展示会

【A&F展示会速報】2018年春夏NEWアイテムへの胸の高なりが止まらない!

※記事で紹介しているアウトドア用品は、すべて発売予定のものです。予告なく仕様変更や発売延期・中止になることもございます。あらかじめご了承ください

キャンパーに愛されるブランド多数「A&F2018年展示会」

アウトドアブランド輸入販売を行っているA&F(エイアンドエフ)の2018年展示会にCAMP HACK編集部が潜入取材! キャンパーに根強い人気のブランドのブースが立ち並ぶ展示会から、気になる製品をピックアップしてご紹介します。

2018年はどんな製品が私たちのアウトドアライフを楽しませてくれるのでしょうか? この春夏に発売予定の新作ギアをいち早くチェックしよう!

LODGEより日本別注アイテムをキャッチ!



まずは、創業120年の歴史を誇る鋳鉄アイテムブランド「LODGE(ロッジ)」の展示コーナーへ。もはやキャンパーの調理グッズの定番となっているロッジに、今年これまでのハンドルタイプだけでなく両手用タイプ(写真中央)の「ラウンドパンループハンドル」が登場。

ハンドルが邪魔をしないのでオーブンでも使用しやすく、収納する際も場所を取らない扱いやすいデザインです。そんな新製品が並ぶ中、気になる日本別注アイテムをキャッチ!

日本別注グリルパン「ロジック・グリルパン(L3GPJPN-6½”)」

写真左から、新発売のロジック・グリルパン(6½インチ)、ロジック・グリルパン(10¼インチ)

2018年は日本別注アイテムが登場、その名も「ロジック・グリルパン(6½インチ)」。この製品の特徴は、なんと言っても波形になっている底面です。お肉を焼いても余分な油が落とされるので、ヘルシーに焼きあがります。また、食欲を掻き立てる焼き目をきれいに付けることができるのは、アウトドア料理をより楽しくさせるポイントになりそうです。

今回日本のみの別注で販売される小さめサイズは、野菜の付け合せの調理などにササッと気軽使える内径15.5cm。小型のグリルパンは1つ持っておくと重宝するアイテムですね。

【L3GPJPN-6½”】
●内径サイズ:15.5cm
●深さ:3.1cm
●重量:1kg
●価格:2,400円(本体価格)

話題のブランド「ベアーボーンズリビング」は、ランタンだけじゃない!

出典:A&F
皆さん、このLEDランタンをご存知ですか? 昨年秋よりA&Fで取り扱いを開始したブランド「Barebones Living(ベアーボーンズリビング)」。このLEDランタンは、クラシックなデザインと機能性で、発売後たちまち話題となり品切れが続出している人気アイテムです。



そんなランタンのイメージが強いベアーボーンズリビングですが、実はランタン以外にもにこれから注目したい新製品が登場しています。

注目!5つのソフトクーラーが斬新デザイン



それがそのソフトクーラーです。5つのモデルで展開されている新製品は、会場でソフトクーラーらしからぬ高級感を漂わせていました。

写真左より一番小さい容量の「トレッカー」は、開口する際に面倒なファスナーの開け閉めが不要な「マグネット・クイック・クロージャー」仕様になっています。保冷時間は最大12時間と普段使いのソフトクーラーとして申し分ない性能です。

さらにその隣、左から容量10Lの「パスファインダー」、1泊2日のキャンプに丁度いい容量27Lの「エクスプローラー」、バックパック型17.5Lの「ランブラー」、キャスター付き60Lの大型クーラー「ポーター」があります。この4モデルには、「リムーバブルライナー」が付属しています。

リムーバブルライナーって?



ソフトクーラーの中を覗いてみると、ファスナーの持ち手が。このファスナーをぐるっと一周開くと、ソフトクーラーのライナー(裏地)が取り外し可能に! ※「トレッカー」は取り外しができません。



ライナーには持ち手が付いていて、ライナーだけでの使用も可能です。保冷していた食材で中が汚れてしまった場合は、リムーバブルライナーを取り外して水洗いすればOK。いつでもクーラー内部を清潔に保つことができます。

さらに本革使用の高級感が!



さらにトレッカー以外の4モデルは、ハンドルやタグに本革が採用されています。まるでタウンユースのバッグのような雰囲気に、惚れ惚れしてしまいます。他とは違う風格を漂わせるソフトクーラーは、今年要チェックですね。

「ヘリノックス」はアクセサリーもますます充実!

次は大人気ヘリノックスのコーナーへ!

NEWサイズが追加!「チェアホームLX」

左より、チェアホームミニ、コンフォートチェア(+ロッキングフット)、タクティカルチェア、チェアホームLX

キャンパーからのチェア支持率NO.1といっても過言ではないほど、人気のヘリノックス。今期はさらに快適性を追及した製品が目立っています。

まずは、座面がワイドな「チェアホームXL」18,800円(本体価格)をご紹介します。ソファーのようなリラックスした座り心地を叶えてくれる座面は、幅68cm。

写真を見ても分かる通り、定番モデル「コンフォートチェア」の座面幅が52cmなのに対しその差は歴然です。カラーは、スチールグレー、マッチャ、コーヒー、バーガンディー、ベージュの5色展開。

コンフォートチェアをロッキングチェアに変身!「ロッキングフット ONE」



さらにヘリノックスの定番モデル「コンフォートチェア/タクティカルチェア」の専用アクセサリー「ロッキングフット ONE」も発売予定! これまで写真右の「CHAIR TWO HOME」専用のものは販売されていましたが、念願のサイズ展開となりました。

チェアの脚に簡単装着するだけで、ロッキングチェアに早変わりするこのアイテム。心地いい揺れを感じながら、キャンプのリラックス時間を演出してくれます。価格は6,200円(本体価格)。

小物ケースをプラスしてスペースの節約!「サイドストレージ」



「これはもうチェアから動かなくても良いのでは?」と思ってしまうような「サイドストレージ」も待機中! 小物ケースとしてヘリノックス製品(テーブル、チェア、コット)にセットすることができます。上写真は「マルチカモ」カラー、価格6,000円(本体価格)。

セット方法は?



セット方法はとても簡単! 本体裏側にあるループをポールに通し、スナップボタンで留めればセット完了です。サイドストレージには、スマホを入れたり、タオル、カトラリー、飲み物を入れておいてもいいですね。

マルチカモ以外にも、コヨーテ、ブラックカラー展開、サイズはW35×H14×D11cm、価格4,000円で発売予定です。

円形がサイトのワンポイントに!「テーブルオー」



チェアだけでなくサイドテーブルも発売予定です。円形のデザインがスタイリッシュな「テーブルオー」6,800円(本体価格)は、超軽量! 本体のみの重量はわずか220gです。

組み立ても脚となるポールを天板にセットするだけ。付属のキャンバスコットン地の収納袋に入れて楽々持ち運びできます。注意する点としては耐荷重が2kgなので、あくまでサイドテーブルとして使用しましょう。

「ミステリーランチ」キャンプにオススメの新作バッグは?

最後にタフなスペックがアウトドアマンに人気の「ミステリーランチ」のコーナーへ! スタッフの方にずばりキャンプにおすすめなNEWバックパックを聞いてみました。

おすすめはコレ!「テラフレーム50 3-ZIP」



フェスキャンプなど容量をある程度ほしい方におすすめなのが、51Lの大容量サイズのバックパック「テラフレーム50 3-ZIP」。このバックパックには驚きのポイントが。それがこちら!



なんとバックルを外していくと、バックの本体部分とフレームを離脱させることができるんです! そしてこの本体部分とフレームの間にさらにギアを収納することができる、という仕組み。

例えば、シュラフやヘリノックスのチェアなどバック本体に入れずらい荷物を挟みます。挟み終えたら本体とフレームに付いているバックルをぎゅっと圧縮して固定。すると荷重バランスが最適化され、長距離背負っていても疲れにくくなるそうです。

これはまさにキャンプの強い味方になってくれそうな機能ですね。軍用アイテムとしても信頼度の高いミステリーランチのバックパックで、新しいキャンプスタイルに挑戦するのはいかがでしょう!

今年もA&Fでドキドキしたい!



気になる製品が目白押しなラインナップでしたね! そのほか売切れが続いたカーカムスのテントも安定供給が可能になるという噂も。今回ご紹介した製品は、3月末頃販売予定です。

もう少しで寒さから抜け出し、待ち望んでいた熱いアウトドアシーズンがやってきます。それまでに新しいギアをGETして、自分に合ったスタイルを探ってみましょう。きっとまた違ったアウトドアの楽しさを発見できますよ。

※記事で紹介しているアウトドア用品は、すべて発売予定のものです。予告なく仕様変更や発売延期・中止になることもございます。あらかじめご了承ください

Source: CAMP HACK

【ユニフレーム展示会レポ】2018年新製品に”次世代の焚火台”が登場

※記事で紹介しているアウトドア用品は、すべて2018年以降に発売予定のものです。予告なく仕様変更や発売延期・中止になることもございます。あらかじめご了承ください。

ユニフレーム2018年新製品をいち早くチェック!

img_9220

ユニフレームの2018年新製品展示会にCAMP HACK編集部が潜入取材! 「ファイアグリル」や「ユニセラ TG-III」など数多くの名品を生みだし、キャンパーの心を離さないユニフレームから満を持して『次世代の焚火台』が登場!?

ズラりと並んだ来年のニューカマーは、利便性を兼ね備えたアイデア製品ばかり。気になる新製品が続々と登場する展示会の模様をピックアップしてお届けします。

 NEWテイスト!自然と馴染むシックなタープ・ファニチャー

ユニフレーム2018年新製品

まずは会場で一際存在感を放っているタープ・ファニチャーエリアへ!

オプションも嬉しいサイズ展開に。「REVOタープ」シリーズ

ユニフレーム2018年新製品

このサイズ展開を心待ちにしていた方も多いのでは? 大人気製品「REVOタープ」のオプションパーツ「REVOメッシュウォール」に新サイズ「REVOメッシュウォールM」と「REVOメッシュウォール600」が仲間入り!

メッシュウォールを付けることにより、ヘキサタープの開放感を味わいながら虫や雨風の進入を軽減できるので、小さなお子さんのいるファミリーキャンパーにもオススメ! 発売時期は3月中旬予定です。

ワンタッチで安心「REVOベース300」+「REVOベースサイドウォール300」

ユニフレーム2018年新製品

デイキャンプや車中泊キャンパーにも最適、お手軽設営ができるワンタッチタープ「REVOベース300」も新登場。写真は合わせて発売される別売りの「REVOベースサイドウォール300」をセットした状態です。

実はこのサイドウォールが優れもの! 本体のフレームに吊り下げ、L字状の2枚の生地をサイドポールに添って2箇所ファスナーを閉めることでフルクローズが可能に。またイベントなどで使用する際は、壁1面分を巻き上げオープンにした状態でも使用できます。

発売される製品はタープ内で過ごす快適性を考え、室内が明るく感じられるよう内側の生地がグレーにカラーチェンジされる予定です。

耐久性のある仕切りが便利!「ペグメタルケース」

ユニフレーム2018年新製品

そんなタープに合わせて持ちたい「ペグメタルケース」も見逃せません。今年発売となった「REVOハンマー」がぴったりと収まるステンレス鋼素材の仕切りが付いた収納ケース。

ユニフレーム2018年新製品

持ち運ぶ際にも収納物のアソビが少なくガチャガチャ音を軽減してくれるので快適! カラーは、カーキとベージュの2色展開です。調理小物を入れたりと自分のスタイルに合った収納ケースとして活用してみるのも良いですね。

新製品のファニチャーは”ブラックフレーム”がポイント!

新製品のファニチャーはフレームを全てブラックで統一。アースカラーを基調としたファブリックを使用することでサイトを落ち着いた印象に仕上げてくれます。

今手持ちの製品とも調和しやすいので、すぐにでも取り入れたいものばかり。詳細をチェックしていきましょう!

ゴミ箱だってお洒落で機能的に!

ユニフレーム2018年新製品

レジ袋を4枚セットできる画期的なゴミ箱フレーム「UFダストスタンド4」。フレームだけでの使用も可能ですが、今回の新製品である「UFダストスタンドカバー」を合わせて使うと、よりお洒落にグレードアップ!

ゴミ袋の目隠しとして、またゴミが飛んでいくのを防ぐ風除けとしても便利です。素材にはパラフィン加工を施した10号帆布を使用しているので汚れが付きにくく扱いやすさも◎。

耐荷重100kgの「UFチェア」

ユニフレーム2018年新製品

ブラウン・アイボリー・オールブラック3色展開の「UFチェア」は、耐荷重100kgと強度バツグン! アルミフレームの負荷のかかる部分に、スチールポールを入れて補強することで安心の座り心地を実現しています。

カラーチェンジされた「リラックスベンチ ブラウン×ブラック」

ユニフレーム2018年新製品

さらに寝心地が最高なリラックスコットは、カラーがリニューアル! 1スパン約80kgの耐荷重でベンチとしてもしっかり活躍してくれます。2スパン型のリラックスベンチ ブラウン×ブラックも4月中旬に発売予定です。

小物も充実!心遣いが効いた新製品バーナー

次に痒いところに手が届くのような製品が続々登場する、バーナーコーナーへ!

ついに登場!「セパレートバーナーUS-S」

ユニフレーム2018年新製品

2年間販売を延期していた「セパレートバーナーUS-S」もついに来年の6月末に発売を予定! CB缶を使用した分離型シングルバーナーは、当初予定していたゴトクの高さから2cm高くすることにより、テーブルへの輻射熱を軽減することが可能に。ウッドテーブルの上で使用しても焼け焦げの心配がいりません。

ユニフレーム2018年新製品

既存製品「山クッカー角型3」の中にコンパクトに収納し携帯することも可能です。4本足のゴトクで安定性も良く、「fan5DX」のような大型鍋やシェラカップ等の小さなクッカーも安心して使用することができます。

「クッカースタンド350」とウインドスクリーン両使いで安心、安全な料理を

ユニフレーム2018年新製品

廃盤モデル「クッカースタンド」が「クッカースタンド350」として復活! 従来製品から高さを見直し、13.5cmに設定することで「セパレートバーナーUS-S」を合わせて使用する際にもゴトクに干渉しないようになっています。

さらにスタンド専用のウインドスクリーンも新発売。サイズはクッカースタンド350用と450用にぴったりサイズがそれぞれ用意されています。

「風防を買ったは良いものの、風に煽られると倒れてしまい使い物にならない……」なんてことにならないように、素材は厚みのあるステンレス鋼を使用。ウインドスクリーンのセンター部分は膨らんだ形状をしているので、大型の鍋を使用していてもスクリーンに当たらず快適に調理が楽しめます。

来期への期待が高まる!次世代の焚火台が登場

img_9164

いよいよ期待の膨らむバーベキュー・焚火コーナーへ。

会場の注目度NO.1「焚火ベース450」

img_9155

ユニフレームの大人気製品「ファイアグリル」と対を成す焚火台になる可能性を感じたNEW製品「焚火ベース450」。トライポッドと焚火台が一体になった本体、使用サイズは約500×850×725mm。

img_9156

上部のフレームにはSカンチェーンが2つ付属し、引っ掛ける位置を変更することで火加減の調節が可能です。

img_9176

写真のようにゴトクの上で調理をしながら、Sカンチェーンに鍋をぶら下げて保温状態を保ったりと料理の幅が広がる製品です。

サイドバーにはシェラカップや調理小物をぶら下げることもできるのでサイトをスッキリと魅せてくれます。

img_9157

灰受け(ロストル)は付属しない仕様に。会場では「灰が溜まってきたら下からの空気の流入が悪くなり、燃焼がイマイチになるのでは?」という疑問も上がっていましたが、ご安心を。

これから発売に向け、本体部分が内側に切り込んだ四角推のような形状に変更され空気の通り道を確保。この加工により安心の燃焼効率が期待できます。

img_9160

パタパタっと折りたたむとご覧の通りの収納サイズに。実はここからさらにフレームを半分に折りたためるように改良中だそうです!

img_9140

現在発売中の「フィールドラックトート」に収まるサイズになる予定。折りたたんだ際の厚みは、たったの5cm! 車への積載も隙間に立てかけると場所もとらないですね。期待の「焚火ベース450」は4月中旬発売予定です。

コアな焚火ファン必見「UFファイアポット」

img_9162

ユニークな縦型の焚火台「UFファイアポット」も登場! 薪を立てて入れるという今までに無かった発想で、ダイナミックな焚火を楽しめる製品です。通常の焚火にが物足りないコアなユーザーに是非オススメしたい逸品。

新サイズも追加「UFタフグリルSUS450」

img_9168

UFタフグリルSUSシリーズ、600と900サイズに継いでコンパクトサイズの「UFタフグリルSUS450」もラインナップ! オプションのロースタイル専用の脚を購入すれば、焚火台としても使用できます。

あわせて新発売の「UFタフグリル鉄板150」を使えば、バーベキューと鉄板料理を同時に楽しめます。鉄板は600・900にも対応できる約395×145×43mmサイズと汎用性も抜群!

初代UFタフグリルSUSシリーズの発売後10年がたっても、修理依頼が来たことがないというほどのタフさ。長持ちするグリルは1家に1台持っておきたい製品ですね。

古きよきを活かした新発想「キャンプ羽釜 3合炊き」

img_9171

「キャンプ羽釜3合炊き」でキャンプのご飯をより一層楽しく美味しく! 本体は厚みのあるアルミ鋳造を使用し、全体に熱が伝導するので炊きあがりにムラがありません。

蓋には重さのあるステンレス素材を採用。そのため吹き零れにくく、圧力をかけてより美味しくお米が炊きあがります。

img_9172

初心者でも美味しく炊けるように、1合に対しての水の量がラインで表示されているので安心!

img_9173

また「ネイチャーストーブL」のゴトクを外せばぴったりフィット! かまど感がグンとアップしご飯を炊くのも楽しくなりますね。

20年前の人気製品が復活「ゆのみSUS」

img_9174

「懐かしい!」と感じる方もいるのではないでしょうか。20年前販売していた人気製品「ゆのみSUS」が待望の復刻。ダブルステンレスマグと茶漉し、蒸らし用の蓋と収納袋がセットに。アウトドアだけでなくオフィスでも本格的にお茶を楽しめます。

どの色にする?「カラカト」

img_9199

目を惹くカラフルなカトラリー「カラカト」は全6色展開(グレー・カーキ・ベージュ・グリーン・イエロー・オレンジ)。持ち手部分は折りたためるコンパクト設計です。フォークとスプーンがセットで税込み690円と、これはお買い得!

「これは欲しい!」が詰まった限定製品

img_9210

展示会場では、カタログには記載されない限定製品の姿も! ユニフレームの定番ガスランタン「UL-X」に限定カラーのカーキが加わりました。ミリタリーテイストのサイトにもぴったりなランタンは、750台限定で2月中旬に発売予定。

img_9216

また、海外からのアツい声に応え「REVOシェルター」も再登場! 天井部分からポールを組み立てていく独自のフレーム構造で、居住空間も広々。発売は2017年12月9日ともうすぐです。買い逃して涙していた方、この機会を見逃さないで!

来年が待ち遠しいラインナップばかり!

ユニフレーム2018年新製品

他にも角度の調節が可能なディッシュラックなど、紹介しきれないほどの新製品が来年に向けて待機中! 改善に改善を重ね発売される新製品に期待が高まるばかりです。

来年のアウトドアライフに新しく取り入れたい気になる製品はありましたか? 常にアップデートしながら自分に合ったスタイルでアウトドアを楽しみましょう!

※記事で紹介しているアウトドア用品は、すべて2018年以降に発売予定のものです。予告なく仕様変更や発売延期・中止になることもございます。あらかじめご了承ください。

Source: CAMP HACK

【KEEN展示会】2017年秋冬新作!最新モデルとロボットも登場!?

アイキャッチ画像撮影:編集部

2017年KEENの新作秋冬モデルをお届け!

UNEEKBOT画像

撮影:編集部

原宿で行われたKEEN展示会にお邪魔してきました。会場の入り口には「UNEEKBOT FACTORY」というロボットのブースが!? なにやら気になりますが、まずは2017年秋冬新作モデルをチェックしていきましょう!

【最新モデル】キャンプでおすすめの靴を聞いてみた!

数ある最新モデルの中から、どれを選べばいいのか悩んじゃう! そんなあなたに、KEENのスタッフさんに聞いたキャンプでおすすめの靴をご紹介します。

メンズ Targhee EXP シリーズ

ターギEXP画像

撮影:編集部

メンズおすすめモデルは、Targhee EXPシリーズ 。(写真はTarghee EXP WPのDARK OLIVE/BLACK OLIVE。)こちらのモデルは6月末に販売されたばかりの新作で、KEENのロングセラーモデル「Targhee II」を街からアクティブシーンまで対応できるよう改良された、ミリタリーテイストなシューズ。防水素材を使用しているので急な雨にも対応できる、タフで頼りがいのあるモデルです。

ウィメンズ テラドーラレザーシリーズ

テラドーラレザーシリーズ画像

撮影:編集部

ウィメンズおすすめモデルは、テラドーラシリーズ。写真のモデルは、8月販売予定の新作「Terradora Leather WP」。Mashroom/Magnet、Scotch/Mulch、Black/Steel Greyの3色展開。

テラドーラシリーズは女性の骨格や歩き方を研究し尽し開発された、まさに女性のための靴。2種類の硬さの違うインソールで足を優しく包みこんでくれます。

新作モデルは、防水ヌバックレザーでフェスやキャンプに活躍すること間違いなし! 街からアクティブシーンに出かける際にも、そのままこの靴でどこでも行けるような魅力的な1足です。同時にミッドカットバージョンの「Terradora Leather Mid WP」も8月に発売予定。

ファミリーにおすすめ!家族でお揃い、大人気ジャスパーシリーズ新色を発売

ジャスパー新色画像

撮影:編集部

KEENのロングセラーモデル「Jasper」。メンズ、ウィメンズともに写真左からDark Earth/Burnt Orange、Black/Black、Legion Blue/True Redの3色が8月に発売予定!
ジャスパーキッズモデル画像
キッズのJasperにも新色カラーCathay Spice/Orion Blueが登場(写真右)。それぞれ好きなカラーのJasperを選んで家族お揃いでキャンプに! キッズモデルはストラップが搭載されていて、脱ぎ履きが簡単できるようになっており、ライトレジャーだけでなく通学にも最適なシューズになっています。キッズモデルも8月に発売予定なのでぜひチェックしてみて下さい。

こんなの待ってた!UNEEKから秋冬も楽しめる新モデルが登場

UNEEK HT画像

撮影:編集部

革新的なデザインで大人気のUNEEK。ついに2017年の8月には、秋冬も楽しめるアップデートモデル「UNEEK HT」が発売予定! メンズモデルは写真左から、Dress Blues/Turbulence、Dark Olive/Gothic Olive、Black/Blackの3色展開。

UNEEK HTインナー画像

撮影:編集部

なんとこちらのシューズは「スペーサーメッシュブーティ」つまりインナーが装着され、4シーズン仕様になっています。UNEEKの足にフィットするような履き心地と耐久性はそのままに、幅広い用途をカバーできる使い勝手の良さが特徴です。

編集部も「UNEEK HT」を履いてみた!

UNEEK HT着用画像

撮影:編集部

UNEEK HTを実際に試着させてもらうことに。メッシュ素材を使用しているので通気性も良く、歩いてみるとすぐ実感できるクッション性の良さを感じられましたよ。インナーが装着されているので、ずれる心配もなく適度なフィット感もあり、これなら足も疲れにくいはず。これは欲しい!

キャンプでも活躍してくれること間違いなしの「UNEEK HT」ウィメンズモデルは、着用写真のPlaza Taupe/BrindleとBlack/Blackの2色展開で8月に発売予定です。

ロボットが靴を作る!?UNEEKBOT

魅力的な商品の数々にうっとりしながらも、ずっと気になっていた「UNEEKBOT FACTORY」についてお話しをお伺いしました。
UNEEKBOT画像

撮影:編集部

UNEEKBOTとは?

UNEEKBOTとは、2本のアームで「UNEEK」のアッパーとソールを編み上げる製造ロボットです。現在の発売されているUNEEKは職人さんによる手編みで製造されていますが、なぜUNEEKBOTが作られたのでしょうか。そこには環境について真剣に考えるKEENの取り組みが見えてきました。
ユニークボット画像

撮影:編集部

輸送の際に発生するCO2による空気汚染を減らしたい

UNEEKBOTはわずか1.5畳分のスペースで生産ができます。小さなスペースの生産場所を増やすことで、輸送を減らしCO2の削減に繋げます。

また今回の「UNEEKBOT FACTORY」も電源の50%を会場に設置したソーラーパネルから集めた電力でまかなわれていました。世界を気遣うKEENだからこその取り組みですね!

世界中のKEENファンに刺激を

そんな想いを届けてくれた「UNEEKBOT FACTORY」ですが、原宿でのお披露目を皮切りに、BEAMSにてポップアップストア「“UNEEK” MADE IN BEAMS – THE WORLD’S SMALLEST SHOE FACTORY”」を開催します。そこでは世界初のカスタマイズUNEEKが作れる! パーツもソールも選べ、1600通りからお好みのUNEEKを。数量限定なので情報をチェックして遊びに行ってみて下さい!

ポップアップストアの詳細はこちら

新しい発想が詰まったKEENのシューズ

KEEN展示会風景画像

撮影:編集部

全ての商品をご紹介できないのが残念なほど、KEENの2017年秋冬新商品は魅力的なものばかり。発売間近な秋冬商品をチェックして、街にキャンプにKEENの靴で出かけよう!

夏にピッタリのサンダルをお探しの方はこちら

KEENのサンダルで今すぐ出かけたい! そんなあなたはこちらをチェックしてお気に入りを見つけてみて。

Hybrid Life can be realized with KEEN shoes!

Hybrid LifeはKEENの靴で実現できる!

Source: CAMP HACK

【コールマン展示会レポ】爆売れの予感!2017年の秋冬新商品コレクション

アイキャッチ画像提供:編集部

※紹介した製品は、仕様変更や発売延期、中止になる場合があります。あらかじめご了承ください。

コールマンは秋冬に向けエンジン全開!

img_6303

提供:編集部

コールマンは毎年、春夏に大きな新作ラインナップと、秋冬の追加&アップデート新作ラインナップを設けています。

今回は2017年の秋から販売を開始する、秋冬ラインナップの展示会を取材してきました! さあ、さっそくチェックしていきましょう。

まさに「プラス」された焚き火台

img_6154

提供:編集部

はじめに紹介するのは、2016年リリースの中でも品薄が続いた人気の焚き火台「ファイアーディスク」。なんと、その大きいサイズがリリースされることになりました! その名も「ファイアーディスクプラス」(写真左)。直径60センチになって存在感も増しています。単にサイズが大きくなっただけ? 収納サイズが気になる? いやいや、「プラス」ということを忘れてもらっては困ります。2つの「プラス」をご紹介!
「プラス」①:安定感がプラス! 直径が広がり、足を太く強化し、足の位置もより外側に出すことで、ダッチオーブンを置いてもなんのその。薪をくべる量が格段に増しています。
「プラス」②:強度がプラス! フチを丸くすることで、さらに歪みが発生しにくくなりました。

img_6149

提供:編集部

全開で火をくべながら冷水を乱暴にかけるテストを何度行っても歪まなかった、とコールマン開発担当者の方が力説いただきました。こちらの写真が使用後の「ファイアーディスクプラス」。カッコいい使用感もしっかり出ていますね。

もちろん、ファイアーディスク特有の片付けやすさ、壁面がないことによる暖かさはそのままです。
【ファイアーディスクプラス基本情報】
●使用時サイズ:約φ60㎝×23(h)cm
●収納時サイズ:約φ60㎝×8.5(h)cm
●耐荷重:約30㎏
●予定価格:9800円(税抜)

着たい服が着れる!?スパークシールドは2サイズ

img_6160

提供:編集部

こちらはファイアーディスクとファイアーディスクプラスに使うことができる、いわば「フタ」。焚き火をガンガンやりたいけれど、大切な服に穴をあけたくない…そんな願いに応えてくれるのがこのアイテム。

開発の方に使用動画を見せてもらいましたが、驚くほどガンガン燃えて、バッチリ熱い木のはへんが抑えられていました。これはぜひともファイアーディスクとセットで買いたい!

【スパークシールド基本情報】
●ファイアーディスク専用
●使用時サイズ:約φ43cm×8(h)cm
●予定価格:2980円(税抜)
【スパークシールドプラス】
●ファイアーディスクプラス専用
●使用時サイズ:約φ58cm×8(h)cm
●予定価格:4780円(税抜)

インディゴレーベルからは続々と新作が登場!

インディゴレーベルはMonroとコラボした、アウトドアでもインドアでも使えるまさにボーダレスなアイテム。今回の展示会でも注目の的でした!

新テーブルはシックなおしゃれさがイイ

img_6222

提供:編集部

こちらはILリビングテーブル/120プラスと、ILミニテーブルプラスの2サイズ展開。現行はナチュラルモザイク柄がかわいいテーブルがリリースされていますが、こちらはモザイクウッド柄の落ち着いたおしゃれさがあるテーブルです。

秋冬のシーンに合った柄は、テーブル上だけでなく、キャンプサイトをすてきに演出してくれることでしょう。

【ILリビングテーブル/120プラス基本情報】
●サイズ:約120×60×40/70(h)cm
●重量:約4.5㎏
●予定価格:12000円(税抜)
【ILミニテーブルプラス基本情報】
●サイズ:約53×40×23(h)cm
●重量:約1.4㎏
●予定価格:5000円(税抜)

素材の質感と木のフレームが特徴的なチェア!

img_6221

提供:編集部

こちらもインディゴレーベルのコンパクトフォールディングチェア(ヘリンボーン)。子供にも安心なロースタイルで、コンパクトながら大人でも座り心地がバツグン。

「今までインディゴレーベルラインはハイチェアのみのラインナップでしたが、今回ようやく納得のいくローチェアを発売する運びとなりました」とコールマン担当者。ロースタイルで揃えたい人は、こちらのチェアで統一してみては?

【ILコンパクトフォールディングチェア(ヘリンボーン)基本情報】
●使用時サイズ:約53×54.5×62(h)cm
●収納時サイズ:約53×9×56(h)cm
●重量:約2.1kg
●予定価格:8000円(税抜)

ゆったり座りたい方にはこちら!

提供:コールマン

コールマン定番のリラックスフォールディングベンチは2人でもゆったり座れることで定評のあるアイテムでしたが、インディゴレーベルからもIL リラックスフォールディングベンチ(ヒッコリー)として登場! 縦のボーダーがおしゃれにキャンプを彩ります。

【IL リラックスフォールディングベンチ(ヒッコリー)基本情報】
●使用時サイズ:約110×24×66(h)cm
●収納時サイズ:約110×12×61(h)cm
●重量:約3.9㎏
●予定価格:12000円(税抜)

存在感は2ルーム界トップ!? ILトンネル2ルームハウス/LDX(デニム)

img_6193

提供:編集部

コールマン2016年秋冬ラインナップで注目を浴びた数量限定のトンネル2ルームハウスが、インディゴレーベルからの登場! このテントがキャンプサイトに張ってあったらどうでしょう。わくわくするほど、目立つと思いませんか?

img_6196

提供:編集部

そしてこの解放感はさすがの一言!大型ドアが装備され、フライシートにはUVカット機能もついているので、開放すれば夏場でも涼しく感じられるでしょう。そして、テント上部にはベンチレーション(通気口)がついていないため、秋冬は暖かい空気を逃しません。

【ILトンネル2ルームハウス/LDX(デニム)基本情報】
●使用時サイズ:約660×330×200(h)cm
●収納時サイズ:約72×31×31cm
●重量:約16kg
●予定価格:80000円(税抜)

雰囲気上昇アイテムでキャンプを楽しもう

テーブルウェアはキャンプだからこそこだわる!

img_6165

提供:編集部

こちらは「ホウロウ ディッシュウェアセット」。4人分セットで、収納ケース付きで予定価格は5980円(税抜)。真っ白のテーブルウェアはどんな料理も引き立たせ、テーブルにマッチしてくれます。もちろん単品販売もされる予定です。

家でも車中泊でも。アドベンチャースリーピングバッグ C0

img_6175

提供:編集部

こちらはミニバンサイズにピッタリなスリーピングバッグ。表生地は白、裏地は手書きイラスト風の柄が、何とも言えずかわいいですね。食べる時も寝る時も、キャンプの雰囲気を引き立たせてくれるディテールは大事にしたいところ。

古き良き時代!アメリカンビンテージシリーズに待望の追加商品

まさにビンテージ!大物テントが来た!

img_6247

提供:編集部

コールマンの人気ラインであるアメリカンビンテージシリーズから、秋冬モデルが登場! 目玉となるのはこちら、ビラデルマーリバイバル(数量限定)。高さがなんと240㎝にもなる高い天井と、奥行き360㎝という圧倒的なサイズ感を誇るこのテント。テーブルやチェアを置けば、寝室+リビング空間も作れるルームスタイル。ビンテージらしい風合いを実現し、かつ実用的なコットンポリ仕様の幕体は夏でも涼しく快適に過ごすことができるはず。
img_6208

提供:編集部

室内はまさに広々空間で、テントであることも忘れてしまいそうですね。窓や出入り口のデザインの曲線が特徴的。

【ビラデルマーリバイバル基本情報】
●使用時サイズ:約260×360×240(h)cm
●収納時サイズ:約80×45×45
●重量:約30㎏
●予定価格:128000円(税抜)
●数量限定

どこか懐かしい…ビンテージスリーピングバッグ/C5

img_6243

提供:編集部

70年代にアメリカで発売されていた寝袋の限定復刻版が登場! さいきん流行のカモ柄ならぬ、鴨柄がポイントのこの寝袋。アメリカンな雰囲気なのに、どこか懐かしく感じるのはなぜでしょうか? ビンテージ好きなら押さえておきたいアイテムです。

【ビンテージスリーピングバッグ/C5基本情報】
●使用時サイズ:約200×100cm
●収納時サイズ:約Φ24×54cm
●重量:3.2㎏
●数量限定

快適レイチェアから新色登場!

img_6237

提供:編集部

3段階でリクライニングができるハイバックチェアはグリーンとレッドの2色展開でしたが、ビンテージシリーズからウィートベージュがリリースされます。こちらも数量限定なので、店頭やオンラインショップで見逃さないようにしましょう!

【レイチェア ウィートベージュ基本情報】
●使用時サイズ:約57×70×97(h)cm
●収納サイズ:約18×19×83(h)cm
●重量:約3.4kg
●数量限定

タフシリーズからも秋冬にぴったりの色が!

2ルームが欲しいなら、秋まで待ってもいいのかも……?

img_6184

提供:編集部

大人気のタフスクリーン2ルームハウスから、バーガンディカラーが登場決定! 信頼のあるタフシリーズでカラーが選べるというのは嬉しいポイント。いままでのコールマンとは一味違ったカラーリングを楽しみましょう!

【タフスクリーン2ルームハウス(バーガンディ)基本情報】
●使用時サイズ:約540×340×215(h)㎝
●収納時サイズ:約30×30×74cm
●重量:約16㎏
●予定価格:54800円(税抜)

最後は、秋冬に欠かせないスクリーンタープ!

img_6230

提供:編集部

タフスクリーンタープ/400からもバーガンディが!
img_6229

提供:編集部

【タフスクリーンタープ/400(バーガンディ)基本情報】
●使用時サイズ:約400×360×210(h)cm
●収納時サイズ:約26×26×74cm
●重量:約13㎏
●予定価格:44800円(税抜)

パーティーに最適!このアイテムの正体は…?

img_6276

提供:編集部

かわいいイラストが描かれた、手のひらにおさまるサイズの長方形の箱。この箱、実はとってもスグレモノ。一体、どんな商品なのでしょうか…?

なんと正解は、スマートフォン用プリンター「スマホdeチェキ」。そのコールマンデザインが発売決定となりました! スマホで撮影した写真をWi-Fiでプリンターとつなぎ、そのままチェキプリントしてくれるという、まさにパーティー向きアイテム。デコった写真をプリントアウトしても楽しめますね。
img_6290

提供:編集部

USB充電なので、クアッドマルチパネルランタンとの相性はバツグン。お手軽に最高の思い出を残しましょう!
img_6284

提供:編集部

img_6286

提供:編集部

付属でこんなかわいいランタン型アルバムもついてきます。これなら、お部屋にも飾りたくなりますよね。

今年の秋冬もキャンプがアツい予感!

img_6265

提供:編集部

様々なアイテムを紹介しましたが、既存のシリーズをより濃く彩る秋冬コールマンラインナップでしたね。春にさしかかったばかり、キャンプもこれから!という時期ですが、この新商品たちと出会えるのは、待ち遠しいいですね!
※紹介した製品は、仕様変更や発売延期、中止になる場合があります。あらかじめご了承ください。

Rich in variation!coleman’s collections.

バリエーション豊か!コールマン秋冬コレクション

Source: CAMP HACK

【速報】来年の新商品をチェック!2018春夏アウトドア合同展示会レポート

※紹介した製品は、予告なく仕様変更や発売延期、中止になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※全て税抜き価格で表記しております。

最新ギアの情報をお届け!「2018春夏アウトドア合同展示会」

ac
「2018春夏アウトドア合同展示受注会 9月展」にCAMP HACK編集部が潜入取材!

来年の春夏シーズンに向けて25箇所のブースで繰り広げられた展示は、どこも発売が待ち遠しい新製品ばかり。一足お先に編集部が特に気になった新製品をピックアップしご紹介します。

グリズリーでも噛み砕けない?!驚きのクーラーボックスが上陸

ap

【上】Forest 35L 【下】Bluefin 45L

超破天荒なクーラーボックスをご紹介!

ある冒険家が自分自身が求める理想のクーラーを追求した結果、生み出された「オリオンクーラー」。断熱材は脅威の約5センチで、外部の温度変化の影響も受けにくい保冷力を持ち合わせています。

またクーラーボックスのトップにはEVA製フォームパッドが敷かれているので、椅子としても使用できるタフさ。

ay
クーラーボックスの4箇所全てのコーナーには、ボトルオープナーも付属しています。両サイドのハンドルの上にレールが設置されており、別売りで飲み物の置けるサイドテーブルなどアクセサリーをセットすることができます。

クーラーボックスの枠に収まらないオリオンクーラーズは6つのサイズ、25~85qt(1qt=約1.1L)と各サイズ8色展開(sky、stone、Blaze、Rockfish、Mahi、Mangrove等)という充実のラインナップが嬉しいポイントです。

ペトロマックスはキッチンアイテムが豊富!

エナメルプレート

an

【画面左】エナメルプレート(2ヶ入り)ホワイト 2,900円、【画面右】エナメルボウル(2ヶ入り)ホワイト 2,800円

ペトロマックスからは、軽量なホーロー製の食器が10月より随時発売となります。

ポイントとなるペトロマックスのロゴが描かれたホーロー食器は、ブラックとホワイトの2色展開で、ボウル・プレートが発売されます。既に発売されている、エナメルマグと揃えて使用したいアイテム!

大容量!パーコレーター

ao

パーコレーターステンレス le28 15,000円

一般的なパーコレーターと桁違いなサイズで存在感抜群のペトロマックス「パーコレーターステンレス le28」。大人数でも同時にコーヒーを楽しめるようにと、その容量はなんと4.2L!

ノブの部分がガラスで作られているため、外部からでもコーヒーの濃さが確認できます。グループキャンプの際にコーヒー待ちをする必要が無くなる、頼れるパーコレーターです。

待望のSOTO「ストームブレイカー」がついに!

ak-1

ストームブレイカー 21,000円

SOTOからは、4年前から発売されるとささやかれていた「ストームブレイカー」がいよいよ2018年3月1日に発売予定。

ガソリンとガス(OD缶)両方の使用ができるという利便性と、風速30m/sにも耐えられるタフさを持ち合わせている唯一無二なバーナーです。
a
実験室のような展示ブースでは、画像右にある液体窒素の中に「ストームブレイカー」本体を浸し、氷点下まで温度を下げた状態でも安定した炎が供給できるかというテストを行っていました。

発売が延期になった理由に、この実験の元となった南極での製品利用の背景が。というのもスペック表記は-20度なのですが、南極の-40度という低温化で火が安定しにくかった経験から、改善に改善を重ね完成したのが「ストームブレイカー」です。
aq
また従来製品だと本体を分解しジェネレーターを一式交換する形式だったものを、ノズルのメンテナンスを自分でできるよう外付けにし、長期間快適に製品を使用できるよう改良されました。ユーザー視点で製品を制作する熱い想いが伝わりますね。
al
削ぎ落とすようにエッジの効いた滑り止めがゴトクについているため、使用する際も鍋が滑りにくくなっています。

こんなバーナー見たことない! 過酷な環境下でも使用できる私達のアウトドアシーンを支えてくれる心強いアイテムです。

無駄のないデザイン!SOTO「レギュレーター2バーナー(仮称)」

ak

レギュレーター2バーナー(仮称) 24,000円

すっきりとしたデザインで、テーブルの上での使用も圧迫感を感じさせない「レギュレーター2バーナー」。この製品は、みんなで調理から温かい食事も一緒に楽しめるようにというコンセプトが込められています。

ゴトクまでの高さがたった11.6cmとかなり重心が低く設計されており薄型なので視界を遮らず、また安心してテーブルの上での調理が可能です。必要な時だけ取り付け可能な風防も付いています。aj
カセットガス式でゴトクの真下に設置する構造。風防を取り外して2バーナーを使用した際も、遮熱板でボンベを輻射熱から守ってくれるため安心して使用できます。(ただし、大型のダッチオーブンなどをのせる場合は注意が必要)
ak

レギュレーター2バーナー用ハードケース(仮称) 7,500円

専用の収納ハードケースもオプションで2018年2月21日に発売予定。一緒にカセットガス2本も入れることがきるので、気軽に持ち運びができますね。

この利便性は他にない!「サーモスタッククッカーコンボ」

ad

サーモスタック クッカーコンボ 8,000円

「サーモスタッククッカーコンボ」は、SOTOのダブルウォールのマグの悩みでもあった再加熱できないという点に着目した新製品。

シングルウォールのマグを樹脂のジョイントパーツを挟み、重ねることによってダブルウォールでありながら、再加熱を実現しています。
ac
この全てのパーツをコンパクトにスタッキングできるのも、サーモスタッククッカーコンボの特徴。

また携行時によくあるモノ同士がすれてガチャガチャ鳴る音が気になってしまいますが、樹脂パーツがあるため音が鳴ることなくストレスフリー! 細かくもありがたい仕様になっています。「サーモスタッククッカーコンボ」は2018年2月21日に発売予定です。

ogawaからは注目アイテムが続々!

シックな色合いのテントが立ち並ぶogawaのブースからは、気になるテントが続々登場。シックなアースカラーを基調とした、自然と調和するデザイン。

それぞれのテントの特性に対し、部分的にポリエステルやT/Cを使い分けているため、居住性の快適さを追及したデザインになっています。

設営楽々!「グロッケ12 T/C」

ab

グロッケ12 T/C 98,000円(予定本体価格)

ベルテントの「グロッケ12T/C」は珍しい五角形のデザイン。ペグダウン箇所を抑え設営が驚くほど簡単になっています。

側面の立ち上がりの高さが72cmあり、広々とした居住空間が広がっています。
ag
側面部分4面に大型ベンチレーションが設置されており通気性は抜群! 締め切ってもよし、メッシュ状態やフルオープンでの使用も可能です。

テント内のフロアを外して土間のような使用も◎。アレンジ次第でさらに快適性の上がるテントですね。

2~3人用の前室広々デザイン「ヴィガス」

ad

ヴィガス 65,000円(予定本体価格)

このサイズ感のテントってなかなか出会えない! 2、3人でキャンプを楽しむ方に是非オススメしたい「ヴィガス」。大きすぎず小さすぎず最適なインナーテントのサイズは150×220cm。

ac

最大の高さが約192cmとコンパクトながらも開放感を感じさせてくれるデザインになっています。

インナーテントを外しシェルターのように使用することも可能なので、このテントひとつでキャンプを楽しむことができますね。

安定感抜群!トンネル型2ルーム「アポロン」

all

アポロン 145,000円(予定本体価格)

大型のトンネル型テント「アポロン」。トンネル型のテントは、アーチポールを横方向に平行してたてるのが一般的で強風時など強度に若干の不安を感じますが、この「アポロン」は違います!

ax
横方向のポールに加えて、縦方向に3本ポールが設置されています。そのため、フレームの強度は抜群!

大型の2ルームに加えてサイドドアもキャノピーとして広げることもできる開放感のあるテントです。

ノスタルジーな雰囲気がたまらない!トリアングロ

ahj

トリアングロ 92,000円(予定本体価格)

A型テントに現代の快適性を融合している「トリアングロ」。タープ単体としても使用できるのでシーンによってアレンジができます。

またインナーテント部分は、雨が吹き込む後ろ側は、ポリエステルを使用し耐水強度を高め、他の部分はポリコットン(T/C)と材質によって使い分けられています。

ロッジシェルター T/C

ax

ロッジシェルターT/C 158,000円(予定本体価格)

ogawaの人気テントでもある「ロッジシェルターⅡ」の、ポリコットン(T/C)版が登場!

現行モデルのブラウン×サンド×レッドからガラりと変わり、全面メッシュの通気性はそのままに新たなロッジシェルターのスタイルを提案しています。

新作ギアで新しいスタイルにチャレンジしよう!

al
アウトドアスタイルを見直したくなるような、気になる新製品がいっぱい! 新しいギアは、あなたのアウトドアフィールドを更に広げてくれるものばかり。来年の発売を心待ちにしよう。

※紹介した製品は、予告なく仕様変更や発売延期、中止になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※全て税抜き価格で表記しております。

Source: CAMP HACK

来年はクーラーボックスが激アツ!人気のスタンレーなど新製品をお届け

※記事で紹介しているアウトドア・キャンプ用品は2018年以降に発売予定のものです。予告なく仕様変更や発売延期・中止になることもございます。あらかじめご了承ください。

人気のあのブランドから新作が続々!

a-1
2017年9月5日から3日間、人気ブランドのスタンレーや人気急上昇中AOクーラーズなどを取り扱う「ビッグウイング」の展示会にお邪魔しました。

2018年もスタイリッシュさと機能性を兼ね備えた新製品が続々。軍隊でも使用されている耐久性抜群のスナグパックから新作テントの発表も! いつもと違ったスタンレーのカラー展開も注目です。

デイリーユースに最適!「ゴーシリーズ」

a-2
スタンレーから来年の新製品一押しアイテムをご紹介します。「アウトドアで使えるアイテムをギアボックスに入れっぱなしにせずに、肌身離さず持ち歩こう」をコンセプトに使いやすさを重視し作られた「ゴーシリーズ」。

スタンレーの持ち味である、頑丈さと保冷・保温力を発揮してくれながらも携帯性を重視した製品となっています。

「ゴーシリーズ」は、完全密閉で持ち運びに便利な真空ボトル(0.47L、0.7L、1L)と、オフィスでの使用に便利な真空タンブラー(0.47L)が2018年2月に展開予定。
a-3
今回注目すべきは、写真上段の(サーモンピンク、ネイビー、ミントグリーン、チャコールグレー)の4つのカラー展開の「ゴーシリーズセラミバック真空ボトル」。

下段の3つのカラー(マットブラック、ホワイト、グリーン)の「ゴーシリーズ真空ボトル」は、これまでのスタンレーの味でもあるステンレスでボディ部分が作られているのに対し、上段はステンレスボディにセラミバック加工が施されています。

セラミバックってなんだ?

1-4
ステンレス製品のボトルを使用していて、どこか飲み物に金属臭を感じたことってありませんか?

「ゴーシリーズセラミバック真空ボトル」は、ステンレスの表面をセラミバックで加工しているので、嫌な臭いも無く口当たりもまろやか! 女性にもオススメです。

セラミバックは、セラミックのような風合いの素材。通常のセラミックだと割れる恐れがありますが、アウトドア仕様に耐久性を備えたセラミバックを使用しているので持ち運びも安心。注ぎ口も広いので洗いやすく、素材の特性上茶渋も付着しにくいです。
a-5
持ち運びに便利なフィンガーループ付き。バックパックにカラビナを付けてぶら下げて携帯することもできますね! また底面にはラバーがついているためテーブルに置いた際にも滑りにくくなっています。

大人気!「スタッキング真空パイント0.47L」

ak
人気のスタッキング真空パイント0.47Lから、写真右(マットネイビー、ホワイト、マットレッド)の3色が新登場! スタッキングできるので、収納の場所も取らずアウトドアに最適です。

真空2重構造なので温かい飲み物も楽しめ、冷たい飲み物をいれても結露のしない優れものです。10度以下の状態を約4時間保ってくれる保冷力。アウトドアシーンだけでなく、家での晩酌でも活躍してくれますね!

人気のクーラーボックスに新色が登場!

addd
一躍話題となったスタンレーのクーラーボックス6.6Lと15.1LにもNEWカラー、ホワイトとレッドが発売されます。 蓋には先ほど紹介した「ゴーシリーズ」も挟めるロープ付き。

冷たく保存したいものはクーラーボックスに、温かいまま保存したい場合は「ゴーシリーズ」に。合わせて使うと利便性もアップしますね!

またロープを外すと椅子としても活用することが可能です。その耐荷重は驚きの130kg! クーラーボックスとしてだけでなく、椅子、テーブルとしても幅広く使用できます。

AOクーラーズからハイブリッドなクーラーが!

ahh
AOクーラーズからは、ハードクーラーの保冷力を実現しながらも、ソフトクーラーのような軽さが魅力的な「ハイブリッドクーラー」24パック(22.7L)と64パック(60.56L)が新発売。

密度の濃い断熱材の分厚さは1インチ(約2.5cm)! 48時間以上の保冷時間を持続してくれ、止水ジッパーを使用しているのでソフトクーラーの域を超えたタフな仕上がりになっています。

あなたはどっち派?キャンバスorビニール

定番キャンバスシリーズから新型モデル!

aaa
また日本で大人気の定番モデルのキャンバスシリーズのAOクーラーズに新型のモデルが仲間入り。38パック(35.96L)でブラックのみの発売。クーラーボックスの中の物を出し入れしやすい開口部の広いモデルになっています。

大容量ながらも高さが35.5cmと低めに設定されているので、車への積載もしやすく使い勝手の良いサイズ感です。

待望のビニール素材も登場

aaaa

新作ではキャンバス素材以外にもビニールを使用したモデルも登場します。ビニール素材は外側も水洗いしやすく取り扱いも簡単! 従来のキャンバスクーラーの断熱材の厚みはそのままなので、安定の保冷力を発揮してくれます。
aaaaa
また今回「サクションカップ」もオプションで販売されます。SUPなどのウォーターアクティビティを楽しむ際に、サクションカップを使用し固定することで安心してフィールドに持って行くことができます。

「スナグパック」からエントリーモデルも発売!

aa
「スナグパック」は軍事規格の製品を製造しているイギリスのブランド。ハイスペックなテントを販売していたスナグパックから、初めてのエントリーユーザーモデルが新登場!

ソロ、ドュオ、トリオ、クワッドから使用人数に合わせそれぞれフレームワークも全く違うテントが発売されます。
akh
従来のスナグパックのテントの特徴でもあったオリーブカラーからエントリーユーザー用にカラーも一新! このオレンジカラーは、スナグパックのロゴで使用されており、イギリスでは安全性を意味するそうです。

また雨の多いイギリスにおいて、オリーブカラーのモデルだとテント内が真っ暗に。このカラーだと雨の日も、気持ちは晴れやかに楽しむことができますね!
al
実際に展示されていたモデルは「ドュオ」モデル。フットプリントも付属しており、2人用テントにして前室の玄関部分もしっかり確保されています。

全長は320cm、高さも1mあるのでテント内で座っての作業も圧迫感なく過ごすことができます。
amm
展示会で一番注目の集まっているモデルは、左下の「クワッド」モデル。今人気のトンネル型4人用テントです。

高さは低めの125cmに設計することで、重量をたった5kgにすることに成功させました! インナーを使用せず、フライとフットプリントのみでの設営もできるので、シェルターとしても使用できます。

なかなか見かけないサイズ感の4人用テントなので、気軽にキャンプに行きたい方にオススメです。

2018年に向けて、次は何を手に入れよう?

al
その他にも、会場では超軽量ハンモック「KAMMOK」の展示も行われていました。

機能性がありながら、あっと驚く発見のある製品が並ぶビッグウイングの展示会。ますます来年のアウトドアシーンが楽しみになりましたね!

来年の新製品発売を心待ちに、オリジナルなキャンプライフを楽しみましょう。

※記事で紹介しているアウトドア・キャンプ用品は2018年以降に発売予定のものです。予告なく仕様変更や発売延期・中止になることもございます。あらかじめご了承ください。

Source: CAMP HACK