ランタン

【2ルームに負けない快適さ】ウェザーマスター 4Sドームノトス/300を設営してみた!

CAMP HACK × LANTERN

この記事は、LANTERNで掲載された記事の一部をCAMP HACKでもお届けする連携企画です。

今回はコールマンのオールシーズン対応モデル「4Sドームノトス/300」を実際に設営した様子をお届けします。

LANTERN編集部が使ってみた!

ウェザーマスター

コールマンのハイグレードレーベル、ウェザーマスター。大型2ルームテントのコクーンⅡや個性的なスタイルのトレスもかっこいいですが、今回は4Sドームノトス/300を実際にLANTERN編集部が設営してみました。

コールマンのドーム型テントには珍しい、吊り下げ式のインナーテント。T/C素材を用いたり、サークルベンチレーションがテント内の換気量を自在に調整。4シーズンを快適に過ごせるハイパフォーマンスドームテントの実力は?

ウェザーマスター 4Sドームノトス/300 製品詳細

【サイズ】
インナーサイズ:約 300x300x190(h) cm
収納時サイズ:約 φ26×80cm
重量:約 14.5kg
【素材】
フライ/75Dポリエステルタフタ(UVPRO、テフロンはっ水、カラーPU防水)
インナー/TC、68Dポリエステルタフタ(はっ水加工)
フロア/210Dポリエステルオックスフォード(PU防水、PVC)
ポール/アルミ合金(φ16㎜、φ14.5㎜)
【耐水圧】
約 3,000㎜(フロア:約 10,000mm)
【付属品】
付属品:ペグ、ロープ、収納ケース、ペグハンマー

定員:4~5人用
希望小売価格 85,000円(税別)

それでは設営してみましょう!

ウェザーマスター

重量は約14.5kg。肩に掛けたサイズ感はこのくらい。男性ならば余裕です。

ウェザーマスター

中身は、フライシート、インナーテント、アルミ合金のメインポールが2本、アルミ合金のフロントポール、リアポールが各1本。あとはペグ、ロープ、ペグハンマーが付属します。

ウェザーマスター

まずは、フライシートを広げます。

ウェザーマスター

4本のポールを繋ぎセットします。全体がシルバーのメインポールが2本。先端が赤いフロントポールと真ん中が水色のリアポールが各1本です。

ウェザーマスター

まずはメインポール2本をスリーブに通します。この時、ポールは引っ張らずに必ず押し入れること。引っ張るとポールとポールを繋ぐテンションコードが伸びたり切れたりする原因になります。

ウェザーマスター

片方のポールの先端を、フライシートのコーナーにあるエンドグリップに入れ、反対のポール先端を持ちスリーブの中にポールを押し込みながらフライシートを立ち上げて、コーナーにあるエンドグリップに差し込みます。

ウェザーマスター

フロントポールをスリーブに通します。赤いポールと赤いスリーブの入り口で分かりやすくなっています。

ウェザーマスター

通したらエンドピンを差し込みます。この時もエンドピンを差し込むフライシートに赤いゴム製の輪がついているので分かりやすいです。

ウェザーマスター

今度はリアポールです。水色のスリーブに同じく水色のリアポールを通します。

ウェザーマスター

通したらエンドピンを差し込みます。この時もエンドピンを差し込むフライシートに青いゴム製の輪がついているので分かりやすいです。

ウェザーマスター

フライシートに付いているフックを引っかけて固定。ポールが交差している点は面ファスナーで固定します。

ウェザーマスター

風上から対角線上にペグダウンを行います。

ウェザーマスター

ストラップ状のストームガードをポールに巻きガイドロープを付けてペグダウンしていきます。これでテントの安定性がさらに高まります。

ウェザーマスター

ガイドロープを6カ所ペグダウンすればフライシートは完成です。

ウェザーマスター

インナーテントは、トグルとフライシートのリングをくっつけていきます。

ウェザーマスター

あとはフックをフライシートに掛けるだけ。とても簡単です。

ウェザーマスター

設営完成です。インナーテントはポリコットン素材で通気性が良く蒸し暑い季節や寒い季節に結露しにくく最適ですね。

その他機能紹介

ウェザーマスター

テント上部にはベンチレーション用の窓。大きく開いて空気の流れをしっかり作ってくれます。

ウェザーマスター

インナーテントにはファスナーが付いていて開閉が可能です。

ウェザーマスター

前面の左右2ヶ所にもベンチレーション用の小窓があります。

ウェザーマスター

フライシートの両サイドには、アンダーベンチレーションの換気量を調整できる仕組みが。これがサークルベンチレーションシステム。写真のようにペグダウンして固定したり、巻き上げたりして風の入り込む量を調整できます。

ウェザーマスター

内側から見るとこんな感じです。

ウェザーマスター

インナーテントはメッシュ窓の開閉が可能です。

ウェザーマスター

インナーテントにはランタンフック。

ウェザーマスター

小物入れもあります。

編集部まとめ

この日の気温は、日中が30℃と蒸し暑かったのですが、サークルベンチレーションとポリコットン製のインナーテントのお陰でテント内がいつまでも蒸し暑いということがなく、日が暮れると快適な室温になりました。お陰で寝つきも良く快適な朝を迎えることができました。

コールマンのドーム型テントでは珍しい、吊り下げ式インナーテントを採用している4Sドームノトスですが、使い勝手は◎。フライシートだけならシェルターとしても使えますし、インナーテントも300cm×300cmのフロアサイズは余裕の広さで、大人数のファミリーキャンプにも対応できます。

2ルームはちょっと大きいなというファミリーや、2人で広々贅沢キャンプを楽しみたい方に、ちょうどいいサイズと機能のテントだと思います。

【LANTERNのおすすめ関連記事】
ロッジ型シェルターは居住性抜群!ogawaのリビングシェルターⅤを設営してみた
コールマンのお手軽でお手頃なティピー型テント「エクスカーションティピー」を張ってみた!
エアテントって何?ありか?なしか?テントファクトリーのAIR CABIN 4(エアキャビン4)を設営してみた!

LANTERNはこちら

Source: CAMP HACK

エアテントって何?ありか?なしか?エアキャビン4を設営してみた!

CAMP HACK × LANTERN

この記事は、LANTERNで掲載された記事の一部をCAMP HACKでもお届けする連携企画です。

今回はあまり知られていない「エアー式のテント」の魅力について。果たしてその実力はいかに!?

LANTERN編集部が設営してみた!

LANTERN テントファクトリー設営

エアー式のテント、エアテントをご存知ですか?
従来のテントのような、テントを支える骨組みに金属やグラスファイバー等のポールは使用せず、空気の力だけでフレームを形成するテントのことです。

今回、LANTERN編集部はテントファクトリーから2018年モデルとして、ナチュラムで先行発売されている「AIR CABIN 4(エアキャビン4)」を設営してみました。果たしてエアー式のテントはありかなしか。最後までご覧ください。

AIR CABIN 4(エアキャビン4) 製品詳細

本体サイズ:幅260×奥行455×高190cm
インナーサイズ:幅210×奥行280×高190cm
収納サイズ:幅700×奥行340×高340cm
重量:15.1kg
素材:
ポール材質:TPU
インナーテント材質:ポリエステル
フライシート材質:ポリエステル190T
フロアシート材質:ポリエチレン
耐水圧:フライシート/5,000mm、フロアシート5,000mm
定員:3~4人用
付属品:ポンプ本体、ホース、ペグ

それでは設営してみましょう!

LANTERN テントファクトリー設営

パッキングサイズは結構大きいです。重さも約15kg。

LANTERN テントファクトリー設営

中身は、テント本体、インナーテント、アルミポール1本、ペグ、エアポンプです。

LANTERN テントファクトリー設営

まず、テント本体を広げ6カ所ペグダウンして固定します。

LANTERN テントファクトリー設営

エアテントは、テントの骨組みとなるポールはありません。3つのエアバルブから空気を注入してエアフレームを膨らませる仕組みです。ポンプで送った空気が抜けないように、逆止弁になっています。

LANTERN テントファクトリー設営

同封のポンプをセットします。

LANTERN テントファクトリー設営

エアポンプのノズルをテントフレームの注入口に差し込みます。

LANTERN テントファクトリー設営

空気を入れて行きます。このポンプは上下どちらに動かしても空気が入ります。

LANTERN テントファクトリー設営

エアポンプのノズルには圧力計がついています。目盛の7~8psiを指していれば注入が完了。参考までに、約20回ほどのポンピングで7psiに達しました。簡単です。

LANTERN テントファクトリー設営

キャップを取り付けて完了です。これを3ヵ所行います。

LANTERN テントファクトリー設営

エアー注入時に気を付けたいのがエアフレームの曲がり。途中で折れていたり、ねじれたりしているとエアフレーム内のチューブに、空気圧が掛かり過ぎて破損の原因になりかねないので、時々フレームを整えて空気が入りやすいように調整が必要です。

LANTERN テントファクトリー設営

3本のエアフレームに空気を注入しました。フレームだけでは安定しないので、ガイドロープを張りながらするといいかなと思います。

LANTERN テントファクトリー設営

取扱説明書を見るとペグとガイドロープの位置が明記されてました。これはわかりやすい!左がテント前方です。

LANTERN テントファクトリー設営

こちらはフロント出入り口のヒサシ部分になるポール。

LANTERN テントファクトリー設営

スリーブにポールを通し、前方のエアフレームの左右に1ヶ所ずつある固定パーツへポールを差し込みます。

LANTERN テントファクトリー設営

テント全体の張り具合を調整しながらガイドロープで固定して完成です。

LANTERN テントファクトリー設営

正面から。入り口の左右にある白い部分は窓になります。

LANTERN テントファクトリー設営

後方から。

LANTERN テントファクトリー設営

入り口の左右と奥の目隠しは取り外し可能。取り外すと窓が出現します。これなら防寒しながら光の取り込み、外の景色を眺めることができます。

LANTERN テントファクトリー設営

もう片方のサイドはメッシュ窓にもなります。

LANTERN テントファクトリー設営

全開すれば出入り口にも。大きな間口で出入りもしやすいですね。

機能など紹介

エアフレーム

LANTERN テントファクトリー設営

これがテント本体を支える柱のエアフレーム。触ってみるとカチカチですごく頑丈です。

LANTERN テントファクトリー設営

これは、エアフレームをわかりやすく解体したもの。この透明なチューブが入っているんですね。

LANTERN テントファクトリー設営

テント正面の左右にある目隠しは面ファスナーで取り外しが可能。

LANTERN テントファクトリー設営

目隠しは、窓の下にあるポケットへと収納できます。

LANTERN テントファクトリー設営

正面から見て左側面の窓も、目隠しを外すことができます。大きな窓でテント内にいながら開放感を味わえます。窓は厚手のナイロン製といった感じ。景色を見たり明かりを取り込むことができます。なお、この窓は固定されており開閉はできません。

インナーテント

LANTERN テントファクトリー設営

インナーテントは中心に間仕切りがあって2つの部屋を作ることができます。

LANTERN テントファクトリー設営

間仕切りを外せば1部屋として利用できます。インナーテントのサイズは幅210×奥行280×高190cmなので、大人なら3人、家族なら4人までという感じでしょうか。

LANTERN テントファクトリー設営

インナーテント後方にはベンチレーション用のメッシュ窓があります。

LANTERN テントファクトリー設営

インナーテントの生地は「Breathable:ブレサブル」という通気性機能のあるポリエステル素材。テント内にこもる湿気を外に出やすくしてくれるそうです。

LANTERN テントファクトリー設営

入り口も上の3分の1ほどがメッシュ窓になります。

その他機能

LANTERN テントファクトリー設営

前室部分のランタンフック。インナーテント内にも1つありました。

LANTERN テントファクトリー設営

前室のフロアシート。厚手でしっかりしたPE素材です。耐水圧は5,000mmと十分。撮影時は、前日の雨の影響で芝が水を多く含んでいましたが、水の浸透はありませんでした。

LANTERN テントファクトリー設営

テント内へ電源の引き込みも可能です。

LANTERN テントファクトリー設営

サイドの窓の上部にもベンチレーション用のメッシュ小窓があります。

拡張アイテム「エクストラキャノピー」

LANTERN テントファクトリー設営

エアキャビン4には、エクストラキャノピーというオプションがあります。前室を広げるタープのような役割の拡張アイテムです。こちらもセッティングしてみましょう。

LANTERN テントファクトリー設営

中身は、テントと同じ素材のフライシートとグランドシート、FRPのポール、ペグです。

LANTERN テントファクトリー設営

本体のヒサシ部分にエクストラキャノピーを面ファスナーでくっつけます。

LANTERN テントファクトリー設営

さらにアルミ製のピンをヒサシのベルトに引っかけます。

LANTERN テントファクトリー設営

FRPポールを伸ばし、エクストラキャノピーのスリーブに通します。

LANTERN テントファクトリー設営

左右のエンドピンに差し込み、ペグダウンします。

LANTERN テントファクトリー設営

テント本体の水色のリングに同色のフックを引っかけます。

LANTERN テントファクトリー設営

これで完成です。約1.5mほど前室が長くなりました。居住空間の拡張プラス雨除けや日除け効果が高くなりますね。

LANTERN テントファクトリー設営

付属のグランドシートを敷けばお座敷スタイルに。

気になるポイントをメーカーに聞きました

Q、エアテントのメリットってなんですか?

空気の出し入れだけで設営、撤収ができる手軽さです。サイズが大きくなればなるほど、ポールを組み立てたりする手間が必要なくなるので、メリットも大きくなります。また、空気の力でしっかりと張れるので強度面も安心です。金属製やグラスファイバーのポールのように折れる心配もありません。

Q、空気漏れとか、破裂したりとか大丈夫ですか?

空気を入れるエアチューブにはTPUという柔らかい・軽い・強いの3拍子がそろった新素材のビニールを採用しています。今までのビニール(PVC)は固く・重く・傷つきやすい(穴が空きやすい)という点がマイナスでしたが、TPUでそれは解消されています。さらに、厚手のポリエステルでエアチューブをカバーしています。

Q、もしチューブが破れて空気が漏れたりしても直りますか?

エアチューブはユニット化され簡単に脱着ができるので、仮に不具合が発生してもそのパーツだけを交換、修理することができます。

編集部まとめ

結論:あり!
エアテントって弱そうという勝手な先入観を持って臨みましたが、空気を入れたフレームはすごくしっかりしていて、強度の面で全く問題がありません。全体的な作りもしっかりしており、トータル的にもすごくよかったという印象です。

実は、設営より撤収の簡単さに驚きました。バルブを開けて空気を抜くだけという手軽さは、かなりポイントが高かったです。設営、撤収が面倒くさいという方は、エアテントという選択肢もありますよ。

【LANTERNのおすすめ関連記事】
テントファクトリーの2018年展示会に行ってきました!大型テントやロールトップテーブルなど
テントとタープがドッキング!?「ロングキャノピードームテント4」を設営してみた。
ogawaの2018年新製品展示会に行ってきました!べル型、トンネル型など6製品
LANTERNはこちら

Source: CAMP HACK

ワンポールテントの進化系!ogawaの「 TRES(トレス)」を設営してみた!

CAMP HACK × LANTERN

この記事は、LANTERNで掲載された記事の一部をCAMP HACKでもお届けする連携企画です。

今回は個性派必見のテント「トレス」の魅力について。果たしてその実力はいかに!?

LANTERN編集部が設営してみた!

LANTERN ogawa ワンポールテント トレス

2017年にキャンパルジャパンより発売されたogawaブランドの「TRES(トレス)」。

その特長はワンポールテントの立ち上がりのデッドスペースを解消するべく、3本のサイドポールによって、室内空間を広々と使えるようにした新しい形のワンポールテント。

そんなトレスをLANTERN編集部が設営してみました。

TRES(トレス) 製品詳細

LANTERN ogawa ワンポールテント トレス

サイズ:幅457×高さ250(床面長辺275・短辺180×最大幅390cm)
重量:幕体:約5.7kg ポール:約3.4kg
素材:
フライ:ポリエステル 75D(耐水圧1,800mm)
グランドシート:ポリエステル 210D(耐水圧1,800mm)
ポール:メイン 6061アルミ合金、サイド 6061+7001アルミ合金
付属品:グランドシート、張り出しポール170cm、張り綱、ハンマー、スチールピン、収納袋
カラー:ブラウン×サンド
収納サイズ:75×35×30cm
※インナーはオプションとなります。

それでは設営してみましょう!

LANTERN ogawa ワンポールテント トレス

重さは10kgほど。女性でも持ち運べる重さとサイズです。

LANTERN ogawa ワンポールテント トレス

中身は、フライシート、メインポール、サイドポールが3本、キャノピー用ポールが2本、ペグ、ペグハンマー、グランドシート。しっかりとしたペグハンマーが付属しているのはありがたいですね。

LANTERN ogawa ワンポールテント トレス

まず、フライシートを広げます。3つ入り口があり、ほぼ同じなのですが、TRES(トレス)のロゴがある所が正面の入り口です。

LANTERN ogawa ワンポールテント トレス

赤いポールがサイドポール。3本スリーブに通していきます。

LANTERN ogawa ワンポールテント トレス

抜け防止機能付きのピンにサイドポールを差し込みます。

LANTERN ogawa ワンポールテント トレス

1カ所に2個ピンがあるので、3ヵ所すべて2本ずつサイドポールを差し込みます。

LANTERN ogawa ワンポールテント トレス

サイドポールのみでは自立しないので、フライシートをペグダウンして固定します。風の強い時は、仮でガイロープをペグダウンすると安定して立てやすくなると思います。

LANTERN ogawa ワンポールテント トレス

テント内にはガイドがあるので、綺麗に張りやすいです。各方向にしっかりと引っ張りながら、対角線上を順にペグダウンしていきましょう。

LANTERN ogawa ワンポールテント トレス

ここでグランドシートを敷きます。グランドシートが必要ない場合は、このままメインポールを立てます。

LANTERN ogawa ワンポールテント トレス

LANTERN ogawa ワンポールテント トレス

グランドシートは、フライシートのリングに引っかけたり、ペグダウンしたロープに引っかけます。

LANTERN ogawa ワンポールテント トレス

前方の2ヶ所はペグダウンで固定します。

LANTERN ogawa ワンポールテント トレス

メインポールを組立てて中心に立てます。

LANTERN ogawa ワンポールテント トレス

グランドシートのメインポールを置く位置は、四角く生地で補強されていました。

LANTERN ogawa ワンポールテント トレス

フライシートをガイロープで固定します。

LANTERN ogawa ワンポールテント トレス

センターループをサイドフレームに巻き付け、ロープをペグダウンします。これにより風に対する強度アップとフライシートへの負荷を軽減します。

LANTERN ogawa ワンポールテント トレス

ストームガードにロープを付けペグダウンすれば完成です。ワンポールテントの天井の高さと、ドームテントの室内空間の広さを合わせ持ったトレスの完成です。

LANTERN ogawa ワンポールテント トレス

入り口のサイドループを巻き上げれば、間口が広がり開放的な雰囲気に。

LANTERN ogawa ワンポールテント トレス

3つの入り口全てを同様に巻き上げると、こんな感じになりました。こうなるとテントというよりタープですね。

LANTERN ogawa ワンポールテント トレス

グランドシートを少し折り曲げれば、チェア、テーブルを入れて前室としても利用できます。

機能紹介

LANTERN ogawa ワンポールテント トレス

フライシートは全面にスカートが付いているので、テント内への風の吹き込みを防いでくれます。

LANTERN ogawa ワンポールテント トレス

グランドシートは付け方次第で、自在にアレンジができそう。グランドシートを使用しなければシェルターとして利用もできます。

LANTERN ogawa ワンポールテント トレス

メインポール上部にはランタンなど引っかけることができるリング付き。

LANTERN ogawa ワンポールテント トレス

テント中央には、天井から吊り下がった3本のロープがあり、テント中央のとんがり部分を開閉できる仕組み。ピルツと同じです。これにより、ベンチレーションが自在です。

今回はインナーテントは使用しませんでしたが、ハーフ、フルと2つのインナーが別売されています。

TRES(トレス)ハーフインナー 製品詳細

LANTERN ogawa ワンポールテント トレス

重量:2.6kg
素材
幕体:ポリエステル
グランドシート:ポリエステル210D(耐水圧1,800mm)
サイズ:幅380・240×奥行145×高さ185cm

TRES(トレス)フルインナー 製品詳細

LANTERN ogawa ワンポールテント トレス

重量:3.5kg
素材
幕体:ポリエステル
グランドシート:ポリエステル210D(耐水圧1,800mm)
サイズ:幅400・255×奥行230×高さ250cm

編集部まとめ

設営はワンポールテントとは全く違う手順なので、ワンポールテントとして捉えないほうがいいでしょう。

サイドポールの効果により、居住空間の広さはもちろん、テントアレンジも多彩でした。出入り口が3つあり、出入りのしやすさと、テント内での移動のしやすさがワンポールテントと比べてとても良かったです。

【LANTERNのおすすめ関連記事】
テントファクトリーの2018年展示会に行ってきました!大型テントやロールトップテーブルなど
テントとタープがドッキング!?「ロングキャノピードームテント4」を設営してみた。
ogawaの2018年新製品展示会に行ってきました!べル型、トンネル型など6製品
LANTERNはこちら

Source: CAMP HACK

コンパクトで持ち運びも楽々な薪ストーブ「ちびストーブⅢ」を使ってみた!

CAMP HACK × LANTERN

この記事は、LANTERNで掲載された記事の一部をCAMP HACKでもお届けする連携企画です。

今回はコンパクトな薪ストーブ「ちびストーブⅢ」の魅力について。果たしてその実力はいかに!?

LANTERN編集部が使ってみた!

LANTERN ちびストーブⅢ

薪ストーブを使いたいけど、大きくて重いのはちょっと・・・という方は参考にしてください。

今回紹介するのは、ogawaブランドでお馴染みキャンパルジャパンから発売されている「ちびストーブⅢ」です。早速設営して使用感をレビューしてみます。

ちびストーブⅢ 製品詳細

LANTERN ちびストーブⅢ

サイズ:幅28×奥行40×高さ150cm
収納サイズ:幅38×奥行47×高さ33cm
重量:約5.2kg
素材:
[本体]鉄板0.6mm
[煙突]ステンレス
[脚]スチールΦ19(mm)
付属品:煙突(3パーツ)、曲がり長、笠、中籠、火バサミ、ロストル、収納ケース

それでは使ってみましょう!

LANTERN ちびストーブⅢ

専用のケース付きで持ち運びが簡単。重さは約5.2kg。

LANTERN ちびストーブⅢ

出てきたのはステンレス製の薪ストーブ。煙突や脚は薪ストーブの中に収納されコンパクトです。

LANTERN ちびストーブⅢ

中身は本体、煙突、脚、底板、中籠、天板のフタです。

LANTERN ちびストーブⅢ

まず脚を取り付けます。脚は差し込み式でカチっとはめるだけの簡単構造。

LANTERN ちびストーブⅢ

脚を4本差し込んだら、燃焼室に底板を敷きます。熱による劣化を防ぐために重要なアイテムですね。

LANTERN ちびストーブⅢ

煙突を取り付け蝶ナットを手で締めて固定します。工具など必要なく簡単です。

LANTERN ちびストーブⅢ

2本目の煙突は付属のワイヤーを本体に固定します。これで煙突の安定感が格段に増しました。

LANTERN ちびストーブⅢ

3本目、4本目の煙突を繋ぎ合わせ最後に先端を取り付けます。風が強い場合は煙突上部の固定が必須です。

ちびストーブ3

煙突4本を繋ぎ合わせた高さは約150cm。煙突は高くすれば安定感がなくなるので、このくらいがちょうどいいかもしれませんね。

LANTERN ちびストーブⅢ

薪を入れて、火起こししますが、新品の薪ストーブは、慣らしが必要です。薪を2、3本投入して火が自然に消えるまで燃やします。これを2、3回繰り返せば慣らしは完了です。

LANTERN ちびストーブⅢ

薪が燃え尽きた灰で火床ができると、燃焼効率がアップします。

LANTERN ちびストーブⅢ

吸気口の開閉により火力や燃焼時間を調節することができます。

LANTERN ちびストーブⅢ

小さなガラス窓から炎が見えます。焚き火もいいですが、薪ストーブの炎もいいですね。

LANTERN ちびストーブⅢ

天板の上では調理も可能です。おでんや鍋物でさらに暖まるのも寒い季節ならではの楽しみ。

その他機能紹介

LANTERN ちびストーブⅢ

LANTERN ちびストーブⅢ

LANTERN ちびストーブⅢ

天板のフタは3段階で外れ、調理器具の大きさに合わせて直火調理を行うこともできます。

LANTERN ちびストーブⅢ

さらに中籠には炭をいれて使用します。火力を安定させたい場合や、長く調理に使用したい場合に重宝します。

編集部まとめ

コンパクトで軽量な薪ストーブ「ちびストーブⅢ」。組立時間も簡単で5分程度でセッティング完了し、十分な暖かさの暖房器具、調理器具として使える優れモノ。車への積載や家での保管場所が気になる方には、オススメできる薪ストーブの1つだと思います。

【LANTERNのおすすめ関連記事】
コスパ最高のホンマ製作所薪ストーブを組み立ててみた!!(動画あり)
秋冬キャンプの寒さ対策に!持ち運べる重さ20キロ以下の薪ストーブ10選!
ogawaから限定販売中!秋冬キャンプで活躍する2種類のT/Cタープと薪ストーブを紹介!
LANTERNはこちら

Source: CAMP HACK

グッドデザイン賞2017受賞!コールマンの焚き火台ファイアーディスクを使ってみた

LANTERN編集部が使ってみた!

LANTERN ファイアーディスク

コールマンから2016年秋に発売されたファイアーディスクがグッドデザイン賞2017を受賞しました。

受賞理由など詳しくは、グッドデザイン賞をご覧ください。

円盤のような形が特徴的ですが、ビギナーでも手軽に焚き火を楽しむことができるところがウリです。

実際のところどうなのか? ファイアーディスクの使用感をレビューします。

設置が3秒は本当か?検証スタート

LANTERN ファイアーディスク
収納時です。専用の袋付きで、重さは1.6kg。参考までにコールマンのステンレスファイアープレイスⅢは5.7kg。

LANTERN ファイアーディスク
厚さは約10cmほどです。半円型なので収納時の多少の厚みは仕方ないですね。

LANTERN ファイアーディスク
取り出してみると、背面に折り畳み式の脚が3つ。

LANTERN ファイアーディスク
脚の立て方はそのまま上に持ち上げるだけ。上までいくと脚がストッパーにはまり固定される仕組み。メーカー発表の3秒設置も可能!片付けは、握って下げるだけでこちらも簡単。

LANTERN ファイアーディスク
立てるとこんな感じです。ちょっと頼りなさそうに見えますがどうでしょうか。

LANTERN ファイアーディスク
立ててみるとしっかりしてます。耐荷重30kg。本体部分も頑丈ですね。これなら熱による変形はなさそうな印象です。多少斜めでも使えますが、3本脚なので平らな場所での使用をオススメします。

LANTERN ファイアーディスク
付属の焼網です。写真右側が開いていますが、これは炭を触ったり追加できるように開いています。

LANTERN ファイアーディスク
薪に火を点けてみます。

LANTERN ファイアーディスク
形がシンプルなので火も付けやすいです。3本脚なので、薪を乗せる時にバランスには気を遣ったほうがいいでしょう。

LANTERN ファイアーディスク
燃えにくい生地でできているファイアープレイスフォールディングチェアとコーディネートすると、高さもちょうどいいです。

LANTERN ファイアーディスク
こちらは使用後のファイアーディスク。特に変形もなく問題ありませんでした。

編集部まとめ

開発コンセプトにもある、簡単設営お手軽価格でデザイン性も良く、ビギナーに特化した焚き火台でした。円盤のシンプルな作りは、さっと洗えてパッとしまうことができ、設営よりもむしろ撤収のしやすさに感心しました。

気になる耐久性は、ガンガン燃やしても変形しなかったので問題ないでしょう。そして、この手軽さとコストパフォーマンスの良さは魅力です。

ただし、焼網を使用した場合、炭と網の距離が近く火力の調整が難しいことは頭に入れておく必要があります。手軽に焚き火を楽しむためのアイテムと割り切って、焼き網はおまけ程度に考えたほうがいいでしょう。

製品詳細

製品名:ファイアーディスク
使用時サイズ:約φ45×23(h)cm
収納時サイズ:約φ46×8.5(h)cm
重量:約1.6kg
耐荷重:約30kg(ダッチオーブン3サイズ対応)
材質:ステンレス
付属品:収納ケース、焼き網
※ダッチオーブンを使用する場合は、別売のダッチオーブンスタンドが必要です。

安全な焚火のためにファイアーディスク用のスパークシールドも発売されています。

LANTERN ファイアーディスク

これで、予測不可能で危険な火の粉の恐怖を簡単に解決。裏返してファイアーディスクとコンパクト収納が可能です。

製品名:スパークシールド
本体サイズ:約φ42×8(h)cm
重量:約600g
材質:ステンレス

【LANTERNのおすすめ関連記事】
冬キャンプを始めるなら石油ストーブ!電源不要で取扱いも簡単!使用時の注意点も。
【名人直伝】焚き火を失敗しない6つのコツ! 薪の種類と組み方、おすすめ焚き火ギアも
秋冬キャンプの寒さ対策に!持ち運べる重さ20キロ以下の薪ストーブ10選!

LANTERNはこちら

Source: CAMP HACK

コールマンのティピー型テント「エクスカーションティピー」を張ってみた!

LANTERN編集部が設営してみた!

Lantern コールマン エクスカーションティピー

ティピー型テントと言えば、設営が簡単で収納サイズもコンパクト。ただし、雨の時は雨除けがなくテント内に雨水が入りやすいというデメリットも。そんなデメリットを解消するティピー型テント「エクスカーションティピー」。今回は3名~4名用の325を実際にLANTERN編集部が設営してみました。

エクスカーションティピー/325 製品詳細

【サイズ】
インナーサイズ:約 325×230×200(h)cm
収納時サイズ:約 φ16×60cm
重量:約 6kg
【素材】
フライ/75Dポリエステルタフタ(UVPRO、PU 防水、シームシール)
インナー/68Dポリエステルタフタ(撥水加工)
フロア/75Dポリエステルタフタ(PU 防水、シームシール)
ポール/(メイン)スチール約φ19mm (フロント)FRP 約 φ11mm
【耐水圧】
約 1,500mm(フロア:約 1,500mm)
【付属品】
付属品:ペグ、ロープ、収納ケース
※ハンマーは付属しておりません

定員:3~4人用
希望小売価格 19,800円(税別)

それでは設営してみましょう!

Lantern コールマン エクスカーションティピー

収納サイズは約6kgで肩に掛けたサイズ感はこのくらい。非常にコンパクトです。

Lantern コールマン エクスカーションティピー

中身は、フライシート、インナーテント、スチールのメインポール、FRP製のフロントポールが各1本。あとはペグ、ロープです。※ペグハンマーは付属しません。

Lantern コールマン エクスカーションティピー

まずは、インナーテントを広げます。今回は使用していませんが、別売りのグランドシートがあれば、下からの湿気をしっかりブロックできます。

Lantern コールマン エクスカーションティピー

対角線上にペグダウンしていきます。

Lantern コールマン エクスカーションティピー

ペグダウンする箇所はわずか6カ所。ティピー型テントにしては非常に少なくて楽ですね。

Lantern コールマン エクスカーションティピー

続いてメインポールを組み立てます。メインポールはスチール製でしっかりしていました。

Lantern コールマン エクスカーションティピー

インナーテントの中心にメインポールをセットします。

Lantern コールマン エクスカーションティピー

インナーテントの床面中心には、ポールを差し込むゴム製のストッパーが。これでしっかり固定されます。

Lantern コールマン エクスカーションティピー

続いてフライシートを被せます。

Lantern コールマン エクスカーションティピー

インナーテントのペグにフライシートについているゴム製のリングを引っかけます。

Lantern コールマン エクスカーションティピー

あとはフロント用のポールを組み立てて、入り口に前室を作ります。

Lantern コールマン エクスカーションティピー

フライシートの黄色いバンドからでているピンをフロントポールに差し込みます。

Lantern コールマン エクスカーションティピー

フライシートとフロントポールを面ファスナーで固定します。

Lantern コールマン エクスカーションティピー

前方と後方にある入り口部分をペグダウン、さらにガイドロープを付けペグダウンすれば完成です。

Lantern コールマン エクスカーションティピー

前室があるのでティピー型テントのような円すい形ではなく、前面がフロントポールで前に押し出されています。

Lantern コールマン エクスカーションティピー

入り口を開けるとこのように前室が。直接テント内に雨が吹き込むことを防いでくれますし、ちょっとした荷物置きスペースにもなりますね。

その他機能紹介

Lantern コールマン エクスカーションティピー

とんがり屋根にはベンチレーション用の小窓が3つ。

エクスカーションティピー

中から見るとこんな感じです。ファスナーで閉じたりメッシュにしたりと開閉ができます。

Lantern コールマン エクスカーションティピー

テント下部にもベンチレーション用のメッシュ窓が付いてます。下から上へ風が抜けるので、テント内の熱い空気を外へ逃がし、結露もしにくくしてくれます。

Lantern コールマン エクスカーションティピー

小物など入れるメッシュポケットも付いています。その他に、コード引き出し口、ランタンハンガー、ストームガードも付いています。

エクスカーションティピーには210という1~2人用のテントもあります。

エクスカーションティピー/210 製品詳細

Lantern コールマン エクスカーションティピー

【サイズ】
インナーサイズ:約 210×150×170(h)cm
収納時サイズ:約 φ17×50cm
重量:約 4kg
【材質】
フライ/75Dポリエステルタフタ(UVPRO、PU 防水、シームシール)
インナー/68Dポリエステルタフタ(撥水加工)
フロア/75Dポリエステルタフタ(PU 防水、シームシール)
ポール/(メイン)スチール約φ19mm (フロント)FRP 約 φ9.5mm
【耐水圧】
約 1,500mm(フロア:約 1,500mm)
【付属品】
付属品:ペグ、ロープ、収納ケース
※ハンマーは付属しておりません

定員:1~2人用
希望小売価格 13,800円(税別)

編集部まとめ

設営が簡単なティピー型テント。インナーテントの形状を変え、フロントポールを追加することで前室を作りました。

結果、雨が吹き込みやすいという弱点を補いながら、設営の手間を多くするどころかペグダウンする箇所も少なく済んでしまうという、初心者やソロキャンパーにはとてもありがたいテントではないでしょうか。

お値段も手頃でナイスです。

【LANTERNのおすすめ関連記事】
編集長も愛用するティピーテント。人気のメーカー8社を紹介。設営が簡単で初心者にもおすすめ!
【ニュートラルアウトドア・GEテント】新ブランドのおしゃれテントと30人のグループキャンプ
人気のカマボコテント!3つの魅力と2017年の人気カマボコ型テント2+1を紹介
LANTERNはこちら

Source: CAMP HACK

コールマンの人気商品ルミエールランタンで、トルコランプ風ランタン作ってみた。

LANTERN編集部がコールマンの人気商品ルミエールランタンで、トルコランプ風ランタン作ってみた。

LANTERN 自作ランタン
日が暮れるとその実力を発揮するランタン。灯される光が夜の暗がりを照らし、素敵な雰囲気を演出します。

ランタンの種類はいろいろありますが、今回は揺らめく炎と美しいフォルムで不動の人気を獲得しているコールマン『ルミエールランタン』を紹介します。

さらに、今回は特別企画と題し、ルミエールランタンをさらに素敵で特別なものにするアレンジを加えます。

それは、女子が好きなトルコランプ風にアレンジ!

ルミエールランタンを知ろう

LANTERN 自作ランタン

テーブルの上で、ろうそくの炎のような揺らめく灯りがおしゃれ!キャンパーに不動の人気のルミエールランタン。大きさ、デザイン、人気の理由をまずはチェックしていきましょう!

大きさ

LANTERN 自作ランタン
500mlのペットボトルと同じぐらいのサイズ。(本体のみ)

背が高いので、テーブルの上を雰囲気よく照らしてくれます。

デザイン

LANTERN 自作ランタン
先端に向かって細くなり、曲線を描くのガラス。ろうそくの炎のようなフォルムで、部屋のアンティークとして置いても可愛いですね。
LANTERN 自作ランタン
グローブの下部にあるつまみ(ガス調節器具)によって、ガス量を調節できます。ガラスとグローブをそれぞれ分けることができます。
LANTERN 自作ランタン

炎の大きさを調節できるレバーがあります。右に向かって、炎をが大きくなります。操作は簡単なので誰でもできますね!

ガス調節器具全体がブロンズカラーで統一されていて、より一層レトロな雰囲気を演出してくれます。

収納

LANTERN 自作ランタン
ランタンとグローブを保護するプラスチックケース付。

ランタンの形に沿って、くぼみがあるので不安定にならず、衝撃を抑えてくれます。

人気の理由

マントルが不要!
ランタン本体の先端に直接火を付けるタイプで、マントルは必要ありません。

フォルムが何といってもおしゃれ!
ろうそくの炎のようなフォルムが可愛い。揺らめく炎がキャンプサイトや食卓を雰囲気よく照らします。

ルミエールランタンの詳細は下記をご覧ください。

コールマン ルミエールランタン商品詳細
・燃焼時間:約28~38時間(230g缶使用時)
・本体サイズ:約φ7.3×6×18.3(h)cm
・重量:約210g
・付属品:プラスチックケース
・使用グローブ:Model 205602
※LPガスは別売り
【出典:コールマン公式サイト

今回LANTERN編集部は、ルミエールランタンをアレンジして「トルコランプ風ランタン」を作っちゃいました。

トルコランプ風ランタン、実際に作ってみた

とある6月の日。

-LANTERN編集長
今月で『LANTERN』が公開して、1年になる。そこで「LANTERN」にちなんで「ランタン」をオリジナルで作りたい。

栗田任せてもいいかな?オーダーは目立つことと、女性ならではの観点を入れて欲しいかな。そして、出来たものを今月のCOC MEETING(コールマンアウトドアクラブ会員イベント)に持っていけたらイイね。

-栗田
・・・! か、かしこまりました。

女の人ってとにかく、キラキラとかアンティークとかそういうの好きだよね。

なんだろ、検索・・・。モザイクガラス、ステンドガラス、トルコランプ、たくさんの種類があるな・・・。こういう透き通ったガラスから、ルミエールランタンの炎をが見えると綺麗だろうな・・・。

これだったら目立つし、女性も好きそうかも!!

こんな企画背景から、コールマンの「ルミエールランタン」をベースに、LANTERNオリジナルバージョンを作ってみました。

作業にご協力いただいたのは、秋葉原にある「らんぷ家」さん。

模様を決める

LANTERN 自作ランタン
たくさんの種類のビーズやガラスがありますね。何色にしようか悩む・・・。
LANTERN 自作ランタン
最初に、白い紙の上にガラスを配置し、模様をイメージします。ガラスの種類は、ひし形、三角形、四角形を組み合わせて模様を作ります。

ガラスをランプの光に透かしながら、色合いを考えていくのがポイントです!

ランタンに貼り付ける

LANTERN 自作ランタン
模様が出来たら、ビーズ、ガラスを早速ランタンに貼り付けてみます! 接着剤の粘着性が乾いてしまわないように、素早く貼り付けます。

ガラスとガラスの間は、1mm~2mm間隔を空けて貼り付けるのがポイントです。間隔がないと、ガラスがはがれやすくなります。

「ビーズを貼りつける際は、竹串を使うといいですよ!」とアドバイスもらいながら、繊細な作業なので、慎重に。思わず無言になります。
LANTERN 自作ランタン

出来上がりに近づいてきました。貼り付けたばかりだと、ガラスやビーズが不安定なので2、3時間乾かします。

出来上がり!

LANTERN 自作ランタン
ついに完成!出来上がりの写真はこちら!(撮影場所:らんぷ家
LANTERN 自作ランタン
LANTERN 自作ランタン
外で、撮影するとこんな感じ。青空にも、夜空にも鮮やかに映えます。

出来上がったランタンを編集長に見せてみた。

-栗田
編集長!どうでしょうか?女性ならではの観点で、トルコランプ風にアレンジしてみました。

ルミエールランタンから灯される炎が、トルコガラスを透き通り、赤・青・黄・緑の4色をキラキラ輝かせてくれるので、目立つのではないでしょうか!
-LANTERN編集長
イイね!このランタンなら、オシャレな雰囲気で食事が楽しめるね。今年のCOC MEETINGは、昨年以上に楽しめそうだ!

(COC MEETINGについて詳細はこちら

LANTERN編集部まとめ

既存のキャンプギアをアレンジすれば、オンリーワンのキャンプギアに大変身。

企画を通して、アレンジの素晴らしさや楽しさを学びました。ガラスを多く使うと、ランタンの灯りが綺麗に見えるのでおすすめです。

ルミエールランタンを持っている方は是非チャレンジしてください。今回は、ランタンをアレンジしましたが、他のキャンプギアでもチャレンジしたいと思います!

【LANTERNのおすすめ関連記事】
コールマンCOCサマーミーティング2017に行ってきました!ランタン、バーナーなど珍しいギアも写真で登場!
ごつい系クーラーボックス、ペトロマックス新作やムーミンのかわいいオイルランタンなど2018年アウトドア合同展示会【スター商事編】
【名人直伝】焚き火を失敗しない6つのコツ! 薪の種類と組み方、おすすめ焚き火ギアも
LANTERNはこちら

Source: CAMP HACK

2万円台のトンネル型テントがテントファクトリーから登場!編集部で設営してみた!

LANTERN編集部が設営してみた!

LANTERN テントファクトリー設営

ドッペルギャンガーアウトドアのカマボコテントやコールマンのトンネル2ルームハウス、ノルディスクのレイサなどトンネル型テントが人気です。

そんな中3万円を大きく切るトンネル型テントを発見しました。テントファクトリーから発売されている「トンネル2ルームテント」です。編集部で試し張りしてそのスペックを確かめてみました。

トンネル2ルームテント製品詳細

【サイズ】
本体サイズ:幅255×奥行435×高190cm
インナーサイズ:幅240×奥行210×高180cm

【素材】
ポール:グラスファイバー
インナーテント:ポリエステルタフタ185T 75D
フライシート:ポリエステルタフタ210T 68D リップストップ
フロアシート:ポリエステルオックスフォード150D

【耐水圧】
インナーテント:800mm
フライシート・フロアシート:3,000mm

【付属品】
キャリーバッグ、キャノピーポール2本、ペグ26本、ガイドロープ8本、グランドシート1枚、プラスチックハンマー1本

【価格】
26,800円(税込)

設営してみた

LANTERN テントファクトリー設営
持った感じはボストンバッグ程度。重さは10kgほど。
LANTERN テントファクトリー設営
中身は、フライシート、インナーテント、ペグ26本、ガイドロープ8本、グランドシート1枚、プラスチックハンマー1本、キャノピーポール2本。

グランドシートとキャノピーポール付はうれしいですね。
LANTERN テントファクトリー設営
まずは、フライシートを広げます。
LANTERN テントファクトリー設営
メインポールは3本。グラスファイバー製で黄色、青色、赤色と色分けされています。
LANTERN テントファクトリー設営
フライシートのスリーブ入り口にも黄色、青色、赤色に色分け。ポールを間違えないようにという配慮。親切ですね。
LANTERN テントファクトリー設営
3本のポールをスリーブに通します。
LANTERN テントファクトリー設営
リングにポールを差し込みます。
LANTERN テントファクトリー設営
3つとも差し込みアーチを作ります。
LANTERN テントファクトリー設営
ペグダウンをしてテントを立ち上げます。
LANTERN テントファクトリー設営
トンネル型テントは自立式ではないので、ガイドロープもしっかりと張ります。

ちなみに、トンネル型テントはガイドロープをしっかり張れば風に強いテントです。
LANTERN テントファクトリー設営
完了です。トンネル型テントはアーチがキレイですね。
LANTERN テントファクトリー設営
付属のキャノピーポールを取り付ければ、前室が広く利用できます。
LANTERN テントファクトリー設営
大人が入って手を広げても余裕の広さ。シェルター利用も可能です。

グランドシートとインナーテントを設置

LANTERN テントファクトリー設営
専用のグランドシートだからぴったりサイズ。取り付けもフックで引っかけるだけと簡単。
LANTERN テントファクトリー設営
インナーテントは吊り下げ式だから脱着が簡単です。
LANTERN テントファクトリー設営
インナーテントのサイズは240×210cm。4人家族までなら問題なさそうな広さです。

その他機能紹介

LANTERN テントファクトリー設営
LANTERN テントファクトリー設営
メッシュ窓が前後とサイドに計4つあり、しっかりとした通気性を確保しています。
LANTERN テントファクトリー設営
インナーテントへのコード引き込み口。
LANTERN テントファクトリー設営
小物など入れられるポケットがインナーテント入り口に左右4つあります。
LANTERN テントファクトリー設営
インナーテント内にはランタンフック付き。
LANTERN テントファクトリー設営
テント内にもポケットが両側に1つずつあります。
LANTERN テントファクトリー設営
スカート付き。寒い季節には風の吹き込みを防いでくれます。

編集部まとめ

メインポールが3本とシンプルな作りのトンネル2ルームテント。設営は慣れれば簡単ですし、サイズも価格も手ごろ。

設営しやすい配慮や機能面も充実していて、入門用のテントとしておすすめします。

【LANTERNのおすすめ関連記事】
【LANTERNインタビュー】手の届きやすいアイテムをチャレンジし続けるテントファクトリーの原点に迫る。ファンミーティングの開催情報も。
コールマンの2016年秋冬限定2ルームテント「トンネル2ルームハウス (バーガンディ)」を説明書なしで設営してみた
2ルームテントが4万円以下!幅320×奥行585×高さ200cmのナチュラム限定販売のテントファクトリー「4シーズンダブルドームテント」はコスパ最強!
LANTERNはこちら

Source: CAMP HACK

ケシュアの「2 SECONDS FRESH & BLACK 3人用」を設営してみた!

ランタン編集部が設営!

フランスのスポーツ用品メーカー「Decathlon(デカトロン)」のアウトドア専門ブランドQuechua(ケシュア)。

1人でも多くの人に、スポーツを楽しんでもらうために、原料調達から販売まで、すべてのプロセスを自社で一貫しコストを圧縮。高品質ながら手頃な価格を実現しているアウトドアブランドです。

そんなケシュアから2秒(メーカー発表)で設営できるポップアップテントを紹介します。

2 SECONDS FRESH & BLACK 3人用

LANTERN ケシュアテント設営
設営するのはこちらのポップアップテント。ポップアップテントとは、テント本体とポールが一体化していて、開くだけでテントになる仕組み。

ポップアップテントは通常デイキャンプなどに使うような小さいサイズが一般的ですが、これは大人3人が寝泊まりできるスペースを確保したテント。

2 SECONDS FRESH & BLACK 3人用 製品詳細

最大収容人数:3人用
ベッドルームサイズ(cm):幅 180 × 長さ 210 × 高さ(最高部) 101
収納時サイズ:直径74cm
質量:4.02 kg
素材
[フライシート]100% ポリエステル (PES)
[裏地]100% ポリエステル (PES)
[グラウンドシート]100% ポリエチレン (PE)
[ポール]100% グラスファイバー (FG)
[キャリーバッグ]100% ポリエステル (PES)
付属品:ペグ、ガイロープ、フラットディスク型カバー
メーカーの2年保証付き
2 SECONDS FRESH & BLACK特設サイトはこちら
それでは、早速設営してみます。

2秒で設営は本当か?設営してみた。

パッキングサイズ

LANTERN ケシュアテント設営
直径74cmほどの丸い形で収納され、総重量は約4キロ。片手で持ち運びできるサイズ感。

袋から取り出してみる

LANTERN ケシュアテント設営
黄色のベルトで広がらないように止めてあります。
LANTERN ケシュアテント設営
ベルトを外すとひと回り大きく広がりました。

黄色とオレンジのプラスチックバックルを外す

LANTERN ケシュアテント設営
LANTERN ケシュアテント設営
2色のバックル計4つを外します。
LANTERN ケシュアテント設営
すると、広がる力に任せてテントがパッと開きます。なんとこれでテントは出来上がり。

収納袋にはペグとロープ

LANTERN ケシュアテント設営
収納袋のポケットには、スチールペグとロープが入っています。

テント本体をペグダウン

LANTERN ケシュアテント設営
テント本体のペグダウンする箇所は全部で4つ。
LANTERN ケシュアテント設営
左右に備え付けられているロープもペグダウンします。
LANTERN ケシュアテント設営
ガイロープ3本もテント本体に縛り付けペグダウンします。

完成

LANTERN ケシュアテント設営
これで設営は完了。さすがに2秒で全て設営は無理ですが、ストッパーなど外して手を離せば、2秒で開きテントにはなるかなと。それでも、ちゃんと設営しても時間はわずか3分。なんとお手軽なこと。

次は機能をご紹介します。

機能を紹介

高い遮熱性とベンチレーション

LANTERN ケシュアテント設営
フライシートにFresh&Black素材を使用し遮熱性を高め、さらにベンチレーション用の窓を前後5ヵ所配置することで、熱ごもりを低減。
LANTERN ケシュアテント設営
窓が両サイドに各1つずつ。
青いフックを外してガイロープのストッパーに引っかけるとヒサシのように開きます。これなら、多少の雨でも大丈夫ですね。
LANTERN ケシュアテント設営
さらにロールアップも可能。
LANTERN ケシュアテント設営
そして背後に2つ。
LANTERN ケシュアテント設営
LANTERN ケシュアテント設営
テント内の背後にあるチャックを開けてプラスチックバックルを外すと、ブラインドのように後方のフライシートが上に巻き上がり空気の出入り口と明かりの取り込みができます。

テント内のポケット

LANTERN ケシュアテント設営
テント内後方にポケットが左右2つずつついていて、小物の収納もできます。

テント内の遮光性の高さとUVカット効果

LANTERN ケシュアテント設営
テント内は特許出願中のBLACK素材で遮光性が高く、昼間でもカメラのフラッシュなしでは撮影ができないほど。
フライシート生地の内側にはUVカット効果のあるTi0²(二酸化チタン) コーティング加工でSPF50+。

ちなみに撤収も簡単

LANTERN ケシュアテント設営
“EASY”ガイドシステムなるもので撤収も簡単でした。撤収手順は袋に載っています。

ケシュアの公式サイトに動画が出ていました。ちなみにこちらは2人用の収納例ですが、ほとんど同じです。

次はひと回り小さい2人用サイズの紹介。

2 SECONDS FRESH & BLACK 2人用

LANTERN ケシュアテント設営
今回設営した3人用の他に、2人用もあります。素材や機能は同じでサイズがひと回り小さくなっています。

2 SECONDS FRESH & BLACK 2人用 製品詳細

最大収容人数:2人用
ベッドルームサイズ(cm):幅 120 × 長さ 210 × 高さ(最高部) 98
収納時サイズ:直径65cm
質量:3.3 kg
素材
[フライシート]100% ポリエステル (PES)
[裏地]100% ポリエステル (PES)
[グラウンドシート]100% ポリエチレン (PE)
[ポール]100% グラスファイバー (FG)
[キャリーバッグ]100% ポリエステル (PES)
付属品:ペグ、ガイロープ、フラットディスク型カバー
メーカーの2年保証付き

2 SECONDS FRESH & BLACK特設サイトはこちら

編集部まとめ

さすがに2秒で設置はできませんでしたが、ちゃんと全てペグダウンしても3分以内で設営できる手軽さ。何よりポールを組み立て、スリーブに通してなどの作業が全くないので、設営、片付けがとっても楽ちんです。めんどくさがりさんには超オススメのテントです!

【LANTERNのおすすめ関連記事】
2万円台のトンネル型テントがテントファクトリーから登場!編集部で設営してみた!
【連載企画】新しいキャンプの教科書:第3回「テント選びは家選び」
スクエアタープを一人で設営してみた。一人で設営するコツ、動画あり。

LANTERNはこちら

Source: CAMP HACK

簡単準備で「はじめての燻製」にもってこい!絶品ゆで卵の燻製作りレシピ

ランタン編集部が実際に作った「ゆで卵の燻製」レシピを紹介!

LANTERN ゆで卵の燻製
お手軽、簡単、おいしいと3拍子揃った燻製レシピをご紹介。今年のキャンプで燻製デビューするならやってみてください。

使用する食材は「卵」

LANTERN ゆで卵の燻製
卵は1個10円~20円。とってもコスパの高い食べ物です。これがお手軽絶品燻製料理になるんです。

今回使用したアイテム

【燻製器】
・キャプテンスタッグ フェルト スモーカーセット(円筒型)
【温度計】
・キャプテンスタッグ スモーカー用温度計
【スモークチップ】
・さくらスモークチップ
【その他】
キャプテンスタッグ 燻製 干しかご25×25cm
【食材】
・卵 6個
・めんつゆ(ストレート) 適量

まずは下ごしらえ

LANTERN ゆで卵の燻製
ゆで卵を作り皮を剥いてからジッパー付きビニール袋に入れます。
LANTERN ゆで卵の燻製
そこに、ストレートのめんつゆを入れます。空気を抜きながらジップすることで、少ない量のめんつゆでゆで卵が浸ります。このまま半日ほど冷蔵庫で保管します。
LANTERN ゆで卵の燻製
半日置いた卵です。表面が色づきました。これで下ごしらえは完了です。ここまでの工程を自宅で行えば、キャンプ場では燻製するだけになります。

ここでワンポイント「燻製は乾燥でもっとおいしくなる」

LANTERN ゆで卵の燻製

表面の水分を乾燥させることで煙をつきやすくしたり、身崩れを起こさなくする効果があります。しっかり乾燥させることがおいしさの秘訣です。

さぁいよいよ燻製してみます!

LANTERN ゆで卵の燻製

今回はどんな食材にも合うさくらのスモークチップを使用。ちなみにチップの量は適当です。

LANTERN ゆで卵の燻製

ゆで卵を網の上に乗せて蓋をします。

LANTERN ゆで卵の燻製

コンロを着火させて、チップから煙が出るまで燃焼させます。このとき、チップが燃え上がらないように火力に注意してください。

LANTERN ゆで卵の燻製

今回の燻製は約80度で約20分ほど行います。

LANTERN ゆで卵の燻製

時々蓋を開けて燻煙が出ているか確認をします。なかなか燃焼しない場合は、コンロの火が弱いか酸素不足の可能性があります。酸素不足の場合は蓋を少しずらして隙間を作ってください。

LANTERN ゆで卵の燻製

20分経ちました。完成です!卵の表面の茶色が濃くなりスモークの良い香りがします。

LANTERN ゆで卵の燻製

カットして食べてみます。ほどよいめんつゆの甘辛さとスモークの香りが鼻から抜けます。おいしい!

編集部まとめ

燻製に「卵」はオススメです。キャンプに行く前に下味を付けておけばキャンプ場では燻製するだけで本当に手軽にできます。まだしたことないという方、燻製に興味のある方は是非してみてください。

他にも、お手軽で簡単な燻製食材といえば、チーズやナッツ類、ポテトチップスもおすすめですよ。

今回使用したアイテムはこちら

フェルト スモーカーセット(円筒型)

LANTERN ゆで卵の燻製

スモーカー用温度計

LANTERN ゆで卵の燻製

燻製 干しかご25×25cm

LANTERN ゆで卵の燻製

その他使える燻製アイテム

ブラン ロングスモーカーセット(円筒型)

LANTERN ゆで卵の燻製

【LANTERNのおすすめ関連記事】
シーズニング不要!手入れも楽ちん「SOTO」ステンレス製ダッチオーブンと、料理のレパートリーが増える保温調理器で簡単調理!
初心者でも簡単かまどで料理!「LOGOS the KAMADO」でピザを作る~リベンジ編~
子供と一緒に楽しむ燻製づくり!SOTOのログハウス型の段ボールスモーカー「モクモグ」を使ってみた!

LANTERNはこちら

Source: CAMP HACK