255×奥行435×高190cm
●インナーサイズ:幅240×奥行210×高180cm
●重量:12kg
●ポール材質:グラスファイバー
●インナーテント材質:ポリエステルタフタ185T 75D
●フライシート材質:ポリエステルタフタ210T 68Dリップストップ
●フロアシート材質:ポリエステルオックスフォード150D
●耐水圧:インナーテント800mm/フライ・フロアシート3000mm
●定員:4人用

今年は「ロング」が発売!その違いは?

トンネルロング

出典:naturum

今年は売切れテントが帰ってくるだけではありません。トンネルのロングタイプが新たに登場!

既存のトンネル型2ルームとはどう違うのか? ポイントをチェックしていきます。

ここが違うよ!① ゆったりスペース!

トンネルロング

出典:naturum

もともと居住性の高い2ルームですが、ロングになってさらにゆったり空間に。

しかも寝室はそのまま、ウリであるリビングが1mも拡張されているので現代のキャンプスタイルにハマるトンネル型に仕上がっています。

ここが違うよ!② 解放感!

トンネルロング

出典:naturum

ロングタイプは前後に入口が設置されたことで解放感がアップ!  シェルターとしての使い勝手も良く、より幅広い使い方ができそうです。

ここが違うよ!③ 大きくなってもコスパ◎

ロングになっても、通常タイプからおよそ1万円アップ”のみ”。

他社の同サイズのテントと比べてもまだまだお安い価格。ひきつづき良コスパの魅力もあるテントといえます。

ITEM



テントファクトリー トンネル2ルームテント ロング
●サイズ:本体=幅255×奥行560×高190cm、インナーサイズ=幅240×奥行210×高190cm
●素材:メインポール=グラスファイバー、キャノピーポール=スチール、インナーテント=ポリエステルタフタ185T 75D、フライシート=ポリエステルタフタ210T 68Dリップストップ、フロアシート=ポリエステルオックスフォード150D、グランドシート=PE(ポリエチレン)耐水圧:3000mm

他にもあります。要チェック商品!

テントファクトリー

テントファクトリーはテントだけではありません。ちゃんとキャラが立ったアイテムを発信中。しかも良コスパみたいなアイテムが豊富なんです。

実際に使用しているキャンパーのスタイルと合わせて3つのアイテムをチェックしていきましょう。

ワイルドな「アウトドアキャリー&天板」

Instagram Photoミリタリーデザインの男前キャリーをお探しならこちら。同ブランドのロールボードと合わせればテーブルとしても活用できます。

ITEM



テントファクトリー キャリーワゴン Dタイプ カモフラージュツリー
●寸法:幅51×奥行93×高さ60(取っ手含まず)cm
●折りたたみ時寸法:53×21×75cm
●収納部内寸:50x83x30cm
●本体重量:9.8kg
●材質(本体):スチール(粉体塗装)
●耐荷重:約80kg
ITEM



テントファクトリー ロールボード94
●素材:天然木(ハードウッド)
●サイズ:94×39.5cm

ウッド調が珍しい「クーラーボックス」

Instagram Photoクラシカルでムードありまくりなクーラーはおしゃれサイトを作るなら絶対買い。カスタムベースとしても狙い目です。

ITEM



テントファクトリー メタルクーラー ステンレスボックス L
●サイズ:奥行40 × 幅60 × 高41.5cm
●容量:51L
●素材:本体外側=ステンレス/プラスチック(PE)、断熱材=ウレタンフォーム

どんなスタイルにもOKな「ウッドテーブル」

Instagram Photoシンプルなデザインで使用シーンを選ばないウッドテーブル。どんなサイトにもマッチします。

ITEM



テントファクトリー グランドホームテーブル
●素材:天然木(ハードウッド)
●サイズ:86×48×28.5〜42.5cm 

現代キャンプスタイルにジャストなコスパNO1テント

テントファクトリー

出典:ROBERTOHOUSE

最近のキャンプではリビングスペースの重要度がましています。でもリビングが広大なテントとなると扱いづらい大きさだったり高額だったり、使い勝手が悪くなりがち。テントファクトリーはその名に相応しく、この問題をスマートに解決したテントを作り上げました。

シェルターとしても欲しい一張り、売切れ前に急ぐしかない。

コスパ◎な新作テントはこちらも。

ホールアースの2018年新作テントも要チェックですよ!

Even if you buy Tent factory’s TUNNER you will not lose!

テントファクトリーのテントは買って損なし!

Source: CAMP HACK

コスパ収納ボックス選手権!どの個性を選ぶ?

アイキャッチ画像・記事中画像提供:デザインスタジを アトリエばく

コスパ最高!キャンプで使えるオシャレ収納ボックスを徹底調査

食品の入った取っ手付きコンテナ、木製テーブル

増えるギア、ごちゃつくサイトを一発でスッキリさせる収納ボックス。コスパ最高でグッドルッキングなものを、みんな知ってるあの店この店で探してきましたよ!



オシャレ度抜群の木箱、折りたためるコンテナや、小物の収納にぴったりなミニサイズなどなど……お店ごとに特徴を調べてみました。

どこで何を買うか、色々ありすぎて迷っているあなたのための徹底比較ガイドです!

おサイフに優しい!なんと全部1,500円以下

収納ボックス、ラインナップ
どれもあっと驚く低価格! 入れるものに合わせてたくさん買っても、費用はそんなにかさみません。それぞれ積み重ねがきく設計で、デザインも十分満足のいくレベル。安い収納ボックス=ダサいのでは? そんな心配はご無用です。

それでは、カテゴリー別に各店のラインナップをご覧ください!

比較① ウッドボックス:ニトリ、CAINZ

ミリタリー調のニトリとナチュラル系のCAINZ

ウッドボックス、ラインナップ
右はニトリの「積み重ねできるカラボサイズボックス」別売りで同じ塗装のふたが販売されています。左はCAINZのオリジナルブランド、「KUMIMOKU スタッキングBOX」。

では、どんなものが入るか、それぞれ実例をご覧いただきましょう。

ニトリのウッドボックスでサイトをクールに飾る!

キャンプギアの入ったニトリのウッドボックス
どうですこのカッコよさ! ヴィンテージ塗装のボックスを並べれば、サイトがぐっと引き締まります。ランタンやバーナーなどのハード系ギアを収納するのにぴったり。

レギュラーには500mlのペットボトル、ガスのCB缶が入ります。よこ型ハーフはガスのOD缶が入る高さ。別売りのふたはミニテーブルとして使うのもアリ。

・ニトリ 積み重ねできるカラボサイズボックス シャック
レギュラー【1,380円+税】 よこ型ハーフ【925円+税】 たて型ハーフ【925円+税】 クォーター【740円+税】
ふた 幅38用【462円+税】 ふた 幅19用【277円+税】

CAINZは自然な色みの2色展開、カスタムもできる

キャンプギアの入ったCAINZのウッドボックス

こちらはCAINZのDIYブランド、KUMIMOKUシリーズの木箱。サイズはS〜LL、ナチュラルとブラウンの2色。持ち手はついていませんが、塗装を楽しんだり、好みの取っ手をつけたりと自由なカスタムが可能。

LL(左)はギアボックス、M(右奥)は工具やペグ入れに、S(右手前)はキッチン小物などに。

・CAINZ KUMIMOKU スタッキングBOX
LL【税込980円】 L【税込798円】 M【税込698円】 S【税込598円】

比較② 折りたたみコンテナ:CAINZ、ダイソー、Seria

入れる、たたむ、しまう、フレキシブルなところが便利!

折りたたみコンテナ、ラインナップ
折りたたみコンテナの最大の利点は、当たり前ですが、使わないときは小さくたためて、かさばらないところ。食料品など食べたらなくなるもの、ブランケットやウェア類など頻繁に入れ替えするものにうってつけです。

実際にキャンプグッズを入れてみましょう。

CAINZからはフタ付きと取っ手付きの2種

キャンプギアの入ったCAINZの折りたたみコンテナ
CAINZの折りたたみコンテナはがっちりとした作り。大きめなので入れられる物の幅が広く、別売りでフタも用意されています。カラーはブラックとホワイト。ギアをブラックで揃えている人も、アイボリー系グラマラステントの人も合わせやすいですね。

フタも合わせて、このクオリティで1,000円しないのはお買い得です!

・CAINZ
折りたたみコンテナ【税込648円】 折りたたみコンテナ用フタ【税込298円】
食品の入ったCAINZの取っ手付きコンテナ
こちらのCAINZの折りたたみコンテナは、取っ手付きで持ち運びに便利です。画像のグリーン&ブラックは渋め迷彩柄コーデに絶妙フィット。アメリカンカジュアル風のブルー&オレンジ、レッド&ブラックは、ヴィンテージカラーのギアとコラボできそう。ベージュ&ブラックはアイボリー系ギアのユーザー向け。

同カラーでSサイズも揃っています。

・CAINZ
Kumimoku取っ手付き折りたたみコンテナ【税込980円】 Sサイズ【税込480円】
・各色のラインナップはこちら

みんな持ってる、ダイソーのULTIMATEコンテナ

キッチングッズの入った、ダイソーの折りたたみコンテナ
どこにも負けないリーズナブルなお値段はさすがのダイソー。S、M、L、もうワンサイズ大きい折りたたみコンテナの4種類。やや華奢ですがその分軽量で、落ち着いたブラウン、ネイビー、カーキはどんなサイトにも合わせられる色展開。ミリタリー調のサイト作りにも一役買います。

画像のものはL。深さもあり、キッチン用品がこれだけ詰め込めます。

・ダイソー
ULTIMATE CONTAINER S【100円+税】 M【200円+税】 L【300円+税】 折りたたみコンテナ【500円+税】

Seriaはシックな3色展開

キャンプギアの入ったSeriaの折りたたみコンテナ
ダイソーのULTIMATE CONTAINER Sよりひと回り小さめで、とっても軽いSeriaの折りたたみコンテナは、重さ127g。たためば厚さ22mmとかさばらないので、数を揃えて小物の収納に使ってみては?

カラーはホワイト、ブルー、グリーンの3色。

・Seria
折りたたみコンテナM90【100円+税】

比較③ 男前系ボックス:ニトリ、ダイソー、Seria

微妙に違うディテールの中から選べます

男前系収納ボックス、ラインナップ
安価な収納ボックスはポップな原色系が多いですが、今年になってからはソリッドで洗練されたデザインのものが続々と発売されていますよ。

色調を統一させれば、お金をかけずにスタイリッシュなサイトが出現! 家でギアの収納に使っても、インテリアの邪魔になりません。

それぞれの個性を比べてみましょう。

ハンサム顔のニトリ インボックス

キャンプギアの入ったニトリの収納ボックス
きっちりした直方体が特徴的。この形は物を詰めやすいです。木製の「カラボサイズボックス」と同じ規格なので、混ぜて使っても、車への積載テトリスを考えたら便利ですね。別売りのフタはトレーになります。

アイボリー、イエローグリーン、クリア、グレー、ターコイズブルー、ダークブラウン、ローズの多色展開で、どんなサイトでもオシャレに決まります。クリアとグレーを並べて爽やかに。

・ニトリ インボックス
レギュラー【648円+税】 ハーフ【555円+税】 たてハーフ【555円+税】 クォーター【370円+税】
レギュラー用フタ【277円+税】 クォーター用フタ【185円+税】
・各色のラインナップはこちら

今年発売のダイソー「MONO AND CHRO」シリーズ

救急セットの入ったダイソーのモノクロカラーコンテナ
100均グッズといえば、派手な色でキッチュなデザインがちょっと……でしたが、2018年1月、新しく「MONO AND CHRO」シリーズがダイソーから遂にお目見え!

Instagram Photoつや消しのホワイトとダークグレーで、オシャレに敏感なキャンパーでも納得の見た目。厚手で作りもしっかりしていて、どこよりもお買い得価格。これはぜひ手に入れたいですね。

・ダイソー MONO AND CHRO
スクエア収納BOX 小(フタとセット)【100円+税】 大(本体のみ)【100円+税】 フタ【100円+税】

お手軽サイズでクールな色が揃うSeria

キャンプギアの入ったSeriaの収納ボックス
Seriaの収納ボックスはいい色が揃っています。軽く、究極にシンプルなデザインなので、使い道は無限大。

クールな色調のプラBOX(画像右側)は、ランタンのマントルや工具などの小物を分別収納してみてはいかが? プレーンボックス(画像左側)はミリタリーカラーの3色。深さがあるので調味料やコーヒー豆などを入れるのに良さそうです。

・Seria
フタ付きプラBOX M型【100円+税】 フタつきプレーンボックス【100円+税】

比較④ オシャレ系ボックス:3COINS、ダイソー

キュートとラブリー、どっちがお好み?

3COINSとダイソーのオシャレ系コンテナ

キャンプサイトはオシャレに可愛く飾りたい。そんな女子のために探しました。オシャレ雑貨の雄、3COINSと、定番のダイソーで、きれいめ&愛らしい色柄の収納ボックスを見つけてきましたよ!

オシャレの王道なら3COINS

果物と3COINSのコンテナ
前でフタがロックできる持ち手付きのコンテナは、イラストが何ともキュート! オリーブグリーンのコンテナには、森の中のティピーテントで楽しそうにキャンプするクマがいっぱい。ミントブルーの方には、大きな窯でパンを焼くネコとネズミが描かれています。

2つともキャンプに持って行きたくなっちゃいますね。

・3COINS
STORAGE CONTAINER【300円+税】

ダイソーはカントリー風の網みカゴ柄

スイーツとダイソーのコンテナ
こちらも2箇所でフタがロックできる持ち手付きの収納ボックスですが、バスケット柄の表面加工がされていて、とってもラブリー。ピクニック気分が盛り上がること請け合いです。

渋めのマスタードイエロー、コーディネートしやすいアイボリーの他に、ブルーグレーとワインレッドの4色。大好きなスイーツを詰めて、フィールドに出かけましょう!

・ダイソー
フタ付きBOX(編みカゴ調)大【500円+税】 小【200円+税】

その他の収納ボックス記事はこちら!

今回はコスパ重視で比較してみました。もちろん見栄えや機能性を重視した収納ボックスもやっぱり捨て切れません。こちらの記事では人気の高い収納ボックスたちを紹介していますよ。

安くてオシャレで色々選べる!収納ボックスは新時代に突入

キャンプギアと収納ボックス色々

あなたのキャンプライフに合わせて、どの収納ボックスで揃えましょうか。様々なテイストのものが発売されていますので、インスタグラムや隣のオシャレキャンパーを参考に、イメージを膨らませてからお店に行くといいですね。

コスパ抜群の収納ボックスなら、お金をかけずとも、自分らしい素敵なサイトが創れますよ。

It’s gonna be a great opportunity to get low-priced, stylish containers!

安くてオシャレな収納ボックスを揃える絶好の機会ですよ!

この収納ボックスをちょっとアレンジしてみた

簡単にアレンジしてみた記事はこちらです。

その他、関 美奈子の記事はこちら

Source: CAMP HACK