スノーピーク

【 1万4000人に聞いたランキング】みんながキャンプで使ってる「チェアブランド」ベスト5発表!

アイキャッチ画像撮影:筆者

みんな、どこのブランドの「チェア」を使っているんだろう

提供:instagram by @y.u.k.i.n.y.a.n

キャンプに欠かせないアイテムといえば”チェア”。ハイやローなど様々なタイプが販売されています。なので選ぶのもかなり悩ましい……。

みなさんはどのブランドのチェアを愛用していますか?

読者1万4000人にアンケートを実施

提供:instagram by @tigersk8

そこでCAMP HACKのLINE@読者にアンケートを実施。1万4000人もの方からご回答をいただき、今キャンパーが使っているチェアのブランドが浮き彫りに。

気になる1位は果たしてどこか!? 上位5ブランドを、定番や新作アイテムを交えながら発表していきます。購入や2脚目以降を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

5位は根強いファンが多いあのブランド

スノーピーク

優れたデザインに根強いファンが多い、日本発のあのブランドがランクイン!

5位 やっぱり人気!「スノーピーク」

出典:snow peak

第5位は、ピーカーと呼ばれる熱狂的ファンがいる程の人気ブランド「スノーピーク」。高い品質を誇り、洗練されたデザインと丈夫さがランクインの決め手となった模様。

定番人気の「ローチェア」は、リラックスできる座り心地が好評です。

出典:snow peak

そんなスノーピークの中でも技アリなチェアが「ラックソット」です。

写真のように土台を横並びにセットするとソファになり、分割してチェアとしても使用可能。組み替えるとコットにもできます。
ラックソット

出典:snow peak

そして、さらにラックにも変身できるんです! 上に天板を置いてテーブルとして活用したり、このまま車に積んで車載の整理に使ったりと、マルチに活躍します。

1台あれば、シーンに合わせて何通りものレイアウトを楽しめますね。

ITEM



スノーピーク ラックソット マルチスターターセット
●サイズ ソファ時: 約1500×750×830(h)mm コット時: 約2000×750×370(h)mm
●重量:約17.0kg
●セット内容:ベースユニット×3個、クッション×4個、背もたれ×2個

<!–

–>

4位と3位は間違いなしの定番

4位と3位は、ホームセンターなどでも見かける、あの定番ブランドがラインナップ! 早速チェックしてみましょう。

4位 あぐらチェアが人気の「ロゴス」

ロゴス

第4位は、カラフルなアイテムが印象的なファミリー層に人気の「ロゴス」! ビギナーにも扱いやすく、お財布にも優しいところが選ばれたポイント。

代表チェアであるローポジションの「あぐらチェア」は、キャンプだけでなく家でも使うヘビーユーザーが続出しています。

提供:instagram by @camping_und_ich

こちらは長時間座っていても疲れにくい「バックホールドチェア」。

背もたれのラウンド設計により腰をしっかりホールドし、ハイバックデザインで上半身をサポート! 安定した座り心地を実現してくれます。

ITEM



ロゴス あぐらチェア
●サイズ:約65×57×64.5cm(座高20cm)
●収納サイズ:約19.5×19.5×77cm
●重量:約3.1kg
●耐荷重目安(静止荷重):約100kg

<!–

–>

座り心地もいいです
あぐらも足を伸ばしても座って楽ですよ
寝てしまいそうになります

ITEM



ロゴス バックホールドチェア
●サイズ:約80×63×101cm(座高46cm)
●収納サイズ:約23×23×104cm
●総重量:約5.4kg
●耐荷重目安(静止荷重):約100kg

<!–

–>

3位 鹿番長でお馴染みの「キャプテンスタッグ」

キャプテンスタッグ

次は、コスパ最強と呼ばれるブランド「キャプテンスタッグ」が、第3位にランクイン!

特にチェアに関しては種類が多く、トレンド系デザインの物もロープライスで手に入るのでキャンパーの強い味方です。オシャレなデザインのものが増えており、男女ともに高い支持を得ています。
キャプテンスタッグ

今年注目なのが、カモフラージュ柄デザインの「green label relaxing」別注モデル。同柄のポップアップテントや、レジャーシートと合わせて使いたくなるシリーズです。
キャプテンスタッグ

キャプテンスタッグと言えば、この「鹿」ロゴマークが目印。実はこのカモフラ柄にも隠れているんだとか! こんな抜け目ない遊び心も、多くのキャンパーから愛されるポイントですね。

詳細はこちら

ITEM



別注キャプテンスタッグ ラウンジチェア
●サイズ:約幅820×奥行510×高さ800mm
●収納サイズ:約140×140×長さ840mm
●重量:約2.3kg
●耐荷量:80kg

<!–

–>

2位は収納性がピカイチのブランド

撮影:編集部

2位は、コンパクトチェアの代名詞ともなりつつある、あのブランドがランクイン!

2位 コンパクトなのに快適「ヘリノックス」

提供:instagram by @yucam_._yyn707

第2位は、アウトドア業界に革命をもたらした「ヘリノックス」がランクイン! 軽量でコンパクトに収納でき、デザインも優秀な世界的ブランドです。

様々なタイプの中でも特に人気なのが「チェアワン」。包み込んでくれるような座り心地に、多くのキャンパーが魅了されています。

提供:モンベル

そんなヘリノックスが2019年新作として発売したのが「サバンナチェア」。

ゆったりとした広い座面と、肘掛になるシートが特徴的なハイバックデザイン。便利なドリンクホルダーも付いています。

ITEM



ヘリノックス チェアワン
●サイズ:高さ66cm×幅52cm×厚さ50cm
●収納サイズ:高さ12cm×幅35cm×厚さ10cm
●重量:960g(収納袋含む)
●耐荷重:145kg

<!–

–>

ツーリング時に休めるように買いました。体重が85キロでも大丈夫です。
また、ライディングの革のパンツでもそのまま座ってゆっくりできます。
収納も小さくなるのでとても重宝です。

ITEM



ヘリノックス サバンナチェア
●サイズ:70×79×112cm(幅×奥行き×高さ)
●収納サイズ:54×15.5×16cm
●重量:1690g
●耐荷重:145kg

<!–

–>

栄えある1位は……!

今回頂点に立ったブランドは、ランキング常連とも言えるあのブランド! もうみなさんお分かりですかね? それではお待ちかね、第1位を発表します。

1位 さすがです!安定の老舗ブランド「コールマン」

coleman

出典:Coleman

栄えある第1位に輝いたのは、圧倒的人気を誇る老舗のアウトドアブランド「コールマン」でした!

チェアだけでも40種類以上あるラインナップの多さ。さらに機能性や信頼度の高さなど、ビギナーからベテランまで多くのキャンパーから愛されている結果ですね。
インフィニティチェア

出典:Coleman

またハイ、ローチェアだけに限らず、このような個性派チェアも話題! こちらは「人をダメにする椅子」と話題のインフィニティチェア。体への負担を軽減し、とことんリラックス度を追求した贅沢な1脚です。

ワンアクションで設営ができるので、初心者の方でも気軽に使えます。

撮影:編集部

編集部でも実際に試してみましたが、フルリクライニングにするとほぼ仰向け状態に! まるで雲の上にいるかのような座り心地はさすがでした。

キャンプでも家の中でもずっと座っていたくなる、究極のリクライニングチェアです。

ITEM



コールマン インフィニティチェア
●サイズ:約92×69×H110cm
●収納サイズ:約15×69×H90cm
●重量:約8.8kg
●耐荷重:約100kg

<!–

–>

キャンプ時に使用する為にこちらで2台目としての購入です。好きな角度で座れたり寝たり出来、とても身体にフィットして心地よいです。また枕が移動出来るのがとても良いですね!掲載には場所取りますが、お値段が安く家族お気に入りの商品です。

ITEM



コールマン ファイアープレイスフォールディングチェア
●サイズ:約54×55×61cm
●収納時サイズ:約54×9×57cm
●重量:約2.2kg
●耐荷重:約80kg

<!–

–>

持ち運びも楽で設置も広げるだけ!
座り心地良いです。

マイベストチェアで快適キャンプ!

アウトドアチェア

撮影:筆者

CAMP HACK読者のみなさん、ご回答ありがとうございました! コスパ最強ブランドからハイブランドまで、有名どころが集結した結果となりましたね。

ファーストチェアや2脚目以降を検討中の方、家用のアウトドアチェアをお探しの方、ぜひ参考にしてみてください。そして自分にぴったりのベストチェアに出会えますように!

テーブルも一緒にいかが?

この機会にセットでテーブルも揃えてみては?

Let’s go camping with my best chair
マイベストチェアでキャンプへ行こう!

Source: CAMP HACK

スノーピーク製品を使った5つの裏ワザ、こっそり教えます!

記事中画像撮影:すべて筆者

初心者から上級者まで愛されるスノーピーク

スノーピークといえば焚き火台やソリッドステークなどといった名品で知られる、今や日本を代表するアウトドアメーカーですよね。

今回は大のスノーピーカーである筆者が、自前のスノーピーク製品を使った裏ワザを公開します! 新たな発見があるんじゃないでしょうか!?

そんな手があったのか!以外と知らない5つの裏ワザ

ここではスノーピーク製品のみ、5つを使用した裏ワザを公開します。(アイテムによっては本来の目的にそぐわない使い方もあるので、あくまでも参考程度に!)

「なんで今まで気づかなかったんだ~!」と思わず叫んでしまいたくなるような斬新テクニックが出てくるかも?!

①ソリッドステーク使いの裏ワザ



スノーピークのアイコン的存在といえるほど大人気のペグ「ソリッドステーク」。とにかく頑丈で、どんなに硬いフィールドでもだいたいペグダウンできてしまう代物です。

ビギナーからベテランまで、あらゆるキャンパーの心強い味方であるソリッドステークはガッチリ打ち込める反面、食い込みすぎて抜くのに一苦労、なんてことも。



打ち込まれたソリステを抜くときは、ペグハンマーのペグ抜き部分で抜き取るのが通常のパターンです。

よく見るとペグは楕円形をしており、抜き時にグリッと横にひねると穴が広がってスポッと抜けるように作られています。

ここで最初の裏ワザです! じつは同じ作業をソリッドステーク同士でできてしまうんです! ソリステ愛用者なら「もうやってるよ!」という方も多いのでは?

1本ペグを抜いたらそれをペグハンマー代わりに使えます。ソリッドステークの引っ掛け部分でもペグハンマーと同様にグリっと回せて、同じ役目を果たしてくれるのです。

意外とペグ抜き作業って1人でやると大変ですよね。でもこれなら1人はペグハンマーで、もう1人はソリッドステークでというふうに、ペグ抜きを2人同時進行でおこなえますよ!

ITEM



スノーピーク ペグ 30cm ソリッドステーク
■重量:180g
■サイズ:300mm(ヘッド部直径15mm、打ち込み部直径8mm)

<!–

–>

②インフレータブルマット2つを1つにまとめる裏ワザ



キャンプだけでなく登山などでも必須の寝具、キャンピングマット。

スノーピークから発売されている「インフレータブルマット テレコ」は2つのマットを1つにまとめて収納することができるんです。

もともとこの収納用スタッフサックはかなり長めに作られています。これを利用するのです。



スタッフサックのデッドスペースを利用して、この通りもう1つのマットをきれいに収納することができました。

これは荷物を一つにまとめたい時に意外と使える裏ワザです!

ITEM



スノーピーク  インフレータブルマット テレコ
■サイズ:W60×D198×H2.5cm
■収納時サイズ:直径16×30cm
■重量:0.8kg(ポンプ収納ケース含む)

<!–

–>

③焚き火台Lと炭床Mの裏ワザ



お次は「炭を入れすぎちゃった」「ちょっと火が強すぎる」なんて時に使える裏技です。

焚火台のオプションで売られているバーベキュー用のグリルブリッジは、高さ調節が3段階できるようになっています。

でもワイルドに炭を入れすぎると火力が強くなりすぎて、ブリッジを一番高く設定しても焦げてしまうことがあります。

それを防いでくれるのが炭床Mとのドッキング作戦。

焚火台Lに炭床Mをセットすると、本来ペアである炭床Lよりも深く沈むので、火力の調節が絶妙にしやすくなります。炭の扱いに不慣れな方にこのコンビは特にオススメです。



炭床Mだと深さが出るので、焚火の際に炭床をセットしたまま薪を投入しやすくなります。

しかし、やはり本来の炭床Lのほうが燃焼効率がいい場合もあるので、LとM両方持っておいて状況に合わせて使い分けるのがベストかもしれませんね。

ITEM



スノーピーク 焚火台 L
■サイズ:450×450×300mm
■収納サイズ:560×640×32mm
■重量:5.3kg

<!–

–>

ITEM



スノーピーク 炭床 M
■サイズ:250×250×20mm
■材質:鋳鉄(クリア塗装)
■重量:2.4kg

<!–

–>

④「ほおずき」を使った裏ワザ



スノーピークの大人気ランタン「ほおずき」。最近はLINEとのコラボほおずきが発売されるなど何かと話題の商品です。

タープポールで使用する際には通常、横にのびるランタンハンガーをセットしてそこにほおずきをぶら下げるのですが、じつはランタンハンガーなしでも大丈夫だったりするんです。



ほおずきのフックの大きさはタープポールにぴったり! ポールの支柱に直接引っ掛けるだけで、ほおずきの重みでそのまま固定されます。

地味ですがランタンハンガーを忘れてしまった時や、足りない時に重宝する裏ワザですよ!

ITEM



スノーピーク ほおずき
■サイズ:直径107mmx高さ87mm(コード部を含まず)
■重量:165g

<!–

–>

⑤「チタンマグ」スタッキングの裏ワザ



こちらもキャンパーやハイカーならひとつは持っているであろうスノーピークの名作「チタンマグ」シリーズ。

シングルウォールとダブルウォールの2種類があり、サイズも450ml、300ml、220mlとバリエーション豊かです。



でもマグって意外とかさばってしまいますよね? そんな時にマグをきれいにまとめる方法があります。

実はシングルマグはスタッキングすることができるのです! シングルウォール限定になってしまいますが、各サイズをバラで持っていれば450mlの中に、他の2サイズがすっぽり収納できるのです。

ちなみにダブルウォールであれば450mlの中に220mlを、廃盤になってしまった600mlの中に300mlをスタッキングすることができますので、お持ちの方は試してみてくださいね。

ITEM



スノーピーク チタン シングルマグ 450
■容量:450ml
■素材:チタニウム
■重量:70g
■生産国:日本

<!–

–>

さっそくキャンプで裏ワザ実践!



どうですか。気になるスノーピークの裏技は見つかりましたか?

キャンプギアを使ってあれこれ試していると、思わぬテクニックが見つかったりしますよね。皆さんもお手持ちのスノーピーク製品をぜひ使い込んで、独自の裏ワザを見つけてください!

設営テクニックも覚えておこう!

スノピのドックドームはいかにも立てるの大変そうに見えますが、はたして……。

Let’s get the camping technique by Snow Peak gear

スノーピーク製品で裏ワザ披露!

 

Source: CAMP HACK

【令和の酒活】絶品つまみをキャンプで作れる”酒つま”専属のNEWギア3選

アイキャッチ画像出典:LOGOS

時代とともに進化する”酒つまアイテム”が感慨深い

出典:PIXTA

ジュージューという音とともに芳ばしい香り漂う焼き鳥は、酒好きキャンパーの大好物。目にしただけでソワソワしてしまう方は、飲兵衛キャンパーの素質充分です。

撮影:編集部

焼き鳥をはじめ、酒好きキャンパー腹落ちのつまみがキャンプで作れるアイテムもたくさん発売されましたね。笑’sの「B-6君」はまさにその先駆け、しっぽりと飲みたい人御用達です。

一方みんなで料理をシェアしながらワイワイ飲みたい人もいたりと、酒活スタイルは人それぞれ。そんなあらゆる飲兵衛キャンパーに刺さるNEWアイテムが、この新時代に早くも登場しているんです!

気になるニューエイジ″酒つまギア″、さっそくご紹介しましょう。

令和の酒活を盛り上げる!″酒つま″NEWギア3選

本格料理でおもてなし◎!スノーピーク「コージングリル」

Instagram Photo近未来的なフォルムが目を引くこちらは、スノーピークの「コージングリル」。大型グリルで、丸鶏やブロック肉を焼いたりといったダイナミックなメニューに挑戦できます。

Instagram Photo使い方はチャコールトレイで炭をおこし、網に食材をのせて焼き上げるというもの。別売りのチャコールトレイを追加すれば上火もかけられるので、カリッとしたピザも焼けます。

Instagram Photo理想の焼き加減にあわせて、高さは段階的に調整可能。蓋が閉じられる仕様になっているため蒸し焼きスタイルができるので、本場アメリカのバーベキューのようなダイナミックさが味わえます。

出典:snowpeak

総重量20kgという重さではありますが、この通り分解収納が可能。

本格料理で家族や友達をもてなしながらおいしいお酒を飲みたい。そんなホスピタリティ溢れる飲兵衛にイチオシの酒つまアイテムなんです!

ITEM



スノーピーク コージングリル
●サイズ:705×580×880(h)mm
●素材:ステンレス、アルミニウム合金、竹
●重量:18.5kg(総重量)

<!–

–>

同時焼き焼きスタイルはここまで進化!キャプテンスタッグ「鋳物 角型ジンギスカン鍋」

出典:captainstag

酒好きとしては、呑むお酒にあわせてつまみの種類にもこだわりたいところ。いつものバーベキューに飽きたら、ジンギスカンはいかがでしょう。

ビールが、また違った美味しさに感じられるかもしれません!

出典:captainstag

牛豚鶏とありながら、専用鍋があるのは羊だけ。ここに着目したわけではないのでしょうが、キャプテンスタッグからジンギスカン鍋が発売されました!

しかもキャプテンスタッグのグリル「ファストBBQ」に、ピタッと見事にシンデレラフィット。お隣の空きスペースには串を置いて、別メニューを同時に焼き焼きすることも可能です。

出典:captainstag

単体なら七輪でも使えるというあたりも、飲兵衛との高い親和性を感じますね。ジンギスカンという新たなちょい焼きスタイル、取り入れてみませんか?

ITEM



キャプテンスタッグ 鋳物 角型ジンギスカン鍋
●サイズ:(約)290×290×高さ38mm
●重量:(約)3kg
●付属品:フックハンドル
●材質/鋳鉄

<!–

–>

チャキチャキ焼き鳥つくっちゃおう!ロゴス「炭火もも焼き器」

出典:LOGOS

こちらはロゴスから登場した粋なアイテム! 焚き火を利用して本格的な焼き鳥がサッと作れる、その名も「炭火もも焼き器」です。

Instagram Photoこちらはステンレスの網の中に食材を入れて焼くだけで、手軽に炙り料理ができるというすぐれもの。持ち手がついていて鍋のように振れるので、焼き網に置くより焼き具合の調整もしやすそうです。

撮影:編集部

その他の用途としては、ポップコーンを作ったりすることも。蓋つきなので、ポンポンと飛んで行く心配もありません!

出典:LOGOS

コーヒー豆をローストしたり銀杏を炒ったりと意外な使い方も多い、ユニークなアイテムです!

ITEM



ロゴス 炭火もも焼き器
●総重量 : 約610g
●サイズ : 約42×16×6.5cm
●内寸 : 約19×15×5.5cm
●収納サイズ : 約26×16×7.5cm
●持ち手長さ : 約20.5cm
●主素材 : ステンレス、スチール

<!–

–>

三種三様の酒活を楽しもう!

出典:snowpeak

しっぽり飲みにパーティー、さらに変化球的おつまみを楽しめるものと三種三様のNEW酒つまアイテムが出揃いました。さあ、どのアイテムで酒活を充実させますか?

 

New Gears For Drink Campers!

新作酒つまギア登場!

Source: CAMP HACK

2019年スノーピーク新製品の進化が止まらない!家でもキャンプでも活躍する画期的アイテムに期待

スノーピークの2019年新作アイテムが粒ぞろい!



「エントリー2ルームエルフィールド」を発表し話題を呼んでいるスノーピークから、来季新製品ラインナップが公開! その中から、気になったアイテムをピックアップしてご紹介します。


手頃な価格ながらもスノーピーク製品の質の高さが感じられるエントリーラインもますますパワーアップ。ベテランキャンパーも目を奪われる革新的なバーナーもスタンバイ中です。

まずは、大型の難燃タープからご紹介します。

雨の日だってタープ下で焚き火を!「TAKIBIタープ オクタ」



ついにスノーピークから難燃性の大型タープが登場! その名も「TAKIBIタープ オクタ」。オクタ=八角形の変形デザインで、ゆとりある居住空間を確保できます。



付属の難燃性インナールーフとタープ本体の2重構造になっており、火の粉が舞い上がってもタープに燃え広がる危険性を軽減してくれます。

またこの2重構造の幕は、焚き火を楽しむためだけでなく真夏にもその効果を発揮! 遮光効果もアップし夏の厳しい日差しも和らげ、オールシーズン快適なリビングを作ってくれます。

【TAKIBIタープ オクタ】
●セット内容:タープ本体、インナールーフ、自在付ロープ(二股用10m×2、二股用7m×2、3m×4、2m×4)、キャリーバッグ、ポールケース、ペグケース
●タープ本体素材:210Dポリエステルオックス・PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム・テフロン撥水加工・UVカット加工
●インナールーフ素材:ポリエステル、コットン混紡
●収納ケースサイズ:82×26×25(h)cm
●重量:8.7kg
●対応人数:6名
●価格:69,800円(税抜)
製品の詳細はこちら

ソロキャンパーに朗報!寝室+リビング一体型「ヘキサイーズ1」



「来年はソロキャンプにチャレンジしてみよう!」そんな気分にさせてくれるのは、ソロテントながら最大幅340cmほどの前室も確保されている「ヘキサイーズ1」。



変形六角形タープに付属の吊り下げ式インナーテントを設置すると、前室には一人分のチェアとテーブルを置けるほどのスペースが広がります。

インナーテントは、フルクローズとフルメッシュにも対応できるという自由度の高さ! もちろんタープ単体での使用もできるので幅広いシーンで活躍してくれそうです。

【ヘキサイーズ 1】
●セット内容:フライシート自在付ロープ付(1m×2、0.4m×2)、インナーテント、アルミポール(210cm×1、120cm×1)、自在付ロープ(二股用9m×1、二股用5m×1、2.5m×5)、ジュラルミンペグ(21cm×11)、キャリーバッグ、ポールケース、ペグケース
●フライシート材質:210Dシリコンポリエステルオックス、遮光ピグメントPUコーティング耐水圧3,000mmミニマム・テフロン撥水加工、UVカット加工
●ドアパネル材質:75Dポリエステルタフタ・PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム・テフロン撥水加工・UVカット加工
●インナーウォール材質:68Dポリエステルタフタ
●ボトム材質:210Dポリエステルオックス・PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム
●ポール材質:A6061(Φ22mm)
●キャリーバッグサイズ:61×18×22(h)cm
●重量:5.4kg
●価格:39,800円(税抜)
製品の詳細はこちら

ついに初心者向けのファニチャーも!「エントリーIGT」&「FD ローチェア」



スノーピークのド定番ファニチャー現行品の「IGTスリム」と「FD チェアワイド」がエントリー向けに変身!



新作「エントリーIGT」は、2017年に発売された「IGTスリム」と同様に天板を3つに分け、「グリルバーナー雪峰苑」などの調理道具を組み込めるシステムデザインを採用。

天板サイズ885×440mmと2人でゆったりと使用できます。テーブルの上で快適に調理を楽しめるように、側面にはガスカートリッジが取り付けられるレール付き。



他にも現行品の「マルチファンクションテーブル」と連結もできるので、人数やスタイルに合わせて拡張を楽しみたいですね。

【エントリーIGT】
●セット内容:本体、天板(1ユニット×2、ハーフユニット×2)
●材質:集成材、アルミニウム合金、スチール(クロームメッキ)
●サイズ:885×440×390(h)mm
●収納サイズ:832×440×50(h)mm
●重量:6kg
●価格:16,800円(税込)
製品の詳細はこちら


「エントリーIGT」と合わせて使いたい「FD ローチェア」も新登場! 定番の「FDチェアワイド」同様のワイドな座面のローチェアです。独自のフレーム構造で、設置も片付けも楽々。ゆったりとしたキャンプ時間を過ごせそうです。

【FDローチェア】
●材質:本体/アルミニウム合金、シート/ポリエステル帆布、アームレスト/ポリエステル帆布・ウレタンフォーム
●サイズ:595×535×700(h)mm(シート高310mm)
●収納サイズ:535×160×545(h)mm
●重量:3.4kg
●価格:12,800円(税込)
製品の詳細はこちら

上質なラックを持ちだそう「ワンアクションラック」



インテリアとしても存在感抜群な「ワンアクションラック」は、組み立てのシンプルさが魅力!

収束型のフレームを広げ、天板を2枚載せるだけで完成です。散らかりがちな小物アイテムや収納ボックスをラックにまとめれば、サイトが見違えるようにスッキリとまとまります。



下段のラックは、先ほど紹介した「エントリーIGT」とほぼ同じ高さのため一緒に使用すると快適な動線を作ることができます。

キャンプに行かないときは家での収納ラックとして。毎日に寄り添ってくれる「ワンアクションラック」は、お値段56,800円(税抜)です。

【ワンアクションラック】
●材質:フレーム/アルミニウム合金(アルマイト加工)、ステンレス 天板/天然木
●セット内容:天板(上)、天板(下)、フレーム
●サイズ:102×36×83(h)cm
●重量:10kg
●価格:56,800円(税抜)
※発売時期未定

これがカセットコンロ!?「HOME&CAMPバーナー」



寒い今の季節、お家でカセットコンロが大活躍しますよね! しかし、そんなカセットコンロも夏場はキッチンにしまいっぱなしのご家庭も多いのではないでしょうか?

準備と点火に手間がかからないカセットコンロはキャンプでも重宝しますが、コンパクトに収納できないことが少しネックに感じることも。



そんな悩みに解決の一手を差し伸べてくれるのが、こちらの「HOME&CAMPバーナー」。なんと収納サイズは……



ご覧の通りのコンパクトさ! 収納時108×88×254mmとバッグに気軽に入れて持ち運ぶこともできます。



この収納を紐解いていくと、CB缶をセットする本体部分にゴトクが出現。



重心を低くとり本体の脚を含めた4つの支点で支えられているので、大きな鍋を置いてもしっかり安定。これまでに無かった革新的なデザインに目を引かれますね。

カラーは2色展開なので、お家のキッチン用品、また手持ちのキャンプ道具に合わせてチョイスしてみてはいかがでしょう。

【HOME&CAMPバーナー】
●材質:ステンレス、スチール、アルミニウム合金、ブラス、樹脂、ゴム
●サイズ:346×301×108(h)mm
●収納サイズ:108×88×254(h)mm
●重量:1.5kg
●出力:2,300kcal/
●価格:9,980円(税抜)
※発売時期未定

焚き火のお供に「TAKIBI Myテーブル」



現行品の「Myテーブル竹」を焚き火シーンに対応できるようアップデート! 天板、脚部ともにオールステンレスで仕上げられた「TAKIBI My テーブル」は、熱々のダッチオーブンを直置きしても問題のないタフさが魅力です。



別売りの「ステンレストレー1ユニット」を一緒に使用すると、写真のように2段構造のテーブルにカスタマイズすることも。飲み物を下段に置いておけば、飛んでくる火の粉の侵入を防ぐこともできますよ。

【TAKIBI Myテーブル】
●材質:天板/ステンレス、スタンド/アルミ合金、カバー/ポリエステル
●本体サイズ:496×332×400(h)mm
●収納サイズ:455×332×78(h)mm
●価格:14,800円(税抜)
製品の詳細はこちら

【ステンレストレー1ユニット】
●セット内容:ステンレストレー
●材質:ステンレス
●サイズ:25036015(h)mm
●価格:3,200円(税抜)
製品の詳細はこちら

インドア・アウトドアの垣根を越える。2019年もスノーピークから目が離せない

今回ご紹介した他にも新製品が続々と待機しています。キャンプの垣根を越え、毎日の暮らしにもフィットする機能美ギアに期待が高まるばかり。

新製品が気になる方は、スノーピークからの続報を待ちましょう。

スノーピーク公式サイトはこちら
新製品が全て掲載されている「2019 Outdoor Lifestyle Catalog」の入手方法についてはこちら

最初のひと張りに!新モデル「エントリー2ルームエルフィールド」

秋冬にも対応できるスペックと抑え目な価格のグッドバランスに注目です。

Source: CAMP HACK

スノーピーク×ダナー防水コラボブーツ登場!シューレースに秘密あり【アウトドア通信.144】

2018年6月9日発売!野遊びを楽しめる防水コラボブーツ



世界から愛される日本のアウトドアブランド「Snow Peak(スノーピーク)」と米ブーツブランド「Danner(ダナー)」がタッグを組んだコラボブーツが登場!

メンズ・レディースサイズで展開されるブーツは2018年5月18日から予約受付、2018年6月9日に販売を開始します。



真摯にものづくり取り組む2社のコラボブーツとなればスペックに注目したいところ。厳しいアウトドアの中でも対応できるダナーブーツの機能性と、スノーピークの遊び心が掛け合わされたスペシャル仕様のようです。

では、早速コラボブーツの詳細を見ていきましょう。

キャンプも街もコレ1足で!ハイスペックだけどお値段控えめ「DANNER FIELD PRO.」



今回発売の「DANNER FIELD PRO.」は、スノーピークとダナーに「都会と自然を行き来する」という共通テーマがあったことにより実現。

街履きとしても馴染むスタンダードなデザインに、ダナーが世界で初めてブーツに取り入れたことでも知られている「ゴアテックス」を採用。防水仕様なので、雨の中での着用も心配ありません。



さらにブーツの履き心地を左右するソールには「ビブラムソール」を採用。優れたグリップ力と耐久性で、ぬかるんだ地面でも安定感があります。

ブーツに自在パーツが!?注目したいコラボポイント



コラボブーツならではのポイントとしては、シューレース部分にスノーピークの自在パーツが付属。キャンプ的要素を街でもさりげなく主張できるキャンパーにとってたまらないデザインです。



シューレースは、無地とカラーが1本ずつ付属していて気分によっての変更が可能。ホールが上部まであるので、しっかりとシューレースを結べばフィット感を強化できます。



防水ブーツでハイスペックながらも、価格は¥28,800。ダナーのブーツ価格を知っている人ならお値段に驚いた方もいるのではないでしょうか?

実はブーツの生産国をアメリカからベトナムに変更したことにより、ダナーの従来品と同じ高品質を保ちながらも価格が抑えられています。その他、細かい箇所の違いはこちらの記事をチェックしてみてください。

気軽に街も自然も楽しめるブーツを手に入れるなら、この選択肢を検討してみてはいかがでしょう。

「DANNER FIELD PRO.」「W’s DANNER FIELD PRO.」
●店頭価格:¥28,800
●サイズ展開:メンズ(6H,7,7H,8,8H,9,9H,10,11)レディース(6,6H,7,7H,8)
●販売店舗:スノーピーク直営店、オンラインストア、全国お取り扱い店舗
●予約開始日:2018年5月18日
●発売日:2018年6月9日に販売

【製品についてのお問い合わせ先】
スノーピーク フリーダイヤル:0120-010-660
CAMP HACKトップはこちら

CAMP HACKトップページではアウトドアアイテム情報も満載! ぜひチェックしてみてください。

Source: CAMP HACK

スノーピークの自信作!2018年新製品「エントリーパック TT」【アウトドア通信.116】

「 エントリーパック TT 」全国一斉事前予約スタート!



創業60周年を迎えるスノーピークより、2018年の新製品の中でも一際注目を集めている「エントリーパック TT」の先行予約受付が2月28日(水)より全国の取扱店にてスタート!


「まだキャンプをしたことがないすべての人に、野遊びの歓びを伝えたい」という想いのもと生み出されたテント・タープのセット「エントリーパック TT」。

初めてのキャンプへのハードルを下げてくれるような、手の届きやすい価格帯「,800円(税別)」に、必要な耐久性と機能性が備わり、スノーピークの新定番アイテム誕生を予感させます。

「エントリーパック TT」のセット内容って?



「エントリーパック TT」は、4月に発売予定のNEWテント「ヴォールト」とタープがセットに。

入門用テントとしては、スノーピークのベストセラーモデル「アメニティドーム」を連想しますが、こちらの「ヴォールト」も新しいキャンプの歴史を刻む逸品になるのでしょうか。

まずはヴォールトのスペックをみてみましょう。

ヴォールト


ヴォールトは、2018年の新製品。フレームはたった3本とカマボコ型のシンプルなフレーム構造です。「アメニティドーム」よりもポール1本、ペグダウンも2本少なく、まさに初心者に優しい設営が魅力的です。


寝室部分は4人での使用に対応しています。

インナーテントは吊り下げ式。室内高は150cmなので、女性の方でも簡単に取り付け作業ができます。

前室部分もしっかりと確保されているので、ギア置き場として活用できます。

もちろんインナーテントを付けずにシェルターとしても使用可能。夏場はこの設営スタイルで中にコットを置いて就寝したりと、幅広いシーンを楽しめます。

【ヴォールト】
● セット内容:テント本体、フレーム長(×1)、フレーム短(×2)、ジュラルミンペグ(×28)、自在付ロープ(2.5m×10、3.5m×6) 、リペアパイプ(×1)、キャリーバッグ、フレームケース、ペグケース
● 材質:本体/75Dポリエステルタフタ、PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム・テフロン加工、UV加工 インナーテント/68Dポリエステルタフタ、ボトム/210Dポリエステルオックス、PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム、フレーム/A6061(φ13mm)
● 収納サイズ/60×23×23(h)cm
● 重量:7.65kg
● 対応人数:4名
●価格:29,800円(税別)

製品の詳細はこちら

グループキャンプで場所が限られているときや、車への積載量を減らしたいときは、ヴォールトだけでもキャンプが楽しめます。

ゆったりと団らんの時間を過ごしたい時は、セットのタープと連結しリビングスペースを作りましょう。

タープ


ヘキサタープは、280cm、240cmのポールが付属。

テーブルの周りに4脚のチェアを置いてもゆとりある空間が生まれます。

タープには「コネクションテープ」が付属していて、見た目にもスマートなテントとの連結が手軽に行えます。

今回「エントリーパック TT」の価格が49,800円(税別)、ヴォールトの価格が29,800円(税別)ということを考えると、タープは20,000円……とかなりお得です。

お得な理由は…?



製品永久保障があるほど品質にこだわっているスノーピーク。「この手に取りやすい価格帯は、品質に比例するのでは……」なんて心配は不要です。

新しく生産ラインを増やし、品質テストを数年にわたり繰り返し安定的な供給を可能に。すべては自然の中にいる心地よさを多くの人に知ってほしいという想いからだそうです。

野遊びの一歩は、スノーピークから


春といえば、気温も温かくなりキャンプのベストシーズンを迎えます。この夏キャンプデビューをお考えの方、新しいスタイルで今年は楽しみたいという経験者の方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

【エントリーパック TT 事前予約】
開始日:2018年2月28日(水)~
実施店舗:スノーピーク直営店、スノーピークストア、ショップインショップ、その他取扱店
先行予約実施店舗一覧: https://www.snowpeak.co.jp/sp/entrypacktt/
「エントリーパック TT」の製品詳細はこちら

【エントリーパック TT】
「テント」
● セット内容:テント本体、フレーム長(×1)、フレーム短(×2)、ジュラルミンペグ(×28)、自在付ロープ(2.5m×10、3.5m×6) 、リペアパイプ(×1)、キャリーバッグ、フレームケース、ペグケース
● 材質:本体/75Dポリエステルタフタ、PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム・テフロン加工、UV加工 インナーテント/68Dポリエステルタフタ、ボトム/210Dポリエステルオックス、PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム フレーム/A6061(φ13mm)
● 収納サイズ/60×23×23(h)cm
● 重量:7.65kg
● 対応人数:4名

「タープ」
● セット内容:タープ本体、コネクションテープ、スチールポール(280cm、240cm)、スチールペグ30(×8 )、自在付ロープ( 二又用10m×2、3m×2、2m×2) 、キャリーバッグ、ポールケース、ペグケース
● 材質:本体/210Dポリエステルオックス、PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム・テフロン加工、UV加工
● キャリーバッグサイズ/80×17×22(h)cm
● 重量:7kg
● 対応人数:4名

CAMP HACKトップはこちら

CAMP HACKトップページではアウトドアアイテム情報も満載! ぜひチェックしてみてください。

Source: CAMP HACK

スノーピークが野遊びをサポート!最新情報が届く公式アプリをリリース【アウトドア通信.111】

ついに登場!もっと身近になる「スノーピーク」の公式アプリ



スノーピークの気になる情報が毎日あなたのスマホへ! スノーピーク初となる公式アプリが2018年3月1日よりダウンロードを開始します。

もっと野遊びが好きになる、そんな情報と機能がそろった公式アプリの全貌を少しだけお届けします。

「ホーム」画面には知りたい最新情報が盛りだくさん!



まずは、アプリを起動した際のホーム画面をご紹介。ホーム画面には、スノーピークをもっと身近に感じるイベント情報や、注目の新製品、さらにはお得なお買い物情報まで、最新の情報を手に入れることができます。

あのアイテムが気になる!は「プロダクト」ページをチェック



気になるスノーピーク製品について知りたい場合は「プロダクト」をチェックしてみよう。プロダクトではスペック情報とともに、製品開発者より製品に込めた想いを受け取ることができます。

製品を通して繋がりを深く感じ、今まで知らなかった新しい魅力を発見できそうですね。

「チェックイン&マイページ」機能でより便利に!



製品の実物をチェックしたい場合は、ショップまで足を運んでみよう。”キャンプの帰り道に近くのショップに寄って帰りたい”なんて時も検索はお手のもの。営業時間や場所をスムーズに確認することができます。

さらにこれまでのカード式のポイントカードもアプリ機能に統合! 過去の購入履歴の確認や、次の会員ランクまでのどのくらいポイントが必要なのかをいつでも確認できるようになります。

他にも店舗に足を運びスマホで”チェックイン”することでポイントがプレゼントされたりと(※ポイントの付与は、1店舗につき1日1回のみ。)、嬉しい特典も盛りだくさん。今からダウンロードを心待ちにしたいですね。

ダウンロード開始日:2018年3月1日(木)
スノーピーク公式アプリの詳細はこちら

【アプリダウンロード特典】
スノーピークポイント100ポイントプレゼント!
期間:2018年3月1日(木)~3月31日(土) ※期間中、1会員様1回のみ。
CAMP HACKトップはこちら

CAMP HACKトップページではアウトドアアイテム情報も満載! ぜひチェックしてみてください。

Source: CAMP HACK

【今ならお得】スノーピーク”限定セット販売”で、憧れギアを割安にGET!

アイキャッチ画像出典:snowpeak

スノーピークの「2018 野遊びセット」がお得!

キャンプを始めようと思い立ったら、テントをはじめまず最初にチェックする人も多いであろうメーカーがスノーピーク。高品質とスタイリッシュさゆえに、ひとつひとつのアイテムは決して安くないと感じる方もいるかもしれません。

出典:snowpeak

そこで、定番ドームテントや焚き火テーブルなど人気アイテムがセットになった「2018 野遊びセット」に注目です。

値引率はいずれも15%前後ではありますが、スノーピークアイテムは大幅に値引きされる機会が少ないことを考えると、紛れもないチャンス! 一部セット内容を、割引率とともにチェックしていきましょう。

こんな人におすすめの記事です

・お得に買えるチャンスを待っていた方
・キャンプを始めようとグッズを探している方
・狙っていたスノーピークアイテムがある方

テントこそお得なセット買いを!

メッシュシェルタースターターセット

出典:snowpeak

ファミリーキャンプの定番とも言えるアメニティドームMと、機能的タープとして使えるメッシュシェルター。

トンネルでの連結も可能なこの二つは、季節・気温に合わせたキャンプスタイルができて便利です。

出典:snowpeak

【お得度をチェック!】
通常価格との差額:20,952円お得
割引率:14%OFF

ランドロックセット

出典:snowpeak

大人数でのキャンプがメインなら、あらかじめオールインワンテントも視野に入れると◎。中でも内部広めで耐久性バッチリのランドロックはおすすめです。

お値段高めなテント、しかもインナー・グランドシートはマストと考えるとセット買いが賢い!

出典:snowpeak

【お得度をチェック!】
通常価格との差額:33,912円お得
割引率:17%OFF

スタイリッシュなテーブル・チェアもセットでお得

ロースタイルセット

出典:snowpeak

ローチェア30にワンアクションテーブル竹、どちらもスノーピークを代表する人気ファニチャーもセットでお得になっています。キャンプはもちろん、庭先やデイキャンプもかっこよくキマりますよ。

出典:snowpeak

【お得度をチェック!】
通常価格との差額:9,180円お得
割引率:15%OFF

ジカロセット

出典:snowpeak

焚き火を囲んだりバーベキューが楽しめる「ジカロテーブル」。使い勝手に合わせて変形できるなど、様々なアレンジも楽しめます。

連結できるマルチファンクションテーブル・脚もセットになっているのが嬉しい!

出典:snowpeak

【お得度をチェック!】
通常価格との差額:8,748円お得
割引率:16%OFF

ソロキャンプを盛り上げてくれるセットも発見!

ソロトレッキングセット

出典:snowpeak

今年はソロキャンプ・トレッキングを始めたい……と計画中の方におすすめなのが、シングルストーブのセット。わずか88gと軽量ながら、そのパワーはお墨付き。

着火をサポートしてくれるオートイグナイタ付きで、高地エリアでの使用にも対応!

出典:snowpeak

【お得度をチェック!】
通常価格との差額:1,328円お得
割引率:15%OFF

MYセット

出典:snowpeak

キャンプの夜、しっぽりと晩酌を楽しみたい方にはこちら。ソロにちょいどいいサイズ感の「Myテーブル竹」と「Myプレート」。「ノクターン」の灯りを眺めながら、気分良く飲めること間違いなし!

出典:snowpeak

【お得度をチェック!】
通常価格との差額:3,326円お得
割引率:15%OFF

狙っていたあのスノーピークアイテムもセットに!?

フィールドオーブンセット

出典:snowpeak

定番名品のスノーピークの「焚火台」。持っている方は、セットで使える「フィールドオーブン」を追加してみてはいかがでしょうか。いろいろな種類のピザ作りに挑戦してみましょう!

出典:snowpeak

【お得度をチェック!】
通常価格との差額:5,832円お得
割引率:16%OFF

ほおずきセット つち

出典:snowpeak

コロンとしたフォルムが可愛いLEDランタン「ほおずき」。灯りは三段階に切り替え可能で、キャンプはもちろん、寝室のサイドテーブルとしても使えますよ。

ちょっとした灯りが欲しい時に便利な「たねほおずき」もセットに。

出典:snowpeak

【お得度をチェック!】
通常価格との差額:3,132円お得
割引率:15%OFF

コーヒーセット

出典:snowpeak

朝のコーヒーを楽しみにキャンプへ行く方も多いですね。スノーピークならではの機能美でさらにおいしくコーヒーが味わえる、ドリッパーとミルクフォーマー・チタンマグのセットです。

出典:snowpeak

【お得度をチェック!】
通常価格との差額:1,847円お得
割引率:15%OFF

欲しかったスノーピークアイテムをお得なセットでゲット!

ひとたび始めると、必要なもの・欲しいものが芋づる式に増えていくのがキャンプの常。ならば始めから、お得なセットで揃えてしまいませんか? 在庫のあるうちが勝負、今すぐスノーピークのサイトをチェック!

スノーピーク「2018 野遊びセット」販売サイトはこちら

お得を狙うなら「ふるさと納税」にも注目

定番のドームテントやワゴンなどベーシックなアイテムはもちろん、高額国産シュラフまでが実質2,000円で手に入るチャンス。節税対策にもなる、良いことだらけのふるさと納税も見逃せない!

Obtain The Items Of snowpeak Advantageous!

スノーピークがセットでお得

Source: CAMP HACK

四国初!スノーピークのキャンプ場&直営店が4月末にオープン【アウトドア通信.104】

スノーピーク5ヶ所目となるフィールドは「高知県越智町」



スノーピークが手がける5ヶ所目となるキャンプ場「スノーピークおち仁淀川キャンプフィールド」と、併設する直営店「スノーピークおち仁淀川」が2018年4月22日にオープン予定!

これまでも本社が位置する新潟を始め、豊かな自然のロケーションを活かしたキャンプ場を各地に生み出してきたスノーピーク。今回キャンプフィールド・直営店としては四国初となる出店と、このスペシャルな知らせに胸が高まるばかりです。

まずは、今回キャンプ場の舞台となる高知県越智町、仁淀川についてご紹介します。

日本一の清流「仁淀川」× スノーピークの野遊び



キャンプ場の建設地として選ばれたのは「日本一の清流」として名高い仁淀川。四国の豊かな山々に囲まれ、穏やかに流れる仁淀川が織り成す自然の美しさは、ここでしか味わえない四季を楽しませてくれます。



仁淀川の水はご覧のとおりの透明度で、見ているだけで心が安らぐような環境です。そんな豊かな自然と一体になって楽しむ、ラフティングのアクティビティもスタート予定。



”仁淀川ブルー”に包まれラフティングを楽しめば、息をのむ自然の美しさとともに、家族・友達と忘れられない思い出が生まれるのではないでしょうか。

そんなフィールドの基盤となるキャンプ場の詳細をみていきましょう。

新しい自然との出会いはキャンプ場から!



キャンプ場はオートキャンプサイト30区画と、隈研吾氏デザインのモバイルハウス「住箱」の宿泊棟が建設予定です。

オートキャンプサイトは山々の木漏れ陽の中、芝生の広がるエリアでキャンプを楽しむことができます。もちろん仁淀川に面しているので、その柔らかな川のせせらぎと共にキャンプを楽しむことができます。

<オートキャンプサイト>
サイト数:30区画 (1サイト 約120m2)
設備:炊事棟(温水利用可)トイレ(ウォシュレット完備)、シャワー等

 



さらにキャンプ道具を持っていない方にもオススメなのが、「住箱」を活用した宿泊棟。木で作られた新発想のトレーラーハウスは、より自然なに近い形で快適に過ごすことができます。



大きな窓から覗く仁淀川の美しさは、贅沢に自然をひとり占めしているかのような感覚を味わえそうですね。

<住箱サイト>
客室数:10室
定員:2名(最大4名)
室内備品:セミダブルベッド・エアコン・テーブル・チェア・マグカップ・シェラカップ・ケトル・ストーブ(冬季)・コンパクトバーナー・LEDランタン・小型ガスランタン・室内LED照明・電源コンセント・水洗手洗い場

※基本2名対象
寝具・マグについては追加人数分のシュラフの貸し出しも可能。

新しい野遊びフィールドで、もっと自然を身近に



併設の直営店ではスノーピークのアウトドアギア・アパレルが揃い、いつでも野遊びに行く準備が可能に。

さらに今年の秋に「コスモスまつり」などで知られる越智町、宮の前公園に「スノーピークかわの駅おち」もオープン予定! 高知県ならではの物産品が取り揃えられ、こちらにも「住箱」が展開。「スノーピークおち仁淀川キャンプフィールド」と2拠点で越智町を楽しむことができます。

今年は高知県へ、忘れられない野遊びをしにいこう!

【スノーピークおち仁淀川キャンプフィールド】
住所:〒781-1326 高知県高岡郡越知町片岡4番地
利用期間:通年
敷地面積:12,800m2
予約受付開始:2018年3月(予定)
おち仁淀川の詳細はこちら

【スノーピークおち仁淀川】
住所:〒781-1326 高知県高岡郡越知町片岡4番地
店舗面積:141.6m2(43坪)

CAMP HACKトップはこちら

CAMP HACKトップページではアウトドアアイテム情報も満載! ぜひチェックしてみてください。

Source: CAMP HACK

15時間も燃焼し続ける ちびストーブ「タクード」に感心してしまう

アイキャッチ画像出典:アウトドアーズ・コンパス

スノーピーク製石油ストーブ「タクード」の魅力

スノーピーク製の石油ストーブ「タクード」をご存知ですか? 2017年の新作としてデビューした石油ストーブで、他にない特徴を持ち、石油ストーブの新しいスタイルを提案したとも言える、独自性のあるアイテムです。

今回はこのタクードの詳細と、なぜ今おすすめしたいのかをご紹介します。

魅力その1.  車にも積み込みやすい絶妙サイズ

.さん(@quickoka)がシェアした投稿 – 11月 16, 2017 at 10:56午後 PST

スタイリッシュ

まずはやはり、サイズ感が特徴的です。直径38cmの円柱形で、高さは34cm。重さは6kgというコンパクトなサイズのストーブ。

高さは代表的なレインボーストーブで48.5cmあり、タクードと比べると14cm差もあります。身長が低いということは車にも積み込みやすいサイズ感。持ち運びにとても便利ですね。

魅力その2.  煮炊き用のコンロとしても使える

tomo3さん(@tomo3family)がシェアした投稿 – 1月 12, 2018 at 5:01午前 PST

石油ストーブを使っている人には定番な活用の仕方が「煮炊きコンロ」としての活用。このタクードでも同様の活用の仕方が推奨されていて、ぐつぐつ煮込む料理ならこのタクードで調理ができるんです。

吹きこぼれても燃焼筒には落ちない設計にもなっており、ケトルでお湯を沸かしたり、鍋での煮込み料理をする際にも安心して使用することができます。もちろん画像のように簡単な焼き物もできちゃいます。

魅力その3.  IGTシリーズにドッキング可能

このストーブの醍醐味は、スノーピークの人気キッチンシステム「アイアングリルテーブル(IGT)」にドッキングして使用することができること。これは調理する際にとても便利!

写真のように、テーブルの天板とほぼフラットになるので、鍋の移動などでぶつけることもありません。タクードで調理をすることをよく考えられており、スムーズな導線が確保されています。

魅力その4.  連続15時間の燃焼時間

燃焼時間

燃焼時間ですが、タクードは燃料3.1ℓで連続15時間もの間、燃焼を継続してくれるので、燃料コスパはなかなか優秀。アラジンストーブは4.1ℓで連続15時間、アルパカストーブは6.0ℓで連続15時間。背が低い分燃焼時間も短いと思われがちですが、しっかり15時間燃焼してくれるのは驚きです。

魅力その5.  カッコかわいい愛着が持てるデザイン

金属の柵部分が重なっているメタリックなデザインは男心をくすぐる格好良さがあります。そしてこの背の小ささは憎めない可愛らしさも兼ね備えていますね。

値段はかわいくない

見た目はかわいいのに、お値段はあまりかわいくないのが残念なところ。そのお値段は39,800円(税別)。アラジンストーブと同じくらいの値段です。アルパカストーブと比べると2倍ほどしてしまいますね。

ITEM

スノーピーク タクードストーブ KH-002BK
●サイズ:380×380×340(h)mm
●重量:6kg
●油タンク容量:3.1L
●燃焼継続時間:約15時間

こんな裏技も

スノーピークで販売しているレインボーストーブバッグ(¥9,800税別)が、タクードにも応用できるという裏技も。空いた上部の空白に、煮炊きする鍋などをセットに収納することができるので、かなり使える収納方法ですね。

点火のやり方

点火方法

出典:solo×niwa

燃料を入れてから初回使用時は20~30分、芯に石油を吸わせ、その後ダイヤルを右に回して芯を出します。カバーを少しだけ持ち上げて点火。一般的な石油ストーブと同じような手順です。

点火方法

出典:solo×niwa

点火方式はマッチ等による点火棒での操作を行います。ここで便利なのがSOTOのガスマッチ。先端が伸びることで着火マンになるんです。ガストーチとは違い、ライターのような火が出るのでまさに石油ストーブの着火には最適なアイテムです。(参照:solo×niwa

SOTOのスライドガストーチと同様に、カセットガスから燃料補充ができるという優れものです。2台持ちで用途ごとに使い分けても良さそうですね。

ITEM

ソト SOTO スライドガスマッチ ST-407LV
●サイズ : 幅35×奥行18×高さ100〜165mm
●重量 : 40g
●連続使用時間 : 20秒以内
●使用燃料 : 経済的なカセットガス、ライター用ガス

キャンプで今まで100円の物を、使用していました。
こちらのお値段なら100円でもかなりの回数購入できるとなかなか購入に踏み切れなかったのですが、色んな所での口コミを見て試しに購入しました。
ガスの補充も簡単ですし、コンパクトになるし、押しやすいしといいことだらけでした。もっと早くに購入しておけば良かった。

気になるのは「暖かさ」

暖かさ

出典:solo×niwa

タクードの実力ですが、他のストーブの出力と比較してみましょう。価格帯が同じアラジンストーブの出力は2.68kw/hですが、タクードは2.15kw/h。他のストーブと比べるとパワーは少し劣るのが気になる点です。

大きなシェルターでは完全には内部を暖めるのは難しいかもしれませんが、用途を調理コンロ兼ストーブとして考えれば多少は納得できるかもしれません。室内で使用する分には十分なレベルで暖めてくれるという口コミも。

気をつけたいこと「使用できるシェルター」

タクードが使用できるシェルターは、スノーピーク製のシェルター(リビングシェルなど)、2ルームシェルター(ランドロックなど)に限られています。

テントの中で使用してしまうと不完全燃焼になったり、タープ下で使用すると風の影響を受けてしまい危険です。使い方に注意しましょう。

対応シェルターの詳細は公式サイトに明記されているので、こちらから確認してみてください。

在庫も限りがあるようです

コンパクト

現在(2018/1/22)東京の店舗だけ見てみると、スノーピーク昭島アウトドアヴィレッジ店しか在庫がない様子です。他府県にはまだ在庫のある店舗もありますが、見つけたら保護してあげるのがいいかもしれませんね。直営店の在庫を調べる方はこちらから。

スノーピークファンは要注目! タクードは魅力満載

タクードは、IGTシリーズを使用している方、コンパクトな石油ストーブを探し求めていた方、煮炊き調理をしたい方におすすめのストーブです。値段はかなりお高いですが、この先のレア度やデザイン性など考慮すれば今がチャンスかもしれません。もし発見したら検討してみては?

4大人気の石油ストーブ比較はこちら

タクードでは価格が高すぎる……という方はこちらの記事でさらに比較してみてはいかがでしょうか。

If you get a Takudo as soon as possible!

タクードをゲットするならお早めに!

Source: CAMP HACK