ストーブ

【2019年】今季おすすめのストーブ!ロックオンすべき10選

アイキャッチ画像出典:tent-Mark DESIGNS

秋冬キャンプのロックスター、ストーブ!

出典:Instagram by@sinboseisakujyo

秋〜冬キャンプに欠かせない存在といえばやはりストーブ! 暖をとるのはもちろん、ストーブの上でじっくりと煮込み料理をしたり、揺らめく炎に癒やされたり……火のありがたみを実感しつつ、キャンプの楽しみを何倍にも広げてくれます。

出典:Instagram by@alpen.outdoors.kyotouji

そこで今回は、ガスに石油、薪に到るまでオールジャンルから今季オススメのストーブをピックアップ。ストーブインストール未経験の人も2台目を模索中の人もロックオンすべきストーブが見つかる珠玉の10選、一挙ご紹介します!

新作勢揃い、今季狙うべきストーブたち10選

予約販売や台数限定販売のアイテムも多く、早くロックオンしないと売り切れ必須のストーブたち。早速ご紹介していきますよ!

その① 洗練デザインで魅了 スノーピーク「レインボーストーブ2019年限定版」

出典:snowpeak

スノーピークのストーブと言えばやはりこちら。ランタンを思わせる優美なフォルムに、七色に美しく揺らめく炎が魅力の「レインボーストーブ」。電子点火方式だから点火つまみを回すだけで簡単着火が可能です。

出典:snowpeak

2019年限定モデルは、シックなブラックボディ。そしてガラス部分には、スノーピーク所縁の地である谷川岳周辺の“等高線”の柄が施されています。

キャンプだけでなくぜひ自宅にも置いて眺めたい洗練されたデザインは、さすがのスノーピーク。

ITEM



スノーピーク レインボーストーブ 2019 EDITION
●サイズ(置台を含む):高さ485.7×幅388×奥行き388mm
●重量:約6.2kg
●油タンク容量:4.9L
●使用燃料:灯油(JIS1号)
●最大燃料消費量:2.5kW(0.243L/h)
●暖房出力:2.5kW
●燃焼継続時間:約20時間
●仕様:自然通気型開放式石油ストーブ/しん式・自然対流型 [点火方式] 電子点火(単二型乾電池4個・別売)

<!–

–>

その② 見た目も機能もとことん男前!トヨトミ「ギアミッションシリーズ」

ストーブメーカー老舗のトヨトミからは、今年大注目の「ギアミッションシリーズ」より3つのストーブをご紹介!

【トヨトミ RR-GE25(G)】

出典:トヨトミ

トヨトミの代表格「レインボーストーブ」もギアミッションシリーズ仕様で登場。カーキのボディにブラックパーツの男前デザインが、ミリタリーテイスト好きにはたまりません。白熱球40Wほどの明るさで、ランタン代わりにも活躍。

また、ギアモデルはボディのネジが樹脂ネジになってメンテナンス性がUP。さらに、転倒してもタンクの灯油がすべてこぼれない2重タンク構造など、アウトドアでも安心のタフな作りが魅力です。

ITEM



TOYOTOMI 対流型石油ストーブ RR-GE25(G)
●サイズ:高さ474.5×幅388×奥行388mm
●重さ(kg):6.2
●タンク容量(L)/4.9
●適応畳数:コンクリート9畳、木造7畳
●暖房出力:(KW) 2.50〜1.25
●消費燃料:(L/h) 0.243〜0.122
●燃焼継続時間:(h)20.2〜40.2
●仕様:40Wの明かり、火力調整幅50%、2重タンク構造、耐震自動消火装置、電子点火、ニオイセーブ消火

<!–

–>

【トヨトミ KS-GE67(G)】

出典:トヨトミ

2台目は、コンクリート24畳/木造17畳という高暖房出力のパワフルストーブ。通常の石油ストーブのおよそ2〜3倍の6.66KWを発揮する対流型です。さらに琺瑯加工のボディで、ぐるり360度を遠赤外線で暖めてくれるスゴイヤツ。

樹脂ネジや2重構造タンクなどギアシリーズ共通仕様に加え、ガードには横線材をプラスして強度を向上。冬キャンプでとことん頼れるタフな1台です。

ITEM



トヨトミ KS-GE67(G)
●サイズ(置台を含む):H583×W482×D482mm
●重さ(kg):11
●タンク容量(L):6.3 L
●適応畳数:コンクリート(集合)24畳(39.5m2)、木造(戸建)17畳(28.0m2)
●暖房出力(kW):2.5
●燃料消費量(L/h):※最大燃焼:6.66kw
●燃焼継続時間(約・h):※最大燃焼:10時間
●仕様:乾電池別売:単2(4本必要)

<!–

–>

【トヨトミ RS-GE23(G)

出典:トヨトミ

3台目は反射板搭載タイプの石油ストーブ。反射板で前方向に熱が集中するので、前方向を暖める能力は対流型を上回ります。逆に後方は熱くならず、壁際にも置けるのでレイアウトの自由度が高いのも魅力です。さらにスクエア形状がキャンプ時の積載や携行にも◎。

ITEM



トヨトミ RS-GE23 (G)
●サイズ(mm):H446×W422×D330
●重さ(kg): 6.6
●油タンク容量(L):3.6
●適用畳数(最大):コンクリート8畳/木造6畳まで
●暖房出力:2.25kW
●燃料消費量:0.219〜0.186
●燃焼継続時間:16.4〜19.4時間
●耐熱芯:129種(TTS-129)

<!–

–>

その③ コロナストア限定販売300台!コロナ「SL510(K) CLASSIC BLACK」

出典:コロナ

初代から50年を経た今も愛され続けるコロナの「SLシリーズ」。対流式で部屋全体を効率よく暖め、遠赤外線炎筒が体も芯からポカポカに。2011年にはグッドデザイン賞を受賞したクラシカルなフォルムも人気です。

そんなSLシリーズから、これまでの真っ白ボディとは真逆の「CLASSIC BLACK」が登場!

出典:コロナ

艶やかなブラックボディにクラシカルな「Corona」のロゴが映え、アンティークピアノを思わせる佇まいの限定モデル。見た目だけでなく、電源不要の簡単着火&耐震自動消火装置付きとスペックも◎。災害時にはとくに安心の1台です。

コロナストア限定販売台数300台なので、気になる人はお急ぎください!

公式オンラインストアはこちら

その④ 予約販売再開!センゴクアラジン「ポータブルガスストーブ BEAMS JAPANモデル」

出典:Instagram by@beams_official

今シーズン既に話題独占中のセンゴクアラジンのポータブルガスストーブ。でも、よく見てください! こちらはセンゴクアラジンのラインナップ上にはない、BEAMS別注カラーモデルなんです。

出典:BEAMS

今年流行中のタンカラーが渋い「きつね色」とビタミンカラーが鮮やかな「オレンジ」の2色展開。家庭用のCB缶で素早く手軽に暖がとれるので、1台あるとキャンプの寒い朝に便利です。

こちらBEAMSオンラインストアの予約販売商品で、とくに「きつね色」は8月の予約のみで完売、10月26日(土)に予約再開した超人気アイテム。

公式オンラインストアはこちら

その⑤ キャンプオンパレード「火輪(かりん)」

出典:Instagram by@camponparade

そして一気にノスタルジックな世界へと誘うこちらは、コイル式のヒーターアタッチメント。液体燃料のバーナー(灯油、ホワイトガソリン)用の「大」、ガスOD缶バーナー用の「中」・「小」の3サイズ展開で、すぐに暖まりたい時に便利です。

出典:Instagram by@camponparade

そして「中」・「小」には、OD缶への熱の伝わりを防ぐための遮熱板がついているので、分離式でなく一般的なバーナーの上に直接接続して使えるのが魅力です。

出典:Instagram by@camponparade

一見よく似ている武井バーナーとの違いは、①コイルの材質がニッケル80%・鉄20%で高い熱変換ができる構造、②パネルの材質がステンレスで錆に強い、③支柱の材質が真鍮で熱変化に強い、④ホヤのガラスがより分厚く強いなど、かなり改良の加わった秀逸なヒーター。

使い勝手の良さと裏腹のノスタルジックなデザインで、ヴィンテージ好きキャンパーを魅了する1台です。

公式オンラインストアはこちら

その⑥ 新保製作所「ROSE」

出典:Instagram by@sinboseisakujyo

シンプルなスクエアボディに炎が楽しめる大きな窓が大人気のロマンチカル薪ストーブ。今季はより手軽なサイズの「ROSE」が新登場!

写真は後ろがロマンチカル、手前のROSEは2〜3回り小ぶりなサイズ感。重さも約5kg軽く、ミニマム派のキャンパーや女性のソロキャンパーにオススメです。

また、ROSEの名に由来する赤いバラモチーフの取っ手がデザインのアクセントに。薪は33cmまでの長さに対応、斜めに入れれば最大35cmまで可能です。

コンパクトな躯体ながらも、大きな窓から炎の様子が存分に楽しめる、満足度の高いコンパクト薪ストーブ。

公式オンラインストアはこちら

その⑦ 2019グッドデザイン賞受賞!テンマクデザイン「ウッドストーブ」

【ウッドストーブ サイドビュー】

スタイリッシュの極みとも言うべき機能美で、見事2019年グッドデザイン賞を受賞した「ウッドストーブ」。今季は早くも新モデルが登場していますよ!

正面の小窓のみだったボディの両サイドに、ワイドな窓が追加された「ウッドストーブ サイドビュー」。より炎が楽しめるデザインへと進化しています。

耐久性抜群の高品質ステンレス製ボディに、ワンタッチ開閉式かつ自動ロック・解除機能付きで簡単設置できる脚部分、オプションのウォータータンクで3Lのお湯が便利に使える点はそのまま継承。

ただし、こちら10月22日(火)よりWILD-1楽天市場店とWILD-1公式オンラインストアでのみ販売されていましたが、早くも完売。現在どちらも在庫がなく、再販が待たれます。

WILD-1公式オンラインストアはこちら

【ウッドストーブ S】

出典:Instagram by@tentmark2011

もう1つ、こちらもウッドストーブの新モデル。これまでのM・Lサイズに加え、小脇に抱えられるほどコンパクトなSサイズがお目見え! コンパクトながら30cmの薪が入る本格派で、ソロキャンパーに超絶オススメのストーブです。

出典:Instagram by@tentmark2011

ウッドストーブのハイスペックな機能性はそのままに、オプションのウォータータンクもSサイズがラインナップ。1.5Lのお湯が沸かせます。蛇口付きのジャグタイプのM・Lと違って、こちらは注ぎ口とエレガントな取っ手の付いたポットタイプ。

コンパクトボディなのに、調理スペースを塞がずにいつでも暖かい飲み物が飲めるのが、うれしいですね。

こちら11月9日(土)よりWILD-1実店舗でのみ販売予定なので、欲しい方はお近くの実店舗へ。

その⑧ ECOZOOM(エコズーム)「VERSA(バーサ)」

出典:Amazon

こちらは石油ストーブでも薪ストーブでもない、ロケットストーブというジャンルのアイテム。まるでバケツのような愛嬌あるルックスからは想像のつかない、高い機能が魅力です。

数本の枝で調理が可能で、直火焚きの半分以下の燃料でOKという驚異の熱効率を誇るんです。

出典:Amazon

また、完全燃焼する構造で危険な有毒ガスや煙がほとんど出ず、後片付けもわずかな灰を捨てるだけ。さらに化石燃料を使用しないのでCO2も増やさず、とことんエコ。

キャリーバッグやクックウェアなどのオプションも豊富で、少しずつ増やしてより便利に使えます。

出典:ECOZOOM

ただ、本体が耐熱構造で触っても熱くならず安心な反面、ヒーターとしての使用ができないという欠点も。

冬はやっぱりヒーター利用もしたいという人は、100均の材料でヒーターアタッチメントを自作する方法や市販品を利用する方法が公式サイトで提案されているので、自己責任の上でぜひお試しあれ。

遠赤ヒーターアタッチメント自作方法はこちら
市販ヒーターアタッチメント利用方法はこちら

ITEM



エコズーム バーサ
●サイズ: 直径240x高さ290mm
●重量:6.5kg
●使用可能燃料:乾燥した木質燃料(木、枝、枯れ葉、草)、木炭など※石炭は使用できません。
●材質: 五徳(スチール鋳物φ24cm)、 グリップ(シリコン)、ボディ(セラミック&スチール)

<!–

–>

その⑨ 山の家「TINDER CUBE®(ティンダーキューブ)」

出典:Instagram by@1611_hiro

コロンとキューブ状の真っ黒ボディにナチュラルな木製取っ手がかわいいこちら。北欧のライフスタイルを通してエコで暖かな暮らしを提案する、暖炉や薪ストーブのショールーム「山の家」が販売するストーブです。

さまざまな薪ストーブを扱ってきたプロショップならではの、アイディアが凝縮された1台なんです。

出典:Instagram by@1611_hiro

正面の大きな窓は、曇ることなく美しい炎を楽しめるエアーカーテン機能付き。また、アウトドア薪ストーブでは珍しい対流式で、側面が二重構造なので、狭いテントでも暑過ぎず快適な暖かさを保ってくれます。

特筆すべきは、オプションのサウナストーンを載せれば、テントdeサウナ(本格フィンランドサウナ)が楽しめる点。サウナで火照った体を雪に埋めて冷やすあの光景、憧れますよね!

詳しくはこちら

その⑩ ホンマ製作所「ステンレスストーブ コンロセットAPS48-DX」

出典:Instagram by@alpenoutdoors.flagship.fukuoka
コスパ最強の呼び声高いホンマ製作所の薪ストーブにも、今季は新モデルが登場! 写真は手前が従来の「ステンレス時計Ⅰ型」、奥右側が新しい「ステンレスストーブ」。より気軽に使用できるコンパクトサイズになっています。

さらに3面窓付きで3方向から炎を楽しめる仕様へ進化! そしてこちらストーブ本体の高さを290〜490mmの間で無段階調節できるから、サイトレイアウトの幅がグッと広がります。

また、煙突と煙突支えセットが全て付属したセット販売で、24,800円! 同規模の他の薪ストーブの約半額という高コスパはやはりホンマ製作所ならでは。薪ストーブのトライアルにいかがですか? 

ITEM



ホンマ製作所 ステンレス ストーブコンロセット APS-48DX
●サイズ:煙突径/φ100mm(メーカー純正ハゼ折り煙突専用)、本体/W280×D480(煙突口まで:D520)×H445(煙突含:D655×H1830)mm
●材質:ステンレス
●重量:約6.9kg(本体のみ:約4.6kg)
●煙突位置:背面
●最大薪長さ:400mm
●最大熱出力:3000kcal
●暖房面積:10~15坪
●付属品:エビ曲90°1個、専用半直筒3本、専用トップ1個、脚4本、煙突支えセット1式

<!–

–>

【WEB限定販売 BLACK EDITION】

シルバーの美しい輝きが魅力のステンレスストーブですが、今季はさらにWEB限定販売の「BLACK EDITION」がラインナップ。耐熱黒塗装のボディと、ステンレス地の蓋や煙突部分とのコントラストがカッコイイ1台です。

こちらやはり人気商品で、現在品切れ中です。手に入れたい人は再入荷お知らせメールの登録をして待ちましょう!

再入荷お知らせメール登録はこちら

お気に入りのストーブで冬キャンプをヒートアップ!

出典:Instagram by@camponparade
ガスから石油、薪までオールジャンルから選りすぐった今季オススメのストーブたち10選、いかがでしたか? 今年初冬キャンプにトライする人も、ベテラン冬キャンパーの人も、ぜひお気に入りの1台を手に入れて冬キャンプをヒートアップさせてくださいね!

この記事が気にいったあなたに、オススメの3記事

Source: CAMP HACK

「次の冬は買ってみようかな…」と思ってしまう、薪ストーブのある素敵キャンプサイト13連発

※薪ストーブがインストールされることを想定されていない幕での使用は、自己責任になりますのでご注意ください
アイキャッチ画像出典:Instagram by @campholiday_

薪ストーブってみんなどう使ってる?

Instagram Photo冬キャンプの楽しみ方はいろいろありますが、”薪ストーブ”、いいなあと思ったことありませんか? ゆらゆら揺れる炎を眺めながら暖をとる、まさに冬の醍醐味ですよね。

Instagram Photo今回は、薪ストーブのある素敵なサイトをご紹介! ソロからファミリーまで、みなさんいろいろな楽しみ方をされていますよ。アイディアやセンスが光る13のスタイル、ごゆるりとご覧ください。

薪ストーブのあるキャンプサイトを一気見!

ソロだったらこんなスタイルも憧れる!

Instagram Photoまずは人気のTCワンポールテントに、アネヴェイの「フロンティアストーブ」を入れているサイトからご紹介。

Instagram Photoフロンティアストーブは、スタイリッシュな外見と使い勝手の良さで人気の薪ストーブ。最小限のスペースで暖を取れるのは魅力的です。

こちらの方は、ラジオフライヤーにツーバーナーをセットしていたり、丸太がテーブルとして置いてあったりと独自のセンスが光るレイアウト!

テント内・青空の下・家中、どんな場所でもフル活用!

Instagram Photoテンティピのテントの中に、ロマンチカル薪ストーブを合わせている好事例がこちら。スライドして見れる2枚目の室内の様子は、温もりのある特別な空間に仕上がっています。

Instagram Photoそして同じ薪ストーブを森の中でも使用しています。何もせず座っているだけで、身も心も癒されそうな情景ですね。

Instagram Photoさらにさらに、この薪ストーブを家の中でも活用しているんです。なんて素敵な三段活用! ここまで使いこなせば薪ストーブもさぞ幸せでしょう……。

バンライフのお供に

Instagram PhotoこちらはCAMP HACKフリーマガジン第三弾にも登場していた、アウトドアデザイナーズユニット「シエルブルー」の茨木一綺(ワカ)さん、美伽(アネゴ)さんご夫妻のスタイル。

色んな場所に訪れるバンライフの道具として、薪ストーブも欠かせない道具なのだとか。愛車とともにキャンプ旅、憧れます……!

パップテントにもコンパクトな薪ストーブを

Instagram Photoソロ用として人気の高い軍幕パップテントとも、やっぱり薪ストーブは相性バツグン。まるで海外のような雰囲気さえ醸し出しています。

Instagram PhotoKNI-CO社の薪ストーブ「Packer Camp Stove」がいい味を出しています。パップテントほどのサイズ感なら、このくらいのコンパクトな薪ストーブを選ぶのがちょうど良さそうですね。

こんな楽しみ方も

Instagram Photo雪かきついでに、薪ストーブ部屋を作ってしまうというアイディアに脱帽! 雪国ならではの楽しみ方ですね。

こちらの薪ストーブは、北海道のメーカー太陽印が作っている「タマゴ型鉄板薪ストーブ」。コロンとした本体と四つ足がなんとも可愛いフォルムです。

カーサイドタープの中にもイン

Instagram Photoこんな使い方も! カーサイドタープの中に先ほど紹介したKNI-CO社製の薪ストーブをイン。3枚目に見える中のレイアウトも、シンプルかつ男前で秀逸です。

夫婦キャンプで薪ストーブ

Instagram Photoこちらは素敵な夫婦キャンプのスタイル。コットンテントの中に、新保製作所の「カラー薪ストーブ」をインストールしています。

アイボリー色のテントには、こういった明るいカラーの薪ストーブも相性バツグン。テント内の雰囲気を明るくしてくれますね。

テクニックとして見習いたいのが、薪ストーブ下に敷いてある耐火布「スパッタシート」の存在。このように耐火布を敷くことでフロアシートや自然へのダメージを考慮しておきましょう。

冬用幕として大人気のヘルスポートのバランゲルドーム

Instagram Photo薪ストーブを使用する前提で作られているヘルスポートの「バランゲルドーム」は、2017~2018年にかけて爆発的な人気が出たテントの1つ。

Instagram Photoこのようにフロアを敷けば、ごろ寝できる快適空間にもなる汎用性が魅力的!

珍しい薪ストーブもじわじわ増加中!?

オージーピッグ

Instagram Photoコロンとした外観が可愛い「オージーピッグ」。可愛いだけじゃなく、厚さ3mmの鉄製なので少々の衝撃ではびくともしない丈夫さも兼ね備えています。調理も保温も可能な、”可愛い顔してできる子”なんです。

詳細はこちら

オーランドストーブ

Instagram Photoこちらの「オーランドストーブ」は、デンマークの首都コペンハーゲンを拠点とするアウトドアブランドの製品。

大きな窓と縦に伸びている四角い顔が特徴的。家でも使用したくなる上品な雰囲気を持っています。ストーブの下に薪を置ける構造なのも嬉しいポイント。

詳細はこちら

エルドフェルストーブ

Instagram Photoテンティピ専用なので、合うサイズのテントをお持ちの方には特におすすめ! スチームパンク感溢れる外観は唯一無二のデザイン。専用の木箱もかっこよく、見た目にビビッときたらこのストーブの代わりになるものはありませんよ。

詳細はこちら

冬キャンプは、薪ストーブで!

Instagram Photo見ているだけでもほっこり暖かい薪ストーブ特集、いかがでしたか?

ゆらめく炎に癒されながら過ごす時間は、冬だけの贅沢。冬キャンプの寒さ対策は大変そうと思われがちですが、薪ストーブにはそれを上回る魅力がありそうですね!

※薪ストーブがインストールされることを想定されていない幕での使用は、自己責任になりますのでご注意ください

 

Camping with a firewood stove is very very warm!

薪ストーブキャンプ、あったかいよ!

コンパクトな薪ストーブ記事はこちら

その他、薪ストーブについて調べたい方はこちら

Source: CAMP HACK

15時間も燃焼し続ける ちびストーブ「タクード」に感心してしまう

アイキャッチ画像出典:アウトドアーズ・コンパス

スノーピーク製石油ストーブ「タクード」の魅力

スノーピーク製の石油ストーブ「タクード」をご存知ですか? 2017年の新作としてデビューした石油ストーブで、他にない特徴を持ち、石油ストーブの新しいスタイルを提案したとも言える、独自性のあるアイテムです。

今回はこのタクードの詳細と、なぜ今おすすめしたいのかをご紹介します。

魅力その1.  車にも積み込みやすい絶妙サイズ

.さん(@quickoka)がシェアした投稿 – 11月 16, 2017 at 10:56午後 PST

スタイリッシュ

まずはやはり、サイズ感が特徴的です。直径38cmの円柱形で、高さは34cm。重さは6kgというコンパクトなサイズのストーブ。

高さは代表的なレインボーストーブで48.5cmあり、タクードと比べると14cm差もあります。身長が低いということは車にも積み込みやすいサイズ感。持ち運びにとても便利ですね。

魅力その2.  煮炊き用のコンロとしても使える

tomo3さん(@tomo3family)がシェアした投稿 – 1月 12, 2018 at 5:01午前 PST

石油ストーブを使っている人には定番な活用の仕方が「煮炊きコンロ」としての活用。このタクードでも同様の活用の仕方が推奨されていて、ぐつぐつ煮込む料理ならこのタクードで調理ができるんです。

吹きこぼれても燃焼筒には落ちない設計にもなっており、ケトルでお湯を沸かしたり、鍋での煮込み料理をする際にも安心して使用することができます。もちろん画像のように簡単な焼き物もできちゃいます。

魅力その3.  IGTシリーズにドッキング可能

このストーブの醍醐味は、スノーピークの人気キッチンシステム「アイアングリルテーブル(IGT)」にドッキングして使用することができること。これは調理する際にとても便利!

写真のように、テーブルの天板とほぼフラットになるので、鍋の移動などでぶつけることもありません。タクードで調理をすることをよく考えられており、スムーズな導線が確保されています。

魅力その4.  連続15時間の燃焼時間

燃焼時間

燃焼時間ですが、タクードは燃料3.1ℓで連続15時間もの間、燃焼を継続してくれるので、燃料コスパはなかなか優秀。アラジンストーブは4.1ℓで連続15時間、アルパカストーブは6.0ℓで連続15時間。背が低い分燃焼時間も短いと思われがちですが、しっかり15時間燃焼してくれるのは驚きです。

魅力その5.  カッコかわいい愛着が持てるデザイン

金属の柵部分が重なっているメタリックなデザインは男心をくすぐる格好良さがあります。そしてこの背の小ささは憎めない可愛らしさも兼ね備えていますね。

値段はかわいくない

見た目はかわいいのに、お値段はあまりかわいくないのが残念なところ。そのお値段は39,800円(税別)。アラジンストーブと同じくらいの値段です。アルパカストーブと比べると2倍ほどしてしまいますね。

ITEM

スノーピーク タクードストーブ KH-002BK
●サイズ:380×380×340(h)mm
●重量:6kg
●油タンク容量:3.1L
●燃焼継続時間:約15時間

こんな裏技も

スノーピークで販売しているレインボーストーブバッグ(¥9,800税別)が、タクードにも応用できるという裏技も。空いた上部の空白に、煮炊きする鍋などをセットに収納することができるので、かなり使える収納方法ですね。

点火のやり方

点火方法

出典:solo×niwa

燃料を入れてから初回使用時は20~30分、芯に石油を吸わせ、その後ダイヤルを右に回して芯を出します。カバーを少しだけ持ち上げて点火。一般的な石油ストーブと同じような手順です。

点火方法

出典:solo×niwa

点火方式はマッチ等による点火棒での操作を行います。ここで便利なのがSOTOのガスマッチ。先端が伸びることで着火マンになるんです。ガストーチとは違い、ライターのような火が出るのでまさに石油ストーブの着火には最適なアイテムです。(参照:solo×niwa

SOTOのスライドガストーチと同様に、カセットガスから燃料補充ができるという優れものです。2台持ちで用途ごとに使い分けても良さそうですね。

ITEM

ソト SOTO スライドガスマッチ ST-407LV
●サイズ : 幅35×奥行18×高さ100〜165mm
●重量 : 40g
●連続使用時間 : 20秒以内
●使用燃料 : 経済的なカセットガス、ライター用ガス

キャンプで今まで100円の物を、使用していました。
こちらのお値段なら100円でもかなりの回数購入できるとなかなか購入に踏み切れなかったのですが、色んな所での口コミを見て試しに購入しました。
ガスの補充も簡単ですし、コンパクトになるし、押しやすいしといいことだらけでした。もっと早くに購入しておけば良かった。

気になるのは「暖かさ」

暖かさ

出典:solo×niwa

タクードの実力ですが、他のストーブの出力と比較してみましょう。価格帯が同じアラジンストーブの出力は2.68kw/hですが、タクードは2.15kw/h。他のストーブと比べるとパワーは少し劣るのが気になる点です。

大きなシェルターでは完全には内部を暖めるのは難しいかもしれませんが、用途を調理コンロ兼ストーブとして考えれば多少は納得できるかもしれません。室内で使用する分には十分なレベルで暖めてくれるという口コミも。

気をつけたいこと「使用できるシェルター」

タクードが使用できるシェルターは、スノーピーク製のシェルター(リビングシェルなど)、2ルームシェルター(ランドロックなど)に限られています。

テントの中で使用してしまうと不完全燃焼になったり、タープ下で使用すると風の影響を受けてしまい危険です。使い方に注意しましょう。

対応シェルターの詳細は公式サイトに明記されているので、こちらから確認してみてください。

在庫も限りがあるようです

コンパクト

現在(2018/1/22)東京の店舗だけ見てみると、スノーピーク昭島アウトドアヴィレッジ店しか在庫がない様子です。他府県にはまだ在庫のある店舗もありますが、見つけたら保護してあげるのがいいかもしれませんね。直営店の在庫を調べる方はこちらから。

スノーピークファンは要注目! タクードは魅力満載

タクードは、IGTシリーズを使用している方、コンパクトな石油ストーブを探し求めていた方、煮炊き調理をしたい方におすすめのストーブです。値段はかなりお高いですが、この先のレア度やデザイン性など考慮すれば今がチャンスかもしれません。もし発見したら検討してみては?

4大人気の石油ストーブ比較はこちら

タクードでは価格が高すぎる……という方はこちらの記事でさらに比較してみてはいかがでしょうか。

If you get a Takudo as soon as possible!

タクードをゲットするならお早めに!

Source: CAMP HACK

最大出力8,500kcalだからできること。スノーピークの最強バーナー「剛炎」

アイキャッチ画像出典:編集部

冬キャンにもってこいのバーナー・スノーピーク「剛炎」

出典:Amazon

いよいよ真冬も本番。寒い中食べるホカホカのご飯は冬キャン最大の楽しみですが、いざ料理しようとバーナーを点けると、火が弱く調理がスムーズにいかない場合も。

撮影:編集部

そこで、冷環境でも失敗なく美味しい料理を味わいたい! という多くのキャンパーに選ばれている、スノーピークの「剛炎(ごうえん)」に注目。

出典:snowpeak

冷環境でも剛炎だからこそできる本格メニューと、その高火力の秘密を見ていきましょう!

剛炎はこんな人におすすめ

・4シーズンキャンプへ行きたい人
・グループキャンプがメインの人
・料理重視のキャンプがしたい人

剛炎なら冬でも「火力命」な本格料理ができる!

チャーハン

撮影:編集部

あの″パラパラ感″を出すのが意外と難しいチャーハン。

撮影:編集部

強い火力で短時間炒めるのがべちゃっとさせないコツですが、高火力の剛炎ならテクいらずで絶品チャーハンに!

麻婆豆腐

出典:Amazon

中華の定番、麻婆豆腐。剛炎の高火力なら、ニンニク・ショウガの香りをはじめ旨味を逃さずに作れます。

高火力ゆえ短時間でひとつのメニューが作れるので、大人数分の食事も時間をかけずに用意できます。

餃子

ともやんさん(@tomoyan88)がシェアした投稿 – 3月 3, 2017 at 2:08午前 PST

皮はパリッと、中はふっくら焼き上げたい餃子。最初の火入れが弱いと全体的に水っぽくなってしまうので、やはり火力が命です。

分厚い肉も余裕

ともやんさん(@tomoyan88)がシェアした投稿 – 1月 21, 2018 at 2:06午前 PST

餃子と同じく、ジューシーさを逃したくないステーキ肉。かと言ってしっかり火も通さないといけないという絶妙な焼き加減も、剛炎におまかせ!

二台使いで強力な「ツーバーナー」

Makoto Uekiさん(@joking_44)がシェアした投稿 – 5月 10, 2017 at 10:06午後 PDT

それぞれの「MY剛炎」を持ち寄れば、こんな贅沢な二口コンロが完成! これだけのパワフル装備なら、冬キャンでもお店レベルの本格料理ができそうです。

雪中でも稼動!

ただでさえ寒い雪の中、なかなか火がつかないと泣きたくなってしまいそうですが、剛炎は雪中でも安心。1月始めの湯沢中里でも、ドロップダウン知らずだったようです!

ITEM

スノーピーク ギガパワーLIストーブ 剛炎
●サイズ:ゴトク径φ350×H420mm
●収納時サイズ:φ240×H205mm
●重量:1800g
●出力:8500kcal/h
●材質:ステンレス・ブラス

アウトドア中華料理に十分な火力です。
ダッチオーブンのプレヒートもあっという間に終わります。
とろ火コントロールも意外と使える。
とろ火から強火まで、オールマイティなストーブです。

剛炎はなぜこんなにも高火力なのか?

秘訣は「液出しシステム」

出典:snowpeak

最大出力8,500kcalという剛炎ですが、これは一般的なツーバーナー1台分の火力に相当(二口使用時)するという驚きのハイパワー! この秘訣は、ガスカートリッジを倒立させてセットするというスノーピークオリジナルの「液出し」システムに。

燃料を液体のまま燃焼させる出力方式により、冷環境に左右されることなく強い火力を維持できるというわけです。

出典:snowpeak

ハイパワーながら収納は直径24×21cmとコンパクト。高さ・火力の調節も可能で、冬だけでなくもちろんオールシーズン使えます。

剛炎をフル活用するために使いたい「+αアイテム」

IGT(アイアングリルテーブル)

funausaさん(@funausa74)がシェアした投稿 – 6月 13, 2017 at 5:52午後 PDT

剛炎を使うなら、スノーピーク自慢の快適システムキッチン・IGTとの併用がおすすめ! 専用のジョイントフレームがあれば、導線スムーズかつ見た目もスッキリとしたキッチンテーブルに。

ITEM

スノーピーク IGTフレーム ロング 660脚セット
●サイズ:本体/1096×496×30mm、脚/φ25×670mm
●重量:6.82kg
●材質:アルミニウム、ステンレス
ITEM

スノーピーク IGT 剛炎 ジョイントフレーム
●サイズ:362×377×33mm(IGT1.5ユニットサイズ)
●重量:1,020g
●材質:ステンレス

火燕鍋

剛炎と組み合わせて使うことを前提に外径・フォルムが設計されたという「火燕鍋」。定番中華も本格的な鉄鍋で作ると、驚くほど美味しくなるのでお試しあれ!

ITEM

スノーピーク 火燕鍋
●サイズ:490×300×95(h)mm(内径φ30cm)
●収納時サイズ:340×300×95(h)mm
●重量:1.2kg
●材質:本体/鉄(透明シリコン樹脂塗装)・ステンレス、ハンドル/ステンレス

炒め・揚げ・焼き・煮込み、少量でも大容量でも、何でも調理できて万能です。
雑な使い方してもただの鉄なので、傷ついても気にならないのもメリットです。

チリトリ鍋

最大直径31cmの大鍋も載せられる剛炎は、ダッチオーブンはもちろんこんなユニークな鍋も楽しめます。いつもと違うメニューこそ、キャンプで試してみませんか?

ITEM

スノーピーク チリトリ鍋
●材質:本体/ステンレス鋼、取っ手/ステンレス鋼
●サイズ:W385×D355×H48mm
●重量:1.7kg
●容量:2.6L

剛炎でパラパラのチャーハン作ってみない?

出典:Amazon

キャンプは寒さだけでなく風に悩まされることも多いですが、風防でガードしてくれる剛炎はそんなシーンでも大活躍。バーナーを検討中の方、冬キャンはもちろん一年中タフに使える剛炎は間違いない一台ですよ!

キャンプにうってつけの「呑兵衛レシピ」

中華もいいけどエスニックもいい! おでんもアリ! 寒さを忘れて冬キャンを楽しめるかもしれない、おすすめ呑兵衛レシピ集。

We Need “GOEN” At Winter Camping!

冬こそ″剛炎″の出番!

Source: CAMP HACK

巷で話題沸騰中!今、注目すべき人気薪ストーブ「アネヴェイ」の魅力

※記事中では幕内で商品を使用しているシーンがございますが、幕内では火器厳禁です。やむを得ず持ち込む際は換気に十分気を付けましょう。

アイキャッチ画像出典:Instagram by @anevay_stoves

イギリス発のブランド「アネヴェイ」って?

2003年イギリスで設立されたキャンプブランド「アネヴェイ(ANEVAY)」。ブランドを代表する「フロンティアストーブ」は、災害現場の厳しい環境下でも動作するような、ポータブルストーブを設計する事から生まれました。

実用性はもちろん、スタイリッシュなデザインも支持され、じわじわと人気が高まってるブランドです!

こんな人におすすめ!

・今年の冬は薪スト―ブを導入したい人
・コンパクトな薪ストーブが欲しい人
・イギリスに憧れのある人

重さわずか3kgの「ホライズンストーブ」

ホライズンストーブは持ち運びができる、ロケットストーブです。ほんの一握りの燃料で、数秒後に調理の準備ができるほど、非常に効率的。さらに重さはなんとわずか3kg!

女性にも扱いやすく、初めての薪ストーブにもおすすめな一台です。

外側のゲージで火傷を対策!

外側のゲージ部分は熱くなりにくく、火傷対策にもなるので安心です。頑丈かつ軽量なので、持ち運びにも便利。

ビビットなオレンジカラーで見た目も美しく、サイトのテンションも上がること間違いなしです。

燃費良く調理が可能

ガス化技術を使用することで、少ない薪でも簡単に調理が可能です。天板は安定した作りなっており、やかんを置いてお湯を沸かしたり、大きめのフライパンで料理をする事ができます。

さらに串や枝にマシュマロなどをさして炙り焼きも楽しめます。

テント内では使用できないので注意!

ホライズンストーブには煙突がありません。そのためテント内での使用に向いていません。

一酸化炭素中毒を引き起こし、大変危険なので、必ず屋外で使用するよう、注意しましょう。

分解できないので注意!

もともと小さいつくりなため、分解はできません。軽量なのでそのまま持ち運びができるよう、専用のキャリーバックも別売りで販売しています。

こちらは持ち運びに便利なストラップと持ち手が付いた頑丈なケースなので、同時に用意すると良いでしょう。

アネヴェイを象徴する薪ストーブが進化した!「フロンティアストーブプラス」

太い煙突でスタイリッシュなデザインが特徴的な「フロンティアストーブプラス」!

従来モデルからよりパワーアップしたプラスの魅力を紹介します。

煙突が太くなり、熱効率アップ!

写真右が従来モデルで、写真左がプラス。パッと見てもわかるように、プラスは煙突の太さは約40mmアップの101.6mm。

他社製品の多くが約60~75mmなので、比べてもかなり大きめ。煙突が太くなった分、熱効率も上がりました。

窓から炎のゆらぎを楽しめる

プラスには入口部分に小窓が付いているので、こうして炎のゆらぎを楽しむことができます。

ぼーっと炎を眺めて、気付いたらウトウト……なんていう癒しの時間も最高ですね。

ポータブルとはいえ、重いので注意!

煙突はストーブ内にコンパクト収納でき、別売りのキャリーバックに入れて持ち運ぶことが可能です。

しかしながら重さは約16kgと、それなりに重いので注意して下さい。

冬キャンプの新定番!

森や山、砂浜などアクティビティのおともに最適な「ホライズン」、小窓から炎のゆらぎも楽しめる「フロンティアストーブ」。

どちらもサイトに映えるスタイリッシュなデザインで機能性も抜群! 薪ストーブが初めてな方でも扱いやすいので、今年の冬はアネヴェイで薪ストーブデビューをしてみませんか。

導入したらどんなサイトにするかワクワクしますね!

実際に薪ストーブを導入しているキャンパーを参考にしてみましょう!

Comfortable winter camp with Anevei’s wood stove
アネヴェイの薪ストーブで快適な冬キャンプを

Source: CAMP HACK

ストーブを利用して料理しちゃおう!一石二鳥なストーブ活用術

アイキャッチ画像出典:instagram by @bokenain

ストーブを使ったアイディア活用法


出典:楽天

秋冬キャンプで大活躍してくれるストーブは、周りを温めてくれるだけじゃなく、その熱を利用して色んなことに役立ちます。

今回はそんなストーブ活用法を伝授!ストーブ利用者が編み出した、数々の活用アイディアをご覧ください。

ストーブの熱で汁物を「煮込む」


出典:nice time

ストーブの得意料理は何と言っても煮込み料理です。とろ火で時間をかけて作る料理は、冷たくなった体を芯から温めてくれますよ。

フジカストーブで「スンドゥブ」

韓国料理の代表格であるスンドゥブ(純豆腐鍋)もフジカで作ることができます。やわらかいお豆腐と好きな食材をお鍋に入れるだけ。辛味として、キムチやコチュジャンを使うので、寒い日に体を温めてくれる一品です。

フジカストーブで「おでん」

Toru Tanakaさん(@route.106)が投稿した写真 – 2016 11月 21 12:08午前 PST

定番のおでんもこれまたフジカストーブの上で時間をかけてじっくり煮込みます。煮込む時間が長ければ長いほど味がしみ込むおでんは寒い日のキャンプにぴったり。おでんは、お酒のおつまみとしても大活躍してくれます。

ストーブでの熱で「焼く・炙る」調理

焼き網を置くだけで、香ばしい料理を作ることができます。寒い日に焼きながら食べるお勧めのメニューを紹介します。夜のおつまみとしても朝食としても、美味しく頂けます。焼きは香ばしさもあるので、食欲が増しますよ。

大胆かつ贅沢に「カニ」も!

kanaさん(@kana41323)が投稿した写真 – 2016 12月 4 1:55午前 PST

ストーブの上で焼くかに詰めは最高です。焼いている間から、お腹がぐるぐる鳴ってしまうくらい、美味しそうな香りを振りまきながら、くつくつと焼きあがっていきます。

炙りの定番「スルメ」

@shunstagram_88が投稿した写真 – 2016 11月 30 11:15午後 PST

横広のストーブの上に広がるイカの姿焼はすごい!の一言です。晩酌のおつまみとして外せないイカの姿焼。焼きたての姿焼を一度口にしてしまうと、定番メニューに加えたくなります。

フジカストーブで「焼きおにぎり&餅」

tomoya ikedaさん(@tomoyan726)が投稿した写真 – 2016 11月 30 2:18午前 PST

富士の絶景と共に楽しむには相性バツグンの焼きおにぎりとお餅。ストーブで焼くものといったらお餅が最も定番なのではないでしょうか?キャンプでもストーブがあれば、その懐かしさをゆっくり楽しめますよ。焼きの定番を心行くまで味わってください。

ストーブで暖かいデザートも!

ストーブの熱でデザートだって作れます!定番のおしるこから、驚きのデザートまでぜひ挑戦して頂きたいデザートをピックアップしました。簡単に美味しいデザートが出来るのもストーブの力ですね。

アラジンストーブで「おしるこ」

癒し系のおやつと言えばお汁粉ですよね。家で作るのはちょっと大変だけど、ストーブの上に置いておくだけで出来上がってくれるんだったら簡単!とろ火で時間をかけて作ったお汁粉は、心まで温めてくれます。

置いておくだけ「焼きりんご」

%e7%84%bc%e3%81%8d%e3%82%8a%e3%82%93%e3%81%94
出典:神保製作所

焼き芋ができるなら焼きリンゴだってストーブでもできるんです!子どもから大人まで楽しめるりんごのデザート。熱を加えることによってさらに甘くなるので、冬のデザートとして大活躍間違いなし。

ストーブの「熱」を利用しない手はない!

img_6611

ストーブを囲んで暖を取りながら、美味しい食事やお酒を頂くと会話も自然と弾みます。昔はどこの家にもあった光景を、キャンプで再現してみませんか?そんな優れもののストーブを今年はぜひ活用してみてください。

Good meal! Good Stove!

温かい食事はストーブで!

Source: CAMP HACK

知って得する!アルパカストーブを買う前に見ておくべきこと

提供:Instagram by W3stylesさん

キャンプで注目のアルパカストーブとは?

アルパカストーブ

アルパカストーブは韓国製の灯油ストーブ。まず魅力なのがコンパクトなのに火力が高いこと。

比較的安価に購入することができて、タンクが二重タンクになっているため安心の設計。そして調理にも使えるというキャンパーには見逃せないメリットが多いストーブ!

気になるスペックは?

アルパカストーブ使用例

提供:編集部

発熱量:2800kcal/h
暖房面積:16~18㎡
燃費約0.3リットル/h
タンク構造:二重タンク
燃料:家庭用灯油
燃焼持続時間:約17~18時間
サイズ:直径323 x 高さ440mm
重さ約6.4kg
耐震自動消火装置:なし

さらにアルパカストーブの特徴として、燃焼持続時間が同タイプのストーブに比べて長いという点も大きな魅力といえます。

ランタイムを考えると、暖房に使用しつつ、仲間と鍋を囲む際の火器としても安心して使えます。

アルパカストーブの口コミ、使用してみた方のレビュー紹介

アルパカストーブ

アルパカストーブの口コミ、レビュー紹介!実際に使用されている方はどんな感想をお持ちなのか、気になるところですね!

暖かいです。但し思ったより燃料消費が早く予備タンクも購入しました。これで2日目も安心んです。(出展:amazon)

輻射熱が他のストーブより体感的に暖かく感じます。あと、外気温-10℃、シェルター内で-5℃からの状態で、18分後には10℃まで達していることから、これ以降の冬キャンプにはこのストーブは必須ですし、あることで安心感も得られると思っています。(出展:楽天)

とてもコンパクトで、ハイカロリーです。また、昔ながらで、乾電池を使用しないところが、非常用に良いと思います。(出展:楽天)

給油工が小さいので、ちゅぱちゅぱ系の細いノズルでないと給油できません。石油缶に直接ねじ込んで使う給油ホースでは入らなかったので、ジョウゴを使用して給油しました。(出展:楽天)

デザインの良さはやはり購入ポイントの一つになっているみたいですね。そして注目の機能面、コンパクトでありながら高出力の暖房性能という評判はみなさん体感できているようです。マイナス面としては給油口に使いづらさを感じる方もいるようですね。

アルパカストーブの購入方法

アルパカストーブで調理している

提供:編集部

アルパカストーブは韓国製ということに加え、耐震の安全装置などが付属していないモデルが標準となるため、国内にはあまり流通していないという点がデメリットの一つ。それでも安定した購入方法はあります。

アルパカストーブが気になった方は、以下のいずれかの方法で購入を検討してみてはいかがでしょうか?

個人輸入

個人輸入、というとハードルが高いイメージですが、輸入代行サイトを使用すれば簡単に手に入れることができます。日本語で購入が可能なので、挑戦してみてはいかがでしょう。個人輸入代行で定評のある「韓ショップ」はこちら

楽天やamazonなどの通販

個人輸入より高くなる傾向にありますが、より気軽に購入できるのが通販。在庫がない場合もあり、お届けに最大3週間といった長期間かかる場合がある点には注意しておきましょう。

【アルパカストーブ TS-77】

アルパカストーブ TS-77

出典:Miraimart

TS-77は標準サイズのアルパカストーブ。重量は6.4kgとやや重めですが、高出力とスタミナが魅力なので人気のモデル。タンク容量に不安を感じる場合には、ジェリ缶で予備オイルを携行することで解決です。
●タンク容量:6.0リットル
●サイズ:直径323×440(h)mm
●発熱量:2800kcal/h
●燃料消耗量:0.3リットル/h
●重量:6.4kg
●燃料:家庭用灯油

知っ得!アルパカストーブ情報

室内使用はNG!

W3STYLE™さん(@_w3style_)が投稿した写真 – 2016 11月 4 7:01午後 PDT

灯油ストーブ全般に言えることですが、テントやスクリーンタープ内などの締め切った空間で使用することは大変危険です。また、アルパカストーブは地震時の安全装置もついていないので、必ず屋外の安全な場所で使用しましょう。

また一酸化炭素を検知するセンサーが安価に購入可能なので、念には念を入れて併用もおすすめ!

塗装でカスタマイズ

アルパカストーブを塗装でカスタマイズ

コスパが高く価格を気せず使い倒せるアイテムでデザインが魅力的となれば、カスタムペイントで遊ぶベースにぴったり!

OD缶と同色にするも良し、ランタンに合わせるも良し。お気に入りのカラーにペイントすることで、自分だけのアルパカストーブの完成です。詳しくはこちらをチェックしてみてください。

【アルパカストーブ 塗装関連グッズ】

塗装に最低限必要なものはペイントスプレーとマスキングテープ。今回の塗装ではストーブという温度が高くなる可能性のあるボディを塗るため、バイクのエキパイ塗装などに使用する「耐熱ペイント」を選ぶと安心です。

またマスキングは仕上がりに大きく影響の出る部分なので、なるべくいいものを用意しておくと正解です。

ITEM

デイトナ 耐熱ペイントスプレー ブラック
●内容量:300ml
●耐熱温度:600℃
●乾燥時間:180℃×20~30分


鉄のエキパイに錆が出てきたので、真鍮ブラシにて、こすり・・・その後この耐熱スプレーを吹きかけ、2日後に耐熱スプレーを吹き付けました。
出典:amazon


ITEM

3M マスキングテープ 12mm 10巻入
●幅:12mm
●長さ:18m


しっかりした物でした。テープの跡も残らず、いい商品だと思います。
出典:楽天

五徳はコーナンで購入!?

アルパカストーブにピッタリのコーナンの七輪用ゴトク

実際に使用されている方の口コミを見ると、コーナンの七輪用ゴトク(品番:KG23-9518)がアルパカストーブの上部にピッタリサイズのようです。欠品になる前に要チェックです!

燃料漏れ、灯油漏れに注意

アルパカストーブを車に積む

出展:Land Rover

アルパカストーブを運搬をする際は、燃料漏れに注意しましょう。燃料が満タンのときに横倒になると必ず漏れます。燃料は現地についてから給油し、持ち帰るときはタンクを空にしてから運ぶという方法が安全です。

かわいくて使い倒せるアルパカストーブ

かわいくて使い倒せるアルパカストーブ

アルパカストーブ最大のキャラクターは実用性が高く使い倒せるという点。さらにデザインがレトロかわいく魅力的でアフターパーツが充実。必然的にカスタムシーンも盛り上がっています。コンパクトで高出力、価格を気にせず使い倒せるアルパカストーブはとにかくアウトドアに最適です。

Let’s take out the Alpaka stove!

アルパカストーブを持ちだそう!

Source: CAMP HACK