マナー

ダメ絶対!マナー違反パトロールで目撃した、12の犯行現場

アイキャッチ・記事中画像撮影:編集部

※記事中のマナー違反の画像は周りに配慮した上で撮影している再現イメージです。絶対に真似しないでください。

今こそ問われるキャンパーのマナー意識



この写真は先日のキャンプで、設営をしようと思った矢先に見つけたゴミです。薪を束ねていた針金なんてもう「あるある」過ぎて、悪い意味で慣れてしまいました。



すぐ横にはゴロゴロとした炭の残骸も。なぜか直火禁止のキャンプ場でもよく見かけることがあります。まさか焚き火台の燃え残りを、その場にぶちまけて帰ってしまったのでしょうか。

キャンプサイトは来たときよりもキレイにして帰る、そんな当然のことがなぜできないのでしょうか……。

実際に見かけた12の犯行現場

一部キャンパーのマナー違反は放置されたゴミや炭だけではありません。今回は、実際に見聞きした12の事例を再現したイメージ画像と合わせてお伝えします。

あなたは大丈夫?

1. 隣のサイトにはみ出している、近すぎる

キャンプ マナー

ペグの位置が予定よりも外側にいってしまう、というのはありがちな事象ではあります。しかし区画サイトを飛び出してしまうのはさすがにNG。スペースを侵害されたお隣さんは、たまったものではありません。フリーサイトでも、あまりに接近してしまうのは避けたいですね。

2. 他人のサイトを横断してしまう

キャンプ マナー

キャンプ場によっては、サイトに車を横付けできない場合が。車からサイトに荷物を運んでいるときなど、「このサイトを横切ると近道に……」と悪魔の考えがよぎることもありますが、これは失礼なマナー違反。サイトを横切られると、けっして気分は良くありません。

3. 木を切ってしまう

キャンプ マナー

いくら木がたくさん生い茂っていようと、ブッシュクラフトがかっこよかろうと、キャンプ場の生きた木を勝手に切るのは極悪のマナー違反。マナーどころか法律に抵触する行為であり、絶対にやめてください。

「生きた木を切って薪に使おうとしていた」という仰天の目撃情報を聞いたことがありますが、信じられません。

4. しれっと直火

キャンプ マナー

直火はワイルドな風情があり、とても魅力的ですが、禁止されている場合は絶対にやめましょう。「直火禁止」の看板がある河原で、悲しいことに直火の形跡を見かけることが少なからずあります……。

バレる、バレないの問題ではありません。「焚き火自体禁止」のキャンプ場が誕生する未来は避けたいですよね。

5. 立ちション

キャンプ マナー

まあいいかな、と軽い気持ちでやりがちな男性の「立ちション」。本人はスッキリすることでしょうが、目撃してしまった方はけっして気分良くありません。トイレが遠いときなど、面倒なのはわかりますが、紳士の心でトイレを利用してください。

6. 場所をわきまえない

キャンプ マナー

焚き火台を設置する際は、周囲の環境に充分に注意したいところ。区画ギリギリに設置した結果、「煙が常にお隣さんの食卓を直撃」「火の粉がお隣さんのテントに飛び続ける」……なんて場合もあります。

まあ煙の行き先は変化するし難しいところですけど、配慮の気持ちがあるかどうかが重要です。

7. ゴミを燃やす

キャンプ マナー

キャンプ マナー

可燃性のゴミが出た場合、焚き火に放り込んで燃やしたくなるのは、わからないでもありません。しかしちょっと待ってください、火のついた紙が、もしも風に舞って飛んでいったら……!?

テントやタープは大抵、燃えやすい素材でできています。タープが燃え上がって消防車出動の騒ぎになり、BBQ禁止になった海岸の例もあります。

8. 炊事場の占領

キャンプ マナー

雨天時に見受けられる、炊事場を占領して食事をしている人たち。みんなが使う場所に陣取って、まるで自分たちのサイトのように飲み食いを……!

たとえ洗い場のスペースが空いていようとも、他のキャンパーは入りづらく感じるものです。もちろん食事スペースを兼ねた炊事場なら、問題ありません。

9. 酔いすぎの大声

キャンプ マナー

野外でのお酒はサイコーですよね。どんな居酒屋よりも気分よく飲めるシチュエーションに、上機嫌になるのは無理もありません。……しかし、迷惑なレベルで騒いでしまう人たちを、一年に何度かは必ず目撃します。必ず、です。

静かに過ごしたい家族連れなどもいることを踏まえ、どうしても大宴会したい場合はキャンプ場を貸し切りにするなど、シラフのうちに対策を!

10. 爆音で音楽を流す

キャンプ マナー

飲食するさいにBGMが欲しいというキャンパーもいるでしょう。しかしお酒が入って、酔いが回って、大音量を撒き散らすのは勘弁してほしいもの。管理人が帰った時間を見計らう悪質なパターンもあります。

ただこうした場合、直接注意するのはやめましょう。最悪の場合は嫌がらせや暴力に発展し、そのときは交番も病院も近くにありません。必ず管理人に報告する形をとってください。

11. クルマのドアを開け閉め

キャンプ マナー

深夜の車のドアの開け閉めは、地味にうるさいもの。やむを得ない場合もあるとは思いますが、何度も何度も「ガチャ……バタン!」と開閉音を響かせるのはマナー違反です。

ときどきドアの開閉どころか、エンジンをかけてどこかに出かけていくパターンすら……。もちろん救急の場合や自然災害からの避難など、非常事態には遠慮する必要はありません。

12. 終わらない宴会

キャンプ マナー

22時ぐらいを消灯時間としているキャンプ場が多いのですが、実際、それよりも起きているキャンパーは少なくないことでしょう。

星を見上げたり静かに語らったりする分には個人の自由ですが、いつまでも宴会を続けるのは勘弁してほしいものです。あとはカードゲームかなにかに興じていて、ときおり歓声が上がるという迷惑パターンも。

マナーを守って楽しいキャンプを!


以上、見聞きしたマナー違反、メンバーが実際に被害を被ったマナー違反を再現してみました。あくまでも再現しただけであって、写真のメンバーが常習者ということは絶対にありません。ギターを弾いているシーンなどは無音で撮影しています。

とはいえ知らず知らずマナー違反をする側に回ったことがないとは、誰も断言できないもの。すべてのキャンパーが快適に過ごせるよう、ひとりひとりがマナーに気をつけたいですね。

それでは皆さん、マナーを守って良いキャンプを!

この記事が気にいったあなたに、オススメの3記事

※記事中のマナー違反の画像は周りに配慮した上で撮影している再現イメージです。絶対に真似しないでください。

Source: CAMP HACK

車利用のマナーについて覚えておきたい7つのこと【キャンプの基礎知識】

アイキャッチ画像出典:PIXTA

オートキャンパーなら知っておくべき「車のマナー」

撮影:編集部

サイトに車で乗り入れられて何かと便利なオートキャンプですが、車が近いゆえに守らなければならないマナーもたくさんあります。

撮影:編集部

実際オートキャンプへ行ってみると、駐車位置や騒音など配慮すべき点は意外と多いもの。そこで今回は、遵守したい7つの車のマナーを挙げてみます。

思い当たるマナー違反がないか、ひとつひとつ確認してみてくださいね!

キャンプで気をつけたい「7つの車のマナー」

1. 道路や人のサイトにはみ出さない

撮影:編集部

駐車は設営のしやすさや景観だけでなく、他の車の出入りも考慮する必要があります。隣接サイトや共有スペースにはみ出ていないか、きちんとチェックしてから駐車位置を決めましょう。

また、隣のサイトが空いているからといって無断駐車するのもマナー違反ですよ。

2. ドアの開け閉めは、必要最低限

出典:PIXTA

「…バタンッ!」「…バタンッ!」「…バタンッ!」何度も車のドアを開け閉めする音が気になったことはありませんか? 何気ない行動が、予想以上にまわりを不快にさせることもあります。

車から出し入れしたい物がある時は夜や早朝を避けたり、まとめてするなど回数を減らすなど心がけましょう。

3. 夜の車移動は極力しない

出典:なっぷ

キャンプ場の夜は、びっくりするほど暗いもの。慣れない場所で暗がりの中むやみに移動するのは危ないだけでなく、騒音や砂埃、ライトの灯りなど周りにも迷惑になりかねません。

消灯後の車移動は、緊急時以外は控えましょう。

4. エンジンを長時間かけっぱなしにしない

出典:PIXTA

こちらは意外にやってしまっている人も多いのでは? スマホの充電にシガーソケットを使っている場合、車のエンジンはかけておきたいですよね。それ以外でも車の電気は活用したくなるもの。

ですがアイドリング駐車は、排気ガスで自然を汚してしまいます。またエンジン音も長時間近くで聞いているとイラつかせる音に進化してしまいます。停車時は車の電力は使えないものと考えておきましょう。

連泊なら、ポータブル充電器を持ち込むのも一案です。

ITEM



アンカー パワーハウス
●重さ:約4.2kg
●大きさ:約200 x 145 x 165mm
●容量:434Wh
●DC出力:12V / 10A
●AC出力:110V / 1.09A
●USB出力:5V / 6A(各ポート最大2.4A)

5. 場内は"徐行"で移動

出典:DOD

当たり前のようですが、キャンプ場内での運転は「徐行」が鉄則。(※すぐに停止できる速度での進行)混んでいる時はもちろん、空いていて視界が開けていても小さい子供が急にテントの陰から出てくることもあります。

コンパクトな区画キャンプ場の場合は道幅が狭いケースも多いので、対向車とすれ違う時は要注意。進行方向が決められているところもあるので、しっかり守りましょう。

6. 飲んだら、乗らない

出典:PIXTA

飲酒運転は、キャンプ場でも「ダメ、絶対!」。公道へ出ないからと、安易な気持ちでたとえ短距離であっても運転することは許されません

念のため、アルコールを飲み始める前にこの先車に乗る必要がないかを確認しておくと安心です。自然の中で解放的になるキャンプだからこそ、こういったシーンは注意しておきたいですね。

7. 相乗りでスペース節約に貢献しよう

撮影:編集部

これは自由度の高いオートキャンプ場ならではのマナー。数グループで行く場合、可能なら相乗りで車の台数を減らせばスペースも広く使えます。例えば合計8人のキャンプなら、車を2台使うのと3台で行くのでは実際に使えるスペースが違いますよね。

これを誰も何も意識せず、車の台数がどんどん増えてしまえば、結果的に何組ものキャンパーが入れないことになってしまいます。個人の荷物は最低限にしてテーブルやバーナーなど共有できるものをひとつ持って行くなど、荷物をスリム化してみるのも手です。

【こんなことも】実際キャンプで起こった車まわりのトラブル

マナーはさることながら、車は時にハプニングに見舞われることも……。次は、キャンパーに実際起こったトラブルをご紹介します。

バッテリーが上がる

撮影:編集部

チェックアウトを済ませ、さあ帰ろうとエンジンをかけたら……バッテリーが上がってる!! どうやら夜中、ずっと半ドア状態だったようです。

いつもと違う環境でつい、ということも多いキャンプ。万が一に備えて、バッテリーレスキューやブースターケーブルを備えておくと安心です。

また防犯の面でも、車の施錠はしっかりしておきましょう。

ITEM



ジャンプスターター バッテリーレスキュー
●サイズ(約):175mm×85mm×37mm
●重量(約):960g(付属品含)
●バッテリー容量:13600mAh
●充電時間(約):4時間 出力端子:USBポート×2、PC家電用×1、カーバッテリー用×1 スターター電圧:12V(3000ccまで対応)
●出力:5V-2A、12V-3.5A、16V-3.5A、19V-3.5A 入力:15V-1A
●起動電流:300A
●ピーク電流:500A
ITEM



大橋産業 ブースターケーブル
●サイズ:5m/500A

パンク

出典:PIXTA

キャンプ場内に落ちていた、カッターの刃がタイヤに刺さってパンク……。

ゴツゴツとした石やペグなど、危険なものが落ちていることも多いキャンプ場。自力では対処できないケースも考えられるので、JAF(日本自動車連盟)に加入しておくことをおすすめします。

車が「脂」で汚れてしまった

出典:PIXTA

バーベキューコンロを車の近くに置きすぎて、脂跳ねで車がベトベトに。家に帰ってから拭き取るのが大変でした。

こびりつくとなかなか取れない脂汚れ。このエピソードは自分の車だったそうですが、他の人の車を汚さないためにもサイトのレイアウトには注意したいですね。

マナーを守って、気持ちよくオートキャンプを楽しもう!

価値観の違ういろいろな人が集まり、キャンプという非日常的な空間で過ごせば時には問題も起こります。

初心者も利用しやすいオートキャンプ、7つの車のマナーをしっかり覚えてキャンプを楽しみましょう!

マナーは他にも

ゴミ処理に騒音・炊事場の利用など、守るべきマナーはたくさん。自由だからこそ守りたい、オートキャンプのマナーはここでチェック!

Follow A Manner Of Auto camping!

マナーを守って、キャンプしよう!

Source: CAMP HACK

【BBQ=焼き肉?】BBQでよくある、7つの勘違い

アイキャッチ画像出典:デジキュー Facebook

バーベキューで、もう誰も困らないために

新緑眩しく、アウトドアが盛り上がる季節です! 家族や仲間うちでバーベキューをする機会も増えるシーズンですが、過去に自身や参加者の「勘違い」で、場の空気が微妙になったことはありませんか?

コミュニケーションの場でもあるバーベキューは、「火がつかない」・「食材が多すぎた」という落とし穴以外にも、考慮すべきマナーがあります。

誰もが笑顔でバーベキューを楽しめるよう、回避したい「7つの勘違い」を心得ておきましょう!

バーベキューで起こりがちな「7つの勘違い」

1.「何でも持って行ける」

すべてのバーベキュー場が、何でも持ち込めるわけではありません。施設備え付けのバーベキュー炉を使うよう決められていたり、食材・ドリンクの持ち込みルールもバーベキュー場ごとに異なります。

知らずに準備したものが無駄になることのないよう、事前確認はマストです!

2.「着いたら、すぐ始められる」

駅や車を降りたらすぐ準備にかかれる場所ばかりではありません。広い公園や複合施設内の場合、入り口からバーベキューエリアが遠いことも。

それを考慮して、余裕を持って早めに集合するのが良いですね。

出典:DOD

遠ければ、荷物を運ぶのもひと苦労。車なら、駐車場からバーベキューエリアまで道具を運べるキャリーワゴンがあると便利です!

3.「予約不要、時間は無限」

出典:野島公園

フラリと出かけて、いつでもバーベキューができるわけではありません。入場自由の公園内でもバーベキューエリアは事前に予約が必要な場所がほとんどです。

施設利用時間のほか「火が使えるのは〇時まで」と決められている場所もあるので、規約を確認しましょう。

4.「屋根は、ある」

出典:BBQGO!

屋内型バーベキュー施設が増えてきたせいかどこでも屋根があると思い込んでいる方もいるようですが、必ずしもそうではありません。

雨だけでなく、陽射しも遮れるようタープがあると安心です。

より身軽に行きたい場合は、あらかじめ屋根付きの全天候型バーベキュースポットを予約するのがおすすめです。

5.「おしゃれして行こ」

出典:PIXTA

公園や河原でバーベキューをする場合、ヒールを履いてきたり思いっきり露出する服装はミスマッチ。気になるあの人にアピールしたくても、TPOを弁えなければ逆効果になりかねません。

出典:楽天

虫に刺されたり、ビーチサンダルに砂や石が入って痛い……なんていうことも。バーベキューなら、アウトドアユースのファッションでカジュアルなおしゃれを楽しむのが理想です。

ITEM



KEEN(キーン) WOMENS UNEEK サンダル ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ

6.「誰かがやるだろう」

出典:PIXTA

基本セルフのバーベキュー、参加者一人ひとりの心がけが全体の雰囲気と成功を左右します。場が整うまでひとりのんびりしておきながら……

出典:PIXTA

肉が焼けたとたんにガツガツ食べて飲み始める、こんな人は顰蹙(ひんしゅく)モノです。人柄が浮き出る共同作業、焼いたり調味料をまわしたりという積極性が大事!

7.「とりあえず、イスイス!」

「まずはイスだ!」と何脚も用意したものの、意外とみんな動き回っていて空席のイスがズラリ……なんていうことも。

こうなると持ち込みの手間や、レンタル料が惜しくなります。

出典:DOD

イスは2、3脚にして立食形式にしたり、逆にみんなが座れるお座敷スタイルでのバーベキューも新鮮ですよ!

最大の勘違い「バーベキューは、焼き肉ではない」

日本バーベキュー協会によると、バーベキューとは本来食べ物をシェアしながら語り合うという、コミュニケーション的側面が強いアクティビティなのだとか。

だからこそマナーは大事。全員が気分よく過ごせるようにと、毎回心がけながら参加したいですね!

暑い季節は、要注意

開放感が楽しいバーベキューですが、注意も必要です。火の扱いや長時間陽射しを浴びることでの熱中症対策など、4つの注意点もチェック!

Keep A Manner In Mind At BBQ!

バーベキューでも、マナーが大事!

Source: CAMP HACK