マット

コスパ最高な要注目ブランド「WAQ(ワック)」の人気2アイテムをガチ調査!

アイキャッチ画像撮影:筆者

「WAQ(ワック)」って知ってる?

撮影:筆者

突如現れたキャンプ界の新星ブランド「WAQ(ワック)」。

オフィシャルサイトを覗いてみると、高機能かつコストパフォーマンスの高い商品がラインナップされていて、アイテムの色合いも、大人っぽいカーキや、カーキと相性のいいオレンジが基調。他にはないカラーリングが魅力的なブランドです。

調査するアイテムはこの2つ

撮影:筆者

今回ピックアップするアイテムは、「充電式LEDランタン」「キャンプエアーマット」の2つ。どちらも相場より安い値段設定のため、実際のパフォーマンスが気になるところ。

そこで、ワックの人気アイテムをインプレ調査! 「ここがイイ!」な魅力ポイントから、知っておきたい注意点まで、詳しく掘り下げていきます。

「ワック」が生まれた背景

Instagram Photoアイテムをインプレする前に、「ワック」が生まれた背景について気になったので調べてみたところ、あれれ、ブランド背景に関する情報があまりヒットしない……。

ということで直接問い合わせてみたところ、大阪を拠点にアウトドア好きのメンバー3人によって立ち上げられたブランドとのこと。

「キャンプ経験のない人にもアウトドアの魅力を伝えたい。自分たちもワクワクする様なアウトドアギアが作りたい」という想いから、「WAQ (ワック)」と命名したそう。

ワンタッチ組み立てのタープテントからスタートし、キャリーワゴン、LEDランタンなど、キャンプアイテムを徐々に拡大しています。

非の打ち所なくない?満足度200%の「充電式LEDランタン」

撮影:筆者

ということで、まずは「充電式LEDランタン」を調査。どことなく“ルーメナー”を彷彿とさせるルックスのLEDランタンですが、機能はどうでしょうか? 明るさや仕様を隅々までチェックしていきます!

明るさは1000ルーメン!

出典:楽天

手のひらサイズのコンパクトさながら、最大輝度は1000ルーメン! 類似のルーメナーは1300ルーメンだったので、少し明るさは劣るようです。一般的にキャンプサイト全体を照らすメインランタンに必要な明るさは1000ルーメン以上と言われているので、メインクラスの明かりとして活躍してくれるレベル。

色温度は3パターンあり、4段階に調光可能。その場の雰囲気に合わせてモードを変更することができます。この辺りはLEDランタンのもはや標準スペックと言えるかもしれませんね。

かなり気が利いてる!充実の付属品

撮影:筆者
ランタン本体に付属しているのは、専用ポーチ、micro USBケーブル、防滴キャップ、カラビナ×2個、取扱説明書です。すべてポーチの中に収納OK。

撮影:筆者

キャンプサイト全体を明るく照らせるスペックがあるわけですから、当然ぶら下げて使いますよね。で、このハンドル中央の窪みがミソ。これがあることで本体が左右に偏ることなく、真下を照らすことができます。これはルーメナーにはない気配り。

そして、ランタンフックがないところでも使えるように最初からカラビナが2つ付いている点もありがたいポイントです。

スマホの充電もおまかせ

撮影:筆者

電池容量は10,000mAh。このバッテリーを使って、満充電時でiphone Xを2.5回充電ですることができます。

撮影:筆者

そして、ここも気が利いてるなと思った、接続口。機種違いであっても、これ1セットで対応できるほか、接続口が連結してあるので、紛失する心配がありません。この部分が単独パーツになっていると、結構失くしちゃうんですよね……。

撮影:筆者

バッテリー残量も一目瞭然。使用可能時間は使い方にもよりますが、7~100時間程度使うことができます。

防滴キャップ付き

撮影:筆者

ケーブルの接続部分には、埃や水滴の侵入を防ぐ防滴キャップが付いています。ただし、こちらは単独パーツになっているため、失くさないようにしましょう。

重量はすべて込みで314g

撮影:筆者

重量はすべて込みで314g、本体のみで220g(筆者実測)。これなら登山にも持って行ける範囲の重量でしょう。

これだけコンパクト&軽量なので、もしもの時の備えとして携行するのも良さそうですね。

さて、気になる価格は……

ハイスペックなこのLEDランタンの気になる価格は、定価で9,800円 (税込)。ルーメナーの定価と比較すると、2千円ほどお安い設定です。

通販サイトのレビューを覗いてみると、ルーメナー愛用者からも高評価が多く「防水性を重視しないのであればコスパ最高」など、価格面でかなり納得のアイテムの様子。

撮影:編集部

「優秀なLEDランタンを探している」、「2つ目のルーメナーが欲しいけど価格が……」と悩んでいる人に、ワックのLEDランランの存在は朗報ではないでしょうか!

ちなみに、ワックでは時折タイムセールクーポン配布を実施しているので、よりお得に購入したい方はこまめに公式インスタグラムなどをチェックしておくといいですよ!

公式インスタグラムはこちら

「キャンプエアーマット」はどうだろう?

撮影:筆者

続いては、枕が付いているピローと一体型の「キャンプエアーマット」を検証していきます。

スリムで軽量

出典:WAQ

マットってシュラフと同じでかさばるアイテムですよね。ですが、収納時は1Lペットボトルの大きさ。バックパックのサイドポケットに収まるくらい、コンパクトに持ち運べます。

撮影:筆者

重量は、実測で454g。500mlペットボトル1本ほどの重さです。

逆止弁ですんなりエアー注入

撮影:筆者

エアー注入口は、逆止弁になっているので、空気漏れを気にすることなく、スピーディーに膨らませることができます。

実際にタイムを計ってみました

撮影:筆者

膨らむまでどのくらいの時間がかかるか、実際にタイムを計ったところ、結果は50秒。12回ほどフーフーしたらパンパンに空気が入りました。
ウェブサイトには男性で10~20回、女性で20~30回と書いてありましたが、思っていたより簡単で、膨らむまで早かったです。

ピローは好みの厚さにできる

撮影:筆者

ピローは一体型ですが、バルブが独立しているので好みの厚さにできます。個人的にパンパンだと頭が不安定で落ち着かないので、この点はかなり高ポイントでした。さりげないところですが、快眠のためには大事なポイントですね。

さて、寝心地はいかに?

撮影:筆者

固い地面と砂利の上で寝転んでみましたが、地面のデコボコを拾う感じはなく、寝心地良好!

撮影:筆者

この細かくて立体的なエアポケットが体にフィットする理由です。エアマットにありがちな浮いた感じがしにくく、優しく支えてくれている感じがしました。

注意しておきたいところ

注意したいのは、使用する時期気温。4月中旬頃に神奈川県のキャンプ場で使用したところ、底冷えしてしまい、とくに朝方は「背中が冷えるな……」と感じました。

地面と体の間に空気の層はできますが、マットの中に断熱材が入っていないため、保温力はあまり期待できません。そのため、個人的には暖かいシーズンに使うか、シュラフのスペックを上げたり、シュラフの中にINしたりして使ってみようと思います。

もちろんマットもコスパ良し!

出典:WAQ

気になるお値段は、定価で3,980円(税込)。バルブの仕様やフィットするエアポケットなど、細部までこだわった作りになっているので、これはお値段以上ではないでしょうか。

ITEM



WAQ LEDランタン
●明るさ:1000lm – 100lm
●点灯パターン:3パターン(昼光色 / 昼白色 / 暖色 )
●バッテリー:LG社製10,000mAhリチウムイオン蓄電池

<!–

–>

ITEM



WAQ キャンプエアマット
●サイズ:長さ176cm x 横幅55cm(最大64cm) x 厚み4cm(まくらの厚み:10cm)
●収納サイズ: 長さ25cm x 横幅12cm
●重量:440g
●生地:20Dナイロン

<!–

–>

ほかにはこんなアイテムを展開中

出典:WAQ

現在は、キャリーワゴン、寝具、タープなど、比較的スタンダードなアイテム展開中。

今後は、「人気商品に新色を追加したり、冬キャンプでも活躍する新商品を企画したりしている」(ワック担当者)とのこと。より充実したラインナップとなりそうです。

出典:WAQ

個人的には、コスパが良くて使い勝手のいいキッチンテーブルを熱望したい!

ちなみに、ワックはとにかく初心者に優しい

出典:WAQ

ワックの製品にはQRコードが付いていて、スマホさえあればどこでも取扱い説明動画をチェックすることができます。キャンプ初心者には本当に嬉しい配慮ですね。

新作にも期待が高まる!

出典:WAQ

誰でも使いやすく、思わずキャンプに出かけたくなるような商品を提供するブランドを目指して走りはじめた「ワック」。きっと幅広いキャンパーに愛されるブランドに成長していくことでしょう。新作にも期待が高まります。

「ワック」のオフィシャルサイトはこちら

山畑 理絵の記事はこちら

Source: CAMP HACK

スノーピーク製品を使った5つの裏ワザ、こっそり教えます!

記事中画像撮影:すべて筆者

初心者から上級者まで愛されるスノーピーク

スノーピークといえば焚き火台やソリッドステークなどといった名品で知られる、今や日本を代表するアウトドアメーカーですよね。

今回は大のスノーピーカーである筆者が、自前のスノーピーク製品を使った裏ワザを公開します! 新たな発見があるんじゃないでしょうか!?

そんな手があったのか!以外と知らない5つの裏ワザ

ここではスノーピーク製品のみ、5つを使用した裏ワザを公開します。(アイテムによっては本来の目的にそぐわない使い方もあるので、あくまでも参考程度に!)

「なんで今まで気づかなかったんだ~!」と思わず叫んでしまいたくなるような斬新テクニックが出てくるかも?!

①ソリッドステーク使いの裏ワザ



スノーピークのアイコン的存在といえるほど大人気のペグ「ソリッドステーク」。とにかく頑丈で、どんなに硬いフィールドでもだいたいペグダウンできてしまう代物です。

ビギナーからベテランまで、あらゆるキャンパーの心強い味方であるソリッドステークはガッチリ打ち込める反面、食い込みすぎて抜くのに一苦労、なんてことも。



打ち込まれたソリステを抜くときは、ペグハンマーのペグ抜き部分で抜き取るのが通常のパターンです。

よく見るとペグは楕円形をしており、抜き時にグリッと横にひねると穴が広がってスポッと抜けるように作られています。

ここで最初の裏ワザです! じつは同じ作業をソリッドステーク同士でできてしまうんです! ソリステ愛用者なら「もうやってるよ!」という方も多いのでは?

1本ペグを抜いたらそれをペグハンマー代わりに使えます。ソリッドステークの引っ掛け部分でもペグハンマーと同様にグリっと回せて、同じ役目を果たしてくれるのです。

意外とペグ抜き作業って1人でやると大変ですよね。でもこれなら1人はペグハンマーで、もう1人はソリッドステークでというふうに、ペグ抜きを2人同時進行でおこなえますよ!

ITEM



スノーピーク ペグ 30cm ソリッドステーク
■重量:180g
■サイズ:300mm(ヘッド部直径15mm、打ち込み部直径8mm)

<!–

–>

②インフレータブルマット2つを1つにまとめる裏ワザ



キャンプだけでなく登山などでも必須の寝具、キャンピングマット。

スノーピークから発売されている「インフレータブルマット テレコ」は2つのマットを1つにまとめて収納することができるんです。

もともとこの収納用スタッフサックはかなり長めに作られています。これを利用するのです。



スタッフサックのデッドスペースを利用して、この通りもう1つのマットをきれいに収納することができました。

これは荷物を一つにまとめたい時に意外と使える裏ワザです!

ITEM



スノーピーク  インフレータブルマット テレコ
■サイズ:W60×D198×H2.5cm
■収納時サイズ:直径16×30cm
■重量:0.8kg(ポンプ収納ケース含む)

<!–

–>

③焚き火台Lと炭床Mの裏ワザ



お次は「炭を入れすぎちゃった」「ちょっと火が強すぎる」なんて時に使える裏技です。

焚火台のオプションで売られているバーベキュー用のグリルブリッジは、高さ調節が3段階できるようになっています。

でもワイルドに炭を入れすぎると火力が強くなりすぎて、ブリッジを一番高く設定しても焦げてしまうことがあります。

それを防いでくれるのが炭床Mとのドッキング作戦。

焚火台Lに炭床Mをセットすると、本来ペアである炭床Lよりも深く沈むので、火力の調節が絶妙にしやすくなります。炭の扱いに不慣れな方にこのコンビは特にオススメです。



炭床Mだと深さが出るので、焚火の際に炭床をセットしたまま薪を投入しやすくなります。

しかし、やはり本来の炭床Lのほうが燃焼効率がいい場合もあるので、LとM両方持っておいて状況に合わせて使い分けるのがベストかもしれませんね。

ITEM



スノーピーク 焚火台 L
■サイズ:450×450×300mm
■収納サイズ:560×640×32mm
■重量:5.3kg

<!–

–>

ITEM



スノーピーク 炭床 M
■サイズ:250×250×20mm
■材質:鋳鉄(クリア塗装)
■重量:2.4kg

<!–

–>

④「ほおずき」を使った裏ワザ



スノーピークの大人気ランタン「ほおずき」。最近はLINEとのコラボほおずきが発売されるなど何かと話題の商品です。

タープポールで使用する際には通常、横にのびるランタンハンガーをセットしてそこにほおずきをぶら下げるのですが、じつはランタンハンガーなしでも大丈夫だったりするんです。



ほおずきのフックの大きさはタープポールにぴったり! ポールの支柱に直接引っ掛けるだけで、ほおずきの重みでそのまま固定されます。

地味ですがランタンハンガーを忘れてしまった時や、足りない時に重宝する裏ワザですよ!

ITEM



スノーピーク ほおずき
■サイズ:直径107mmx高さ87mm(コード部を含まず)
■重量:165g

<!–

–>

⑤「チタンマグ」スタッキングの裏ワザ



こちらもキャンパーやハイカーならひとつは持っているであろうスノーピークの名作「チタンマグ」シリーズ。

シングルウォールとダブルウォールの2種類があり、サイズも450ml、300ml、220mlとバリエーション豊かです。



でもマグって意外とかさばってしまいますよね? そんな時にマグをきれいにまとめる方法があります。

実はシングルマグはスタッキングすることができるのです! シングルウォール限定になってしまいますが、各サイズをバラで持っていれば450mlの中に、他の2サイズがすっぽり収納できるのです。

ちなみにダブルウォールであれば450mlの中に220mlを、廃盤になってしまった600mlの中に300mlをスタッキングすることができますので、お持ちの方は試してみてくださいね。

ITEM



スノーピーク チタン シングルマグ 450
■容量:450ml
■素材:チタニウム
■重量:70g
■生産国:日本

<!–

–>

さっそくキャンプで裏ワザ実践!



どうですか。気になるスノーピークの裏技は見つかりましたか?

キャンプギアを使ってあれこれ試していると、思わぬテクニックが見つかったりしますよね。皆さんもお手持ちのスノーピーク製品をぜひ使い込んで、独自の裏ワザを見つけてください!

設営テクニックも覚えておこう!

スノピのドックドームはいかにも立てるの大変そうに見えますが、はたして……。

Let’s get the camping technique by Snow Peak gear

スノーピーク製品で裏ワザ披露!

 

Source: CAMP HACK

連載企画:『コレがなきゃ始まらない!私的キャンプの逸品』辰巳健太郎さん編

CAMP HACK不定期企画『コレがなきゃ始まらない!私的キャンプの逸品』第15回は辰巳健太郎さん!

camphack_uncle15

CAMP HACKの不定期連載企画『コレがなきゃ始まらない!私的キャンプの逸品』。

アウトドア界で活躍する方々に、これがなくっちゃ私のキャンプは始まらない!という「キャンプの必携アイテム3点」(キャンプギアから雑貨、食品などなんでもOK!)という同テーマでインタビューさせていただき、各人にそのモノへの想いや、使い勝手などを語っていただく企画です。

第15回はラジオのアウトドア番組でパーソナリティやディレクターとして活躍中の辰巳健太郎さんが登場!

プロフィール:辰巳健太郎(たつみけんたろう)

辰巳健太郎さんインタビュー

ラジオパーソナリティ/ディレクター。FMヨコハマの人気アウトドア番組「The Burn」のディレクターに就任したことをきっかけに、アウトドアの魅力にハマる。

2015年からは第2の故郷・静岡のFMラジオ局K-mixでアウトドア番組「ASOVIVA」(提供:アウトドアショップSWEN)の企画・制作・パーソナリティを担当。「インドア派だった自分がどれだけアウトドアを楽しめるのか」をテーマに、さまざまなアクティビティーに挑戦しながらその魅力を発信している。

★辰巳さんのブログはこちら
★辰巳さんのTwitterはこちら
K-mix(静岡エフエム放送)「ASOVIVA」のFacebookページはこちら

必携キャンプ道具その1 ファイントラックのスキンメッシュ

IG_6546

ラジオでアウトドア番組を担当していることもあり、最近は月イチでキャンプに出かけ、登山や釣りなどのアクティビティーを楽しんでいるという辰巳さん。

キャンプ道具はそれ一つでいろいろなことに応用が利くものが好みなんだとか。そんな辰巳さんの1点目の必携道具は、ファイントラックの「スキンメッシュ」です。

P8016246

スキンメッシュは日本のアウトドアメーカー「ファイントラック」がリリースしているベースレイヤー(肌着)。

「番組の取材で沢登りに行った時、メンバーの1人がこの製品を教えてくれたんです。『山登りの必需品』『汗冷えしない』『水の中でさえも体が冷えない』と聞き、すぐに手に入れました」。

登山用品の類ですが、これがキャンプにも手放せないと辰巳さん。

P8016249

「基本的にじっとしていられない性格なんです(笑)。だからキャンプでもアクティビティーを楽しんでいることが多いんですね。

このスキンメッシュを着ていれば、キャンプ中でも着替えることなくすぐにアクティビティーを始められます。たっぷり汗をかいても常にサラサラで蒸れを感じさせず、汗冷えしないのが本当にすごい。キャンプに限らず外遊びをするときはほぼ必ずこれと速乾Tシャツを着ています」。

P8016242

スキンメッシュはTシャツ、ロング/ノースリーブ、パンツ、タイツなどラインアップが豊富で、辰巳さんもTシャツ×2着、タイツ1着、ソックス1足を愛用中。

「いつか全身にスキンメッシュシリーズを着てみたいですね。アクティブな人もそうでない人も、必ず汗はかきます。外遊びしてれば雨にも降られる! そんな時に身体が濡れてもずっとサラサラなことがいかに快適か、着れば必ずその良さに気づくはずです!おすすめですよ!」

★ファイントラック・スキンメッシュの詳細はこちら

必携キャンプ道具その2 inov-8(イノヴェイト)のトレイルランニングシューズ「ROCLITE 282 GTX」

繧、繝弱え繧吶ぉ繧、繝・P8016065

「これはトレランシューズなんですけど、キャンプにもいいんですよ!」と辰巳さんが教えてくれた2つ目の必携道具がinov-8の「ROCLITE 282 GTX」。

「最初の出合いはトレランに関する取材で。アウトドアショップ・SWENのスタッフが『きっと気に入るから』と言って紹介してくれたのがinov-8でした」

繧、繝弱え繧吶ぉ繧、繝・P8016235

始めは単純にトレラン目的でシューズを探していたそうですが、梅雨時のキャンプでも履けたらと、ゴアテックス採用モデルを購入。と言うのも、それまで雨キャンプの時は防水の登山靴を代用していて、重さとゴツさでなかなか気楽に履くことができなかったそう。

「その点、ROCLITE 282 GTXは脱ぎ履きしやすく、軽くて動きやすい。ほかのメーカーのものと比べるとスニーカー感覚で履けると思います。悩みに悩んでローカットモデルを購入したのですが、本当に気軽に履けるようになりました」。

繧、繝弱え繧吶ぉ繧、繝・P8016236

トレランシューズなのでソールのグリップ力もしっかり。もちろんゴアテックス効果で雨にも強い。天気やキャンプサイト状況の影響を受けにくいため、本格登山以外はほとんどこのシューズを履いているそう。

繧、繝弱え繧吶ぉ繧、繝・P8016229

「雨に強いだけでなく、足全体を包み込むような履き心地と軽さもポイント。ハイキングや低山トレッキングを楽しむ方は、これ一足あれば十分。釣りやカヤックなどでも使えますね。シックなカラーで街履きにも使えるので、いろいろな場面で活躍しますよ!」

★inov-8・ROCLITE 282 GTXの詳細はこちら

必携キャンプ道具その3 サーマレスト Zライト ソル

繧オ繝シ繝槭Ξ繧ケ繝・P8016258

サーマレストの「Zライト ソル」はテント内で使うパーソナルマット。購入のきっかけは、「登山家の竹内洋岳さんがヒマラヤ登山時に使っているのをテレビで見て、これは間違いない!と購入しました」

繧オ繝シ繝槭Ξ繧ケ繝・P8016252

このアイテムも“応用が利く”ことが好きな辰巳さんらしく、外でシート代わりに使ったり、テント設営の際の荷物置きなど、テントマット以外の使い方もしています。気になる使い心地は……?

繧オ繝シ繝槭Ξ繧ケ繝・P8016260

「寝心地もよく、起きてみたら腰が痛いということがありません。朝まで熟睡できます。ただ、ショートパンツを履いてこの上で寝ると、足に丸い跡がいっぱいつきますが(笑)。広げるだけですぐに使えるし、濡れにも強いのでガンガン使えるところが気に入っていますね」

繧オ繝シ繝槭Ξ繧ケ繝・P8016255

昨年5月に手に入れてから、毎回キャンプの時には持参する必携道具となっています。「キャンプにマット選びは本当に重要。Zライト ソルはヒマラヤでも使えるアイテムだから間違いない!(笑) ちょっとかさばりますが、オートキャンプならまったく問題ないですよ!」

★サーマレスト Zライト ソルの詳細はこちら

<辰巳さん出演情報!>

asoviva_sticker_2016

ラジオ番組「ASOVIVA」K-mix(静岡エフエム放送)絶賛放送中!

静岡育ちのラジオパーソナリティ・辰巳健太郎が、トレッキング、クライミング、 ランニング、サイクリング、キャンプ、バーべキュー、マリンスポーツ、ウインタースポーツなど、さまざまなアウトドアを学び、体験しながら、その魅力を伝えるアウトドアプログラム。

最新のギア情報やリスナーメッセージ、テンションのあがる音楽で日曜の朝をアクティブに彩ります!(提供:アウトドアショップSWEN)

放送日:毎週日曜朝9時30分〜9時55分
ASOVIVAの公式Facebookページはこちら
SWENの公式サイトはこちら

Source: CAMP HACK