シュラフ

凍える夜からサヨナラ! 限界温度-10℃の ”暖” シュラフ【価格別】

アイキャッチ画像出典:スウィートグラス

冬キャンの強い味方「限界温度-10℃~-15℃」のシュラフ

出典:facebook

「”寝袋って1つ持っていれば大丈夫でしょう!”そう思って挑んだ冬キャンプ……寒くて寝られなかった」なんて経験ありませんか?

もう冬はキャンプなんてしないと思ってしまったアナタ! ちゃんと冬用の寝袋を準備すれば冬キャンプも快適に。テント泊はもちろん、冬の車中泊にも役立つ限界温度が-10~-15℃のシュラフを価格別にご紹介します。

そもそも限界温度ってなに?

「限界温度」とは、代謝の高い人が丸まった状態で眠れる外温度のことです。またスペックを見てみると一緒に表記されていることの多い「快適温度」は、この温度域までなら多くの人が快適に眠れるという目安です。

あくまでも寒さに対しての感じ方には個人差があるので目安と考え、寒さに弱い人は快適温度を基準に寝袋を選ぶのがいいでしょう。

寝袋を選ぶ際に注意したいこと

キャンプ場の標高やその地域の気温をしっかり事前にチェックしておくことが大切です。

 「限界温度-10℃~-15℃」のシュラフはこんな人におすすめ

●これから冬キャンプを楽しみたい人
●極度の寒がりの人
●冬も車中泊を楽しんでいる人

冬キャンプ入門に!お手軽価格【10,000~19,999円】

冬キャンプ、はじめてみたい! 去年の冬は失敗したのでリベンジしたい! という方にオススメな価格帯。まずは手に取りやすい値段のものを使い倒しましょう。

コールマン タスマンキャンピングマミー/L-15

タスマンキャンピングマミー/L-15

出典:Coleman

ダウンを使っていなくても限界温度は-15℃以上と、寒さに十分耐えてくれる寝袋です。マミー型だから頭まですっぽり、冷気も入りにくく寝返りも打ちやすい! 洗濯機で丸洗いできるところもポイント高し。
タスマンキャンピングマミー/L-15

出典:Coleman
ITEM

コールマン タスマンキャンピングマミー/L-15
【スペック】
●使用可能温度:-15℃以上
●使用時サイズ:約83×203cm
●収 納時サイズ:約φ31×49cm
●重量:約3.4kg  ※材質、仕様、付属品は下記参照 L-15/L-8/L0共通
●材質:表地/ポリエステル 裏地/ポリエステル  中綿/ポリエステル
●付属品:収納ケース

限界温度と快適温度の差を踏まえて使用する分には快適です。 冬キャンプもいけますよ!ただ山岳用ではないので収納時のサイズはかなりデカイです。収納バッグ自体が大きめなので収めるのは比較的楽だしオートキャンプや車中泊には問題ないです。コンパクトさを求めなくて良いならコスパは良いと思いますよ。

イスカ スノートレック1300

出典:ISUKA

出典:Amazon

中綿のダブル構造で放熱と冷気の侵入を防いでくれ、快適な睡眠を保証してくれます。ドラフトウォーム、ショルダーウォーマーも暖かさを逃しません!

上下どちらも開くダブル・オープンジッパー採用で、靴を履いたままの使用もOK。広げてマットのように、同じ寝袋を2つくっつけて使えるなど、使い方も多様です。

ITEM

イスカ スノートレック1300
【スペック】
●素材:
-表/ナイロン100%
-裏/ポリエステル100%
-中わた:1300g(ポリエステル中空わた)
●サイズ:最大長:85(肩幅)×220(全長)cm/収納時:38×23×44cm
●平均重量:2,500g
●最低使用温度:-10℃
●カラ−:ロイヤルブルー

使った感じは羽毛と比較し厚みがあるので寝心地は良いです。足の部分も温かいようにフリース生地を縫いこんであります。-15cの商品ですがダウンと変わらない温かさです。

ファスナーの位置やデザインにも注目【20,000~29,999円】

野外で女性陣が寝袋使用

出典:楽天

持ち運びしやすいコンパクトさや寝心地など、暖かさ以外も追及する方にオススメしたい! もちろん、保温性や冷気の遮断など、暖かさにもこだわりが詰まっています。

ロゴス ウルトラコンパクトアリーバ・-15

ロゴス_ウルトラコンパクトアリーバ・-15

出典:LOGOS

人工ダウン開発の過程で生み出された素材のダイナファインファイバーは、保温性、軽量性、さらには撥水性にも優れています。丸洗いができるので手入れがしやすく、寝汗をかいても安心です。足回りゆったりで寝心地も◎。

ITEM

ロゴス ウルトラコンパクトアリーバ・-15
【スペック】
●主素材:
[表素材]モイスポリウルトラライト
[肌面素材]モイスポリウルトラライト
[中 綿]ダイナファインファイバー
●総重量:(約)1.95kg
●サイズ:(約)80×210cm/収納サイズ:(約)27×40cm/圧縮収納時:(約)29×34.5cm
●適正温度目安:-15℃まで

ビッグアグネス エンキャンプメント レギュラー

出典:楽天

その寝心地はまるで、自宅のベッドのよう?! 寝袋にマットを組み合わせたスリーピングバックテクノロジーにより、もう寝返りで寝袋がマットからずれてしまうこともありません。朝までぐっすり間違いなし!

ITEM

ビッグアグネス エンキャンプメント レギュラー
【スペック】
●素材:中綿/InsotectHotstream(R)
●使用サイズ(cm):178
●収納サイズ(cm):22×25
●総重量:840g
●対応温度:-9度
●中綿量:840g 

寝心地を追求するなら!【30,000円~以上】

ナンガ AURORA light 750DX
出典:NANGA

やっぱり最後は寝心地の良さ! 家の寝具も同じですよね、寝心地を追求するとそれなりのお値段になります。でも、寝てみると感じる違い。アウトドアだと翌日もアクティブに動くことが多いため、体を労わるものがGOODです。

アルパイン ダウンハガー 800 #1 ロング

アルパイン ダウンハガー 800 #1 ロング

出典:Amazon

冬の間も、国内2,000m級のほとんどの山で使えるという機能性の高さ! 悪天候下での厳しいフィールドテストなどもある「2009 Editor’s Choice Award」(エディターズ・チョイス賞)も受賞しています。軽くて、体の動きと共によく伸びてくれ寝心地抜群!

ITEM

モンベル アルパイン ダウンハガー800 #1
【スペック】
●素材:表地:10デニール・バリスティック® エアライト[ポルカテックス®加工]
●総重量:1,000g
●収納サイズ:φ18×34cm(6.8L)
●リミット温度:-10℃
●コンフォート温度:-3℃
●カラー:オレンジ(OG)
●適応身長:~195cm

気温マイナス2度で山で、使用しました。Tシャツとトレーナー2枚で寝増したが、汗をかきました!買って正解でした!

ナンガ AURORA light 750DX

ナンガ AURORA light 750DX

出典:NANGA

国産のこだわりのダウン品質! 防水生地のオーロラテックスと次々にあげられる最高品質の寝袋の魅力。なんとダウンシュラフは永久保証あり!と製品への自信が感じられます。

オーロラテックスにより、シュラフカバーいらず。ファスナーは噛みこみにくく、蓄光素材で暗闇でも見やすい。さらなる魅力はご自身でぜひ探してみてください!

ITEM

ナンガ オーロラライト 750DX
【スペック】
●生地/表地:20dnオーロラテックス®/裏地:20dnナイロンタフタ
●内部構造:台形ボックスキルト構造
●フィルパワー:760FP
●ダウン量:750g
●サイズ:ショート、レギュラー、ロング
-ショートサイズ/最大長203cm×最大肩幅80cm(身長165cmまで)
-レギュラーサイズ/最大長210cm×最大肩幅80cm(身長178cmまで)
-ロングサイズ/最大長228cm×最大肩幅85cm(身長185cmまで)
●収納サイズ:φ19×31cm
●総重量:約1,200g

ハイスペックな寝袋を選ぶだけではダメ!

最大限シュラフを活かすなら、テントを建てる場所やマット、就寝する際のウェアにも気をつけてみよう。

あったか寝袋で冬もアウトドアを楽しもう!

出典:facebook

冬用の寝袋はどれもこれも高い! という訳ではなく、自分の必要度に合った寝袋がちゃんとあります。ブランドが一緒でも寝袋それぞれが特徴を持っているので、スペックは買う前にきちんと把握するのが◎。

来客時にも役立つし、もちろん災害時にも。使えるシーンは工夫次第! 使用シーンに合った寝袋を選びましょう。

16本所有しているショップスタッフさんに聞いてみた!

寝袋選びにはサイズも重要! なるほどな選び方のコツを教えてもらいました。

Sleep deeply with “warm” sleeping bag !

”暖”シュラフでぐっすり眠ろう!

Source: CAMP HACK

【あなたはフトン派?寝袋派?】車中泊で使いたい6種の快眠グッズたち

アイキャッチ画像出典:EMOOR

車中泊の寝具について考える

寒い季節は車中泊キャンプを楽しむ方もたくさんいますが、車で眠るときの寝具はみなさん何を使っているのでしょうか?

キャンプと同様に寝袋を使う、または車中泊だけの贅沢とも言えるお布団を使う・・・・・・。基本は個人の好みに拠るところですが、それぞれどのようなメリット・デメリットがあるのか、チェックしてみましょう。

こんな方におすすめの記事です

・本格的に車中泊を始めようと検討中の方
・車中泊したいけど車での寝心地が気になる方
・子供と一緒に車中泊をしたい方

車中泊の寝具、あなたは布団派?寝袋派?

車中泊ならではの贅沢「布団」

車中泊なら、キャンプへは持って行けない布団で寝ることもできます。厚みがある分場所を取りますが、どんな環境でも寝心地が最優先! という方は布団が◎。

【メリット】
・寝心地が良い
・いつもの布団という安心感がある

【デメリット】
・かさばるため都度たたむのが大変
・保温効果がないため、+αの防寒アイテムが必要

収納性で選ぶなら「寝袋」

キャンプでもおなじみの、寝袋。コンパクトに収納できる点は車中泊でも大いに役立ちますが、その薄さゆえに就寝時に背中が痛かったりと、寝心地面が気になります。

【メリット】
・場所を取らない
・密閉性があるので暖かい

【デメリット】
・夏用寝袋の場合は冬の車中泊では寒い
・布団に比べると薄い分寝心地がイマイチ

それぞれのメリット・デメリットは容易に想像がつきますが、どちらにしても「車中泊で使うこと」を前提にした場合、どのような布団・寝袋が適しているのかを掘り下げてみましょう。

車中泊でこそ使いたい!おすすめの布団・寝袋

出典:EMOOR

ハイエースなどの大型車であっても、なるべく寝具にスペースを取られずゆったりと旅したいですよね。そこで注目したいのが、「薄くても暖かい」小ワザのきいた寝具。

布団なら、保温効果のある生地素材や組み合わせ方で、限られたスペースで賢く暖を取れるものがおすすめです。

毛布・布団

ITEM

マイクロファイバー掛け布団
●サイズ:150×210cm

暖かい。寒い日には外気温マイナス5度以下になりますが問題ありません。メンテナンスを考えると洗えるのはとても便利。前は羽根布団を使用していましたが重さも感じません。

薄手でも保温性の高い、マイクロファイバー掛け布団。丸洗いできるものも多く、羽毛布団より扱いやすい点も車中泊に向いています。

ITEM

ヒートウォーム 毛布 発熱 あったか2枚合わせ
●サイズ:140×190cm(シングル)
●材質:ポリエステル

とにかく肌触りはいいし、保温性が高く、あったかいです。オススメです。買って損はしませんよ。

敷毛布+掛毛布の二枚合わせも、かなり暖かい! 嵩張る羽毛布団を一枚持って行くより、気温によって調節もできるので効率的です。

寝袋を使うなら、車中泊に行く季節によっても適したタイプは変わります。

封筒型寝袋

ITEM

ロゴス ミニバンぴったり丸洗い寝袋チェッカー2
●サイズ:幅142×奥行190cm
●分離時サイズ:幅72×奥行190cm×2pcs
●収納時サイズ:幅46×奥行22×高さ39cm
●重量:3kg
●使用最低温度の目安:2℃

車中泊用に。ロゴスの寝袋凄く可愛いです。連結のジッパーが付いているので、用途にわけて使えるのが良いです。

ジッパーで連結・分離ができる封筒型は、暑い時は足が出せたり布団に近い感覚で使えます。子供と一緒に寝る時は、あらかじめミニバンサイズに設計されたワイドタイプを選ぶと良いでしょう。

ITEM

スノーピーク セパレートシュラフ オフトン ワイド
●サイズ:105×210cm(敷)、110×200cm(掛)
●収納時サイズ:φ34×56cm
●重量:約3,600g
●最低使用温度:5度

ちょっと高いので、購入を躊躇いましたが、結果としては満足です。生地の品質に問題はなく、肌触りも良好です。
なにより連結できるのが素晴らしいです。我が家は比較的小柄な大人2人と子供2人ですが、子供が3歳と6歳のうちは二つをつなげて4人で寝ていました。

中綿にしっかりとしたダウンが入っていて寝袋でありながら布団に近い、その名も「オフトン」。収納性と寝心地どちらも欲しいという方におすすめです!

マミー型寝袋

ITEM

イスカ エア 450X
●サイズ:78×208cm
●収納時サイズ : φ16×35cm
●生地 : 表/ナイロン100%・裏/ナイロン100%
●羽毛量 : 450g(90/10 800フィルパワ−)
●参考使用温度 : -6℃

残雪期で使用したが暖かくて問題なし。夏場は暑いかもしれないので夏用に別のが欲しい。

ITEM

モンベル アルパイン ダウンハガー800 #3
●収納時サイズ:φ13×26cm
●重量:548g
●リミット温度:0℃
●コンフォート温度:5℃

コンパクトになる上に暖かい。-2℃のテント泊でも快適でした。
シュラフの中に入る祭にそこそこの厚着をしましたが、普通に上下スエットくらいでも平気そうです。

暖房がついていないとかなり寒い、真冬の車内。それでも車中泊にチャレンジするなら、寝具は首元まですっぽりと覆えるマミー型を使いましょう。

冬の車中泊なら、保温性・寝心地ともに化繊よりダウンシュラフが理想的です。

車中泊のために環境を整えることも大事

窓からの冷気を遮断

出典:スズキ

冬の車中泊では、寝具以外でも寒さを凌ぐ工夫が必要です。まず、複数の窓からやってくる冷気を遮断するために、サンシェードを設置。

汎用的なタイプもありますが、隙間無くフィットさせるには車種ごとの商品を選ぶのがおすすめです。

ITEM

Ventlax 遮光遮熱サンシェード 全窓用 6枚セット

車中泊出来ました。外からはほとんど見えず安心して過ごせました。光も遮られ助かりました。吸盤の設置に多少手こずりましたが。取付け中にシェード枠から吸盤が外れてしまって。シェード取り付けは明るいうちにやればもっとスムーズに出来たと思います。

ITEM

VULCANS ノア 80系 ヴォクシー 80系 サンシェード ブラックメッシュ 10点seT

底冷え対策

出典:OUTDOOR Tree

底冷え対策には、テントと同じく銀マットが活躍します。シート+マット+銀マット+寝具と重ねて、冷気をシャットアウト!

災害時の備えにもなるエマージェンシーシートや、確実に暖まれる電気毛布を使っている方もいるようです。

ITEM

ハイマウント オールウェザーブランケット
●サイズ:約152×213cm
●重量: 約325g
●材質:プラスティックフィルム・アルミニウム・ポリエチレン繊維・プラスティックフィルムの4構造

秋冬キャンプに便利。シュラフの下と上に1枚ずつ敷いて秋冬キャンプを楽しんでいます。厚すぎず、薄すぎず。とても重宝しております。

ITEM

山善 ふわふわもこもこ 電気掛・敷毛布
●サイズ:188×130cm
●重量:0.76kg
●材質:ポリエステル100%
●消費電力:75W

電気を切っても暖かい。ふわもこでとても暖かいです。洗濯も出来るので汗をかいても安心です。
身長180cmの主人でも大きさが十分あります。

万が一に備えたい「ポータブル電源」

夜はエンジンを切って寝ることになるので、当然車の電力は使えません。寒さが予想以上に厳しい場合に備えて電気毛布やヒーターを使えるよう、ポータブル電源があると安心です。

ITEM

アンカー PowerHouse 434Wh
●重さ:約4.2kg
●大きさ:約200 x 145 x 165(mm)
●容量:434Wh
●DC出力:12V / 10A
●AC出力:110V / 1.09A
●USB出力:5V / 6A(各ポート最大2.4A)

先日キャンプに行き、ドローンのバッテリー3本とスマホ3台、さらにMacbookAirも充電しても60%以上残ってました。
屋外や非常時の電源として安心感抜群です!

車中泊でも快眠!

運転をしながらの車中泊は、しっかり睡眠を取ることが重要。この冬車中泊に挑戦する方は、自分に合った寝具を選び、限られたスペースでもできるだけ快適に眠る工夫をして出かけてくださいね!

いつでもどこでも快眠が一番

車中泊はもちろん、キャンプでもよく眠れないと楽しさ半減。グッスリ眠るために確認しておきたい「10の快眠のコツ」をチェック!

Sleep Well In A Car!

車中泊でも快眠

Source: CAMP HACK

まずは試してみて!シュラフの体感温度を少し上げるテクニック集

アイキャッチ画像出典:HCS

「いつものシュラフ」で秋冬も暖かく眠る方法って?

gaiyou

冷え込みの予測が難しい秋冬のキャンプ、3シーズン対応のシュラフでも物によっては寒すぎることもあります。

しかし、万が一の寒さに備えて冬用シュラフを買うのもあまり現実的ではありません。その前に、+αの工夫を試してみましょう。

ポイントは「空気の層」

sou

出典:HCS

保温のコツはいかにシュラフの内外に「空気の層」を多く作れるか、ということ。空気の層を作ることで熱を逃さず暖かく眠れます。

そのため、くしゃくしゃにした新聞紙を何枚か入れて隙間を埋めつつ空気の層を作るだけでもかなり保温効果は上がります。しかしさすがに寝心地はイマイチ。今回は快適さも追求した+αテクをご紹介しますよ!

あったかシュラフを作る!「8つの+αテク」

シュラフの中に毛布

まず手っ取り早い方法は、毛布やブランケットの併用。素材がマイクロファイバーやフリースのものは、特に暖かいのでおすすめです。

専用のインナーシュラフがあると便利

innner

出典:Amazon

シュラフの内側に敷くインナーシュラフは、シーツと薄い肌掛けが一体化したようなもの。寝心地を快適化してくれるほか、足元もすっぽり包み暖かくしてくれます。

こちらもフリース素材が暖かい!

ITEM

キングキャンプ シュラフインナー
●最長展開サイズ:180×150cm
●収納サイズ:17×28cm
●素材:ポーラーフリース


肌触り良く、この商品を一枚入れただけで保温効果ありとすぐに体感できました。
初めてのインナー使いでしたが、実用性良く、寝袋をはじめて購入する方にもお勧めしたいです。
出典:Amazon

出番のないシュラフを「敷布団」に

shikibuton

何となく買ったけど結局使っていないという夏用シュラフ、眠っていませんか?

あれば、寒い季節にマットに巻いて敷布団的に使うのもおすすめ。下からの冷気を遮断してくれます。

寝袋+寝袋の「二枚使い」

ダウンシュラフの場合、水に濡れると保温力が一気に低下してしまいます。そこで、もし夏用や緊急時用の薄手の化繊シュラフがあれば、かぶせて二枚重ねで使うのも効果的。

カバーすることで、ダウン本来のスペックをキープできます。

シュフフカバーで保温機能キープ

cover

とは言え、シュラフを何種類も持っている人は少ないでしょう。そこで、シュラフカバーです。シュラフを結露から守り、保温効果が下がるのを防いでくれます。

特に秋冬シーズンでは結露が発生しやすく大問題。シュラフカバーがあれば安心感が違うのでおすすめです。また、シュラフの表面が防水加工されているものもあるので、そちらも併せて検討するのもいいですね。

ITEM

イスカ ライナーサイドジッパー スーパーライト
●サイズ:205×78cm
●収納時サイズ:8×8×21cm
●重量:320g
●素材:ポリエステル


着込んでいる物にもよりますが、想像以上に快適になりました。寒さを感じる事無く朝になりました。体感的にもこれを使用するのとしないのでは数度の差になると思います。
出典:Amazon

エマージェンシーシートを活用する

emaergency

エマージェンシーシートを+αする方法も。軽くて専用のシュラフカバーやシーツよりリーズナブルなのは魅力的ですが、やはり一時使用目的なのでスペック面はソコソコ。

ただ、シートと寝袋の間に結露ができやすく、そこが気になるという声もあり、総合的なコスパとしては微妙かもしれません。

ITEM

ソル ヒートシート エマージェンシーヴィヴィ
●サイズ:91×213cm
●収納時サイズ:直径6.5×9cm
●重量:108g
●素材:ポリエチレン


夏は非常用、秋は常用シュラフカバーとして、2回シーズン使用しました。他の方も書かれているようにバック内部が盛大に結露しますが、化繊シュラフの中は乾いた状態で、朝まで暖かく快適に眠れます。
出典:Amazon

機能的なマットを併用する

mat

複数個所に穴が開いているKLYMITのマットのようなものは、背面の綿の潰れを少なくしシュラフの保温機能を無駄にしません。発砲ウレタン系のマットをその下に敷けば、冷気をさらにシャットアウト。

ITEM

クライミット イナーシャ オゾン
●サイズ:183×54.6×4.4cm
●収納時サイズ:8.9×15.2cm
●重量:346g


ダウンはへたると、とんでもなく寒いです。たかだかこれだけの穴ぼこですが、効果は抜群です。目から鱗の四ツ星です。
出典:Amazon

湯たんぽを入れる

yutanpo

代表的な冬の保温テクニックのひとつ「湯たんぽ」は、アウトドアでももちろん効果的。タオルやカバーをきちんと装着し、低温火傷には注意が必要です。

ITEM

尾上製作所 萬年 トタン湯たんぽ 1号
●サイズ:29×22×8cm
●重量:740g
●容量:2.4L
●材質:亜鉛鉄板


とにかく冷え性の嫁さんが大喜び。絶対カバー付きがオススメです。肉厚で、肌触り最高。蓋の部分がしっかり作ってあるので、水漏れは考えられません。
出典:Amazon

シュラフ内で寝る時の服装にも工夫を

ダウンシューズを履く

shoes

出典:ヤマケイ

シュラフ内で寝る時、あまりの足の冷たさに寝付けなかった方もいるのでは? 冷えは、足元から。ダウンシューズで足を守ると、体感的に全然違います!

薄手のフリース素材を着る

frees

出典:楽天

厚手のアウターを着込むと、暑すぎたり寝心地の悪さが気になることも。特に防風効果のあるダウン素材は、体温でシュラフの綿を温められないので不向きです。薄手で肌触りも良い、フリースが◎。

シュラフのお手入れも大事!

hosu

出典:Sweetgrass

「ダウン」シュラフは特にですが、劣化よって保温機能は低下します。「化繊」シュラフも、中綿が湿気を含んでいると暖かさが感じられなくなってしまうので、洗って干すなど定期的にメンテナンスをするのも大事ですね。

シュラフにひと工夫で秋冬も快適キャンプ

matome

出典:coleman

寒い季節のアウトドア、夜にテントで快適に眠れるかどうかはかなりの重要課題です。これをクリアするためにかしこい工夫を身につけて、通年快適なキャンプへ出かけましょう!

防寒グッズまとめ

グローブにヒーターなど、この秋冬のキャンプはもちろん、家でも使えるお役立ち防寒グッズ25選!

Sleep Well In Your Sleeping Bag!

シュラフでぐっすり眠ろう!

Source: CAMP HACK