ダイソー

【ダイソーパトロール】100均のスナック菓子はおつまみとしても優秀だぞ!

アイキャッチ・記事中画像撮影:岡村武夫

どんな味なの!? ダイソーのスナック菓子&おつまみが気になる!



DIY用品から本格キャンプグッズまでが100円で揃っちゃう「ダイソー」は、キャンパーの強い味方。でも、ダイソーの強みはそれだけではありません。じつはお菓子やおつまみコーナーにも、ほかでは見かけないような個性的な商品がたくさんあるんです!

今回は、週1ペースでダイソーをパトロールしている節約主婦キャンパーの筆者が見つけたダイソーならではの、かつその中から選りすぐったスナック菓子やおつまみを、実際に食べてみてレビューします。

ダイソーで買いたいおすすめスナック菓子&おつまみ7選

それではさっそく、ダイソーのおすすめお菓子&おつまみを試食していきましょう!

その1. 俺のおやつ いか天マヨネーズ味&韓国味付のり天



まずはポップな絵柄が目を引く「俺のおやつ」シリーズから。ワンハンドスタイルという売り文句も気になりますね……。



袋の線に沿ってL字に開封すれば、確かにワンハンドで食べられます。お皿要らずでキャンプにピッタリ! 今回は撮影用に内容物が分かりやすいようお皿に出して食べてみました。



中身も食べやすい小さめサイズ。左の「いか天マヨネーズ味」は濃いめの味付けでビールが進みそう。

右の「韓国味付のり天」は、磯の香りとごま油の風味がベストマッチ。塩気もちょうどよく、ついつい食べ過ぎてしまいそう!

その2. 極濃ギョーザつな揚げ



見ただけでビールが飲みたくなるパッケージです。ギョーザ味ってどんな味? 追いラー油ってなに?? 中身が見えないので余計に気になります!



あれ、ラー油でギトギトかと思いきや、見た目は普通……。よく見るとラー油色の粉がたっぷりまぶされています!

正直ギョーザの味はそんなにしませんが(笑)、にんにく風味とピリ辛な味付けで間違いない美味しさでした。

その3. 天狗の横綱あられドレッシング&天狗のピリカレー



続いても綱揚げのお菓子。レトロなパッケージがいい雰囲気を醸し出してますね。ピリカレーのほうは味の想像がつきますが、ドレッシング味ってどんな味!?



さっそく左のドレッシング味からお試し。サラダせんべいのようですが、食べているうちに、微かに感じるさわやかな酸味……これは確かにドレッシングです!

ピリカレーのほうは、しっかりスパイスの効いた本格的なカレー味。どちらも素朴ながら、ついつい手が伸びる美味しさです!

その4. ユーちゃん珍味シリーズ 砂肝ジャーキー&とりかわジャーキー



おつまみコーナーでもひときわ目を引くのが、沖縄発祥というユーちゃん珍味シリーズ。本州のスーパーでは見かけたことはありませんが、沖縄ではメジャーなのでしょうか?



左の「とりかわジャーキー」は、サクサクしていてジャーキーというより揚げ物のよう。

右の「砂肝ジャーキー」のほうが、歯ごたえのあるジャーキー感があって個人的にはおすすめ! ピリッと胡椒が効いて、噛めば噛むほど味わい深いです。

その5. 四川料理しびれ王 麻辣ピーナッツ&麻辣青豆&麻辣旨辛唐辛子



じつは辛党の筆者が一番食べて見たかったのがこちらの「四川料理しびれ王シリーズ」! ピーナッツと青豆はわかりますが、旨辛唐辛子とは? まさかそのまま唐辛子が入ってる?!



まずピーナッツは、意外とマイルドな辛さで食べやすかったです。青豆は塩気と花椒がピリッと効いておつまみにピッタリ。

どちらも袋の中に刻んだ唐辛子と丸ごとの花椒が入っているので、一緒に食べると辛さ倍増! これは辛党には堪りません、最高です!!



そして気になる旨辛唐辛子は、袋に花椒の粒は入っておらず、赤いスナック菓子が入っているだけ……あ、これ唐辛子ですね。本当にそのまま入ってた……。

大き目の輪切り唐辛子の中に、サクサクの生地が入っています。食べてみるとかなり辛い!! でも個人的にはもっと花椒が効いている方が好みですね。

その6. 鮭かわチップス



続いて手に取った「鮭かわチップス」は、捨ててしまいがちな魚の皮をチップスにするという斬新な商品。でも本当におつまみになるのか??



食感はサクサクですが、シンプルな塩味なので鮭の皮感がしっかりとわかります。日頃から魚の皮を残さず食べる派の人におすすめの商品ですね! コラーゲンも豊富なので、お肌の調子もよくなるかも!?

その7. プチポリ納豆スナック



なんとこちらは、納豆がそのままスナック菓子になったようなインパクト大の商品。納豆好きにとっては、「持ち歩いていつでも食べられる納豆」なんて夢のようなお菓子ですね。

でも、ネバネバやニオイのない納豆は果たして納豆と呼べるのでしょうか? いざ実食!



やはり触っても全くネバネバせず、ニオイも少なめ。フリーズドライなので食べはじめはサクサクのスナック菓子のようですが、口の中でだんだんと納豆本来の風味とネバネバが!

しっかりめの醤油味なのでそのままでもイケますし、あったかいご飯や冷奴などにかけても美味しくなるはず! そう思えるほど、ハッキリと納豆を味わえます。

お菓子類もダイソー、侮れません!



ダイソーで買えるおすすめスナック菓子&おつまみはいかがでしたか? 普通のスーパーでは見かけない変わったお菓子もたくさん売っているので、キャンプで話題になること間違いなしですよ!

執筆:岡村朱万里

この記事が気にいったあなたに、オススメの3記事

Source: CAMP HACK

【ダイソーで発見!】今すぐBBQが楽しめちゃう100均の便利アイテムを実際に使ってみた

ダイソーアイテムでBBQが気軽に楽しめる、嘘のような本当の話。

出典:ダイソー
皆さんお馴染みの100円ショップ「ダイソー」で本気で使えるBBQアイテムを発見! 「ダイソーアイテムだけでBBQできちゃう……!」と言わんばかりの豊富なラインナップです。



そこで実際にキャンプで使用したBBQで使える100均アイテムをご紹介していきます。節約できる部分は100均を上手に活用し、アウトドアを気軽に楽しみましょう!

思い立ったらすぐBBQ!使い捨ての「インスタントコンロ」



近年アウトドアブランドからも多く発売されている使い捨て「インスタントコンロ」をダイソーで発見! 100円ショップながらも、お値段は少し高めの300円(税抜)。

網・コンロ・スタンド・着火材・炭の5点が全てセットになっており、これ1つでBBQを楽しめるという便利アイテムです。



いざ開封! パッケージを外すと、スタンドと本体が登場。本体は、炭の上に紙のような着火材がセットされた状態になっていて特に難しい作業はなし。スタンドに本体を乗せるだけでセッティングは完了です。



次に着火材に火を付けます。みるみる間に燃え広がり、着火材が完全に燃え尽きるまで10~15分ほど放置します

その間に野菜を切ったりBBQの材料を準備していると、熾火状態の炭が完成していました。



本体サイズは、約270×220×50mm。お肉や野菜を乗せてみると、大人2人でまったりBBQするには充分なサイズといったところ。

正直100円ショップのアイテムだったので使用に少し不安がありましたが、全く問題なくBBQが楽しめました。



気になる点としては、スタンドの高さがあまり無いので輻射熱に注意したいということ。ウッドテーブルの上で使用する場合は、念のため1枚、板などを挟んで使用した方が良さそうです。

またセットの炭は燃焼時間が、約1時間程度の使いきりの量。大人数で豪快にBBQを楽しみたい方や食べ盛りのお子さんのいるご家庭は大きなBBQグリルで楽しむのが吉です。

用意と片付けに手間が要らないことを考えると、これが300円で手に入ることに驚きのアイテムです。お家の庭でちょっとBBQ気分を味わうにもオススメです!

ダイソーの焼き網は、自立する!



100円ショップに焼き網が販売されていることは、皆さんご存知ですよね! サイズ・形状など様々な物が取り扱われていますが、その中から「これは使える!」と感じた便利な焼き網をご紹介します。



それが、こちらの3段階の高さ調整が可能な「焼き網(折りたたみスタンド付き)」!



焼き面の裏側を見てみると両サイドに3箇所のツメがあり、スタンドの脚を引っ掛けて高さを変えられるようになっています。焼き網として使えるのはもちろんのこと……



カセットガスコンロにセットすれば、トースターとしても使用できます。食パンもサクッと美味しく焼きあがりました!

焼肉など汁が垂れるものの使用には向いていませんが、スルメなど簡単に炙ったりするおつまみに活用できます。



さらにBBQコンロの焼き網の上に乗せれば、焼けたお肉の避難所に。「ほら、早く食べて食べて~」と焦らずにゆったりとBBQが楽しめ、お肉がちょうどいい保温状態になります。

使用法を探っていくのが楽しいスタンド付き焼き網は、お値段100円(税抜)と”買って損なし”なアイテムです。

水の持ち運びもこれ1つで「ウォーターバッグ」



次は、コンパクトな「ウォーターバッグ」をご紹介。今回大人5人でのキャンプだったため、一番大きいサイズの容量3.9Lをチョイスしました。

持ち運びの際はくるくると丸めコンパクトに収納でき、キャンプ場ではもちろんフェスなど炊事場が遠いときに大活躍してくれそうです。



ジャグと違い、専用の蛇口はないので水を注ぐときは慎重に!

さらにこのアイテムの注目ポイントは、本体ごと冷凍が可能だということ。家で水を入れ凍らしておけば保冷材代わりにもなる一石二鳥アイテムです。

遊び心のあるスキレットグッズの品揃えが凄い!



ダイソーには「最強コスパ」のスキレットシリーズも販売中! 今回コンパクトサイズが可愛らしい200円(税抜)の「イモノ取手付皿」もGETしました。

目玉焼きを焼いてみるとジャストサイズ。長方形の目玉焼きがなんともキュートです。

さらに遊び心のあるアイテムを発見!



それがこちらの「スキレット型計量スプーン」! キャンパーなら思わず手にとってしまう、このアイテム。



大さじ、小さじそれぞれ2分の1の量が計測できます。家で使用していても、アウトドア気分が味わえるので取り入れてみてはいかがでしょう。

大人数でのBBQに助かるカトラリーグッズ

紙コップスリーブ



これからのシーズン大人数でのBBQの機会も増えてきますよね! そんな時に紙コップを使用していると「あれ、自分のどれだっけ?」なんてことに陥りがち。

そんな時に目印となる「紙コップスリーブ大」も108円。まるでレザーのような風合いですが、素材はポリウレタンです。



紙コップでの使用はもちろん、シングルウォールのステンレスマグにもジャストフィット! 温かい飲み物も安心して持てます。

コンパクトで軽量なセット食器



ダイソーの売り場を見渡していると、セットになった食器も多く販売されていました。手のひらサイズに収まるプラスチック「ピクニカ小皿」は、5枚セットで108円。



BBQのタレ皿にもちょうど良く、カラフルなので使い分けのしやすさも◎。洗えば何度でも使えるので、紙皿を買うより経済的です。

軽量カップの役割も果たすコップ



コップもセットアイテムが販売されています。スタッキングして、透明の容器に収納可能。さらに容器にはメモリが付いていて、軽量カップとしても使えたりと、細かい心遣いが嬉しいアイテムです。

全てのアイテムを揃える前にダイソーに行ってみよう!



いかがでしたか? 進化を続ける100円ショップアイテムの数々。何といっても「とりあえず使ってみたい」を叶えてくれるコスパが魅力的です。

アウトドアに”お金がかかる”とハードルの高さを感じている人は、とりあえず100円ショップに行ってみよう! 新たな発見が見つかるかもしれません。

BBQアイテム以外にも便利アイテムがありますよ!

ダイソーには、まだまだキャンプで使える収納アイテムや便利グッズが盛りだくさん! 足を運ぶ前に参考にしてみてください。

Feel free to BBQ with Daiso

ダイソーグッズで気軽にBBQを!

Source: CAMP HACK