ゼインアーツ

ソロ〜カップルキャンプに最適!タイプ別おすすめテント15選

アイキャッチ画像出典:instagram by@hermit_camper

ソロでもカップルでも、1つのテントで兼用できたら……。

出典:Instagram by@echo.mk_camp

今や、男女問わず「ソロキャンプ」を楽しむ時代。カップルであれ夫婦であれ、それぞれにソロキャンプも楽しむケースが増えてきていますよね。

出典:instagram by@steppy88camp

そこで、悩ましいのがテント選び。ソロ用とカップル用を別々に揃えるとなると、収納場所も金銭面も2倍の負担に。

今回はそんなカップルキャンパーたちのお悩みを解消すべく、ソロ&カップルで兼用できるおすすめテントを総特集! ミニマムなタイプからゆったりタイプまで選りすぐりの15選をお届けします!

ソロ〜カップル使いにおすすめのテント【 ドーム・ロッジ系 】

①ロゴス「ドームDUO+タープセット」

出典:LOGOS

ロゴスからは、秋冬キャンプ向け限定カラーの「2020 LIMITED」シリーズが登場! 中でもソロ〜カップル使いにおすすめなのが、こちらの「ドームDUO+タープセット」。

大型前室付きの2人用テントとタープのセットで、バイクや自転車の駐輪スペースとしてもジャストなサイズ感がポイント。

出典:instagram by@logos_enjoy_outing

大型前室部分のドアは、はね上げてキャノピー使用もできるので、ソロキャンプ時はタープなしでもOK。フライシートの4面にはしっかりとマッドスカート付きだから、秋冬キャンプや雨天時のキャンプにも安心です。

ITEM



ロゴス ドームDUO+タープセット
●サイズ:(約)幅385×奥行220×高さ140cm
●インナーサイズ:(約)幅210×奥行140×高さ125cm
●収納サイズ:(約)幅67×奥行20×高さ20cm
●総重量:(約)4.9kg
【タープ】
●サイズ:(約)幅430×奥行440×高さ175cm
●収納サイズ:(約)幅47×奥行14×高さ14cm
●総重量:(約)2.4kg

<!–

–>

②ogawa「ステイシーST-Ⅱ(2020年モデル)」

出典:Instagram by@grandlodge_takao

今年は、ogawaもロングセラーの名作テントがリニューアル! ソロキャンパーから絶大な人気を誇る、あの「ステイシー ST-Ⅱ」が、トレンドにマッチしたNewカラー「カーキ」「サンドベージュ」の2色展開に。

総重量3.9kg、収納サイズ52×19×19cmと、軽量&コンパクトでツーリングテントとしても人気のこちら。

出典:Instagram by@grandlodge_shinkiba

実は寝室の奥行き150cmに対し、前室の奥行きが110cmと小型テントとしては珍しいゆったり感が魅力です。さらに、入り口ドア部分をはね上げれば、2人のときでもタープなしでリビング空間が確保できます。

軽量コンパクトかつ、テントのみでも完結した居住性を求めるカップルにおすすめのアイテム。

ITEM



ogawa ステイシー ST-II(2020年モデル)
●重量 / 総重量(付属品除く):3.9kg
●収納サイズ:52×19×19cm(フレーム折り寸40cm)

<!–

–>

③テンマクデザイン「ペポライト」

出典:Instagram by@kin_07625

60〜70’Sのオールドアメリカンな雰囲気漂うレトロテントとして、一躍大人気となった「PEPO(ペポ)」。そのペポのソロ向けサイズとして昨年(2019年)登場したのがこちらの「ペポライト」。

出典:Instagram by@chako_222

ソロ向けと言っても、側面が垂直に近い角度で立ち上がったロッジ型で、広々とした居住空間を確保。2台コットを並べても余裕のスペースです。

出典:Instagram by@heko6_6

ヴィンテージ感ある佇まいながら、生地にはコットンよりも扱いやすいTC素材を使用。フロアにはPUコーティングが施され、耐水圧1500mmと雨対策もバッチリ。

よりポップなテイストの「ペポライト オレンジ」も人気。ミニマムながらも、レトロなデザイン&テイストにこだわりたいカップルにイチオシのテントです。

ITEM



テンマクデザイン ペポライト
●収納サイズ:(約)600×250×250(高)mm
●組み立てサイズ:(約)2,400×2,200×1,400(高)mm
●重量:(約)8.02kg

<!–

–>

④ノルディスク「ユドゥン ミニ」


出典:Instagram by@kmm_732

お次は、ノルディスクの名作「ユドゥン」のミニサイズ版。前後のAフレームでデッドスペースの少ない構造はそのままに、リュックで持ち運べるコンパクトな収納サイズと1〜2人用にジャストな居住空間が特徴です。

高さ125cmと、女性1人でもポールのセッティングがしやすいのもポイント。

出典:Instagram by@tomo3family

また、こちらテント・タープの本体(幕)とパーツセット(ポール・ペグ・ロープ・ガーランド)が別売り仕様。イエロー・ブラウン・ピンクの3色から選べるので、手持ちのギアやサイトインテリアとのコーディネイトが楽しめます。

女性1人でも手軽に設営できるキュートなコットン幕をお探しのキャンパーに、ぜひ! 

ITEM



ノルディスク ユドゥンミニ テント本体
●設営サイズ: 210×155×125cm
●収納サイズ:28×20×26cm
●重量:約4.2kg

<!–

–>

ITEM



ノルディスク ユドゥンミニ カラーパック
●カラー:マスタードイエロー、チェリーピンク、チョコレートブラウン
●サイズ(収納時):50cm×20cm×4cm
●重量:約1.8kg
●セット内容:収納袋、ポール、ペグ、ガイロープ、ガーランド、ジッパープラー

<!–

–>

⑤ モンベル「ムーンライトテント 2型」

出典:mont-bell
1979年の発売から40年の超ロングセラー、モンベル「ムーンライト」シリーズ。なんと2020年、フルモデルチェンジを敢行!
月明かり(ムーンライト)の下でも簡単に設営可能というコンセプトはそのままに、側面がより立ち上がって内部空間にゆとりを実現。また、2人が寝られて前後に前室まで備えつつ総重量は2.35kgと超軽量。

出典:mont-bell

テント本体の収納サイズが35×∅17cm、ポール収納サイズが44cm×∅11cmと、トレッキングやツーリングにもピッタリのコンパクトサイズです。

2人でももう少し余裕が欲しい……という方なら2型ではなく「4型」という選択肢も。4人が寝られる広さを確保しつつ、前後には約1mの前室も備え、さらに総重量は5.26kgとやはり超軽量。

いずれも、とにかく軽量で設営が簡単なテントを求めるアクティブなカップルにイチオシのテントです。

モンベル公式オンラインストアはこちら

ソロ〜カップル使いにおすすめのテント【 ワンポール・シェルター系 】

⑥YOKA「TIPI」

出典:Instagram by@yoka_twelvetone

組み立て式木製家具が人気の「YOKA(ヨカ)」から、初のテントがラインナップ。1人でも立てやすく、ソロ用として根強い人気を誇るティピー型のワンポールシェルターです。

こちらなんと、テント下部をぐるりと一周する白いライン、ファスナーやガイロープ用ループなどがリフレクターに。夜の視認性にこだわったデザインが特徴的。

出典:Instagram by@yoka_twelvetone

フロアサイズは270×270cmと、2人でも十分な広さ。ソロならかなりゆったりと過ごせます。上部には防炎布製の煙突穴が装備され、薪ストーブが設置できるのも大きな魅力。

収納サイズは50×∅15cm、総重量は約1.8kgと携行性もバツグンです。真冬もソロ&カップルで存分にキャンプを楽しむならコレ。

ITEM



YOKA TIPI
●サイズ:W270cm x D270cm x H175cm
●人数:2人用
●重さ:約1.8kg(本体・ポール・煙突穴パーツ込み)

<!–

–>

⑦フィールドア「フォークテント T/C 280」

出典:Instagram by@fieldoorcom

こちらは、コスパ優秀ブランド「フィールドア」の人気アイテム「フォークテント」。ワンポールテントの立てやすさはそのままに、2股ポールがデッドスペースを解消したいいとこ取りのハイブリッドテントです。

しかも、今年は「T/C」素材にアップデート。難燃性で火の粉にも強く、遮光性もUP。

出典:Instagram by@fieldoorcom

フロアサイズは280×280cmでハーフサイズのインナーテントが付属。フロアレスシェルター使いもOKだから、2人でもコット寝すれば広々と過ごせます。

このクオリティでもフィールドアなら18,920円(税込)! コスパ重視のカップルにおすすめのテントです。

ITEM



フィールドア フォークテント T/C 280
●本体サイズ : (約)280cm×280cm×175cm
●インナーサイズ : (約)260cm×130cm×160cm
●収納時 : (約)16cm×16cm×70cm
●重量:(約)6.8kg
●耐水圧:428mm

<!–

–>

⑧ヒルバーグ「アナリス」

出典:Instagram by@kikorin_olllllllo

続いては「ヒルバーグ」注目の新作。ブランドの1stテント「Keb(ケブ)」にインスパイアされた進化型モデルで、トレッキングポールで簡単設営できる2人用リッジテント。

アウターテントには、軽量で引き裂き強度に優れた「kerlon1000(ケルロン1000)」を使用。総重量1.4kgと超軽量で、収納サイズは一般的なデイパックに収まるコンパクトさ。

出典:Instagram by@steppy88camp

インナーテントはオールメッシュで通気性も◎。アウターテントのみでシェルター使用もOK。ハイカーやバックパッカーはもちろん、他と被らないエッジーなデザインを求める人にも最適なテントです。

ITEM



ヒルバーグ アナリス
●対応人数:2人用テント
●重量:最小重量1.2(総重量1.4kg)
※ポール・トレッキングポールはついておりません。

<!–

–>

⑨チャムス「ブービーハウスT/C」

出典:Instagram by@chums_japan

今年はチャムスからもT/C素材の新作テントがラインナップ! こちらは、メインポールの立ち上げですぐ設営できるのに、サイドが立ち上がったベル型で居住性の高い4人用テント。

エントランスも大きく、最大高は178cm。背の高い人もストレスなく出入りできます。

出典:Instagram by@chums_japan

別売りのハーフインナーで2ルーム使用も可能。小川張りで連結できる同柄タープもラインナップされており、チャムスワールド全開で、ソロ〜ファミリーまでマルチに活躍してくれるテントです。

ITEM



チャムス ブービーハウスT/C 4
●サイズ:240×338×338cm
●重量:14.2kg
●素材:本体 / Polyester 65%, Cotton 35%
    床 / 210D Nylon Oxford (耐水圧2000mm)
    ポール / 260cm Steel(1本),180cm Steel(1本)

<!–

–>

➉ゼインアーツ「ギギ1」

出典:Instagram by@kmm_732

端に行くほど低くなるワンポールテントの欠点を、両サイドのエクステンションポールで解決した「ギギ1」。その結果としての個性的なフォルムも人気のポイントに。

コット2台入れても余裕のスペースがあり、パネルの開閉やはね上げで実にさまざまなアレンジが可能です。

出典:Instagram by@zanearts_official

2人がゆったり就寝できるハーフインナーテントも別売りされており、ソロ〜カップル、ソログループキャンプでの共用リビングなど、多様なスタイルを楽しむ人にピッタリのシェルター。

製品の詳細はこちら

ソロ〜カップル使いにおすすめのテント【 トンネル・2ルーム系 】

⑪スノーピーク「エントリーパック TT」

出典:Instagram by@snowpeakstore_petemo_odaiba

スノーピーク初のトンネル型テント「ヴォールト」とヘキサタープがセットになったお得なアイテム。ヴォールトは3本のアーチフレームで立ち上げるので、ビギナーでも設営が簡単。

それぞれ単体で使えるのはもちろん、インナーなしのシェルター使いが可能なのも魅力です。

出典:Instagram by@yumalonlon

インナーテントを入れて2ルームにしたときでも、前室をはね上げれば広いリビングが確保できます。ソロのときや荷物少なめのキャンプならタープなしでもOK。

ソロよりもカップルやファミリー使用を想定して開発されているテントですが、背が低いフォルムなのでキャンプ道具が少ないサイトでも様になります。しかも設営が簡単なのでクルマ移動でのソロなら十分活躍できるテントです。

出典:Instagram by@yumalonlon

カップルでより広いリビングを構築したいなら、タープとセットで。しかも、エントリーパックTTのタープはコネクションテープ付きで、タープとテントを連結させる「小川張り」が初心者でも比較的簡単な仕様に。

ビギナーカップルにおすすめのセットです。

ITEM



スノーピーク エントリーパックTT
●対応人数:4名
●収納サイズ:66×25×25(h)cm
●重量:7.9kg

<!–

–>

⑫ogawa「ツインクレスタ」

出典:instagram by@hermit_camper

アポロン、グロッケと快進撃の止まらないogawaから、新作テントをもう1つ。「ツインクレスタ」は、コンパクトな見た目ながら、Y字ポールが上部の空間を広げる最新型ツインポールシェルター。

出典:ogawa

別売りの2人用ハーフインナーを付ければ2ルームテントに。大人2人+子ども2人用のフルインナーもラインナップされており、ファミリーでの使用もOK。

出典:ogawa

正面のパネルには、はね上げ時に便利なサイドウォールも完備。風雨の防御はもちろん、よりプライバシーにも配慮しつつリビングスペースを拡大できます。

快適な居住性を確保しつつコンパクトなシェルターが欲しい人は要チェック。

ogawa公式オンラインストアはこちら

⑬サバティカル「ギリア」

出典:instagram by@gangben.jian

デフォルトで、2人用と5人用のインナーテントが付属しているのが最大の魅力である「ギリア」。2人用インナー使用時は2ルームテント、5人用インナー使用時には前室つきテントとしてマルチに活躍してくれます。

出典:instagram by@mogmog_camp

もちろんインナーなしのフロアレスシェルターとしても使えます。また半自立構造かつ最大高が170cmと、1人でも設営しやすい設計に。

ソロ〜カップルだけでなく、グループでのキャンプまで1台でカバーできるマルチなシェルターが欲しい人におすすめ。

サバティカル公式オンラインストアはこちら

⑭DOD「カマボコテント 3S」

出典:instagram by@dod.camp

DODの代名詞と言っても過言ではない「カマボコテント」シリーズ。2020年1月には「カマボコテント3」にアップデート。S・M・Lの3サイズで展開され、ソロ〜カップル使いにおすすめしたいのが「3S」。

インナーテントは3人用で、全体的に2〜3人が余裕を持って過ごせるサイズ感に。

出典:instagram by@dod.camp

全パネルにメッシュ装備&スカートも完備。夏はスクリーンタープとして、冬はおこもりシェルターとして活躍してくれます。

ソロでもカップルでもオールシーズン対応のゆとりあるテントを探している人は、カマボコ一択?!

DOD公式オンラインストアはこちら

⑮ミニマルワークス「V HOUSE M」

2020年1月、遂に日本上陸を果たした韓国発アウトドアブランド「ミニマルワークス」。中でもブランドのアイコン的存在として人気を集めているのが「V HOUSE M」。

最小限のギア、シンプルな操作方法、軽量コンパクトというコンセプトを象徴する軽量シェルターです。

出典:Instagram by@unby_official

ビニールハウスからインスピレーションを受けたというこちら。3本のアーチポールにリッジポールを組み合わせており、通常のトンネル型テントより風に強い構造に。

出典:Instagram by@unby_official

前面、後面、側面は自由にオープン・クローズが可能かつスカート付き。アレンジ自由度が高く、オールシーズン対応の頼れるシェルター。

オプションで2人用インナーテントも展開。気候に合わせて快適にアレンジできるシェルターを求める人は、最注目したいテント。

ITEM



ミニマルワークス V HOUSE M
●使用時サイズ:幅540x奥行305x高さ190cm
●収納時サイズ:幅65x奥行25x高さ25cm
●重さ:約9.2kg
●素材:リップストップナイロン40D、アルミニウム
●耐水圧:3,000mm

<!–

–>

1人でも2人でも快適なテントでもっとキャンプを楽しもう!

出典:Instagram by@yumalonlon

ソロでもデュオでも快適に過ごせるテントがあれば、キャンプはもっと自由に楽しめるはず。ミニマム派の人も、ゆったりサイト派の人も、この記事を参考にマルチに頼れるテントを見つけてみて下さいね!

The post ソロ〜カップルキャンプに最適!タイプ別おすすめテント15選 first appeared on CAMP HACK[キャンプハック].
Source: CAMP HACK

1人で設営できるのに家族4人で過ごせるテント【オススメ5選&アンケート発表】

アイキャッチ画像出典:Instagram by@naturum_outdoor_fishing

ソロキャンに限らない、「1人設営可能」というメリット

出典:DOD

“1人で設営できるテント”というと、やはり1番に頭に浮かぶのはソロキャンプ用のテント。でも、“1人で設営できる”というのは、何もソロキャンプに限ったメリットにあらず!

目が離せない年頃の子供や、まだ設営の戦力にならず暇を持て余してしまう子供など……、子連れファミリーキャンパーにとっても大きなメリットがあるんです。

出典:Instagram by@tsuka0306

1人でテント設営できれば、役割分担できて実にスムーズ。1人がテント設営しながら、もう1人は子供の相手をしたり、一緒にチェア&テーブルを組み立てるなど同時進行も可能に。

そこで今回は、1人で設営できるだけでなく、家族4人が過ごせるファミリー向けテントについてリサーチしてみましたよ。

1人で設営しやすい4人用テント選びのポイントとは?

出典:DOD

撮影:AKT

1人で設営する場合、やはり1番の難所はテントの立ち上げ時。その点では、1本のメインポールを立ち上げるだけのワンポールテントや、立ち上げに力が要らないエアー式のテントがオススメ。

ただし、あまり重量・高さのあるテント(コットン生地の大型ワンポール等)だと1人では立ち上がらないこともあるので、軽量かつなるべくコンパクトなタイプを選ぶと◎です。

出典:snowpeak

特にクロスポールテントの場合、クロスした複数のポールを湾曲させつつ立ち上げるため、自分が持っているのと反対側のポールがピンから外れてしまう場合も。

ドーム型やトンネル型などポールにピンを差し込む形状のテントを選ぶ場合、いわゆる「I」型のピンタイプではなく、上の画像のような差し込む際に抵抗のある「クリップ」型を選ぶとより安全でスムーズ。

こんなテントがオススメ!1人で設営しやすい4人用テント5選

ゼインアーツ「ゼクーM」

出典:Instagram by@misat_camp

一言で言うと、変形型ワンポールタイプシェルターである「ゼクーM」。端へ行くほど天井が低くて狭くなるワンポールテントの欠点を、3辺にA型フレームを追加することで改善しているんです。

開放感あるミドルシェルターとしても使え、付属のグランドシートでお座敷スタイルもOK。何よりクールなフォルムが大人気のテント。

slider image

slider image

slider image

slider image

slider image

slider image

slider image

slider image

slider image

slider image

{“pagination”:”true”,”pagination_type”:”bullets”,”autoplay”:”true”,”autoplay_speed”:”3000″,”direction”:”horizontal”,”auto_stop”:”false”,”speed”:”300″,”animation”:”slide”,”vertical_height”:””,”autoheight”:”false”,”space_between”:”0″,”loop”:”true”}


出典:Instagram by@zanearts_official

ベースはワンポールテントと同じ……ということで、設営方法もシンプル。シェルターの6つの角のうち、長方形となる4つの角をペグダウンしたらセンターポールを立ち上げ。

残り2つの角をペグダウンしたら、外側3辺にA型のエクステンションフレームをセットすればほぼ完成。基本はワンポールテントと同じ設営方法なので大人1人での設営が可能です。

ただし、大人気のため入手困難な状態が続いており、欲しい人は公式サイトやインスタグラムを要チェック。

製品の詳細はこちら

ベルガンス「ウィグロLT4」

出典:Instagram by@322_ka

お次はノルウェー発アウトドアブランド「ベルガンス」の「ウィグロ」。ワンポールテントとドームテントの良いとこどりと言った構造で、4人用のインナーテントが付属しています。

テントは耐水圧3,000mm、インナーテントのボトムは雪にも強い耐水圧5,000mmと、厳冬期のキャンプにも安心のスペックを誇ります。天井部分から薪ストーブの煙突も出せるので、冬キャンプにピッタリのテント。

出典:Instagram by@kazu_nl43

メインの大きな入り口のほか、小さめの入り口が2箇所あり、全て開け放すと通称「パッカーン」状態に。夏も涼しく過ごせるマルチぶり。

出典:Instagram by@kazu_nl43

設営方法は、3本のサイドフレームをスリーブに通して付け根をペグダウン。後はセンターポールを立ち上げて残りの裾をペグダウン。耐風性を高めるために張網が多い点を除けば、1人で設営にオススメのテントです。

ITEM



ベルガンス ウィグロ LT4
●フライテントサイズ:幅4.0m、奥行き3.45m、高さ1.8m、居住面積/10.0m2
●インナーテントサイズ幅2.6m、奥行き2.25m、高さ1.6m、居住面積5.5m2
●重量:フライ/4.1kg、インナー/2.0kg
●ファブリック :フライテント/Siliconized Ripstop Nylon、耐水圧3000mm、インナーテント/Polyester Ripstop Fabric 耐水圧5000mm(床面)
●カラー:グリーン、レッド

<!–

–>

ハイランダー「ポップワンポールテント フィンガル」

出典:naturam

なんとこちらは、この大きさでセンターポールとキャノピーポール以外はポップアップ式という変わり種! 別売の2人用インナーテント2つを設置しても余裕のリビング空間が広がります。

出典:naturam

設営方法は、まずポップアップで広がったテントの3箇所をペグダウン。センターポールを立ち上げたら残り6箇所の角をペグダウンしてほぼ完成。1人でも約10分で設営完了という画期的な設計なんです。

撤収にはポップアップ式特有のコツがいりますが、慣れれば5分ほどでたためます。

出典:naturam

さらに、秋冬キャンプに使いたい人にはこちらの30周年特別仕様モデルがオススメです。冷気をシャットアウトするスカート付きで、カラーもダークブラウンでトレンドにマッチ。

どちらも19,980円と、ハイランダーならではのリーズナブルな価格展開も魅力です。

ITEM



ハイランダー ポップワンポールテント フィンガル
●サイズ:500×400×240cm
●収納サイズ:直径約80×8cm(円盤状)
●本体生地:68Dポリエステル(190T)
●フレーム素材:スチール、グラスファイバー
●重量:約4.8kg
●本体耐水圧:2500mm
●インナー耐水圧:2000mm
●カラー:グリーン、ベージュ

<!–

–>

ITEM



ハイランダー ポップワンポールテント フィンガル スカート付き
●サイズ:500×400×240cm
●収納サイズ:直径約80×8cm(円盤状)
●重量:約4.8kg
●耐水圧:2500mm(本体)
●素材:68Dポリエステル/190T(本体生地)、グラスファイバー(フレーム)、スチール(ポール)
●カラー:ダークブラウン

<!–

–>

ハイランダー「エアートンネル ルーミィ2」

出典:Instagram by@naturum_outdoor_fishing

ハイランダーからもう1つ、今度はさらに画期的なエアフレーム式のトンネル型テントです! 設営が簡単なことで人気なトンネル型かつエアフレームときたら、“1人設営のできるファミリーテント”に最強のテントかもしれません……!

撮影:AKT

設営方法は、まず幕を広げたら片方の終端2箇所をペグダウン。4本のフレーム裾部分に付属の手動式ポンプで空気を注入して、立ち上がったら残りの端をペグダウンしてほぼ完成。

撮影:AKT

ポールがない分作業は単純ですが、空気の通り道を確保しながら空気を入れる必要があったり、そもそも何度もポンプするのには体力が必要なのでそのあたりは過信しすぎないようにしましょう。

撮影:AKT

撤収時は、栓を抜くとあっという間に勝手に空気が抜けていくので手間要らず。4人が寝られる付属のインナーテントは、左右どちらの端にも設置でき、マルチに使えるシェルターです。


コスパも優秀なだけに本体生地の厚さは68Dとこのサイズのテントとしては薄め。遮光性には期待できないので真夏だと幕内は熱くなりやすいはずです。このあたりを判断材料にぜひ検討してみてはいかがでしょう!

ITEM



ハイランダー エアートンネル ルーミィ2
●サイズ:約W640×H195×D310cm(本体)、約W280×H185×D230cm(インナーテント)
●収納サイズ:約W72×H44×D44cm
●重量:約18.8kg
●耐水圧:PU2000(本体、インナーテント(床面))
●素材:190Tポリエステル/68D(本体生地、収納袋)、185Tポリエステル(インナーテント)、TPU(チューブ)、PE(カバー)

<!–

–>

ケシュア「エアーテント エアー セカンズ ファミリー 4.2XL」

出典:Instagram by@decathlon.japan

最後はポップアップ・ワンタッチと言えば……のケシュアからエアフレームテントのご紹介。ハイランダー「ルーミー2」に比べると小ぶりですが、付属の2人用インナーテント2つを両サイドに設置しても中央にリビングルームが確保でき、4人家族なら十分な居住性。

出典:DECATHLON

設営方法はルーミー2とほぼ同じ。ルーミーより小ぶりな分、空気を注入する作業もかなりラクに。かつ、フライは耐水圧2,000mm、グランドシートは耐水圧5,000mmとハイスペック。

ケシュア独自の「FRESH&BLACK」テクノロジーで日中でも99%の遮光性を発揮。UPF50+で紫外線もしっかりカットし、夏でも涼しく過ごせるテントです。

ITEM



ケシュア AIR SECONDS FAM 4.2XL FRESH&BLACK
●対応:4人用/ベッドルーム(260 × 140cm)×2
●収納サイズ: 75x39x39 cm
●重量: 17.9 kg
●耐風性: 最大 60km/h (風力 7

<!–

–>

インスタでもアンケートをとってみた!



そして今回は実際の声を知るべくインスタグラムのストーリーズでアンケートも実施! およそ100人のファミリーキャンパーの皆さんの、リアルな声を集めてみましたよ。

ワンポールテントやエアー式テントが上位にランクインするのでは……? という予想を大きく覆す意外な結果に! 立てやすさだけでなく、コスパの高さや居住性の高さがより優先される選出でした。

栄えある第1位は同票でこの2つ!「カマボコテント」&「アメニティドーム」

【 DOD「カマボコテント 3(M)」 】

出典:Instagram by@dod.camp

初代の登場以来、アップデートしつつ現在3代目。リーズナブルかつ居住性の高いトンネル型テントとして、その人気は衰え知らず。今(2020年11月20日現在)も抽選販売でしか購入できないテントです。

出典:DOD

「この大きさで1人で立てられるの?」と驚いてしまいますが、4本のポールをスリーブに通し、テント終端のループにペグを差し込んだら、手前のポールから順に起こしていくだけ。

出典:DOD

手前のポールを引っ張りながら起こすときに、後ろの3本のポールも連動して立ち上がってくるので、1人でも立ち上げ作業が簡単なんです。インナーテントも吊り下げ式だから、5人用の寝室があっという間に完成。

スカートもしっかり装備、寝室の約2倍の広大なリビングで、冬のおこもりキャンプにもピッタリ。

DOD公式オンラインストアはこちら

【 スノーピーク「アメニティドーム M・L」 】

出典:snowpeak

そしてこちらはもはや説明不要とも言えるスノーピークのベストセラーテント。キャンプの入門テントとして不動の人気を誇ります。

Mなら大人2人&子供3人、Lなら大人4人&子供2人が就寝できる寝室と、前室と跳ね上げ式のキャノピーがついて、タープなしでもOK。

出典:snowpeak

シンプルなクロスポール構造と、比較的高さがない(M/150cm・L/165cm)点が1人でも立ち上げやすいポイント。ただし、ピンが「I」型のため、反対側のピンがポールから抜けないよう十分に注意しましょう。

出典:snowpeak

また、各接続部分が色分けされ、感覚的に設営できるシステムも便利。1人で立てる際に何度も説明書を見なくて済みますね。

ITEM



スノーピーク アメニティドームM
●対応人数:5名
●サイズ:505×280×150cm
●収納サイズ:74×22×25(h)cm
●重量:8kg
●フライ耐水圧:ミニマム値/1,800mm
●ボトム耐水圧:ミニマム値/1,800mm

<!–

–>

ITEM



スノーピーク アメニティドームL
●対応人数:6名
●サイズ:540×310×165(h)cm
●収納サイズ:73×23×27(h)cm
●重量:9.8kg
●室内高:165cm
●フライ耐水圧:ミニマム値/1800mm
●ボトム耐水圧:ミニマム値/1800mm

<!–

–>

第2位 コールマン「タフスクリーン 2ルームハウス+」

出典:Instagram by@coleman_japan

続く第2位は2ルームシェルタータイプ。ベースは「タフスクリーン2ルームハウス」とほぼ同じですが、『ダークルーム(TM)テクノロジー』によって90%以上の遮光性を実現したテントで、クロスポールを立ち上げる構造です。

出典:Coleman

けれど、図のように手前2箇所のポールを、アシストクリップでしっかりと固定してから反対側を立ち上げるので比較的スムーズ。このシステムによりコールマン公式サイトにも「1人でもスムーズに設営できます」とのこと!

また、高さが215cmあるリビングに比べ寝室部分は170cm。居住性は確保しつつテントを吊り下げやすいのも魅力です。

第3位 テンマクデザイン「サーカスTC BIG」

そしてやっと登場しました、ワンポールテント! メッシュインナーテントやグランドシートはオプションとなりますが、サーカスTCの大きめサイズ版「BIG」なら大人4人がゆったり過ごせます。

コットン混紡のTC生地使用で、結露しにくく通気性&遮光性も抜群。夏は涼しく冬は暖気を逃しません。

ワンポールというだけでなく、キレイに貼るための設営ガイドが立てやすさのポイントに。五角形の布の中心のペグから各角へ合わせてテープを伸ばし、テープの先端へペグを打っていくだけ。

2ルームシェルターやトンネルタイプに比べると居住性は下がるものの、やはり設営の簡単さはワンポールテントが優位。

ITEM



テンマクデザイン サーカスTC
●サイズ(約):442×420×(H)280cm
●収納サイズ(約):25×67cm
●重量:(約)10.88kg(本体・張り網6,450g、ポール2,360g)
●素材: [本体] コットン混紡生地(TC) 撥水加工済み(ポリエステル65%コットン35%) [裾部(スカート)] ポリエステル [ポール] スチール製5本継ぎ(32mm/280cm)×1本

<!–

–>

第4位 「ピルツ15 T/C」&「レイサ6」

【 ogawa「ピルツ15 T/C」】

出典:Instagram by@grandlodge_yokohama

そして続いてワンポールテントがランクイン。ティピー型テントブームの先駆けとも言えるピルツシリーズの最新版。裾をペグダウンしたらセンターポールを立ち上げるだけのシンプル構造が人気です。

こちらも夏涼しく冬暖かいTC生地を使用。ボトムが八角形でより広い居住面積を誇り、最大8人に対応の大型テント。

出典:ogawa

さらに、もう1つ人気の理由はストーブ用の煙突ホールを装備している点。薪ストーブデビューしたいファミリーにもぜひオススメしたいテントです。

ITEM



ogawa ピルツ15 T/C
●対応人数:8人
●パッキング 90×40×35cm
●重量:幕体:約13.4kg、ポール:約4.2kg
●フライ耐水圧:350mm
●グランドシート耐水圧:1,800mm

<!–

–>

【 ノルディスク「レイサ6」】

出典:Instagram by@________mep

同率4位には再びトンネル型テントの「レイサ6」がランクイン。中央にリビングを確保しながら、4人用・2人用の2種類のインナーを左右に設置できて、最大6人が就寝できる広大な居住スペースが人気のテントです。

設営方法は1位のカマボコテントとほぼ同じなので、こちらもかなり立てやすいテント。

出典:Instagram by@ mtst_y.t.y.m .

ただし、スカートが付属しておらず冬キャンプで寒いのが欠点とされてきましたが、このほど新たにスカート付きバージョンが登場!

正面入り口には、ジップ開閉式の三角形のサイドパネルも装備。死角のないテントにアップデートしています。

ITEM



ノルディスク レイサ6
●対応人数:6人
●サイズ:645×295×H210cm
●収納サイズ:35×70cm
●耐水性:フライシート3000mm、床8000mm
●重量:17kg
●カラー:PUDusty Green、beige

<!–

–>

1人設営で効率よく、子供も一緒に楽しめるキャンプを!

出典:Instagram by@epicday_makoto

楽しい思い出作りのためのキャンプ。両親とも設営に必死で、子供から目を離してしまったり、退屈したまま待たせるだけでは本末転倒ですよね。

この記事を参考に1人でも設営できるテントを手に入れて、効率よく、子供も一緒に楽しめるキャンプを実現してくださいね!

他にもこんなテントたちが!

The post 1人で設営できるのに家族4人で過ごせるテント【オススメ5選&アンケート発表】 first appeared on CAMP HACK[キャンプハック].
Source: CAMP HACK

CAMP HACK編集部が“自腹買い”したおすすめキャンプ道具~2019秋~

アイキャッチ・記事中画像撮影:編集部

編集部員が“この秋冬に向けて買ったギア”をご紹介します!



仕事でもキャンプへ行く機会が多い、CAMP HACK編集部。行く機会に比例して増えるのが、そうキャンプ道具です!



そこで今回は、編集部員が秋冬に向けて購入したアイテムをご紹介します。大型のアイテムやちょっとした便利アイテムなど個性豊かなメンツが揃いました! では、最後までお付き合いください。

編集部員Mの場合 トヨトミさんが本気を出した「石油ストーブ」!

トヨトミ「KS-GE67(G)」

最高レベルに暖かくてカッコいい石油ストーブ

編集部員M(30歳、年12泊)です。2ルームテント内を温めるために購入したのが、トヨトミの石油ストーブ「KS-GE67(G)」。とにかくハイパワーで、どれだけスゴイかと言うと暖房出力に注目。アラジンのストーブが2.68kWに対し、これは6.66kW! 約2倍以上のパワーがあるんです。

出典:トヨトミ

しかもこの見た目、めちゃくちゃカッコよくないですか? 今年からスタートした「GEAR MISSION(ギアミッション)」という新シリーズなのですが、流行のミリタリー調なテントやギアとの相性を考慮されたカラーリングです。

出典:Amazon

今までの同型のストーブ(KS-6700)からは想像もつかないほどに大変身を遂げていますよね。この新シリーズは他にも2種類登場しているので、ぜひ見てほしいです! イメージを一新したトヨトミの石油ストーブたち、これはキャンパーが放っておかないはず。

ITEM



トヨトミ KSGE67G
●対応範囲:木造17畳、コンクリート24畳
●暖房出力:6.66kW
●タンク容量:6.3L

<!–

–>

編集部員Tの場合 値段と容量がちょうどいい!「大容量ポータブル電源」

スマートタップ「パワーアーク ミニ」(コヨーテタン)

1泊なら、300Whあれば十分なんです!

編集部員T(29歳、年20泊)です。年々進化を続けるポータブル電源。冬キャンプにはホットカーペットや電気毛布などでも活躍するアイテムですよね。

5年前に購入した容量278Whのポータブル電源にインバーター(電力の変換器)を繋げて使っていたのですが、そろそろ新しいものが欲しいなと思っていました。

そんな中検討を続け、「容量で失敗したくないけど、できれば費用は抑えたい」という気持ちを見事満たしてくれたのが、スマートタップ「パワーアーク ミニ」です。今までの経験上、1泊2日のキャンプなら311Whの容量で十分。

しかもAmazonプライムセールで購入したため、通常32,400円のところ、22,680円で購入できたんです! すでにキャンプはもちろん車中泊でも大活躍中。カラーも好みで、見た目・容量・値段のすべてに満足した買い物でした。

ITEM



パワーアーク ミニ
●容量:311Wh
●素材:強化プラスチック
●サイズ:19.3cm x 23.0cm x 19.5cm
●重量:3.5kg

<!–

–>

編集部員Hの場合 違いを生み出してくれる「アノラックパーカ」

ジプシーアンドサンズ「ベンタイルコットンアノラック JK」

写真のベージュのほか、ブラック、カーキの3色展開

ここが違う!ポイントを紹介

編集部H(32歳、年15~20泊)です。アウトドアコーデが流行っていることもあり、街でもアノラックパーカを着ている人をよく見かけるようになりましたね。よく見かけるようになったということは、“よく被ってしまう”ということでもあります。

仕事柄、多くのアイテムに触れているのですが、このアノラックは見た瞬間に買い! の一択でした。縦長で大きめな3つのポケットが最大の特徴です。ウエストには絞りがあり、シルエットのサイジングは自由自在(しかも紐がレザーでビンテージ感もプラス!)。

加えてベンタイルを使用しているので、綿でありながら撥水性・防風性・浸透性に富んでいるという過保護感も好印象。ジップの引き手に付いているオールドビーズもいいアクセントです。

詳細はこちら

編集部員Sの場合 即完売が続く人気のシェルター「ゼクーM」

ゼインアーツ「ゼクーM」

初めての非自立式シェルターをGET!

編集部S(30歳、年15泊)です。これまで自立式テントを好んで使っていたのですが、ショップに展示されていた「ゼクーM」を見て一目惚れ! 実際に中に入ってみると、ワンポールのような見た目ながら想像以上に居住空間が広く、手に入れることを決意しました。

3本のA型フレームにより壁面がしっかり立ち上がっており、圧迫感がなく最大6人まで収容できます。おまけに付属品としてリビングシートも付いているという嬉しいポイントも! 今年の冬は、シートを活用してお座敷キャンプを満喫します。

製品の詳細はこちら

編集部員Fの場合 燻製は「ハンディタイプのスモーカー」が便利!

キャメロンズ「ミニストーブトップスモーカー」

付属のチップは二種類、どれがついてくるかはお楽しみ

編集部員F(41歳、年10泊)です。秋の夜長に楽しみたいアクティビティといえば、燻製。でもかさばるスモーカーは扱うのも洗うのも面倒……ということで、キャメロンズを購入。

本体・チップ受け皿・網などが一式セットでありながら、片手でも持てるくらい軽くて手軽に燻製を試せます。ちなみに、IHヒーターにも対応! なかなか家の中で燻製をやろうという方はいないかもしれませんが……。

嬉しいのは、お試しサイズのチップが2種類ついてくること。ランダムに入っているので指定はできませんが、それもまた楽しめるポイントです。定番の卵やチーズに、柿の種なんかも燻してみました。

30~40分ほどでチップの香りがしっかりついて、ウイスキーをチビチビやるのにぴったりのおつまみができましたよ! ちなみにこの写真は柿の種が落ちないように、耐熱性のグリルシートを敷いています。

ITEM



キャメロンズ ミニストーブトップスモーカー
●サイズ 使用時:17.5×42.5×7cm 収納時:17.5×30×7cm
●重量:約1265g
●材質:ステンレス

<!–

–>

編集部員Sの場合 秋冬キャンプの防寒アイテム「中綿ソックス」

モンベル「エクセロフトフットウォーマー」

足元ぬくぬく+コンパクト=最高!

編集部員S(30歳、年11泊)です。寒い時期のキャンプって空気が澄んでいて好きなのですが、いかんせん寒い! なんとしても寒さに震えて過ごす夜は避けたいところ。ということで、防寒用の中綿ソックスを買ってみました。

中綿の種類をダウンと化繊で迷ったのですが、ズボラな性格なので汚れても簡単に洗える化繊のほうが合っているかなと。モンベルのフットウォーマーは履き口がストレッチ素材で肌にピタッとフィットするので、冷気が入ってこなくて温かいんです。

しかも付属の収納袋に収めればコンパクトに! さすがにダウン製のものに比べると大きくはなってしまいますが、僕の場合キャンプはクルマで行くので少し位かさばっても問題ありません。これを履いて今シーズンは乗り切りますよ!

詳細はこちら

編集部員Tの場合 なんで今まで買わなかったのか…焚き火ストの必携品「焚き火台シート」

ロゴス「焚き火台シート」

ワイドサイズで頼り甲斐のある耐火シート

編集部員T(33才、年15泊)です。キャンプの楽しみと言えば、焚き火! しかし、芝生が生えているキャンプサイトでは地面へのダメージを考え、焚き火を控えることもありました。でもやっぱりできることならいつでも焚き火をしたい! と思い、ロゴスの焚き火台シートを購入。

このシートはサイズ横80×縦60cmと大きいので、スノーピークの焚火台Mを置いてもまだスペースに余裕があるんです! そのため空いたスペースにトングなどの小物を置くこともできます。(ただし燃え移ったりしないように、置く場所に気をつける必要はありますが)

いつも地面のことを気にしながら焚き火を楽しんでいましたが、これのおかげで心配が減りました。「なんでもっと早く買わなかったのか」と後悔してしまうほど、今や手放せないアイテムです。

ITEM



ロゴス 焚き火台シート
●重量:270g
●サイズ:80×60cm
●収納サイズ:15×1.5×20cm
●主素材:ファイバーグラス
●耐熱温度:約500℃

<!–

–>

まだまだ物欲は止まりません!



編集部員のセレクトはどうでしたか? 仕事柄、数多くのアウトドア用品に触れるため、物欲は常にマックス。そうなるとついついAmazonなどでポチッとしてしまいがちです。今回紹介した以外のアイテムも今後の記事でどんどん紹介していくので、お楽しみに!

この記事が気にいったあなたに、オススメの3記事

Source: CAMP HACK