ソロキャンプ

まさに三者三様!個性溢れる3台の全力『軽バン』スタイル紹介

アイキャッチ画像出典:出典:Instagram by@38explore

【軽バン×キャンプ】のポテンシャルがハンパない……!

出典:Instagram by@38explore

驚異の積載量を誇るのにコンパクトで、高速代や税金などのランニングコストが安いのが魅力の「軽バン」。今やソロやデュオキャンプにピッタリの車としてキャンパーからの熱い視線を集めています。

出典:Instagram by@mamimisawa

また本体価格が控え目な分カスタムにお金を回せたり、車体が小さい分改造や塗装がしやすいのも特徴的。キャンプスタイルに合わせてDIYを楽しむキャンパーも増加中なんです。

そこで今回は、そんな軽バンのさらなるポテンシャルを感じさせる「軽バンスタイル」にフォーカスしてみました! 個性豊かに「軽バン×キャンプ」を楽しむ3台にご注目!

@mamimisawaさんの軽バンスタイル

出典:Instagram by@mamimisawa

息子のありくんと親子で日本一周のキャンプ旅を楽しむMami misawaさん(@mamimisawa)。もちろん旅は軽バン「SUZUKI エブリィ」と一緒です。

クリエイティブデザイナーとしてインテリアコーディネートやディスプレイを手がけてきた抜群のセンスが、キャンプサイトのそこここに光ります。

出典:Instagram by@mamimisawa

手作りのドリームキャッチャーがアクセントのボヘミアン&ナチュラルなインテリアに、軽バンのマットなカラーリングが最高に合っていますね。どこかノスタルジーを感じさせる軽バンスタイル。

出典:Instagram by@mamimisawa

テント泊の時もあれば車中泊の時も。内装を全面木材で貼り変えて、まるで海外のキャンピングカーのようにオシャレでぬくもりある空間を実現しています。

出典:Instagram by@mamimisawa

フルフラットな床面仕上げだから、こんな風にコットが2台余裕で置けて車中泊でも快適。テーブルを備え付けたりと、内装のカスタムも車中泊に特化していないので、ノルディスクなど大型幕や荷物の多いキャンプにも対応できる自由さが魅力です。

出典:Instagram by@mamimisawa

「SUZUKI エブリィ」とは思えないルックスも、やっぱりカスタマイズ。レトロなデザインのフェイスチェンジはプロに任せて、塗装はありくんや知人とみんなで手塗りに。

できるところはDIYにして、少しずつ理想の軽バンへと育てていくことも楽しんでいるMamiさんの軽バンスタイル、素敵ですね。

@38exploreさんの軽バンスタイル

出典:Instagram by@38explore

テントなしで完全に軽バンが主役のキャンプスタイルを楽しむミヤザキさん(@38explore)は、「HONDA アクティ」を愛用。年間数十回以上のキャンプに繰り出し、あの男前ギア「38パレット」の製作者としても有名な達人キャンパーです。

出典:Instagram by@38explore

寒い季節にはシェルターにもこんな風にドッキング! 大胆な見た目ですが、雨や雪など悪天候の時も車との行き来や撤収がスムーズなさすがのアイディア。

出典:Instagram by@38explore

気になる中部の様子がこちら。リビングの中心にはやはり「38パレット」テーブルが! ミリタリーテイスト&男前インテリアに軽バンのコックピット感が加わり、最高にクールな眺め。このシステム全部セットで真似したくなるカッコ良さです。

出典:Instagram by@38explore

最近ではさらにカスタマイズが進行中! 外側はマッド、内側はオールテレーンというハイブリッドの残雪対応タイヤに交換。腰高仕様&丸目のフォグランプにマットブラックの前面塗装も映えまくっています。

雪中キャンプやコンディションの悪いオフロードもガンガン攻める、まさに“達人”の軽バンスタイル。

@ohige__campさん&@yuuca__mpさんの軽バンスタイル

出典:Instagram by @yuuca__mp

「DAIHATSU ハイゼットカーゴ」で軽バンスタイルを楽しむのはゆーかさん&おひげさんご夫婦。大きなカーサイドタープを活かして、サクっとデイキャンプやミニマム装備のキャンプを楽しんでいます。

出典:Instagram by @yuuca__mp

カーサイドタープを使わずフル装備キャンプの時はビンテージ調で統一されています。軽バンの色味が、カーカムスのレトロな雰囲気やアンティーク調インテリアにとてもよく馴染んでいますね。

出典:Instagram by @yuuca__mp

アンティーク調インテリアには奥様のゆーかさんの工夫がいっぱい。まるでレザーのような質感のデッキチェアの座面は、なんと柿渋で染めた布に張り替えたもの。市松模様のテーブル天板も足場板を使ってDIYしたというから驚きです。

こんな風に手作りされたファニチャーが主役だから軽バンとも雰囲気がマッチするのかもしれませんね。

出典:Instagram by @yuuca__mp

気になる軽バンのカスタマイズですが、やはりカラーはカスタム塗装。元はブラックだったとは思えない、優しいサンドカラーが最大の魅力です。

出典:Instagram by @ohige__camp

そしてカーサイドタープは、試行錯誤の末にキャプテンスタッグのジョイントで「Aqua Quest (アクアクエスト)」の軽量タープを接続。サイズ感も色味もほどよくフィットして、2人の軽バンスタイルを決定づける存在になっていますね。

軽バンスタイルでアウトドアを遊び倒そう!

出典:Instagram by@mamimisawa

塗装も外装&内装も、実にさまざまなカスタマイズが施された軽バンたち。そしてその軽バンと一緒に楽しむキャンプスタイルはとにかくフリーダム! あなたもポテンシャル無限大の軽バンと、アウトドアをとことん遊び倒してみませんか?

Source: CAMP HACK

はじめて女子ソロキャンプをやってみた〜準備編まとめ〜

なぜ、女ひとりでキャンプに行くのか?

simg_7079

ファミリーキャンプの経験がある女性は多いと思いますが、「女子ソロキャンプ」の経験がある人はまだまだ少数派だと思います。私がソロキャンプに行く様になった理由……それは、家族とのキャンプ経験を経て少しずつ積み重ねたスキルと自信を生かしたくなったからでした。

“自分自身の力だけでどこまでいけるのだろうか?” 道具を選び、キャンプ場を決め、献立を考えて、その日を想像する……ソロだからこそ感じることの出来るキャンプの醍醐味を、私はその経験から感じています。あなたも女子ソロキャンプにでかけてみませんか?

女子ソロキャン的!キャンプ場選びのコツ

女性だけでしかもソロもしくはグループでキャンプをしたくなったとき、まず頭を悩ませるのが「どこのキャンプ場に行こう?」ではないでしょうか。女子ソロキャンプでのキャンプ場選びの決め手とは何か、考えてみましょう。

simg_7255

私の場合、最優先させたいのが「行き慣れたなじみのあるキャンプ場」という点です。何度かキャンプ経験のある場所でなら、その場所ならではの特徴(場所特有の天候、フィールドの状態、水場の位置関係、キャンプ場の雰囲気などなど)を熟知したうえで、安全にキャンプを楽しめることができますよね! さらに「携帯の電波が通じる」「管理人さん常駐」「夜はゲートが閉鎖される」などの条件が揃えばさらに気持ちよくキャンプを楽しむことができるでしょう。

そんな条件を考慮して、私が今回行くことにしたのは「ふもとっぱらキャンプ場」です。ここなら家族で何度も訪れた場所ですし、時折強風がふくことも経験済みです。どの場所に設営するのかというイメージも事前に湧きやすいですよね。

また、今回は私以外にも女子ソロキャンパーが集まるという話なので、ふもとっぱらのように広いフィールドはまさにうってつけ!ということもあり、こちらのキャンプ場を選んだのでした。

何を持って行く?女子ソロ向けキャンプギア選び

simg_7067

今回私が持ち出した道具達。実はこれらの道具たち、ソロキャンプをするにあたって買い足したものは無く、すべて普段家族でのキャンプに使っている道具の中から選びました。

その理由はズバリ「使い慣れているものだから」です! ある程度使用経験がある道具とのキャンプなら、何かハプニングがあってもひとりで自信をもって対応できるはずだからです。今回はソロでもコンパクトな道具を前提としたスタイルではなく、いつも楽しんでいる愛用のものを中心に使いました。

それでは、大物をひとつひとつご紹介していきます。

テント/ogawa エクセレント24

simg_7542

実家の納戸に保管してあったコットン製のテント。我が家がビンテージにこだわったキャンプスタイルをはじめるきっかけとなったテントで、当時は受注生産のみだったと聞いています。女性ひとりでの設営には腕力とコツがいりますが、何度かひとりでの設営経験があったのでこのテントを選びました。

テーブル/アウトサイドイン abi Roll Table QUAD 2016

simg_7089

ファミリーキャンプでも十分なサイズのあるロールトップテーブル。ソロの時にはひとつのテーブルであらゆることをこなせるので助かります。コンパクトに収納でき、独特な脚線美がお気に入りの理由です。

マット/サーマレスト Zライト

キャンプをはじめてすぐに購入したマット。これ一枚で快適な寝心地。地面からの冷気を半減させてくれます。

寝袋/mont-bell バロウバック#1

モンベルにはバロウバックのほかにもっとコンパクトな羽毛を使った寝袋もありますが、オートキャンプが主流の我が家ではコストパフォーマンスの良いバロウバックを愛用。真夏はタオルケットで過ごすので、春秋冬の3シーズンで活躍します。

ピクニックバスケット/レッドモン

simg_4531

食器類を収納しているビンテージのバスケット。ソロの時は食器を減らし、そのぶん調理器具もここに収納しました。出しっ放しでも様になるのでお気に入りです。

ツーバーナー/コールマン425D、ランタン/コールマン200、クーラーボックス/シアーズ テッドウィリアムズモデル 776

simg_8289

ビンテージショップや海外オークションで購入したビンテージギア。最新のものに比べても遜色なく使用可能です。ただし、ビンテージのクーラーボックスは冷えが甘いものが多いので、断熱材を内側にしきつめたり、時にはクーラーバックを内側にセットし、さらにLOGOSの氷点下パックを手ぬぐいで包んで食材を挟み込むように配置するなどの工夫が必要です。

かご/ブルキナバスケット

我が家にはかかせないキャンプギアであるかごをソロでも持参しました。西アフリカ、ガーナのボルガ地方で作られているかごです。

素材は現地でエレファントグラスと呼ばれる水草で編まれており、とても丈夫で目が細かくキャンプでの過酷な環境にも耐えるタフさ。うちはここに冷やさなくて良い食材をポイポイ放り込んでおきます。

椅子/ローバーチェア

英国軍ランドローバートラックの車載装備として使用されていた椅子、ローバーチェア。その見た目のハードさとは裏腹に軽くて女性でも取り扱いしやすく、座面が帆布のために長時間座っていても疲れないという良いこと尽くめの優秀チェアです。

我が家のようなハイスタイルにぴったり! 高価格で取引される現行品の他に、ネットでは忠実に再現されたレプリカを買うことも出来ます。

simg_6947
どの道具もソロには向かないファミリー用の大きな荷物ばかりになってしまいました。新しく軽くて嵩張らない道具を揃えても良かったのですが、普段使い慣れている道具の方がかえってキャンプしやすいだろうとの判断です。ソロ用に出来る限り荷物を絞ったつもりですが、なかなかの物量です。ソロ用も揃えるなどこれをいかに少なくするかがこれからの課題ですね。

設営が楽になる!積載のコツって何?

simg_7069

積み込みは重たいもの、固いもの、平たいものから

まずは、重たいもの平たいもの固いものから積み込んで行きます。荷物が重さで壊れたりしないように、重たいものを出来るだけ最小限の労力で積載できるように考えながら積み込みましょう。

布類で隙間を埋めよ!

それから軽くてやわらかいもの、荷崩れを防ぐために布ものを隙間に挟み込むようにします。隙間があると、現地に到着してトランクルームのドアを空けると同時に荷物が流れ出す、という事故が起こるかもしれません! 私はそれで二回ランタンを落としてしまった経験があります。

テントはすぐに取り出せる場所に

simg_7152

テントのサイズや重量にもよりますが、荷物を下ろす前に、私はまず現地に到着して最初にテントを設営してしまいます。そこに他の荷物をセッティングしていくイメージです。はじめに「家となるテント」を設営してしまうことで、荷物を何度も移動させる手間が省けますし、急な雨が降ったとしても屋根があるので安心です。

ちなみに、雨の日には先にタープを設営してしまいますので、雨予報の時はタープもすぐに取り出せる場所に積み込みます。またその時に、ペグも取り出しやすい場所に積み込むよう心がけましょう。せっかくテントを取り出しても、肝心のペグが荷物の一番奥に……なんてことになれば、すべての荷物を取り出さないといけないので手間が増えてしまいますよ。

番外編〜ソロに行く前にやっておきたいこと〜

ソロに行く前にいくつかやっておきたいことがあります。最後に出かける前にしておきたいことをご紹介します。これだけやれば、あとは出発の日を待つのみ!

車の点検をしておこう!

今回は、高速道路での移動があったので行きつけの整備士さんにタイヤの空気圧やその他チェックをしてもらいました。女性一人のキャンプで車が故障……考えただけでドキドキしますよね。

常備薬を忘れずに!

simg_6943

キャンプ場ではいつもと違う環境で過ごすために体調不良になる人も多くみられます。普段、使い慣れている薬を持参することを忘れずに!また、キャンプ場から一番近い病院の場所も事前にチェックしておきましょう。

テントの設営練習をしておきましょう!

実際に、自分ひとりでテントを設営する練習をしておきましょう。一回でも自分だけで設営すれば、次からは格段に手際が良くなります。手際がよくなれば、思わぬ怪我やキャンプ道具の破損も回避できますよ! 特に、”どれくらいの強風なら設営できるのか?””雨の中の設営の手順”なども練習できればなお良しですね。

火気類の扱い方を練習しましょう!

simg_7618

テントの設営の次にやっておきたいのがバーナーやランタンなどの火気類の扱い方法の練習です。普段は自分ではなかなか取り扱わないものも、進んで使用する機会を持ってみてはいかがでしょうか?

私は、ファミリーキャンプの時にあえて火気類を私がセッティングするように心がけています。普段から使い慣れておけば、ソロでも自信をもって扱えますよね。

ちなみに、ビンテージの火気類は突然機嫌が悪くなることもあります。そういう時の為にサブの安定した道具を持って行くことをおすすめします。ビンテージランタンにはジェントスを、ツーバーナーにはカセットコンロをあわせて持って行きます。

simg_7470

すべての準備が整ったらあとは実行あるのみ! わくわくドキドキの女子ソロキャンプ、「実践編」へ続きます!

 

READY TO GO TO JOSHISOLO CAMPING
女子ソロの準備できた?

Source: CAMP HACK