ルーフテント

【突撃インタビュー】ルーフテントって実際どうなの?使ってる人に聞いてみた!

アイキャッチ画像提供:@hanauta63

気になるけど、敷居が高そう……

提供:@hanauta63

最近キャンプサイトでチラホラ見かける、クルマの上に設置したテントで寝泊まりするスタイル。ルーフテントと呼ばれる注目ジャンルですが、やっぱり上級者っぽく見えるためか、自分にはちょっと敷居が高いと思っている人も多そう。

でもホントのところはどうなのか。実際やっぱりレベルが高いのか。それとも意外にもカンタンにできるものなのか……。

いくら考えても一向に答えは出ません。それならリアルにルーフテント泊しているセンパイに聞いてみるのがイチバン! ということで、四国の美しい自然を拠点にルーフテントライフを楽しみ、インスタでもファンの多い『@hanauta63』さんにお話をうかがってみました!

まずはプロフィールからご紹介

Instagram Photoお名前:Rumi
性別:女性
Instagramアカウント名:@hanauta63
居住地:徳島県
職業:自営業
キャンプを始めた時期:2012年の秋

自己紹介をお願いします!

提供:@hanauta63

こんにちは、Rumiと申します。岐阜のけっこうな田舎で生まれ育ちました。父がとてもアウトドア好きで、よく山や川に連れていってもらったのを覚えています。

結婚後はしばらく自然から離れていたのですが、たまたま本屋さんでキャンプの本が目に留まり、眺めているうちに私のなかのアウトドア熱がメラメラと再燃しました。以来ルーフテントを含めたいろいろな形のキャンプライフを満喫しています。

それではさっそく、ルーフテントについていろいろお話をうかがっていきます!

こんなルーフテントを使っています

愛用ルーフテントのメーカーを教えてください

提供:@hanauta63

オートホームの『マジョリーナ』です。イタリアのメーカーになります。

ルーフテントを載せている車種は何ですか?

提供:@hanauta63

Jeep ラングラー アンリミテッドです。かつては実用重視のハイエース・ワイドでキャンプに行っていたのですが、やっぱり好きなクルマに乗りたくなってJeepに。形も色もすべて気に入っています。

ルーフテントを使うようになったきっかけを教えてください。

提供:@hanauta63

実はルーフテントは父のものなんです。

以前のハイエースでは車中泊が可能だったんですが、Jeepに乗り換えてからはスペース的にできなくなって。

提供:@hanauta63

北海道旅行に行く際に、ふと父が所有しているマジョリーナの存在を思い出して、借りることにしました。今は父が使わないタイミングを見計らって年に数回、ちょっと長めの期間借りている感じです。

おもに何人で使用していますか?

提供:@hanauta63

私と主人、あと愛犬たちで使っています。

大好きなクルマとルーフテントの相性は最高なよう。そこにかわいらしい愛犬も加わって、素晴らしい時間を過ごせそうです。

使っていて、実際どうなんだろう

ルーフテントって、狭くないんですか?

提供:@hanauta63

マジョリーナはサイズが3タイプあって、私が使っているのは「カップル」というものですが、だいたいダブルサイズのベッドくらいの広さがあります。外から見る以上に高さにも余裕があって、座っていれば大人でも窮屈な感じは全然ないですね。

けっこうくつろげるので、あまり天気がよくないときなどはルーフテントの中で朝ごはんを食べたりもしますよ。

どうやって、クルマの上にテントを立てるんですか?

提供:@hanauta63

普段はルーフボックスのような形でコンパクトになっています。キャンプ場についたら付属のハンドルをグルグル回します。そうすると少しずつ上に伸びていくんです。

開けるときも閉じるときも全然大変ではありません。私も1人でできますよ。

雨が降っても大丈夫ですか?

提供:@hanauta63

雨にはかなり強いです。天井は外側がハードトップで、内側はキルティング生地が張られています。サイドの部分はコットン生地になります。

台風のような横なぐりの雨が降っている状況で、同じ場所に2泊したときはさすがにサイドの生地部分が湿ってきましたが、普通なら雨漏りすることもありませんし、大丈夫です。

提供:@hanauta63

地上のテントにくらべ雨音もあまり気になりませんし、結露もしません。

前日から翌朝にかけての雨でルーフテントが濡れていても、午前中天気が良かったり、曇りでも風通しがよければ撤収までにはいつも乾いています。もうちょっとしっかり乾かしたいというときは帰宅した翌日テントを上げて乾燥させています。

風が強いときはどうですか?

提供:@hanauta63

クルマの上に固定しているので風は受けやすく、強風のときは揺れも感じますが、不安な感じはしません。しっかり固定されているので、地面の上に幕を張って寝ているときよりも我が家は安心感があります。

普通のテントより入り口が高いので、愛犬はこわがったりしませんか?

提供:@hanauta63

抱っこでのぼったり、下りたりしています。そのときはちょっと体に力がはいって緊張していますね。

でもルーフテントの中に入ってしまえば、すぐにリラックスしてくれます。自分は今、高い場所にいるけれど、ここにいれば安全で大丈夫だっていうことをちゃんと理解しているみたいです。夕食後などワンコだけ先に上げてもおとなしく先に寝ています(もちろんときどき確認はしますけどね)。

使い始めた1年目は出入り口から落ちたら……と心配し、マットレスとフレームのあいだに柵代わりのメッシュを差し込んでいました。

寝ていると、背中が痛くなったりはしませんか?

提供:@hanauta63

それはまったくないですね。厚手のマットレスがあらかじめ入っていますのでとっても快適です。

逆にどんな地面でもデコボコを気にせず、フラットな状態で眠れるのが強みだと思います。傾斜が多少あっても、頭の位置さえ間違わなければ安眠することができます。

ルーフテントを閉じてクルマで走行中、空気抵抗や音などは気になりますか?

提供:@hanauta63

ルーフテントを載せていないときにくらべると多少の音を感じます。車体とテントのすき間かな? 我が家では北海道旅行など長期の旅の際は、ルーフキャリアのいちばん後ろに荷物を置いているので、それが関係しているのかもしれないですね。

雨や風はよほどでない限り大丈夫なようです。安眠もできそう。走行時の音は多少気になるものの、感じ方には個人差がありそうですね。

いいところと、ちょっと困ったところ

ルーフテントって最高! だと思う瞬間は?

提供:@hanauta63

おおぜいのキャンパーが集まるフェスなどで、朝ルーフテントのジッパーを開けると色とりどりの無数のテント! クルマの上にいるからこそ見ることができる景色がそこにはあります。

提供:@hanauta63

ロケーションのいいところは最高です。ジッパー開けたら海! 開けたら木の枝! 開けたら富士山! とか。星空観察もご来光もばっちりなので、いつも寝たまま見てることが多いです(笑)。

ルーフテントで「ここは困った、改善してほしい」ところはありますか?

提供:@hanauta63

我が家で使っているのは出入口のところにメッシュがはってあり、その生地が少し硬いのが気になります。でも柔らかいと劣化しやすく、もたれたら危ないのかもしれませんね。

それと、靴の置き場所は困りますね。夜露で濡れてしまうので出しっぱなしにはできず中に入れることになりますので、毎回置き場に困ります。

地上のテント泊とくらべてどうですか?

提供:@hanauta63

中には寝具類はすべて入れっぱなしにして移動できますので、宿泊する場所に着いて、ハンドルを回してテントを上げれば快適な寝室のできあがり。

今は父から借りているので年中は車に乗せていませんが、もしずっとルーフテントを乗せていたら……もう普通のテント張らなくなってしまうかもしれません。それくらい、快適ですよ。

最後に、今後のルーフテントライフでの夢を教えてください!

提供:@hanauta63

キャンピングカーなども便利だと思いますが、我が家の今のキャンプスタイルにはルーフテントが合っているような気がします。もし今後、自分たちで購入することがあれば、その時は1サイズ大きいものでもいいなと思っています。

私たちはキャンプだけを楽しむというより、観光だったり、カヤックだったり、自転車だったり、アクティビティをしながら楽しむことが多いので、そういうときはちゃんと身体も休ませられて、簡単に設営ができる快適な寝室が一番ベストなのです。

今年もルーフテントが大活躍の予感

提供:@hanauta63

今年もまたJeepにルーフテントを載せて、6泊7日で毎日転々と移動しながら北海道を旅する予定だというRumiさん。クルマが進入不可のキャンプ場では通常のテントを張るけれど、半分以上はルーフテントのお世話になるつもりだそうです。

「北海道旅行は今年で3度目になりますが、ルーフテントは我が家の旅キャンプの心強い相棒です」と語るように、移動に強いのはとてもポイント高いですね。

走行時の音や、靴の置き場など多少の気になる点はあれど、総じて大満足といった様子のRumiさん。ルーフテントからでしか見られない美しい景色はぜひ体感してみたいものですね。

 

Roof tent is wonderful!

ルーフテントは最高だ!

Source: CAMP HACK

ルーフテントのおすすめはコレ!気になる価格&人気メーカー紹介

アイキャッチ画像出典:Easy Camper

ルーフテントってなに?

ルーフテントが設置されている車
出典:ZIFER JAPAN

ルーフテントは車上に設置するテントで、持っている車を小さなキャンピングカーに変身させるアイテムです。

ルーフテントは耐水性、耐風性に優れ、マットレスも置けるのでどこでも快適に睡眠をとることができます!設営も簡単で、手動から自動のタイプもあります。
ルーフテントが設置されている車

出典:Enjoy Camper

値段もキャンピングカーのおよそ10分の1以下。設置も簡単で、広々とした寝室部分を作ることができるのが魅力です。

ルーフテントはひそかにブーム!

実は、ルーフテントはインスタグラムで着々と投稿者数を伸ばしている車好き注目のアイテム。キャンパーに浸透してきた証ですね。ルーフテントを使いこなしているキャンパーの写真の中でも、厳選したものを3選紹介!

見てるだけでワクワクしてきます。車のトランク部分にキッチンツールを配置することで、雨でも気にせず料理と宿泊ができそう。まさにキャンピングカーと呼ぶに相応しい仕上がり!

こちらは海外ユーザーの投稿。砂漠風景に焚き火、ルーフテントの組み合わせは、雰囲気バツグン。日本で車のルーフに収まらないサイズのルーフテントはあまり見かけませんが、居住性が非常に高いので中古などで見かけたらチェックしてみては。

daichiさん(@daichi._.1990)が投稿した写真 – 2016 9月 16 3:29午後 PDT

また、展開が手軽で機動性が高いので、こんな感じで旅行先の素敵な景観で立ち止まって、ゆっくり休憩することもできますね。

国内、海外のルーフテントメーカー紹介!

実際に欲しくなった時に、何を買えばいいのか悩みますよね?
海外も含めると国内に流通しているメーカーは、多種多様です。もちろんそれぞれのメーカーに特徴があるので、購入するときの参考にしてみてください。

ZIFER JAPAN

ルーフテント ZIFER JAPAN ルーフテントの歴史

出典:ZIFER JAPAN

ルーフテントの元祖的な存在で、60年ほど前からイタリアで製造されてきました。世界中で使用されていて品質は保証されています。代表的なルーフテント「マジョリーナ」や「コロンブス」もこちらのメーカーになります。

ダイキ

ルーフテント ダイキ レンタルルーフテント

出典:ダイキ

愛知県に構えているルーフテントの発売元。購入を考えている人限定でレンタル制度を実施しているのが魅力で、月40000円+取り付け工賃10800円で購入前に使用感を確かめることができます。

フジカーズジャパン

キャンピングカー取扱い店として全国展開しています。メンテナンスショップが全国にあるので、アフターケアもすぐ持って行けるのが安心。近くにお店がある安心感は重要です。

ルーフテントジャパン

愛知県にあるルーフテントの販売元。軽量かつ合理的に設計されたルーフテントを扱っているのが特徴で、寝心地の良さと軽さが魅力的。取り外しの頻度が高い人には、軽いルーフテントはメリットがあります。

ルーフテントのアイテム徹底比較!

ルーフテントは大きく分けて「タワー型」「シェル型」「ルーフトップテント型」の3タイプがあります。タワー型の良さはなんといっても居住性!天井高がしっかりあるので広々過ごすことが出来ます。さらに、風通しも良く快適です。

シェル型の利点は開閉の簡単さ。ダンパーを使っての開閉は手軽で、後方からの出入りが出来るのも魅力です。ルーフトップテント型は、車の上にテントが乗ってるイメージです。

ルーフに収まるタイプとはみ出すタイプがありますが、日本での主流は収まるタイプです。タイプ別、価格順に並べてありますので、比較してみましょう!

ルーフテントの3タイプ「タワー型」

ルーフテント タワー型 フジ マグタワー

出典:フジカーズジャパン

フジ マグタワー

主要なメーカーの中では最安値です。四方にバグネットが付いていて風通しも抜群!付属品も豊富ですよ。
価格:198,000円(税込)
サイズ:213㎝×127㎝×29㎝(展開時90㎝)
重量:65kg(本体)

ルーフテント ダイキ Easycamper-Tower

出典:ダイキ

ダイキ Easycamper-Tower

価格は少し上がりますが、ダイキのHPを見てみるとアフターケアや設置の相談などに親身になってくれる様ですので、これなら安心して相談できますね。
価格:279,800円
サイズ:218㎝×128㎝×33㎝(展開時90㎝)
重量:60kg(本体)

今回ルーフテントで2泊しましたが、とっても快適で家で寝るよりもルーフテントのほうがよく寝れました。(笑)またテントが高い位置にあるので見晴らしが良く、いい気分になります。

ルーフテント ジファージャパンマジョリーナエアランダー ミディアム

ジファージャパンマジョリーナエアランダー ミディアム

色はブルーとグレーから選べます。横幅が前出の二つよりあるのでゆったり就寝できますね。
価格:421,200円(税込)
サイズ:210㎝×145㎝×30㎝(展開時92㎝)
重量:60kg(本体)

ルーフテントの3タイプ「シェル型」

ルーフテント シェル型 フジ マグシェル

フジ マグシェル

前出のタワー型と同額なので、タワーかシェルかお好みで。お子さんがいたりするとタワー型の方が広くて喜びそうですが、カップルやお一人様にはシェル型もマッチします。
価格:198,000円(税込)
サイズ:215㎝×127㎝×29㎝(展開時100㎝)
重量:65kg(本体)

ルーフテント ジファージャパン コロンブスヴァリアントミディアム

ジファージャパン コロンブスヴァリアントミディアム

生地色はグレー、サファリ、ワイルドグリーンの三色から選べます。後方にある大型窓は、好みの形に展開可能な点がいいですね。
価格:421,200円(税込)
サイズ:210㎝×145㎝×30㎝(展開時150㎝)
重量:57kg(本体)

ルーフテントの3タイプ「ルーフトップテント型」

ルーフトップテント型 ルーフテント ダイキ EasyCamper revolution

出典:ダイキ

ダイキ EasyCamper revolution

テントの開閉はリモコンで、室内は骨組みもなく快適さがアップしていますね。ひさしも大きく雨でも平気!
価格:380,000円(税込)
サイズ:210㎝×145㎝×30㎝(展開時150㎝)
重量:57kg(本体)

テントは網戸(メッシュ)があるので、思いのほか涼しく快適でした。テント設置の際の音も全く気にならなかったです。室内は大人2人が快適に過ごせます。テント内のフロアはフラットのためとても寝心地が良く、疲れませんでした。
朝方雨が降りましたが、防水がしっかりきいており、テントをしまう際も気になりませんでした。
一番の魅力は、通常の駐車スペースにボタン一つで設置できることです。

出典:Easy Camper

 

ルーフテント ダイキ薄型
出典:ダイキ

ダイキ薄型、軽量のお求めやすいルーフテント

他のものより5㎝ほど高さを抑えられるので、ルーフテントが欲しいけど駐車場の車高制限の関係で諦めてた方にはお勧め!
価格:250,020円(税込)
サイズ:225㎝×142㎝×25㎝(展開時75‐112㎝)
重量:44.5kg(本体)

ルーフテントジャパンAltair130

軽量でハンモックのようなしなやかな寝心地のテントです!写真は幅が130cmの大人二人向けですが、80cmのタイプもありますよ。
価格:149,900円(税込)
サイズ:140㎝(展開時230㎝)×130㎝×23㎝(展開時110㎝)
重量:26kg(本体)

オーナー様は元々キャンプがとても好きでアルトに用品を積んでのキャンプだったのですがルーフテントにしてからは設営が簡単になったと喜んで頂けました。

ルーフテント ジファージャパン エアーキャンピングミディアム

ジファージャパン エアーキャンピングミディアム

梯子を引くだけで設営できる優れもの!
価格:367,200円(税込)
サイズ:110㎝(展開時220㎝)×160㎝×30㎝(展開時125㎝)
重量:57kg(本体)

会社に問い合わせてみましたが、根強いファンがいらっしゃるとのこと。
タワー型やシェル型に押され気味ですが、本格派はやはりこのタイプです。

なんと、ルーフテントを自作!?

ルーフテント 自作ルーフテント
出典:工房

キャンピングカーより断然安いというのはありますが、値段は張ります。しかし、あきらめられない…という方に『自作』という道もありますよ!

ルーフキャリアを作って、その上にテントを乗せるという方法で、30,000円くらいから作れるようですので、出来上がりの写真をチェックしてみましょう。ルーフテントの自作なんて、上級キャンパーですよね!
ルーフテント自作

ルーフテント自作

なんと材料費計30,000円弱でルーフテント作成されてました。建築用のアルミ製の足場板で土台を作り、上にテントを載せるというシンプルな構造!コストも抑えて、DIY出来る人が身近にいれば作れるお手軽さが魅力です。

ルーフテント自作

ルーフテント 自作

出典:youtube

本格的な作り!木材とシートを組み合わせて作ってます。木材の加工も仕上がりがキレイになるように丁寧な仕事をしてますね。製作費50,000円程度だそうです。チャレンジしてみる価値はありです。

 

ソロキャンパーにファミリー・シニア夫婦、様々な家族にマッチするルーフテント

ルーフテント キャンプ

画像出典:Easy Camper

ルーフテント、種類も価格も様々でしたね。キャンピングカーよりも遭遇率が低いので、持っていたら間違いなく注目の的です。でも、それなりのお値段がしますから、材質や造り以上に修理や相談などのアフターフォローの面も勘案して慎重に選んでいきたいですね。

ただ、ファミリーや老後の楽しみの一環で実際に買われた方のレビューを拝見していると、みなさん大満足で次のキャンプを楽しみにされているご様子でした!

購入を決心すれば、心くすぐる「秘密基地感」!そして、トランクのスペースをより有効に活用できるなどの利点を享受できる上に、子供達のテンションは大人以上に急上昇間違いなしです。

 

A secret base just for me!

私だけの秘密基地

Source: CAMP HACK