スバル

世界が注目する『東京モーターショー2019』でアウトドア派に強い味方となる新型をリサーチ!

アイキャッチ・記事中画像撮影:澤田聖司

年に一度のクルマの祭典に潜入!



2019年10月23日から12日間にわたり東京ビッグサイトで『東京モーターショー2019』が開催されました! 今回のテーマは「OPEN FUTURE」。

来場者数は130万人を超え、大いに盛り上がりを見せたようです。どんなニューモデルが発表されたのか、気になる会場内をリポートします!

未来を感じるブース



会場内では、未来の暮らしや街の景色がよりリアルなものとなるように、未来型コンセプトカーの展示や3D体験など各ブースごとに工夫が凝らされていました。



屋外ブースにはキャンプ仕様のカスタムカーを発見! アウトドア派のユーザーたちで盛り上がっていました。

それではお待たせしました、注目の最新モデルをご紹介します!

【スズキ】オフロードカスタムのハスラー


ハスラーのコンセプトカーは、ルーフキャリアやオフロードタイヤを装着し、キャンパー好みの仕様です。


なんともキュートでおどけた印象に映る丸型ヘッドライト。

ボディカラーをインパネ周りにも使用することでスタイリッシュなインテリアとなっています。

何と言ってもアウトドア感を演出しているのはマットブラックで塗られたルーフキャリアですね。

よくよく見るとボディ部分にハスラーの文字が! モノグラム調に印字されており、細部までこだわった一台です。

【ホンダ】あの名車が復活!?

ホンダは乗り手の心地よさを追求した新型フィットの発表がありましたが、新たなキャンパー向きのクルマは発表がありませんでした。


と思いきや、気になるバイクを発見! ハンターカブの愛称で知られ、いまだに中古車市場でも人気のある往年の名車「CT110」が復活!?

「CT125」と改め、現代の技術で復刻したコンセプトモデルですが、もし再販となるとファンにとっては大きなニュースになりそうです。

【ニッサン】電動づいたEVクロスオーバーコンセプトモデル

新型EVモデル「アリヤ」


『ニッサン インテリジェント モビリティ』から発表された「ARIYA(アリヤ)」は、前後に高出力電動モーターを搭載したツインモーター4輪制御システムを採用。さらに渋滞時はハンズオフ走行が可能な「プロパイロット2.0」も搭載されるという、エコで最新機能をふんだんに盛り込んだコンセンプトモデルです。

ニッサンはオリジナルグッズが面白い!


ニッサンのブースでは、クルマ以外にもユニークなアイテムが目立っていました! 世界的名車である「スカイラインGT-R」の歴代のテールランプをイメージした小皿やピンバッジ。

「フェアレディZ」の50周年を記念してメリーチョコレートとコラボした「日産ファンシーチョコレート」なんて、食べるのがもったいないものも。

東京モーターショー限定の「スカイライン2000GT-R」のイラストTシャツもあり、クルマ好きなら欲しくなるグッズが盛りだくさんでした!

次は世界初公開のコンセプトカーがあった、三菱のブースへ行ってみましょう。

【三菱】初公開だらけなコンセプトカー3モデルを披露

バギータイプの電動SUV「マイテックコンセプト」


世界初公開となるスモールサイズの電動SUVコンセプトカー「マイテックコンセプト」。「光と風を感じながら大地を駆け抜ける電動SUV」をコンセプトに流線型のボディとコンパクトなサイズが大きな魅力です。

「マイテックコンセプト」の走行性能や運転性能をヴァーチャルリアリティ(VR)で紹介。よりリアルな走りを体感できるコーナーが設けられていました。

人気が出そうな「スーパーハイト軽ワゴンコンセプト」



「ekクロス」のようなSUVテイストのエクステリアと、車高の高さが特徴的な「スーパーハイト軽ワゴンコンセプト」も話題の一台。ゆったりとした車内空間は使い勝手抜群です。

次世代のSUVが登場「ミツビシ・エンゲルベルグ・ツアラー」


3月のジュネーブ国際モーターショーで世界初公開となった「ミツビシ・エンゲルベルグ・ツアラー」が日本でも初公開! 迫力のあるボディとフロントフェイスから“攻める三菱”を感じさせてくれました。ツインモーター4WDのPHEV車として次世代のSUVを牽引してくれそうです。

【マツダ】世界初公開の新型EVは走りも作りもエコだった!


マツダ初のフルEV車として発表された「MX-30」はクーペスタイルのSUV。「ヒューマンモダン」をコンセプトにEVという未来型ながらも人の手による温かみのある作りが大きな魅力。

ハイテクな機能性だけに頼ることなく、あえてドライビングの楽しみを追求したカタチがリアルに反映されたじつにマツダらしいクルマです。


マツダはインテリアに使用する素材選びにも注目しました。コンソールトレイに採用するコルクは新たな木を伐採することなく、表皮を剥いで作られたヘリテージコルクを使用。EVという環境に優しい走りだけでなく素材へのこだわりも必見です。

【スバル】あの人気車がハイブリッドシステム「e-BOXER」を搭載



外遊び好きのファッション業界人たちから厚い支持を受けている「XV」は、2.0L全車にe-BOXERを搭載! 運転がしやすくなるだけでなく、燃費向上にも大きく寄与してくれそうです。

【ダイハツ】日本国内では約22年ぶり!スモールSUV「ロッキー」が復活


ダイハツから新型SUV「Rocky(ロッキー)」が登場! じつはいまから約29年前に発売されていたのですが、残念ながら日本では7年ほどで販売終了。そして今回約22年ぶりに国内市場へと復活したんです。

基本性能や品質を高めた設計はもちろん、小さなスペースを最大に活かし、アウトドアや街でも使いやすいコンパクトSUVへと仕上がっています!

【メルセデスベンツ】欧州車の出展が少ないなか、賑わっていた世界のメルセデス


日本では高級車のイメージが先行するドイツ生まれのメルセデスベンツですが、製造の7割〜8割ほどは、タフに走る商業車が多いそう。それほどまでに作りに信頼の置ける自動車メーカーとも言えますね。

注目はフロントマスクが刷新され、燃費を向上させた「V-Class」! 高級感のあるレザーを基調としたインテリアと居住空間の広さは圧巻です。外遊びには気が引けそうですが、本来のタフな作りを考えれば持ってこいな1台なのかもしれません。

クルマ好きでなくても楽しめるテクノロジーの祭典が「東京モーターショー」


「OPEN FUTURE」をテーマとした東京モーターショー2019。各社、日進月歩で未来に特化した最新技術や安全装備の向上などに力を入れた新型を披露するなか、1980年代、1990年代のリバイバルとしてモダナイズされた隠れた名車が登場したりと見応え充分でした。

正直なところ、クルマ好きだけの展示会。という印象がありましたが、テクノロジーやデザイン、体験など、クルマ好きでなくても楽しめる内容が盛り沢山でしたね。

次回の開催は、2020年のオリンピック開催を跨いで、2021年。丸2年の間に、どれほど進んでいるか感じることができるのも楽しみです。

この記事が気にいったあなたに、オススメの3記事

Source: CAMP HACK

とことんアウトドア顔の新型スバル・フォレスター「X-BREAK」に首ったけ!

アイキャッチ画像出典:SUBARU

人気SUVの新型が好評だ!

SUBARU FORESTER X-BREAK
出典:SUBARU

世界的にも人気の高い車種として注目を集めているSUV市場。

あらゆるメーカーからさまざまなクロカン車が登場していますが、いつの時代もアウトドアマンから厚い信頼を得ているスバルより、「コレはいい!」と評判のクルマが発売されているんです。

あのフォレスターのアウトドア仕様車が「X-BREAK」

SUBARU FORESTER X-BREAK
出典:SUBARU

2018年夏にフルモデルチェンジを経て販売スタートとなった新型フォレスターは、スバルでいちばん売れてるクルマ。世界販売台数の3割を占めている主力商品です。

しかも、アウトドアを思う存分楽しめるスペックを持った「X-BREAK」グレードの登場が、キャンパーの心をざわつかせているようです!

それではさっそく、魅力を深掘りしてみましょう。

クロスオーバー感漂うオレンジ色のアクセント

SUBARU FORESTER X-BREAK
出典:SUBARU

まずはルックスから見ていきましょう。フォレスターX-BREAKの外見的特徴といえば、オレンジのアクセントカラーに尽きます。

エクストレイルしかり、デリカしかり、今やアウトドア仕様車の象徴ともなった感のあるオレンジですが、X-BREAKのさりげな使い方はまさに「大人のスポーティ」といった印象です。

外装で主張するオレンジが目をひく

SUBARU FORESTER X-BREAK
出典:SUBARU

フロントまわりではアンダーガードにオレンジの縁取り。サイド下部にもオレンジのアクセントが施されています。

リアバンパーのオレンジラインには2つの峰が設けられ躍動感アップ。ルーフレールのオレンジアクセントはとても新鮮ですね。

インテリアも随所にオレンジ推し

SUBARU FORESTER X-BREAK
出典:SUBARU

エアコン吹き出し口、センターコンソール、シートのステッチなど、インテリアにもオレンジは随所にあしらわれています。

落ち着いたブラックベースの内装を際立たせる躍動感があり、飽きのこないデザインですね。

キャンパーに刺さるディテールたっぷり

SUBARU FORESTER X-BREAK
出典:SUBARU

フォレスターX-BREAKにはキャンパーが喜ぶ、心憎い演出が随所にあしらわれているんです。ピックアップして見ていきましょう。

ロープホールを備えたルーフレール

SUBARU FORESTER X-BREAK
出典:SUBARU

こだわりのルーフレールには、なんと「ロープホール」が備わっているんです。使いやすいように計算されているので、カーサイドタープの支点としてもバッチリ。

ルーフレールの新たな可能性を感じさせてくれる、キャンパーにとってありがたい機能の一つです。

撥水のラゲッジフロアとシート


出典:SUBARU

アウトドアマンとしては、そもそも室内については「汚れる」前提で考えたいものです。

X-BREAKのラゲッジフロアは雨などの水気や泥汚れ、雪にも強い撥水加工になっているので、キャンプはもちろん汚れがちなスノーアクティビティなどにもばっちり対応しています。

SUBARU FORESTER X-BREAK
出典:SUBARU

さらに、撥水生地と合皮のコンビシートなので、雨に濡れた服で乗り込んでも問題なし! 汚れてもサッと拭くだけなんて嬉しすぎますよね。

荷室の両サイドに電源あり。リアシートには2つのUSBを配備。


出典:SUBARU

荷室の両サイドに電源ソケット。さらにリアシートにも2つのUSBスロットを配置しています。

電池切れで困りがちなスマホやLEDランタンなど、移動中にしっかりチャージできるので安心感が違いますね。

ちょっぴりデカくなって車載も向上

SUBARU FORESTER X-BREAK
出典:SUBARU

従来モデルに比べて、ややサイズアップした新型フォレスター。これによりキャンパーにとっての利便性も大きく向上したのです。

全体的に少しずつ大きく成長!

SUBARU FORESTER X-BREAK
出典:SUBARU

全長30㎜、全高と全幅で20㎜とトータルで少しずつサイズアップ。それでも、取り回しのよさはしっかりキープされています。

スバルならではの視界の良さは健在で、運転のしやすさも抜群です。

荷室の積載容量もアップ

SUBARU FORESTER X-BREAK
出典:SUBARU

X-BREAKの積載容量は520リッター。フォレスター従来型に比べ15リッター増になっています。

ちなみにトヨタ ハリアーの荷室は456リッター。マツダCX-5は505リッターで、比較すると新型フォレスターの荷室の広さが分かりますね。

さらに開口部も従来モデルにくらべ134㎜アップの1300㎜に。容量だけでなく積み込みやすさも進化しています。これで積載テトリスに頭を悩ます機会もだいぶ減りそうですね。

キャンプ往復の走りも快適そのもの

キャンプ場だけでなく、行き帰りもフォレスターX-BREAKなら快適そのもの。走りの良さもチェックしてみましょう。

新型アイサイト・ツーリングアシストを装備

SUBARU FORESTER X-BREAK
出典:SUBARU

先進安全性能で最先端を行くスバルらしく、アクセル、ブレーキ、ステアリング操作を自動制御してくれる「アイサイト・ツーリングアシスト」が備わっています。

区画線と先行車の両方をクルマが認識することで、渋滞から高速巡行までの運転負荷を大幅に減らす「全車速追従機能付きクルーズコントロール」もありがたい機能です

悪路走破性を高めるX-MODE

SUBARU FORESTER X-BREAK
出典:SUBARU

オフロードをワイルドに走れるX-MODEは、滑りやすい路面やタイヤが埋まるような悪路に対し、瞬時に道路状態を捉えて運転をサポートしてくれるモードです。

オフロードコースが設けられている場所で使えば、X-BREAKの走破性能を極限まで楽しめますよ。

ステアリングホイールのスイッチで切り替え自在


出典:SUBARU

駐車しやすくなるパーキングソナー、オーバースピードでカーブに入った際に滑りを防止するトラクションコントロール、アイドリングストップなどはステアリングホイールのスイッチひとつで制御可能。

ドライバーに安心感をもたらしてくれるこれらの機能で、キャンプ場との往復がより充実した時間となりそうです。

そんな満足度の高いX-BREAKですが、気になる点もまったくないわけではありません。

気になる点は……

かなり評価の高いフォレスターX-BREAK。一方で、ちょっと気になる点もありました。

2リッター車が選べれば……

出典:SUBARU

このX-BREAKは2.5リッターの直噴エンジンを搭載しています。とてもパワフルで走りやすいですが、やはり税負担が少ない2リッター車があれば……という人もいるのでは?

エントリーグレードがあればさらに選択肢が広がったかもしれませんね。

「どこにでも行ける、どんな場所でも使える」

SUBARU FORESTER X-BREAK
出典:SUBARU

クルマを運転していると、一緒に乗っている家族や仲間も心地よく乗ってほしいと思うことはありませんか?

フォレスターX-BREAKは、安全性・走破性・積載性の3拍子が揃っている安心の一台です。まさに、オートキャンパーが求めていたものを具現化してくれるこのクルマ。

アウトドアライフの相棒としてベストチョイスといえるのではないでしょうか。

さらに積載を求めるならワンボックス!

「とにかく荷物をたっぷり載せたい」ということであれば、ご存じハイエースも候補になってくるでしょう。

Let’s go out with SUBARU FORESTER X-BREAK!

スバル フォレスター X-BREAKで出掛けよう!

Source: CAMP HACK