サバティカル

ソロ〜カップルキャンプに最適!タイプ別おすすめテント15選

アイキャッチ画像出典:instagram by@hermit_camper

ソロでもカップルでも、1つのテントで兼用できたら……。

出典:Instagram by@echo.mk_camp

今や、男女問わず「ソロキャンプ」を楽しむ時代。カップルであれ夫婦であれ、それぞれにソロキャンプも楽しむケースが増えてきていますよね。

出典:instagram by@steppy88camp

そこで、悩ましいのがテント選び。ソロ用とカップル用を別々に揃えるとなると、収納場所も金銭面も2倍の負担に。

今回はそんなカップルキャンパーたちのお悩みを解消すべく、ソロ&カップルで兼用できるおすすめテントを総特集! ミニマムなタイプからゆったりタイプまで選りすぐりの15選をお届けします!

ソロ〜カップル使いにおすすめのテント【 ドーム・ロッジ系 】

①ロゴス「ドームDUO+タープセット」

出典:LOGOS

ロゴスからは、秋冬キャンプ向け限定カラーの「2020 LIMITED」シリーズが登場! 中でもソロ〜カップル使いにおすすめなのが、こちらの「ドームDUO+タープセット」。

大型前室付きの2人用テントとタープのセットで、バイクや自転車の駐輪スペースとしてもジャストなサイズ感がポイント。

出典:instagram by@logos_enjoy_outing

大型前室部分のドアは、はね上げてキャノピー使用もできるので、ソロキャンプ時はタープなしでもOK。フライシートの4面にはしっかりとマッドスカート付きだから、秋冬キャンプや雨天時のキャンプにも安心です。

ITEM



ロゴス ドームDUO+タープセット
●サイズ:(約)幅385×奥行220×高さ140cm
●インナーサイズ:(約)幅210×奥行140×高さ125cm
●収納サイズ:(約)幅67×奥行20×高さ20cm
●総重量:(約)4.9kg
【タープ】
●サイズ:(約)幅430×奥行440×高さ175cm
●収納サイズ:(約)幅47×奥行14×高さ14cm
●総重量:(約)2.4kg

<!–

–>

②ogawa「ステイシーST-Ⅱ(2020年モデル)」

出典:Instagram by@grandlodge_takao

今年は、ogawaもロングセラーの名作テントがリニューアル! ソロキャンパーから絶大な人気を誇る、あの「ステイシー ST-Ⅱ」が、トレンドにマッチしたNewカラー「カーキ」「サンドベージュ」の2色展開に。

総重量3.9kg、収納サイズ52×19×19cmと、軽量&コンパクトでツーリングテントとしても人気のこちら。

出典:Instagram by@grandlodge_shinkiba

実は寝室の奥行き150cmに対し、前室の奥行きが110cmと小型テントとしては珍しいゆったり感が魅力です。さらに、入り口ドア部分をはね上げれば、2人のときでもタープなしでリビング空間が確保できます。

軽量コンパクトかつ、テントのみでも完結した居住性を求めるカップルにおすすめのアイテム。

ITEM



ogawa ステイシー ST-II(2020年モデル)
●重量 / 総重量(付属品除く):3.9kg
●収納サイズ:52×19×19cm(フレーム折り寸40cm)

<!–

–>

③テンマクデザイン「ペポライト」

出典:Instagram by@kin_07625

60〜70’Sのオールドアメリカンな雰囲気漂うレトロテントとして、一躍大人気となった「PEPO(ペポ)」。そのペポのソロ向けサイズとして昨年(2019年)登場したのがこちらの「ペポライト」。

出典:Instagram by@chako_222

ソロ向けと言っても、側面が垂直に近い角度で立ち上がったロッジ型で、広々とした居住空間を確保。2台コットを並べても余裕のスペースです。

出典:Instagram by@heko6_6

ヴィンテージ感ある佇まいながら、生地にはコットンよりも扱いやすいTC素材を使用。フロアにはPUコーティングが施され、耐水圧1500mmと雨対策もバッチリ。

よりポップなテイストの「ペポライト オレンジ」も人気。ミニマムながらも、レトロなデザイン&テイストにこだわりたいカップルにイチオシのテントです。

ITEM



テンマクデザイン ペポライト
●収納サイズ:(約)600×250×250(高)mm
●組み立てサイズ:(約)2,400×2,200×1,400(高)mm
●重量:(約)8.02kg

<!–

–>

④ノルディスク「ユドゥン ミニ」


出典:Instagram by@kmm_732

お次は、ノルディスクの名作「ユドゥン」のミニサイズ版。前後のAフレームでデッドスペースの少ない構造はそのままに、リュックで持ち運べるコンパクトな収納サイズと1〜2人用にジャストな居住空間が特徴です。

高さ125cmと、女性1人でもポールのセッティングがしやすいのもポイント。

出典:Instagram by@tomo3family

また、こちらテント・タープの本体(幕)とパーツセット(ポール・ペグ・ロープ・ガーランド)が別売り仕様。イエロー・ブラウン・ピンクの3色から選べるので、手持ちのギアやサイトインテリアとのコーディネイトが楽しめます。

女性1人でも手軽に設営できるキュートなコットン幕をお探しのキャンパーに、ぜひ! 

ITEM



ノルディスク ユドゥンミニ テント本体
●設営サイズ: 210×155×125cm
●収納サイズ:28×20×26cm
●重量:約4.2kg

<!–

–>

ITEM



ノルディスク ユドゥンミニ カラーパック
●カラー:マスタードイエロー、チェリーピンク、チョコレートブラウン
●サイズ(収納時):50cm×20cm×4cm
●重量:約1.8kg
●セット内容:収納袋、ポール、ペグ、ガイロープ、ガーランド、ジッパープラー

<!–

–>

⑤ モンベル「ムーンライトテント 2型」

出典:mont-bell
1979年の発売から40年の超ロングセラー、モンベル「ムーンライト」シリーズ。なんと2020年、フルモデルチェンジを敢行!
月明かり(ムーンライト)の下でも簡単に設営可能というコンセプトはそのままに、側面がより立ち上がって内部空間にゆとりを実現。また、2人が寝られて前後に前室まで備えつつ総重量は2.35kgと超軽量。

出典:mont-bell

テント本体の収納サイズが35×∅17cm、ポール収納サイズが44cm×∅11cmと、トレッキングやツーリングにもピッタリのコンパクトサイズです。

2人でももう少し余裕が欲しい……という方なら2型ではなく「4型」という選択肢も。4人が寝られる広さを確保しつつ、前後には約1mの前室も備え、さらに総重量は5.26kgとやはり超軽量。

いずれも、とにかく軽量で設営が簡単なテントを求めるアクティブなカップルにイチオシのテントです。

モンベル公式オンラインストアはこちら

ソロ〜カップル使いにおすすめのテント【 ワンポール・シェルター系 】

⑥YOKA「TIPI」

出典:Instagram by@yoka_twelvetone

組み立て式木製家具が人気の「YOKA(ヨカ)」から、初のテントがラインナップ。1人でも立てやすく、ソロ用として根強い人気を誇るティピー型のワンポールシェルターです。

こちらなんと、テント下部をぐるりと一周する白いライン、ファスナーやガイロープ用ループなどがリフレクターに。夜の視認性にこだわったデザインが特徴的。

出典:Instagram by@yoka_twelvetone

フロアサイズは270×270cmと、2人でも十分な広さ。ソロならかなりゆったりと過ごせます。上部には防炎布製の煙突穴が装備され、薪ストーブが設置できるのも大きな魅力。

収納サイズは50×∅15cm、総重量は約1.8kgと携行性もバツグンです。真冬もソロ&カップルで存分にキャンプを楽しむならコレ。

ITEM



YOKA TIPI
●サイズ:W270cm x D270cm x H175cm
●人数:2人用
●重さ:約1.8kg(本体・ポール・煙突穴パーツ込み)

<!–

–>

⑦フィールドア「フォークテント T/C 280」

出典:Instagram by@fieldoorcom

こちらは、コスパ優秀ブランド「フィールドア」の人気アイテム「フォークテント」。ワンポールテントの立てやすさはそのままに、2股ポールがデッドスペースを解消したいいとこ取りのハイブリッドテントです。

しかも、今年は「T/C」素材にアップデート。難燃性で火の粉にも強く、遮光性もUP。

出典:Instagram by@fieldoorcom

フロアサイズは280×280cmでハーフサイズのインナーテントが付属。フロアレスシェルター使いもOKだから、2人でもコット寝すれば広々と過ごせます。

このクオリティでもフィールドアなら18,920円(税込)! コスパ重視のカップルにおすすめのテントです。

ITEM



フィールドア フォークテント T/C 280
●本体サイズ : (約)280cm×280cm×175cm
●インナーサイズ : (約)260cm×130cm×160cm
●収納時 : (約)16cm×16cm×70cm
●重量:(約)6.8kg
●耐水圧:428mm

<!–

–>

⑧ヒルバーグ「アナリス」

出典:Instagram by@kikorin_olllllllo

続いては「ヒルバーグ」注目の新作。ブランドの1stテント「Keb(ケブ)」にインスパイアされた進化型モデルで、トレッキングポールで簡単設営できる2人用リッジテント。

アウターテントには、軽量で引き裂き強度に優れた「kerlon1000(ケルロン1000)」を使用。総重量1.4kgと超軽量で、収納サイズは一般的なデイパックに収まるコンパクトさ。

出典:Instagram by@steppy88camp

インナーテントはオールメッシュで通気性も◎。アウターテントのみでシェルター使用もOK。ハイカーやバックパッカーはもちろん、他と被らないエッジーなデザインを求める人にも最適なテントです。

ITEM



ヒルバーグ アナリス
●対応人数:2人用テント
●重量:最小重量1.2(総重量1.4kg)
※ポール・トレッキングポールはついておりません。

<!–

–>

⑨チャムス「ブービーハウスT/C」

出典:Instagram by@chums_japan

今年はチャムスからもT/C素材の新作テントがラインナップ! こちらは、メインポールの立ち上げですぐ設営できるのに、サイドが立ち上がったベル型で居住性の高い4人用テント。

エントランスも大きく、最大高は178cm。背の高い人もストレスなく出入りできます。

出典:Instagram by@chums_japan

別売りのハーフインナーで2ルーム使用も可能。小川張りで連結できる同柄タープもラインナップされており、チャムスワールド全開で、ソロ〜ファミリーまでマルチに活躍してくれるテントです。

ITEM



チャムス ブービーハウスT/C 4
●サイズ:240×338×338cm
●重量:14.2kg
●素材:本体 / Polyester 65%, Cotton 35%
    床 / 210D Nylon Oxford (耐水圧2000mm)
    ポール / 260cm Steel(1本),180cm Steel(1本)

<!–

–>

➉ゼインアーツ「ギギ1」

出典:Instagram by@kmm_732

端に行くほど低くなるワンポールテントの欠点を、両サイドのエクステンションポールで解決した「ギギ1」。その結果としての個性的なフォルムも人気のポイントに。

コット2台入れても余裕のスペースがあり、パネルの開閉やはね上げで実にさまざまなアレンジが可能です。

出典:Instagram by@zanearts_official

2人がゆったり就寝できるハーフインナーテントも別売りされており、ソロ〜カップル、ソログループキャンプでの共用リビングなど、多様なスタイルを楽しむ人にピッタリのシェルター。

製品の詳細はこちら

ソロ〜カップル使いにおすすめのテント【 トンネル・2ルーム系 】

⑪スノーピーク「エントリーパック TT」

出典:Instagram by@snowpeakstore_petemo_odaiba

スノーピーク初のトンネル型テント「ヴォールト」とヘキサタープがセットになったお得なアイテム。ヴォールトは3本のアーチフレームで立ち上げるので、ビギナーでも設営が簡単。

それぞれ単体で使えるのはもちろん、インナーなしのシェルター使いが可能なのも魅力です。

出典:Instagram by@yumalonlon

インナーテントを入れて2ルームにしたときでも、前室をはね上げれば広いリビングが確保できます。ソロのときや荷物少なめのキャンプならタープなしでもOK。

ソロよりもカップルやファミリー使用を想定して開発されているテントですが、背が低いフォルムなのでキャンプ道具が少ないサイトでも様になります。しかも設営が簡単なのでクルマ移動でのソロなら十分活躍できるテントです。

出典:Instagram by@yumalonlon

カップルでより広いリビングを構築したいなら、タープとセットで。しかも、エントリーパックTTのタープはコネクションテープ付きで、タープとテントを連結させる「小川張り」が初心者でも比較的簡単な仕様に。

ビギナーカップルにおすすめのセットです。

ITEM



スノーピーク エントリーパックTT
●対応人数:4名
●収納サイズ:66×25×25(h)cm
●重量:7.9kg

<!–

–>

⑫ogawa「ツインクレスタ」

出典:instagram by@hermit_camper

アポロン、グロッケと快進撃の止まらないogawaから、新作テントをもう1つ。「ツインクレスタ」は、コンパクトな見た目ながら、Y字ポールが上部の空間を広げる最新型ツインポールシェルター。

出典:ogawa

別売りの2人用ハーフインナーを付ければ2ルームテントに。大人2人+子ども2人用のフルインナーもラインナップされており、ファミリーでの使用もOK。

出典:ogawa

正面のパネルには、はね上げ時に便利なサイドウォールも完備。風雨の防御はもちろん、よりプライバシーにも配慮しつつリビングスペースを拡大できます。

快適な居住性を確保しつつコンパクトなシェルターが欲しい人は要チェック。

ogawa公式オンラインストアはこちら

⑬サバティカル「ギリア」

出典:instagram by@gangben.jian

デフォルトで、2人用と5人用のインナーテントが付属しているのが最大の魅力である「ギリア」。2人用インナー使用時は2ルームテント、5人用インナー使用時には前室つきテントとしてマルチに活躍してくれます。

出典:instagram by@mogmog_camp

もちろんインナーなしのフロアレスシェルターとしても使えます。また半自立構造かつ最大高が170cmと、1人でも設営しやすい設計に。

ソロ〜カップルだけでなく、グループでのキャンプまで1台でカバーできるマルチなシェルターが欲しい人におすすめ。

サバティカル公式オンラインストアはこちら

⑭DOD「カマボコテント 3S」

出典:instagram by@dod.camp

DODの代名詞と言っても過言ではない「カマボコテント」シリーズ。2020年1月には「カマボコテント3」にアップデート。S・M・Lの3サイズで展開され、ソロ〜カップル使いにおすすめしたいのが「3S」。

インナーテントは3人用で、全体的に2〜3人が余裕を持って過ごせるサイズ感に。

出典:instagram by@dod.camp

全パネルにメッシュ装備&スカートも完備。夏はスクリーンタープとして、冬はおこもりシェルターとして活躍してくれます。

ソロでもカップルでもオールシーズン対応のゆとりあるテントを探している人は、カマボコ一択?!

DOD公式オンラインストアはこちら

⑮ミニマルワークス「V HOUSE M」

2020年1月、遂に日本上陸を果たした韓国発アウトドアブランド「ミニマルワークス」。中でもブランドのアイコン的存在として人気を集めているのが「V HOUSE M」。

最小限のギア、シンプルな操作方法、軽量コンパクトというコンセプトを象徴する軽量シェルターです。

出典:Instagram by@unby_official

ビニールハウスからインスピレーションを受けたというこちら。3本のアーチポールにリッジポールを組み合わせており、通常のトンネル型テントより風に強い構造に。

出典:Instagram by@unby_official

前面、後面、側面は自由にオープン・クローズが可能かつスカート付き。アレンジ自由度が高く、オールシーズン対応の頼れるシェルター。

オプションで2人用インナーテントも展開。気候に合わせて快適にアレンジできるシェルターを求める人は、最注目したいテント。

ITEM



ミニマルワークス V HOUSE M
●使用時サイズ:幅540x奥行305x高さ190cm
●収納時サイズ:幅65x奥行25x高さ25cm
●重さ:約9.2kg
●素材:リップストップナイロン40D、アルミニウム
●耐水圧:3,000mm

<!–

–>

1人でも2人でも快適なテントでもっとキャンプを楽しもう!

出典:Instagram by@yumalonlon

ソロでもデュオでも快適に過ごせるテントがあれば、キャンプはもっと自由に楽しめるはず。ミニマム派の人も、ゆったりサイト派の人も、この記事を参考にマルチに頼れるテントを見つけてみて下さいね!

The post ソロ〜カップルキャンプに最適!タイプ別おすすめテント15選 first appeared on CAMP HACK[キャンプハック].
Source: CAMP HACK

話題のサバティカルのあのテント。張ってみて分かった本当のコト

記事中画像撮影:烏頭尾 拓磨

売り切れていたあのテントを入手できたので、レポートします

間違いなく今年のキャンプ業界の盛り上がりの渦中の存在となった、こちらのテント。唯一無二の存在感を放つ大型幕、サバティカルの「スカイパイロットTC」。

発売直後から売り切れが続いていましたが、ようやく1つだけ現物を入手! このタイミングは逃せない! と実物を張って色々と体感してきました。



今回テストを行う筆者は、どちらかと言えば荷物は少なくしたい軽量派キャンパー。グランピングを匂わせる豪勢なテントには興味がないタイプです。

そんなどこか半信半疑な筆者だからこそ見える正直な景色があるのでは? ということで、決して礼賛オンリーではない使用者のリアルなレポートをお楽しみください!

2019年を盛り上げてくれた「サバティカル」

そもそも「サバティカル」を知らない方のために簡単な説明を。2019年の夏に彗星の如く登場したサバティカルは、キャンパーなら誰でも一度はお世話になったことがあるであろう、アウトドアディーラー「エイアンドエフ社」のオリジナルレーベルです。それゆえ、製品に対する信頼感や安心感は抜群。

また「地球の道具」というコンセプトの元にアイテムが作られており、そのダイナミックでヘヴィーデューティなアプローチが男性キャンパーの心に刺さりまくっています。

そんなサバティカルのフラグシップモデルを張ってみた


サバティカル 「スカイパイロットTC」 ¥76800

重さはずっしり22.4kg



まず最初に感じたのはやはり「重い……」ということ。総重量は22.4kgと小学生の子ども一人くらいある。その重さと大きさにはやはり面を食らいます。

しかしこれは異常に重たいということではないです。他社のこのクラスのテントを扱ったことがある人やコットンテントを愛用している人なら恐らくすぐ慣れるでしょう。

中身は幕本体とポールがメインポール(270cm)とサブポール4本(180cm)の5本、ペグとガイライン。意外とシンプルなアイテム構成にホッとしました。

幕本体が巨大なので、最初は全体の構成を把握するまでに少し時間が掛かります。見極めたところで、いざペグダウン! 設営スタート。

まずはグレーのコードのところにペグを打ち付けていきます。

設営は二人以上で行うこと



今回は撮影の都合上、一人での設営になってしまいましたが、取扱説明書では「設営、撤収は二人以上で行う」とのこと。これだけ大きい幕ですから、数人で協力して設営しましょう。

4箇所をペグダウンできたら、第一段階終了です。

センターポールを持って裾から中へ。

センターポールを所定の場所に立てれば、あっという間に自立してくれます。こうなるとより頭の中で完成した姿を思い描きながら進められますね。

続いてガイラインを付けて引っ張ってペグダウンしていきます。ある程度ガイラインを引いて、幕自体にハリが出てきたらサイドポールを中から立てていきますよ。

中からサイドポールを立てた際は、この様に先端を外に突き出します。

そこにガイラインを結わいてペグダウンすることで、サイドポールも自立。そのあと先端部分にはレインカバーを巻けば、雨が浸水することも防げます。

初張り達成!


正面

サイド

そうして立ち上がったのがこちらの状態。初張りにしては上々? 一人で行ったので設営時間はおよそ75分ほど掛かってしまいました……。

それなりに慣れているつもりでしたが、改めて「二人以上での設営」は必須だと痛感。人数が確保でき、構造が理解できていたら30分以内で張れるのではないでしょうか。

取扱説明書がめちゃくちゃ親切



ここでぜひ取り上げさせてもらいたいのが、サバティカル公式サイトに掲載されている取扱説明書。この内容がカラーイラストで紹介されていて、とても分かりやすいんです。

内容物の紹介から、設営の手順やたたみ方の手順もすべてイラストで、感覚的に伝わるので今回の設営・撤収も迷いが少なく済みました。

取扱説明書はこちら

何しろ広いので、細かいところを見てみよう


まずメインの入り口は二重仕様となっており、メッシュのみでも使用可能です。

ロールアップのパーツがそれぞれに付いているのも気が利いていますね。

スカート部分にも、ロールアップ用のパーツが付いているので不要の時は収納可能。

暖かい時期はこれくらい解放してても気持ちいいかもしれません。右手前のパネルもペグを外すことでしまえるため、さらに開放感ある仕様に変更も可能。夏のキャンプのリビングスペースには最高ですね。

内部は広々。6〜8人くらいなら余裕で居住できそうなスペースです。また〈フォレストグリーン〉と〈ライトベージュ〉の2色展開ですが、今回張った〈ライトベージュ〉は内部も明るくていいですね。足を組んで偉そうに座っていますが、大分疲れています……(笑)。

slider image

slider image

{“pagination”:”true”,”pagination_type”:”bullets”,”autoplay”:”true”,”autoplay_speed”:”3000″,”direction”:”horizontal”,”auto_stop”:”false”,”speed”:”300″,”animation”:”slide”,”vertical_height”:””,”autoheight”:”false”,”space_between”:”0″,”loop”:”true”}


センターポール内部のベンチレーションは手が届かないため、開閉用のジップに取っ手が付いています。これを使えば背が低い方でも脚立や台座を使わずに開け閉め可能。



ベンチレーションの外側はよくある手動で立てないといけないシステムになっているので、個々の部分は常に開けておくのがいいかもしれませんね。

slider image

slider image

slider image

{“pagination”:”true”,”pagination_type”:”bullets”,”autoplay”:”true”,”autoplay_speed”:”3000″,”direction”:”horizontal”,”auto_stop”:”false”,”speed”:”300″,”animation”:”slide”,”vertical_height”:””,”autoheight”:”false”,”space_between”:”0″,”loop”:”true”}


内部の使用で一番いいなと思ったのがこのハンガーテープ。センターポールのところにフックを引っ掛けるホールがあり、ランタンなどの吊り下げが可能に。

シェルター内でやり場がなく、やむなく置いたり、収まりの悪いところに引っ掛けたりしていた物が、これさえあれば綺麗にまとまります! かゆいところに手が届いてますね。

空間の有効活用がスゴい

4本のサブポールによって内部の空間を最大限に確保しているので、面積に対してデッドスペースはほぼ皆無。しかも、付属のハンガーテープによって空中までも有効活用。この無駄なスペースが一切ない工夫にはあっぱれです!

ファミリーや多くのキャンプ仲間がいるシチュエーションで、リビングスペースとして最大のポテンシャルを発揮してくれることでしょう。

張り方・使い方のパターンを考察

初張りということで、思ったよりも時間が掛かってしまい、あえなく日没コールド。いろんな張り方を自分自身の手で検証してみたかったのですが、それは次回に。

ということで、インスタグラムからユーザーさんのモデルケースを拝借。スカイパイロットTCの可能性を探ります。

ポールを追加して開放感あるサイト作りに

出典:Instagram by @yamappo>

出典:Instagram by @nissy1911

どちらもポールをプラスして、よりオープンな雰囲気に。リビングスペースを贅沢に確保しつつ、開放的にキャンプを楽しんでいるのがわかります。

ハンガーストラップの有用性も伺えますし、この幕の自由度の高さをファニーに表しています。ただ一点、この形態にすると1つの幕に対するポールの本数の多さが気になるところです。居住スペースとした時に立ち回りがいかがなものか、実際に張って検討したいですね。

出典:Instagram by @akincho.camp

こちらも個性的なオープン仕様。ウィングのようにシンメトリーに開くことで、この幕の持つデザインの美しさと完成度の高さが際立っています。

こちらのカラーだと中の明るさがどのくらいなのか気になるところです。

共有リビングの宴会幕として

出典:Instagram by @tamagoanryu

個人的な理想でいうとこの使い方。テントは横に立てて、こちらを共有リビングスペースとして使っています。いわゆる宴会幕といったところでしょうか。大きさ的にも大人数での使用を前提としているので、設営や片付けもみんなでわーっとやった方がラクですしね(笑)。

6人用の大型幕でU-10万は安いのか?

サバティカルの評判でもう1つよく耳にするのがコスパの高さ。実際にそうなのか? このクラスの幕と比較してみました。

スノーピーク 「スピアヘッドPro.M」 ¥128000

ITEM



スノーピーク  スピアヘッドPro.M
●収納サイズ:82×30×34(h)cm
●重量:13.5kg
●セット内容:タープ本体、フレーム長(×3)、フレーム短(×3)、ポール(×1)、ジュラルミンペグ(×33)、自在付ロープ(3m×6、2.5×6、2m×6)、キャリーバッグ、ポールケース、ペグケース
●対応人数: 6名
●UVカット加工

<!–

–>

ノルディスク 「アスガルド12」 ¥118000

ITEM



ノルディスク  アスガルド12
●使用サイズ:縦400x横372x高さ250cm
●収納サイズ:縦95x直径30cm
●材質:ポリエステル65%、コットン35%(フライシート)
●重量:21kg

<!–

–>

小川キャンル 「ツインピルツフォークT/C」 ¥95000

ITEM



小川キャンル ツインピルツフォークT/C
●サイズ:幅630×奥行355×高さ210cm(設営時最大)
●収納サイズ::65×35×30cm
●重量:幕体/約8.4kg、ポール/約1.7kg

<!–

–>

テンマクデザイン 「サーカス720ss」 ¥79800

ITEM



テンマクデザイン  サーカス720ss
●収納サイズ:(約)750 × 320 × 320mm
●組立サイズ:
フライシート  (約)7,200 × 3,600 × 2,200(高)mm
サイドウォール (約)3,500 × 1,600(高)mm
●総重量:(約)23.1kg(ペグ/張り綱/収納ケース含む)
●本体重量:(約)19.1kg(フライ/サイドウォール/ポール)

<!–

–>

サバティカル 「スカイパイロットTC」 ¥76800

詳細はこちら

他ブランドの6人用シェルターで主要どころを並べてみましたが、税抜き価格からして確かに安い! もちろんそれぞれの良し悪しはありますが、ここはあくまでも価格での比較。コスパの高さは噂通りといって間違いないでしょう。

以上をもって思うこと


やはりコスパがいい。そして、例えば友人が使っていたら、カッコいいな! 欲しいな! なんてきっと思うでしょう。キャンプでみんなをもてなしたい、サイト作りをおしゃれにしたい、究極モテたい! そんな人には抜群にオススメのアイテムです。

下心やカッコつける気持ちがあってもいいじゃないですか。純粋に道具として格好いいんですから、そのアドバンテージを大いに楽しんでもらいたい。おしゃれなファッションキャンパーが増えている中、時代のニーズに合ったテントとも言えるのではないでしょうか。

この記事が気にいったあなたに、オススメの3記事

Source: CAMP HACK

2ルームテントに新たな波が…!争奪戦必至な「サバティカル」の第二弾モデルが早くも登場【アウトドア通信.513】

アイキャッチ画像撮影地:久住高原オートビレッジ
記事中画像提供;A&F

早くも話題のブランドに第二弾モデルが登場!



 

今秋に彗星の如く登場した話題の新ブランド「SABBATICAL(サバティカル)」から、早くも新型モデルが登場。今回は、2020年3月末頃より発売をスタートする新作全4型をお披露目!

第一弾アイテムは全て、遮光性に優れたポリコットン素材を採用していましたが、今回発表の第二弾モデルは全て化繊素材を採用。初心者にも扱いやすく、優しいラインナップになっています。



さらに瞬く間に完売し、品切れ状態となっていた第一弾アイテムの再販も決定! サバティカルに関しての最新情報をお届けするので、最後までお見逃しなく。

ついに待望の2ルームテントが登場!

撮影地:久住高原オートビレッジ

ファミリーキャンパーに熱い支持を受けている2ルームテントが登場。2型のラインナップをご紹介します。

トンネル型2ルームテントに新定番現る!「ARNICA(アルニカ)」



アルニカは、300×220cmサイズのインナーテントが付属している4〜5人用2ルームテントです。

前後の出入り口とサイドパネルの計8箇所は、全面メッシュ付き。全てのパネルが跳ね上げ設営も可能なため、真夏は開放的なサイトアレンジを楽しめます。



また設営面にも注目! 簡単設営可能なトンネル型の構造に、交点を生み出すブリッジフレームを追加することにより、強度を確保。風の影響を受けづらく、冷気の侵入を軽減するスカート付きのデザインのためオールシーズン活躍してくれます。



【ARNICA】
価格:76,800円(税抜)
カラー:サンドストーン
詳細はこちら

新発想!まさかのインナーテントが2つ付属「GILIA(ギリア)」

2人用のインナーテントを設置した場合

ギリアは、サイズ違いのインナーテントが2つ付属した革新的なテント! 2人用(280×150cm)と5人用(280×250cm)のインナーテントが付いており、使用人数によって容易にサイトアレンジが可能です。


5人用のインナーテントを設置した場合

2人用のインナーテントを設置した場合は、2ルームテントのように広々リビングを確保。5人用のインナーテントを設置した場合は、前室付きのテントのような使い方ができます。



 

もちろんインナーテントを使わず、シェルターとして使用しても良し! 室内高は最大170cm、全体はおよそ520×300cmと必要十分な無駄のないサイズ感です。

ギミックが詰まったギリアは、39,800円(税抜)と初めてのひと張りとしてもおすすめ。アーチの美しいトンネル型デザインと、自然に溶け込むサンドストーンカラーは、2020年を飾る新定番幕として人気を集めそうですね。



【GILIA】
価格:39,800円(税抜)
カラー:サンドストーン
詳細はこちら

張り姿の美しさに一目惚れ!2サイズ展開のヘキサタープ



2サイズ展開のヘキサタープ「LUPINE(ルピネ)」も登場! 第一弾で発表されたスクエア型タープ「マリポサ」同様に、センターラインに敢えて縫製ラインを入れ、ヘキサゴン形状のバランスを追求したデザインによって、美しい曲線美を実現しています。



Mサイズは4人用、Lサイズは6人用です。こちらも先ほどご紹介したテントと同様のサンドストーンカラーを採用。手持ちのギアともコーディネートしやすい色味ですね。

美しい張り姿でサイトを演出してくれるルピネシリーズは、アルミ製のメインポールも付属しながら、手に取りやすい価格設定も魅力的。デイキャンプにも気軽に持ち出せるヘキサタープを導入してみてはいかがでしょう。

【LUPINE M】
価格:24,800円(税抜)

サイズ:475×420cm
カラー:サンドストーン
詳細はこちら
【LUPINE L】
価格:29,800円(税抜)
サイズ:570×500cm
カラー:サンドストーン
詳細はこちら

発売は、テントとタープともに2020年3月末頃よりA&Fカントリーの各店舗にてスタート予定です。キャンプのベストシーズンを迎える春前に新作アイテムの購入を検討してみてはいかがでしょう!

第一弾モデルの追加予約は、2019年12月2日(月)から受付スタート!

撮影地:ゴンドーシャロレーオートキャンプ場

さらに完売していた第一弾モデル「モーニンググローリー TC」、「スカイパイロット TC」のライトベージュの2ndロットの予約エントリーもスタート! 再販を心待ちにしていた方も多いのでは?

こちらは2019年12月2日(月)00:00から12月20日(金)23:55まで、応募可能。入荷数を上回った場合は抽選となり、抽選結果は2020年1月初旬に引き換えハガキにて当選者にのみ連絡予定です。

予約エントリーに関しての詳細はこちらをチェック
2ndロット 予約フォームはこちら(※12月2日(月)00:00からエントリーが可能です)

サバティカルの最新情報については、随時公式サイトで発表されます。続報を心待ちにしましょう!
公式サイトはこちら

CAMP HACKトップはこちら
CAMP HACKトップページではアウトドアアイテム情報も満載! ぜひチェックしてみてください。

Source: CAMP HACK