夏キャンプ

夏に積極活用したい!今年狙い目の”見た目もイケてる“メッシュタープ&インナー7選

アイキャッチ画像出典:Instagram by @anothersky373

夏は、メッシュタープの出番です!

出典:instagram by @minimal_works

夏こそ楽しみたいアウトドアですが、気になるのが暑さ。暑いからと開けておくと虫が入ってしまったり、何かとストレスに晒されがちですね。

そんな季節は、ウォールがメッシュになる”メッシュタープ”の使い時!

夏にメッシュタープがイイのはなぜ?

メッシュタープ使用例1

出典:Instagram by @nc77pn

虫対策の他にも、開放的なオープンタープより雨や風の影響を受けにくいのも大きなメリット。

またプライベートを確保したい人にとっても安心感があるなど、メッシュタープは季節を問わず大いに実用的です。

出典:PIXTA

ですが、中にはどうしても”蚊帳”のイメージが強くて嫌煙している人もいるのでは? 確かにひと昔前はデザイン性がイマイチなものもありましたが、今はイケてるデザインもあるんです!

そこで今回はグループ向けのメッシュタープと、ソロ向けにメッシュインナーも合わせてご紹介。どのシチュエーションにも大活躍するメッシュタープ、その魅力を知れば今後のマストアイテムになるかも!?

【大人数なら】広々使えるメッシュタープ

ミニマルワークス「V House」

出典:Instagram by @enzo01100315

トレンド感あるスクリーンタープといえば、注目は「V House」。韓国のアウトドアブランド・ミニマルワークスの商品で、日本では入手困難ながらすでに使っている方もいるようですね。

出典:instagram by @macnfactory

サイドウォールを跳ね上げれば、壁全面が大きなメッシュ窓に。落ち着いたオリーブカラーも、魅力的です!

国内の店舗ではまず見かけないV Houseは、海外テントを取り扱うセレクトショップなどで購入されている方が多いようですよ。

ニーモ「バグアウト」

ニーモ バグアウト12×12 使用例

黒のメッシュウォールが、大型タープにあらかじめ取り付けられているタイプ。雨や日差しを避けるだけでなく、虫の侵入を防ぎ適度に視界を遮ることでプライバシーも保てます。

木立を使って、ハンモックと一緒に張ることも可能。これなら虫を気にせず浮遊感を楽しめそうです!

ITEM



●サイズ:370×370cm、高さ180〜210cm
●重量:2.8㎏
●素材:75D PUポリエステル/メッシュ
●使用人数:4〜6人
●特記事項:タープポールは別売

<!–

–>

ユニフレーム「REVOメッシュウォールⅡ TAN」

ユニフレーム「REVOメッシュウォールⅡ TAN」

出典:Instagram by @shinchan182471

同じユニフレームの「REVOタープL」など、オープンタープ下に吊り下げて使う「REVOメッシュウォール」。通気性を確保しながらも不快な虫や雨風の侵入を軽減してくれます。

出典:UNIFLAME

内側にはシェードが付いていて、シェルターとしても使用可能。外気をシャットアウトし遮光性も充分で、夜も安心して眠れます。

ITEM



ユニフレーム REVOメッシュウォールⅡ TAN
●使用サイズ:約460cm(入り口から奥の入口まで)×約270cm(幅)×約205(高さ)cm
●収納時サイズ:約70×21×21(高さ)cm
●重量:約5.2kg
●素材:生地部/ポリエステルリップストップ75D、メッシュ部/ポリエステル
●特記事項:メッシュウォール単体での設営はできません。ポール、ペグ、ハンマーは付属していません。

<!–

–>

スランバージャック「ロードハウススクリーンタープ」

スランバージャック ロードハウススクリーンタープ

スクリーンメッシュが付いた、超機能的なカーサイドタープ! 虫をシャットアウトしながら、カーキャンピングや駐車した車の後部で仲間とワイワイ楽しむことができます。

メッシュが不要な時はまくり上げてトグルで止めればOK! 付属のポールを使ってペグダウンすれば設営完了です。

ITEM



スランバージャック ロードハウススクリーンタープ
●使用サイズ:L:429 x W:490 x H:244 cm
●重量:7.3kg
●素材:生地部/68Dポリエステル

<!–

–>

続いては、ソロキャンプ向けのメッシュギアをご紹介!

【ソロなら】メッシュインナーがちょうどいい!

出典:Instagram by @so_free7

ソロなら、基本タープとセットで使うタイプのメッシュインナーがオススメ。設営もスクリーンタープより簡単なので、手軽に取り入れられますよ。

なかでもデザイン的にもエッジの効いた、人気アイテムをピックアップ!

MSR「スルーハイカー メッシュハウス」

MSR スルーハイカー メッシュハウス 使用例

出典:Instagram by @msrgear_japan

タープとセットで使う「スルーハイカーシリーズ」のメッシュインナー。今年に入り赤にカラーチェンジされ、ビジュアル的にもよりMSRらしさが増しています。

軽量性に加え、トレッキングポールや現地調達の流木・立木などでも設営できるギミックにもそそられますね!

ITEM



MSR スルーハイカー メッシュハウス2
●使用サイズ:室内最大高/0.96m
●収納時サイズ:約25cm×10cm
●重量:480g
●使用人数:2人
●特記事項:ポールは別売り

<!–

–>

パーゴワークス「ニンジャネスト」

パーゴワークス ニンジャネスト 使用例

出典:Instagram by @paagoworks.official

こちらも、タープと組み合わせて使うA型タイプのインナーテント。きめ細やかなメッシュや縫製には安心感があり、コンパクトながら内部は大人2人が過ごせる空間になっています。

野営感ある”タープ寝”が手軽にできる、ワクワクするようなアイテムです!

ITEM



パーゴワークス ニンジャネスト
●使用サイズ:1800×1900×1000mm
●収納時サイズ:270×110×110mm
●重量:620g
●素材:生地部/ナイロン30D シリコンコーティング
●使用人数:2人用
●特記事項:ポールは別売り

<!–

–>

ニーモ「エスケープポッド ビビィ」

空気が入ったポールで支えるというニーモの技術「エアビーム」を採用した、ユニークなアイテムも。

シェルターと組み合わせて使うもので、本来は最小限の装備が理想的なツーリング向けのギアです。

ニーモ エスケープポッド ビビィ 使用例

こちらは完全ソロ仕様。夏場に使うのはちょっと暑そうですが、とにかく装備を極限にまで抑えたい方にオススメです!

ITEM



ニーモ エスケープポッド ビビィ
●使用サイズ:91×122×66(cm)
●重量:204g
●素材:生地部/20D PUナイロン
●使用人数:1人

<!–

–>

ところで、一部キャンパーから「メッシュタープは虫対策はできても、熱気がこもりやすい」という意見も聞かれます。このあたりを軽減する小ワザも、知っておきましょう!

メッシュタープ・インナーを快適に使うための小ワザ

1.  小型扇風機やサーキュレーターを使う

サーキュレーター テント内使用例

出典:Instagram by @jurassic_camper

冷房とはいかないまでも、空気を循環させるだけでもかなりの違いがあります。サーキュレーターを使って風をおこし、テント内での体感温度を上手にコントロールしましょう。

ITEM



マキタ 充電式ファン
●使用サイズ:長さ185×幅272×高さ284mm
●重量:1.3kg
●特記事項:自動首振りモデル、可動式フック付

<!–

–>

夜中じゅう稼働させましたがバッテリー切れにもならず、快適に過ごせました。これがなかったら熱中症になってたかも。

2.  コットで寝る

メッシュタープ内でコット寝スタイル 使用例

出典:Instagram by @tomo.tomo.n

ベッドとフィールドに隙間が空くコットは、地面からの熱気を避け風通しを良くする効果があります。蒸れにくいメッシュ素材かつワイドサイズを選べば、寝返りも打ちやすく快眠キャンプになりますよ!

ITEM



DOD ウルトラクールキャンピングベッド
●使用サイズ:L1900×W770×H190mm
●収納時サイズ:L800×W200×H40mm
●重量:4.8kg
●材質:フレーム/スチール、ベッド本体/テスリン(PVC コーティング)
●特記事項:付属品/キャリーバッグ

<!–

–>

野外で使うベッドは色々ありますが、組み立てに力がいる分、張り具合が良いです。

メッシュタープ・インナーで夏も快適に!

出典:Instagram by @anothersky373

以前と比べてずいぶんスタイリッシュなものが増えたメッシュタープにインナー、気になるアイテムはありましたか?

虫問題の気になる夏に、上手に積極活用しましょう!

Source: CAMP HACK

スイカ割り…だけじゃない!夏キャンプでやってみたい10のこと

アイキャッチ画像出典:Instagram by@tentyo_4915

120%満喫したい!夏キャンプこその楽しみ

出典:Instagarm by@ichums0309

いよいよ夏本番! 夏キャンプの楽しみといえば「花火」や「スイカ割り」。みんなで盛り上がれる夏キャンプの鉄板イベントですが、毎年同じイベントではやっぱり飽きてしまうもの。

出典:Instagram by@tatsuhito_sato

そこで今回は、120%夏キャンプを満喫できるクールなアイディアを集めてみましたよ! 夏キャンプでぜひやってみたい10のこと、一挙ご紹介していきます!

暑いからこそ美味しい!冷んやりグルメ編

その① キャンプ場だからこそ楽しめるフルーツポンチシャワー

出典:Instagram by@camp.m.i

インスタグラムでは夏シーズンになるとよく見かける、風物詩的な新定番。これの魅力は、ただのフルーツポンチではなく、理科の実験のようなイベント性があること。

サイダーなどの炭酸飲料にラムネをポンと入れるだけで、一気に泡が噴水のように湧き上がりフルーツに注がれる仕掛けなんです。室内だとやりづらいですが、キャンプだからこそ楽しめるメニューですよね! 思わず歓声の上がるサプライズスイーツ、ぜひお試しあれ。

その② 夏の風流なグルメといえば、ツルリと流しそうめん

出典:Instagram by @1nopperichan1

水の中をゆらりと流れるそうめんに夏の風流を感じる「流しそうめん」。乾電池式の流しそうめん器を持参すれば、キャンプでも手軽に流しそうめんが楽しめます。お箸でうまくキャッチするのもゲーム感覚で楽しそう!

出典:Instagram by @0891_of_play

本格的な“THE流しそうめん”を全力で体験できるのも、夏キャンプの醍醐味。長い竹が必要な分、事前準備は大変ですが夏の一大イベントになってくれるはずです!

その③ キーンとくるのもまた一興!かき氷

出典:Instagram by@mukitomo

とにかく猛暑のキャンプでは、やっぱりうれしいのが「かき氷」! 高性能なクーラーBOXや零度以下を保つ保冷剤など続々ラインナップされているので、うまく活用すれば夏キャンプでもかき氷が楽しめますよ。

出典:Instagram by@shige_circle

こちらは、さらに進化型。氷ではなく、凍ったイチゴをそのままかき氷器に入れて削ったフルーツかき氷。

フルーツの自然な美味しさが味わえるグッドアイディアですね。バナナなど他のフルーツでも楽しめそうです。

その④ ビジュアルから涼しさ全開!冷やし野菜&果物

出典:Instagram by@nabecamp

たっぷりの氷水に浮かぶ夏野菜と果物。ビジュアルからも涼しさを醸し出していますね。真夏でも冷たい川の水に直接浸せば、氷も不要。

自分の足も小川で冷やしながら、キンキンに冷えたキュウリに丸ごとかじりつきたい……! こういったベタな夏をキャンプで味わえたら、いい思い出になりそうですよね。

その⑤ 夏こそビール!キャンプで本格生ビールのススメ!

出典:Instagram by@tentyo_4915

そしてやっぱり暑い夏こそウマイといえば……そう、ビールです! 冷えた缶ビールももちろん美味しいのですが、キャンプで本格生ビールが飲めたら最高ですよね。そんな時におすすめなのが、コンパクトサイズのビールサーバー!

出典:Instagram by@doshisha_docooking

じつは、ジャグタイプのものから、缶ビールに直接取り付けるタイプまで今はさまざまなラインアップが。こちらは、ビールの泡を超音波振動でクリーミーにする「ドウシンシャ 絹泡ミニ」。コンパクトな上に乾電池式だからアウトドアにピッタリです。

ITEM



ドウシンシャ 絹泡ミニ
●サイズ(mm):88*70*37
●重量:(約)49g
●素材:(本体)ABS樹脂、(ロック)PP、(接続アタッチメント)PE
●消費電力:3W、単四アルカリ乾電池2本使用
●カラー:ネイビー、ピンク

<!–

–>

出典:Instagram by@mea2387

さらに、こちらは缶ビールを蓋裏のチューブと接続して、左側の突起部分からサービングできる「GREEN HOUSE パーティービールサーバー」。超音波式&乾電池式で、クーラーBOXとしての保冷機能まであるからキャンプにイチオシです。

冷えた生ビールを思えば、汗だくの設営も何のその! 

ITEM



GREEN HOUSE パーティー ビールサーバー
●最大容量:3リットル(クーラーボックス構造)
●サイズ:W202 D296 H270(mm)
●重量:<本体>約2kg、<保冷剤>約573g、<キャリングベルト>約110g
●電源:単3形アルカリ乾電池 3本(別売り)
●電池持続時間目安:約6時間
●付属品:保冷剤、キャリングベルト、取扱説明書、保証書

<!–

–>

その⑥ 定番の花火も「変わり種アイテム」で盛り上がろう!

出典:PIXTA

花火といえばもはや夏キャンプの定番ですが、変わり種花火の投入でマンネリ打破しちゃいましょう! 最近SNSなどでも話題なのが、煙が少なく写真がキレイに撮れるタイプ。この夏、インスタ映えする1枚をバッチリおさめてみませんか?

出典:楽天
こちらはその名も「レーザー光線」! まぶしいほどの光量で、フラッシュ無しでもキレイに花火の写真が撮れるという優れもの。
じっと見つめていると目がチカチカしそうな明るさで、いつもの花火に驚きを加えるなら面白い1本になってくれるはず。
ITEM



三洲火工 レーザー光線
●対象:大人向け
●商品サイズ:4cmx46cmxD1cm
●火薬量約 15g

<!–

–>

出典:楽天
そしてさらに変わり種のこちらは、なんとおみくじシステム! 火をつけるまで炎の色が分からず、「金大吉、銀中吉、緑中吉、赤凶」と炎の色によって運勢が占えるんです。ただ花火がキレイなだけでなく、占いの結果に一喜一憂して盛り上がれるおもしろ花火。
ITEM



おみくじスパーク
●対象:お子様〜大人向け
●商品サイズ:35cmX5cmX0.7cm
●火薬量:10g

<!–

–>

その⑦ 夏の夜のロマンチックなひとときを演出。レインボーフレーム

出典:Instagarm by@y.k.310

静かに楽しみたい方は、花火ではなくこちらもおすすめ。焚き火に入れて燃やせば、レインボーカラーの炎が楽しめる「レインボーフレームスティック」です。

いつまでも眺めてしまう美しい炎が、夏の夜をロマンチックに彩ってくれますよ。黙って入れておいてサプライズを演出する、なんて使い方もできるかもしれませんね。

ITEM



ラトランド レインボーフレームスティック
●容量:1.45オンス(約41g)入

<!–

–>

夏キャンプを全力で楽しむ!過ごし方編

その⑧ 大自然と一つになって涼を感じる「足水」

出典:Instagram by@galbo.camp

眼前にはただただ静かな大自然のみ。思い切って水中へチェアを置いて素足を水に浸せば、そこには緑と水と自分が一体化した世界が広がります。

夏キャンプでしかできない本当の贅沢、ぜひ味わってみてください。

その⑨ クセになる開放感!タープ&蚊帳キャンプ

出典:Instagram by@y.h0510

夏キャンプでおすすめしたいイチオシスタイルが「タープ泊」! テント無しだからこその開放感と涼しさはケタ違い。こちらはタープ下に蚊帳付きのDDハンモックをセットしたスタイルです。

大自然に抱かれながらハンモックの心地よい揺れで眠るキャンプ、一度味わったらクセになりそうですね。

その⑩ コードレス扇風機で快適レベルをアップ!

撮影提供:fujii mio

ここ数年で一気にラインアップが増えたコードレス扇風機。今まで「夏キャンプ=暑くてツラい」というイメージを持っていたキャンパーも、最近の高機能なコードレス扇風機を使えばそのイメージも払拭されること間違いなし!

例えば、LEDランタンで爆発的な人気を博した「ルーメナー」から発売されている扇風機は、フル充電の状態でなんと最大20時間も稼働してくれる頼もしさ(風量1の場合)。複数台使えばファミリーキャンプでも暑苦しい夜を改善できますよ。

このコードレス扇風機の進化は、夏キャンプをもっと楽しくしてくれるはずです!

夏の暑さも、キャンプなら楽しさに変えてくれる!

出典:Instagram by@galbo.camp

ひたすら不快な夏の暑さも、こんな風に「やりたいこと=楽しみ」へと変えてくれるのがキャンプ。水のアクティビティだけじゃなく、さまざまな夏の楽しみを盛り込んで夏キャンプを120%満喫してくださいね。

Source: CAMP HACK

連休ロスに陥ってる暇はない!夏のキャンプのために今やっておくべき8つのこと

アイキャッチ画像提供:instagram by @yk.peace.1982

大型連休は終われど、燃え尽きている場合ではない

提供:instagram by @campdan365

史上初の10連休という、大型ゴールデンウィークが終わりましたね。キャンパーのみなさんは、都会の喧騒から離れて心ゆくまでキャンプを楽しみましたか?

出典:PIXTA

今年は長い連休だっただけに、いきなり日常に呼び戻されて早くも例年より重めの5月病に襲われている方もいるのではないでしょうか。

提供:instagram by @toutdooor

「焚き火が恋しい……今すぐ森に帰りたい」。そんな気持ちを抑えている頃かもしれませんが、落ち込んでいる場合ではありません。

連休が終わった今こそ、来る夏に向けて動き出す時! 夏のキャンプを快適なものにするために、今からやっておくべきことがあります。

夏のキャンプのためにやっておくべき「8つのこと」

1.  キャンプで足りないと感じたものをリストアップ

出典:PIXTA

復習なくして、キャンプの充実はなし! キャンプ中に「あれがあったら良かったな」と感じたものを思い出し、リストアップして次につなげましょう。

たとえばダッチオーブンで今度は燻製がしたいとなれば、底網やチップが必要です。

撮影:編集部

友達とキャンプへ行った場合「へ~。こんな便利なものがあるんだ」という発見もあったのでは?

そういった賢いアイテムも取り入れるなど、次のキャンプをより快適なものにする準備を進めておきましょう。

2.  ギアのメンテナンス

撮影:編集部

雨に降られてしまったり露で濡れたまま持ち帰ったテント、そのままにしていませんか?

焚き火の火の粉などで意外なところに穴があいている場合もあるので、公園や庭でチェックしてみましょう。

提供:instagram by @mie_o_emiko

テントをしっかり乾かすには、ピクニックがてら設営するのが一番確実です!

出典:PIXTA

その他ランタンのマントルやガスなど、予備として持っておきたいアイテムが切れていないかも確認しておきましょう。

3.  休みの確保

出典:PIXTA

人によっては何よりもハードルが高いかもしれない、まとまった休みの確保。家族や職場の上司の機嫌・タイミングを見計らって、なるべく早めに予定をおさえましょう!

4.  キャンプ場は早めに予約

提供:instagram by @wasuremono_camper

アウトドアブームが盛り上がるのは喜ばしい一方で、キャンプ場の予約は年々熾烈を極めています。

湖畔など好立地のキャンプ場ほど先に埋まってしまうので、夏休みに行きたい場所があれば早めに抑えておきましょう!

出典:なっぷ

キャンプ場検索予約サイト「なっぷ」では、夏休みに今から予約できるキャンプ場が探せますよ!

詳しくはこちら

5.  装備を「夏仕様」に

出典:PIXTA

秋冬とは日中の気温が異なる夏は、装備も変えておく必要があります。場所にもよりますが、シュラフは真冬対応のものでは暑すぎたり、そもそも要らないケースも。

提供:ふじやすこ

夏場メインでキャンプへ行くならシュラフも薄手のものに切り替えたり、風通しよく眠れるようコットを導入してもいいかもしれません。

提供:instagram by @mih___oo

また暑いからとハーフパンツなど軽装でキャンプへ行きがちですが、夏の大敵といえばブヨをはじめとする強力な虫。

夏の前にやってくる梅雨への備えも兼ねて、レインブーツも調達しておくと安心です。

6.  クーラーボックスまわりを強化!

提供:instagram by @free_daru

夏場に連泊するとなれば、クーラーボックスもそれなりのスペックのものが必要になります。

保冷力のあるハードクーラーはもちろん、ソフトクーラーも併用するなど食材の鮮度をキープできるよう準備しておきましょう。

提供:instagram by @e__camp88

氷水を入れて飲み物を冷やせるバケツも、あると便利です!

7.  夏のアクティビティ事情をリサーチ

提供:instagram by @sasayuki.cha

SUPやカヌーなど夏にこそ盛り上がるアクティビティを予定しているなら、事前に情報収集をしておきましょう。

キャンプ場によってはレクチャーしてくれるプログラムが用意されていますが、事前予約が必要な場合も。

アクティビティを行うエリアとキャンプ場との距離など、立地の下調べもしておくと良いですね。

8.  夏前のセール情報をチェック

出典:WILD-1 Facebook ※写真は過去のセール情報

ネット・実店舗とも、例年夏休みに入る直前の7月頃にセールが開催されます。狙っているアイテムがセール対象になったらいいな~という期待を込めて、今から定期的にSNSや公式サイトでの情報を追いましょう!

次は、夏のキャンプだ!!

提供:instagram by @yk.peace.1982

連休が終わってガックリ来ている方、次の楽しいことを考えましょう。夏のキャンプに向けて気持ちを切り替えれば、鬱々とした気持ちが吹き飛びますよ!

3日間あったら、何をする?

移動や設営だけでも時間がかかるキャンプ。せめて2泊はしたい!

Ready For Summer Camp!

夏のキャンプに向けて動き出そう!

Source: CAMP HACK