バケツ

新しい定番ギアは「バケツ」!? 一軍ギア入りさせたくなる、男前バケツ3選

アイキャッチ画像出典:Instagram by@feelingoodgeneralstore

新たな定番ギアとして最注目の“男前バケツ”

出典:Instagram by @feelingoodgeneralstore

最近じわじわと人気の高まってきている新ジャンル、それは「バケツ」。もともとウォータージャグの水受けとしても使うことがある道具ですが、今はそれだけじゃないんです!

出典:Instagram by@standard_point

収納ギアとして、ジャグ本体として、はたまたベンチとしても使える多用途に活躍する男前なバケツたちをチェックしていきましょう。

男前な新型バケツ、キャンプでどう使う?

まずはバケツの可能性を探ってみましょう。水を入れる以外に、キャンプギアとしてどんな使い道があるんでしょうか?

薪&焚き火関連グッズをひとまとめに

出典:Instagram by @soo1979

1番よく見かけるのが、バケツの中に薪を入れて、オプションのベルトに焚き火関連グッズを収納する使い方。地面が濡れていても薪が湿らず、ツールがまとめられて使い勝手がよく移動にも便利ですね。

ペレットストーブの燃料専用ケースに

出典:Instagram by @ayan00n

冬キャンプの頼もしい味方、ストーブ周りでも大活躍。山林伐採時の副産物である端材や木くずなどを圧縮成型したエコな燃料「木質ペレット」を入れて運ぶのにもピッタリです。

アイディア次第でキャンプギアとしての大きなポテンシャルを秘めたバケツ。今回は男前度ピカイチのおすすめバケツと併せて、使い方実例も一緒に詳しくみていきましょう。

購買欲が刺激されまくりの“男前バケツ”2つ

キャンプで便利なのはもちろん、とにかくその男前っぷりに購買意欲が刺激されまくりのおすすめバケツ2点をまずはご紹介! フライングゲットにご注意を?!

その① YETI「ロードアウト 5ガロンバケツ」

出典:Instagram by @mmf_tools

バケツ界の常識を覆すスペックで、キャンプバケツシーンをリードする存在がこちら。YETI公式サイトに「事実上破壊することは不可能」とあるほどの頑丈さが魅力です。

特筆すべきは別売りオプションの充実度。ポケットがたくさんついた「ユーティリティベルト」をセットすれば、グローブなどの小物がじつにカッコよく収まります。

出典:Instagram by @yeti

こちらは、ガストーチやナイフなどの小物を入れるのに便利な仕切り「キャディー」。

出典:YETI

さらに、釣行時などに便利な完全防水仕様のフタ「リッド」は、ハニカム構造で人が座ってもビクともしない強度。椅子としても使えるなど、オプションパーツで用途の幅がどんどん広がるのもこのバケツの魅力なんです。

出典:Instagram by @kkimu55

防水性能をうまく利用した使い方がこちら。シュノーケルなどマリンスポーツで濡れたギアを収納するのにも便利です。

出典:Instagram by @ttttttakshi

スイカを丸ごと冷やしておくのにもピッタリ! 保冷性能はありませんが、氷と一緒に入れておけば目にも涼しく風流な使い方ですね。

ITEM



イエティ ロードアウト 5ガロン バケット
●サイズ:<外寸>33.66 ×33.66 × 40.32 cm
●容量:20.8ℓ
●重量:2.38kg
●材質:シェル/ポリエチレン

<!–

–>

ITEM



YETI ロードアウト ユーティリティギアベルト
●サイズ:<外寸>33.02 ×33.02 × 21.59 cm
●重量:0.68kg

<!–

–>

ITEM



YETI ロードアウト キャディー
●サイズ:<外寸>31.12 ×31.12 × 13.02 cm
●重量:1.13kg

<!–

–>

ITEM



YETI ロードアウト リッド
●サイズ/外寸:33.66 ×33.66 × 2.54 cm
●重量/0.91kg

<!–

–>

その② ディーライト「アイスバケツ」

出典:楽天

続いてご紹介するのは、ハイスペックな保冷力で人気の「アイスランドクーラー」のOEMブランド・Deelight(ディーライト)の「アイスバケツ」。無骨なフタのフォルムとブラックパーツが絶妙にマッチしたルックスがなんとも男前です。

出典:楽天

じつはこちら正面にコックがついていて、保冷力のあるジャグとして使えるバケツなんです。ボタンを押すだけの簡単給水ですぐに冷たい水が飲めて便利。

出典:Instagram by@tomo_tomo_yannn

厚さ約3.5cmのボディに充填された断熱材と、冷蔵庫並みの密閉力を誇る二重構造のシーリングで、約3日というハイスペックな保冷力。キャンプでもキンキンに冷えたビールが楽しめます。

さらにフタにはクッション座面がついて椅子としても使えるマルチぶり。

出典:Instagram by@bibendum5

さらにこのアイスバケツ、ディーライトのブランドロゴはシールとして同梱されていて、ボディーは完全に無地。自分好みのステッカーなどで自在にカスタムできるのも魅力です。

ITEM



ディーライト アイスバケツ 2.5ガロン
●容量:2.5 Gallon(9.34L)
●サイズ:<外寸>(約)幅43×奥行40×高さ43cm
<内寸>最大直径(開口部)約幅22×最小直径(底部)18×高さ26cm
●重さ:約5.1kg
●カラー:タン、グレー、オレンジ

<!–

–>

ITEM



ディーライト アイスバケツ 5ガロン
●容量:5Gallon(18.9L)
●サイズ:<外寸>(約)幅43×奥行40×高さ43cm
<内寸>最大直径(開口部)約幅28×最小直径(底部)23×高さ33cm
●重さ:6.2kg
●カラー: タン、グレー、オレンジ

<!–

–>

さぁ最後は、一般的なバケツサイズに装着できる男前すぎるオプションギアの登場です!

普通のバケツが一気にワイルドになるオプションギア

バケットボス「バケッター」

出典:Instagram by@feelingoodgeneralstore

最後は工具収納アイテムブランドBucket Boss(バケットボス)から、バケツ自体ではなくバケツ用アクセサリーをご紹介。この見た目から分かるように、内外合わせて30ものポケットが完備。

バケツに装着すれば、男心鷲掴みのシステマチックなツールボックスに大変身するオプションギアです!

撮影:編集部

工具収納用というだけあって、頑丈なリップストップナイロン素材を採用。登山用品にも広く使用され、軽量ながら強度が高く、撥水・防水性に優れるのでアウトドアユースにピッタリ。

出典:Instagram by @thebucketboss

出典:Instagram by @ogreen.jp

公式オンラインストアには、別売りオプションで装着した状態で座れるフタ「バケットシート」や小物収納に便利な「パラシュートバッグ」なども。

ほぼ全ての5ガロンバケツに対応しているので、手持ちのバケツを男前カスタムする楽しみが広がりますね。

出典:Instagram by @thebucketboss

こちらは、ナイフやフォーク、ペンライトなどあらゆるキャンプギアをひとまとめに収納している例。次のキャンプはポケットに何を収めるか考えるだけでワクワクします! 

ITEM



バケットボス バケッター 30
●素材:600ポリーリップストップ素材
●仕様:収納ポケット30個
●対応サイズ:ほぼすべての5ガロンバケツに対応

<!–

–>

ITEM



バケットボス バケッター56
●素材:600ポリーリップストップ素材
●仕様:収納ポケット56個
●対応サイズ:ほぼすべての5ガロンバケツに対応

<!–

–>

ITEM



バケットボス ガーデンボス
●素材:600ポリーリップストップ素材
●仕様:12ポケット
●対応サイズ:ほぼすべての5ガロンバケツに対応

<!–

–>

圧倒的存在感で男前っぷりをアップデート!

出典:Instagram by @nobi0306

キャンプギアとして大きなポテンシャルを秘めたバケツ。便利なのはもちろん、圧倒的存在感を放つ“男前バケツ”なら、サイトの男前っぷりアガること間違いなしですよ!

この記事が気にいったあなたに、オススメの3記事

Source: CAMP HACK

お値段約5,000円!常識を打ち破るYETIのバケツ「ロードアウト」が最強らしい

アイキャッチ画像出典:Instagram by @ soo1979
※記事内価格表記は、YETI公式サイトの日本円価格に基づきます。

あのYETIから、とうとうバケツが登場

出典:YETI

タフなクーラーボックスでおなじみのアメリカのブランド「YETI(イエティ)」に、バケツがあるのをご存知ですか?

2017年に発売され、日本のキャンパー間でもYETIファンを中心に話題になっています。

YETIといえば……

出典:A&F

数々の伝説を持つYETI、ハードクーラーにおいては「入れた氷は一週間経っても溶けない」「熊に襲われても壊れない」や……

Instagram Photoソフトクーラーですら、こんな漂流の事態にも耐えられるタフっぷり。

そんなYETIスピリッツを継承したバケツとなれば、これは期待が膨らみます!

どうやら、スゴイらしい

YETIのバケツ「LOADOUT(ロードアウト)」は、いろいろな意味で予想を裏切らないハイスペックぶり。そんなレジェンダリーなバケツを、徹底チェック!

バケツが約5,000円!さすがYETI、そのワケは?

破壊不可能なほどに頑丈

出典:YETI Facebook

本来YETI製品は、狩猟や釣りなどよりハードなアウトドアに使われること前提で、とても頑丈に造られています。バケツも然りで、重さは本体だけで約2.6kg。

公式サイトに「事実上破壊することはできません」という記載があるほどで、一般的なプラスチック製のバケツとは、もはや別物です。

やっぱりカッコいい!

Instagram PhotoYETIといえば、インダストリアルなこの見た目も大きな魅力ですね。バケツにもこのテイストが踏襲されています。



 

出典:GEARJUNKIE

カラーはチャコール・ホワイト・タンに、ターコイズブルーに近い色味のシーフォームの4色。いずれも自然になじむアースカラーで、特にミリタリーテイストのギアとの相性は抜群!

同色のクーラーと揃えれば、圧倒的なオーラが期待できます。

オプションが、またイイ

出典:YETI

よりタフに使える各種オプションも充実しています。釣行時に便利な専用のフタは、蜂の巣のようなハニカム構造を採用しており、衝撃に耐える強度が図られています。

出典:YETI

強力に密閉できる防水仕様なうえに、取り外しはスムーズという見事なアウトドアユース。フタだけで約3,500円という価格にも納得!?

出典:YETI

そしてこちらは、仕切り。ガストーチやナイフなど、キャンプまわりの小物を入れておくのにも便利そうです。

Instagram Photoオプションパーツがあれば、本来のバケツとしてだけでなく用途の幅が広がりますね。ちなみにお値段、約2,500円です。

出典:YETI

いち早くYETIのバケツを入手したキャンパーの多くがセット買いしているのが、このベルト。弾帯ベルトを思わせるこのルックス、ミリタリー好きにはガッチリはまりそうです!

Instagram Photoポケット付きで、グローブなどの小物もカッコよく持ち運べます。こちらはお値段、約4,500円。

ITEM



イエティ ロードアウト ファイブガロン バケット
●サイズ : 上直径33.0×高さ41.0×底直径26.5cm
●カラー:ホワイト・シーフォーム・デザートタン・チャコール
ITEM



イエティ ロードアウト リッド
ITEM



イエティ ロードアウト キャディ
ITEM



イエティ ユーティリティ ギアベルト

YETIのバケツなら、もはやどう使ってもアリ!

カッコよくて機能面も文句なしというこのバケツ、実際どんな風に使えるのでしょうか? 続いてはYETIだから成立する、そんな使用シーンが登場!

さり気なく、薪入れとして

Instagram Photo頑丈さと見た目のカッコよさをフル活用したいYETIのバケツ。薪を入れておけばこの通り、サイトの雰囲気5割増し!

お魚をダイレクトイン

出典:YETI

公式サイトには「万が一に備えるフードコンテナとしてもOK」と書かれています。バケツなので保冷力はありませんが、釣った魚を入れちゃうのもアリの模様。

料理の下準備に

Instagram Photoこちらは、よ~く見ると丸鶏が完全に漬け込まれています。だんだんとバケツの域を超えてきましたね……。

おやつも入れちゃう?

Instagram Photo大量のお菓子が、ドッサリと! 容量5ガロンは、約19L。子供が喜ぶおやつのつかみ取りも余裕です。

贅沢に、ワンちゃんグッズを収納

Instagram PhotoYETIなら、ペットがハードに扱っても問題なし。当のワンちゃんは値段を知る由もないですが、何とも贅沢です。

後半から「YETIのバケツじゃなくても良くない……?」という声も聞こえてきそうですが、それも含めいろいろな意味でYETIは最強です!

最強バケツ部門も、YETIに決定

出典:YETI

最強ブランドYETIは、バケツも最強でした。もちろん座ってもビクともしません。持っているだけで注目を集めるこのバケツ、YETIクーラーのユーザーも増えてきた今、周りと差をつけるならコッソリ入手しちゃいましょう!

クーラーとバケツだけじゃない

クーラーボックスのブランドというイメージが強いYETIですが、実はバッグやアクセサリー類もあります。YETIのあのテイストが好きなら、ドリンクホルダーも要チェック!

YETI,Such A Legendary Buckets!

イエティバケツは伝説級!

Source: CAMP HACK