ジムニー

【わたしがジムニーを選んだ理由】女性ジムニー乗りに聞いた、4万キロ走破してわかったこと

記事中撮影画像:筆者

ジムニーって人気だけど、実際のところってどうなの?

出典:スズキ

新型の注目度もさることながら、キャンパーには渋くて味のある旧型ジムニーの人気も根強い! ヴィンテージ感あふれるスクエアなフォルム、カスタムしてより個性を出すなど、とにかく「遊び」の要素がたっぷりあります。

そんな旧型ジムニーをなんと最初の自分の車として手に入れた田中 舞さんに、愛車の魅力をうかがっていきます!

まず自己紹介

提供:田中 舞

愛しきジムニーを紹介してくれるのは、フォトグラファーとして活躍する田中 舞さん(@maitanakaphotograph)。CAMP HACKのフリーペーパー vol.04の表紙&中面の企画を撮影していて、今回紹介するジムニーも表紙に登場しているんです。

提供:田中 舞

なぜこの車を選んだのか? 理由が気になりますよね。購入の理由やカスタム箇所、実際乗ってみて分かったことなど事細かに教えていただきましょう。

「私はこれで、ジムニーを買いました」

ジムニー購入の決め手 ①悪路走破性能

提供:田中 舞

仕事でアウトドア関係の撮影もあるので、悪路をグイグイ攻めることができるのは必須の条件でした。プライベートでもキャンプが大好きなので、仕事以外でも未舗装路を走ることが多くて。

そんな田中さんのお気に入りキャンプスタイルは、ルーフキャリアとタープを連結するコンパクトなサイト。さらにハンモックも連結するのは、けっこう難しいので、こなれた感じが出ていて車との相性もバツグン!



こちらのジムニーはパートタイム4WDというのも魅力のひとつです。通常は後輪駆動の2WDで運転して、未舗装路などの悪路ではトランスファーで4WDに切り替えができるというもの。

駆動を変えるには車から降りてハブを回す作業があるのですが、何かとアナログなところもお気に入りなのだとか。

ジムニー購入の決め手 ②小回りがきく

都内に住んでいるというのもあるのですが、打ち合わせや撮影で新宿や渋谷などの都心に出ることも多いので、小回りがきくのは本当に大事なポイントです。

ホイールベースが短いからハンドル操作が少なく、曲がりやすいんですね。

ナビを付けてないのでマップアプリに無理矢理細い道に連れていかれることも。ですが基本的にはなんとか通れちゃうのがジムニーの良いところですね。

まさに“ナビなしあるある”ですが、取り回しの良さはいざというときに役に立ちます。

マイジムニー紹介

フルカスタムの状態で購入したという田中さん。お気に入りのカスタム箇所や気になるお値段を掘り下げて聞いてみました!

年式とモデル


田中さんの所有するジムニーは95年式のJA11。サスペンションが板バネ式の最終形態のモデルです。

いい意味で作りが荒いところがジムニー好きにはたまらないんだとか。カクカクしたボディーがアナログ感満載でかっこいいですよね!

お気に入りカスタム

濃すぎず薄すぎずのサンドベージュに一目惚れしました。なかなか洗車に行けないから、汚れが目立たないので助かっています。ハンドルなどのクラシックな雰囲気もお気に入り。

あとは通常のタイヤより2周りほど大きいマッドタイヤ。走行中に窓を開けると、マフラーの重低音とタイヤの音で声を張らないと会話できないくらいです(笑)。

車体のデザイン、カラー、マッドタイヤの存在感がマッチしていて、まさにアウトドアのための車! といった佇まいですね。

そして気になるお値段は、車体のみでズバリ108万円! な、な、なんと煩悩の数と同じ(笑)。

ベージュのカラーがキャンプ道具との相性も◎


アースカラーのテントはベージュのジムニーとの相性良し!


チェアの色合いも自然の風景&ジムニーに合わせやすい。

乗ってみてわかったジムニーのデメリット

仕事柄遠くへ行くことも多々あるという田中さんは、購入からわずか1年半で4万キロも走破。ほぼ毎日乗ってみてわかったジムニーの気になる点を教えてもらいました。

燃費がいいとはいえない

山道はもちろん、ゆるいアップダウンの多い高速などは燃料の減りが早いです。エアコンや暖房をつけたらさらに減りが早いので、比較的新しい低燃費車に乗っている方はびっくりするかもしれません。

なので長距離を走るときは必ず予備でガソリンを積んでいきます。誰もいない山道でガス欠とか笑えませんからね。

車の状態や道路状況にもよりますがJA11の燃費はおよそ8km/L。条件が悪いと思ったより燃料の減りが早いと感じることもあるそう。

出典:スズキ

ちなみに新型ジムニーの燃費は16.2km/L(カタログ数値のWLTCモード、グレード:XC、5MTの場合)。旧型と比較すると大幅に改善されています。

荷物があまり積めない

大型のシェルターや便乗キャンパーの分のギアなどを積もうと思うとぎゅうぎゅうになります。ちょっとめんどくさいですが後部座席を外すとかなり広くなるので、友人たちとのキャンプの時は後部座席を自宅に置いていってます。

普段は旦那と猫とコンパクトなスタイルでキャンプをしているので、そんなに気になりませんよ。

車載がコンパクトなのは小回りがききますが、逆に積載面積が少ないということ。田中さんのようにルーフキャリアをつけるなどの工夫が必要そうですね!

不便を楽しむ。メンテナンスは定期的に。



普段のメンテナンスもハック! ということで、ジムニーの購入先へオイル交換しに行く田中さんに付いて行って見ることに。

パワフルといっても古い車なので、メンテナンスは定期的に行なっています。あまり車に詳しくないので、購入店舗の方がいつでも相談に乗ってくれるのは心強いですね。

気に入った車との付き合いは、購入店やディーラーとの付き合いといっても過言ではないですよね。購入先が良心的だと、ちょっと億劫なメンテナンスに行くのも積極的になれるはず。



たまたま預かり中の鬼カスタムジムニーに遭遇! こだわり派の愛車を見て、自分の車は次どこをカスタムしようかな? と考えるのもまた楽しみのひとつですよね!

確かな経験を持つ優しいスタッフが多いジムニー専門店。購入、修理はもちろんカスタムの相談も気軽に乗ってくれます。

店舗名:マッドモービル
所在地:埼玉県所沢市上新井1-41-8
TEL:042-933-2188
http://www.mud-m.jp

やっぱりジムニーが好き!

提供:田中 舞

新型ジムニーにはない魅力を持ったオールドスクールなジムニーはいかがでしたか? 仕事でもプライベートでも、なくてはならないパートナーになっているのが伝わってきますよね。皆さんも自分のライフスタイルにあった車を見つけましょう!

Source: CAMP HACK

今年はジムニーから目が離せない!ワイルド×コンパクトな男前キャンプスタイル

アイキャッチ画像出典:Instagrm by @t_ak211

2018年、ジムニーがフルモデルチェンジ予定!

発売以来、世代を超えて長年愛され続けている、スズキの軽四輪駆動車「ジムニー」。今年は20年ぶりに、フルモデルチェンジの新型が発売予定ということで、注目せずにはいられません!

今回は、新型ジムニーの最新情報からジムニーキャンパーの積載事情まで! ジムニーの魅力をたっぷりご紹介していきます。

新型ジムニー情報!

ジムニー

プロトモデルからの予想デザインがこちら。現行ジムニーは四角いボディでありつつ細部は曲線的ですが、新型モデルはカクカクとしたボディラインが特徴的でどこかクラシカルな雰囲気です。

こちらの動画は新型ジムニーのテスト車両が公道で現行モデルと並走している様子をスクープされたもの。上りでは力強い加速、下りではスムーズな走りで安定感が見て取れます。

ボディはカモフラージュされているものの、四角いレトロなデザインに高級感がミックスされ、期待も高まる一方!

そもそもジムニーってどんな車?

過去2回のモデルチェンジのみ

ジムニー

出典:SUZUKI

1970年の初代発売から、フルモデルチェンジは2回のみ。現行モデルは、1998年から20年近いロングセラーモデルです。

初代、2代目は角ばったデザインから3代目は少し丸みを帯びているのが特徴。

本格四輪駆動の軽自動車!

ジムニー

出典:SUZUKI

ジムニーは本格的なオフロード走行車両のため、フレーム形式にはしご型(ラダーフレーム)と呼ばれる強度・剛性の高いプラットフォームを使っているのが大きな特徴。

このフレームを他に採用しているのは、ランクルやジープなど本格的なSUV車ばかり!

カスタムするのが主流

ジムニーはカスタムのベース車両としても人気で、数多くのショップから様々なパーツや最新トレンドを販売・紹介しています。

外装や内装を改造することにより幅広い楽しみ方が可能で、多くの人が自分好みのスタイルにカスタムを楽しんでいます。

みんなのジムニーキャンプをチェック!

それでは、インスタグラムの『#camphack取材』タグで見つけた、ジムニーキャンパーの投稿をご紹介します。それぞれのキャンプスタイルに合ったジムニーのかっこよさは圧巻です!

ジムニー × ソリスシル

カナさん(@t_ak211)がシェアした投稿 – 9月 27, 2017 at 1:29午前 PDT

ローカスギアの超軽量な大型シェルター”ソリスシル”と、ジムニーのカラーが見事に一致! アーミー感溢れるクールで素敵なキャンプサイトです。

積載に限りのあるジムニーキャンプでは、道具の軽量化と取捨選択が重要ですね。

ジムニー × 雪中キャンプ

川端 孝哉さん(@takaya0421)がシェアした投稿 – 11月 20, 2017 at 4:09午後 PST

雪中キャンプのワンシーン。コンパクトにまとまったサイトに、壮大な雪景色、とても寒そうですが最高に気持ち良さそう。ジムニーの走行性なら、雪道も問題なく安心です。

ジムニー × パップテント

米軍や独軍が使っていた軍幕”パップテント”とジムニーの相性は抜群! どの角度から写り込んでもかっこよくキマるジムニーの存在感。無駄のない、男前なギアで揃えた最高にクールなサイトです。

ジムニー積載事情をチェック!

ジムニーキャンプで気になるのは、その収納量。実際にどういう収納をしているのか、先輩ジムニーキャンパーをチェックしてみましょう。

積載実例その①

yassさん(@sw_yass)がシェアした投稿 – 10月 27, 2017 at 12:03午前 PDT

こちらはソロ仕様のルーフキャリアを使っての積載術。同じコンテナを使うことでごちゃつき無くスッキリとした印象に。芸術的なテトリスはお見事です!

yassさん(@sw_yass)がシェアした投稿 – 10月 27, 2017 at 2:49午後 PDT

上で積んでいたギアを全て設営すると、こんな感じに。ソロでも充分な量ですね。ちなみにこちらは10月後半のキャンプの様子。

積載実例その②

@go_mad_053がシェアした投稿 – 12月 26, 2017 at 2:39午前 PST

シェルコン2台でリアの大部分を占めてしまう収納量。うまく活用することが大事ですね。パイルドライバーは横積みで、こちらも見事なテトリス積みです。

@go_mad_053がシェアした投稿 – 12月 24, 2017 at 5:53午後 PST

@go_mad_053がシェアした投稿 – 12月 24, 2017 at 7:34午後 PST

荷物を降ろすとこの分量。無駄のない厳選されたギア達。サーカスTCとジムニーの相性もバッチリですね。

2018年の注目車はジムニー!

カナさん(@t_ak211)がシェアした投稿 – 11月 13, 2016 at 4:13午前 PST

軽自動車SUVの元祖であり、世界中から長年愛され続けるジムニー。そのタフさやカスタムの楽しさなど、それぞれのスタイルに合わせた楽しみ方や魅力は満載!

そして今年20年ぶりのフルモデルチェンジということで、期待が高まります。この機会にぜひ”ジムニーデビュー”してみてはいかがでしょうか。

車内をもっと快適に!

車の外見にこだわったら、次は車内の空間をもっと快適にしてみましょう!

Jimny debut this year!
今年こそジムニーデビュー!

Source: CAMP HACK