ナンガ

冬に欲しい“ぽかぽか”アイテム!アウトドアブランドの限定別注モデルが傑作揃い

アイキャッチ画像出典:ogawa

この冬手に入れたい!“ぽかぽか”な限定&別注アイテムが気になる

ロゴ

出典:BEAMS

寒くなると、防寒性のあるギアやファッションが気になりますよね。その上、限られた場所でしか購入できないアイテムや、豪華コラボの別注アイテムだった場合、購買意欲がそそられて仕方ありません。今しかゲットできないかも……と思うとなおさら!

出典:ogawa

そこで今回は寒い季節に活躍する、“ぽかぽか”な限定&別注アイテムを厳選してご紹介。冬キャンプや普段使いで活躍すること間違いありません!

早速ファッションとギアに分けて、チェックしましょう。

【ファッション】こだわりが随所に光る6アイテム

ナンガ×オレンジ「タキビ ダウン ジャケット」

出典:楽天

国産にこだわった寝袋で有名なナンガと、和歌山のアウトドアショップOrange(オレンジ)がコラボ。ベストセラーアイテムである「オーロラダウンジャケット」と、難燃素材を融合した別注モデルです。

万が一火の粉が飛んできても穴が開きにくいのが、焚き火好きには嬉しいですね。中綿にはダウンを封入しているため、防寒性もばっちり!
ナンガロゴ

出典:楽天

胸元のロゴは、数年前まで使用されていたクラシックロゴの復刻。シンプルなデザインなので、キャンプだけでなくタウンユースでも活躍してくれます。

ITEM



ナンガ タキビダウンジャケット
●サイズ:S,M,L,XL
●素材:中綿 /スパニッシュダックダウン 90-10% (760FP)
●平均重量:約1,029g

<!–

–>

形が素晴らしい。大きすぎず小さすぎず、キャンプでもタウンユースでもおしゃれに使える一品です。他の焚き火ダウンはどうしてもデザインが気に入らず敬遠していましたがこれは買って正解でした!!

グリップスワニー×オッシュマンズ「ボンファイヤー ボア ジャケット」

出典:OSHMAN’S

スポーツショップのオッシュマンズが、レザーグローブで有名なグリップスワニーに別注。独自の難燃素材を採用した「ボンファイヤー ボア ジャケット」は、大型ポケットが4つもあるため収納力抜群!

出典:OSHMAN’S

裏地はボア素材になっており、さらにはファスナーからの風の侵入を軽減するフラップも付いた、防寒性の高い一着です。

詳細はこちら 

カリマー×スティーブンアラン「 フリース フルジップ ジャケット」

ユナイテッドアローズが、イギリス発祥のアウトドアブランドKarrimor(カリマー)に別注した「フリースフルジップジャケット」。1990年代〜2000年代にかけて展開されていたモデルがベースのため、クラシックなデザインが印象的です。

こちらのフリースは体温調節に優れているのが特徴。脇下には汗をかいたときの熱気を逃がすピットジップが付いており、さらにはネック、ウエスト、裾の3か所にあるドローコードで冷気の侵入を防ぐこともできます。

タグにもちょっとしたこだわりポイントを発見! カリマーが1970年代に使用していたヴィンテージロゴを採用しています。

腰や首などの寒さを感じやすい部分には風を通しにくい生地を配しており、シンプルなデザインながら細かい箇所にまでこだわったアイテムです。

詳細はこちら

グラミチ×アレキサンダー リー チャン「コーデュロイ スケートパンツ」

ブラウン

出典:楽天

ストリートを軸にしたブランドのアレキサンダー リー チャンと、グラミチがコラボした「コーデュロイスケートパンツ」。目を引くツートンカラーがファッションにアクセントを加えてくれます。
ブラック

出典:楽天

明るいブラウンカラーはなかなか派手だな、という人にはブラックカラーという選択肢も。ワークパンツ的なシルエットと、グラミチらしいストレッチコーデュロイで動きやすさ抜群! アクティブに動きたい人にオススメのパンツです。

ITEM



アレキサンダーリーチャン グラミチ別注 CORDUROY SK8 PANTS
●サイズ: S、 M、 L、 XL
●カラー:ブラック、ブラウン

<!–

–>

キーン×エルネスト「ウィンターポート II」

camo

出典:KEEN

俳優である井浦新氏が手がけるブランドのエルネストが、キーンの定番ブーツ「ウィンターポート II」とコラボ。エルネストらしいカモフラージュ柄がかっこいいですね!

スノーシューや簡易アイゼンを取り付けられるので、雪山ハイキングにもオススメ。在庫が少なくなっているので、気になる方は早めにゲットしましょう!

ITEM



キーン ウィンターポート 2
●カラー:ブックツリーカモ/ミッドナイトネイビー
●素材:アッパー/ポリエステルブーティーとマイクロファイバーの補強材を組み合わせたライトウェイトアッパー 、ミッドソール/圧縮成型EVAミッドソール 、ソール:デュアルクライメートラバーアウトソール

<!–

–>

ザ・ノース・フェイス パープルレーベル×グリーン レーベル リラクシング「フィールドキャップ GR」

内側がフリース素材のポーラテックになっており、寒い季節にぴったりの「フィールドキャップGR」。さまざまなファッションと組み合わせやすい、シックなダークグリーンのカラーリングです。
バックル

バックルを外すと耳当てになるので、寒さの厳しい場所でもばっちり活躍してくれます。ぜひともおしゃれキャンパーにゲットしてもらいたい一品です。

詳細はこちら 

【ギア】所有欲まで“ぽかぽか”になる4アイテム

焚き火台やヒーターなど、ファッションアイテム以外もご紹介しますよ!

ogawa×オレゴニアンキャンパー「ファイアプルーフブランケット (S・M)」

出典:ogawa

こちらは、オレゴニアンキャンパーの「ファイアプルーフブランケット」にogawaのロゴが入った直営店限定モデル。焚き火の近くで使えるように、燃えにくい素材を使用しています。

出典:ogawa

膝掛けに使いやすいSサイズと、羽織ってポンチョのように使えるMサイズの2サイズ展開。羽織ることで衣服を火の粉から守ったり、チェアに掛けて穴空き防止のために使うのもオススメです。

詳細はこちら 

アラジン×BEAMS JAPAN「遠赤グラファイトヒーター(トリカゴ)」

ロゴ

出典:BEAMS

レトロな見た目のヒーターで人気のアラジンとBEAMS JAPANがコラボした「遠赤グラファイトヒーター(トリカゴ)」。BEAMSの店頭と公式オンラインショップのみでゲットできる貴重なアイテムです。
アラジンビームスコラボ

出典:BEAMS

ボディカラーには「代々栄える」の意味を持つ橙(だいだい)色を採用。見た目が可愛いのでリビングに置いてもオシャレですよね。金属製ガードがあるので、小さなお子さんがいても火傷が防げるので安心。

詳細はこちら 

ナンガ×山渓「オーロラ 600DX オールブラック」

出典:楽天

山好きのためのアウトドア用品を取り扱う山渓とナンガによる「オーロラ600DX オールブラック」。一番多く使うブラックの生地のみで作ることで、製造コストをダウンさせ3万円台という価格を実現。

とても人気があり、2020年2月下旬以降の納期となっています。早めの注文が◎!

ITEM



山渓×NANGA オーロラ600DXロングオールブラック
●総重量:約1250g
●収納サイズ:φ18×30cm
●ダウン量:約600g+20g
●サイズ:最大長228cm×最大肩幅85cm(身長185cmまで)
●素材:表生地:40dnオーロラテックス/裏生地:40dnナイロンカラー:ブラックフィルパワー:760FP

<!–

–>

サンゾクマウンテン×ナイスタイム「オルテガシリーズ マウンコル」

焚き火台

男前ギアでキャンパーを虜にしているサンゾクマウンテンと、アウトドアセレクトショップのNicetime(ナイスタイム)が作り上げた焚き火台。火入れをすると浮かび上がる繊細なオルテガ柄は、ずっと眺めていても飽きません。

人気アイテムのためいつも在庫があるわけではないので、見つけたときがチャンスです!

詳細はこちら

コラボアイテムは見逃せない!

コラボ焚き火台

いかがでしたか? 今しかゲットできない……というレア感が物欲をそそりますよね。“ぽかぽか”な限定アイテムを手に入れて、寒い冬をオシャレに乗り切りましょう! 売り切れてしまう前に要チェックですよ。

この記事が気にいったあなたに、オススメの3記事

Source: CAMP HACK

【みんな何着てる?】浩庵キャンプ場で見つけたキャンパー6人のガチ防寒着

アイキャッチ・記事中画像撮影:宿利 泰蔵

キャンパーのリアルな防寒着をチェック



冬キャンプを快適に楽しむために欠かせないアイテムといえば防寒着です。この時期は、みんながどんなアウターを取り入れているのか気になりますよね。

そこで早速、リアルキャンパーたちの防寒スタイルを調査してみました。保温性だけでなく、機能性やファッションも意識したアウター選びは、それぞれの個性やスタイルも反映されているようです。

調査に訪れたのは、本栖湖の『浩庵キャンプ場』

今回、アウター調査で訪れたのは山梨県にある浩庵キャンプ場。千円紙幣の富士山の絵でお馴染みの、本栖湖の湖畔にある大人気のオートサイトです。

富士山を望むレイクサイド(千円札とほぼ同じアングル!)にテントを張ることも可能ですよ。でも今回の目的は絶景ではなくアウター。ということで、早速キャンプ場で見つけた6名の防寒着をチェックしていきましょう。

ザ・ノース・フェイスの「アンタークティカ バーサ ロフト ジャケット」


油川真さん(38歳)▶着用アイテム:アンタークティカ バーサ ロフト ジャケット/ザ・ノース・フェイス、パンツ/リメイク古着、シューズ/ドクターマーチン

キャンプは友人だけでなくソロで楽しむことも多いという油川さん。今季の冬キャンプは、昨年購入したザ・ノース・フェイスの極上フリースジャケットが活躍中。ブランド史上、最強の保温力を誇るハイスペックモデルだけに、インナーはサーマルカットソーだけでも快適だとか。

このジャケットはキャンプ用として手に入れたので普段はあまり着ないです。デザインはスタイリッシュだけど保温力が高過ぎて、街ではちょっとオーバースペックなんですよ(笑)。

袖口は手の甲を覆う仕様

手の甲まで保温できるランバージャック仕様の袖口がすごく便利。このまま焚き火や料理もできるからキャンプ向きの機能ですね。

モコモコのフリースは首回りの保温性も抜群

ジップを上までしっかり閉めると、首回りもめちゃくちゃ温かい。それでも寒いときは防風シェル、雪が降ったら防水シェルを上から羽織れば防寒は完璧!

ITEM



ザ・ノースフェイス アンタークティカ バーサ ロフト ジャケット

<!–

–>

ナンガ×アーバンリサーチ ドアーズの「オーロラ」



HIKW__さん(35歳)▶着用アイテム:オーロラダウンジャケット/ナンガ×アーバンリサーチ ドアーズ、スラッシュパーカ/キャンプサービス、パンツ/ユニクロ、シューズ/ハイテック、キャップ/アンドワンダー

キャンプ歴は10年以上で、最近はインスタでキャンプ写真も投稿しているHIKW__さん。冬キャンプではダウンが定番とのことで、街でも使える一着としてアーバンリサーチドアーズ×ナンガの名作ダウンジャケット「オーロラ」をセレクト。

3年ほど愛用していますが、無骨過ぎないデザインとカラーリングでスマートに着用できるのがいいですね。冬はキャンプサービスのスラッシュパーカとレイヤードすることも多いです。

アーバンな短丈シルエットだけど腰回りは温かい

街でも使いたいから短めの丈が好きなんですが、このダウンは後ろがちょっと長めに作られているから、この着丈にしては腰回りの保温性も高いんですよ。

止水ファスナー付きポケットが機能的

ナンガのオーロラテック素材は防水性も高いし、ポケットも止水ファスナーだからスマホも安心して収納できます。保温性だけでなく機能性も高い一着です。

「2019 NANGA×DOORS Aurora」の詳細はこちら

パタゴニアの「クラシック・レトロX・ジャケット」



鈴木成美さん(32歳)▶着用アイテム:クラシック・レトロX・ジャケット/パタゴニア、ユニクロ/パンツ、シューズ/ザ・ノース・フェイス、キャップ/マーモット、バッグ/グレゴリー

女の子2人で遊びに来ていたガールズキャンパーの鈴木さん。本日は鍋パーティを楽しむため、カジュアルなスタイルを心掛けたとか。

愛用アウターはパタゴニアの名作モデル、レトロXジャケット。あえてメンズモデルをセレクトして、ゆったりとした着こなしを楽しんでいました。

ずっと欲しかったけど、売り切れでなかなか買えなかったレトロXジャケットです。レディースもあるけど、シルエット的にはメンズがいいなと思って、メンズのXSサイズを選びました。もちろん保温性もいいけど、ルックスもお気に入りです。

裏地は肌離れのいいメッシュ

裏地がメッシュだから着心地もいいですね。動きやすいし、汗もかきにくいと思います。Tシャツの上から羽織ってもサラッとしているので気持ちいいですね。

メンズモデルだけのカラーリングもお気に入り

パイル地が首回りも温めてくれるからネックウォーマーもいらないです。アクセントのブルーは、メンズだけのカラーリング。それもお気に入りのポイントです。



パタゴニア公式オンラインはこちら

ジャーナル スタンダードの「ラスカ 850Hフードダウン」



伊藤敬洋さん(36歳)▶着用アイテム:ラスカ 850HT フードダウン/ジャーナルスタンダード、フードベスト/ヘリーハンセン、パンツ/ナイキ、シューズ/ダナー、キャップ/NEC

インパクト抜群の迷彩ダウンパーカを羽織った伊藤さんは、今年は約10年ぶりのキャンプを満喫中。本日は日常でも愛用している迷彩柄のダウンジャケットを着用。インパクトがあるアイテムのため、それ以外はシンプルにまとめたとか。

定番のバルトロジャケットもいいなと思ったけど、周りと被りそうだからこっちに。入手して以来、冬のワードローブとして定着しています。お気に入りのポイントはグラフィックカモの総柄ですね。

襟高でフード部分もダウンがたっぷり

襟高だけどアゴにあたる部分はフリース生地だからジップを上まで閉めてもストレスフリー。しかもフード部分もしっかりとダウンが入っているから防寒性も抜群です。

ポケット内部もフリース地

両サイドのポケットの中がフリース生地になっているから、ハンドウォーマーとしても重宝しています。つい手を入れちゃいますね(笑)。しかもかなり容量があるんですよ。

「ラスカ 850HT フードダウン」の詳細はこちら

アークテリクスの「ゴアテックス製ハードシェル」



米村将生さん(39歳)▶着用アイテム:ジャケット/アークテリクス、パンツ/チャムス、シューズ/ナイキ、キャップ/ノーブランド

キャンプ歴は3年ながら、以前はトレッキングにハマっていたという米村さん。機能的なアウトドアウエアをキャンプスタイルにも取り入れていました。

古着屋で購入したという、アークテリクスのゴアテックス製ハードシェルを1番上に羽織ったレイヤードスタイルは、ポップなカラーリングも魅力です。

とにかくインナーに様々なアイテムをレイヤード

ハードシェルの防寒性を補うためにフリース、インナーダウン、Tシャツ、ベースレイヤーの順番で4枚のウエアをレイヤードしています。まだまだ着込めますよ(笑)。

ドローコードを締めて冷気をシャットアウト

裾のドローコードを締めると風や冷気の侵入を防ぐことも。アウトドアブランドのアウターは、こうした細部のギミックが優れていますよね。山でも頼りになるけど、キャンプでも使い勝手がいいんです。

オードリーアンドジョンワッドの「キルティングノーカラーロングダウンコート」



南條幸乃さん(34歳)▶着用アイテム:キルティング ノーカラー ロングダウンコート/オードリーアンドジョンワッド、ワンピースパーカ/ファクターイコール、キャップ/コントロールフリーク、ネックウォーマー、シューズ、タイツ/すべてワークマン

夫婦キャンプを満喫していた南條さんは、日常で愛用しているロングダウンコートをキャンプにも応用。しかし、ワークマンのモックシューズと合わせたり、緩く着こなせるスウェット素材のワンピースとレイヤードするなど、いつもよりアクティブで動きやすい着こなしを意識されています

このコートはシンプルなデザインとシルエットが1番のお気に入り。しかも撥水加工が施されていて、裾にもリブが入っているから防風性も高い。なかなかキャンプ向きのアウターなんです。

リラックスできるスウェットワンピとセットで愛用

キャンプスタイルはリラックスコーデが基本。ロングダウンは同じくらいの丈のワンピースパーカと合わせることが多いですね。シルエットがタイトだからレイヤードしてもかさばりません。

ロング丈だけどダブルジップだから座りやすい

ダブルジップ仕様なので、シルエットもある程度は自由に調整できるし、下部分を開けると座ったときに邪魔になりません。これ、焚き火のときに便利なんですよね。

「キルティング ノーカラー ロングダウンコート」の詳細はこちら

今年の防寒着、もう準備はいいですか?



リアルキャンパーたちは、しっかりと自分のスタイルにマッチする防寒着を選んでいましたね。まだ今季の防寒着に出会っていない人は、着こなしも含めて参考にしてみては?

撮影協力:浩庵キャンプ場

この記事が気にいったあなたに、オススメの3記事

Source: CAMP HACK

NANGA×platchampコラボ!難燃素材のエプロン新発売【アウトドア通信.063】

難燃素材の「TAKIBI DOWN APRON」新発売

NANGA×platchamp TAKIBI DOWN APRON

品質にこだわるJAPANブランドNANGAとplatchampが豪華コラボ! 暖を取るためのダウンエプロン「TAKIBI DOWN APRON」が新発売です。

NANGAの人気難燃素材を使用したエプロンは衣服の汚れを防ぐだけでなく、ブランケットのような使用法で防寒対策グッズとしても大活躍! その魅力に迫りましょう。

国産品質にこだわる「NANGA×platchamp」

NANGA×platchamp TAKIBI DOWN APRON

今回発売の新製品は、国産の羽毛商品メーカーとしてシュラフやアパレル製品を手がける「NANGA」。そして今までに無い新しいホーロー食器を日本職人の手により生みだした「platchamp」によるダブルタッグ!

製作工程からとことんこだわるブランドのコラボアイテムは、痒いところに手が届くような性能と他と差をつけるお洒落なデザインで、今の季節にあると嬉しいアイテムです。

では一体どんなシーンで活躍してくれるのかチェックしていきましょう!

こんなシーンでも使える!「TAKIBI DOWN APRON」3つの魅力

①エプロンのポケットを利用すれば小物の収納もお手のもの!

NANGA×platchamp TAKIBI DOWN APRON

「炭を扱かっていて気づかぬうちに衣服を汚していた!」なんて経験ありませんか? 今回発売のエプロンはNANGA製品の中でも人気の高い難燃素材を使用したエプロンです。

火を扱うシーンでも安心して着用することが可能。またポケットが付いているので、よく使用する小型トーチやスマートフォンなどの小物はポケットに入れておけば携帯もしやすく便利です。

寒さを感じた時は、ブランケットとしてサラッと羽織ればOK!

NANGA×platchamp TAKIBI DOWN APRON

寒い時はエプロンとしてだけでなく、ブランケットとして使うのもオススメ! 作業しているときは寒さを感じなくても、座ると冷え込んでくる今の季節。

立ったり座ったりをくり返すキャンプだからこそ、気軽に着脱のできるエプロンをブランケットとしても活用してみてはいかがでしょう。

NANGA×platchamp TAKIBI DOWN APRON

エプロンは紐で腰に結んで固定するタイプです。紐の必要が無いときは、スッキリと一纏めにできるようサイドポケットに収納できるので邪魔になりませんね!

③地面からの冷気を防いでくれるダウンの暖かさは、マットとしても◎

NANGA×platchamp TAKIBI DOWN APRON

実はこのエプロン、就寝する際にも使えます。シュラフの中に入れインナーシュラフとして、またチェアカバーやコットに敷いてマット代わりとしてもダウンの暖かさをフル活用できるのでオススメです。

いかがでしたか? コラボアイテムは、NANGA独自のダウン素材とそれを活かすplatchampのデザインで、キャンプで120%活躍する冬のアイテムに仕上がっていますね。

店頭には早くて12月初旬から中旬にかけて、またZOZOTOWNでは先行予約販売が開始しています。気になる方は下記の詳細をチェックしてくださいね!

【TAKIBI DOWN APRON】
●素材:表生地: ケブラ93%,ナイロン7% 裏生地: ナイロン100% 羽毛: STD(ホワイトダックダウン80% フェザー20%)
●羽毛量: 25g
●大きさ:丈52.5cm 幅79cm ヒモ長さ95cm(片側)
●価格:17800円(税抜)
※この製品は製品の特性上、縫い目の部分よりダウンやフェザーの抜けがあることがあります。
※難燃素材を使用していますが、一定以上の時間熱をくわえられると穴があきますので取り扱いには注意して下さい。

ZOZOTOWNで先行予約販売を受付中! 詳細はこちら
NANGA公式サイトはこちら
platchamp公式サイトはこちら

アイテム情報も満載!CAMP HACKトップはこちらCAMP HACKトップページではアウトドアアイテム情報も満載! ぜひチェックしてみてください。

Source: CAMP HACK