ルーフボックス

さすがゴードンミラー、キャンパー好みなルーフボックスのツボを分かってらっしゃる!

記事中画像撮影:すべて筆者

ゴードンミラーからルーフボックス出た!


レトロなSUVにもマッチする、ありそうでなかった直線的デザインのルーフコンテナボックスがデビューしました。

「ゴードンミラー」って何?


リリースしたのは、カー用品のショップチェーンとして国内最大級の「オートバックス」がプロデュースするブランド「ゴードンミラー」。

カーライフを前提とした機能的デザインのファニチャー、アウトドアギア、ツール、カーインテリア、カーウォッシュなどを展開しています。

待望のルーフボックスが初登場



そんな、個性的あふれる「ゴードンミラー」のラインナップに、このたび新たにルーフコンテナボックスが加わったのです!

ボックスをクルマにつけてみた



それでは、実際にボックスをクルマに装着してみることに。

付属するのは、さまざまなタイプのキャリアバーへの装着を可能にする取り付けキット、ルーフコンテナボックス本体、そしてキーです。ここには映っていませんが荷物固定用の専用ベルトも付属します。

手順①:ベースキャリアに載せる



ルーフコンテナボックスをベースキャリアに載せます。18.5㎏と重量があるので、2人での作業をオススメします。

手順②:取り付けキットで固定



キャリアバーにルーフコンテナボックスを合わせたら、4箇所を取り付けキットで固定します。工具などは必要ない設計なのがありがたいですね。



取り付けキットのネジを、それぞれしっかりと締めつけていきます。

手順③:高さを調節



キャリアバーの太さや形状により、取り付けキットの樹脂パーツを回転させ、取り付けステーの支点の高さを変更して対応します。

ちなみに真ん中にある出っ張りは、荷物固定ベルト用のフックです。

取付完了!



最初に一度、キャリアバーの取り付け幅を調整したり、各種セッティングができてしまえば、以降はものの10分でボックス装着可能です。

ルックスがたまらない!



次に見た目をチェックしてみましょう。ゴードンミラーのルーフコンテナボックスは、主流である流線型のエアロスタイルにあえてこだわらないのが特徴。

実用的なシンプルデザインに加え、コヨーテとブラックのツートンカラーも魅力です。

クラシックな雰囲気が漂う



ちなみに今回装着したクルマは1995年式の日産テラノ。ワイルドなSUVの車体に、クラシカルなルーフボックスがジャストフィットしています。色もぴったり。

直線的で武骨なデザイン



コンテナを思わせる、直線的で角ばったシェイプです。レトロ感ある角ばったクルマとも相性がいいですね。ヘビーデューティーな雰囲気を醸し出してくれます。

キャンプで使ってみた!



それではいよいよルーフコンテナボックスに、キャンプアイテムを収納してみます!

直線的な設計により荷室の高さがほぼ一定なので、レイアウトをあまり気にせずバンバン収納することが可能です。これは大きなメリット。

こんなに入る、320Ⅼの大容量



高さを抑えたデザインで「容量少なめかな」と思いきや、なんと320Lの大容量を実現しています。ご覧の通りテントやタープ、テーブル、チェア、マット、三脚などたっぷり収納できました。

またスキーなら6~8セットスノーボードなら4~5セットが難なく収まります。

開閉しやすいオートストッパー



フタの開口時には、樹脂アームで自動的にストッパーがかかります。

締めるときは、フタを動かせば自動的にロックが外れる設計で、使い勝手も抜群なんです。

剛性の高いヒンジ(蝶番)



幅広で剛性の高いヒンジ(蝶番)により、安定したフタの開閉を実現。長く使ってみていないので未知数ではありますが、見たところ耐久性も高そうな印象です。

キーでロックが可能



今やキャンプ場での防犯対策は不可欠。こちらはオリジナルカバー付きのキーでボックスをロックできるので駐車時も安心です。ロック解除は横のプッシュボタンのみでOK。

いろんな車種にハマる



2006年式のボルボXC70に付け替えてみました。こちらもなかなかイイ感じ。ボックス自体がベーシックなので合わせるクルマを選びません。



こんなウイングタイプのキャリアにも装着可能です。今回はサンルーフの後端から、キャリア間の幅を約100cmにセットしました。



テールゲートに干渉しない位置にジャストフィット。ボックスの下部分の色がブラックなので、黒い車体とのマッチングも違和感ありません。

ゴードンミラー「ルーフコンテナボックス」の詳細はこちら

これがあるとさらに便利!



ルーフボックスからのスムーズな荷物の出し入れを可能にする、便利なオプションアイテムを紹介します。

出し入れを助ける「ドアステップ」



ループタイプのドアストライカーに装着する、アルミダイキャスト製のドアステップです。

けっこう高い位置になるルーフコンテナボックスのアクセス時のステップとして、かなりの威力を発揮します。



このように片足をドアステップに乗せ、体を安定させてからルーフコンテナボックスへアクセスします。

視点が高くなり、作業効率が格段にアップしますよ。

ITEM



carrep 車用ドアステップ
■重量:381g
■サイズ:15.3 x 7.5 x 3.4cm

<!–

–>

脚立なしでOKの「タイヤステップ」



こちらはタイヤに引っ掛けるタイプのステップ。1BOXタイプのクルマでも威力を発揮します。

これにより脚立などを使用しなくてもルーフコンテナボックスに楽々アクセスすることができるんです。

ITEM



エスコ ホイールステップ
■重量:4.4kg
■サイズ:550×180mm

<!–

–>

ルーフボックスの新たな選択肢!



アウトドアにぴったりマッチするデザインの、ゴードンミラーのルーフコンテナボックス。

キャンプで何かと多くなりがちな荷物をボックスに収納すれば、車内空間を広く活用することが可能になります。この機会に購入を検討してみてはいかがでしょうか。

Source: CAMP HACK

【ボックス派?ラック派?】車載力UPの強~い味方「ルーフキャリア」9選!

アイキャッチ画像出典:Thule Facebook

悩めるキャンプ積載はルーフキャリアで即解決!

出典:トヨタ

「あれ? 前回はキッチリ積めたのに今回は入らない……」なんて思い、キャンパーのみなさんなら一度はしたことあるんじゃないでしょうか。

そんなときの救世主が「ルーフキャリア」。車外にバンバン積めちゃう利便性は、一度使えばヤミツキになってしまうほど。

出典:Facebook
とても便利なルーフキャリアですが、現代的な「ルーフボックス」と、

 出典:Amazon

クラシックな「ルーフラック」。

どっちを買えばいいのか迷ってしまう人も多いのでは?

そこで、この2タイプを徹底チェックしてみました!

まずはどっちもベースキャリアが必要

クルマの屋根に直接ハードなボックスを乗せることはできません。

「ベースキャリア」と呼ばれる左右橋渡しの土台をルーフレールにくっつける必要があります。

出典:楽天市場

ルーフレール無しのクルマでも「ルーフオンタイプ」を選べば大丈夫。

こちらはレールいらずで、ボディに直接フックで固定できるスグレモノなんです。

出典:Amazon

この前後2本の横棒に、ボックスやらラックを装着するイメージですね。

ITEM



スーリー ウイングバーエッジ ダイレクトルーフレール付車用フット一体型ベースキャリア
●仕様:87cm&95cm各1本セット/一本当たり2.8㎏
様々な車種に装着可能な伸縮式フット(片側50 mm)を採用。
フィックスポイント/ダイレクトルーフレール付車用の959xシリーズ、ルーフレール付車用の958xシリーズ共に5種類の長さをラインアップ。
ITEM



イノー フットセット ルーフオンタイプ ベースキャリア
●仕様:ルーフに直接乗せるタイプ。 ステー高100mm。4個1組。
※取付けには、車種別SU取付フックとバーセットが必要です。
シリンダーキー機構標準装備。

 「ルーフボックス」のメリット&デメリット

出典:Facebook

では、「ルーフボックス」から見てみましょう。

まずメリットとデメリットはこちら。

■ルーフボックスのメリット
・現代的で曲線的なクルマに似合う
・密閉性が高く、防水性も高い
・安定感があり、空気抵抗が少ない

■ルーフボックスのデメリット
・価格がやや高めのものも
・キャンプ道具が入りにくいサイズもある
・古いクルマには似合いにくい

あらかじめケース状になっているので密閉性はピカ一。雨にも強いです。

また空気抵抗を抑えたフォルムは、高速道路でもグラつかず安定して走行できます。

デザイン的にも、現代的な曲線で構成された今風カーにはぴったりハマりますよ。

キャンパー理想サイズは長さ2m、高さ30㎝以上

出典:楽天市場

長さ、幅、高さなどは多種多様。キャンプなら全長が2m以上あるとテントやタープといった長めのギアを入れやすいです。

高さが30㎝以上あると、コンロやテーブルなどかさばるものに適しています。

逆に薄いともちろん容量は減りますが、シャープな見た目になりますね。空気抵抗も受けにくいです。

ボックスに何を入れるか、あらかじめイメージして選ぶといいでしょう。

ルーフボックス代表① 頭一つ抜けてる「スーリー」

出典:Thule 

ルーフキャリア界で圧倒的知名度を誇るのがこちら。

北欧生まれのスタイリッシュなカーキャリアメーカーです。ロゴの「SWEDEN」がブランド力を誇示します。

出典:Facebook

初スーリーなら「ツーリング」から入るといいのでは。

左右両開き、高い防水性などのオールラウンドな機能がしっかり備わっていて、スーリーのイバリも効くとなればアリでしょう。

10万越えが普通なスーリーですが、こちらの価格帯は7万円台からと比較的手頃です。両面開きなのもとても重宝します。

出典:楽天市場
長さも2m越え、高さも30㎝を上回るので容量もバッチリです。
ITEM



スーリー ツーリング アルパイン TH6347
●外形寸法:232×70×42(㎝)
●容量:430L
●積載量:50㎏
●重量:15㎏
●マウントシステム:Fast Click
●ボックスオープニング:両面

ちょっと変化球もあります。ソフトルーフボックス。

出典:楽天市場

これなら普段は丸めて専用バッグに入れて保管できるので場所をとりませんし、クルマのトランクにも楽々収納可能。装着も工具ナシでいけちゃいます。難点は全長が110㎝と短いことですね。

ITEM



スーリー レンジャー90 280L TH6011
●サイズ:110X80X40(cm)
●重量:7㎏
●容量:280L
●装着方式:イージースナップ

近未来的デザインを好むなら「エクセレンスXT」が存在感を発揮します。

出典:Thule

まさに高級ルーフボックスの名にふさわしく、お値段もかわいくない感じですが、リッチ系SUVにはぴったりですね。

強気の20万越えプライスはクラス感の証です。サイズも長さ218㎝、高さ40㎝と十分で、容量の心配もありません。

ITEM



スーリー エクセレンスXTブラック TH6119-6
●カラー:グロスブラック
●外形寸法:218×94×40(㎝)
●重量:27㎏
●容量:470L
●積載重量:75㎏

ルーフボックス代表② トータルバランスのいい「イノー」

「スーリーいいけど、ちょい高いわ……」という人は「イノー」がドンズバかもしれません。

5、6万円前後がメインということでプライスは抑えめながら高い品質には定評があります。

出典:INNO

国内ブランドというのも安心できますね。サイズは基準となる長さ2m、高さ30㎝をギリギリクリアな感じです。

ITEM



イノー シャドゥ124 BRQ124BK 
●サイズ:全長2000×全幅810×全高340(㎜)
●容量:360L
●製品重量:19㎏
●最大積載量:50㎏
●左右開き

ルーフボックス代表③ 「テルッツォ」はデザインが秀逸

こちらも日本のメーカー、PIAAが手掛けるブランド「テルッツォ」。

独特な薄さが愛車との絶妙な一体感を生んでくれます。

出典:楽天市場

この「シンメトリック」は左右はもちろん前後も対称という斬新なデザイン。

高さが27㎝なので荷物に若干制限がでてくるかもしれないですが、あくまでフォルム重視ということで。

4万から5万円台というプライスも値ごろ感あります。

ITEM



テルッツォ シンメトリック ブラック EA500B 
●外寸:200×85×27(cm)
●製品重量:17.5㎏
●容量:320L
●仕様:前後左右対称デザイン、左開き(搭載方向反転加納)

レトロな「ルーフラック」でワイルドに

出典:楽天市場

続いて、キャンパーに根強い人気の「ルーフラック」を見ていきましょう。

メリットとデメリットはこちら。

■ルーフラックのメリット
・角ばったワイルド系のクルマによく似合う
・積み荷の高さを気にしなくていい
・価格が比較的安い

■ルーフラックのデメリット
・雨に弱い
・安定感がイマイチ
・現代的フォルムのクルマには似合いにくい

「ルーフバスケット」「ルーフカーゴ」などと呼ばれることもあります。

平たく言えばでっかい「カゴ」ですね。こちらもベースキャリア上に装着します。

伸縮バンドで留めたり、フック付きカバーをかけたりして荷物を固定します。

出典:楽天市場

ちょっとレトロなアウトドア志向なら、断然コッチという人も多いのでは。

機能より雰囲気、というキャンパーにはぴったりです。

 ルーフラック代表① 「カート」でクラシック満喫

アメリカ生まれの「カート」はラック派には定番のブランド。

ムダのない武骨な表情が、角ばったクルマにマッチしますね。

出典:楽天市場

バシバシのっければいいだけなんで楽チンなんですが、ある程度は高低差のバランスを考えないと荷物がグラつきますし、風の抵抗も受けやすいので注意です。

燃費もその分多少悪くなりますが、それを補って余りあるクラシックな魅力がありますよ。

価格帯は2~3万といったところ。

ITEM



カート ルーフマウントカーゴラック
●サイズ:内寸105×95×10㎝
●カラー:ブラック
●本体重量:13㎏

ルーフラック代表② US本国の香り漂う「ヤキマ」

だいたい3万円台が相場と、カートより若干高めの値段設定ながら、ヤキマのルックスが好みという人も多いです。

ITEM



カート ルーフマウントカーゴラック
●サイズ:内寸105×95×10㎝
●カラー:ブラック
●本体重量:13㎏

頑丈なパイプでしっかり確保された強度、オールブラックの男っぽさ、どれをとってもルーフラックの醍醐味そのもの。

出典:楽天市場

ブランド名が描かれたプレートは単なる飾りではなく、フェアリングという空気抵抗を減らすための重要パーツなのです。

ITEM



ヤキマ ロードウォーリアー ルーフラック
●サイズ:112 × 99 × 16.5 cm、フェアリング98cm
●本体重量:11㎏
●貨物耐荷重量:約50㎏

ルーフラック代表③ 値段以上の価値がある「バハラック」

「カート」「ヤキマ」より価格帯はさらに上(8~9万円台)ながら、ファンの多いのがこの「バハラック」。

「いつかは取り付けたい」と憧れている人も多いようです。

出典:楽天市場

ラックの素材には自転車などにも使われる丈夫な鉄を使用。

まさに冒険者のためのラックといった趣きです。

ITEM



バハラック キャンパーシェル スタンダードバスケットラック
●本体サイズ:152.4 × 121.9 × 12.7 cm
●本体重量:16.78㎏
●耐荷重量:約136㎏

ちなみに、「スーリー」にもラックあり

ちょっと意外な気もしますが、ボックスで名をはせるスーリーもラック(5~7万円台)をリリースしているのです。

出典:Amazon

さすが北欧発らしく、どこか気品すら漂いますね。

ITEM



スーリー キャニオンXT ルーフラック TH859XT
●サイズ:127×104×15㎝
●材質:スチール製
●カラー:ブラック

さらに「スーリー キャニオン エクステンションXT」をプラスすれば、積載エリアを51㎝延長することもできます。

サイドがテイパードしているのも何気に便利。これだけで積み下ろしがかなりラクになります。

ITEM



スーリー キャニオン エクステンション XT
●スーリー キャニオン 859XTを51cm延長できるキット
●サイズ:127×104×15㎝
●材質:スチール製
●カラー:ブラック

納得できるキャリアを選ぼう

出典:Amazon

と、ここまで、シャープな「ルーフボックス」と武骨な「ルーフラック」を合計9アイテム見てきました。

どれにするか、最後のキメ手は……やっぱり自分が気に入るもの、というのが一番大切でしょう。

積み荷サイズ、愛車とのデザイン相性、プライス等を見据えつつ、さらなる積載力アップを目指してくださいね!

 

Which do you like roof “box” or “rack”

「ルーフボックス」と「ルーフラック」どっちがお好み?

Source: CAMP HACK

ルーフボックスTHULE TouringLを載せてみた!気になる積載問題3点を検証!

キャンプ道具収納に最適なルーフボックスは?

thule-2016-2017_jap_ts-9
出典:ABE SHOKAI

キャンプ道具が増えるにつけ、車載量と持っていきたいギアのアンバランスに悩む方も多いかと思います。かくいう筆者もその一人。載せてみたらとっても便利なルーフボックス。取り付けから荷物の収納までその使用感についてリポートします。

様々なブランドから出ているルーフボックス。キャンプ道具を収納するという目的から考えると、ボックスの高さが重要になってきます。その点を考慮して代表的ブランドのルーフボックスの中で高さのそれぞれ一番高いものを列挙してみました。

①INNO WEDGE 665

全長2050㎜、全幅840㎜、全高400㎜、容量400l、最大積載量50㎏、製品重量23.5㎏、左右両開き。

②TERZO AEROGT 450

全長1930㎜、全幅860㎜、全高410㎜、容量450l、最大積載量75㎏、製品重量23.5㎏、左右両開き。

③THULE Touring L

全長1960㎜、全幅780㎜、全高430㎜、容量420l、最大積載量50㎏、製品重量15㎏、左右両開き。

この3つを比較検討した結果、③THULE Touring Lの製品重量がダントツに軽い!と分かり、車のルーフにある程度の重量を乗せることを考えるとルーフボックス自体が軽いものがいいのではないか、という結論を下しTHULEのものを購入しました。

THULE Touring Lを車に載せてみた

まずは車にバーを取り付けます。
我が家の車はルーフレールがついているので、そこにフットの足を掛けるようにしてまず置きます。くるくるとねじを回す要領でフットをルーフレールに締め付けていきます。

バー2本が平行に、車に対して垂直になるように位置を調整します。このとき、2本のバーの間隔は特に指定がない場合は700㎜以上開けるようにしましょう。
バーを取り付けたらルーフボックスを乗せます。ルーフボックス内の溝に取り付け用のグリップを差し込みダイヤルを回してバーに固定していきます。


指をさしている部分が溝です

このとき、ルーフボックスが車と平行になるようにすることが大切です。また、リアゲートを全開にしたときに干渉しないように前後の位置も調節しましょう。

ルーフボックスを積んだときの”3大気になる”

pa223828

車高は?

注意すべきはルーフボックスを乗せたときの車高の高さ。車高が2.1m以内であればほとんどの駐車場で問題がありませんし、2.3m以上となると自走式の立体駐車場でも入れない駐車場が出てくるなど車高の問題は日常生活で最も気になるところだと思います。そこで、カタログ値とどの程度の違いがあるのか、実際に測って検証してみました。

カタログ値では、フットTh757の高さが57㎜、ウイングバーの高さが27.5㎜、ルーフボックスtouring Lの高さが430㎜、もともとの車高が1660㎜で合計2175.5㎜となります。残念・・・2.1mよりほんの少し高いという結果になりました。

では実際の高さはどうなのか?ちょっと測ってみました。結果は約219㎜。やはり高さ制限2.1mの駐車場はやめておいた方がよさそうです。

風切り音はどうでしょう?

ルーフボックスを乗せると走行中の風切り音が気になるという話を耳にしますが、我が家はウイングバーを使用しているせいか、特に問題はありません。

カーブの安定性は?

車の屋根に重さのあるものを乗せることから、カーブでの走行安定性に不安を覚える方もいらっしゃるでしょう。ましてや山道の多いキャンプ場への行き帰り。運転のしづらさなどはないでしょうか?

峠の多いキャンプ場にも出かけていますが、ルーフボックス自体が軽いためか、特に運転感覚の変化もなく違和感がない分だけ高さが増していることを忘れてしまいそうなほどです。

どれだけ入る?

装着したルーフボックスに、実際にキャンプ道具を収納してみました。


その際、注意が必要なのはルーフボックス取り付け用のグリップ周辺はデットスペースが生まれる、ということです。

うまくこのグリップを避け、荷物を詰めたらグリップにより生じる隙間にポール類や小さめのランタンやガス缶などを入れるといいでしょう。



まず最初に入れるといいのが4つのグリップの中にスッポリ入るサイズのものでしょう。我が家のギアの中では【スノーピーク マルチファンクションテーブル竹】がそれにあたります。

その次が【ハイランダー キッチンテーブル】。こちらもグリップの内側に入るので余計なデッドスペースは生まれません。

次に前方のスペースに冬用の寝袋【ロゴス 丸洗い2層寝袋アウター】3つを、後方のスペースに【ヘリノックス コットホームコンバーチブル】1つ、【ヘリノックス コットワンコンバーチブル】2つ、【ヘリノックス ライトコット】1つを入れ、その上に【コールマン ウェザーマスターコネクトスクエアタープM】と載せていきます。


タープの高さに合うように、【SOTO ツーバーナー】1つ、【チャムス マルチハードケースL】2つを載せます。

残った隙間に【マーキュリー ツールボックス】2つ、【コールマン ランタンケースL】、【スノーピーク ローチェアクッションプラス】各1つずつを入れていきます。

最後に冬用の寝袋を広げた状態で上へかぶせます。


このとき、上の写真のように寝袋を圧縮袋に入れればまだ隙間がありますのでその他の毛布類なども収納可能です。

今回はこの詰め方で積載しましたが、ツーバーナーやマーキュリーのツールボックスを車内に移せば【スノーピーク ローチェア】が2つが入りますし、筆者も持っていくものに合わせてその都度入れ方を変えながらギリギリまで積載しています。

ルーフボックスに入ったものを広げてみました。テーブル、キッチンテーブル、冬用寝袋4人分、スクエアタープ、コット4つ、ツーバーナー、ランタンポール2本、クッション2つ、各種ツールボックス4個、サイトランタン。その他写真に入っていませんが、小型ランタン2つ、SOTOガス缶4本、毛布2枚も収納できました。

ルーフボックスを付けて車内広々


ルーフボックスにキャンプに必要なものの大半が入るため車内はスッキリ、後方の視界もバッチリ確保できて運転も安心です。

筆者はキャンプに行かないときはルーフボックスを降ろしておこうと考えていましたが、子供のおもちゃや大型倉庫店への買い物など荷物が多い時にも活躍してくれるため、結局載せっぱなしです。積載量を考えるストレスがなくなっただけでなく、たくさんの車が並ぶショッピングセンターの駐車場でも見つけやすいなど思ってもいないメリットもありました。

駐車場の高さ制限や洗車の面倒さというデメリットを考慮しても、何でもっと早く載せなかったんだ?といえるルーフボックス。車内が狭いな・・・と思っている方は一考の価値ありです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ふじ やすこさんの他の記事はこちら

Source: CAMP HACK