手抜きキャンプ料理

ウマイと聞いて試しに作った「ロスティ」があまりにツボだったので紹介します

記事中撮影画像全て:北村勇祐

ロスティはスイス生れの料理!



知り合いにウマイからやってみて! とすすめられた「ロスティ」。試しにキャンプで作ってみたところ、これがキャンプ飯に見事にハマったのでご紹介します!

ロスティとはスイスの伝統料理で、細切りのジャガイモをフライパンでカリカリになるまで炒めたもの。日本人の口と相性のいい、ジャガイモが使われているんですね。これはアレンジのしがいがありそうです!

どんな味付けもどんとこい


炭水化物のジャガイモがメインですから、主菜にもなるし、味付けしだいではサラダのように楽しめる。そんな無敵とも言えるロスティを使って、アレンジレシピを作ってみました。

まずはベーシックなロスティを作ってみよう


コストコやカルディで売っている市販品は出して焼くだけとかんたんですが、そもそもジャガイモと調味料があれば作れそうです。ということで、まずはプレーンのロスティをジャガイモから作ってみます。

▼材料
・ジャガイモ(中) 3個
・バター 20g
・塩 少々

▼作り方


1. ジャガイモの皮をむいて包丁で細切りにする。
2. フライパンにバターを中火で熱し、1と塩を加えたらバターに絡めるように炒める。
3. 木べらなどで丸くなるように形を整えて、10分ほど加熱する。
4. フタをしてさらに10分ほど焼く。

超簡単です……。ジャガイモって本当に素敵。塩とバターだけでこんなに美味しいんですもんね。

ロスティの簡単アレンジレシピ4選


ではスタンダードなロスティをベースにした簡単アレンジレシピを紹介します。いろんな場面で活用できるよう、朝や夜など多角的に使えるようなレシピを選定してみました!

ツナを混ぜるだけ!「ツナロスティ」

ロスティを焼く前にツナ缶を混ぜるだけのかんたんアレンジ。さっぱりした味なので、朝ごはんにちゃちゃっと作るのがおすすめですよ。

▼材料
・ジャガイモ(中) 3個
・バター 20g
・塩 少々
・ツナ缶 1缶

▼作り方


1. ジャガイモの皮をむいて包丁で細切りにする。
2. ボウルに1と塩、ツナ缶を汁ごと入れよく混ぜ合わせる。
3. フライパンにバターを中火で熱し、2を加えたらバターに絡めるように炒める。
4. 木ベラなどで丸くなるように形を整えて、10分ほど加熱する。
5. フタをしてさらに10分ほど焼く。

ツナが加わるだけで作り方はほぼ同じ。ジャガイモはツナとの相性も抜群ですね。

ロスティでかんたん「ポテトグラタン」



ロスティとチーズの相性は抜群! ただ焼くだけでは味気ないな、なんて方にはぴったりのアレンジレシピです。

▼材料
・ジャガイモ(中) 3個
・バター 適量
・タマネギ(中) 1個
・ウインナー 1袋
・バター 30g
・塩・こしょう 適量
・薄力粉 大さじ4
・牛乳 300cc
・レッドチェダーチーズ 適量
・パン粉 適量

▼作り方


1. ジャガイモの皮をむいて包丁で細切りにする。
2. タマネギはスライス、ソーセージは薄切りにしておく。
3. スキレットにバターを中火で熱し、タマネギを炒める。
4. タマネギがしんなりしたら、ソーセージと塩・こしょうを加えさらに炒める。
5. ソーセージに火が通ったら、1も加えてジャガイモに火が通るまで炒める。
6. 弱火にし、5に薄力粉を加え粉っぽさがなくなるまで炒める。
7. 6に牛乳を加え、とろみがつくまで煮込む。
8. 7にレッドチェダーチーズ、パン粉をかけ、フタをして強火で約15分焼く。
9. 最後にバーナーで、表面を少し炙って焦げ目をつける。

ひき肉と一緒に 「ロスティバーグ」


コストコで売られている市販のロスティを使えば、ジャガイモを切る手間も省けますよ! ジャガイモのシャキシャキした歯ごたえが美味しいハンバーグは、夜の主菜にどうぞ。

ソースはケチャップとマヨネーズ1:1のオーロラソースで。

▼材料
・コストコのロスティ 200g
・豚ひき肉 200g(ロスティと同量)
・オリーブオイル 大さじ1
・ガーリックパウダー 小さじ1
・クミンシード 小さじ1
・ブラックペッパー 少々
・塩 少々

▼作り方


1. ボウルにオリーブオイル以外の材料すべてを入れ、粘りが出るまでよく混ぜ合わせる。
2. 1を好みの大きさに丸める。このとき、片手から片手へ投げるようにして、中の空気をしっかり抜く。
3. スキレットにオリーブオイルを中火で熱し、2を並べる。
4. 焼き色が付いたらひっくり返して、フタもしくは、アルミホイルをかぶせ、中火で10分ほど焼く。
5. ようじや竹串を刺して、肉汁が出てきたらできあがり。

じつは4個目ともなるとジャガイモを切るのがしんどくなってきていましたが、市販のロスティを使うとめちゃくちゃ簡単ですね!

さっぱり食べられる!「ロスティ オン サラダ」


コストコのロスティの上に、生野菜や生ハムなどお好みの具材をのせるだけでできちゃうかんたんサラダ。食感も見た目も楽しめるサラダです。

▼材料
・コストコのロスティ 1袋
・カットサラダ(レタス系) 1袋
・ブラックオリーブ 適量
・ミニトマト 適量
・粉チーズ 適量
・フレンチドレッシング 適量

▼作り方


1. パッケージ裏側の記載の通り、ロスティを作る。
2. 1の上に他の材料を盛り付け、最後に粉チーズとドレッシングをふる。

手早く作れるので、キャンプ場に着いてすぐ小腹を満たしたいときや、メイン料理を作る間の待ち時間でさっと作れちゃいます。

やっぱりジャガイモって美味しい


今回は手作りロスティと市販ロスティを使いました。味は、やはり手作りロスティの方が断然美味しかったです。もちろん市販も美味しく調理しやすいのですが、市販モノの独特な風味があり、好みが分かれるかもしれません。

とはいえ、圧倒的に手間が省けるので、選択肢としては大いにアリ! 次回のキャンプにぜひ盛り込んでみてください。

執筆:百日 丸山亮平

Source: CAMP HACK

え……これで5分以内?!ちょい足しで作るスーパー簡単キャンプ飯レシピ5連発

記事中撮影画像すべて:筆者

カンタンでおいしけりゃ、最高



キャンプは好きなんだけど、料理はめんどくさくてあんまり……。そんなズボラキャンパーの人も少なくないはず。

今回はそんなめんどくさがり屋さんでもカンタンにできちゃうお手軽満足レシピを紹介します。メインの食材は、市販品そのままが基本。

それに“ちょい足し”するだけで、料理した気になって、しかもおいしいという、身も心も満足できるレシピを集めました。

今回紹介するレシピは、すべて5分以内で作れるレシピに限定。普通のスーパーで買える食材同士を合わせて「ああ!その手があったか!」とうなってしまうようなアイデアが満載です。

実際にすべてのレシピを作り、味わってみましたが、本当にオススメできるものばかり。だまされたと思って、ぜひ挑戦してみてくださいね!

キャンプで作りたい!超絶カンタン5分でできるレシピ5選



ソロキャンプはもちろん、みんなで集まるグループキャンプやファミリーキャンプでも使えちゃうレシピです。

設営で忙しい初日の昼や夜はもちろん、小腹が減ったときやお酒のおつまみにもGOOD!

材料を乗せて温めるだけ!「ガリバタコーン」



温める時間を除いたらものの1分でできます。美味しく仕上げるコツは、最初にしっかり汁気をきること。

さまざまな大きさのコーン缶があるので、ガーリックとバターの量は味を見ながら調節してください。

▼材料
・コーン(缶詰) 1缶
・バター 5g
・ニンニク(チューブ) 3cm
・ブラックペッパー 適量



▼作り方
1. 缶詰の汁気をしっかりきる。
2. 1にニンニクとブラックペッパーを入れて約5分加熱する。
3. 温まってたらかき混ぜて全体に味をなじませる。
4. 火を止め、3にバターをのせて余熱で溶かしながらかき混ぜてできあがり。

②缶詰そのまま!洗い物も少ない!「マッシュルーム缶のアヒージョ」



缶詰はもともと火が通っているので、オリーブオイルがふつふつしてきたらできあがり。

ほかの缶詰でも同様のレシピはできますが、すでに味がついている缶詰は塩を入れる必要はないので、注意しましょう!

▼材料
・マッシュルーム(缶詰) 1缶
・ニンニク(チューブ) 5cm
・オリーブオイル 適量(缶詰に入る量)
・塩 小さじ1弱
・お好みの具材(エビなど) 適量



▼作り方
1. 缶詰の汁気をしっかりきる。
2. お好みの具材を足し(あれば)、具材が浸る量のオリーブオイルを入れる。
3. ニンニク、塩を入れ火にかける。
4. オリーブオイルがふつふつしたらできあがり。(好みの具材を入れた場合は火が通るまで煮る)

③信じられない旨さ!歯ごたえがたまらない「無限ニンジン カラムーチョ味」



いや、カラムーチョと同じように切ったところで、ニンジンはニンジンでしょ……? と思ってしまいますが、食べたらビックリ。「え、何これ超ウマい!」の声が挙がるはずですよ。



▼材料
・カラムーチョ 適量
・ニンジン 適量
・マヨネーズ 適量



▼作り方
1. ニンジンを千切り(カラムーチョの大きさに合わせる)にする。
2. シェラカップなどにニンジンとカラムーチョを同量入れる。
3. マヨネーズで和える。

④これひとつでお腹いっぱい!「塩さばサンドイッチ」



コンビニで買える塩さばを、焼いたトーストにはさむだけでできる簡単サンドイッチです。これ、本当におすすめです! ぜひやってみてください。

焼いたトーストの温かさで程よく油が出るので、塩さばは、温めないではさむのがポイントです。朝食にもぴったり!

▼材料
・塩さば 1パック
・食パン(8切) 2枚
・レタス 適量
・バター 適量
・マヨネーズ 適量



▼作り方
1. 食パンを2枚トーストする。
2. 1にバターを塗る。
3. トースト→レタス→塩さば→マヨネーズ→レタス→トーストの順に挟む。

⑤エスニック料理に大変身!「パクチーヌードル」



カップラーメンができたら、そこにパクチーと少しのレモン汁を入れるだけで一気にグレードアップ。パクチー好きにはかなりオススメの一品です。

パクチーのスカッとした風味とレモンの酸味がなんとも爽やかなヌードルです。パクチーの量とレモン汁の量はお好みで!

▼材料
・カップヌードル 1個
・レモン汁 適量
・パクチー 1〜2本



▼作り方
1. パクチーをざく切りにする。
2. 湯を入れ3分たったカップヌードルに、1とレモン汁を加える。

ズボラも納得する簡単さ&ウマさ!



私、正直ナメてました。普通に料理をする筆者にとって、市販品のちょい足しとか5分料理とか、これまではわりと避けていた分野でした。

だって、おいしい料理は時間がかかるもの、と思っていたので。まさかこんなにおいしい料理がここまで簡単にできるなんて……。今回紹介したレシピは、どれも想像を軽く超えてくる美味しさでした。

次回のキャンプの献立をまた一から考え直すことになりそうです……。

執筆:百日 丸山亮平

たけだバーベキューさんのイチ押し簡単レシピは?

「燻製」なのだそう。手間いらずでおいしいと大絶賛!

Let’s do an easy camp meal that can be done in 5 minutes

5分でできる簡単キャンプ飯をやってみよう!

Source: CAMP HACK