春のキャンプはワクワクがいっぱい!



暖かくなってきましたね。春の日差しが心地よく、日中は散歩に出かけたくなります。YURIEのゆるっとバンライフ第4回目です。

今回は、特別ゲストを連れてワクワクなバンライフをしてまいりました。それでは、レッツゴー。



今回の行き先は、神奈川県相模原市の『青野原オートキャンプ場』。ここは河津桜とソメイヨシノが植えられていて、お花見キャンプには絶好のキャンプ場。

天気に恵まれ、気持ちよくドライブしながら向かいます。

特別ゲストとは…?



ここで、特別ゲストを紹介します。

ジャーン! 直流炊飯器の”タケルくん”です。人ではないですよ(笑)。なんと車の中でご飯が炊けちゃう優れもの。



使い方は簡単です。コードを電源ソケットに差し込み、無洗米と水を入れてボタンを押すだけ。約30分で炊き上がります。



でも「ただのご飯じゃ面白くない!」ってことで、今回はタケノコご飯を作ります。アクセントに桜えびとスナップエンドウをトッピング。

車中で炊き込みご飯が美味しく作れるのか、ドキドキワクワクです。

あっという間に目的地に到着



そんなこんなで目的地に到着しました。葉桜になっていたのが残念ですが、道志川が綺麗なので良しとします。



まずは、設営から。タープを張って、リビングを作るだけなのであっという間。車で寝るのでテントは張りません。

今回使ったキャンプギアはこちら!



ここで、ゆるっとアイテム紹介。まずは「コールマンシーズンズランタン2019」。

今日初おろし。1970年代のアメリカンコーヒーショップをイメージしたデザインがキュート。メイドインUSAというところにも惹かれます。夜の点火が楽しみです。



「QUICK CAMPアウトドアキャリーワゴン(サンド)」

こちらも初おろし。何かと便利なキャリーワゴン。シンプルなデザインとサイトに馴染みやすいサンドカラーが気に入っています。



「BRITA フィルアンドゴー(携帯用浄水器)」

最近毎日持ち歩いています。水道水が美味しい水に早変わり。経済的にも環境にも優しいのでGOOD。

タケルくんに入れたのは、フィルアンドゴーの水です。バンライフには必要不可欠な存在となりました。

さて、ごはんは美味しく炊けたかな…?



そして、お待ちかねのタケルくん。無事に炊けたかなぁ……。



ジャーン!!! お、美味しそう!!!

タケノコご飯の優しい香りが鼻から抜けます。



見て! おこげも美味しそう。テンションが上がります。



シェラカップによそっていざ実食です。



さて肝心の味は……。もぐもぐ。

うん、美味しい!!! ただ入れてボタン押しただけなのに。タケルくんに感謝。

あっという間に、2人で2.5合を平らげてしまいました(笑)。

美味しいごはんの後は、焚き火タイム



美味しいご飯の後は、焚き火をしながらリラックス。川のせせらぎと焚き火のパチパチした音に癒されます。



このキャンプ場は、直火OKなんですよ。直火っていつもよりテンションが上がりますよね。

ネイチャー感3割り増し。



さて暗くなってきたので、シーズンズランタンを灯します。グローブに描かれたデザインがこれまた可愛い。



夜が更けてきたので、そろそろ寝ます。今日のお宿はこちら。



ボタン電池式のジュエリーライトをタッカーで打ち付けています。川のせせらぎをBGMにして、おやすみなさい。



今回も最高のバンライフでした。MVPは言わずもがな、タケルくんですね。みなさんもぜひ、車でご飯を炊いてみてください。

それでは、また次回をお楽しみに!!

~第5回に続く~

YURIEさんの過去連載はこちら!

Source: CAMP HACK