テント設営

おもしろギア発見!テント設営が格段にラクになる5つの救世主

アイキャッチ画像出典:Instagram by@kamah364

キャンプは楽しいけど、正直、設営時のロープワークが面倒……

出典:Instagram by@madmancamping

近年続々とラインナップされ、キャンプシーンで注目を集める居住性の高いテントたち。でも、広い前室を備えるなど居住性の高いテントほど、ガイロープの使用箇所が多かったり設営の難易度は上がります。

出典:Amazon

快適な居住性は欲しいけど、正直、設営時のロープワークが面倒くさい……そんなキャンパーに朗報! テント設営が格段にラクになる救世主的グッズ、ありますよ。

ロープワーク以外にも設営時のプチストレスを軽減する便利アイテム5選をご紹介します。

もうそれ以前には戻れなくなる?!救世主的便利グッズ5選

1度使えばその便利さにハマってしまう、そんな救世主的便利グッズ5選、早速ご紹介していきます!

その① 村の鍛冶屋/ステンレス ちょこっとバンド

出典:Instagram by@wood_camp
出典:Amazon

こちらは、鋳造ペグ「エリッゼステーク」でおなじみの「村の鍛冶屋」からのラインナップ。これ、テントやタープをペグと繋いでくれる、ロープいらずの便利グッズなんです。

出典:Amazon

この画像のようにテントやタープの地面に近い部分なら、わざわざロープを結ばなくてもペグダウンが可能に。また、長いロープを張るスペースがない時も、余ったガイロープを結ぶ手間なくスッキリしたサイトが実現します!

バンド部分のゴムには、電線などにも使用される耐候性の高いEPDM素材を採用。長さも23〜43cmまで3段階に調節が可能です。S字フックは錆びにくいステンレス製で取り外しも可能だから、幅広いシーンに応用が可能です。

公式オンラインストアはこちら

その② ナイトアイズ/カムジャム コードタイトナー

出典:Instagram by@naganocampal201
出典:Amazon

続いては、S字型カラビナ「エスビナー」でおなじみの「ナイトアイズ」から。こちら、あまりの便利さに何個も揃えてしまうキャンパー続出のアイテムなんです。全てのガイロープに取り付けている人もいるほど。

出典:Amazon

使い方はいたって簡単。図解1の「FIXED END」のように、本体の穴にロープを通して引っ張れば、留め具に引っかかって簡単にテンションがかかる仕組みに。自在金具や自在結びに不慣れな人でも、拍子抜けするほど簡単にガイロープが張れるんです。

図解2の「LOOP」は薪を束ねたり荷をしばったりするのに便利な使い方。2パターンであらゆるキャンプシーンで役立つ実にマルチなアイテムです。

出典:Instagram by@solo_style_paccio

また、インスタグラムなどでよく見かけるのが新型ジムニーへの応用例。ジムニーのドアが自然と全開してしまうのを、カムジャム&ロープで適度な開き具合に調節するアイディアです。

ガイロープを張るだけでなく、工夫次第でさらに便利な使い方がありそうですね。

ITEM



ナイトアイズ カムジャムコードタイトナー スモール
●サイズ:H44×W22×D10mm
●重量:5g
●素材:強化プラスチック、ナイロン
●仕様:使用可能ロープ/直径1.8~3.0mm

<!–

–>

ITEM



ナイトアイズ カムジャムコードタイトナー レギュラー
●サイズ:縦69mmX幅34mmX奥行15mm
●重量:16g
●材質:プラスチック、ステンレススチール
●仕様:使用可能ロープ/直径2~5.0mm

<!–

–>

その③ コールマン/ポールエンドストッパー

出典:Instagram by@camprado_1

穴の空いた真っ赤なゴムボール? いいえ、こちらはコールマン製の歴としたキャンプギアの1つです。

出典:Instagram by@kaz_elpescador

このアイテム、タープの穴に通したポールの先端に刺しておくストッパーなんです。設営途中に強風でタープがガイロープごと外れてしまう、なんて悲劇をしっかりと防いでくれますよ。小さいけど侮れない安心グッズです。

ITEM



コールマン ポールエンドストッパー
●材質:合成ゴム
●内容:4個

<!–

–>

その④ ユニフレーム/引掛け坊主

出典:楽天

小さなオモチャのようなこちらのアイテムは、なんと折りたためてしまうロープフック。円形の部分をくるりと回すと山羊の角のような部分が現れ、ここにロープを通す仕掛けになっているんです。

出典:楽天

円形部分も開くので、輪になったものも吊るせてとても便利。デイジーチェーンなどフック付きロープをわざわざ購入しなくても、手持ちのガイロープと組み合わせてさまざまなアイテムをハンギングできますよ。

ITEM



ユニフレーム 引掛け坊主 コンビ
●サイズ:全長60mm
●材質:ジュラルミン
●重量:約10g/1個
●使用可能なロープ径:φ3.0〜5.0mm

<!–

–>

その⑤ グッズランド/カラビナ付属タープクリップ

出典:Amazon

最後にご紹介するのはカラビナ付きのタープクリップ。テントやタープの設営時、なんだか張りがイマイチでたわんだ部分ができてしまったことってありませんか? ペグダウンしたガイロープを外して1からやり直すのは気が重いし……。

出典:Amazon

そんな時こそコイツの出番! フックがついていない場所も簡単にガイロープで張れるから、たわんだ部分を微調整することが可能です。ロックと解除はスライド式で、ギザギザの滑り止めがしっかりと生地を挟んでくれます。

テントのスカート部分に穴が無くペグダウンできない箇所も、このアイテムを使えば固定することもできますね。また、カラビナ付きだから、タープについているフックなど輪になったものを連結したい時にも便利。

ITEM



カラビナ付属タープクリップ 4個セット
●サイズ:全長約8.5cm×幅約3cm
●重量:20g(クリップ本体)
●材質:プラスチック
●カラー:ブラック
●内容:4個

<!–

–>

キャンプでこそワークライフバランスを重視すべし!

出典:Instagram by@nobo__interiors

限られた時間でキャンプを楽しむのなら、設営に割く時間と労力を少しでも減らしたいものですよね。小さいながら画期的に設営をラクにする救世主グッズたちを活用して、ぜひキャンプのワークライフバランスも最適化してください!

Source: CAMP HACK

初心者のためのテント設営TIPS! 快適、安全なキャンプを!

アイキャッチ画像出典 : Coleman

快適度や安全度がアップするテント設営時の小ネタ

img_1492

撮影:編集部

マニュアル通りにテントを設営したのに突風でテントが倒れてしまった、雨が降ってきてテント内に水が浸水してきたなど、キャンプ初心者ならばそんな体験にヒヤッとしてしまいますよね。

けれど設営時のちょっとしたコツで、安全度をアップさせられます!

img_1412

撮影:編集部

こちらではキャンプ初心者のみなさんに、テント設営時に役に立つ小ネタを紹介していきます。

1.テントの出入り口は風下に設置しよう!

テントが飛ばされるとポールや生地が破損するほか、人や車などにぶつかることもあり大変危険!

point_tent_step1_2
出典 : カインズホーム

テントのメイン出入り口をどの方向に向けるか、サイトの広さにもよりますが、メイン出入り口が風下にくるように設営するのがおすすめです。

理由は風によるテント倒壊や破損を防ぐため。テントの苦手なもののひとつが風。メインの出入り口を風上にするとテント内に風が入り込み、強風時は飛んでいってしまう危険があります。

2.グラウンドシートはテントからはみ出さないように!

2115_1
グラウンドシートはテントの下に敷き、地面からの湿気や汚れを防いでくれるアイテム
出典 : ロゴス

camp306_img2
出典 : ヒマラヤ

テントの底に敷くグラウンドシートはテントより小さいのものを使い、テントの底面からはみ出さないように注意しましょう。はみ出していると雨が降ったときにグラウンドシートが雨水の受け皿になり、テント底面に雨水がつたってテント内浸水のもとになってしまいます。

3.ペグダウンする時は地面に近いところから

img_tent_step2_1
出典 : カインズホーム

テントを地面に固定(ペグダウン)する時は、地面に近いところからペグを打ち込んでいきます。張り綱が付いている上の方からペグダウンすると、テントがゆがんだりポールに無理な負荷がかかりテント破損の原因になってしまいます。

1ヵ所をペグダウンしたら次にその対角線上をペグダウンして、テントのシワを伸ばすようにするとキレイに張れますよ!

4.強風時はダブルペグで強度アップ!

P8077822
出典 :
ろっぴのスロ~なアウトドア

強風時や地面が柔らかくペグの刺さりが悪いときは、ペグを2本使ってテント固定の強度をアップさせる「ダブルペグ」が有効です。写真のように2本打ち込むことでペグ1本にかかる力が分散され、強度がアップします。このほかにも2本のペグを×状にクロスして打ち込む方法もあります。

5.キャノピーの風対策にはポールに張り綱をひと巻き

p1090223
出典 : キャンプへGO!

SolutionPic2
出典 : おそとでねたろう

キャノピーの張り出しも風の影響を受けやすい部分。風にあおられてキャノピーポールから張り綱がすっぽ抜けるなんてことがよくあります。

そんな時は張り綱をキャノピーポールにくるっとひと巻きしてからペグダウン。こうすることで下方向にテンションがかかり、張り綱にすっぽ抜け防止&耐風性も高くなります。ヘキサタープなど1枚布タープでよく使われるテクですが、キャノピー張り出しにも効果ありですよ!

6.パネルを巻き上げるときは“内巻き”に!

img_1366

撮影:編集部

img_1365

撮影:編集部

IMG_1449-1
出典 : 大空の下でファミリーキャンプ

パネルを巻き上げる際に内向きに巻くのは、雨水が溜まるのを防ぐため。外向きに巻き上げると雨水の受け皿になってしまうのでご注意を。内向きにすれば巻上げを解除したときに、溜まった雨水がざーっと流れるのを防止できます。

7.ジッパーを閉める時は指を当てる

fngrZipper
出典 : HILLEBERG

テントのドアや窓を閉めるとき、テント生地がジッパーに噛んじゃった、なんてことありませんか?それを防ぐにはジッパーに指を当てながら閉めるのがコツ。これをするだけで生地の噛み込むことが少なくなり、テント生地やジッパーの長持ちにもつながりますよ!

ちょっとしたコツで楽しいキャンプを!

img_1413

撮影:編集部

テント設営の7つのTIPSを紹介しました。ちょっとしたコツですが、実践すればキャンプサイトでの快適さや安全度が上がります。まだまだコツはありますが今回は実践しやすい7つだけ。楽しいキャンプの時間を過ごすためにも次回のキャンプでぜひ挑戦してみてくださいね。

小さなコツがテントの長持ちに繋がります

まだまだテクニックはたくさん! ひとつずつ実践して身体で覚えましょう!

Tent set up tips!
テント設営のコツをつかもう!

Source: CAMP HACK