ワークマン

【ワークマン年間大賞】2020年を通してとにかく売れた人気製品5選

アイキャッチ画像出典:ワークマン

2020年も売れ行き絶好調なワークマン!なかでも愛用者の多かったアイテムとは?

「ワークマンプラス」によるカジュアルウェア特化型の店舗展開を皮切りに、すっかり”おしゃれな機能性ファッションアイテム”として認知されはじめたワークマンのウェアたち。

ワークブランドとして長年で培ってきた確かな機能は、キャンパーたちの間でも常に話題になっていますよね。

出典:Instagram by @workmangirl_colettemare

今年10月には、SNS集客を狙った女性客主体のショップ「#ワークマン女子」を出店するなど、時代の流れを汲み取った経営戦略も注目されています。

そんな人気絶好調のワークマン。数多くの製品が販売されており、やはり気になるのが今年のヒット作。

というわけで、ワークマンの営業企画部の伊藤さんに「2020年の売れ筋アイテム」5つを聞いてみました!

ワークマンの売れ筋製品を深掘り!2020年の人気製品5選がコチラです

ワークマン伊藤さん

こんにちは! ワークマンの広報担当 伊藤です。2020年(2020年1月~11月)の人気製品を5つご紹介します。

①レインブーツ並みの優れた防水性を誇る「防寒ブーツ 氷雪耐滑ケベックNEO」


ワークマン伊藤さん

最初にピックアップするのは、今の季節にぴったりな「防寒ブーツ 氷雪耐滑ケベックNEO」という商品です。今年の秋冬から展開している新作になります。

ライター笹谷

ワークマンの“防寒ブーツ”といえば、定番モデルに「防寒ブーツ ケベック」がありますよね。確か、そちらはアッパーがキルティングデザインだったような……。

上記写真が「防寒ブーツ ケベック」。
ワークマン伊藤さん

そうですね。こちらは「防寒ブーツ ケベック」の上位モデルという立ち位置で、随所に施したアップデートがポイントになっています。

まずは、完全防水という点です。無縫製のシームレスなアッパーに仕上げることで、レインブーツ並みの防水性を誇ることに成功しました。


ライター笹谷

なるほど。ラバー部分までが防水という商品はよく見かけますが、「防寒ブーツ 氷雪耐滑ケベックNEO」は履き口付近まで防水性を高めているんですね。

それにしても、この“モコモコ”感。いかにも温かそうですね〜。

ワークマン伊藤さん

そうなんです! ボール状の中綿を採用してるので、「防寒ブーツ ケベック」と比べるとボリューミーな印象を受けるかもしれませんね。

ライター笹谷

ボール状の中綿ですか?! 一般的なものと何が違うんですか?

ワークマン伊藤さん

ボール状の中綿を使うことで空気の層が溜まりやすく、保温性が長時間キープされるんです。

ライター笹谷

なるほど!


ワークマン伊藤さん

そして、ワークマンオリジナルの「WM アイスソール」を採用したのも大きな特徴です。グラスファイバーを配合しているので、雪や氷の上でも高いグリップ力を発揮。冬の寒さが厳しい環境下でも安心してご愛用いただけるかと。

ライター笹谷

商品名の“氷雪耐滑”は、このことでしたか! 冬キャンプに活躍してくれそうですね。

そんな「防寒ブーツ氷雪耐滑ケベックネオ」を実際に着てみると……

LLサイズ(26.5~27.0cm)、ブラックを着用。

実際に履いてみてすぐに分かったのは、やはり抜群の暖かさ。また、かかと部分がきちんとホールドされる感覚もあるので、長く履いても疲れづらいのではないでしょうか。

カラバリは、今回ご紹介したブラックの他に、ホワイトを基調としたアイスロックの2色展開。男女ペアで履くのも良さそうですね!防寒ブーツ氷雪耐滑ケベックネオの詳細はこちら

②収納力抜群の「コットンキャンパー」は、防火対策にもうってつけ!


ワークマン伊藤さん

次にご紹介するのは「コットンキャンパー」です。ワークマン公式アンバサダーのサリーさんとの共同開発したアイテムになります。

ライター笹谷

これまた、ワークマン定番の「綿かぶりヤッケ」を彷彿とさせるカジュアルなパーカですね。

ワークマン伊藤さん

そうですね。同じく綿100%なので、火の粉に強く、焚火やBBQなどに重宝するのではないでしょうか。「綿かぶりヤッケ」よりも生地を厚目に設定しているので、これからのシーズンにもご愛用いただける商品です。


ライター笹谷

ポケットが多いのもアウトドアで活用するには嬉しいポイントですね。

ワークマン伊藤さん

そうですね。ベルクロテープ採用の胸ポケットは、スマホなどの貴重品を入れておくのに勝手が良いですよ。


ライター笹谷

サイドポケットはかなり深めの構造で、割と大きなものも入りそうです!


ワークマン伊藤さん

インナーポケットも付いているので、中に入れたものを小分けに管理できて便利かと!

ライター笹谷

ライトやグローブなど、何かと小物が多くなるキャンプシーンにはもってこいのウェアですね!


ワークマン伊藤さん

ポケットの他にも、カラビナフックやハンマーループをあしらっているのも特徴の一つです。

ライター笹谷

これは便利ですね。大きいポケットにペグを入れておけば、身軽にテント設営できそうです!

そんな「コットンキャンパー」を実際に着てみると……

モデル168cm。LLサイズ、ダークブラウンを着用。

ゆったりとしたAラインシルエットは、どんなアイテムにも合わせやすい汎用性の高さが魅力。加えて収納力も高いので、カバン要らずでお出かけも可能です!

お尻まで隠れるミドル丈なので防火対策もしっかりとでき、体のラインをあまり出したくないという女性にもおすすめ。コットン キャンパーの詳細はこちら

③バッグに忍ばせておきたい防寒ウェア「エアロストレッチブルゾン」


ワークマン伊藤さん

3つ目にご紹介するのは「エアロストレッチブルゾン」です。年代や性別問わず人気のある商品になります!

ライター笹谷

プリントこそインパクトありますが、デザインは非常にミニマムで幅広い層に人気があるのも納得のアイテムですね。

ワークマン伊藤さん

そうですね。多数のカラバリを展開していますので、多くの方にご満足いただいております。

特に人気だったのが、スノーホワイトというカラーです。白系のウェアってどうしても汚れが気になって手を出しづらい商品ですが、こちらは税込み2900円。お手頃な価格帯なので、普段選びにくいカラーにも挑戦しやすいようです。

ライター笹谷

なるほど。では、機能性にはどんな特徴があるのですか?

ワークマン伊藤さん

ストレッチが効いているので動きやすく、さらにとにかく軽量なので長時間ノーストレスでご着用いただけるかと。タウンユースからちょっとした運動まで、幅広いシーンでご活用いただいています。

ライター笹谷

胸のファスナー部分や袖に反射プリントがあるので、夜の視認性も良さそうですね。

ワークマン伊藤さん

撥水加工も施されていますので、急な雨にも対応できますよ。あとは防風機能もありますので、暖かさも実感いただけるはずです!


ワークマン伊藤さん

また、脇まわりには腕を動きやすくするよう、アクティブカットを搭載しているのも特徴の1つです。

ライター笹谷

これだと、作業中もストレスを感じることなく、アクティブなシーンにもうってつけですね!


ライター笹谷

ブルゾンの内側には大きなポケットがありますね?

ワークマン伊藤さん

そうなんです! ムービングポケットといって、500mlのペットボトルが3本も入る大きなポケットなんです。

ライター笹谷

3本も?! それはすごい収納力ですね。


ワークマン伊藤さん

あと、もう一つポイントが! このブルゾン、実はポケッタブルなんですよ。ムービングポケットの中にコンパクトに収納することができるんです。


ライター笹谷

本当だ! 寝袋の収納によく似てますね。正直、僕、寝袋の収納は下手くそなんですけど、このブルゾンだと簡単にできちゃいます。

着用しないとき、こうやってラクに携帯できるのは嬉しいですね。

ワークマン伊藤さん

ちなみになんですが、こちらの「ミキシングレインパーカ」のインナーとして使うことも可能なんですよ。

ライター笹谷

え?! どうやってやるんですか?








ワークマン伊藤さん

アタッチメントシステムといって、「ミキシングレインパーカ」の内側に隠されたファスナーと連結することで……。ほら、どうですか? 防水防寒ウェアの完成です!

ライター笹谷

すごい! レインウェアも暖かく着れちゃうわけですね。

そんな「エアロストレッチ ブルゾン」を実際に着てみると……

モデル168cm。LLサイズ、ハンティンググリーンを着用。

シルエットこそ少しタイトですが、ストレッチ性があるので窮屈感はゼロ! 軽い着心地でノンストレスで着用することが可能です。カラーも8色展開とかバリエーションがあるので、お気に入りのカラーを見つけてみてはいかがでしょうか。エアロストレッチブルゾンの詳細はこちらミキシングレインパーカの詳細はこちら

④軽快な足捌きを実現する「4D防風ウォームパンツストレッチ」


ワークマン伊藤さん

こちらは、「4D防風ウォームパンツストレッチ」です。“暖かくて動きやすい”とご好評の人気商品になります。

ライター笹谷

カーゴパンツってポケットが多くて、作業着としてはもちろんですが、アウトドアなシーンにも重宝してくれますよね! では、ズバリこちらのパンツの特徴は?


ワークマン伊藤さん

一番の特徴はやはり、ストレッチ性ですかね。全方向へストレッチが効いているので、膝の曲げ伸ばしもスムーズですよ!

ライター笹谷

キャンプ中は立ったり座ったりする動作も多いですし、ストレッチ性はパンツ選びで重視したいポイントの一つです。ってか、めちゃくちゃ伸びますね!

ワークマン伊藤さん

膝の部分も縫製にこだわっているので、膝をついても突っ張った感じがしないんです。


ワークマン伊藤さん

また裏地にはマイクロ起毛を搭載し、保温性と肌触りにも優れています。

ライター笹谷

本当ですね! これ、すごく肌触りがいいです。あとひとつ気になったのですが……。アイテム名にある“防風”というのは?

ワークマン伊藤さん

生地と生地の中間に防風シートを挟んでいるんですよ。

ライター笹谷

なるほど。防風ウェアと聞くとハリ感のあるアイテムをイメージしていたので、この自然な質感で防風というのは驚きです!

そんな「4D防風ウォームパンツストレッチ」を実際に着てみると……

モデル168cm。LLサイズ、インディゴブルーを着用。

ストレッチ性抜群な「4D防風ウォームパンツストレッチ」。細身のデザインなので、トップスやアウターにボリュームを持たせて、Vラインシルエットでコーディネートするとおしゃれに着こなせそうですね。4D防風ウォームパンツストレッチの詳細はこちら

⑤ワークマンのロングセラー!軽い履き心地が魅力の「ライトスリッポン」。


ワークマン伊藤さん

最後にご紹介するのは、「ライトスリッポン」です。発売当初から変わらず売り上げが好調で、弊社の大人気商品になりますね。

ライター笹谷

これは、以前取材させていただいた『2020年上半期でとにかく売れた人気製品TOP5』にもランクインしてましたね! その後も売れ続けてるんですね。

ワークマン伊藤さん

人気な理由の一つが、その軽さ。Lサイズだと、片足160gほどです。

ライター笹谷

160gですか! ……今調べてみましたが、カップでお米1号分すくったときの、ある重さと同じみたいです。めちゃくちゃ軽いですね。


ワークマン伊藤さん

また、優れた撥水性も「ライトスリッポン」の魅力の一つです。

ライター笹谷

おぉ〜。かなり水を弾きますね! 急な雨でも問題なく履けそうです。

ワークマン伊藤さん

そうなんですよ。アウトドアって急な天気の移り変わりがつきものじゃないですか。そういった面でも「ライトスリッポン」は安心なんです!




ワークマン伊藤さん

そして、この携帯性もこだわったポイントです。ベルトで2足をコンパクトに束ねることができるので、持ち運びにも便利です。

ライター笹谷

この携帯性がイイんですよね。リュックに入れても場所を取らないですし。

ワークマン伊藤さん

キャンプだけではなく、オフィスの中履きとしても使っていただいていますよ。

ライター笹谷

確かにオフィスに置いておいても良さそうですね!

そんな「ライトスリッポン」を実際に着てみると……



LLサイズ(26.5~27.0cm)、ネイビーを着用。

アイテム名の通り、履き心地はかなり軽いです。かかとも踏める仕様なので、靴の着脱が多いアウトドアシーンにはピッタリではないでしょうか。

今回ご紹介したアイテムとは別に、冬仕様になった「裏ボアライトスリッポン」も要チェックなアイテム。人気商品のため店舗によっては在庫なしの可能もあるようですので、店舗に訪れる際は要確認を!ライトスリッポンの詳細はこちら裏ボアライトスリッポンの詳細はこちら

やっぱり今年もすごかった!ワークマンの売れ筋商品をゲットしよう!



恒例となったワークマンの“売れ筋商品5選”いかがでしたか? ワークマンの機能性を搭載したアイテムの数々は今すぐにでもゲットしたいものばかり! 今年はあまりキャンプには行けなかったそこのあなたもワークマンの人気商品をゲットして、来年のキャンプに備えてみてはいかがでしょうか。

2019年の売れ筋製品はこちらをチェック!

TEXT:笹谷淳介 EDIT&PHOTO:GGGC

The post 【ワークマン年間大賞】2020年を通してとにかく売れた人気製品5選 first appeared on CAMP HACK[キャンプハック].
Source: CAMP HACK

教えてワークマン!男性社員に聞く「愛用している自社アイテムTOP3」!!

アイキャッチ画像撮影:筆者

ワークマンを知りつくした社員さんが愛用するアイテムとは?

提供:ワークマン

高い機能性とお手頃な価格、アウトドアになじむデザインで人気沸騰中のワークマン。2020年10月にはカジュアルウエアに特化した新店舗「#ワークマン女子」がオープンし、その勢いはとどまることを知りません。

(写真左上から橋本さん、杉山さん、森川さん、吉田さん、暮田さん、山川さん)

今回は、そんなワークマンで活躍する男性社員のみなさんの「日頃から愛用している自社アイテム」を調査。TOP3を紹介するとともに、6名の方にそのアイテムの魅力を語ってもらいました。

ワークマン製品を誰よりも知る社員さんならではの一押しアイテムは必見です。さっそく第3位からみていきましょう。

抜群の動きやすさ!「ストレッチソフトシェルジャケット」


まず第3位は、アクティブに使えるワークマン定番の「ストレッチソフトシェルジャケット」です。この製品の魅力を教えてくれるのはこちらの二人!

ワークマン橋本さん

こんにちは。店舗の発注システムを管理している橋本です。趣味はスノーボードで、シーズン中は20回ほど群馬や北海道などのスキー場に足を運んでいます。

ワークマン杉山さん

製品の買い付けとプライベートブランドの開発を担当している杉山です。当社はさまざまなプロフェッショナルが集まった会社。いい意味で個性的な社員が多く、日々良い刺激を受けています(笑)。

さっそくですが、このアイテムの魅力を教えてください!


ワークマン橋本さん

こちらはワークマンのアウトドア用アウターのなかでも初めの方に登場した製品。きれいめで動きやすいジャケットですが、カジュアルに着こなせるところが愛用されているポイントですね。

ワークマン杉山さん

コスパも抜群です! コンパクトで動きやすく、アウトドアに必要とされる機能をもちながらも、2,500円という価格はワークマンだからこそ。


ワークマン橋本さん

両サイドのポケットはファスナー式。大きめの設計で、スマホや小物を入れておくのに便利です。メッシュポケットなので、衣類内を通気させたいときはベンチレーションの役割も。


ワークマン橋本さん

さらに内側をめくるとスナップ付きの裏ポケットが登場します。収納箇所が多いのも嬉しいポイントですね。


ワークマン杉山さん

撥水性があるのでアウトドアでも使いやすく、多少の雨であれば雨具の代わりにも。柔らかさのあるソフトシェル素材なので、レインウェアのように光沢のある生地よりも着やすいですよ。

どんなシーンにおすすめですか?

モデル:筆者、身長169cm。Lサイズ、カーキ着用
ワークマン橋本さん

私は店舗を巡回することも多いのですが、外回りをするときの仕事着としても着用しています。カラバリ4色とも色味がいいので、タウンユースはもちろん、キャンプでもおすすめです!

ワークマン杉山さん

あらゆるシーンで着れるアイテムですね。元々は本格的なアウトドアを想定してつくっているので、アウトドアでもさっと羽織えますし、フードが小さめなので、上からアウターを重ね着する使い方も。

肌なじみのある質感なので、部屋着としてもいいと思います!男女問わず着て欲しいですね。

「ストレッチソフトシェルジャケット」を実際に着てみた

モデル:筆者、身長169cm。Lサイズ、カーキ着用

伸縮性に優れた素材で動かしやすさは抜群! 腕を曲げ伸ばしても、肩が突っ張るような不快感はなく、まさにストレスフリー。夏の登山や秋冬のスポーツウェアでも役立つ、オールラウンドな一着になりそうです。



背面のポケットはポケッタブル仕様。ウェアを押し込んでいくことで、コンパクトに収納できます。重量は390g(Lサイズ)と、軽量なところも◎。

「ストレッチソフトシェルジャケット」の詳細はこちら

“らしくない”のが逆にいい!「ヘビーウェイトプラクティカルトレーナー」


続いて第2位は、多機能なスウェットシャツ「ヘビーウェイトプラクティカルトレーナー」です。この商品の魅力を教えてくれる社員さんをご紹介します!

ワークマン森川さん

カタログなどの出版物を担当している森川です。もともと服が好きで、インターネットや店頭でどんな服が流行しているのか、デザインを勉強しています。

ワークマン吉田さん

吉田といいます。ショッピングセンターのオープン業務に携わっている商品や什器のレイアウト、商品の品揃えとディスプレイを担当しています。社内は硬い上下関係がなく、相談のしやすい風通しの良さが魅力です!

このアイテムの魅力を教えてください!

ワークマン森川さん

当社の製品は機能性が高いので、暑く感じることも多いのですが、これはちょうどいい着心地が魅力ですね。

ワークマン吉田さん

良い意味でワークマンらしくなく、シンプルで普段着にも取り入れやすいデザインが特徴です。

レッド杢を着用
ワークマン森川さん

僕はこの製品の色味が好きですね。
「キャメル杢」と「レッド杢」は当社の他製品にはないカラー。冬のコーディネートのアクセントにもなります。


ワークマン吉田さん

厚手のスウェット生地なので、ガシガシ着てもよれないのがいいですね。とにかくタフなので、ガッツリ使い込めるのも愛用されているポイントです。

どんなシーンにおすすめですか?

ワークマン森川さん

生地感がいいので、夏以外のシーズンで長く着ることができます。レイヤリングがしやすく、中にシャツを着たり上にジャケットやコートを羽織るような使い方もおすすめ。冬キャンプのインナーにもいいですね。

ワークマン吉田さん

普段は仕事時に着用していますね。この製品は裏生地の起毛も特徴で、デスクワークでも適度な暖かさがあり快適。コーディネートしやすいので、街着としても着てほしいアイテムです。

「ヘビーウェイトプラクティカルトレーナー」を実際に着てみた

モデル:169cm。LLサイズ、レッド杢着用

LLサイズでゆったりシルエット。たしかにワークマンらしくないデザインでカジュアルな印象を与えてくれますが、機能はやはりワークマン。厚手で重量感のあるタフな生地ながらも、サラッとしたストレスのない着心地です。




右脇腹と左袖には、小物を収納できるポケット付き。フロントのカンガルーポケットなどもデザインのアクセントになっています。ちょっとした外出でラフに着る場合や寒い季節のリラックスウェアにも合いそうです。

「ヘビーウエイト プラクティカルトレーナー」の詳細はこちら

思わず走りたくなる!「アスレシューズハイバウンス」


発売当初より話題の人気シューズ「アスレシューズハイバウンス」が第1位となりました。このアイテムを紹介してくれるのはこちらのお二人!

ワークマン暮田さん

製品の品質管理を担当している暮田です。趣味は海釣りで、今年の夏は子どもとハゼ釣りにハマっていました。当社は社員同士の連携が取りやすいのがいいところ。顔がわかるので仕事がしやすいです。

ワークマン山川さん

山川といいます! 新店の立ち上げや加盟店様のサポートを担当しています。サマソニなどの野外フェスにも足を運んでいました。バラエティやドラマを見たり、漫画を読むのが好きです。

このアイテムの魅力を教えてください!

ワークマン暮田さん

この商品はとにかくクッション性が良く、動いていても疲れにくいのが特徴。会社のなかでも年間通して愛用している人が多いアイテムです。

ワークマン山川さん

軽くて履きやすいので、仕事などで歩きまわっててもラクですね。重量は片足で約240g(26cm)と超軽量なんです。


クッション性の秘密は、ワークマン独自の高反発ソール「BounceTECH(バウンステック)」によるもの。これにより足の負担を和らげ、快適な履き心地を実現します。雨などの路面でも滑りにくいのも特徴です。


履き口はゴム素材になっているので、足首にストレスなくフィット。靴ひもは補助的なもので、スリッポンのように気軽に脱着ができます。またシューズの前面には、蒸れの逃げやすい高通気素材を採用。

ワークマン山川さん

引き締まった印象の「ブラック」、スポーツ感のある「ライトグレー」、それぞれのデザインも気に入っています。

どんなシーンにおすすめですか?


ワークマン暮田さん

プライベートや仕事で使用しています。普段履きとしては勿論、ウォーキングなどの軽い運動でも履いてほしいアイテムですね。私の奥さんもウォーキング時に愛用しています。

ワークマン山川さん

仕事や普段外に出るときに使っています。高反発素材なので、走る人や運動される方に気軽に履いてもらいたいシューズです。

実際に着用してみた


路面の衝撃を吸収してくれるクッション性と足に吸いつくようなフィット感はまさに快適! 思わずもっと歩きたくなるような”運動が楽しくなるシューズ”だと感じました。

そして、これだけのパフォーマンスを持ちながらも、1,900円という価格はまさに驚愕。第1位にふさわしい、ぜひチェックしてほしい一品です。

「アスレシューズ ハイバウンス」の詳細はこちら

オンラインショップでは完売状態ですが、店舗ではまだ販売しているところも!

社員さん愛用アイテムは間違いなし。今後もワークマンが見逃せない!



今回ご紹介のTOP3は、どれも街からアウトドアまで多用途に使えるものばかり。ワークマン製品を知りつくした男性社員さんが愛用するアイテムなので、その機能も間違いなしです。気になった方はぜひ店頭へ足を運んでみてください。

新製品が出るたびに私たちをワクワクさせてくれるワークマン。今後の展開にますます期待です!

The post 教えてワークマン!男性社員に聞く「愛用している自社アイテムTOP3」!! first appeared on CAMP HACK[キャンプハック].
Source: CAMP HACK

【保温力だけじゃない!】冬キャンプでヘビロテ確実な、“技アリ”あったかボトム10選

アイキャッチ画像出典:NANGA

冬キャンプ用のパンツは、保温性だけじゃ物足りない!

冬キャンプを快適に楽しむのに欠かせないのが防寒着。アウターは当然ながらボトムにもこだわることで、保温性が格段にアップします。

しかしキャンプで愛用するなら保温力だけでなく、機能性や履き心地、日常使いできるデザイン性なども大きなポイントになりますよね。

そこで、保温性の他にも様々な魅力がある“技アリ”あったかボトムを厳選してみました。一度でも足を通せば、手放せなくなる傑作ばかりですよ!

名作ギアパンツがキルト素材でアップデート

GRIP SWANY  キルトギアパンツ

出展:GRIP SWANY

もはやキャンパーにユニフォームと言っても過言ではないグリップスワニーのギアパンツに、今季からキルト素材のモデルが仲間入り。ミリタリーのライナーアイテムのようなひょうたんキルトで、フワフワの履き心地が楽しめます。

出展:GRIP SWANY

“技アリ”ポイントは、なんといっても豊富な小物を小分けに収納できるギアポケット。しかも、さりげなくディテールもアップデートが施され、スマホ専用ポケットまで装備されています。

詳細はこちら

機能素材と美しいシルエットが調和した1本

TOPO DESIGNS  フリースパンツ

出展:TOPO DESIGNS

今季ブレイクしているブランドのひとつ、トポデザイン。新作アイテムのフリースパンツは、ポーラテック200を採用した機能的な1本。膝とヒップ部分にDWR(耐久性撥水)加工を施したハードシェルを採用しています。

出展:TOPO DESIGNS

しかし実はシルエットも“技アリ”。腰周りはリラックスした履き心地だけど、テーパードが効いていて、膝下はタイトに仕上げられています。これならアクティブに動いても邪魔にならないし、上からオーバーパンツをレイヤードしてもかさばりません。

詳細はこちら

ITEM



トポデザイン フリースパンツ
サイズ
S サイズ:ウエスト74-85cm / 股上28cm / ワタリ幅27cm /股下80cm /裾幅17cm
Mサイズ:ウエスト80-92cm / 股上30cm / ワタリ幅29cm / 股下80cm /裾幅17cm

<!–

–>

デニム生地でもストレスフリーの履き心地を追求

gym master ストレッチデニムウォームアップパンツ

出展:gym master

カジュアルなアイテムをグッドプライスで提供してくれるジムマスターからは、ストレッチが効いたデニムパンツが狙い目。保温性とストレッチ性を両立させた厚手の生地を採用しているため、履き心地は見た目以上に温かくて快適です。

出展:gym master

しかも股にマチのあるクライミングパンツ仕様なので動きやすく、裾にゴムが入っているため冷気もシャットアウトしてくれます。得意のクレイジーパターンのモデルは、ルックス的にも“技アリ”!

詳細はこちら

ITEM



gym master ストレッチデニムウォームアップパンツ
サイズ: S / M / L / LL
素材:表地/綿97% ポリウレタン3%
   裏地/ポリエステル100%

<!–

–>

定番の焚き火ダウンパンツが、さらに進化!

NANGA タキビダウンパンツ

出展:NANGA 

そして定番ブランドのナンガも見逃せません。今季は人気モデルの焚き火パンツがリニューアルされ、さらに機能性と耐久性がパワーアップしています。もちろん独自の難燃素材“タキビ”とUDD(超撥水ダウン)の最強タッグは健在。寒いなかでも快適に焚き火が楽しめます。

出展:NANGA 

進化したディテールにも“技アリ”要素が満載。膝は屈曲に配慮した立体シルエットで、フラップ付きカーゴポケットは、サイドにジップも配置。これにより、しゃがんだ作業もしやすく座ったまま中のアイテムを取り出すこともできます。

詳細はこちら

ITEM



ナンガ タキビダウンパンツ
サイズ:表/ポリエステル、アラミド繊維混合
    裏/40dnナイロンタフタ
    中綿/DXUDD(スパニッシュダックダウン 90-10% 770FP)超撥水加工
羽毛量:60g
総重量:約568g
サイズ:S, M, L, XL

<!–

–>

レトロなルックスながら完全防風を実現

grn outdoor  ネタリパンツ

ユニークな機能美アイテムを提案するgrnアウトドアからは、“技アリ”素材を取り入れた、あったかボトムがリリースされています。こちらのネタリパンツは、独自に開発したオリジナルのフリース地を採用することで完全防風と優れた透湿性を実現。

90年代のアウトドアアイテムを彷彿とさせるレトロなルックスも魅力のひとつ。光沢感のあるナイロン素材のパネルや裾部分のマジックテープなど、ディテールにもこだわり満載です。

詳細はこちら

ITEM



grn outdoor  ネタリパンツ
素材:ポリエステル
サイズ
M : ウエスト70~84cm / 股上35cm / 股下60cm / わたり28cm / 裾幅17cm
L : ウエスト70~90cm / 股上35cm / 股下65cm / わたり30cm / 裾幅18cm

<!–

–>

超エアリーな履き心地! 200g以下のULダウンパンツ

CUMULUS  ベーシックダウンパンツ

出展:MoonlightGear

ダウンパンツも冬キャンプの必需品ですが、ずっと履いているわけではなく、どうしても寒さが我慢できないときのリリーフ要員として持参する人が多いのでは? だからこそ気になるのが、保温力と携行性のバランス。

出展:MoonlightGear

そこでオススメなのが、ULハイカー御用達ブランド、キュムラスのベーシックダウンパンツ。なんと850FPの撥水ダウンを102g封入しながらも、185g(Mサイズ)という驚くべき軽量性を実現。超あったかいのに超軽い、まさに“技アリ”なダウンパンツなのです。このエアリーな履き心地は病みつきに!

詳細はこちら

テント泊も街履きも、これ1本でおまかせ!

Gramicci  ボンディングニットフリースナローリブパンツ

出展:Gramicci 

テント泊用のリラックスウエアといえばスウェットパンツ。しかしアイテム選びに失敗すると保温性がイマイチだったり、すぐに膝が出てシルエットが崩れたりします。そこで注目したいのがグラミチの1本。

出展:Gramicci 

表地はニットのようの見えるニットフリース、裏地にはマイクロフリースを採用することで保温性と防風性を高め、長く愛用してもあまり型崩れしません。上品かつ洗練されたナローシルエットも“技アリ”ポイント。履き心地はストレフリーだけどラフに見えないので、街履きとしても重宝しそうです。

詳細はこちら

ITEM



グラミチ ボンディングニットフリースナローリブパンツ
素材:ボンディング ニットフリース
   ポリエステル100%

<!–

–>

ブーツに干渉しない絶妙な丈感が新鮮

mont-bell スペリオダウンニーロングパンツ

出展:mont-bell

モンベルにも“技アリ”あったかボトムを発見! こちらのスペリオダウンニーロングパンツは、高品質な800FPのEXダウンを、コールドスポットができにくい独自のキルティングパターンで封入した、保温力に優れた1本。

出展:mont-bell

しかし最も注目したいのは独自の膝下丈シルエット。雪山でミッドレイヤーとして着用したとき、スキーブーツ等に干渉しにくい、“技アリ”な丈感になっているんです。もちろん普通にメインのパンツとして使えるし、アイデア次第ではユニークな着こなしが楽しめそうです。

詳細はこちら

これで2,000円以下? 期待通りのコスパの高さが魅力

FieldCore  ウォッシャブルフュージョンダウン ショートパンツ

出展:WORKMAN 

ワークマンのオリジナルブランド、フィールドコアからはダウンショーツをピックアップ。新開発された洗えるフュージョンダウンを採用し、裏地は通常のシルバープリントの1.5倍の保温性があるブラックアルミ仕様。好きなボトムの上からレイヤードすることで、気軽に腰周りを温めることができます。

出展:WORKMAN 

しかも男女兼用で使えて、収納サックも付いているため汎用性も抜群! だけど最大の“技アリ”ポイントは、やはりリーズナブルな価格設定。なんと1,500円(税込)というロープライスになっています。

詳細はこちら

存在そのものが“技アリ”な秀逸アイテム

AXESQUIN アグラスカート

出展:AXESQUIN

ボトムのカテゴリーはパンツやショーツだけにあらず。ということで最後は、国産アウトドアブランドのアクシーズクインが提案している、男女兼用の中綿入りスカートです。独創的な樽型シルエットが印象的ですが、これはアイテム名通り、胡座をかいた足をすっぽりを包み込むためのもの。

出展:AXESQUIN

オーバーパンツ的な履き方をしますが、両脇にスルーポケットが装備されているため、下に履いたパンツに気軽にアクセスできます。しかも頭から被って、このポケットから腕を出して着用するベスト的な使い方も可能。もはやアイテムそのものが“技アリ”な存在なんです。

詳細はこちら

保温性+αの“技アリ”ボトムで、周りと差をつけよう

ということで今回は、保温性+αで様々な魅力を発揮してくれる“技アリ”ボトムを厳選してみました。

アウターに目が行きがちな冬キャンプスタイルですが、だからこそさりげなくこだわりたいのがボトムです。今回紹介したアイテムは、どれも実用性だけでなく話題性も抜群。きっと話のネタとしても活躍してくれますよ。

厳寒の冬キャンプを快適に楽しみつつ、周りと差を付けたスタイルを目指すなら、こんな機能美ボトムを取り入れてみては?

The post 【保温力だけじゃない!】冬キャンプでヘビロテ確実な、“技アリ”あったかボトム10選 first appeared on CAMP HACK[キャンプハック].
Source: CAMP HACK

足元の寒さ対策はワークマンで完璧に!新作5種は見つけたら即確保しておこう

アイキャッチ画像出典:Instagram by@hiroshi_no_camp
※商品によってオンラインサイトには再入荷されないものもありますので、売り切れの場合は直接お近くの店舗へお問い合わせください。

ツラい足元の冷え対策もワークマンの新作なら完璧!

出典:Intagram by@workman_plus

冬のキャンプでツライのは、やはり足元からくる冷え。でも、防寒機能を備えた保温力の高いフットウェアは、なかなか手の出しにくいお値段だったりしますよね。

出典:Instagram by@wk_kanonji

そんな時、頼れるのはやっぱりワークマン! ワークマンの防寒フットウェアなら、驚異のコスパで足元の冷え問題を一発解決! 今回は、コスパのみならずデザイン性の高さにも注目の新作フットウェア5種、一挙ご紹介します。

見つけたら即買い必至!新作フットウェア5種

昨年、売り切れアイテムが続出したワークマンの防寒フットウェアたち。今年の新作も見つけたら即買い必至! 早速見ていきましょう!

新作① 防寒ブーツ ケベックNEO(ネオ)

出典:Instagram by@wmplus_sanno

まず最初は、昨年売り切れ続出だったレジェンドアイテム「ケベック」の新バージョンから! 何と言っても注目すべきはそのルックス。

ブラックとホワイト迷彩の2色展開で、どちらもミッドソール部分のカモフラツリー柄がポイントに。ミリタリーテイスト好きにはたまらないデザインです。

出典:WORKMAN

機能面もしっかりアップデート! 旧モデルでは接地面から4cmまでだった防水エリアが、無縫製アッパーにより足首あたりにまで拡大。また「WMアイスソール」の採用で、雪上でも滑りにくい仕様に。

さらに、空気層がたまりやすいボール状の中綿で、保温性もUP。そして、このクオリティで思わず二度見してしまう2,900円(税込)という価格。家族の多いファミリーキャンパーも感涙もののアイテムです。

公式オンラインストアはこちら

新作② 裏ボア ライトスリッポン

出典:Instagram by@wm.enzan

今春大ヒットした「ライトスリッポン」も冬バージョンが登場! カラーはデニムとブラウンの2色展開。軽量で撥水、かかとを踏んで履ける気軽さはそのままに、保温性がプラスされているんです。

出典:Instagram by@workman.miyauchi

ご覧ください。“コレ、絶対暖かいヤツ”と一目で確信できるモコモコの裏ボア。奥までしっかり詰まっていて、足先まで暖かく包みます。裏ボアの分価格は上がっていますが、それでも1,900円(税込)というお値打ち価格。

ただし、こちら現在(2019年12月9日現在)はオンラインストアでの取り扱いが無いため、店舗で見つけたら即買いが正解です!

新作③ コーデュロイ 裏ボアスリッポン

出典:Intagram by@workman_plus

続いては、コーデュロイのほっこりテクスチャが冬コーデをランクアップしてくれるアイテム。機能性を追求してスポーティーなデザインになりがちな防寒シューズだけど、やっぱりヴィンテージコーデにハマるシューズ、欲しいですよね。

出典:Intagram by@workman_plus

そんなワガママなリクエストにもリーズナブルプライスで応えてくれるのが、ワークマン! こちらも1,500円(税込)というお値段ながら、内側にみっしりと施されたボアで足先まで暖か。

防寒対策はしっかりしたいけど、見た目はアウトドア過ぎないシューズを求めている方にイチオシのアイテムです。

公式オンラインストアはこちら

新作④ 防寒トレッドモック wmb(ワークマンベスト)

出典:Instagram by@slow_easy_life.shohe_momo

次は、キルティングのアッパーデザインがスタイリッシュなモックシューズ。はき口のリブもつま先のランド部分も、カーキのみのワンカラーなのがクールです!

出典:WORKMAN

キルティング部分にはもちろん中綿入りで保温性バッチリ。さらに、10mmの肉厚インソールが長時間でも暖かく快適な履き心地を叶えてくれます。また、かかとが踏める仕様でテントへの出入りもラクちん。

そして、このデザインとスペックでお値段は驚愕の1,500円(税込)! 懐も寒くならない、さすがのワークマンクオリティです。

出典:Intagram by@workman_plus

こちら全4カラー展開で、便利な同色の収納袋付き。色違いで大人買いしたくなるカッコよさですが、ブルーとレッドは10月27日に発売された数量限定カラーなので、欲しい方はお急ぎを! 

ITEM



防寒トレッドモック
●サイズ:S〜3L
●素材:ポリエステル・ポリウレタン・EVA・合成ゴム
●カラー:ブラック・カーキ・レッド・ターコイズ

<!–

–>

新作⑤ メリノウール ミドルソックス

出典:Instagram by@wk_kanonji

そして最後はシューズではなく、ソックスをご紹介。こちら、なんとメリノウール糸を使用したソックスなんです!

メリノウールソックスといえば、なめらかな肌触りと高い調温機能や防臭効果が特徴で、登山やスノーボードなど冬のハードなアクティビティにマストな存在のハイスペックソックス。

出典:WORKMAN

当然一足約2,000円前後というハイレベルなお値段が一般的。にも関わらず、ミドル丈で580円(税込)という、もはや三度見レベルのプライスだから驚きです。

こうなるとメリノウールの含有率を疑ってしまいますが、一般的なメリノウールソックス並みの62.8%という数値で、安心して購入できる代物。

出典:Instagram by@wk_kanonji

ほかにショート丈もラインナップ。同じく580円(税込)で、メリノウール含有率は61.9%とやはりハイクオリティ。しかし、ここまでの高コスパですから当然人気で現在(2019年12月9日)オンラインストアでは売り切れ中。もし店舗で見つけたら即買いがマストです。

公式オンライストアはこちら

ワークマンで足元ポッカポカの冬キャンプを楽しもう!

出典:Instagram by@wk_kanonji

ハイシーズンに比べて防寒ウェアなどコストのかかる冬キャンプ。そんな冬キャンプのハードルを一気に下げてくれるワークマン。あなたもワークマンで足元ポッカポカの冬キャンプを楽しんでくださいね。

この記事が気にいったあなたに、オススメの3記事

Source: CAMP HACK

【税込み1,900円也】春夏ワークマンパンツは伸び伸びストレッチのコレで決まり!

記事中撮影画像すべて:筆者

春夏に着たい!ワークマンのパンツ



すっかり認知も広がったワークマンのアウトドア系ブランド「フィールドコア」シリーズ。機能性、コスパに加えてファッション性も兼ね備えたアイテムが続々と登場しています。

そんな中、キャンパーの間でも「これはかなり良さげ!」と話題になっているパンツが発売されましたよ。

エアロストレッチ クライミングパンツ」が優秀すぎる!

その名も「エアロストレッチクライミングパンツ」。さっそく購入してきたのでレポートしちゃいます! さて実際に履いてみた結果はいかに……?!

え!? たったの1,900円!?



まず衝撃的なのはその価格。なんとたったの1,900円(税込)! あまりの安さに脱帽ですよね。

有名アウトドアブランドからリリースされているクライミングパンツはおおむね1~3万円くらいはするので、その10分の1程度で手に入るなんて恐るべし!

選べる4つのカラー



ブラック、サンド、ダークグリーン、ネイビーの4つのカラーから選ぶことができます。

どれも落ち着いたトーンのカラーバリエーションで、アウトドアのみならず街でのカジュアルコーデにも合わせやすいラインナップです。

細身のシルエットがスタイリッシュに



身長170㎝、体重65㎏ほどの筆者が実際に履いてみました。まずはMサイズのブラックから。スッキリしてイイ感じ。キレイなシルエットです。



次にSサイズのサンド。Mよりさらに細身でスキニ―のようなフォルムになります。丈の長さはまだまだ余裕がありますね。



こちらがLサイズのダークグリーン。多少ゆったりしてカジュアルに履けそうです。筆者は色合い的に一番好みかも。



最後にLLサイズのネイビーです。スケーターっぽく、ダボッと大きめに履くのもアリかもしれないと思えてきました。こなれた発色もいい感じです。

どのサイズもやや細めに作られているようですが、SとMサイズだとシルエットがだいぶシャープな印象。スタイリッシュに着こなしたい方にはオススメ。

最大130%伸縮の全方向ストレッチ



このクライミングパンツの生地は最大130%の伸縮性があります。しかも全方向にストレッチします!



ためしにいろんな体勢をとってみましたが、これはすごい! タイツのように伸びる伸びる。ストレスフリーな履き心地を実現してくれます。

さすがはクライミングパンツといったところ。キャンプではもちろん、ランニングやフィットネスといったシーンでのスポーツウェアとしても使えそうだと思いました。

夏の日差しから身を守るUVカット



さらに嬉しいポイントは90%のUVカットを実現しているところです。

この着心地に加えて夏のじりじりとした日差しから身を守ってくれるなんて、本当に優秀です。

しっかりとしたポケットの機能性



登山用に作られているパンツなので、ポケットの機能性にも確かなこだわりを感じます。

フロントにはファスナー付きのポケットを3つ実装。激しく動いてもポケットの中身が落ちない作りになっています。



右もも部のベロ付ポケットはペンを挿せるギミックあり。いちいちポケットを開かなくてもペンを出し入れできるこの仕様は、さすが作業着のノウハウが詰まったワークマンならでは。



右腰のベルトループ下にはカラビナ装着用のループがついています。こういうちょっとしたオプションが思いのほか役立つんですよね。

ITEM



ワークマン フィールドコア エアロストレッチクライミングパンツ
■紫外線を90%以上カット
■吸汗速乾機能
■最大伸縮率130%のストレッチ生地

<!–

–>

高価なクライミングパンツとの違いは!?

撮影:編集部

この安さで、優れたポイント満載のワークマン「エアロストレッチクライミングパンツ」の魅力に迫ってきました。

ちょっぴりフォルムが似ている16,200円(税込)のノースフェイスの名品「アルパインライトパンツ」の機能性との違いは一体どこにあるのでしょうか。

やはり値段に比例する機能性

撮影:編集部

ノースフェイスの「アルパインライトパンツ」は4方向に伸縮する「APEX  Aerobic Light(ナイロン90%、ポリウレタン10%)」という素材でできており、着心地とストレッチ性はもちろん、登山用だけあって防水・防風・防寒性能に優れています。

ワークマンの「エアロストレッチクライミングパンツ」との違いは、どのくらい過酷な状況を想定してつくられているかの違いだと思います。

夏キャンプやタウンユースならワークマンでOKかも!



やはり値段が高いだけあって、ノースフェイスのアルパインライトパンツはハイスペック。例えば優れた防寒性で山でも1年中通用しますが、ワークマンの「エアロストレッチクライミングパンツ」は冬だと厳しいかもしれません。

この差は、素材が違うの一言に尽きますが、使用シーンによって選ぶのがいいのかなと思います。

過酷な状況下での使用であれば本格クライミングパンツ。春夏キャンプやBBQ、タウンユースならワークマンの「エアロストレッチクライミングパンツ」などと、うまく使い分けてみてはいかがでしょうか。

ここまで優秀なら買いでしょ!



ともあれ、低価格でこのスペックを実現しているワークマンの「エアロストレッチクライミングパンツ」すごくないですか!? コスパ良すぎです。

BBQで汚れたり穴が空いてもそこまで気にしなくていいというのはキャンプではけっこう重要だったりします。今後もワークマンの「フィールドコア」シリーズから目が離せませんね!

イイ感じのキャンプパパに

これを機に、カッコよく変身してみてはいかがでしょうか。

Keep an eye on FieldCore!

フィールドコアから目が離せない!

Source: CAMP HACK

【1,900円〜で買える】ワークマンの防寒ブーツ4モデルを履き比べ。最終的に購入したのはどれだ!?

アイキャッチ・記事内画像撮影:編集部

ワークマンの靴を履き比べてみました

ワークマン

もうすっかり、キャンパーだけではなく世の中のトレンドとなった「ワークマン」。CAMP HACKでも編集部員が自腹購入し、ヘビロテしている「ジャケット」や「パンツ」を過去にご紹介してきました。

さて今回は、ワークマン記事の第三弾。「靴」について取り上げます。



実は縁があってワークマン社から実物をお借りすることができたので、実際のキャンプでじっくりと検討してきましたよ!

防寒シューズ、4つのラインナップを順番にチェックしていき、ワークマン好き編集部員が購入を決めた個人的No.1アイテムを発表します!

クラシカルデザインがアウトドア好きにハマる!「ラークス」(税込2,900円)



まずは、クラシカルなデザインが特徴の防寒ブーツ「ラークス」。L.L.Beanの名作「ビーンブーツ」にそっくりなブーツです。

昨年モデルから胴体部分がスリムになったということで、フィット感がアップしています。





靴裏は、しっかりとしたグリップが期待できる深い溝。また、アッパー(足の甲の部分)までゴムで覆われているので防水性もよし。具体的には、接地面から5cmまで防水機能があるということで、スノーブーツとしても優秀です。



生地は革っぽい色合いですが、素材はポリウレタン。高品質なレザーを使用し2万円近くするビーンブーツとの大きな違いです。とはいえ2,900円(税込)という破格なので、ここは妥協点ではないでしょうか。

ワークマン

カラーは写真の通り2種類。冬のキャンプはもちろん、雪道用のシューズとしてもおすすめのアイテムです。

ITEM



ワークマン 防寒ブーツ ラークス
●素材:ポリウレタン・天然ゴム・合成ゴム
●サイズ:M・L・LL・3L
 Mサイズ 24.5〜25.0 cm Lサイズ 25.5〜26.0 cm LLサイズ 26.5〜27.0 cm 3Lサイズ 27.5〜28.0 cm

<!–

–>

中わた入りでポカポカ暖かい!「ケベック」(税込1,900円)



続いてご紹介するのは、ザ・ノース・フェイスのヌプシブーティーに似たデザインの「ケベック」。お値段は驚きの1,900円(税込)です!



靴裏は黒色をベースに中心の真っ赤なカラーがアクセントになっています。ゴツゴツと凹凸になっているので滑り止めとしての効果は期待できそう。

ヌプシブーティーと比べると、ソールの硬さや、タイト目な横幅が気になりますが、そこは目をつぶれる程度。



履き口は、ドローコードで調整することが可能。



先に紹介した「ラークス」の内側がフリース生地であるのに対して、こちらはもこもことした中綿。あくまで個人的な主観ですが、こちらの「ケベック」の方が暖かい印象です。

ワークマン

一点、注意したのはサイズ感。脱ぎ履きの際に指を引っ掛けるようなリングが後ろにないので、小さいサイズだと少し苦労します。

ワークマン

カラーラインナップはこちらの3種類。ただし残念ながら、現在オンラインストアでは完売という状況……!(2018年12月12日現在)

再入荷に期待するか、実店舗で探すしか手はありません。商品の詳細はこちら

タウン使用でも違和感なし!「バケイラ」(税込1,900円)



ミドルカットの2アイテムを紹介したところで、続いてはローカットの防寒シューズを紹介します。

こちらは、シンプルデザインがタウン使いでもフィットしそうな「バケイラ」。



靴裏は、先ほど紹介した「ケベック」と同じ仕様。



肝心の防寒性能については、申し分なし。履いているとじわじわと暖かく、脱ぐと寒さを実感します。こちらは評価できるポイントです。



ドローコードでキュッと閉めることができるので、少しアクティブな動きにも対応できます。

ワークマン

カラーは、カモ柄とブラックの2種類。ブラックならどんな服装のコーディネートにも良さそうですね!

ITEM



ワークマン 防寒ブーツ バケイラ
●素材:ナイロン・ポリウレタン・EVA・合成ゴム
●サイズ:M・L・LL・3L
 Mサイズ 24.5〜25.0 cm Lサイズ 25.5〜26.0 cm LLサイズ 26.5〜27.0 cm 3Lサイズ 27.5〜28.0 cm

<!–

–>

脱ぎ履き楽ちん!「ウィスラー」(税込1,900円)



最後にご紹介するのは、ドローコードなども一切なく超がつくほどシンプルな「ウィスラー」。



真上から見ると、そのシンプルさがより一層分かりますね。



靴裏は、「ケベック」「バケイラ」と同じです。



今までご紹介したシューズと大きく違うのが、かかとが踏めるという点。運転時のシューズや、室内履きとしても重宝しそうです。

ワークマン

こちらのカラーナインナップは、ブラックとリアルツリー柄の2種類! 

ITEM



ワークマン 防寒シューズ ウィスラー
●素材:クロ:ナイロン・ポリウレタン・EVA・合成ゴム リアルツリー:ポリエステル・ポリウレタン・EVA・合成ゴム
●サイズ:M・L・LL・3L
 Mサイズ 24.5〜25.0 cm Lサイズ 25.5〜26.0 cm LLサイズ 26.5〜27.0 cm 3Lサイズ 27.5〜28.0 cm

<!–

–>

これに決めました!

ワークマン

さて、それでは最後に編集部員が購入したアイテムの発表です!

最後に紹介した「ウィスラー」を購入!



購入を決めたのは、脱ぎ履きが楽な「ウィスラー」のリアルツリー柄! 「なぜ急に室内の画像?」と思われた方もいるかもしれませんが、実はこれが購入の決め手になった一つ。

前述したようにかかとを潰して履けるこのシューズは、オフィスでの普段使いとも相性抜群! アウトドアだけでなく、日常でも使える利便性に物欲を刺激されました。

ワークマン

この脱ぎ履きが楽というメリットは、キャンプ中でも本領を発揮。テントの出入りにとても役立ちました。かかとまでしっかり履けばアクティブな作業もできますし、この2面性はストレスフリーそのもの。

こうしてお気に入りの一足を見つけた編集部員でしたが、このキャンプ中に失敗を侵してしまいました……!

ワークマン

焚き火中にいつの間にか火の粉が飛び、穴を空けてしまったんです……。あまり目立たない柄ではありますが、後悔先に立たず。どんな靴も同じですが、みなさんも火の粉には十分にご注意ください。

次は、ダウンに注目中!

ワークマン

ワークマンの防寒シューズ、欲しいと思うアイテムはありましたか? 残念ながら、一部売り切れのアイテムもありました。他のアイテムも在庫がいつまでもあるとは限りません。売り切れ前に早めの購入をおすすめします!

また、次なるワークマンアイテムは「ダウン」を模索中。こちらも購入したらまたご報告します!

ワークマンのジャケットとパンツの記事はこちら

冒頭にも紹介したジャケットとパンツの購入レビュー記事もぜひチェックしてみてください!

Workman’s shoes seems to be able to survive in winter as well! 

ワークマンの靴で冬も乗り切れそう!

Source: CAMP HACK

ワークマンで見つけた美シルエットの機能パンツ!お値段、驚きの3,900円(税込み)

アイキャッチ画像撮影:編集部

再び、ワークマンでGETしました!

ワークマンのジャケット

撮影:編集部

以前、多くの読者に反響を頂いたワークマンの記事。激安なのに、見た目もオシャレ。さらに機能面もバッチリというジャケットをご紹介しました。

さて、今回はパンツを探しに再びワークマンへ。そして出会ってしまいました。最高の一着に。

ワークマン

撮影:編集部

それがこちら! アウトドアライクな美シルエットのパンツ! すでに購入から2週間が経ちましたが、キャンプはもちろん普段着としてヘビロテ中のパンツです。

それでは早速、その詳細をチェックしていきましょう。

その名は寅壱「カーゴジョガーパンツ」

ワークマン

撮影:編集部

こちらのパンツ、名前を寅壱「カーゴジョガーパンツ」といいます。寅壱は、岡山県倉敷に本社を置く作業着ブランドのメーカー。

いい意味で男臭く、建設業や土木業の職人さんの中では有名なブランドです。

シルエット良し

ワークマン

撮影:編集部

ジョガーパンツの特徴は、写真のように、裾がリブやゴム仕様になっている点です。寅壱のジョガーパンツもしっかりと足首にフィットする仕様。

裾にかけて細くなっていることが美シルエットのポイントなんですね。

ワークマン

撮影:編集部

さらに、ひざ周りの裁縫が立体的な作りになっている点もアウトドア好きに響きます!

履き心地良し

ワークマン

撮影:編集部

ジョガーパンツのもう一つの特徴がストレッチ性のある素材を使っている点。もともとはジョギングする人(jogger)のために考えられた作りなんです。

もちろん、寅壱のジョガーパンツもストレスゼロの履き心地!

細かい部分をチェック!

ワークマン

撮影:編集部

細かい仕様を見て行きましょう。こちらの写真はサイドポケット。マジックテープで止める仕様になっています。

ワークマン

撮影:編集部

前方のベルト部分にはリングがついています。作業をする人のために考えられたポイントですね!

キャンプではカラビナと合わせて、作業用グローブなどを吊るしておくと便利かもしれません。

残念ポイント:後ろポケットが少し浅め

ワークマン

撮影:編集部

個人的な残念ポイントを一つ上げるとすると、後ろのポケットが少し浅い点。筆者は無印の長財布を永年愛用しているのですが、ポケットから半分近くはみ出してしまい、落ちてしまいそうで心配。

経年変化するヌメ革素材が好きで愛用しているのですが、今後はコンパクト財布も検討したいですね。

ワークマン以外でも購入可能!

少し話が脱線してしまいましたが、このパンツはご紹介したように「寅壱」というアパレルメーカーのアイテム。そのため、ワークマンじゃなくても手に入れることができます!

お近くに「作業服のお店」があれば、少し立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

ITEM



寅壱 カーゴジョガーパンツ(春夏用)
●素 材:綿97%・ポリウレタン3%
●カラー クロ/濃コン/OD

<!–

–>

<!–
最安価格

2,980円

–>

ちなみに上下ワークマンでした!

ワークマン

撮影:編集部

実は、このジャケットもワークマンでGET! こちらは、ワークマンのオリジナルブランド「フィールドコア」から発売されているアイテム。早速チェックしていきましょう!

1,900円の激安ジャケット!

ワークマン

撮影:編集部

こちらのジャケットの名称、「ユーティリティーMA65タイプジャケット」といい、お値段はなんと1,900円(税込み)!

2018年の新作。限定生産モデルということ。

slider image

slider image

slider image

slider image

{“pagination”:”true”,”pagination_type”:”bullets”,”autoplay”:”true”,”autoplay_speed”:”3000″,”direction”:”horizontal”,”auto_stop”:”false”,”speed”:”300″,”animation”:”slide”,”vertical_height”:””,”autoheight”:”false”,”space_between”:”0″,”loop”:”true”}


カラーは写真のゴールドキャメルの他、アーミーグリーン、ブラック、アッシュグレーの全4色から選べます。

裏はメッシュ

ワークマン

撮影:編集部

さて、細かい仕様を見ていきましょう! ジャケットの裏側は写真のようにメッシュ素材になっており、着心地良し。

撥水加工

ワークマン

撮影:編集部

撥水加工されたテフロン加工の生地は、この通り、雨を弾いてくれます! 泥汚れなんかにも強いそうですよ。

コンパクト

ワークマン

撮影:編集部

収納袋も付属しています。500mlペットボトルより一回り大きいぐらいのサイズ感。

残念ポイント:フード裏のマジックテープ

ワークマン

撮影:編集部

フードは収納できるようになっているのですが、いざ、フードを被ろうとすると、首裏のマジックテープ部分が目立ってしまいます。こちらの仕様は少し残念。

ただ、フードを被るタイミングは、急な雨の時ぐらいですので、普段はそこまで気になりませんね。

MA-1タイプもあるぞ!

slider image

slider image

slider image

slider image

{“pagination”:”true”,”pagination_type”:”bullets”,”autoplay”:”true”,”autoplay_speed”:”3000″,”direction”:”horizontal”,”auto_stop”:”false”,”speed”:”300″,”animation”:”slide”,”vertical_height”:””,”autoheight”:”false”,”space_between”:”0″,”loop”:”true”}


さらに、形違いでMA-1タイプも! お値段も同じく1,900円(税込み)! こちらもタウンで着れるデザイン性。どちらにするか迷ってしまいますが、両タイプ購入しても4,000円以下という凄さ!

購入は、ワークマン限定!

先に記述している通り、ご紹介したのはワークマンのオリジナルブランド「フィールドコア」の製品。気になる方は、ワークマンへ!

ITEM



ワークマン フィールドコア ユーティリティM65タイプジャケット
素材:ブラック・ゴールドキャメル・アーミーグリーン:ナイロン100% 、アッシュグレー:ポリエステル100%

<!–

–>

<!–
最安価格

1,900円

–>

ITEM



ワークマン フィールドコア ユーティリティMA-1タイプジャケット
素材:ブラック・ゴールドキャメル・アーミーグリーン:ナイロン100% 、アッシュグレー:ポリエステル100%

<!–

–>

<!–
最安価格

1,900円

–>

次は何買おう?

完全にハマっています。ワークマン。

前回のジャケットに続き、今回はパンツまで購入してしまいました。次はシューズですね。どうやら冬に履ける暖かシューズが新発売されるという情報もあるので、今後リサーチの予定です。

あなたも、「ワークマンコーディネート」にぜひトライしてみてくださいね!

ちょっとスリムに見える着こなしテクニックはこちら

今回のような1枚シャツを羽織る場合は、着こなし方によってスリムに見える裏技的テクニックもありますよ。

The workman’s pants is COSPA high!
ワークマンのパンツはコスパ高し

Source: CAMP HACK