ユニクロ

【モンベル定番ダウン】VS【ユニクロ新作ダウン】買ったダウンを比べてみた

記事中画像撮影:筆者

ユニクロの新作ダウンジャケットが気になる…



2019年はエンジニアド ガーメンツとのコラボフリースが話題になったユニクロですが、それ以外にも注目の新作ウェアが登場しています! それは、「ウルトラライトダウンボリュームジャケット」(以下、ボリュームジャケット)。

これまでのユニクロのウルトラライトダウンは、薄さや軽さを重視したインナー志向のラインナップでした。それに対してこのボリュームジャケットは、より暖かさを意識したアウター向けな一着!

モンベルのアレにそっくり?



このボリュームジャケットについて、ふと気になったことが一点。それは、筆者が愛用しているモンベル「ライトアルパインダウンジャケット」にそっくりじゃない!? ということ。

上の画像を見てみると、どちらがユニクロのダウンか一瞬分からないですよね。じつはカラーも同じようなオレンジ色が展開され、モンベルのダウン(左)を持っていた筆者は既視感が強かったのです。



見た目は似ているけど、実際に性能はどうなの? モンベルのダウンに比べて、ユニクロのボリュームジャケットがどうなのか比べてみることにしました。

ユニクロのボリュームジャケット、その実力は?



ということで、どういった特徴があるのか詳しくチェックしていきます! 着用しているモデルは身長168cm、体重58kgでXLサイズを着用しています。

従来のULダウンの2.5倍のダウン量



まず気になるのは、どのぐらいの暖かさなのか、というところ。写真を見るとわかる通り、同じユニクロのウルトラライトダウンと比べて、厚みの違いは一目瞭然!

650フィルパワー相当のダウンが、従来の2.5倍とたっぷり封入されています。フワッとしていて、見た目の時点でもう暖かそう!

ちなみにこのフィルパワーとは、わた状のダウンボールのかさ高(密度のようなもの)を表す数値で、数値が大きいほど保温力が高いダウンを使っている、という意味。



重さについてはユニクロでは公表されていません。試しに測ってみたところ、携帯袋込みですが391g

モンベルは平均重量319gと公表されているので、ユニクロの方が若干重め。とは言え、ともに軽量であることは間違いありませんね。



実際に冬のキャンプで着用テスト。日中は7〜10℃ほどあり、暑すぎて汗ばむぐらいで設営中は思わず脱いでしまいました。夜は氷点下でしたが、これ一着で充分耐えられる暖かさ!

パッカブルで携行しやすい



通常のウルトラライトダウンと同様に、コンパクトに収納できる携帯袋が付属しています。アウターの着脱が多いアウトドアでは、収納性が優れているのはありがたいですね。



ちなみにモンベルのダウンにも携帯袋は付属しています。収納時の大きさは、モンベルの方が若干小振り。バックパックに入れて運ぶような状況の時は、モンベルの方が使いやすそう。

アウトドアウェアに劣らぬ撥水性



そして、アウトドアで使う上で気になるのは、撥水性。ダウンは水に濡れると保温力が低下してしまうため、水はしっかりと防いでもらいたいところ。

確かめたくても都合よく雨は降ってくれないので、霧吹きで水を吹きかけてみました。さすがにジャケットそのものは気が引けるので携帯袋にですが……(ジャケットと同じ素材です)。水玉になっているのはしっかり撥水している証拠。



5分ほど放置して拭き取ってみたら、染み込んでいる気配はありません。その点に関してはモンベルも同じで、パッと見だと撥水性能は差が無いように感じました。

機能的な細部の仕様



首元をジッパーで挟んでしまわないように、ジップ上部にはカバーが付いています。男性はジッパーでヒゲを挟むという思わぬ事故の恐れがありますが、これなら安心です。



この点はモンベルも標準装備。どちらもアゴに付くぐらいのハイネックで、ネックウォーマー無しでも首元が暖かそうです。



そしてもう一ヶ所共通しているのが、内ポケット。財布のような貴重品を入れておくのに便利ですね。

驚きの価格設定!



そして忘れてはいけないのが、その価格! 定価で税抜7,990円と、モンベル(税抜14,600円)の約半額。さらに、期間限定プライスで税抜4,990円で販売されているのを見かけてしまいました! ここはさすがのユニクロ、圧倒的なコストパフォーマンスです。

モンベルはこんなところが良い!



ユニクロのボリュームジャケットがとても優秀なのは分かりましたが、モンベルもアウトドア専門メーカーとして負けてはいられません。モンベルのダウンの優れた点もチェック!

こちらは身長172cm、体重68kgのモデルがXLを着用しています。

ダウンのクオリティが高い!



モンベルのアルパインライトダウンジャケットに封入されているダウンは、800フィルパワーの高品質ダウン。ユニクロは650フィルパワー相当でしたから、ここは大きく差が出ました。

しかも一般的なダウンに比べて、モンベルはひとつひとつが大きなダウンボールを使用しているので多くの空気を蓄えることができ、より高い保温力を生み出しています。ダウン自体の品質が高いお陰で、さほど量が無くても、暖かさを保つことができるんですね。



こちらもこれまでに度々キャンプで着ていますが、重量がユニクロより軽い分、着心地はふわっと軽やか。ダウンが詰まってムチっとしているユニクロよりも、動きやすく感じました。

軽い割に中はしっかり熱がこもって暖かく、冷え込む早朝の時間帯でも寒さに震えることなく、心地よく過ごすことができます。

引き裂き強度のある生地を使っている



写真を見ると、モンベルのダウンの表地は、格子状の模様があるのが分かります。この表地はバリスティックナイロンリップストップという生地で、引き裂きに対する強度には定評あり。

木の枝などによるダメージを受けがちなアウトドアで、しっかり活躍してくれます。

ドローコードですきま風をしっかりガード



ポケットの内側にドローコードがあり、ポケットの中から裾を絞って風を防ぐことができます。寒いとき、ポケットに手を入れたまま絞ることができ、手が冷たい思いをしなくて済むので助かりますね。



ポケットのジッパーにも若干の違いがあり、モンベルは開閉しやすいように、ジッパーの引き手にシリコン付きのコードが標準装備。



これがあると手袋をしたままでも開け閉めがしやすく、便利なんですよね。

ポケットと首周りの裏地が暖かい



ユニクロはポケットの中と首周りが表地と同じ素材でしたが、それに対してモンベルは、柔らかなフリース生地になっています。

ツルツルのナイロン生地は触った時にヒヤっとしますが、モンベルは裏地があるお陰で手を入れた瞬間、ホッと落ち着く暖かさ。

さすがのモンベル。ユニクロも侮れない!



やはりアウトドアに特化したブランドのモンベル。単に軽くて暖かいだけでなく、丈夫な生地や裾のドローコード、ポケットの裏地など、細かい配慮が行き届いています。アウトドアを知り尽くしているからこその機能は、実際に使う時に大いに役立ってくれますね。

ただそれでも、ユニクロのダウンは価格を考えるとかなり優秀。これは持っておいて損はない一着!

モンベル「アルパインライトダウンジャケット」についてはこちら
ユニクロ「ウルトラライトダウンボリュームジャケット」についてはこちら

記事を読んで、実際どちらのダウンが気になりましたか?

回答ありがとうございます。

(function(){
var cookieName = ‘send-reaction-5499’;
var getCookie = function (name) {
var value = “; ” + document.cookie;
var parts = value.split(“; ” + name + “=”);
if (parts.length == 2) return parts.pop().split(“;”).shift();
};
var funcSendReaction = function(ans) {
ga(‘send’, ‘event’, ‘montbell‘, ‘click’, ans);
console.log(ans);
document.cookie = cookieName + ‘=send; max-age=31536000’;
funcDispSendReaction();
};
var funcDispSendReaction = function () {
if(getCookie(cookieName)) {
document.querySelector(“.func-send-reaction-buttons”).style.display =”none”;
document.querySelector(“.func-send-reaction-thanks”).style.display =”block”;
} else {
document.querySelector(“.func-send-reaction-buttons”).style.display =”flex”;
document.querySelector(“.func-send-reaction-thanks”).style.display =”none”;
}
document.querySelector(“.func-send-reaction-button-yes”).addEventListener(“click”, function(){
funcSendReaction(‘yes’);
}, false);
document.querySelector(“.func-send-reaction-button-no”).addEventListener(“click”, function(){
funcSendReaction(‘no’);
}, false);

};

funcDispSendReaction();

})();

この記事が気にいったあなたに、オススメの3記事

Source: CAMP HACK

売切れ前にゲットせよ!ユニクロの超名品「スイムアクティブショートパンツ」がプライスダウン中

記事中・アイキャッチ画像撮影:編集部

ユニクロの水陸両用パンツが凄い



ムシムシ暑い夏のキャンプには、解放感のあるショートパンツが快適。そこで酷暑に入る前に1枚備えておいて損はないユニクロの「スイムアクティブショートパンツ」をご紹介します。

もうご存知の方もいるかも知れませんがこのショートパンツ、ユニクロの夏アイテムを代表する名品といっても過言ではありません。



海水パンツとしてはもちろん、スッキリとしたデザインでタウンユースとしても活躍。それもあってか、毎シーズン発売するやいなや8月前には売り切れてしまう人気っぷりです。しかも今ならお得価格にプライスダウン中……!(2019年7月23日現在)

愛用中の編集部員も続出している「スイムアクティブショートパンツ」の魅力と、身長別のサイズ選びのコツをお伝えします。

「スイムアクティブショートパンツ」の魅力

身長173cm、Mサイズを着用
ゆとりがありながらもスッキリとしたシルエットで高見えする「スイムアクティブショートパンツ」を深堀っていきます。

水濡れOK!アクティブに遊べる水陸両用パンツ



表地は、耐久撥水加工を施した軽くて丈夫なナイロン素材を採用。サラリとした肌触りながら、水着っぽさを打ち消す適度な光沢感のある素材で、タウンユースとしても取り入れやすい質感です。



裏地には水着としての役割を果たすべく、しっかりフィットするポリエステル素材のメッシュインナーショーツが付いています。



そのため下着を付けずに着用してもOK。ポリエステル素材は、通気性もよく蒸れにくいメリットもあり、ジメジメと暑い日本の夏には快適そのもの。

おまけに水濡れした後も乾きが早いので、キャンプで川遊びをした後もガイロープに吊り下げておけばすぐ乾いてくれます。



生地は若干の伸縮性があり、ゆとりある裾幅で足さばきもストレスフリー。立ったり、しゃがんだりするテントの設営時にも窮屈さを感じさせません。

キーストラップ付のポケットも!収納面も良好



パンツには両サイドのポケットと、バックの右サイドにポケットがひとつ付いています。



バックポケットにはキーストラップが付いており、写真のように紛失を防止するために鍵をぶら下げておくことができます。

下部には、水抜き穴が付いておりポケットに水が溜まりにくいよう配慮も。ポケットは、iPhone7plusが縦にぴったり納まるほどの大きさです。

ただしフラップがマジックテープでの開閉式になっており、ファッション的には少し気になるところ。

サイズ調整に一役買う、丸ひもがアクセントに!



ゴムの入ったウエスト部分には、外付けの丸ひもも通っておりウエストを調整することが可能。カジュアルな雰囲気を演出してくれます。

Tシャツと合わせてタウンユースで着こなす場合、この丸ひもがTシャツのシルエットの邪魔になることもあるので、ゆとりあるトップスと合わせると◎。

5色×8サイズ展開であらゆる体系をカバー

スイムアクティブショートパンツは、XS~4XLまでの8サイズ展開。カラーもオレンジやダークグリーンなど、計5色ラインナップされています。

メンズ向け製品ではありますが、XSサイズであればウエスト66~72cmと女性でも着こなすこともできます。

出典:ユニクロ

またシンプルな無地タイプの他にもカラーブロックや、テキスタイル柄を採用したデザインのものもあり、お好みのファッションに合わせてセレクト可能です。

サイズ選びのご参考に!Mサイズを身長別に履きくらべてみた

身長160cm、170cm、180cm代の体系の違う3人の男性にMサイズ(ウエスト76~84cm)の「スイムアクティブショートパンツ」を試着してもらいました!

サイズ感や実際着用した感想を参考にしてみてください。

163cm・75kg(普段Lサイズを着用)


編集部T

いつも服を選ぶ際はLサイズをチョイスしているので、Mサイズで入るのか不安でしたが、意外に丁度よかったです。

ただメッシュインナーに少しつっぱりを感じたので、腿回りがしっかりしている僕はLサイズでもいいかもしれません。

170cm・65kg(普段Mサイズを着用)


編集部S

履き心地がサラッとしていて気持ちいいです。インナーメッシュの適度な締め付けが、川遊びの際にもフィットしてズレなさそうですね。Mサイズで丁度いいです。

178cm・71kg(普段Lサイズを着用)


編集部M

身長的にはLサイズを着用することが多いのですが、ちょっと短めの裾丈が履きたい気分だったので、個人的にもMサイズを購入し愛用しています。



ウエストや丈感に関しては丸ひもで調整ができるため、インナーショーツの締め付けを考慮しヒップのサイズで選ぶのがベストなようです。

販売場所はオンラインストアのみ!今だけお手頃価格を見逃すな

出典:PIXTA

今回ご紹介した「スイムアクティブショートパンツ」は、ユニクロのオンラインストアのみの取り扱い。オンラインストアで購入後、店舗での受取も可能です。

お値段は、驚きの990円(税抜)

2019年7月22日現在、値下げ価格990円(税抜)で発売中! カラーによって一部サイズが売り切れているのものもあるので、気になった方は早目の購入が吉です。

スイムアクティブショートパンツの詳細はこちら

街も水辺もこれ1枚で!快適パンツで夏を満喫しよう



水辺でのアクティビティを楽しむ機会が増える夏キャンプにとって、水陸両用パンツは優秀選手! 海水パンツを探していた人は、是非ユニクロの「スイムアクティブショートパンツ」をチェックしてみては?

Source: CAMP HACK

ユニクロで冬キャン対策! 15周年を迎えるヒートテックのラインナップにも注目

アイキャッチ出典:Instagram by @uniqlokr

やっぱり冬はユニクロで対策!

ユニクロといえば、オンでもオフでもヒートテックが冬の愛されアイテム。でも冬のアウトドアで活躍してくれるアイテムはヒートテックだけではありません。品質、コスパ、そして邪魔しないデザインが魅力のアイテムが充実しています。

そんな冬キャンプの強い味方になる2017冬のユニクロアイテムにフォーカス。

コンパクトになるアウターが便利でオススメ!

山も海も、フィールドの天候は変わりやすいもの。でも小さく収納できるユニクロのポケッタブルウェアさえ常備していれば大丈夫。

急に気温が低下したり風が強くなっても、サッと取り出して羽織れるのでアウトドアではとても助かる性能です。防寒対策に油断していた友人に、そっと貸すことだってできちゃいますよ。

もはや定番!?「ウルトラライトダウンシームレスパーカ」

uni_09

出典:UNIQLO

もはや説明不要なほど知られているウルトラライトダウン。まだ着たことのない方はぜひ一度店頭で持って見てください。きっとその軽さに驚くはず。

その上でしっかり温かいので、アウトドアにこそ使いたいアイテム。アウターにはもちろんインナーにも問題なく、着たまま眠れるダウンです。

ジャケットの下にもOK「ウルトラライトダウンコンパクトVネックベスト」

uni_10

出典:UNIQLO

こちらはVネックのベストダイプ。インナーとしても使えるウルトラライトダウンですが、このベストはまさにインナーにぴったり。

身体を温めつつ、腕をより自由に、襟もすっきり。職場でも着れる優秀インナーです。

急な雨にも対策!「ポケッタブルパーカ」

uni_11

出典:UNIQLO

薄手で軽くポケッタブルながら、耐久撥水加工されたパーカーです。機能的な上にコンパクトに収納できる嬉しいアイテム。

緊急時のウィンドストッパーや簡易なレインウェアとして最適。動きやすいためアクティビティのアウターとしても魅力的です。

機能性も◎オススメのアウター2選

インナーや機能性ウェアが幅広い層に支持されているユニクロですが、アウターだって使えます。シンプルデザインなので、全身コーデで「かぶり」の心配も無用。そしてもちろん高機能。

そんな野外でもタウンユースでも活躍間違いなしのアウターを二点ご紹介。

防風・撥水・軽量の三拍子揃った「シームレスダウンパーカ」

uni_08

ユニクロの技術がフルに注ぎ込まれた近未来ダウン。その大きな特徴がシームレスという点。本来縫い目となる部分を圧着接着テープで止めることで一切穴を開けていません。

%ef%bc%91

撮影:編集部

%ef%bc%92

撮影:編集部

風や水の侵入を防ぐほか、内部から羽毛が飛び出すことも防いでいます。デザインもコンセプトの通りスタイリッシュ、注目のアウターです。

アクティブに街でも使いたい「ブロックテックパーカ」

uni_06

出典:UNIQLO

キャンプやアウトドアに携帯していきたい多機能パーカー。防風・防水・耐久撥水・透湿を備えた頼もしさ。さらにストレッチ性がある点に注目、動きの激しいアクティビティでも問題なし。

またシンプルで単純なデザインなのでタウンユースにもハマります。

下から上まで暖かい!ヒートテックのラインナップ

2017年でヒートテックは誕生15周年。今では世界で愛される機能ウェアに成長し、ラインナップもインナーにとどまらず豊富。

アニバーサリーを迎え、ますますパワーアップしているヒートテックを活用しない手はなし。バラエティーに富んだアイテムの中に、後の「ヘビロテ」との出会いがあるかも。

靴下

uni_01

出典:UNIQLO

足元から温めてくれるヒートテックの靴下。ウォーム機能はもちろん、厚みもあってトレッキングブーツにもぴったり。さらに消臭ドライ効果もありでまさに冬キャンプに最適です。

ジーンズ

uni_05

出典:UNIQLO

ヒートテックにはジーンズもあります。最近「暖パン」ブームですが、こちらは見た目はそのままデニム。シルエットも綺麗なので街着にも。1本あるといろいろ活躍しそうなジーンズです。

ニットキャップ

uni_03

出典:UNIQLO

ニットキャップだってヒートテック。デザインはユニクロらしいシンプルさでカラバリも豊富。ユニセックスに、またさまざまなコーデに合わせられるアイテム。

車にサブとして積んで置くと急に冷えても対応できますよ。

ネックウォーマー

uni_02

出典:UNIQLO

こちらは防風機能がプラスされたヒートテックのネックウォーマー。冬季アウトドアの厳しい寒風をシャットアウトし、温めてくれます。アウトドアでの防寒のコツは動脈と静脈部分を温めること、重要な首をこのようなアイテムで守ると効率的です。

グローブ

uni_04

出典:UNIQLO

グローブもヒートテックで発熱保温。野遊びにぴったりなざっくり編みルックスながら肌触りはふんわり。

しかも1000円を切るお値段で人差し指と親指部はタッチパネル対応。品質が上がると同時に高額化しているという話もありますが、ユニクロの良コスパ健在。

機能もコスパも間違いなしのウォームウェア

ヒートテックはじめ、冬の野遊びに欠かせない存在となりつつあるユニクロのウォームウェア。

高い機能性にくわえ、どんなコーデの邪魔もしない引き算のデザイン。お気にいりの世界観を尊重しながら、身体を温めてくれる頼もしい味方です。今年の冬も、ユニクロと出かけよう。

冬のキャンプ対策をチェック!

冬のキャンプ対策、万全ですか? 事前にしっかりチェックしましょう!

Uniqlo is a friend of the camping in winter.

ユニクロは冬キャンプのともだち。

Source: CAMP HACK