アイキャッチ画像撮影:編集部

ペグまわりのテクニック集

img_1404

撮影:編集部

初心者にありがちな失敗の多くは、設営まわりにアリ。というわけで、お手持ちのペグ・ロープを見直してみましょう。

キャンプに慣れてくると、雨が降ろうが岩場だろうがキャンプへ行きたくなるもの。ハードルが高い環境にも対応できるよう、しっかり準備しておくのが大事です。

基本中の基本「アクセサリーは外す」

これは当たり前ですが、ペグを打ち込むときは指輪やネイルといった手につけるアクセサリーは外しておきましょう。また、バングルや腕時計なども外しておくと安心です。

強度のあるペグを買い足す

安全性確保に欠かせないのが、頑丈なペグ。テント購入時に付属品として付いてくるものは、固い石や岩場の地面には刺さりません。強度の確かなペグを入手すべし!

強度で選ぶなら「鍛造ペグ」

tanzou

出典:Amazon

プラスチック・ジュラルミンなど様々な材質がある中、最強ペグとして名高いのが鍛造製。岩をも打ち砕くというその強度は圧倒的です。砂浜など軟い地面には不向きですが、その他ほとんどのキャンプサイトでタフに大活躍!

長さの使い分けも大事

2608

出典:snowpeak

ペグの長さは様々で、一般的にテントには15~20cm、タープには30cm以上が◎。テンションがかかる場所ほどしっかり固定する必要があるので、テントの隅打ち→テントの張りあみ→タープの順番で長いものを選びましょう。

クロス打ちも有効

img_1403

撮影:編集部

地面が柔らかい砂浜や風が強くて抜けてしまうのが心配という時は、ペグを2本クロスさせて打ち込むのが効果的。シチュエーションに応じて使えるよう、ペグは多めに持っておくと安心です。

抜けない時は……

nukenai

出典:楽天

ブッスリと潜り込んだペグ。むりやり引き抜こうとして曲げてしまったこと、ありませんか? 抜きづらい時は回したり、左右に倒しながら穴を広げるなどをお試しあれ。

それでも曲がってしまったら

tataku

出典:snowpeak

曲がってしまったけど予備のペグが無い……そんな時は石の上などで、元に戻るようにハンマーで叩いてみます。ただ、戻ったように見えても強度自体は落ちてしまうので、次に使う時は新品を用意しておきましょう。

水分はそのままにせず、拭き取る

img_1395

撮影:編集部

もしペグに水分が残っていたらサビの原因になります。少しのサビなら問題ありませんが、それが重なってしまうと破損&怪我の原因にもなりかねません。撤収の際には、ペグの水分は拭き取って片付けるようにしましょう。

ロープまわりのテクニック集

hikkakaru

撮影:編集部

初心者や子供でなくても、ウッカリ何度も引っかかってしまうのが、サイトに張り巡らされたこのロープ。夜間は特に危ないので、視認性を上げるグッズを導入してつまづきを回避しましょう!

視認性を上げる

fusen

撮影:編集部

日中なら、ペグに風船を巻きつけるという方法が手軽でおすすめ。ふくらませたり最後に割る行程で、子供も楽しめるというオマケつきです。

trip

出典:楽天

危ないのが、夜。暗くなってからテントまわりをチェックする時、つまづきがちですね。トリップレスライトなど、電池式で手軽なライトがあると便利です。子供が自分のサイトを見つけやすいというメリットも見逃せません。

ガイロープも派手に!

color

付属品のロープは白ベースのものが多いですが、赤やオレンジ・黄色などカラフルなものに変えるのも、視認性アップには効果大。目立つだけでなく、ロープを変えるだけでサイト全体の印象も変わりますよ!

自在金具の見直し

yurumu

パリッときれいにテントが張れない、たわんでしまう場合はロープのゆるみが原因です。そこで、シーンに合った効果的な結び方や、自在金具を見直してみましょう。

結び方をチェック

自在へのロープ通し、どうやっていますか? ここで、通したロープの留め方ワンポイントをおさらい! 結び目の強度アップには、内側で留めると効果的です。外側で留めると強度は劣りますが、スライドがしやすく位置調整がスムーズにできます。結び方に工夫をしても2つ穴では緩んでしまう場合は、3つ穴タイプの自在に変えてみるのもおすすめです。

71mxfrvwocl-_sl1024_

出典:Amazon

中でも片側がオープンになっているタイプは、テンションの調整や立ち木にロープを結びたい時も、結び目をほどく手間が要らずとても便利です。

紛失防止に!

img_1044

提供:編集部

ペグの紛失対策にも、ロープが活躍。ロープをつけておくことで引っ張りやすく、抜くときにも便利です。タープ用・テント用と違う色のロープをつけて、一目でわかるようにしておくのもおすすめテク!

ペグ&ロープまわりお助けグッズ

74176001_m4

出典:LOGOS

最後は、テクニック実践に役立つお助けグッズのまとめ。テクニック以前に、なくしたりや忘れてしまって作業ができない……なんて事態にならないよう、しっかり保管できるケースも忘れずに!

ペグ

ITEM

スノーピーク ソリッドステーク30(6本セット)
●サイズ:300mm
●重量:180g
●材質:S55Cスチール


大きな石交じりの地面でも確実に地中に食い込み、強風の中でも大型タープを数日間支えてくれました。他社のスチール製のペグ(板状のものを曲げて強度を出したタイプ)はくねくねに曲がってしまったのに。まったく別ものといってよいかと思います。
出典:Amazon


ITEM

スノーピーク ペグハンマーPRO.S
●サイズ:Φ35×120×290mm
●重量:650g
●材質:ヘッド/スチール、柄/ケヤキ


エリッゼステークの鍛造ペグを打ち込んでみましたが、なかなかエエ感じです。ヘッドの適度な重さで、難なく打ち込んでいけます。抜くときにも使いやすいです。
出典:楽天

視認性アップグッズ

ITEM

コールマン トリップレスライト
●サイズ:1.5×2.5×28cm
●重量:40g
●材質:ポリプロピレン
●使用電源:単4乾電池×1


綺麗なブルー光で注目度抜群。ガイロープに足を引っ掛ける子供が多いと聞いて購入です。全てのガイロープに点けると明るすぎるので2セット(4本)くらいで様子を見てください。常夜灯としても重宝ですよ。
出典:Amazon


ITEM

ロゴス ロープライト
●サイズ:幅5.5×奥行6×高さ2cm
●重量:16g×4pcs
●使用電源:CR2032×1


明かりのないキャンプ場だと真っ暗闇なので、タープやテントのロープに蹴躓かない様、買って見ました。随分と明るい印象です。
出典:Amazon

カラーロープ

ITEM

キャプテンスタッグ カラーロープ
●サイズ:3.5mm×20m
●材質:ナイロン


張り綱として特別な特長がある訳ではないですが、色合いが鮮やかで目立つのが良いですね。
テントやタープの張り綱に使用してもいいですが、物干し用のロープなどにも使えます。
出典:Amazon


ITEM

ロゴス ガイロープ
●サイズ:直径4mm×30m


オレンジではなくグリーンのロープもありますが、オレンジを切らした時にタープにグリーンのロープを使ってキャンプ場で設営したら、ロープが見えなくて非常に危なっかしかったです(苦笑)。オレンジが基本ですね。
出典:Amazon

アルミ自在

ITEM

エリッゼ アルミ自在金具
●サイズ:39.4×16mm
●穴径:φ6.0mm
●板厚:2.0mm
●重量:26g
●材質:アルミニウム


反射材入りの4mm×50mロープと一緒に買いました。3mmから対応と言うだけあって、しっかり効きます。もう1セット買っておけばよかった。これで、安心して、新調した幕のロープを入れ換えられます。
出典:Amazon


ITEM

キャプテンスタッグ カラーアルミ製自在
●対応ロープサイズ:3~5mm
●サイズ:44×16mm
●重量:3g
●材質:アルミニウム


林間サイトでタープを開放的に張るのに大変役立ちました。思った以上に簡単に扱えますし、ロープがゆるくなることもありませんでした。
出典:Amazon

ペグケース

ITEM

エリッゼ ペグ収納マルチコンテナボックス
●サイズ:幅42×奥行15×高さ15cm 
●重量:783g
●材質:ポリエステル


ハンマー、鍛造ペグ、ガイロープ、予備の自在金具等々を入れています。なかなかの重さになりますが、作りがしっかりしているので型崩れもしません。重量のある鍛造ペグには巾着袋では少々不安なので購入しましたが、結果として大満足です。
出典:Amazon


ITEM

テンマクデザイン ペグロールケース
●収納可能ペグ:40cm ×11本、30cm×16本
●サイズ:43×52cm
●重量:430g


ペグ&ロープまわりを見直そう

matome

出典:snowpeak

キャンプは予想外の連続です。どんなシチュエーションにも対応できるよう準備を万全にしておくのが、脱・初心者キャンパーの第一歩! まずは、ペグとロープからしっかり見直してみてくださいね。

ペグって本当にいろいろあるんです

ペグについて極めたいという人は、コチラをチェック。奥深いペグの世界をご覧あれ!

Check! Your Pegs And Ropes!

あなたのペグとロープ、大丈夫?

Source: CAMP HACK