シングルバーナー

地味なんだけど知ってほしい……!シングルバーナーを120%効果的に使うための便利アイテム

アイキャッチ画像出典:Instagram by @msr_gear

シングルバーナー使っていますか?

シングルバーナーと小さいフライパン

出典:PIXTA

みなさんはシングルバーナーをお持ちでしょうか? 温かいコーヒーを飲みたいときにサッとお湯を沸かすことができて、キャンプや登山、釣りなどで大活躍しますよね。

出典:PIXTA

しかし、使ったことがある方はわかるかもしれません。強風時や気温が低いときだと、水が沸騰するのになかなか時間がかかるということを……。
ホットサンドクッカーとシングルバーナー

出典:PIXTA

また携行性に優れたシングルバーナーはゴトク部分が小さいため、ちょっと大きめの調理器具を置くと安定しない、なんて欠点も。

筆者がシングルバーナーで4人前のシチューを作ったときは、倒れる心配があるので付きっきりでした。転倒させたら大惨事ですからね。

そこで今回はぐらつきや冷えなどの不安要素を軽減してくれたり、調理が捗るアイテムを集めました! 地味なので忘れられがちですが、あると便利なアイテムばかりですよ。

【ぐらつき、風、輻射熱……】シングルバーナーの悩みを解決

バーナーがぐらついた経験のある人には「スタビライザー」

プリムスのガス缶スタビライザー

「スタビライザー」とは、ガス缶に取り付ける三脚のようなもの。シングルバーナーの安定性をぐっと増すことができますよ。

そんなスタビライザーを選ぶ際の注意点がひとつ! 商品によってはOD缶の一番小さい110サイズ(105g)のガス缶に対応していないものがあります。自分の普段使っているサイズのガス缶と合うか確認してから購入するのが無難です。

ITEM



MSR キャニスタースタンド
●重量 : 34g
●材質 : ステンレス

<!–

–>

登山に105ガス缶を持って行こうと思ってるので安定性が欲しいので購入です。金属なので多少重いがしっかりしてて見た目も良いと思います。

ITEM



プリムス カートリッジホルダー
●重量:29g
●材質:プラスチック

<!–

–>

肌寒いときでもバーナーの火力を安定させる「カバー」

モンベルのガス缶カバー

出典:mont-bell

気温が低いとガス缶が冷えるため、ガスが気化しづらくなり燃焼力が弱まってしまいます。そのような場合に役立つのがカバーです。

ネオプレン製のカバーは、衝撃の保護に役立つだけではなく、保温性があるのでガスの気化を助けてくれます。

使用する際のポイントは、手などでガス缶を温めてからカバーをつけること。もともと冷えているガス缶に、カバーをつけてもあまり保温機能は役立ちません。

ITEM



モンベル カートリッジチューブプロテクター250 ブラック
●重量:25g
●素材:ネオプレン

<!–

–>

強風で火が消えちゃう!そんなときは「風防」

ユニフレームの風防

バーナーにとって一番の大敵は「風」。風があると極端に火が弱まり、調理の効率が悪くなります。そんな風を防いでくれるのが、ウインドスクリーンです。

目安としてですが、幅が60センチ以上あると3方向を防いでくれるので、燃料効率がグンとあがります。しかし、幅があるということはそれだけ風の抵抗を受けるということ。強風の際は風防が倒れないように、気を付けて使用してくださいね。

ITEM



キャプテンスタッグ アルミウインド スクリーン
●サイズ:(約)幅398×高さ240mm
●収納サイズ:(約)83×240×厚さ20mm
●重量:(約)170g
●材質:アルミニウム合金

<!–

–>

ITEM



ユニフレーム ウィンドスクリーン ワイド
●サイズ:155×90×7mm
●材質:ステンレス鋼
●重量:175g

<!–

–>

フィールドやテーブルの輻射熱を防ぐ「バーナーシート」

ユニフレームのバーナーパッド

加熱された調理器具から発せられる輻射熱は思っている以上のもの。芝が枯れたり、テーブルが焦げる場合があります。そこで、熱を遮断してくれるバーナーシートの出番です!

選ぶ際は使用するクッカーよりも大きいサイズのものを選ぶといいでしょう。

ITEM



ユニフレーム バーナーシート 大
●サイズ:320×450mm
●材質:ラスタン・アルミ蒸着フィルム接着加工

<!–

–>

バーナー調理が便利になるアイテム

炎を拡散させてとろ火に変える「バーナーパッド」

ユニフレームのバーナーパッド

シングルバーナーでクッカーが焦げ付いた経験がある人は必見! バーナーパッドは火を拡散させ、とろ火に変えるアイテムです。拡散することで焦げ付きにくくなります。

炊飯の際に使うと、全体に熱が行き渡るため美味しく炊き上がりますよ。

ITEM



ユニフレーム バーナーパット S
●サイズ : 約120×120mm
●材質
枠/ ステンレス鋼
メッシュ/特殊耐熱鋼 FCHW2
●重量 : 約50g

<!–

–>

ITEM



ユニフレーム バーナーパット M
●サイズ: 約150×150mm
●材質
枠/ステンレス鋼
メッシュ/特殊耐熱鋼 FCHW2
●重量:約65g

<!–

–>

シングルバーナーがコンロに変身!「テーブル兼スタンド」

DODのソトメシンガーZ

出典:DOD

シングルバーナーがコンロに変身するテーブル兼スタンドは、料理がとても楽に。バーナーを2つ使えば超軽量のツーバーナーに変身します!

注意点としては、耐荷重を気にすることと、使っているバーナーと組み合わせたときにフィットするかどうか。スタンドとバーナーの隙間が大きいと、きちんと熱が伝わらない場合もあります。

DODから発売されているバーナースタンドは、高さと幅を細かく調節できるのでぴったりフィットさせることができますよ。

ITEM



DOD(ディーオーディー) ソトメシンガーZ
●サイズ:約W52.5-78×D21×H8.5-17cm
●収納サイズ:約W23×D48×H4cm
●重量(付属品含む):約2kg
●静止耐荷重:10kg
●材質:スチール
●付属品 キャリーバッグ

<!–

–>

快適に使うためのアイテムじゃないけど、あると便利な2つ

ジェットボイルのガス缶残量が計れる「ジェットゲージ」

ジェットボイルのジェットゲージ

出典:JETBOIL

こんなの欲しかった! そんなアイテムがこの「ジェットゲージ」。

ジェットボイル専用ですが、ガス缶の容量があとどれくらいなのかを計ることができるアイテムです。
ジェットボイルのジェットゲージ

出典:mont-bell

約5秒間の計測で、残量がパーセンテージで表示されます。

また重量計測モードという機能も備えており、他社のガス缶でも重量を測ることである程度の残量を把握することができますよ。

詳しくはこちら

捨てる際に必要な「ガス抜き」。せっかくならカッコいいのはどう?

スノーピークのクワガタ

出典:Amazon

ガス抜きは各メーカーから発売されていますが、中でもスノーピークの「クワガタ」は小型ながらも重厚感があります。ちょっとお値段が張るものの、所有欲を満たしてくれるアイテムといえるでしょう。

ただしガス缶に穴を開ける前に注意点が! 地域によっては穴を開けることを禁止しているところもあるので、自治体のホームページなどで確認しましょう。

ITEM



スノーピーク クワガタ
●材質:スチール(焼き入れ)、アルミニウム
●サイズ:16×11×102mm
●重量:28g

<!–

–>

シングルバーナーを使っているならぜひ試してみて!

スノーピークのクワガタ

シングルバーナーには様々なオプションや、便利アイテムがあります。注意点をしっかり把握しておけば、今よりもグッと快適になること間違いなし!

最近になってシングルバーナーを使い始めた人は、すでに必要な周辺グッズが見えてきているはず。価格も抑えめなものばかりですので、ぜひ検討してみては?

バーナーの種類ってたくさん!

シングルバーナー以外にも様々な種類のバーナーがあります。

Just Give it a try!!

まずはバーナーアクセサリーを試してみよう!

Source: CAMP HACK

最大出力8,500kcalだからできること。スノーピークの最強バーナー「剛炎」

アイキャッチ画像出典:編集部

冬キャンにもってこいのバーナー・スノーピーク「剛炎」

出典:Amazon

いよいよ真冬も本番。寒い中食べるホカホカのご飯は冬キャン最大の楽しみですが、いざ料理しようとバーナーを点けると、火が弱く調理がスムーズにいかない場合も。

撮影:編集部

そこで、冷環境でも失敗なく美味しい料理を味わいたい! という多くのキャンパーに選ばれている、スノーピークの「剛炎(ごうえん)」に注目。

出典:snowpeak

冷環境でも剛炎だからこそできる本格メニューと、その高火力の秘密を見ていきましょう!

剛炎はこんな人におすすめ

・4シーズンキャンプへ行きたい人
・グループキャンプがメインの人
・料理重視のキャンプがしたい人

剛炎なら冬でも「火力命」な本格料理ができる!

チャーハン

撮影:編集部

あの″パラパラ感″を出すのが意外と難しいチャーハン。

撮影:編集部

強い火力で短時間炒めるのがべちゃっとさせないコツですが、高火力の剛炎ならテクいらずで絶品チャーハンに!

麻婆豆腐

出典:Amazon

中華の定番、麻婆豆腐。剛炎の高火力なら、ニンニク・ショウガの香りをはじめ旨味を逃さずに作れます。

高火力ゆえ短時間でひとつのメニューが作れるので、大人数分の食事も時間をかけずに用意できます。

餃子

ともやんさん(@tomoyan88)がシェアした投稿 – 3月 3, 2017 at 2:08午前 PST

皮はパリッと、中はふっくら焼き上げたい餃子。最初の火入れが弱いと全体的に水っぽくなってしまうので、やはり火力が命です。

分厚い肉も余裕

ともやんさん(@tomoyan88)がシェアした投稿 – 1月 21, 2018 at 2:06午前 PST

餃子と同じく、ジューシーさを逃したくないステーキ肉。かと言ってしっかり火も通さないといけないという絶妙な焼き加減も、剛炎におまかせ!

二台使いで強力な「ツーバーナー」

Makoto Uekiさん(@joking_44)がシェアした投稿 – 5月 10, 2017 at 10:06午後 PDT

それぞれの「MY剛炎」を持ち寄れば、こんな贅沢な二口コンロが完成! これだけのパワフル装備なら、冬キャンでもお店レベルの本格料理ができそうです。

雪中でも稼動!

ただでさえ寒い雪の中、なかなか火がつかないと泣きたくなってしまいそうですが、剛炎は雪中でも安心。1月始めの湯沢中里でも、ドロップダウン知らずだったようです!

ITEM

スノーピーク ギガパワーLIストーブ 剛炎
●サイズ:ゴトク径φ350×H420mm
●収納時サイズ:φ240×H205mm
●重量:1800g
●出力:8500kcal/h
●材質:ステンレス・ブラス

アウトドア中華料理に十分な火力です。
ダッチオーブンのプレヒートもあっという間に終わります。
とろ火コントロールも意外と使える。
とろ火から強火まで、オールマイティなストーブです。

剛炎はなぜこんなにも高火力なのか?

秘訣は「液出しシステム」

出典:snowpeak

最大出力8,500kcalという剛炎ですが、これは一般的なツーバーナー1台分の火力に相当(二口使用時)するという驚きのハイパワー! この秘訣は、ガスカートリッジを倒立させてセットするというスノーピークオリジナルの「液出し」システムに。

燃料を液体のまま燃焼させる出力方式により、冷環境に左右されることなく強い火力を維持できるというわけです。

出典:snowpeak

ハイパワーながら収納は直径24×21cmとコンパクト。高さ・火力の調節も可能で、冬だけでなくもちろんオールシーズン使えます。

剛炎をフル活用するために使いたい「+αアイテム」

IGT(アイアングリルテーブル)

funausaさん(@funausa74)がシェアした投稿 – 6月 13, 2017 at 5:52午後 PDT

剛炎を使うなら、スノーピーク自慢の快適システムキッチン・IGTとの併用がおすすめ! 専用のジョイントフレームがあれば、導線スムーズかつ見た目もスッキリとしたキッチンテーブルに。

ITEM

スノーピーク IGTフレーム ロング 660脚セット
●サイズ:本体/1096×496×30mm、脚/φ25×670mm
●重量:6.82kg
●材質:アルミニウム、ステンレス
ITEM

スノーピーク IGT 剛炎 ジョイントフレーム
●サイズ:362×377×33mm(IGT1.5ユニットサイズ)
●重量:1,020g
●材質:ステンレス

火燕鍋

剛炎と組み合わせて使うことを前提に外径・フォルムが設計されたという「火燕鍋」。定番中華も本格的な鉄鍋で作ると、驚くほど美味しくなるのでお試しあれ!

ITEM

スノーピーク 火燕鍋
●サイズ:490×300×95(h)mm(内径φ30cm)
●収納時サイズ:340×300×95(h)mm
●重量:1.2kg
●材質:本体/鉄(透明シリコン樹脂塗装)・ステンレス、ハンドル/ステンレス

炒め・揚げ・焼き・煮込み、少量でも大容量でも、何でも調理できて万能です。
雑な使い方してもただの鉄なので、傷ついても気にならないのもメリットです。

チリトリ鍋

最大直径31cmの大鍋も載せられる剛炎は、ダッチオーブンはもちろんこんなユニークな鍋も楽しめます。いつもと違うメニューこそ、キャンプで試してみませんか?

ITEM

スノーピーク チリトリ鍋
●材質:本体/ステンレス鋼、取っ手/ステンレス鋼
●サイズ:W385×D355×H48mm
●重量:1.7kg
●容量:2.6L

剛炎でパラパラのチャーハン作ってみない?

出典:Amazon

キャンプは寒さだけでなく風に悩まされることも多いですが、風防でガードしてくれる剛炎はそんなシーンでも大活躍。バーナーを検討中の方、冬キャンはもちろん一年中タフに使える剛炎は間違いない一台ですよ!

キャンプにうってつけの「呑兵衛レシピ」

中華もいいけどエスニックもいい! おでんもアリ! 寒さを忘れて冬キャンを楽しめるかもしれない、おすすめ呑兵衛レシピ集。

We Need “GOEN” At Winter Camping!

冬こそ″剛炎″の出番!

Source: CAMP HACK