冬キャンプ

大本命の薪ストーブはやっぱり「G-STOVE」!オプションもかなり魅力的

※記事内では幕体の中でストーブを利用するシーンがございますが、基本的に幕内は火気使用厳禁です。やむを得ず幕内に持ち込む際は換気などに十分にご注意ください。
アイキャッチ画像出典:Instagram by @osugyun

ノルウェー発の薪ストーブ「G-STOVE」

スタイリッシュでコンパクト性に優れたノルウェー発の薪ストーブ「G-STOVE HEAT VIEW」。ステンレス製で錆に強く、1,000℃まで耐える事のできるポータブル薪ストーブの一種です。

keisukeさん(@bbksk)がシェアした投稿 – 11月 5, 2017 at 4:42午前 PST

「G-STOVE」という名前はなんとなく知っているけど細かいことは知らない、という人も多いのでは? 今回はこのストーブの魅力についてご説明します。他のストーブから乗り換える人も多いほど、近年注目を浴びているギアなんですよ。

こんな口コミが。ポータブル薪ストーブとしてはNO.1かも?

薪ストーブはなかなか完璧な物は無いのかもしれません。
軽い、丈夫、錆びない、安定感が良い、窓ガラスが突いている、熱量が高い等すべてを満たしている物があればおそらく10万越えに・・・・。(中略)
その中でも、本製品は優れていると思います。
ガンガン薪を焚べて燃やすと煙突も真っ赤になりかなりの高温になります。煙突は、若干の煤こそありましたが煤の塊やタールの付着など皆無でした。
「G-Stove Heat View」は、ポータブル薪ストーブとしてはNO.1だと思います。(出典:Amazon

薪ストーブに手こずりたくない人にこそオススメしたい一台。それでは、気になるその魅力と購入前に知っておきたい注意点などご紹介します。

「G-STOVE」の魅力ポイント

重厚感あるステンレス製のデザインが美しい

Gstoveさん(@gstove)がシェアした投稿 – 12月 6, 2017 at 9:27午前 PST

まずなによりもカッコイイ! 重厚感あるステンレス製のデザインが美しく、存在感も抜群。パワフルながらもコンパクトなのでテント内でも邪魔になりません。

煙突がすべて本体内部に納まる!

g-stove

出典:PAL SHOP

煙突は全部で6本あり、全て本体内部に納めて収納する事が可能。さらに煙突蓋と灰落とし用スクレーパーも入るため、かなりコンパクトに持ち運ぶ事ができます。

網の上に薪をくべるシステムで燃焼効率バツグン

g-stove

出典:PAL SHOP

火格子が2枚付いており、1枚おくだけでストーブ内により多くの空気を入れる事ができます。もう1枚おく事でピザやトーストなどを楽しむ使い方ができます。

炎が見える耐熱ガラス

Gstoveさん(@gstove)がシェアした投稿 – 8月 7, 2017 at 5:40午前 PDT

これがある事で雰囲気もグッと上がり、炎の明るさで身も心も暖まりますよね。調理中も焼き具合などが見えるので、窓はあった方が断然便利です。ただ、そのせいで価格は上がってしまいますが……。

肝心の性能は?暖かいの?

おすぎゅんさん(@osugyun)がシェアした投稿 – 11月 5, 2017 at 4:59午後 PST

魅力が十分に伝わったところで、肝心の性能や暖かさについて、ユーザーさんの口コミを参考にご紹介します。

雑に着火させて広葉樹を入れても轟々と燃えます。
ダンパーと扉の吸気を調整して燃え方と温度を微調整できるので薪の節約も可能。吸排気をフルオープンにして薪をマックスにいれると煙突まで真っ赤になります。
そのぐらい燃やすと外が5度以下でもテント内は半袖でokなぐらいに。(出典:Amazon

これは良い!簡単に火がつき、火力は申し分無し。効率が良い分薪の消費が早く、こまめに補充が必要なのが面倒で星4つ。コンパクトに収まり、軽量な設計は十分満足できるもの、冬のキャンプには必須アイテムです。(出典:Amazon

火つけは薪二本並べて間に梱包用の藁半紙をまるめ、上に焚き付けをばらまいただけだったが、一発で火が付いた。火つけに関しては非常に楽だった。
薪もいつもは二本づつ投入しているが、今回は一本づつにしてみたが、火勢がが弱まる気配もなく火力は十分なままだった。(広葉樹の薪、一本30分毎追加)
吸排気を絞り気味にすれば薪一本で30分以上持つので非常に経済的。(出典:Amazon

なるほど、火付けは充分過ぎるほどいいみたいですね。小型のポータブル薪ストーブですが、パワーについてはまったく問題なさそうです。

では次に、購入する前に知っておきたい注意点や気になることについてまとめました。

【購入前にチェック】注意点・気になること

熱対策をしっかりしてテントへのダメージを減らそう

燃焼率が良い分、火の粉が舞い、実際にテントに穴を開けてしまったという実例もあります。テントにコットン生地を被せたり、煙突に耐熱材を巻いて温度を抑えるなど、熱対策をしっかり考える事が大事です。

そのまま入る薪の長さは40cm程度まで

本体に入る薪の長さは約40cm。サイズアップしたXLモデルについては約50cmです。太さなども考えながら焚べると良いでしょう。

煙突が「焼き付き」を起こしてしまって、煙突が外れにくいことも

ステンレス製のため焼き付けを起こしてしまい、なかなか煙突が外れにくいこともあります。そんな時は「焼き付き防止潤滑剤」を少量結合部分に塗るだけで、超簡単に煙突同士が外れるようになりますよ。

ITEM

LOCTITE 焼き付き防止潤滑剤
●内容量 : 28g
●高耐熱性:982℃

今使っているテントの高さを考えて、延長する煙突を追加しよう

本体セット以外にも煙突部分のみオプション販売しているので、自身の愛用テントに合わせて長さを調整しましょう。

煙突を「横引き」する場合

テントになるべく穴を開けたくない方や幕内のレイアウトを自由にしたい方に人気なのが「横引き」です。その場合専用のL字型煙突が必要になるのでご注意下さい。また燃焼効率の問題により、横引きする際は必ず、「横」より「縦」の煙突の方が長く設定する必要があります。

地面へのダメージ

一点注意必要なのは、標準セットに付属の脚が短く(約10cmくらい)また本体が高温になるため、地面が草地の場合は草の保護が必要。
日本では発売されていないようですが、私は延長脚(約30cm)をノルウエー本社から直接購入し対策しました。
大変優れた薪ストーブと思います。(出典:Amazon

地面を守る対策も必要になってきます。オンラインでは専用の防火マットが販売されているので、同時購入がオススメです。

脚はペグで固定しておくと安心

軽量コンパクトなのは時に転倒しやすいという不安な要素にも。もし突風やちょっとした衝突でも倒れてしまう可能性は充分にありえます。安全確保のためにも、脚部分をペグで固定しておくほうが安心して使えます。

G-STOVEのオプションなど、ラインナップ

オプションも充実しているのが魅力のG-STOVE。特に「ウォーターヒーター」などは薪ストーブを使いながらお湯を効率的に沸かしてくれるので、とても便利ですよ。G-STOVE利用者の特権のようなアイテムです。

【G-Stove 本体】

出典:Amazon

出典:Amazon

暖をとる以外にも調理や保温など様々な活躍を見せてくれる薪ストーブ。手に入れたら冬キャンプのマストアイテムにきっとなってくれるはず。気になるのは価格と自分のテントに合うかどうかですね。

ITEM

G-Stove Heat View 本体セット
最大サイズ:(約)横42×奥行42×高さ236cm
質量:約10kg
素材:ステンレス

【G-Stove 専用 スパークアレスター】

煙突の最先端部に装着する事で、火花の飛散を軽減します。

ITEM

G-Stove 専用 スパークアレスター
サイズ:(約)直径6.3×高さ23cm
質量:約210g
素材:ステンレス

【G-Stove 専用 ウォーターヒーター】

本体の上にのせれば3Lものお湯が沸かせるウォーターヒーター。下部の蛇口がポイントをひねるだけでお湯を出せるというところがポイントです!

ITEM

G-Stove 専用 ウォーターヒーター
サイズ:(約)横18×奥行14.5×高さ16.5cm
質量:約1.5kg
素材:ステンレス

【G-Stove 専用 テントプロテクター】

二重煙突構造により、煙突熱からテントを守ります。

ITEM

G-Stove 薪ストーブ専用 テントプロテクター
サイズ:36cm
直径:10cm
材質:ステンレス

【G-Stove 専用 防火マット】

耐熱温度500℃のマットを下に敷けば、火を扱うアウトドアシーンでも安心安全です。

ITEM

G-Stove専用 防火マット
サイズ:(約)横100×縦50cm
質量:約640g
素材:ファイバーグラス製生地

サイズアップした「G-STOVE HEAT VIEW XL」もあります

g-stove

出典:PAL SHOP

従来の「G-STOVE HEAT VIEW」をサイズアップしたモデル。本体を10cm長く設計し、長い薪も入れやすくなっています。本体付属の煙突も従来のものに比べ長い設計となっています。

ITEM

G-STOVE HEAT VIEW XL
サイズ:22×50×20cm(煙突含む:261cm)
重量:本体8.4kg、付属品:2.9kg
素材:ステンレススチール、耐熱ガラス

冬キャンプの救世主「G-STOVE」

keisukeさん(@bbksk)がシェアした投稿 – 11月 10, 2017 at 4:35午前 PST

デザインと機能性を兼ね揃えた冬キャンプの救世主「G-STOVE」。暖を取る以外にも焼いたり煮たり炎に癒されたり、心も身体も暖かく満たしてくれる一台です。

初心者からベテランまで、多くの方を魅了する薪ストーブ、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

コンパクトなポータブル薪ストーブの記事はこちら

是非G=STOVEと比べてみては?

Winter camp’s savior “G-STOVE

冬キャンプの救世主「G-STOVE

Source: CAMP HACK

冬シーズン『だから』こそ訪れたい、魅力が加速するキャンプ場6選

冬こそ行くべきキャンプ場を厳選

「冬キャンプ」と聞くと、寒さへの心配ばかりが先に立ち、興味はあるものの行動にうつせない方も多いのではないでしょうか。そこで、不安要素ではなく「冬キャンプだからできる楽しみ方」に注目してみましょう。

ao2

実は冬キャンプにはメリットがたくさん。たとえば利用者が少ないことから施設料が割引になるところや、憧れの薪ストーブをレンタルできるキャンプ場も。

温泉も楽しめる施設など、むしろ冬だから行きたいおすすめキャンプ場をピックアップしてみました!

シーズンオフ割引があるキャンプ場

スノーピーク ヘッドクォーターズ キャンプフィールド(新潟県)

sp

キャンプメーカーの老舗・スノーピークの手がけるキャンプ場。手入れの行き届いた気持ちの良い芝生は、冬には白銀の世界に変わります。

オンシーズンは大人一人当たり1,500円の利用料がかかるところ、オフシーズンは一人あたり1,000円(税込)に!※その他積雪期、一組あたりサイト整備費用が514円(税込)かかります。

14656325_1210549822351739_8222268811400265718_n

手ぶらキャンププランやテント・ファニチャーセットなど、各種スノーピーク製品のレンタルも大充実。お安く行けるこの冬に、気になっていたアイテムを試してみるのもアリですね!

住所:新潟県三条市中野原456
詳しくはこちら

利用料金が半額に! 日川浜オートキャンプ場(茨城県)

hikawahama

夏は隣接している海水浴場の利用客でにぎわう、日川浜キャンプ場。海岸線から昇る日の出が冬はひときわ美しく、これを見るために年末年始に訪れる人も多い人気スポットです。

hikawahama2

「ウェルカムキャンプの日」として、2018年2月1日~28日まで、なんと全施設の利用料金が半額に! 冬の海キャンプを堪能した後は、車で5分の温泉施設でほっこり暖まることもできますよ。

住所:茨城県神栖市日川2036-124
詳しくはこちら

薪ストーブレンタルがあるキャンプ場

防寒アイテムが充実 有野実苑オートキャンプ場(千葉県)

arinomien1

関東近郊からもアクセスしやすい、千葉県の人気キャンプ場。レストランやプールまで揃う高規格キャンプ場で、初心者の冬キャンプも安心です。

薪ストーブは2,000円で借りられるほか、電気毛布や湯たんぽなど防寒アイテムのレンタルも充実!

arinomien2

冬は設営に時間をかけず身軽にキャンプしたいという方は、モーターホームプールサイトを利用することもできます。すべてのサイトに水道・電源完備なので、冬も安心して過ごせますね。

住所:千葉県山武市板中新田224
詳しくはこちら

1,000円レンタル可能! 赤城山オートキャンプ場(群馬県)

akagi1

出典:なっぷ

群馬県の赤城南麓地域にあるキャンプ場。場内にはターザンロープにちびっこ基地などアスレチックもあり、子供も大満足! 「複数家族サイト」もあるので、大人数での利用も可能です。

薪ストーブのレンタルは、なんと1,000円! これは利用しやすいですね。

akagi2

名物のハロウィンフェスタやニューイヤーキャンプなど、年間通して様々なイベントが催されています。この機会にそば打ちや餅つきなど、お正月ならではのアクティビティにチャレンジしてみるのも楽しそうです。

住所:群馬県前橋市三夜沢町425-1
詳しくはこちら

場内に温泉施設があるキャンプ場

露天風呂まで完備! ならここの里キャンプ場(静岡県)

narakoko1

森と清流に囲まれ、山間の豊かな自然を肌で感じられるキャンプ場。一般・区画サイトの他バンガローに食堂まであり、旅行気分で気軽に利用しやすい施設です。

源泉100%の温泉が楽しめる「ならここの湯」は、内湯と露天風呂の二種類。キャンプエリアと同じ施設内にあるため、車で移動する手間がないのは寒い冬はよりありがたいですね。

住所:静岡県掛川市居尻179
詳しくはこちら

場内で焼いた木炭入りのお風呂付 青川峡キャンピングパーク(三重県)

ao1

鈴鹿山脈に囲まれた青川峡。訪れた利用者に豊かな自然に触れてもらうため、農業体験「たんぼの楽校」や焚き火について学ぶ「自然塾」などイベントプログラムも充実しています。

cent6

売店やレンタルルームが揃うセンターハウス内には、お風呂があります。場内で焼いた木炭入りで、寒い冬も体の芯から暖まれますよ。

住所:三重県いなべ市北勢町新町614
詳しくはこちら

冬ならではのキャンプを楽しもう!

12764359_857675454379263_3650422260421298090_o

冬キャンプは、必ずしも豪雪の中寒さに耐えるものではありません。しっかり暖を取りながら、冬なら冬の楽しみ方を満喫しちゃいましょう!

冬キャンプの楽しみ「温泉」

温泉が楽しめる全国のキャンプ場を大特集。この冬旅行気分でフラリと出かけたいキャンプ場は、ここから検索&予約!

キャンプ場検索・予約サイト「なっぷ」

Let’s Go Camping Rather Winter!

冬だからこそキャンプへ行こう!

Source: CAMP HACK

【実際に使ってみた】まるでランタンのようなフォルムのトヨトミ石油ストーブ

アイキャッチ画像撮影:筆者

トヨトミ「フェイバークラス」を購入!

トヨトミフェイバークラス

ランタン調のデザインに温かみのある炎がスモークガラスに浮かび上がり、見ているだけでも癒されるトヨトミストーブの新シリーズ「フェイバークラス」。

スタイリッシュかつレトロなデザインに魅了され、冬キャンプに向け購入! 早速キャンプで使ってみたので、レビューしていきます。

ストーブとしての実力

石油ストーブの中でも手頃な価格で扱いやすく、コストパフォーマンスが良いと人気のトヨトミのストーブ。実際に使ってみて気付いた魅力をご紹介します!

外との温度差は10度以上!

トヨトミストーブ

撮影:筆者

11月中旬に使用してみたら、道志の森キャンプ場での外の気温は8度。ストーブを使用した幕内は、19度と10度以上の差がありました! 幕内ではヒートテック+長袖シャツ+ストールという服装でも過ごしやすいほど。

炎も明るすぎず心地の良い明るさなので、身も心もとても暖かくなります。

簡単な調理も可能

トヨトミストーブ

撮影:筆者

天板の幅は約15.5cmあるので、鍋やスキレットなどを置いて調理が可能です。この日は今やキャンプ料理の定番となっている「おでん」をアツアツのまま楽しむことができました。

幕内で使用する際は、ケトルを置いておくとお湯を沸かしながら加湿もしてくれるので一石二鳥。

約20時間燃焼

トヨトミストーブ

撮影:筆者

灯油を満タンに入れて17時頃から着け始めたところ、翌日のお昼頃までずっとついていました。常にお湯ができている状態で大活躍!

お洒落な見た目だけでなく、燃費の良さも大変気に入っています。

点火の方法

ストーブデビューの人もこれなら安心! 誰でも簡単にできる点火作業です。実際に点火した時の写真とともにやり方をご紹介します。

※ご使用の際は必ず「取扱説明書」をよく読み正しく使用してください。

給油口に灯油を入れる

トヨトミストーブ

撮影:筆者

直径約2.5cm程の給油口に、灯油ポンプやファネル(漏斗)などで灯油を入れます。その時、油量系を確認しながら「満」の位置まで給油しますが、「危」の位置まで入れ過ぎてこぼれてしまった場合はよくふき取るよう注意してください。

また、使い始めやしんの手入れ後は、しんに充分灯油がなじむよう、給油してから20分程待ってから点火しましょう。

火元の代わりに単2電池を使用

トヨトミストーブ

撮影:筆者

市販の単二形乾電池(2個)を取り付けることで電池点火が可能! 火元不要で簡単に点火することができます。

万が一電池点火が使えない場合でも、マッチやチャッカマンなどで直接点火することもできます。

点火!

トヨトミストーブ

撮影:筆者

中央のつまみを「燃焼」の方向へゆっくり止まるまで回します。そして右の点火レバーをゆっくりと押し下げると……
トヨトミストーブ

撮影:筆者

着火! はじめは「ポッポッ」という音とともに火がゆらゆらしていますが、1〜2分程で炎が安定し音もなくなります。

正面の扉を開けると1本の外炎筒つまみがあります。これを2〜3回動かし正しくセットされているか確認し扉を閉めればOK。

ちなみに電池点火が使えなかった場合、この外炎筒つまみを持ち上げてしんに直接火をつけます。

積載方法や収納ケースの工夫!

ランタン調の笠部分は取り外しが出来ないため、車の中では少々場所をとります。さらに収納ケースもついていません。そこで我が家の積載方法をご紹介します。

アウターを着せて助手席

トヨトミストーブ

撮影:筆者

最初ストーブが入っていたダンボールに入れて積もうとしたら、大きすぎて他のギアが入らず……。そこでレディースアウター(M)を被せてジッパーを締めると、これがぴったり! 意外とこれ使えます。

我が家ではこのまま助手席にのせ、シートベルトで固定し運んでいます。

その後、収納ケースを発見!

アウター以外の収納方法を探していたところ、100円ショップに売っているランドリーケースがなんとシンデレラフィット!

隙間部分はタオルや衣類でカバーすれば安全に運べて、収納としても使えて便利です。

ITEM

トヨトミ 対流型石油ストーブ フェイバークラス
●暖房出力:2.50kW〜1.25kW
●コンクリート9畳 木造7畳
●油タンク:4.9L
●寸法:高さ485.7×幅388×奥行388(mm)
●質量:約6.2kg
●乾電池:単2(2本)

なかなかキャンプに行けないので、家で使ってしまっています。木造17畳のリビングですが十分温まります。インテリアとしても雰囲気が良く、妻も気に入ってます。

ITEM

トヨトミ 対流型石油ストーブ レッド
●暖房出力:2.50kW〜1.25kW
●コンクリート9畳 木造7畳
●油タンク:4.9L
●寸法:高さ485×幅388×奥行388(mm)
●質量:約6.4kg
●乾電池:単2(2本)

停電になった時に備えて、電気を使用しないストーブを購入する事にしました。
最初、アラジンも検討しましたが、メンテナンス性等も考え
こちらの商品を選択しました。
部屋の雰囲気にも、趣味の登山にもマッチし、非常に大満足です。
ゆらゆらと揺れる炎を見ると癒されます。

最後に使用する際の注意点をご紹介します。

使用上、気を付けていること

子供達とキャンプへ行くことが多いため、使用時は特に気を付けています。少しの気のゆるみが大惨事に繋がるので、充分に注意してくださいね。

小さい子供の手が届かないようにする

toyotomi7894

撮影:筆者

ストーブの周りにテーブルを置いて遠ざけたり、テーブルの上にストーブを置いて調理中の鍋やケトルに触れないようにしています。ストーブガードを使うのも有効ですね。

テント内では必ず換気を行う

フロントとバックのウィンドウは常にメッシュ状態に、たまにフロントドアを開けて換気を行うようにしています。

この状態で一酸化炭素警報機がなったことはなく、大人も子どもも気分が悪いと感じたことは今のところありません。

ITEM

一酸化炭素アラーム警報機
●単三乾電池×3(別売り)
●サイズ:10×4cm

冬キャンプでテントに薪ストーブをインストールする為の安全対策用です。電池をセットすればオッケイです。テストは薪ストーブの排煙で行いました。かなりの音量でした。

家でも外でもお洒落なストーブ

トヨトミストーブの新シリーズ「フェイバークラス」の魅力は伝わりましたでしょうか?

センスの良いマットな色合いとランタンのフォルムが、どんなインテリアにもマッチするお洒落なストーブ。安心で快適な冬キャンプを過ごすならオススメの一台です。

冬キャンプは荷物が増えがちですね。

上手に積載するにはどうしたらいいの? そんな方は他のキャンパーの積載術を参考にしましょう!

Toyotomi stove that is stylish at home and outside
家でも外でもお洒落なトヨトミストーブ

Source: CAMP HACK

巷で話題沸騰中!今、注目すべき人気薪ストーブ「アネヴェイ」の魅力

※記事中では幕内で商品を使用しているシーンがございますが、幕内では火器厳禁です。やむを得ず持ち込む際は換気に十分気を付けましょう。

アイキャッチ画像出典:Instagram by @anevay_stoves

イギリス発のブランド「アネヴェイ」って?

2003年イギリスで設立されたキャンプブランド「アネヴェイ(ANEVAY)」。ブランドを代表する「フロンティアストーブ」は、災害現場の厳しい環境下でも動作するような、ポータブルストーブを設計する事から生まれました。

実用性はもちろん、スタイリッシュなデザインも支持され、じわじわと人気が高まってるブランドです!

こんな人におすすめ!

・今年の冬は薪スト―ブを導入したい人
・コンパクトな薪ストーブが欲しい人
・イギリスに憧れのある人

重さわずか3kgの「ホライズンストーブ」

ホライズンストーブは持ち運びができる、ロケットストーブです。ほんの一握りの燃料で、数秒後に調理の準備ができるほど、非常に効率的。さらに重さはなんとわずか3kg!

女性にも扱いやすく、初めての薪ストーブにもおすすめな一台です。

外側のゲージで火傷を対策!

外側のゲージ部分は熱くなりにくく、火傷対策にもなるので安心です。頑丈かつ軽量なので、持ち運びにも便利。

ビビットなオレンジカラーで見た目も美しく、サイトのテンションも上がること間違いなしです。

燃費良く調理が可能

ガス化技術を使用することで、少ない薪でも簡単に調理が可能です。天板は安定した作りなっており、やかんを置いてお湯を沸かしたり、大きめのフライパンで料理をする事ができます。

さらに串や枝にマシュマロなどをさして炙り焼きも楽しめます。

テント内では使用できないので注意!

ホライズンストーブには煙突がありません。そのためテント内での使用に向いていません。

一酸化炭素中毒を引き起こし、大変危険なので、必ず屋外で使用するよう、注意しましょう。

分解できないので注意!

もともと小さいつくりなため、分解はできません。軽量なのでそのまま持ち運びができるよう、専用のキャリーバックも別売りで販売しています。

こちらは持ち運びに便利なストラップと持ち手が付いた頑丈なケースなので、同時に用意すると良いでしょう。

アネヴェイを象徴する薪ストーブが進化した!「フロンティアストーブプラス」

太い煙突でスタイリッシュなデザインが特徴的な「フロンティアストーブプラス」!

従来モデルからよりパワーアップしたプラスの魅力を紹介します。

煙突が太くなり、熱効率アップ!

写真右が従来モデルで、写真左がプラス。パッと見てもわかるように、プラスは煙突の太さは約40mmアップの101.6mm。

他社製品の多くが約60~75mmなので、比べてもかなり大きめ。煙突が太くなった分、熱効率も上がりました。

窓から炎のゆらぎを楽しめる

プラスには入口部分に小窓が付いているので、こうして炎のゆらぎを楽しむことができます。

ぼーっと炎を眺めて、気付いたらウトウト……なんていう癒しの時間も最高ですね。

ポータブルとはいえ、重いので注意!

煙突はストーブ内にコンパクト収納でき、別売りのキャリーバックに入れて持ち運ぶことが可能です。

しかしながら重さは約16kgと、それなりに重いので注意して下さい。

冬キャンプの新定番!

森や山、砂浜などアクティビティのおともに最適な「ホライズン」、小窓から炎のゆらぎも楽しめる「フロンティアストーブ」。

どちらもサイトに映えるスタイリッシュなデザインで機能性も抜群! 薪ストーブが初めてな方でも扱いやすいので、今年の冬はアネヴェイで薪ストーブデビューをしてみませんか。

導入したらどんなサイトにするかワクワクしますね!

実際に薪ストーブを導入しているキャンパーを参考にしてみましょう!

Comfortable winter camp with Anevei’s wood stove
アネヴェイの薪ストーブで快適な冬キャンプを

Source: CAMP HACK

【冬キャン10のチェックリスト】安全で快適な冬キャンプにするための注意点って?

アイキャッチ画像出典:Instagram by @ bbksk

そろそろ冬キャンプに備えよう

gaiyou

冬キャンプは、朝晩の氷点下を予想した充分な装備と対策が必要です。特に1~2月の雪中キャンプは、準備不足だと体感的な寒さが辛いだけでなく、命の危険に関わる事態を招きかねません。

img_7326

安全に楽しめるよう早い段階から冬キャンプの注意点を心得て、しっかりと備えておきましょう。

冬キャンプで気をつけるべき「10の注意点」

1.一酸化炭素中毒

From PIXTA

出典:PIXTA

冬キャンプに欠かせない暖房。その暖かさと見た目の雰囲気から石油ストーブなどを持ち込むキャンパーも多いですが、誤った使い方による事故は毎年のように起きています。

幕内ではそもそも火器使用厳禁ですが、持ち込まなければならない状況のときは換気を心がける・警報機を併用するなど、一酸化炭素中毒に充分注意しましょう。一酸化炭素中毒対策について詳しく知りたい方はこちら。

2.火の扱い

熱源の置き方も要注意です。直火OKのサイトでない限り、薪ストーブは地面へのダメージを考慮して脚の長いタイプを選んだり、ブロックなどをかませて直置きはしないこと。また石油ストーブも、雪の上に置くのはNG。熱で徐々に溶けて傾くと、倒れてしまう危険があります。

寒さのあまり焚き火にかじりつきたくなりますが、火の粉がテントや衣服に燃えうつらないようにという基本事項は忘れずに!

3.燃料

soto

春夏とまったく環境が違う冬キャンプは、着火など普段当たり前にできていることがスムーズにいかない場合もあります。それに備えて、燃料のガス缶も冬場はパワフルな寒冷地用にしておくと安心です。

また、ライターやチャッカマンは冷環境だとすぐにつかないことも。使用前に短時間ポケットで暖めておくと、寒い朝もすぐ熱源を確保できます。

4.水の確保

From PIXTA

出典:PIXTA

キャンプ場によっては、冬場は凍結対策で水道が使えないところもあります。念のため、ミネラルウォーターは他のシーズンより多めに持って行くと安心ですよ。

5.路面の凍結対策

From PIXTA

出典:PIXTA

冬キャンプの危険は道中にも。山間部のキャンプ場はもちろん、高速道路も凍っていたりと暖かいシーズンとは路面状況がまったく違います。移動は路面の氷が溶けやすい日中が安全です。

From PIXTA

出典:PIXTA

装備についても、スリップしないようスタッドレスタイヤに替える、もしくは滑り止めチェーンの用意はマストです。

6.テントまわりの凍結対策

kooru

雪の降るキャンプ場、テントは雪まみれになることもあります。この状態で朝を迎えると心配なのが、テント周りの凍結。

ポールのつなぎ目が凍ってショックコードが切れてしまったり、ファスナーが凍って開けられないという危険すぎる事態も避けなくてはなりません。

bousui

出典:編集部

雪離れと凍結対策には、防水スプレーが有効です。雪に埋もれてからでは遅いので、日頃から定期的にスプレーしておくと良いでしょう。

ドアのファスナー部分など、細かい部分も念入りに!

7.雪上の設営

setsuei

雪の上での設営は、いつも以上に安定感を考慮する必要があります。サイト内で過ごしていると熱でテント下の雪が溶けていき、ペグやロープがゆるんでテントやタープがたわんでしまうことも。

そこに強風がきたら、サイトは崩れてしまうかもしれません。

scop

出典:Amazon

安定させるコツは、設営場所の雪をしっかり踏み固めること。就寝エリアは気持ち高めに雪を集めるなど、長時間滞在を見越して設営しましょう。

スコップや、柔らかい場所でもしっかりたてられる雪用ペグがあると安心です。

img_8236

撮影:編集部

また、寝ている間に雪が降り、タープに積もって翌日にタープ崩壊……ということもあるので、冬の天気予報はよくチェックしておくことも重要です。

8.結露対策

img_6152-660x495

出典:403

内外の温度差が激しい冬は、他のシーズン以上にテント内が結露しがち。通気性を上げるために、寝る時も少しだけベンチレーションを開けておくのがおすすめです。

From PIXTA

出典:PIXTA

開けると寒さが心配ですが、たとえば結露でシュラフが濡れて保温機能が落ちたり、テント内でビショビショになって風邪を引くことを考えると「ちょい開け」のほうが得策かもしれません。

テント表面が凍ってしまわないよう、朝・夜露を拭えるワイパーがあると便利です。

9.冷気対策

reiki

地面からの冷気は、おそろしく冷たく過酷です。お座敷スタイル派の方は特に、テント下のマット・シート対策をしっかりとしておくことをおすすめします。

グランドシートに厚手の銀マットを敷き、テント内もカーペットなどでなるべく暖かい床を作りましょう。

10.寝る時

keisukeさん(@bbksk)がシェアした投稿 – 2017 11月 4 1:38午前 PDT

冬キャンプで最も入念に準備しておきたいのが寝るときの装備。もし荷物の量が限られていないのであれば、湯たんぽがあると◎。直火OKのものなら、ストーブの熱で暖められて効率的です。

冬キャンプのシュラフはすっぽりと包まれるマミー型がおすすめです。3シーズン用を活用したいなら、冷気を遮断するためにコットの上に寝袋を敷いたり、服装・カイロなどで工夫を。細かいテクニックはこちらの記事を参考にしてみてください。

ダウンシュラフの場合は、結露による保温効果を下げないために、シュラフカバーがあると効果的です。

安全・快適な冬キャンプを楽しもう!

img_7305

「冬キャンプの注意点ってこんなにあるの!?」と思われるかもしれませんが、冬キャンプは過酷な環境であればあるほど細心の注意が必要です。

通年営業のキャンプ場の中には電源サイトが用意されているところも多いので、上手に活用しながら冬も快適で安全なキャンプを楽しみましょう!

電源サイトという選択肢も

寒さや不便を楽しむのもキャンプですが、身の危険を感じるほどの事態は避けたいもの。快適キャンプにするための、電源サイト活用のススメはこちら

Attention Of The Winter Camping!

冬キャンプの注意点をチェック!

Source: CAMP HACK

ホットワイン簡単レシピ集!電子レンジや安いワインでも本格アレンジ

アイキャッチ画像出典:SUNTRY

寒い季節には「ホットワイン」レシピで体の芯から温まろう

ホットワインはその調理法が簡単なことから一気に広まり、近年は飲食店のみならず家やキャンプなどのアウトドアでも作られている人気の飲み物です。その魅力は「飲みやすさ」「美味しさ」「アレンジのしやすさ」にあります。

簡単ホットワインレシピ

ワインが苦手、アルコールが苦手という方でも飲みやすく、実際にアルコール度数は、そのホットワインの作り方にもよりますが5~7パーセント程度。普通のワインはアルコール度数が、13~15パーセントなのでかなり飲みやすくなっていることが分かりますね。

サングリアと何が違う?

ホットワイン サングリア 違い

出典:SUNTRY

サングリアは赤ワインに小さく切った果物と砂糖やはちみつなどの甘味料を入れて、一晩寝かして作ります。一方ホットワインは、ワインにシナモンやグローブなどのスパイスと甘味料を入れ、火に5分ほどかければすぐ出来てしまうのでより手軽に楽しめます。

ホットワインに向いてるワインってどんなもの?

手ごろな価格の物や飲み残しのワインを使用するのが一般的です。安いワインでもスパイスや甘味料を加えることで美味しく変身させることが出来ます。ホットワイン用にワインを購入する際には渋みが少ない、ライトボディかミディアムボディを選びましょう。

ホットワインレシピ「基本の作り方」

ホットワインレシピ「基本の作り方」

出典:SUNTRY

様々なホットワインレシピがある中で、一番基本的な作り方からご紹介しましょう。作り方はいたって簡単です。

<材料>
赤ワイン 200cc
レモン 1/4個
シナモンスティックやスターアニスなどハーブ類 1本

<作り方>
飾り用にレモンを1枚スライスし、残りは絞ります。全ての材料を小鍋に投入し火にかけます。火加減は沸騰させない程度にゆっくりと温めることがポイントです。材料を全てカップに入れて電子レンジにかけても作ることが出来ます。

★参考 SUNTRY

今人気!電子レンジで簡単ホットワインレシピ

電子レンジで簡単ホットワインレシピ

出典:SUNTRY

もっと手軽にホットワインを作ることができるのが電子レンジで作るホットワイン。コンロを使う必要もなくあっという間に作れるので、色んなレシピをお家で試してみてください。

■電子レンジでつくるときの注意点

ワインを加熱し過ぎると突然吹き出すことがあります。レンジ加熱は途中で温度を確認し、時々かきまぜながら行うことをおすすめします。また、沸騰させてしまうとワインの風味が飛んでしまいますので、この点にも注意が必要です。

一気に本格!ホットワインに合う人気のスパイスは?

ホットワインのスパイス

出典:PIXTA

赤ワインには甘い香りのシナモンやクローブ、少し辛さのあるブラックペッパーなどがよく合います。白ワインにはジンジャーやカルダモン、ローズマリー、アニスなどのシャープな味わいのスパイスがおすすめです。ロゼにはシナモンやブラックペッパーなどが合います。

ホットワイン人気レシピ5種!<赤ワイン>

オレンジジュースさえあれば大丈夫!簡単ホットワインレシピ

オレンジジュースで簡単ホットワインレシピ

スパイスを用意するのはちょっとハードルが高いという方には、まずはオレンジジュースとワインだけで作れる超お手軽ホットワインがおすすめです。混ぜてレンジで2分温めればすぐに出来上がります。

<材料>
オレンジジュース 50ml
赤ワイン 100ml

<作り方>
赤ワインとオレンジジュースを2:1の割合でカップに注ぎ、レンジで2分温めれば出来上がりです。ワインとジュースの割合はお好みで。また、慣れてきたらシナモンなどのスパイスや砂糖を加えて自分だけのレシピを試してみるのもいいですね。

★参考 cookpad

キャンプ・アウトドアに最適!薄切り柑橘類とスパイス、はちみつのホットワイン

薄切り柑橘類とスパイス、はちみつのホットワインレシピ

比較的入手しやすい材料で出来る、アウトドアにもおすすめの本格レシピ。柑橘類とスパイスの組み合わせが絶妙です。少し甘めに作るのがポイント。

<材料>
赤ワイン、オレンジ(スライス)、レモン(スライス)、シナモン、クローブ、はちみつ

<作り方>
鍋にはちみつ以外の材料を入れて火にかけ、沸騰したらすぐに火を止めてはちみつで味を調えればできあがり。

★参考 ボブとアンジー ホットワイン

効能たっぷり5つのスパイスで血行促進をサポート!スパイシーホットワイン

ポリフェノールなど体にいいと言われる赤ワインに、血行や代謝などを促進補助してくれる5つのスパイスを入れたスパイシーで本格派のホットワインです。

<材料>
赤ワイン、トウシキミ(八角)、カルダモン、シナモンパウダー(またはシナモンスティック)、クローブ(ホール)、みじん切りしょうが、メイプルシロップ、皮付きオレンジスライス

<作り方>
赤ワインとトウシキミ(八角)以外の材料と水1カップを鍋に入れて沸騰させます。沸騰したら中火にして煮詰め、その後、赤ワインとトウシキミを入れ弱火で煮れば完成。

黒糖の大人の甘さがクセになる!黒糖シナモンホットワイン

ホットワインとお菓子

出典:ELLE ONLINE

砂糖の変わりに黒糖を入れると、大人っぽい甘みのホットワインに。黒糖もシナモンも体を温める効果大の食材です。

<材料>
赤ワイン、黒糖、シナモン

<作り方>
すべての材料を鍋に入れて火にかけ、黒糖がある程度溶ければ完成です!

★参考 ELLE ONLINE 黒糖シナモンホットワイン

ワインの渋みと紅茶の香りが絶妙にマッチ!赤ワイン&ホットティー

ホットワインとポット

赤ワインと紅茶をミックスしたホットドリンク。赤ワインの渋みと紅茶の香りが融合して飲みやすい!

<材料>
赤ワイン、紅茶、はちみつ

<作り方>
すべての材料を鍋に入れて、煮立たせないように温めるだけ!

★参考 アサヒビール 赤ワイン&ホットティー

ホットワイン人気レシピ4種!<白ワイン>

スパイシーだけどトロリとした味わい!柑橘系白ホットワイン

ホットワインをアレンジした様子

出典 : french-code

しょうがやはちみつ、オレンジの皮などを加えた白ホットワインは体を芯から温めてくれます。スパイシーだけどトロリとした味わいがgood!

<材料>
辛口白ワイン、オレンジ、レモン、しょうがのすりおろし、シナモンスティック、スターアニス(八角)、砂糖、はちみつ

<作り方>

  1. 輪切りにしたオレンジとレモン、しょうが、シナモンスティック、アニス、砂糖を合わせておきます。鍋に白ワインを入れて加熱しはちみつを入れ、沸騰直前に火を止め、合わせておいた材料を加えたら蓋を30ほどしておいたらできあがり。
  2. ★参考 French-code 白ホットワイン

リンゴジュースをプラスして飲みやすさは抜群!

ホットワインにリンゴをいれてアレンジしている様子

出典:エビス

温めた白ワインとリンゴジュースにしょうが、シナモンが入ってぽかぽか効果は抜群です。

<材料>
白ワイン、リンゴジュース、砂糖、はちみつ、シナモンスティック、クローブ、レモンの皮、しょうがのすりおろし

<作り方>
すべての材料を鍋に入れ、弱火で7分温めればOK!

★参考 FOODIES レシピ 白ホットワイン

チューブ生姜で手軽にできる!ジンジャー風味のホット白ワイン

ジンジャー風味のホット白ワインレシピ

温かい白ワインにしょうが独特のきりっとした風味がアクセント。しょうがは体を温める効果もあり、また手軽なチューブタイプを使うので冬キャンプにもぴったりですね。

<材料>
白ワイン、チューブタイプのしょうが、砂糖

<作り方>
白ワインを温め、そこにしょうがと砂糖を加えてよく混ぜればできあがり!

★参考 ヱスビー食品 ジンジャー風味のホット白ワイン

ローズマリーのすっきりした香りが魅力の一杯!

ローズマリーのホットワインレシピ

乾燥ローズマリーをホールで使うホットドリンクは、ローズマリー独特のすっきりとした風味が特徴。フレッシュローズマリーでもできますよ!

<材料>
白ワイン、ローズマリー(ホール)※フレッシュでもOK

<作り方>
鍋に白ワイン、ローズマリーを入れて沸騰しない程度に火にかけます。温まったら30分ほどおき、ローズマリーを茶こしなどでこし、再度温めればOK。

★参考 ヱスビー食品 ホット白ワイン ローズマリー風味

ホットワイン人気レシピ2種!<ロゼワイン>

フルーティな香りがたまらない!紅茶風味の簡単ホットワイン

紅茶風味の簡単ホットワインレシピ

※画像はイメージです

加熱すると苦味が出る甘口のロゼワインは紅茶と合わせることで、苦味が消えフルーティーな味わいに!

<材料>
ロゼワイン、紅茶、はちみつ、シナモンまたはシナモンパウダー

<作り方>
ロゼワインと紅茶を鍋に入れて混ぜ、沸騰する直前に火を消し、はちみつが溶ければできあがり。お好みでシナモンを振りかけていただきましょう!

★参考 STVラジオ 紅茶風味のホットワイン

⑩飲むアップルパイ!?熱々のリンゴジュースをロゼにミックス!

リンゴジュースにロゼ ホットワインレシピ

出典:マドンナR

デザートにもぴったりの一品。ロゼワインとリンゴジュースの相性は抜群です!

<材料>
ロゼワイン、リンゴジュース、はちみつ、シナモンスティック

<作り方>
鍋にロゼワイン以外の材料を入れ、沸騰するくらいまで温め、その中にロゼワインを入れれば完成!

★参考 マドンナR ロゼワインとリンゴジュースのHOTカクテル

おいしいホットワインで、楽しい冬キャンプを!

ホットワインを楽しんでいるカップル

出典 : ACTIVE

寒い季節のキャンプでも、体を芯から温めるホットワインがあれば安心。簡単、おいしく作って、楽しい冬キャンプを過ごしてくださいね。

 

Warm With A Hot Wine Camp!

ホットワインでぽかぽかキャンプを!

Source: CAMP HACK